歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年02月17日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/02/26
2015/02/25
2015/02/24
2015/02/23
2015/02/22
2015/02/21
2015/02/20
2015/02/19
2015/02/18
2015/02/17
2015/02/16
2015/02/15
2015/02/14
2015/02/13
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
2014/08/06
2014/08/05
2014/08/04
2014/08/03
2014/08/02
2014/08/01
2014/07/31
2014/07/30
2014/07/29
2014/07/28
2014/07/27
2014/07/26
2014/07/25
2014/07/24
2014/07/23
2014/07/22
2014/07/21
2014/07/20
2014/07/19
2014/07/18
2014/07/17
2014/07/16
2014/07/15
2014/07/14
2014/07/13
2014/07/12
2014/07/11
2014/07/10
2014/07/09
2014/07/08
2014/07/07
2014/07/06
2014/07/05
2014/07/04
2014/07/03
2014/07/02
2014/07/01
2014/06/30
2014/06/29
2014/06/28
2014/06/27
2014/06/26
2014/06/25
2014/06/24
2014/06/23
2014/06/22
2014/06/21
2014/06/20
2014/06/19
2014/06/18
2014/06/17
2014/06/16
2014/06/15
2014/06/14
2014/06/13
2014/06/12
2014/06/11
2014/06/10
2014/06/09
2014/06/08
2014/06/07
2014/06/06
2014/06/05
2014/06/04
2014/06/03
2014/06/02
2014/06/01
2014/05/31
2014/05/30
2014/05/29
2014/05/28
2014/05/27
2014/05/26
2014/05/25
2014/05/24
2014/05/23
2014/05/22
2014/05/21
2014/05/20
2014/05/19
2014/05/18
2014/05/17
2014/05/16
2014/05/15
2014/05/14
2014/05/13
2014/05/12
2014/05/11
2014/05/10
2014/05/09
2014/05/08
2014/05/07
2014/05/06
2014/05/05
2014/05/04
2014/05/03
2014/05/02
2014/05/01
2014/04/30
2014/04/29
2014/04/28
2014/04/27
2014/04/26
2014/04/25
2014/04/24
2014/04/23
2014/04/22
2014/04/21
2014/04/20
2014/04/19
2014/04/18
2014/04/17
2014/04/16
2014/04/15
2014/04/14
2014/04/13
2014/04/12
2014/04/11
2014/04/10
2014/04/09
2014/04/08
2014/04/07
2014/04/06
2014/04/05
2014/04/04
2014/04/03
2014/04/02
2014/04/01
2014/03/31
2014/03/30
2014/03/29
2014/03/28
2014/03/27
2014/03/26
2014/03/25
2014/03/24
2014/03/23
2014/03/22
2014/03/21
2014/03/20
2014/03/19
2014/03/18
2014/03/17
2014/03/16
2014/03/15
2014/03/14
2014/03/13
2014/03/12
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/09
2014/03/08
2014/03/07
2014/03/06
2014/03/05
2014/03/04
2014/03/03
2014/03/02
2014/03/01
2014/02/28
2014/02/27
2014/02/26
2014/02/25
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN、リリース記念ライヴの第2弾スペシャルゲストはNoGoD!
Tue, 17 Feb 2015 20:30:00 +0900
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN (okmusic UP\'s)

LUI FRONTiC 赤羽JAPANのメジャーデビューシングル「リプミー」リリース記念ライヴイベントに、NoGoDが出演することがわかった。

【その他の画像】LUI FRONTiC 赤羽JAPAN

先日発表された4月3日(金)のBrand New Videに続き、今回は第2弾スペシャルゲストアーティストとして4月5日(日)にNoGoDが出演することが発表。残す4月4日(土)公演は、どんなゲストアーティストが発表されるのか? お楽しみに!

■「LUI FRONTiC 赤羽JAPAN presents LFAJ Award JAPAN 2015〜REAL FiRST DANCE〜」

4月03日(金) 東京 表参道GROUND
w / Brand New Vibe
4月04日(土) 東京 表参道GROUND
w / Coming Soon...
4月05日(日) 東京 表参道GROUND
w / NoGoD

■シングル「リプミー」

2015年3月25日発売
【完全生産限定盤A】(CD+MUSIC CARD)
UPCH-9993/¥2,150(税込)
※ミュージックコネクティングカード付き(「リプミー」MVが期間限定でストリーミング視聴可)
※トールサイズジャケット仕様
※12Pブックレット仕様
【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
UPCH-9994/¥1,750(税込)
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-5835/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.リプミー
02.不安なんだよ
<DVD>※初回生産限定盤Bのみ
2015年1月11日に渋谷クラブクアトロで行なわれたインディーズラストライヴの模様を収録

【関連リンク】
NoGoD、東海ラジオで結成10周年記念緊急特番を60分生放送!
LUI◇FRONTiC◆松隈JAPANが“LUI FRONTiC 赤羽JAPAN”としてメジャーデビュー!
『Over The Edge\' 14』、総勢13組が熱演!
NoGoD、品川ステラボールにてワンマンツアーを見事完走

【関連アーティスト】
LUI FRONTiC 赤羽JAPAN, NoGoD
【ジャンル】
ジャパニーズロック

VAMPSとSIXX:A.M、奇跡のコラボが緊急決定!
Tue, 17 Feb 2015 20:00:00 +0900
VAMPS (okmusic UP\'s)

2月18日(水)&19日(木)に開催されるVAMPS主宰の「VAMPARK FEST」。その2日目となる19日(木)に、HYDEが日頃から敬愛してやまないモトリー・クルーのニッキ―・シックス率いるSIXX:A.Mが出演し、ステージでVAMPSとコラボすることが決定した!

【その他の画像】VAMPS

パフォーマンスの詳細はイベント当日のお楽しみだが、この日米のロックを代表する2組によるコラボレーションは、ロック史に残る事件となること必至だ。

「VAMPARK FEST」公式サイト
http://www.vamparkfest.com/

■「VAMPARK FEST」

2月18日(水) 日本武道館
出演:[Alexandros]、Gerard Way、NOTHING MORE、VAMPS
2月19日(木) 日本武道館
出演:Buckcherry、sads、SIXX:A.M.、VAMPS
開場 17:00 / 開演 18:00(両日とも)
チケット:料金 9,500円(税抜) / 10,260円(税込)
(アリーナスタンディングブロック指定 / スタンド指定席)

【関連リンク】
VAMPS オフィシャルHP
LAのストリート・シーンから現れてきたバッド・ボーイズ達が挑んだ本格派のロックアルバム『DR. FEELGOOD』
モトリー・クルー、『THE FINAL TOUR』日本公演が神戸で開幕
VAMPS、5月1日に待望のニューヨーク公演が開催決定

【関連アーティスト】
VAMPS, SIXX:A.M., Motley Crue
【ジャンル】
イベント, ジャパニーズロック, ロック/ブルース(洋楽)

