歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年02月03日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/02/12
2015/02/11
2015/02/10
2015/02/09
2015/02/08
2015/02/07
2015/02/06
2015/02/05
2015/02/04
2015/02/03
2015/02/02
2015/02/01
2015/01/31
2015/01/30
2015/01/29
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
2014/08/06
2014/08/05
2014/08/04
2014/08/03
2014/08/02
2014/08/01
2014/07/31
2014/07/30
2014/07/29
2014/07/28
2014/07/27
2014/07/26
2014/07/25
2014/07/24
2014/07/23
2014/07/22
2014/07/21
2014/07/20
2014/07/19
2014/07/18
2014/07/17
2014/07/16
2014/07/15
2014/07/14
2014/07/13
2014/07/12
2014/07/11
2014/07/10
2014/07/09
2014/07/08
2014/07/07
2014/07/06
2014/07/05
2014/07/04
2014/07/03
2014/07/02
2014/07/01
2014/06/30
2014/06/29
2014/06/28
2014/06/27
2014/06/26
2014/06/25
2014/06/24
2014/06/23
2014/06/22
2014/06/21
2014/06/20
2014/06/19
2014/06/18
2014/06/17
2014/06/16
2014/06/15
2014/06/14
2014/06/13
2014/06/12
2014/06/11
2014/06/10
2014/06/09
2014/06/08
2014/06/07
2014/06/06
2014/06/05
2014/06/04
2014/06/03
2014/06/02
2014/06/01
2014/05/31
2014/05/30
2014/05/29
2014/05/28
2014/05/27
2014/05/26
2014/05/25
2014/05/24
2014/05/23
2014/05/22
2014/05/21
2014/05/20
2014/05/19
2014/05/18
2014/05/17
2014/05/16
2014/05/15
2014/05/14
2014/05/13
2014/05/12
2014/05/11
2014/05/10
2014/05/09
2014/05/08
2014/05/07
2014/05/06
2014/05/05
2014/05/04
2014/05/03
2014/05/02
2014/05/01
2014/04/30
2014/04/29
2014/04/28
2014/04/27
2014/04/26
2014/04/25
2014/04/24
2014/04/23
2014/04/22
2014/04/21
2014/04/20
2014/04/19
2014/04/18
2014/04/17
2014/04/16
2014/04/15
2014/04/14
2014/04/13
2014/04/12
2014/04/11
2014/04/10
2014/04/09
2014/04/08
2014/04/07
2014/04/06
2014/04/05
2014/04/04
2014/04/03
2014/04/02
2014/04/01
2014/03/31
2014/03/30
2014/03/29
2014/03/28
2014/03/27
2014/03/26
2014/03/25
2014/03/24
2014/03/23
2014/03/22
2014/03/21
2014/03/20
2014/03/19
2014/03/18
2014/03/17
2014/03/16
2014/03/15
2014/03/14
2014/03/13
2014/03/12
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/09
2014/03/08
2014/03/07
2014/03/06
2014/03/05
2014/03/04
2014/03/03
2014/03/02
2014/03/01
2014/02/28
2014/02/27
2014/02/26
2014/02/25
2014/02/24
2014/02/23
2014/02/22
2014/02/21
2014/02/20
2014/02/19
2014/02/18
2014/02/17
2014/02/16
2014/02/15
2014/02/14
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/11
cali≠gari、第8期スタートライヴは“あの日”に敢行!
Tue, 03 Feb 2015 18:00:00 +0900
cali≠gari (okmusic UP\'s)

第8期の始動とアルバム『12』のリリースを発表したcali≠gari。そんな彼らの第8期最初のライヴとなる東京キネマ倶楽部公演「鶯谷で逢いましょう」が決定した。

【その他の画像】cali≠gari

公演日の3月14日(土)という日程が懐かしい日と感じる昔からのファンもいることだろう。昔、cali≠gariは自ら3.14という事務所で活動しており、その時代から3月14日にライヴを行なっていたことが多々あったためだ。なお、このライヴはファンクラブ限定となっており、チケット代は¥3,420(税抜)。

ニューアルバムからは数曲のみの予定で、昔からのナンバーも多数演奏されるという。第8期cali≠gariのスタートを切るにふさわしい空間となることは間違いない。ライヴメンバーは下記のとおり。石井秀仁(Vo)、桜井青(Gt)、村井研次郎(Ba)、中西祐二(Dr)、秦野猛行(Key)、yukarie(Sax)、白石元久(マニュピレーター)。

そして、アルバム『12』の購入者特典も決定。第8期新ビジュアル撮影時に撮り下ろされた写真を使用した特典となる。特典は先着で、なくなり次第終了になるため、確実に入手したいファンは予約購入がおすすめ!

■「鶯谷で逢いましょう」

3月14日(土) 東京キネマ倶楽部
開場 17:15 開演 18:00
※ ファンクラブ限定
※2月9日(月)までに要入会・更新(決済まで含む)
※入場時に会員証の提示が必要

■アルバム『12』購入者特典

下記販売店で、cali≠gariニューアルバム『12』(狂信盤:COZP-1021、良心盤:COCP-39034)を買うと、先着で下記特典をプレゼント。

■TOWER RECORDS(オンライン含む):TOWER RECORDSオリジナル絵柄A2ポスター
■HMV(オンライン含む):HMVオリジナル絵柄A2ポスター
■TSUTAYA全店(TSUTAYAオンラインショッピング含む):TSUTAYAオリジナル絵柄ポストカード
※TSUTAYAオンラインショッピングは予約分のみ。
■その他店舗:ポストカード

【関連リンク】
cali≠gari オフィシャルHP
cali≠gari、遂に始動! ニューアルバム『12』に豪華ラインナップなドラマーが参加!
cali≠gari、日比谷野音公演でドラム武井誠が脱退を発表
cali≠gari、「東京カリ≠ガリランド」の2日間をDVD映像化!

【関連アーティスト】
cali≠gari
【ジャンル】
ビジュアル, ジャパニーズロック

ONE OK ROCKが沖縄で800名の完全招待制ライブを実施
Tue, 03 Feb 2015 21:00:00 +0900
2月1日(日)@沖縄 ミュージックタウン音市場 (okmusic UP\'s)

ONE OK ROCKが2月1日(日)、プレミアムライブ番組『SPACE SHOWER TV “LIVE with YOU”』の公開収録を沖縄にて行なった。

【その他の画像】ONE OK ROCK

2月11日(水)に待望のニューアルバムリリース、そして5月から全国アリーナツアーが決定しているONE OK ROCK。国内におけるワンマンライブとしては、昨年9月の横浜スタジアム2days公演以来となるこのライブに、全国各地から応募が殺到! プレミアムチケットを手にした800名の幸運な観客を前に、大熱狂のライブが繰り広げっられた。

なお、このライブの模様は、2月28日(土)22:00からスペースシャワーTVにて、60分の特別番組としてオンエアされる。

【番組概要】
『SPACE SHOWER TV“LIVE with YOU”〜ONE OK ROCK〜』
放送日時:
・初回放送 2月28日(土)22:00〜23:00
・リピート放送  3月予定
番組HP: http://sstv.jp/lwy

■【ライブレポート】

沖縄ロック発祥の地「コザ」の音楽発信スペース「ミュージックタウン音市場」。会場入口の3階フロアから並ぶ人の列は、地上まで長く続いていた。開演の1時間以上前。期待で胸をふくらませたファンたちは、誰もが笑顔でその瞬間を待っていた。

“あなたの側で、生きてる音楽。”をコンセプトに、日本のトップミュージシャンが熱いライブを重ねてきたスペースシャワーTVのプレミアムライブ番組『SPACE SHOWER TV“LIVE with YOU”』。第12弾出演アーティスト、ONE OK ROCKのプレミアムチケットをゲットした800名が全国各地から集結していた。

昨年20公演におよぶ南アフリカやヨーロッパツアーなど世界規模の活動を精力的に行ったONE OK ROCKが、アメリカ・ロサンジェルスで完成させた待望のニューアルバム『35xxxv』のリリースを前に沖縄で行う、まさにプレミアムなライブだった。

開演時間が近づくにつれて、超満員のフロアが徐々に熱をおびてくる。ざわめきに満ちた会場に歓声が飛び交い、期待感が沸点に達した時、Takaの「オキナワ!」の声で、その瞬間は突然訪れた。はじまりは「Mighty Long Fall」。一斉に突き上げられた無数の手が天空を射し示し、強烈なリズムに生命を得たように力強く前後に揺れ続ける。「いくぜ!」のかけ声でToruとRyotaがユニゾンで奏でるリフに導かれながら会場はいっきに熱狂の渦へ。「最高の夜にしようぜ」と告げるTakaの言葉を受けて即座に応える歓声とともに、その場にいるすべての人を巻き込みながら、最高の夜へとなだれこんでいく。

「早速だけど新曲いくぜ! ついてこいよ!」。いきなりフルスロットルでトップスピードに達するパンキッシュな「Take me to the top」。いち早く披露された今の彼らの意思表明ともとれるニューアルバムからの新曲に、応募者の中から高倍率で勝ち抜けた幸運なファンの熱狂が一気に高まる。そして、「忘れんなよ、おまえら選ばれた人間だからな。朝まで全部この時間くれてやるから最後まで楽しんでくれ!」と、さらにTakaのMCが油を注ぎこんだ。

Toruのギターアルペジオに時計の音が刻まれた瞬間、誰もが次の曲を確信する。そう、「Clock Strikes」だ。Takaの歌に続いて、会場から歌声が湧きあがる。感情が一つになり、大きなうねりとなってそこに居るそれぞれの人の胸に押し寄せてくる感動的な瞬間だった。

再び新作から「Cry Out」を披露する。フロアの人が割れ、中央に空いた円の中で回りながらモッシュするサークルピットが出現。会場の熱量はマックスへ。このアツい空気をクールダウンさせるようにToruが奏でるアコースティックギターの音とともに始まった「Be the light」。また新作からの「Heartache」を「CDとは違うヴァージョンで」というTakaの言葉通り、Toruのアコギのみの伴奏で心を込めて歌われた。優しいメロディにのって歌詞の一言一言が響く美しいバラッドだった。会場がコール&レスポンスで温まったあとは、「次の曲も新曲です」と告げて始まったのが「Stuck in the middle」。もがきながら、胸に内包する激しい想いをぶつけたヘヴィチューンに会場も熱を増し、さらに加速する「NO SCARED」でヘッドバンギングを繰り返すフロアの景色は壮観だった。そして最後の曲が「The Beginning」。〈このままじゃまだ終わらせることはできないでしょ さぁ始まりだ!〉と伝えるポジティヴなメッセージを歌いきって彼らはステージを下りた。

アンコールは「アンサイズニア」と「完全感覚Dreamer」だ。繊細さと大胆さを兼ね備えたギター、ボトムを支える重厚なベースとドラム、圧倒的な音圧で迫るバンドサウンドと、その音圧を切り裂くほどパワフルなヴォーカルが圧巻のONE OK ROCK。唯一無二の存在感を見せつけた沖縄での最高の夜だった。このプレミアムなライブは、2/28(土)22:00〜23:00に『SPACE SHOWER TV“LIVE with YOU”』で体感できる!(※番組OA曲は未定です)

撮影:Rui Hashimoto(SOUND SHOOTER)
テキスト:伊藤博伸

【関連リンク】
ONE OK ROCK オフィシャルHP
ONE OK ROCK、ニューアルバムよりリード曲「Cry out」MVを解禁
ONE OK ROCKのTaka×RADWIMPSの野田洋次郎、対談をFM802/InterFMでオンエア
ONE OK ROCK、ニューアルバムを引っさげての全国アリーナツアーが決定

【関連アーティスト】
ONE OK ROCK
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ, テレビ(番組/CM)

ザ・コレクターズの阿部耕作による恒例即興イベント、今回のテーマは“渋谷系"
Tue, 03 Feb 2015 20:00:00 +0900
阿部耕作 (okmusic UP\'s)

ザ・コレクターズのドラマーで、チリヌルヲワカやTAIJI at THE BONNET、qpsのメンバーとしても活躍する阿部耕作がホストを務めるライヴイベント「マイクロ集会 0016」が、2月16日(月)に高円寺ShowBoatで開催される。

【その他の画像】ザ・コレクターズ

「マイクロ集会」とは、阿部と交流のある多彩なミュージシャンたちが登場してフリーセッションを繰り広げていくもので、ありがちなミュージシャン同士の“対決"ではなく、音楽の自由を仲間と共有し、ポップに即興演奏を体験する愛のあるイベントだ。

16回目を数える今回のテーマはズバリ“渋谷系"。ゲストミュージシャンにはGREAT3の白根賢一、コーネリアスやオリジナル・ラヴほか渋谷系界隈のサウンドを支えてきたYOSHIEといったドラマー陣や、“渋谷系の裏番長"の異名を持つ元EL-MALOの會田茂一(Gt)、ホフディランなどのサポートで知られるキタダマキ(Ba)、日本のポップフィールドをリードする名プロデューサーでもある森俊之(Key)や、Superflyらのセッションで活躍する草刈浩司(Gt)という豪華かつ意表を突いた顔ぶれが登場する。普段の彼らの演奏とは一味違う、それぞれの個性が光るプレイやインプロビゼーションならではのアプローチに注目したいところだ。

意外にも話し好きな阿部とゲストとの愉快なトークが好評のほか、それぞれが自由に音楽を奏でながらも不思議と起承転結が紡がれていくミラクルな展開は、まさに“コミュニケーション"がこのイベントの核だからこそ。小難しく思われがちな即興演奏だが、あくまでポップでピースフルに終始オーディエンスを惹き込んでいくセッションが楽しめるだろう。ぜひ、足を運んでみてほしい。

■「myQroczuqay presents マイクロ集会 0016」

2月16日(月) 東京 高円寺ShowBoat
OPEN 19:00 START 19:30
前売:3,000円 当日:3,500円(各ドリンク代別)

■マイクロホスト
阿部耕作(Dr、Vo&etc…)−The Collectors、チリヌルヲワカ、TAIJI at THE BONNET、qps
■マイクロゲスト
白根賢一(Dr)−GREAT3
YOSHIE(Dr&Perc)−ex.コーネリアス、ORIGINAL LOVE etc…
草刈浩司(Gt)−Superflyサポート etc...
キタダマキ(Ba)−Syrup16g、Salyu etc…
森俊之(Key)−Nothing But The Funk、Deep Cocer、The Sun Paulo、C.C.King etc…
會田茂一(Gt)−FOE

【関連リンク】
阿部耕作(qps) オフィシャルHP
「加藤ひさしのコロムビア大行進」第4回放送ゲストは荒川ケンタウロス&palet
ザ・コレクターズ阿部耕作主催イベントにqpsとナカザタロウ、DJとして松本素生出演
クラムボン、トリビュートアルバム全収録楽曲発表! 参加アーティストからのコメントも!

【関連アーティスト】
ザ・コレクターズ, チリヌルヲワカ, TAIJI at THE BONNET, qps, GREAT3, shirane kenichi
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Mrs. GREEN APPLE、2月18日リリースのミニアルバムからトレーラー映像と収録曲のMVを公開
Tue, 03 Feb 2015 19:00:00 +0900
Mrs. GREEN APPLE (okmusic UP\'s)

Mrs. GREEN APPLEが2月18日にリリースする初の全国流通盤ミニアルバム『Progressive』のトレーラー映像と、同アルバム収録曲「ナニヲナニヲ」のMVを公開した。

【その他の画像】Mrs. GREEN APPLE

突如音楽シーンにあらわれたMrs. GREEN APPLEは2013年結成。現在18才で高校3年生の大森元貴(Vo&Gt)率いる5人組バンド。結成から2年に満たないにも関わらず、アグレッシブなサウンドに痛いほどピュアな歌詞を乗せた楽曲と熱いステージが各所で話題を呼んでいる。

また、同作は全国のタワーレコードのスタッフがいち早くピックアップする“タワレコメン”にも選出。次世代型ロックバンドとしてまさに今要チェックのバンドだ。まずは2月18日にリリースされる初の全国流通盤ミニアルバム『Progressive』とライブハウスで、今の“ミセス”を体感してほしい。

■Mrs. GREEN APPLE オフィシャルHP
http://mrsgreenapple.com/

■ミニアルバム『Progressive』トレーラー
http://youtu.be/u_PzQddghYA

■「ナニヲナニヲ」MV
https://www.youtube.com/watch?v=uzyAw7ajW_s

■ミニアルバム『Progressive』

2015年2月18日発売
MGAL-0001/¥1,500(税抜)
<収録曲>
1. 我逢人
2. ナニヲナニヲ
3. CONFLICT
4. アンゼンパイ
5. 日々と君
6. WaLL FloWeR

◎購入者特典
■タワーレコード:Vo.& Gt.大森元貴の描き下ろしステッカー5種ランダムでどれか1枚
■ヴィレッジヴァンガード:『ナニヲナニヲ』MV 収録 DVD-R
※特典には数に限りがあります。なくなり次第終了します。
※一部取扱いのない店舗もございます。詳しくは店舗へお問い合わせ下さい。

■自主企画第3弾「ゼンジン未到とプログレス 〜実戦編〜」

3月26日(木) 新代田FEVER
開場18:00/開演18:30
チケット:前売 ¥2,000(税込) 入場時別途ドリンク代¥500
※高校生以下の方は入場時に学生証提示で500円ディスカウント

【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLEが来年2月に初の全国流通盤をリリース
セカオワが「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞 1月度」2部門で首位!
阿部真央、完全招待制のプレミアムな公開収録に出演決定!
KGが早くも新曲「あなたがいれば」をリリース! REC MVの公開も!