LEGO BIG MORL、急遽ニコ生決定!番組内で対バン相手の発表も!?
Tue, 17 Feb 2015 19:00:00 +0900
LEGO BIG MORL (okmusic UP\'s)

LEGO BIG MORLの自主企画イベント「Thanks Giving vol.6」開催を記念した、今年初の『LEGO BIG TV vol.7』がニコニコ生放送で行なわれることが決定した。

【その他の画像】LEGO BIG MORL

1年2ヵ月ぶりの開催となる「Thanks Giving」への意気込みを語りつつ、大阪と東京、各公演の対バンがメンバーから発表される。放送は2月23日(月)21:00から。

今回の『LEGO BIG TV』ではライヴで聴きたい曲のリクエストを募集! ぜひ、番組に参加してリクエストしてみよう。

また、「Thanks Giving vol.6」のオフィシャルサイト抽選先行受付がスタート! 詳細はオフィシャルHPへ。

『LEGO BIG TV vol.7』番組情報
日時:2月23日(月) 21:00〜
番組URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv210536582

■「Thanks Giving vol.6」

3月28日(土) 大阪 umeda AKASO
4月02日(木) 東京 恵比寿LIQUIDROOM

【関連リンク】
LEGO BIG MORL オフィシャルHP
LEGO BIG MORL、自主企画イベントを今年は東京&大阪で開催決定
LEGO BIG MORL、全国ツアーファイナルにて自主企画イベントの開催を発表
LEGO BIG MORL、最新アルバム『NEW WORLD』収録の「Rise and Set」MVを公開

【関連アーティスト】
LEGO BIG MORL
【ジャンル】
ジャパニーズロック

エレガントな肉食系バンド、I Don\'t Like Mondays.がニューシングルを発表
Tue, 17 Feb 2015 18:00:00 +0900
I Don’t Like Mondays.(秋気&悠) (okmusic UP\'s)

I Don\'t Like Mondays. の2作目となる両A面シングル「WE ARE YOUNG/Super Special」が4月1日に発売されることがわかった。

【その他の画像】I Don\'t Like Mondays.

一度聴いただけで口ずさみたくなるようなキャッチーさに加え、ライヴで盛り上がること間違いなしの「WE ARE YOUNG」 。そして、大人の色気たっぷりでおしゃれなサウンドの「Super Special」と、2曲まったく異なる世界観で楽しむことができる。今回も河野圭とI Don\' t Like Mondays.共同でプロデュース、バンドらしさを最大限に活かしつつも、世界基準のポップミュージックに仕上げている。

また、海外で活躍するDJとのコラボレーションが実現! 前作『PLAY』の中からEDMリミックス音源が3曲収録されている。 “おしゃれな女の子を踊らせるため"に結成された彼らにぴったりなパーティーチューンとなった。

そして、2月17日(火)24:30より放送される彼らのInterFMでのレギュラー番組『Perfect Night』で、「WE ARE YOUNG」が初オンエアされることも決定! ぜひ、チェックしてみてほしい。

なお、今回の作品のジャケット写真、アーティスト写真はメンバー自らのディレクションによるもの。エレガントな肉食系、I Don\'t Like Mondays.の楽曲だけに収まらない世界観に、この際どっぷり浸かってみては?

■EP「WE ARE YOUNG/Super Special」

2015年4月1日発売
COCA-16993/¥1,600+税
<収録曲>
01.WE ARE YOUNG
02.Super Special
03.MEMORIES(pal@pop Remix)
04.Perfect Night(pal@pop Remix)
05.Golden Life(Graves + K-smooth Remix)

【関連リンク】
I Don’t Like Mondays. オフィシャルHP
サイコ・ル・シェイム、復活の3日間が終幕
大貫妙子、音楽活動40周年の特別公演を映像化
サザン、10年ぶりのニューアルバム『葡萄』の中身が明らかに!

【関連アーティスト】
I Don\'t Like Mondays.
【ジャンル】
ジャパニーズロック

タワレコが仕掛けるガチ対バンイベントでキュウソが氣志團にシメられる!?
Tue, 17 Feb 2015 17:00:00 +0900
『TOWER RECORDS presents FIST BUMP vol.1 氣志團 × キュウソネコカミ〜校舎のウラで一触即発!?〜』ポスター (okmusic UP\'s)

タワーレコードが新たにスタートさせる対バンライヴイベント「FIST BUMP(フィスト・バンプ)」。その第1回となる「TOWER RECORDS presents FIST BUMP vol.1 氣志團 × キュウソネコカミ〜校舎のウラで一触即発!?〜」が、4月22日(水)にZepp Tokyoで開催されることが分かった。

【その他の画像】氣志團

イベントタイトルとなっている「FIST BUMP」とは、“お互いにこぶしとこぶしをゴツンと突き合わせる仲間内のあいさつ”とのこと。「FIST BUMP」という言葉が意味するように、このイベントでは2組のアーティストが音と音をぶつけ合い戦いながらも、共にイベントを作り上げる同志としてジャンルや世代を超えた固い繋がりが生まれることを目指すという。

「FIST BUMP」は今後も定期的に開催される予定で、毎回タワーレコードらしい切り口で対バンアーティストを選出。イベントを通じて、それぞれのアーティストやそのファンにさまざまな出会いを生み出していく。

“ぶつかる拳”という名の対バンに夜露死苦参上する本気の氣志團。“ヤンキーコワい!”と叫び続けてきたキュウソネコカミにとっては、まさかのご本人登場状態だ。この日、Zepp Tokyoは“校舎のウラ”になる!

なお、このイベントのポスターは、タワーレコードの「NO MUSIC,NO LIFE.」と「NO MUSIC,NO LIFE?」ポスターシリーズを手がける『風とロック/すき あいたい ヤバい』が制作。今回のために写真を撮り下ろした。タワーレコード一部店舗で順次掲出予定。


■「FIST BUMP」オフィシャルサイト
http://tower.jp/fistbump

■「TOWER RECORDS presents FIST BUMP vol.1 氣志團 × キュウソネコカミ〜校舎のウラで一触即発!?〜」

4月22日(水) Zepp Tokyo
開場18時 / 開演19時
出演:氣志團、キュウソネコカミ
チケット:スタンディング・指定席 3,900 円(税込・1D別)
オフィシャル先行受付:2 月23日(月)23時59分まで
※オフィシャル先行申込特典として、タワーレコード オンラインで利用できる300円OFFクーポンをもれなくプレゼント!
主催・企画・制作:TOWER RECORDS
協力:Zepp ライブ

【関連リンク】
「ビクターロック祭り2015」タイムテーブル公開
氣志團があの“キモかわ”アプリ「にゃんこ大戦争」とタイマン!?
キュウソネコカミ、新木場ワンマンライブの模様を映像化!24時間限定、予約特典も受付!
氣志團、新曲「幸せにしかしねーから」MVの超高価学ランに注目