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

amazarashi、新MVは生肉で紡がれた歌詞200文字!?
Tue, 03 Feb 2015 18:00:00 +0900
「季節は次々死んでいく」MV (okmusic UP\'s)

青森在住の秋田ひろむを中心とするバンド、amazarashiが「季節は次々死んでいく」のMVをYouTubeで公開した。同曲は熱狂的人気を誇るアニメ『東京喰種√A』のエンディングテーマに起用されている。

【その他の画像】amazarashi

今回のMVでは、amazarashiの歌詞を表現するために、レーザーカッターで生の牛肉を歌詞の形で切り取るという世界初の手法を採用。クリエイティブディレクターはSIXの本山敬一、映像監督は稲葉右京が務めた。冒頭には、MVのテーマを象徴する谷川俊太郎の詩が引用されている。

イノチはイノチを食べて生きています
イノチを食べた私はいつかイノチに食べられる
私が美味しいといいのだけれど
− 詩 谷川俊太郎『恐竜人間』(PARCO出版)より

女優の松永かなみが生肉で紡がれた歌詞200文字を、時には手づかみで次々と口に入れていく様子は必見だ。「季節は次々死んでいく」は2月18日にシングルリリースされる。

■「季節は次々死んでいく」MV
http://youtu.be/wtJcLWeY114

■シングル「季節は次々死んでいく」

2015年2月18日発売
【初回仕様限定盤】(CD+DVD)
AICL-2819〜20/¥1,800+税
<収録曲>
01.季節は次々死んでいく
02.或る輝き
03.自虐家のアリー
04.季節は次々死んでいく(acoustic Version.)
<DVD>
〈anthology1386 cinema show Premium Acoustic LIVE〉
01.ドブネズミ
02.風に流離い
03.奇跡
04.ひろ
〈niconico Live@2014.10.27〉
05.穴を掘っている
06.もう一度

【期間生産限定盤アニメ仕様】(CDのみ)
AICL-2822/¥1,300+税
<収録曲>
01.季節は次々死んでいく
02.或る輝き
03.自虐家のアリー
04.季節は次々死んでいく(東京喰種トーキョーグール√A EDIT)

【通常盤】(CDのみ)
AICL-2821/¥1,200+税
<収録曲>
01.季節は次々死んでいく
02.或る輝き
03.自虐家のアリー
04.季節は次々死んでいく(acoustic Version.)

【関連リンク】
amazarashi オフィシャルHP
amazarashiが新曲「季節は次々死んでいく」を48時間限定公開
amazarashi、ツアー最終日に新曲公開&プレミアムライヴの開催も発表
amazarashiの新曲がアニメ「東京喰種トーキョーグール」第2期のEDテーマに!

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

テスラは泣かない。が自主企画イベントで熱狂の“マグマロック”を展開
Tue, 03 Feb 2015 17:30:00 +0900
2月2日(月)@shibuya eggman (okmusic UP\'s)

テスラは泣かない。による2ヵ月連続となる自主企画イベント「テスラは泣かない。Presents High noble MATCH! in TOKYO」の初日が、2月2日(月)に東京・shibuya eggmanで開催された。

【その他の画像】テスラは泣かない。

チケットがソールドアウトとなったこの日、ゲストバンドのLAMP IN TERRENに続き登場した「テスラは泣かない。」は、オープニングSEと共にオーディエンスがクラップでメンバーを迎える中、ガッツポーズや満面の笑みで応えてステージに登場した。

ライヴは「Cry Cry Cry」からスタート。感情を爆発させるかのように1曲目からアグレッシブなライヴを展開を見せ、バンドがこのイベントに懸ける意気込みが最初からひしひしと感じられた。続く「cold girl lost fiction」では早速オーディンエンスの大合唱が巻き起こり、ライヴ冒頭にもかかわらず会場全体が一体感に包まれ、“皆さんのダンスを見せてください!”という村上学(Vo&Gt)の声に、オーディンスは拳を突き上げる。

メジャーデビューシングル曲「Lie to myself」で見せたバンドの圧倒的なまでにダイナミックな演奏は、さらにパワーアップしたテスラの姿を表わしていて、頭を振り乱しながら豪快にシンバルを打つ實吉祐一(Dr)の姿が頼もしく感じられる。「めんどくせえ」では、定番となったコール&レスポンス《もうめんどくせえな》というフレーズをバンドとオーディエンスとでやりとりする一面もあった。

オーディエンスへ感謝の気持ちと共に、あらためて3月4日にメジャー1stアルバム『ONE』がリリースされることも発表。初のセルフプロデュースとなるこの作品は、“バンド自身の想像を超えた作品となった”という村上の言葉からも強い自信が窺える。リリース発表に拍手が巻き起こる中、披露されたのはそのリードトラックとなる「国境はなかった」。《自分が設ける国境(境界線)次第で守りたいもの、愛せるものは増えるんだ》というメッセージが込められたこの楽曲は、スリリングな曲展開と流れるようなピアノリフレインが印象的なアップチューンだ。

そして、力強く突き抜けたサビが壮大さを感じさせるアルバムのサブリード曲「MOTHER」も演奏。途中、ハッとさせられる大胆な展開に続いて、飯野桃子(Piano&Cho)のやさしい歌声が響きわたり、村上との絶妙なコーラスワークでクライマックスを迎えるという、テスラの新たな可能性を示した一曲だ。

『ONE』の楽曲を演奏したあとは、《ここからは終盤戦、僕らの"マグマロック"と言われるダンスナンバーを立て続けに投下します!》という言葉とともに、「イムソン」「シャドウ」「パルモア」というエモーショナルな楽曲を立て続けに披露。フロアの温度もさらに上昇し、ステージのセンターに位置する吉牟田直和(Ba)はここに来てさらに大きなアクションに!

また、より熱くなったフロアに向けて、『ONE』を引っさげたリリースツアーの開催もアナウンスされた。これまで地元・鹿児島をツアーファイナルとしていた彼らだが、今ツアーでは初めて東京で行なうという。この発表に大きな歓声が上がり、オーディエンスは早くも期待に胸を膨らませていた。札幌、名古屋、大阪、福岡は初のワンマンライヴとなり、東京公演に関しては後日発表とのことなので、続報を楽しみにしておこう。最後は「アンダーソン」「梵」というライヴ定番の2曲で畳みかけ、満員のフロアの大合唱を誘い、本編は終了した。

アンコールでは、鹿児島弁なまりたっぷりの實吉のMCが会場の笑いを誘う。そして、メンバー全員がオーディエンスへの感謝の気持ちを伝え、ラストナンバー「Someday」を演奏。最後まで熱狂は冷めることなく、バンドの新たな可能性を提示したイベントは大盛況の内に幕を閉じた。自主企画イベント2日目は3月4日(水)にシナリオアートを迎え、同じくshibuya eggmanで開催される。

【セットリスト】
01.Cry Cry Cry
02.cold girl lost fiction
03.fuga
04.Lie to myself
05.Calico
06.めんどくせえ
07.国境はなかった(新曲)
08.MOTHER(新曲)
09.イムソン
10.シャドウ
11.パルモア
12.アンダーソン
13.梵
〈encore〉
01.Someday

photo by Daisuke Sakai

■ミニアルバム『ONE』

2015年3月4日発売
TYCT-60057/¥1,700+税
<収録曲>
01.国境はなかった
02.MOTHER
03.サイドセクション
04.Imagination Gap Ground
05.Tuesday
06.メロル
07.one

■「テスラは泣かない。presents High noble MATCH! in TOKYO」[High noble MATCH! in TOKYO #02]

3月04日(水) 東京 shibuya eggman
ゲスト:シナリオアート

【関連リンク】
テスラは泣かない。 オフィシャルHP
UNISON SQUARE GARDEN、対バンツアーのゲストバンド4組を発表
テスラは泣かない。がミニアルバム『ONE』制作過程を映像で公開
LAMP IN TERREN、スペシャアプリにて昨年末のフェスドキュメンタリーを配信

【関連アーティスト】
テスラは泣かない。, LAMP IN TERREN, シナリオアート
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

大森靖子&THEピンクトカレフ、ジャケ&MV解禁!
Tue, 03 Feb 2015 17:00:00 +0900
大森靖子&THEピンクトカレフ (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターの大森靖子がインディーズ時代から組んでいた4ピースバンド、THEピンクトカレフと新たなアルバムを完成させた。

【その他の画像】大森靖子

アルバムタイトルは『トカレフ』。大森が愛用しているギター、ハミングバードを購入するきっかけとなり、彼女の音楽活動に影響を与えた加地等の作品から、バンド名もアルバム名も名付けられたという。

そして、アルバム『トカレフ』のジャケット写真と共に、その1曲目「hayatochiri」のMVが解禁に! じつは先日発表されたアーティスト写真はこのMVの序章的なビジュアルを提示していたとのこと。大森靖子&THEピンクトカレフの魅力が詰まったどこか懐かしさと新しさがシンクロした映像は、また大きな反響を呼ぶことだろう。