【関連アーティスト】
氣志團, キュウソネコカミ
【ジャンル】
イベント, ジャパニーズロック

浜崎あゆみ、アジアの人気アーティスト・JJ Linの台湾公演にサプライズ出演
Tue, 17 Feb 2015 16:00:00 +0900
2月15日@『時線Time Line-世界ツアー』 (okmusic UP\'s)

2月15日(日)、浜崎あゆみが台湾を中心にアジアで人気を誇るアーティスト林俊傑(通称:JJ Lin)の「時線Time Line-世界ツアー」台北アリーナ公演にサプライズゲストとして出演。約1万人の観客の前でJJ Linと共に、自身のヒット曲「SEASONS」を歌唱した。

【その他の画像】浜崎あゆみ

浜崎が台湾を訪れるのは、自身が2008年に敢行したアジアツアー以来、7年ぶり。2月14日(土)台湾に到着すると、空港では大勢の現地ファンが彼女をお出迎え。7年ぶりに訪れた浜崎に少しでも近付こうとファンとメディアが押しかけ、一時パニックに。この日はJJ Linのライヴを観賞し、翌日にサプライズ出演をした。

JJ Linがスペシャルゲストとして浜崎を中国語で紹介すると、約1万人のファンからは大歓声が上がって、本人がステージに登場。彼女のヒット曲「SEASONS」をJJ Linとともに歌唱した。そのあとには、ステージ上で2人が英語で会話。ここで会場のファンに向けて、さらなるサプライズが発表された。

JJは浜崎のために作曲をし、その楽曲はすでに彼女自身もレコーディング済みで完成していることを明かした。さらに、この楽曲のMV制作も決定しており、JJ Linが来日して浜崎とともに出演する方向だという。楽曲タイトルは「The GIFT」。この「The GIFT」は、4月8日にリリースとなる浜崎の16枚目のオリジナルアルバム『A ONE』に収録される。さまざまなサプライズに会場はどよめきと大歓声に包まれ、ファンにとってはアジアを代表する両アーティストからの“贈り物”となったようだ。

浜崎は最後にこれから旧正月を迎える台湾の観客に向け、中国語で“新年快楽(Happy New Year)”とファンに呼びかけ、歓声に惜しまれながらステージを後にした。

【関連リンク】
浜崎あゆみ オフィシャルHP
浜崎あゆみ、クラシック・アルバムのジャケットと試聴トラック&カウントダウンライヴ映像を公開
宇多田ヒカル、ソングカバー・アルバム収録曲&参加アーティストからのコメントを発表
浜崎あゆみら出演、2014年の「a-nation」がシンガポール公演にて大成功で閉幕

【関連アーティスト】
浜崎あゆみ
【ジャンル】
J-POP, ライブ

話題のmorioniは、なんと森友嵐士(T-BOLAN)と鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)による新ユニットだった!
Tue, 17 Feb 2015 15:30:00 +0900
morioni (okmusic UP\'s)

謎の新人男性デュオ、morioniの正体がついに明らかになった。話題のデビューシングル「サヨナラは歩き出す」を歌っているのは、森友嵐士(T-BOLAN)と鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)による新ユニットだということが判明! 注目のMVも公開された。

【その他の画像】morioni

昨年末からUSENでオンエアが始まった途端に問い合わせ、リクエストが殺到し、J-POPリクエストチャートを急上昇! 中高生を中心に、新たな卒業ソングとして注目を集め、SNS上では“この曲を歌ってるのは誰?”というつぶやきが飛び交う中、ドワンゴジェイピーで先行配信されるとシングルデイリーランキング初登場1位を記録するなど、楽曲先行で話題になっていた謎の新人男性デュオがmorioni(モリオニ)。その正体が、森友嵐士(T-BOLAN)と鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)の2人による新ユニットだったということが明らかになった。

2人の出会いは約1年前で、テレビ番組においてT-BOLANの「離したくはない」をいっしょに歌ったことがきっかけとなり、今回の夢の競演が実現した。2月18日に発売されるデビューシングル「サヨナラは歩き出す」は作曲、編曲に、森友が普段から交流があり、GReeeeNのプロデュースを手がけるJIN(High Speed Boyz)を迎えており、奇跡のトリプルコラボが感涙必至の新たなる卒業ソングを生み出すこととなった。カップリングには、2人の出会いのきっかけとなった「離したくはない」を収録。こちらでは「サヨナラは歩き出す」とは一味違った彼らのハーモニーが堪能できる。

また、2人のレコーディング風景が収録された「サヨナラは歩き出す」のMVも公開された。胸に染みる珠玉のメロディーと"卒業”“旅立ち"をテーマにした感動的な歌詞を、パワフルな歌声で奏でる2人の姿が見られるこちらの映像もチェックしてみてほしい。

気になるmorioniとしての今後の活動だが、2月20日(金)テレビ朝日系全国ネット『ミュージックステーション』に出演し、初のパフォーマンスを披露することが決定している。これまでヴェールに包まれたmorioniの正体が明らかになった今、初披露となる2人の姿に注目が集まりそうだ。

■「サヨナラは歩き出す」MV
http://youtu.be/9SCYC9Hd6cs

■シングル「サヨナラは歩き出す」

2015年2月18日発売
CRCP-10341/¥1,000+税
<収録曲>
01.サヨナラは歩き出す
02.離したくはない
03.サヨナラは歩き出す(オリジナルカラオケ)
04.離したくはない(オリジナルカラオケ)

【関連リンク】
morioni オフィシャルHP
NHK紅白歌合戦出場歌手・曲目から見る 2014年の音楽シーン
ゴールデンボンバーと豪華ゲストが繰り広げる爆笑カラオケ音楽番組がJOYSOUNDと連動企画を実施
鬼龍院翔が命名し、ダウトの幸樹(Vo)がムード歌謡に転身!?

【関連アーティスト】
morioni, T-BOLAN, 鬼龍院翔, ゴールデンボンバー, 森友嵐士
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

MACO x Matt Cab、グラミー4冠サム・スミスをカバー!
Tue, 17 Feb 2015 15:00:00 +0900
MACO x Matt Cab (okmusic UP\'s)

シンガー・ソングライターのMACOと盟友・Matt Cabが、第57回グラミー賞において最多4冠を獲得したサム・スミスの大ヒット曲「ステイ・ウィズ・ミー〜そばにいてほしい」のスペシャルカバーを公開した。

【その他の画像】MACO

MACOが自身で書いた日本語詞、Matt Cabがオリジナルの英詞で歌い分けたカバーとなっており、これは昨年よりサム・スミスの才能を絶賛していたMatt Cabが、MACOにサムの音源を紹介し、MACOもサムの歌声と曲に魅了されたことがきっかけだそう。意気投合した2人は、敬意を込めた独自カバーを録音し、YouTube限定で映像を公開した。

この2人がYouTubeで発表するカバーは“Tokyo Cover”と称され、過去に公開したマイリー・サイラス「ウィ・キャント・ストップ」のカバーは138万回の再生回数を記録している。

■「Stay With Me」(MACO & Matt Cab Tokyo Cover)
http://youtu.be/3Qcy1yAZ2MQ

■配信限定シングル「幸せのはじまり」/MACO

発売中 ¥250(税込)

■アルバム『23 plus』/MACO

発売中
【期間限定価格盤】
UICV-1041/¥2,315+税
【通常盤】
UICV-1043/¥2,778+税
<収録曲>
01.私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない〜We Are Never Ever Getting Back Together(Japanese Ver.)
02.Your Love feat. Matt Cab
03.ありがとう
04.幸せ
05.好きなの、本当に〜Baby I(Japanese Ver.)
06.My Smile
07.Roar(Japanese Ver.)
08.Rock N Roll(Japanese Ver.)
09.存在
10.夢のなか
11.うれし涙(MACO Ver.)
12.22(Japanese Ver.)
13.HERO
14.Love Lie
15.Missing You
16.My Boy,My Girl feat.Matt Cab
17.この世界中で
18.ふたり
19.I Wanna Go

【関連リンク】
MACO オフィシャルHP
MACO、レコチョク年間ランキングにて新人アーティストDL部門1位を獲得
Jolly-TIPが12月10日(水)にセカンドシングルをiTunes限定配信!
MACO、本日の『23 plus』リリース記念スペシャルイベントにゲッターズ飯田が急遽登場!

【関連アーティスト】
MACO, MATT CAB, Sam Smith
【ジャンル】
J-POP

筋肉少女帯、ももクロ「労働讃歌」をカバーしたライヴ映像を解禁
Tue, 17 Feb 2015 14:30:00 +0900
DVD『THE SHOW MUST GO ON〜Live In OSAKA〜』 (okmusic UP\'s)

アルバム発売記念ツアーより大阪BIGCAT公演(2014年11月1日)を収めたライヴDVDを、3月4日にリリースする筋肉少女帯。同作から「労働讃歌」のライヴ映像が公開された。

【その他の画像】筋肉少女帯

「労働讃歌」は筋肉少女帯の大槻ケンヂ(Vo)が作詞、イギリスのロックバンド・The Go! TeamのIan Partonが作曲を担当した、ももいろクローバーZのシングル曲。その後、筋少が同曲をカバーし、最新アルバム『THE SHOW MUST GO ON』に収録。さらに、ツアーでも披露されており、このライヴDVD『THE SHOW MUST GO ON 〜Live In Osaka〜』でもその模様を楽しむことができる。

大槻は「労働讃歌」について、「ももいろクローバーZのライブは何度も観ているのですが、僕が作詞した曲で大勢の人が天突き体操をしながら盛り上がっているのを見て心から感動したんです。才能あふれる女の子たちがこの曲を歌うと、「一生懸命やっていれば、労働の喜びがわかるかもしれない!」というように、とてもポジティブになって。「労働のプライドや喜びをみんなで歌おう」、「みんなで叫べばそれが見える“かも”しれないぜ」という内容なのですが、「見える“かも”しれない」、という部分が、筋少が歌うとそれは「無いの“かも”しれない」、っていうふうに聞こえてくる部分が僕にはあって、同じ曲でも歌詞の意味合いが変わるのがおもしろかった」と語っている。

■「労働讃歌」(2014.11/1 大阪BIGCAT公演より)
https://www.youtube.com/watch?v=3_tkze8nZl0

■DVD『THE SHOW MUST GO ON〜Live In OSAKA〜』

2015年3月4日発売
【完全生産限定盤】(3DVD+2CD)
TKBA-1223/¥12,000+税
※Tシャツ(メンズMサイズ)付き
※TOUR PHOTO BOOK(80P)付き
※特典応募券付き(初回プレス分のみ)
◎特典内容
A賞:筋肉少女帯ライヴ「2015年春・東京公演」最前列プレミアムシート招待 10名
招待ライヴ日程 2015年4月25日(土)、26日(日)EX THEATER(東京)1公演 各5名(計10名)
B賞:「THE SHOW MUST GO ON」アルバムツアー バックステージパス レプリカ 30名

【通常盤】(3DVD)
TKBA-1224/¥6,944+税
※特典応募券付き(初回プレス分のみ)
◎特典内容
A賞:筋肉少女帯ライヴ「2015年春・東京公演」最前列プレミアムシート招待 10名
招待ライヴ日程 2015年4月25日(土)、26日(日)EX THEATER(東京)1公演 各5名(計10名)
B賞:「THE SHOW MUST GO ON」アルバムツアー バックステージパス レプリカ 30名

<収録内容>
■DVD DISC 1
〈2014/11/1 大阪BIGCAT公演〉
01.オーディエンス・イズ・ゴッド
02.タチムカウ -狂い咲く人間の証明-
03.ゾロ目
04.カーネーション・リインカネーション
05.吉原炎上
06.ゴーゴー蟲娘
07.ムツオさん
08.みんなの歌
09.青ヒゲの兄弟の店(Vo.橘高・本城Ver.)
10.愛の讃歌
11.小さな恋のメロディ(Vo.橘高Ver.)
12.労働讃歌
13.ハッピーアイスクリーム
14.パリ・恋の都
15.これでいいのだ
16.気もそぞろ
■DVD DISC 2
〈2014/11/1 大阪BIGCAT公演 ENCORE〉
01.霊媒少女キャリー
02.釈迦
03.トリフィドの日が来ても二人だけは生き抜く
〈BONUS TRACKS(2014/11/16 新宿ReNY公演)〉
01.バトル野郎〜100万人の兄貴〜
02.くるくる少女
03.恋の蜜蜂飛行
04.ワインライダー・フォーエバー(筋少Ver.)
05.イワンのばか
06.ツアーファイナル
■DVD DISC 3
〈THE SHOW MUST GO ON TOUR DOCUMENT〉
・2014/11/1 大阪BIGCAT公演ドキュメント
・2014/11/16 新宿ReNY公演ドキュメント
・2014/11/23 握手会ドキュメント
■CD DISC 1 ※完全生産限定盤のみ
〈2014/11/1 大阪BIGCAT公演 LIVE〉
01.オーディエンス・イズ・ゴッド
02.タチムカウ -狂い咲く人間の証明-
03.ゾロ目
04.カーネーション・リインカネーション
05.吉原炎上
06.ゴーゴー蟲娘
07.ムツオさん
08.みんなの歌
09.青ヒゲの兄弟の店(Vo.橘高・本城Ver.)
10.愛の讃歌
11.小さな恋のメロディ(Vo.橘高Ver.)
■CD DISC 2 ※完全生産限定盤のみ
〈2014/11/1 大阪BIGCAT公演 LIVE〉
01.労働讃歌
02.ハッピーアイスクリーム
03.パリ・恋の都
04.これでいいのだ
05.気もそぞろ
〈ENCORE〉
06.霊媒少女キャリー
07.釈迦
08.トリフィドの日が来ても二人だけは生き抜く