また、大森靖子の音楽観を橋本愛×蒼波純のW主演で表現した映画『ワンダフルワールドエンド』が世界3大映画祭のひとつ、第65回ベルリン国際映画祭「ジェネレーション14 プラス」コンペティション部門に正式招待されることが決定。音楽と映像の常識を超越した新たな創造が、早くもアルバム『トカレフ』と同時にDVDとなる。

■「hayatochiri 」MV
http://youtu.be/PzUhd4I1mko

■アルバム『トカレフ』

2015年3月4日発売
AVCD-93081/¥2,800+税
<収録曲>
01.hayatochiri
02.ワンダフルワールドエンド
03.少女3号
04.みかんのうた
05.ミッドナイト清純異性交遊
06.料理長の音楽は豚肉の焼ける音だった
07.新宿
08.Over the party
09.苺フラッペは溶けていた
10.最終公演
11.歌謡曲
12.これで終わりにしたい

■DVD『ワンダフルワールドエンド』

2015年3月4日発売
AVBD-92184/¥4,800+税
※スペシャル特典:「ミッドナイト清純異性交遊」「君と映画」MV

【関連リンク】
大森靖子 オフィシャルHP
ブンブンサテライツ、遂にニューアルバムのカバーアートプロジェクトが完結
「弱虫ペダル GRANDE ROAD」第2クールOP/ED曲のMV公開
People In The Box、ニューシングル「Calm Society」をライブ会場限定でリリース

【関連アーティスト】
大森靖子
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

三代目 J Soul Brothers、アルバムの大ヒットを記念してみんなの“Blue"を募集
Tue, 03 Feb 2015 16:30:00 +0900
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE  (okmusic UP\'s)

初週で50万枚以上を売り上げた三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEのニューアルバム『PLANET SEVEN』の大ヒットを記念して、スペシャルな企画がスタートした。

【その他の画像】三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

内容は、三代目 J Soul Brothersのテーマカラーでもある“青色”を取り入れた写真を撮影し、ハッシュタグ「#3JSB_BLUE」でTwitter、Instagramに投稿すると、オフィシャルサイトからリンクされている特設ページに掲載されるというもの。自分の表現する“JSB Blue”を彼らのオフィシャルサイトに載せて、アルバムの大ヒットをいっしょに祝ってみては? ニューアルバム『PLANET SEVEN』大ヒット御礼企画!「3JSBカラー“BLUE"で染めろ!」キャンペーンは2月22日(日)までの実施となる。

また、この企画は前作アルバム発売記念キャンペーンとして実施された「みんなでランニングマン!」に次ぐ第2弾で、第1弾はただ今特設ページにおいて“いいね!”された順に閲覧することが可能とのことだ。

■「3JSBカラー"BLUE"で染めろ!」キャンペーン 特設サイト
https://jsoulb.shuttlerock.com/

【関連リンク】
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE オフィシャルHP
三代目 J Soul Brothersが初のレコード大賞を受賞!
EXILE、第4章開幕シングルが堂々のオリコンウィークリー1位!
新生EXILE、第1弾シングル「NEW HORIZON」豪華盤DVDのダイジェスト映像解禁

【関連アーティスト】
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP

The Cheserasera・宍戸翼のヴォーカリスト対談企画第1弾はLUNKHEADの小高芳太朗
Tue, 03 Feb 2015 16:00:00 +0900
The Cheserasera (okmusic UP\'s)

The Cheseraseraの宍戸翼(Vo&Gt)による対談企画「宍戸翼の歌い手、冥利につき」がNEXUS特設サイトでスタート! 第1回のゲストはLUNKHEADの小高芳太朗(Vo&Gt)が登場。

【その他の画像】The Cheserasera

宍戸のLUNKHEADとの出会い、初めて言われた言葉の真意、お互いの曲作りのプロセス、音楽との向き合い方、作詞・作曲を担当するコンポーザーとして共感するところなど、興味深いエピソード満載の対談となっている。ぜひ、アクセスしてみよう!

■対談企画「宍戸翼の歌い手、冥利につき」
http://www.nexus-web.net/article/utaite/
■LUNKHEAD オフィシャルHP 
http://lunkhead.jp
■The Cheserasera オフィシャルHP
http://www.thecheserasera.com

■アルバム『WHATEVER WILL BE,WILL BE』

発売中
CRCP-40390/¥2,880(税込)
<収録曲>
01.FLOWER
02.東京タワー
03.さよなら光
04.白雪
05.Yellow
06.BLUE
07.whatever will be,will be
08.カゲロウ
09.No.8
10.消えないロンリー
11.コーヒー

【関連リンク】
The Cheserasera、ニューアルバム完全再現フリーライブ開催決定
LUNKHEAD、徳間ジャパンよりニューアルバムを発売&初の野音が決定!
LUNKHEAD、イベント「一世一代のみかん祭り」にて新曲の披露を発表
The Cheseraseraがニューアルバムのトレーラー映像を公開

【関連アーティスト】
The Cheserasera, LUNKHEAD
【ジャンル】
ジャパニーズロック

セカオワが「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞 1月度」2部門で首位!
Tue, 03 Feb 2015 15:30:00 +0900
「Dragon Night」 SEKAI NO OWARI (okmusic UP\'s)

「レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞 2015年1月度」が発表され、SEKAI NO OWARIが「ダウンロード(シングル)」「ダウンロード(アルバム)」の2部門を制覇した。

【その他の画像】SEKAI NO OWARI

「ダウンロード(シングル)」部門ではSEKAI NO OWARI「Dragon Night」が1位を獲得。この楽曲は2014年10月22日に配信を開始、すぐさまデイリーランキング1位に。その後も音楽番組をはじめとしたメディアへの登場とともにランキングが上昇し、11月24日からトップ10内をキープ、1月6日には再び1位に返り咲いた。1月には14回の1位を獲得。1月度に最もダウンロードされた楽曲となった。週間ランキングも、1月14日、21日発表のランキングで1位を獲得している。

「ダウンロード(アルバム)部門」1位もSEKAI NO OWARIの『Tree』。「RPG」「スノーマジックファンタジー」「Dragon Night」といった大ヒット楽曲を収録した2年半ぶりとなる2ndアルバムで、1月21日より配信を開始し、1月28日発表の週間ランキングで初登場1位を獲得した。

「着うた(R)」のトップは三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「R.Y.U.S.E.I.」。昨年6月25日より配信開始、ロングヒットを続けており、年末にかけて大型音楽番組をはじめメディアへ多数登場したことでランキング上位をキープ! 1月度はデイリーランキングで1位を10回獲得、1月7日、14日発表の週間ランキングで連続1位を獲得した。

■レコチョクアワード 月間最優秀楽曲賞 2015年1月度

■ダウンロード(シングル)部門
1位:「Dragon Night」SEKAI NO OWARI
2位:「R.Y.U.S.E.I.」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
3位:「Darling」西野カナ
4位:「あったかいんだからぁ♪」クマムシ
5位:「ヒロイン」back number

■「着うた(R)」部門
1位:「R.Y.U.S.E.I.」三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
2位:「Dragon Night」SEKAI NO OWARI
3位:「Darling」西野カナ
4位:「あったかいんだからぁ♪」クマムシ
5位:「有頂天」B\'z

■ダウンロード(アルバム)部門
1位:『Tree』SEKAI NO OWARI
2位:『E.G. TIME』E-girls
3位:『PLANET SEVEN』三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
4位:『A BEST』浜崎あゆみ
5位:『VOCALIST & BALLADE BEST』?永英明

【関連リンク】
SEKAI NO OWARIが東京と大阪でフリーライブを開催
三代目 J Soul Brothersが初のレコード大賞を受賞!
NHK紅白歌合戦出場歌手・曲目から見る 2014年の音楽シーン
SEKAI NO OWARIが「Silent Night」をYoutubeにて公開

【関連アーティスト】
SEKAI NO OWARI, 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP

DEXPISTOLS、無期限活動休止を発表
Tue, 03 Feb 2015 15:00:00 +0900


DJ MAARとDJ DARUMAによるDJユニットDEXPISTOLSが、無期限の活動休止を発表した。

【その他の画像】DEXPISTOLS

DEXPISTOLSは、2000年ゼロ年代後半のエレクトロシーンを牽引し、音楽界だけでなくファッション界をも巻き込み一大ムーブメントを築き上げ、フジロックをはじめ、数々のフェスやパーティーに出演。2014年には8枚目となるミックスCDをリリースしている。

近年、DJ MAARはSUPERMAARとしてハウス/テクノのパーティーに多く出演するほか、SHIGEO JDの可変型創作プロジェクトFAKE EYES PRODUCTIONへ参加し、アナログのリリースを予定。一方のDJ DARUMAも盟友JOMMYらと共に、ベースミュージック/ヒップホップのパーティーへ多く出演するなどソロの活動も活発となっていた。