【関連リンク】
筋肉少女帯 オフィシャルHP
筋肉少女帯、豪華特典満載のLIVE DVD全貌を発表
ももクロ、スフィアら出演“アニメ紅白歌合戦Vol.4”レポ
「セーラームーンCrystal」2015年4月より地上波放送決定

【関連アーティスト】
筋肉少女帯
【ジャンル】
ジャパニーズロック

flumpool史上最大規模となる夏の単独野外ライヴ、第1弾の詳細が発表に!
Tue, 17 Feb 2015 14:00:00 +0900
flumpool (okmusic UP\'s)

flumpoolが8月に大泉緑地で開催する自身初の単独野外ライヴ。バンドとしても史上最大規模となるライヴの第1弾詳細が発表された。

【その他の画像】flumpool

『flumpool 真夏の野外★LIVE 2015「FOR ROOTS」〜オオサカ・フィールズ・フォーエバー〜』と冠されたライヴタイトルだが、「FOR ROOTS」には彼ら自身が音楽を始めた当時の自分たちを再認識して、それぞれ個の部分をもっと追求して発信していこうという意味合いに加え、故郷・大阪がこれまでライヴを経験してきた海外のどの都市にも負けないくらい、人情と活気にあふれた世界に誇れる都市になってほしいという今回のライヴの動機からも来ている。さらに、「オオサカ・フィールズ・フォーエバー」には、このライヴに来てくれるみんなと共に創り上げる“空気感=感覚”を永遠に感じていたいと思ってもらえるような、すばらしい空間を創り上げたいという思いが込められているとのこと。

2日間にわたって開催され、1日目の8月8日(土)を“町の色は少し変わっても大泉緑地と言ったらあの緑”という意味を込めて「Day of Green」、2日目を“見上げればいつも思い出すあの空の色”という意味を込めて「Day of Sky」と名付け、それぞれ異なる内容のライヴを行なう。

そのほかにも、青空と太陽の下でライヴをおもいっきり楽しめるスタンディングエリアに加え、ライヴ中は立って観ても座って観てもOKという自身のスタイルで楽しめるシートエリアの設置、日本全国からライヴに来やすいアクセスツアーなどなど、すべての年齢層、家族、さまざまなスタイルのお客さんがライヴを楽しめるようなflumpoolらしい仕掛けがなされている。

なお、flumpool Official fan club「INTERROBANG(インテロバング)」では、チケットの受付が間もなくスタートする。また、新たに公開されたアーティスト写真にも注目だ。


【山村隆太 コメント】
1月12日、松原市の成人式サプライズライブで、今年8月8日と9日の2日間、僕たちの故郷大阪にある大泉緑地にて、flumpoolとして初となる夏の単独野外ライブを開催することを発表しましたが、あれから、1カ月と少し……メンバー・スタッフで会議室に籠りっきりで打ち合わせ。何度まぶしい朝日の中、家路に着いたことか。そう、制作の合間を見つけては全力で進めていましたが、本日予定通り、第一弾詳細発表をさせていただきます! まずは、記念すべきこの野外LIVEのタイトルが決定しました!
↓↓
flumpool 真夏の野外★LIVE 2015「FOR ROOTS」〜オオサカ・フィールズ・フォーエバー〜

僕らの音楽のより深く熱い部分を伝えていきたい。心臓のような原動力を感じてほしい。そしてこの野外LIVEのために全国から集ってくれる優しい人達が大阪を賑やかにしてくれる、そんな夢のような故郷の景色がみたい! それがこの野外LIVEをやらせてもらおう!と思い立った理由であり、意味合いです。

なので、タイトルには僕らのルーツである大阪、松原の優しい風のしらべ、穏やかな雲の流れに囲まれながらみなさんに全力で音を楽しんでもらいたい!という気持ち。そして自分達が初めて楽器を手にし、無邪気に楽しみながら演奏していた頃から、僕らの身体に脈々と流れている血液のような根底の部分を再認識し、新たな発信をしていきたい!という気持ちを込めさせていただきました。

〜オオサカ・フィールズ・フォーエバー〜の名のもとに、この2日間LIVEに来てくれる全員が、共に感じ合える温もりや肌触り、空気感や感覚を「ずっと大切にしていたい!」と、そう思えるような素晴らしい空間を一緒に築ければと思っています!

また、8日の初日公演は、「町の色は少し変わっても大泉緑地と言ったらあの緑!」ということで【Day of Green】と題した一日に、そして9日の最終日公演は「見上げればいつも思い出すあの空の色!」ということで【Day of Sky】と題した一日にして、2日間のSETLISTにそれぞれ違った魅力を出していきたいと思っています。

そして更に今回は、小さなお子さんや年配の皆さんも含め、家族連れでも楽しんでもらえるようなライブにしたい!とずっと思っていたので、「スタンディングエリア」後方に、野外LIVEならではの「シートエリア」を作ります!松原出身の僕らを地元の方々にも「あの子達がねえ、こんなに大きくなってねえ、めっちゃええ子達やねー」なんて言われてみたい!という実家に帰った時に生まれる甘え心もありますので、僕らをこれまで温かく見守り続けてくれた松原の優しい諸先輩方にも、是非このエリアを利用してもらえればと思っています。

あと、大阪の方々はもちろんのこと、遠方からわざわざ駆けつけてくれるであろう全国のファンの方々に、この真夏の野外LIVEはもちろん、僕らの生まれ育った大阪の空気感も楽しんでいただきたいなと思っていますので、アクセスツアーを組みます!これを利用してちょっとでも会場に来易い環境になったり、お子さんを心配される親御さんにとっても、安心してこのライブに送り出せる環境が出来ればと思っています。

もちろん、これからライブエリア以外のエリアも楽しいものにしていけるよう、メンバー・スタッフ一同、愛情と熱意を寄せ合って、まぶしい朝日の中、家路に着く日々を繰り返すくらい全力でやらせていただきますので、これからの発表も楽しみにしていて下さいね!笑。大泉緑地でお待ちしてます!