■【DEXPISTOLSからの活動休止のアナウンス】

DEXPISTOLSファン
クラブ関係者
音楽業界関係者
各位

突然のお知らせにて大変恐縮ではございますが、我々DEXPISTOLSは2015年1月末日をもちまして無期限活動休止を決定致しました。

理由としましては、近年お互いソロ活動も活発になり個々の今やるべきことに集中することが、次なるステップに進む方法だと考えるに至りました。

約10年に渡り活動してきた我々ですが、皆様のサポートのもと幸運にも数々の音楽に携わることが出来ました。
ただ自分達が楽しむ為にスタートしたDEXPISTOLSではございましたが、海外も含め多くの方々に賛同して頂いたのは本当に感謝の限りです。

楽しいことも苦しいことも数多くありましたが、何か一つのカタチを残せたと今は素直にそう思えております。
今後もお互い別々の方法ではございますが、何かを表現し続けるつもりですので、ご興味のある方はもうしばしお付き合い頂けると幸いです。

最後に、まだまだ日本のダンスミュージック、そしてクラブカルチャーは進化していくと強く感じております。それを信じつつ、やるべきことを各々淡々とやっていくつもりでございます。

長年我々のわがままにお付き合い頂き、誠にありがとうございました。またいつの日か皆様にDEXPISTOLSとして出会えることを心より願いつつ。


2015年2月2日
DEXPISTOLS (DJ DARUMA & DJ MAAR)


(English)
Dear DEXPISTOLS fans and everyone in club/music scene,

Here we would like to announce that DEXPISTOLS decided to go on an indefinite hiatus as of January 31st 2015. As there have been more and more individual projects, we came to a conclusion that right now to focus on what we should do individually is to bring us to a next step.

It\'s been 10 years since we started - thanks to all of your support and love, we were able to be involved in many different music. Although we merely started DEXPISTOLS to entertain ourselves, we are so grateful that we got so many supports not only from Japan but all over the world.

There have been so many ups and downs in the past, but now we can proudly say we have left something in the scene.

It will be in separate ways but both of us will still be engaged in expressing something and it would be great if you could watch us keep going.

Last but not least, we strongly believe Japanese dance music and club culture have much potential to evolve in the coming future.

By believing so, we will keep doing what we need to do individually.

Thank you very much from the bottom of our heart for your countless support.

Hoping to see you as DEXPISTOLS one day again.

Yours sincerely,
DEXPISTOLS (DJ DARUMA & DJ MAAR)
February 2nd, 2015

【関連リンク】
DEXPISTOLS オフィシャルFacebook
神奈川リゾート型イベント『MTV ZUSHI FES 13』、プールエリアのDJイベント「Sunset Pool Party」出演者を発表
お台場『StarFes.』第3弾でDEXPISTOLS、DAMAGE、ATOM ON SPHEREの3組
東京文化の発信地「Le Baron de Paris」が4周年記念パーティーを開催

【関連アーティスト】
DEXPISTOLS
【ジャンル】
ダンス/ハウス/テクノ

「Rainbow Disco Club 2015」、伊豆で3日間のキャンプインフェスとして開催決定
Tue, 03 Feb 2015 15:00:00 +0900
『Rainbow Disco Club』 (okmusic UP\'s)

東京湾を臨む絶好のロケーションである晴海客船ターミナル特設会場を中心に、2010年よりフェスティバルを開催してきた「Rainbow Disco Club」。今年は伊豆で3日間のキャンプインフェスとして開催されることが決定した。

【その他の画像】

毎回、良質なエレクトロニック・ミュージックと映像、ライティング、デコレーションなど、音楽とアートを提供する都市型フェスティバルとして人気を集めていた「Rainbow Disco Club」が、そのコンセプトのキーワードであった東京という場所を離れ、今年は伊豆半島は稲取高原の中腹に広がる大自然に囲まれた東伊豆クロスカントリーコース内特設会場に開催することを発表した。ゴールデンウィークの5月2日(土)〜4日(月)の3日間にわたり、音楽だけでなくキャンプも楽しめる野外フェスとして実施されれる。

なお、第1弾ラインナップの発表は2月上旬を予定されている。

■『Rainbow Disco Club 2015』

日程:5月02日(土)9時開場/12時開演 〜 5月04日(月・祝日)19時終演(2泊3日)
会場:東伊豆クロスカントリーコース特設ステージ
料金:
クラベリア先行 第1弾 早割チケット(10,000円)
クラベリア先行 第1弾 早割チケット駐車券付き(13,000円)
販売期間:1月30日(金)〜2月6日(金)まで
購入ページ:http://ticketpay.jp/booking/?event_id=849

第2弾 早割チケット(12,000円)
第2弾 早割チケット駐車券付き(15,000円)
販売期間:2月中旬予定

一般発売チケット(15,000円)
販売期間:3月初旬予定
■当日券(17,000円)
※前売券が規定枚数に達しましたら当日券の販売はございません。
※入場券には宿泊・テント料金が含まれています。
※夜間はキャンプを静かに楽しんで頂くため音止めを致します。
※未成年は保護者同伴。未就学児童(6歳未満)は入場券は必要ありません。
※入場券は3日通し券(2泊3日)のみ販売致します。途中参加は可能ですが1日券の販売はございませんので、予めご了承ください。
■駐車券(3,000円)
※駐車券は車1台につき1枚必要。無くなり次第終了。夜間は車の出し入れは堅くお断り致します。
※台数に限りがございますので無くなり次第終了。
※駐車券だけの販売は現在予定しておりません。

【関連リンク】
『Rainbow Disco Club 2015』公式サイト
「SUMMER CAMP 2015」出演アーティスト第1弾は10-FEET、HAWAIIAN6ら6組
パンク/ラウド系ロックイベント「SUMMER CAMP」、5月にお台場で開催
琵琶湖の環境保全を掲げた滋賀県下最大の音楽イベント「イナズマロック フェス」、今年も開催!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
フェス

阿部真央、完全招待制のプレミアムな公開収録に出演決定!
Tue, 03 Feb 2015 14:30:00 +0900
阿部真央 (okmusic UP\'s)

2月18日にニューアルバム『おっぱじめ!』をリリースする阿部真央が、2月13日(金)に大阪・FM802で行なわれるプレミアムな公開収録に出演することが決定した。

【その他の画像】阿部真央

中島ヒロトがDJを務めるFM802『THE NAKAJIMA HIROTO SHOW 802 RADIO MASTERS』の公開収録で、20組40名のリスナーを招いて完全招待制で行なわれるという、バレンタインを目前に控えたプレミアムな公開収録! エントリーはFM802のホームページより可能なので、気になる方は応募してみよう。

また同番組の2月5日(木)15:00からの放送で『おっぱじめ!』のオープニングトラック「這い上がれMY WAY」のオンエア解禁も決定。《このままじゃ終れないんだよ》という歌い出しに阿部の決意が込められた楽曲で、アルバムのオープニングを飾るにふさわしいメッセージと疾走感あふれるロックサウンドは必聴だ。

さらに、『おっぱじめ!』収録曲が続々とオンエア解禁決定! 2月4日(水)11:00から阿部がゲスト出演するTOKYO FM『ディアフレンズ』で、キラキラした歌詞に60\'s洋楽テイストなポップなメロディが印象的な「Hello,Jewelry Smile」が、2月5日(木)20:00から放送のcross fm『Challenge ラヂヲ』ではAimerへ楽曲提供をし、今作でセルフカバーしたバラード曲「words」がそれぞれオンエア解禁となる。

■アルバム『おっぱじめ!』

2015年2月18日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04142/¥3,241+税
【通常盤】(CDのみ)
PCCA-04143/¥2,778+税
<収録曲>
01.這い上がれMY WAY
02.優しい言葉
03.麹町
04.それぞれ歩き出そう
05.words
06.深夜高速
07.Hello,Jewelry Smile
08.Marry me baby I love you
09.メールのお尻にハートマーク
10.always
11.Believe in yourself
12.相模ナンバーのグランドキャビンに乗って
<DVD>※初回限定盤のみ
01.優しい言葉(MV)
02.優しい言葉(MVメイキング)
03.おっぱじめ!(ジャケットメイキング)
04.優しい言葉(レコーディングドキュメント)
05.あべまおらじお【超番外編】メイキング
06.相模ナンバーのグランドキャビンに乗って、相模に行ってみる企画

■『THE NAKAJIMA HIROTO SHOW 802 RADIO MASTERS』公開収録概要

2月13日(金)19:00〜 大阪市内某所
出演:阿部真央
DJ:中島ヒロト
形態:完全招待制(合計20組40名様)
※当選者は当選メールとともにお知らせ

【関連リンク】
FM802 オフィシャルHP
阿部真央、初の日本武道館公演のDVD&Blu-ray&CDリリースが決定
阿部真央、ファンクラブ限定イベントで来年2月にニューアルバムのリリースをサプライズ発表
阿部真央、ニューシングル「それぞれ歩き出そう」フルMVをGyaO!にて1週間独占先行配信

【関連アーティスト】
阿部真央
【ジャンル】
J-POP

People In The Box、ニューシングル「Calm Society」をライブ会場限定でリリース
Tue, 03 Feb 2015 14:00:00 +0900
People In The Box (okmusic UP\'s)