■『flumpool 真夏の野外★LIVE 2015「FOR ROOTS」〜オオサカ・フィールズ・フォーエバー〜』特設サイト
http://www.flumpool.jp/sp/2015summer

■『flumpool 真夏の野外★LIVE 2015「FOR ROOTS」〜オオサカ・フィールズ・フォーエバー〜』

【日程】
8月8日(土)「Day of Green」
8月9日(日)「Day of Sky」
※雨天決行/荒天中止

【時間】
GOODS&FOODエリア開場 8:00(予定)
LIVEエリア開場 12:30(予定)
開演 14:00 終演 17:00(予定)

【会場】
大泉緑地 大芝生広場(大阪府堺市北区金岡町128)

【チケット料金】
スタンディングエリア・シートエリア 6,300円(税別)
スタンディングエリア(ブロック指定・入場整理番号あり)
シートエリア(ブロック指定・入場整理番号あり・専用シート付き)

【発売】
一般発売 6月20日(土)AM10:00〜
4歳以上 チケット必要・3歳以下 チケット不要
※未就学児は、シートエリアのみ入場可・18歳以上の同伴者必要

Official fan club INTERROBANG 会員限定 特別先行予約
■年会費会員
受付期間:3月7日(土)13:00〜3月16日(月)18:00
当落確認・入金期間:3月20日(金)15:00〜3月25日(水)18:00
■ライト月額会員
受付期間:3月21日(土)13:00〜3月30日(月)18:00
当落確認・入金期間:4月3日(金)15:00〜4月8日(水)18:00

主催:キョードーグループ
企画/制作:アミューズ
制作協力:ハンズオン・エンタテインメント

【関連リンク】
flumpool オフィシャルHP
THE TURTLES JAPAN、4月8日に待望の1stアルバムをリリース!
flumpoolが成人式でのサプライズライブにて初の単独野外公演実施を発表
A-Sketch主催カウントダウンイベント「Ready Set Go!!」と並行してKKBOX「Listen with」開催決定

【関連アーティスト】
flumpool
【ジャンル】
ジャパニーズロック

大貫妙子、音楽活動40周年の特別公演を映像化
Tue, 17 Feb 2015 13:00:00 +0900
Blu-ray『40th ANNIVERSARY LIVE』 (okmusic UP\'s)

音楽活動40周年を記念したトリビュートアルバムも話題となった大貫妙子が、2014年3月に東京国際フォーラムで行なったアニバーサリーライヴを映像商品としてリリースすることがわかった。タイトルは『40th ANNIVERSARY LIVE』で、3月18日に発売される。

【その他の画像】大貫妙子

小倉博和(g)、鈴木正人(b)、沼澤尚(ds)、フェビアン・レザ・パネ(pf)、林立夫(ds)、森俊之(key)といったミュージシャンが一堂に会し、ゲストにハナレグミ、さらに同じ時代を駆け抜けてきた細野晴臣、鈴木茂、松任谷正隆がスペシャルゲストとして登場した、まさに40年の集大成の一夜限りの特別公演となっている。

また、特典映像として、参加ミュージシャンのコメントおよびリハーサル映像を収録。こちらも見ものだ。

■DVD & Blu-ray『40th ANNIVERSARY LIVE』

2015年3月18日発売
【Blu-ray】
RZXM-59315/¥5,000+税
【DVD】
RZBM-59314/¥4,000+税
<収録曲>
01.CARNAVAL
02.夏に恋する女たち
03.横顔
04.新しいシャツ
05.ピーターラビットとわたし
06.Happy-go-Lucky(feat.ハナレグミ)
07.船出
08.One Fine Day With You
09.Time to go
10.都会
11.ファム・ファタール
12.Memphis,Tennessee(キャラメル・ママ)
13.街(feat.キャラメル・ママ)
14.色彩都市(feat.キャラメル・ママ)
15.Mon doux Soleil
16.海と少年
17.ベジタブル
18.dreamland
en1.蜃気楼の街
en2.突然の贈りもの

【関連リンク】
大貫妙子 オフィシャルHP
“Jポップ”を創造した革命的なアルバム! シュガー・ベイブの名盤『Songs』!
大貫妙子、40周年記念ライヴの豪華ゲストが決定&トリビュートアルバム収録曲発表!
大貫妙子トリビュートアルバム収録楽曲発表&40周年記念ライヴ開催決定!

【関連アーティスト】
大貫妙子, ハナレグミ, 細野晴臣, 松任谷正隆
【ジャンル】
J-POP

サイコ・ル・シェイム、復活の3日間が終幕
Tue, 17 Feb 2015 12:00:00 +0900
2月15日(日) @Zepp DiverCity Tokyo (okmusic UP\'s)

サイコ・ル・シェイムが開催した3日間にわたる結成15周年記念の復活ライヴが、2月15日のZepp DiverCity TOKYOでもって完結した。

【その他の画像】Psycho le Cemu

昨年、自らのデビュー記念日である10月2日に、2015年の2月11日に豊洲PIT、14日&15日にZepp DiverCity TOKYOにて、『Psycho le Cemu 15th Anniversary Live TOKYO PARALLEL WORLD』と題した結成15周年アニバーサリーライヴを行うことを発表したサイコ・ル・シェイム。

初日であった11日の豊洲PITでは、サブタイトルどおり、【はじまりの奇跡】を感じさせる、まったく色褪せることのない素晴しい景色を魅せてくれた彼ら。

メンバーカラーのペンライトでフロアが埋め尽くされるのは、彼らサイコ・ル・シェイムのライヴの特色でもあるのだが、最終日であった15日は、前日の2日間よりもその光の数が増していたように思った。そう。きっと、初めて彼らのライヴを観たオーディエンスが、彼らのライヴの楽しみ方を改めて知り、そこに花を添えることとなったのだろう。まさに、光の連鎖。その鮮やかな光の絨毯は、どんな演出よりも彼らを輝かせる、サイコ・ル・シェイムのライヴには欠かすことのできない演出なのである。

この3日間を通して思ったのだが、彼らをインディーズ時代から支えるファンたちももちろん、確実に彼らには今、新たなファンが付いているということ。当初の活動期間に、生で彼らのライヴを体験したことのない世代が、噂を伝え聞き、この復活の時に集まったのだろう。まさに。この3日間は、ただ昔を懐かしむだけの15周年アニバーサリーライヴではなく、【はじまりの奇跡】を感じさせるモノだと確信した。

彼らはこの3日間、すべてセットリストの内容を変えてライヴに挑んだのだが、2日目であった14日は、『〜思い出のあの時へ〜』というサブタイトルが物語るように、インディーズ時代の懐かしめな楽曲を中心に届け、最終日15日は、上手ギターのAYAとドラムのYURAサマがボーカルのDAISHIの両脇を固め、パフォーマーとなってライヴを盛り上げる彼らならではの魅せ方を持つ「MEGATRON」「激愛メリーゴーランド」をオープニングナンバーに置き、間髪入れずに煽り曲とされるディープな音色で激しく畳み掛けられる「聖〜excalibur〜剣」「インドラの矢」「LOVE IS DEAD」でロックバンドとしての真髄を見せつけてくれたのだった。

世の中的に、硬派で飾り気のないバンドが称賛を受け、彼らのようなエンタテイメント性を重視したバンドはどうしてか軽視される傾向にあるが、観る者をこんなにも楽しませながらも、しっかりとロックバンドとしての真髄を貫き通せるバンドこそ、もっと高い評価を得て良いと思う。まさに、彼らサイコ・ル・シェイムこそ、称讃に値する“求められるべきバンド"であると思うのだ。

彼らは活動期に、『Newsweek』の【世界が尊敬する日本人100人】特集で掲載された過去を持つほど、他に類のない、誇るべきバンドなのである。中盤に吹き替えのお芝居を挟むのも彼らのライヴの特徴なのだが、この日も、今回の復活を意味するストーリーに沿った“サイコ・ル・シェイム結成の経緯"がお芝居で演じられ、アンコールではDAISHIが、最終日のサブタイトルとしていた『〜あの場所を夢見て〜』という言葉の中にある【あの場所】を目指す宣言とも思える挨拶を残した。

必ずライヴのラストに歌われてきた「Remembrance」を最後にアンコールが締めくくられたのだが、退場を促す場内放送がかかっているにも関わらず、オーディエンスは大きな声で「Remembrance」を歌い、彼らをステージへと呼び戻し、彼らはその声に「聖〜excalibur〜剣」を返したのだった。

最高の景色の中、復活の3日間は幕を閉じたのだが、この日、最後に会場にはラストシングルであった「LOVE IS DEAD」のカップリング曲である「しばしの別れ」が流された。そこにはこんな歌詞がある。【いつか時代を背負うから いまは しばしの別れ】 まさに。その歌詞は、次に会うまでの彼らの心情と、この先の未来を物語っているかのようだった。あの場所を夢見て、今、未来は始まった。彼らサイコ・ル・シェイムの未来が明るいモノであってくれることを切に願う。

なお、16日からサイコ・ル・シェイムのオフィシャルモバイルファンクラブがスタート。4月には2月11日「豊洲PIT」の模様がWOWOWにて放送される。

TEXT:武市尚子

【SET LIST】
01.MEGATORON
02.激愛メリーゴーランド
03.聖〜excalibur〜剣
04.インドラの矢
05.LOVE IS DEAD
06.春夏秋冬
07.一億のパルチザン
08.With
〜〜芝居〜〜
09.Prism
10.クロノス
11.ONE DAY
12.道の空
13.LAST EMOTION
14.銀狼
15.愛の唄
〈ENCORE〉
01.夢風車
02.浪漫飛行
03.Muder Death Kill
04.Remembrance
〈W ENCORE〉
01.聖〜excalibur〜剣

■Psycho le C?mu オフィシャル Mobile Fanclub
http://fc-psycholecemu.com/
■Psycho le C?mu オフィシャルHP
http://psycholecemu.com

【関連リンク】
サイコ・ル・シェイム、15周年復活ライヴが華々しく開幕
サイコ・ル・シェイムが復活を宣言! 今夜ニコ生にも出演!
NINJAMAN JAPAN、1月15日にミニアルバム『翔-Show』発売
アニメ×ヴィジュアル系カバーコンピアルバム、ダイジェスト映像公開!

【関連アーティスト】
Psycho le Cemu
【ジャンル】
ビジュアル, ジャパニーズロック, ライブ

サザン、10年ぶりのニューアルバム『葡萄』の中身が明らかに!
Tue, 17 Feb 2015 11:00:00 +0900
サザンオールスターズ (okmusic UP\'s)

サザンオールスターズのニューアルバムの詳細が判明した。前作『キラーストリート』から約10年を経て発表される最新作は『葡萄』と名付けられ、1枚のCDに収録される限界に近い全16曲を収めた超大作となる。

【その他の画像】サザンオールスターズ

収録曲を見渡してみると、以下のようなラインナップが連なる。2013年のサザン復活の狼煙を上げた曲で、争いや摩擦の絶えない昨今の世界情勢を憂い、平和への願いを歌ったご存じ「ピースとハイライト」。大きな夢を持ちながらも叶うことなく、しがない毎日を暮らす現代人の悲哀を歌った「栄光の男」。2020年に開催が決定した東京オリンピックをきっかけとし、その光と闇双方に目を向けつつも、未来への希望を高らかに歌った「東京VICTORY」。70年代の歌謡曲のオマージュを含みつつ、お色気お下劣満載で贈る「天国オン・ザ・ビーチ」。

おなじみのヒット曲に加え、前に踏み出すことができない人たちに向けて、“勝負に出よう!”とディスコサウンドで気持ちを鼓舞してくれる「アロエ」。古都の風景を織り交ぜながら、失恋の悲しみを歌う「イヤな事だらけの世の中で」。戦後70年にあたり、苦労をしたわが国の先人たちへ思いを馳せ、あらためて平和の大切さを歌ったバラード「平和の鐘が鳴る」。デジタルに囲まれて生きている現代をバックに、生身の人間同士の愛のすばらしさをテーマにした「バラ色の人生」などなど、テーマはまさに縦横無尽かつ変幻自在。どの曲を取っても、ふるさと日本に対する愛情を土台におきながら、現代の日本に生きる者として忘れてはいけない大切なこと、向き合わざるを得ない難しい問題を念頭におきながら作られている。

声高な主張をするのではなく、世の中の空気感を巧みにつかみながら、それを歌で自由に表現するこのアルバムは、桑田佳祐自身が言うようにひとつの“読物”のようでもあり、硬軟を織り交ぜた現代社会の写し鏡のようでもあり、まさに“大衆音楽の粋”が凝縮された一枚と言える。

そんなポップミュージックの金字塔となるこのアルバムのタイトルは『葡萄』。“葡萄”という字面にまずインスピレーションを感じ、葡萄の葉が心臓、房が乳房、蔓が人に巻きつく感じにそれぞれエロティシズムを連想させたことが、このタイトルに結び付いていったと桑田は語っている。一方、音楽性はもとよりある種の読物としての在り方にこだわったというこの作品を、小説や読物のタイトルかと思わせるようなものにしたかったということも『葡萄』に決定した理由のひとつ。渡辺淳一の小説にまさに『葡萄』があるし、芥川龍之介の『蜜柑』、梶井基次郎の『檸檬』など確かに果物と小説のタイトルはイメージが結びつきやすい。

葡萄はもちろんワインの原料であり、葡萄の花言葉のひとつに“陶酔”がある。ファンクラブに寄せた文章の中で、桑田は「16もの曲が、たわわな実となり、ワインのような豊かな陶酔を味わっていただける作品が出来上がると思います」としているが、この『葡萄』というサザンのニューアルバムは10年もの年月、しっかりと熟成させた極上のワインのような味わいと陶酔をもたらしてくれることだろう。現在、完成間近で大詰めの作業を行なっているが、完成した暁には発売に先駆け、プレミア試聴会開催を予定。詳細は後日発表される。
 
また、初回限定盤の特典内容も発表となった。『葡萄』の完全生産限定盤A、Bともに、桑田自身による全曲解説と2013年の復活以降の貴重な写真などで構成された特別編集のブックレット「葡萄白書」を特製BOXに梱包。そして、完全生産限定盤Aにはさらに、特製の「“おいしい葡萄の旅”Tシャツ」(フリーサイズ)も付く。「“おいしい葡萄の旅”Tシャツ」は動きやすく、通気性と吸水性に優れたメッシュ生地のTシャツだけに、4月から始まる10ヵ所21公演の全国ツアーにぜひ着用してみては? また、今回はまだ発表できない追加特典も用意されているとのこと!