People In The Boxがニューシングル「Calm Society」をライブ会場限定でリリースすることが明らかになった。

【その他の画像】People In The Box

同作には1月に行なわれた「Wall, Window」「聖者たち」release tour・Zepp DiverCity公演にて披露された新曲「海はセメント」を含む、3曲を収録。

3月11日から開催される全県ツアー「空から降ってくる vol.8 〜正真正銘の全国ツアー!これ以上の全国ツアーってある?ねぇー?ねぇぇぇーーー?編〜」初日より、彼らが出演するライブ会場にて販売され、残響レコードの直営ショップ「残響shop」および「残響record ONLINE STORE」でも販売される。

■シングル「Calm Society」

2015年3月11日発売
¥1,000+税
<収録曲>
1.海はセメント
2.数秒前の果物
3.きみは考えを変えた

《販売場所》
・ライブ会場
・残響shop
http://www.zankyoshop.com/
・残響ONLINE STORE
http://zankyo.shop-pro.jp/

■「空から降ってくる vol.8 〜正真正銘の全国ツアー!これ以上の全国ツアーってある?ねぇー?ねぇぇぇーーー?編〜」

3月11日(水) 東京都 渋谷club乙-kinoto-
3月14日(土) 福井県 福井CHOP
3月15日(日) 富山県 Soul Power
3月17日(火) 石川県 vanvan V4
3月19日(木) 長野県 LIVE HOUSE J
3月21日(土・祝) 新潟県 CLUB RIVERST
4月12日(日) 北海道 Sound Lab mole
4月15日(水) 愛媛県 松山サロンキティ
4月16日(木) 香川県 DIME
4月18日(土) 徳島県 club GRINDHOUSE
4月19日(日) 高知県 X-pt.
5月10日(日) 沖縄県 桜坂セントラル
5月19日(火) 静岡県 Shizuoka UMBER
5月21日(木) 愛知県 伏見JAMMIN\'
5月23日(土) 三重県 club chaos
5月24日(日) 岐阜県 yanagase ants
6月17日(水) 長崎県 DRUM Be-7
6月19日(金) 佐賀県 RAG・G
6月21日(日) 鹿児島県 SR HALL
6月23日(火) 宮崎県 SR BOX
6月25日(木) 大分県 DRUM Be-0
6月27日(土) 熊本県 熊本B.9 V2
6月28日(日) 福岡県 DRUM Be-1
7月11日(土) 青森県 青森Quarter
7月12日(日) 秋田県 Club SWINDLE
7月14日(火) 岩手県 the five morioka
7月16日(木) 宮城県 仙台MACANA
7月18日(土) 山形県 山形ミュージック昭和Session
7月20日(月・祝) 福島県 郡山CLUB #9
8月15日(土) 群馬県 高崎club FLEEZ
8月16日(日) 栃木県 HEAVEN\'S ROCK Utsunomiya VJ-2
8月18日(火) 神奈川県 club Lizard YOKOHAMA
8月20日(木) 埼玉県 HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
8月21日(金) 千葉県 柏ThumbUp
8月23日(日) 山梨県 KAZOO HALL
8月28日(金) 茨城県 mito LIGHT HOUSE
9月18日(金) 山口県 LIVE rise SHUNAN
9月19日(土) 広島県 ナミキジャンクション
9月21日(月・祝) 岡山県 IMAGE
9月23日(水・祝) 鳥取県 米子 AZTiC laughs
9月25日(金) 島根県 松江 AZTiC canova
10月09日(金) 滋賀県 SHIGA U★STONE
10月11日(日) 和歌山県 和歌山CLUB GATE
10月12日(月・祝) 奈良県 奈良NEVER LAND
10月14日(水) 京都府 KYOTO MUSE
10月16日(金) 兵庫県 神戸VARIT.
10月18日(日) 大阪府 梅田CLUB QUATTRO
11月01日(日) 東京都 新木場STUDIO COAST

【関連リンク】
People In The Box オフィシャルHP
People In The Box、47都道府県をまわる“全国制覇"ワンマンツアーを開催
「残響祭 10th ANNIVERSARY」の千秋楽、Zepp DiverCity公演が大盛況!
残響record 設立10周年記念ライブイベントをニコ生で初の生中継決定

【関連アーティスト】
People In The Box
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ブンブンサテライツ、遂にニューアルバムのカバーアートプロジェクトが完結
Tue, 03 Feb 2015 13:30:00 +0900
BOOM BOOM SATELLITES (okmusic UP\'s)

本日ニューアルバム『SHINE LIKE A BILLION SUNS』の店着日を迎えたブンブンサテライツ。同アルバムのプロジェクトとしてオフィシャルサイトで発表してきたカバーアート作品も、新境地を見せた楽曲「BLIND BIRD」でリボンアートの第一人者で世界的なクリエイターRIBONESIAが渾身の作品を作り上げ、アルバムの完成を祝っている。

【その他の画像】BOOM BOOM SATELLITES

リボンアートRIBBONESIA、イラストレーターredjuice、イラストレーター関根正吾、フラワーアーティストedenworks、マッドペイント宮崎真一朗、水墨画アーティストYOZA…による6作品がアルバム『SHINE LIKE A BILLION SUNS』を彩る形となっているので、アルバムを手にとって各作品にも注目してほしい。そして、クリエイターを目指す人は、この作品の初回生産盤に付属されているリミックス・パーツやスコアを元に新しい作品を生み出すチャンスを掴んでみよう。

そんな同アルバム発売を迎え、メンバー中野はブログで、「僕達はこれまで紆余曲折、様々な出来事がありました。耐え難い絶望のような時間を過ごしたり、喜びの絶頂を味わったり、、それはもう、万華鏡のレンズを覗くような、カラフルで恐ろしくも好奇心に溢れた時間でした。ファンやリスナーの皆さんにはこの作品を通して、先入観のない純粋な音楽体験をして欲しいと願っています。『SHINE LIKE A BILLION SUNS』という約50分の音楽を媒介にして、沢山の人達と様々な想いを共有したい。今を生きよう。あるがままに。それが『SHINE LIKE A BILLION SUNS』に込めたメッセージです。どうか心ゆくまで味わってください。今日まで僕達を支えてくれた沢山の人達に感謝します。ありがとう!」と今の気持ちを綴っている。様々な形で、このニューアルバム『SHINE LIKE A BILLION SUNS』を楽しんでもらいたい。

また、デビュー当初から行っている、ブンブンサテライツがゲストを招いて続けてきた企画イベント「FRONT CHAPTER」の開催も発表された。Vol.3では「BRANDNEW CHAPTER」と称してサカナクション、マキシマムザホルモン、9mm Parabellum Bulletらとツアーしたことが記憶に新しい。4回目を数える今回の「FRONT CHAPTER Vol.4」は8本の全国ツアーが敢行される。どんなゲストが招かれるのかはまだ発表されていないが、後日の発表を待とう。

■【カバーアート参加クリエイター】

「BLIND BIRD」
リボンアート RIBBONESIA
http://www.ribbonesia.com/
前田‘BAKU’麦が率いるアート・プロジェクト。1974年生まれの前田麦(まえだ・ばく)は札幌出身・在住のアーティスト/イラストレーター。日本、海外のマンガからインスパイアされたコミックのタッチのイラストレーションを主軸としながらも、現在それだけに留まらずモバイルコンテンツやキャラクターデザイン、アートディレクションなど幅広い活動を行っている。近年は、生まれ育った土地、北海道(自然が豊かで、野生動物も多く生息)の影響から、動植物をモチーフとした作品を多く発表している。

「A HUNDRED SUNS」
イラストレーター redjuice
http://redjuicegraphics.com/
ソングライターryoを中心とするクリエイターユニット「supercell」のメンバーとして手がけた『ワールドイズマイン』のPVイメージイラストが楽曲のヒットと併せて話題を呼び、2008年夏、初音ミクを使った初のメジャーCDとしてオリコンデイリーランキング3位を獲得したlivetuneのデビューアルバム『Re:package』のジャケットを手がけたことで一躍人気イラストレーターとして注目を集めるようになる。同アルバム収録の楽曲『Last night, Good night』のPVやリミックスアルバム『Re:MIKUS』でのコラボレーションなどでlivetune、ボーカロイド双方のファンから支持されている他、そのイラストが持つ独特の雰囲気と既存の枠にとらわれない表現が、国内外を問わず高い評価を得ている、いま最も注目すべきクリエイター。

「VANISHING」
イラストレーター 関根正吾
http://shogosekine.tumblr.com/
1983年生まれ、ニューヨーク育ち。2013年よりフリーランスのイラストレーターとして活動を開始。ファッションや旅、自然などを軸に独特なラインで描かれる作品が、瞬く間にファッション業界で話題を呼び、一年間のうちに150冊を超える雑誌にてイラストを手掛ける。今年は雑誌以外の分野からも多数ラブコールを受けており、現在、さまざまなプロダクトや作品を制作中。