昨年6月のデビュー記念日に“進撃のサザン”と銘打ち、ニューアルバム制作を宣言したサザンだが、いよいよ完成とリリースが間近に迫り、そのまま全国ツアーへとなだれ込む。

■ニューアルバム『葡萄』スペシャルトレーラー
https://www.youtube.com/watch?v=AIbgys4hSSs

■アルバム『葡萄』

2015年3月31日発売
【完全生産限定盤A】
VIZL-1000/¥6,500+税
※オフィシャルブック「葡萄白書」付き
※“おいしい葡萄の旅"Tシャツ付き
※追加特典あり
※特製BOX入り
【完全生産限定盤B】
VIZL-1010/¥4,500+税
※オフィシャルブック「葡萄白書」付き
※追加特典あり
※特製BOX入り
【通常盤】
VICL-64400/¥3,300+税

【アナログ盤】※2015年4月8日発売
VIJL-61500〜1/¥4,000+税
<収録曲>
01.アロエ
02.青春番外地
03.はっぴいえんど
04.Missing Persons
05.ピースとハイライト
06.イヤな事だらけの世の中で
07.天井棧敷の怪人
08.彼氏になりたくて
09.東京VICTORY
10.ワイングラスに消えた恋
11.栄光の男
12.平和の鐘が鳴る
13.天国オン・ザ・ビーチ
14.道
15.バラ色の人生
16.蛍

【関連リンク】
サザンオールスターズ オフィシャルHP
2014年、心に残ったあれこれ
サザンオールスターズ、3月発売ニューアルバム収録曲「平和の鐘が鳴る」歌詞公開
サザンオールスターズ、年越しライヴが大盛況のうちに終了

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

nottv『MUSICにゅっと。』にSilent Sirenが登場! 日高央とバンドトークをたっぷり展開!
Tue, 17 Feb 2015 00:00:00 +0900
NOTTV3 音楽情報番組『MUSICにゅっと。』(2月20日放送:Silent Siren) (okmusic UP\'s)

nottvの音楽情報番組『MUSICにゅっと。』の2月20日の放送に、人気のガールズバンドSilent Sirenがゲストで登場! 詰めかけた観覧客を前に最新アルバム『サイレントサイレン』を紹介しながら、MCの日高央と共に楽しいトークを繰り広げた。

【その他の画像】Silent Siren

また、同18日の放送にはライブシーンで注目のバンドKidori Kidoriが。19日には、ファンタジーユニットSTARMARIEのメンバーが、それぞれ出演。最新の音楽情報と共に、人気アーティストの貴重なおしゃべりが満載の内容になった。

『MUSICにゅっと。』は音楽クリエーターの日高央がMCを務める音楽情報番組で、渋谷タワーレコードで公開収録し、毎週月曜から金曜の平日18:00からnottvで放送中。日替わりの企画を通して、最新の音楽情報を届けている。18日は、「LOV☆ROCK」と題して、人気バンドKidori Kidoriのメンバーをゲストに迎え、1st EP「El Urbano」を切り口にして、たっぷりトークを展開。Kidori KidoriのVo&G=マッシュは、CDショップで働いていたことがあるそうで、現役のタワレコ渋谷店員でもある番組サブMCのSakuとも意気投合。オフショット写真や、都内の一軒家「Kidori荘」での共同生活の様子に、「仲が良いんだね。うらやましい〜」と日高。ステージではクールな彼らの、素の顔をのぞかせる内容になった。

19日は「音楽の心髄」というコーナーに、オネエ系シンガーソングライターのずれやまズレ子と、ファンタジー系ダンスボーカルユニットのSTARMARIEから、メンバーの高森紫乃と中根礎子の二人が出演。教授に扮する日高の講義を開く形で、伝説のロックバンド“クイーン”の魅力を紹介。日高の質問に、STARMARIEの二人は天然ボケの解答を連発。ずれやまからの、新宿二丁目にフレディ・マーキュリーの足跡があるなど情報もはさみながら、クイーン話で盛り上がった。

20日はSilent Sirenが登場し、過去最多の観覧者動員を記録した。サイサイは、タワレコ店員がオススメのCDを紹介する「シブレコメン」のコーナーに出て、3rdアルバム『サイレントサイレン』を紹介。メンバー各自のオススメ曲を紹介しながら、バンドあるある話など、多彩なトークを展開した。実はメジャーデビュー前、MCの日高が組んでいたバンドBEAT CRUSADERSのコピーをやったことがあるという話も飛び出し、日高はびっくり。さらに、サブMCのSakuが、タワレコ店員としてサイサイのライブで物販をやっていたことがあったなど、新事実も発覚。意外な共通項に大いに盛り上がった。

曜日ごとの企画コーナーでは、番組テーマ曲を制作するほか、注目アーティストのライブ映像の紹介コーナーや、番組が発掘したシンガーソングライターの生ライブもある。また、月曜〜木曜には、4人組ロックバンドBrian the Sunのライブとトークも放送。各曜日見逃せない企画が満載だ。

また、番組では音楽イベントも随時開催。3月6日には番組MCである日高央、AYAMO、Sakuなど個性溢れるレギュラー陣をはじめ、DEPAPEPEや空想委員会など、豪華アーティストが出演する、スペシャル公開収録「にゅっと祭。」を、渋谷TSUTAYA O-WESTで開催する。

■NOTTV3 音楽情報番組『MUSICにゅっと。』

毎週月〜金 18:00〜19:00(月〜金 深夜0:00〜再放送)
NOTTV3で無料放送中
MC:日高央 / AYAMO / Saku
※本放送を見逃した方は公式サイトより1週間見逃し配信サービスで誰でもご覧頂けます!!

公式サイト:http://musicnyt.jp/
twitter:https://twitter.com/musicnyt
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCUM8bxbsRz6q9dsOz-dtLbA

■『NOTTV3「MUSICにゅっと。」トーク&ライブスペシャル公開収録「にゅっと祭。」』

3月06日(金) Shibuya TSUTAYA O-WEST
OPEN 17:30  START 18:00
入場料:無料(500円ドリンク代別途)
※抽選で無料ご招待
※観覧ご希望の方は公式サイトよりお申し込みください
放送:
3月25日(水)/ 3月26日(木)/ 3月27日(金)
NOTTV3 18:00〜19:00

<MC>
日高 央 / Saku / AYAMO / けみお / ずれやまズレ子 / 橋爪もも
<出演>
DEPAPEPE
空想委員会
STARMARIE
けみお&アミーガチュ
トレモノ
タグチハナ
イラストレーター TOMOKUNI
THE STARBEMS(後藤裕亮/高地広明)

【関連リンク】
日高央(ヒダカトオル)がレギュラーを務める音楽番組のSPイベント開催決定
Kidori Kidori、2月発売のコンセプトEPのアートワーク公開
Silent Siren、FaRaoにて「音楽ルーツ」チャンネルを開設!

【関連アーティスト】
Silent Siren, ヒダカトオル, ずれやまズレ子, Starmarie, Kidori Kidori, Saku
【ジャンル】
テレビ(番組/CM), J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1