「OVERCOME」
水墨画 TAKUMI YOZA
http://middle2nd.jp/
アナログとデジタル・伝統と革新を横断しながら、現代にフィットする表現を追求する。2009年より墨閃会代表/水墨画家土屋秋恆氏に師事し水墨画を学び2013年よりウラタダシ氏に師事しイラストレーションを学ぶ。墨閃会会員。デザインユニット「mokuva」メンバー。

「COMPLICATED」
マットペインター MIYAZAKI SHINICHIRO
http://lostmeans.net/miyazaki_shinichiro/
中学の頃よりフォトコラージュを中心としたグラフィック作品に多大な影響を受け、制作を開始。人の思い出に響くものをテーマに日々活動中。

「SHINE」
フラワーデザイナー edenworks
http://edenworks.jp/
独自の感性で花の可能性を見つけ、イメージを花で独創的に表現する。花の一般的な業務の他に、百貨店のメインビジュアルやカタログ撮影の大型セット、アーティスト写真やミュージックビデオ、スタイリストとのコラボレーションなど様々な分野で活躍中。また作家やミュージシャンの自邸、海外の個人邸のガーデンデザインや施工も手がけている。

■アルバム『SHINE LIKE A BILLION SUNS』

2015年2月4日(水)発売
【初回盤】
SRCL8688〜9/¥3,500+税
【通常盤】
SRCL8690/¥3,000+税
<収録曲>
M1 SHINE
M2 ONLY BLOOD 
※日本テレビ映画「MONSTERZ−モンスターズー」トレイラーソング
M3 COMPLICATED
M4 A HUNDRED SUNS
M5 VANISHING 
※BMWクリーンディーゼルCMソング
M6 BACK IN BLACK 
※TRIGGERアニメ「ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン」主題歌
M7 THE MOTH(attracted the flame)
M8 BLIND BIRD
M9 OVERCOME
M10 STAIN
M11 EMERGENCE

◎amazon購入ページ
http://amzn.to/1COgXCt

◎ダウンロードURL
■mora
http://mora.jp/artist/492/all
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/shine-like-a-billion-suns/id952660354

■「A HUNDRED SUNS」MV
http://youtu.be/jlqTeCQehOs

■BOOM BOOM SATELLITES生出演『SHINE LIKE A BILLION SUNS』リリース記念特番

2月06日(金)20:00〜22:30
http://live.nicovideo.jp/watch/lv206242007

■【ライブ情報】

BOOM BOOM SATELLITES 「FRONT CHAPTER Vol.4」
5月05日(火・祝) 広島CLUB QUATTRO
5月06日(水・休) 福岡DRUM LOGOS
5月13日(水) 名古屋CLUB QUATTRO
5月14日(木) 梅田CLUB QUATTRO
5月16日(土) 富山MAIRO
5月20日(水) 渋谷CLUB QUATTRO
5月29日(金) 札幌cube garden
5月31日(日) 仙台RENSA

TOTAL INFO Livemasters Inc. 03-6379-4744

「『SHINE LIKE A BILLION SUNS』 PREMIUM GIG」
3月15日(日) EX THEATER Roppongi

【関連リンク】
BOOM BOOM SATELLITES オフィシャルHP
BOOM BOOM SATELLITES オフィシャルYouTubeチャンネル
ブンブンサテライツ新作アルバムより「ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン」主題歌を先行配信
ブンブンサテライツ、2年ぶりの新曲が遂に先行配信スタート

【関連アーティスト】
BOOM BOOM SATELLITES
【ジャンル】
ジャパニーズロック

グリーヴァが新ドラマーに優冴を迎え、次なるステージへ向けた単独公演を開催
Tue, 03 Feb 2015 13:00:00 +0900
2月1日(日)@TSUTAYA O-WEST (okmusic UP\'s)

これまでも幾度となく単独公演を行い続けてきたが、今まではあえて小箱の会場を選び、ファンたちと密接な中での熱狂を描き続けてきたグリーヴァ。しかし、その環境に限界が来たことや、グリーヴァとして次のステージへ進むための一つの成果を導くため、彼らはTSUTAYA O-WESTを舞台に2月1日(日)に単独公演「青天ノ霹靂-赤イ月ト×××-」を行った。


【その他の画像】グリーヴァ

この日は、新ドラマー優冴を迎えたお披露目も兼ねたライブ。優冴の初ステージが、グリーヴァにとって大きなターニングポイントとなるワンマンライブというところへ、
新生グリーヴァとして大きな飛躍を描きたいという彼らの意気込みも見えてきた。

ライブは、新曲『自己精神殺害推進會』からスタート。狂鬼の「殺せ!(×5)」の煽りを受け、観客たちも、荒ぶり疾走してゆく演奏の上で「殺せ!(×5)」コールを舞台上に返していた。早くも場内には、熱気が渦巻いてゆく。

互いに高ぶった感情を戦わせあった『中絶』や、激しさと勢いを前面に押し出した『蜥-tokage-』『Dead[en]D』など活動当初から演奏してきた楽曲たちから、『僕ノ自殺理論』や『罰-batsu-』のよう近年発売したフリーキーな曲たちまで、この日のグリーヴァは、結成から現在に至る2年半の中、彼らのライブの中心を担ってきた曲たちを多くぶつけてきた。たとえ時代を経ようが、どの曲からも「剥き出しな感情をぶつけあう熱狂の風景を描く曲たち」という明確な指針が見えてきたところに、彼らのぶれない意志を実感。

この日も、興奮したヴォーカルの狂鬼が、手にした水を口に含み、何度も何度も観客たちに吹きかければ、感情のストッパーが外れるたびに彼は幾度となく客席にダイブしていた。ステージ上で転げまわりながら歌った『黒蟻ノ群レ』。客席へ飛び込み、観客たちと激しくまみれあった『潔癖症ノ僕。』。みずからの股間をまさぐり熱唱。サビでは「拝啓、愛しの」「アイドル様」の掛け合いも登場した『拝啓、愛しのアイドル様へ』。

この日は、4月29日に3枚同時発売するシングル盤『操リ人形』『絶望ノ朝』『Fake』もいち早く披露。どれもライブで熱狂描くに相応しい煽り/ヘドバン/逆ダイ系ナンバーだけに、観客たちもしっかり熱狂の渦へ溺れていた。

本編最後を飾った『刑法第39条第1項「心神喪失者ノ行為ハ之ヲ罰セス」』では、狂鬼やギターの碌が客席へダイブすれば、観客たちもズッと逆ダイし続けていた。2回目のアンコールの最後に披露したのは本日、2回目の『中絶』。誰もが手で十字を切るポーズを描きながら熱狂。むしろグリーヴァのライブは、終始会場中が"暴れ祭り"と化していたと言ったほうが正しいだろう。

ライブ中も「死ね!」と叫んだりと、「絶望」を歌うことを表現の軸に据えてきたグリーヴァだが、「生きてください」と光射す想いを歌いかけた『君ノ存在理論』は、彼らの新しい表現スタイルを描き出した楽曲。

この日のライブでは「闇の感情」を突きつけるのみならず「光求めゆく想い」も提示していたのも、今後のグリーヴァの行く末を探るうえで興味くすぐる視点の一つになっていきそうだ。「お前たちは日頃感じている憤りや不安、全部ここに吐き出していってくれ。全部俺がもらってやる。

感情と感情でぶつかりあいましょう」と叫んだ狂鬼の言葉通り、グリーヴァのライブには、心のストッパーを外し、野獣な自分になれる場がつねに用意されている。ぜひ一度、彼らのライブへ飛び込んでみては如何だろうか??

今後のグリーヴァだが、先にも軽く触れたように、4月29日(水)に『絶望ノ朝』『操リ人間』『Fake』とシングル盤を3枚同時リリースする。7月1日(水)には、ミニアルバム『妄想主義者ノ背徳。』も発売。同日には、グリーヴァの生誕3周年を祝う、高田馬場AREAでイベント「闇市-弐-」も開催する。

今後もグリーヴァの動向からは目を離さずにいて欲しい。

TEXT:TOMONORI NAGASAWA
PHOTO:MOTO

■3枚同時シングル「絶望ノ朝」「操リ人間」 「Fake」 CMスポット
https://www.youtube.com/watch?v=YEJTYEC9Y-I

■【リリース情報】

4thシングル「絶望ノ朝」
2015年4月29日(水)発売
AMWK-15/¥864(tax in)
※全国流通盤
<収録曲>
(SE)
01.絶望ノ朝

5thシングル「操リ人間」
2015年4月29日(水)
AMWK-16/¥864(tax in)
※全国流通盤
<収録曲>
(SE)
01.操リ人間

6thシングル「Fake」
2015年4月29日(水)
AMWK-17/¥864(tax in)
※全国流通盤
<収録曲>
(SE)
01.Fake

※3枚同時購入者限定GIG
※3枚同時購入で自己精神殺害推進會DEMO配布

◎シューティングGIG:自己精神殺害推進會
・会場で紙袋配布
・スーツ、学生服等の正装要着用

2ndミニアルバム『妄想主義者ノ背徳。』
2015年7月1日(水)
AMWK-20

■【ライブ情報】

MadWink. PRESENTS
グリーヴァ3周年記念EVENT『闇市-弐-』
7月01日(水) 高田馬場AREA

【関連リンク】
グリーヴァ オフィシャルHP
Do As Infinityの伴 都美子が最新アートワークにて衝撃のショートカット姿を披露
RIP SLYMEが2年ぶりの会員制コンテンツ“RSF"限定イベント開催を発表
高橋優が北海道の求人情報メディア「アルキタ」のイメージキャラクターに決定

【関連アーティスト】
グリーヴァ
【ジャンル】
ビジュアル, ライブ

DIAURA、新たなる始まりを刻んだ中野サンプラザ公演
Tue, 03 Feb 2015 13:00:00 +0900
1月31日(土)@中野サンプラザ (okmusic UP\'s)

DIAURAが3rdアルバム『Triangle』を携え、昨年11月末日よりスタートさせた全国ワンマンツアー「Vanishing the Triangle vision」。そのファイナル公演が、1月31日(土)に中野サンプラザにおいて開催された。DIAURAにとっては、一昨年の12月29日に渋谷公会堂で行った公演に続き、二度目となるホールでのワンマン公演となった。

【その他の画像】DIAURA

ライブは、「己自身の存在意義とは??」と問いかけた『ID』からスタート。続く『Menace』では、「お前自身の中にある脅威(Menace)を呼び起こせ」と彼らは訴えかけてきた。目覚めた脅威は虚像か?実像か??それとも、砂上の夢なのか??。その後もDIAURAは『赤い虚像』『砂上の夢』を通し、「己にとっての真実(生き方)とは何か?」と訪れた愚民(ファン)たちに、熱狂を通し問いかけてきた。

世の中が自分を認めないのなら振り向かせるのみと『Hypnosis』で歌えば、「己自身が神なんだ」とサイコパスな人間の誤った生き方を『Case of Massmurder』で提示するなど、続くブロックでは、『モラトリアム』を皮切りに、今の社会に溶け込めない人たちの生きざまを提示。

「たとえ俺たちが定められた今に生きていようと、俺たちはずっとそれに抗っていたい。俺たちのやり方で、どれだけ分厚い壁だって、俺たちのやり方でぶっ壊していける。つねに俺たちは、見えない先に向かってその線を超えてきた。これまでとこれからの、その境界線がこの瞬間なんだよ」(Vo.yo-ka)

『SIRIUS』では奈落に堕ちた心へ希望という小さな救済の光を注ぎ、『境界線』では、先の言葉に込めた想いを触れた人たちの心に訴えかけてきた。審判(判断)を下すのは神なのか?己自身の心なのか??と『アリア』で問いかければ、『イノセント』を通し、DIAURAは「憧れた光に手を伸ばそう」とも呼びかけてきた。

この日DIAURAは、2ndアルバム『FOCUS』と3rdアルバム『Triangle』に収録した楽曲たちを通し伝えてきた想いを、メッセージ含んだ流れを持って再構築しながら伝えてきた。もちろん、ここは「楽しむための場」。先に触れた流れの中にも、興奮や高揚、心に響かせる場面を描いていたのはもちろん。『Beautiful Creature』ではヘドバン導く熱狂の様を作り出せば、『from Under』では、yo-kaが客席中を駆けまわり観客たちと一緒に暴れてゆく、ライブバンドに相応しい姿も魅せていた。

本編最後を、DIAURAの始まりの歌となった『失翼の聖域』で締め括り、原点回帰してゆく様も見せれば。アンコールでは、『Garden of Eden』を通し会場中を雄大な演奏で包み込んでいく風景も登場。

己自身の声を信じろと歌った『ホライゾン』。自分の意志を持って未来への引き金を弾けと示した『TRIGGER』。最後の『自壊』を通しDIAURAは「ここから始めよう」と伝えながら、訪れた愚民たちに、「自分らしく生きる勇気」と「自分の意志で未来へ進む意志」を熱狂という術を通し伝えてくれた。

最後に発表された、5月20日(水)に通算11枚目となるシングル『RUIN』の発売。東名阪を舞台にしたDIAURA ONEMAN TOUR2015「PROGRESS FROM RUINS REALITY」の開催。ツアーのファイナルは、6月6日(土)渋谷公会堂。彼らにとっては二度目となる場。前回は、結成3年を待たずにしての挑戦ということもあり、2階の半分まで埋めながらもSOLD OUTまでには至らなかった。が、「次世代ビジュアル界を牽引するバンド」として期待を背負う存在を示した今、この日のチケットも争奪戦になりそうだ。

この日yo-kaが舞台上で言った「結成から4年経った今、ようやくDIAURAが始まったんだよ」という言葉。彼らのこれからの戦いに、ぜひ注目して欲しい。

TEXT:TOMONORI NAGASAWA
PHOTO: MOTO

■DIAURA 中野サンプラザにて告知解禁映像
http://youtu.be/Y1hrSr4WY60

■『DIAURA ONEMAN TOUR2015 PROGRESS FROM RUINS REALITY』

5月10日(日) 名古屋Electric Lady Land
5月16日(土) 大阪 BIG CAT
6月06日(土) 渋谷公会堂

■価格
名古屋公演・大阪公演:4,500円(税込)
東京公演:4,860円(税込)

■枚数制限
1党員(1ID)につき、各公演2枚まで

■FC先行受付期間
2015年2月2日(月)16:00〜2月13日(金)23:59まで
※本公演への抽選申込みは、2月4日(水)までにご入会された方が対象となります。

※チケット自動申込完了メールを配信するため「@gumintou.com」「@finn-neo.com」からのメールが受信できるよう、必ず受信設定をご確認ください。

その他詳細は、2月2日(月)16:00に更新される、「PROGRESS FROM RUINS REALITY」特設ページをご確認ください。

■シングル「RUIN」

2015年5月20日(水)発売
【A type】(CD+DVD)
AINS-21/¥1,944 (tax in)
<収録曲>
■CD
1.RUIN
2.桜サクラメント
■DVD
1.RUIN(MV)
2.Documentary of Ruin

【B type】(CD+DVD)
AINS-22/¥1,944 (tax in)
<収録曲>
■CD
1.RUIN
2.桜サクラメント
■DVD
1.from Under(MVシューティング)
2.Documentary of from Under

【C type】(CD)
AINS-23/¥1,296 (tax in)
<収録曲>
1.RUIN
2.桜サクラメント
3.from Under

【関連リンク】
DIAURA オフィシャルHP
『Over The Edge\' 14』、総勢13組が熱演!
Ainsレーベル所属バンドがバトル!? レーベル対決での全国ツアーを発表!
DIAURAが11月26日発売の3rdアルバム『Triangle』の詳細を公開

【関連アーティスト】
DIAURA
【ジャンル】
ビジュアル, ライブ

空想委員会、打ち上げイベント&東名阪ツアー開催を発表
Tue, 03 Feb 2015 12:00:00 +0900
2月1日@Zepp DiverCity Tokyo (okmusic UP\'s)

発売されたばかりのEP『空想片恋枕草子』がオリコンチャートデイリー13位、ウイークリー20位と、過去最高を記録した空想委員会が、2月1日にZepp DiverCity Tokyoでワンマンライブ『首謀者:空想委員会 大歌の改新 外伝』を行なった。

【その他の画像】空想委員会

その公演のなかで『首謀者:空想委員会 大歌の改新 第二期 宴編』と題した打ち上げイベントを2月26日(木)に新代田 LIVE HOUSE FEVERで行なうことを発表。大歌の改新ツアーの想い出を語るトークを中心に、普段とは違った趣向のライブも行なわれる予定だ。さらに次回ツアー「空想委員会presents『2015年度新歓演奏会』2マン編&ワンマン編」を4月に東京・大阪・名古屋で行なうことも発表した。これは各都市で2デイズずつ、1日目は2マン、2日目はワンマンで行なうライブツアーとなる模様。対バン相手は追って発表されるとのこと。

また、2月1日より、初のオフィシャルモバイルサイト『株式会社 空想委員会』がオープンしたことも告げられた。メールマガジンや空想新聞など、無料で楽しめるメニューの他、月額会員限定のコンテンツでは、ライブの裏側・メンバーの人柄・意外な一面が垣間見える『空想TV』をはじめ、限定グッズ・イベントや、待受画像・待受カレンダー、スタッフによるブログなど様々なコンテンツを楽しめるようになっているので、スマートフォンでアクセスしてみよう。

Photo by 釘野孝宏

■オフィシャルモバイルサイト『株式会社 空想委員会』
http://kuso-company.mobi
※スマートフォンのみアクセス可能

■打ち上げイベント「首謀者:空想委員会 大歌の改新 第二期 宴編」

2月26日(木)  東京・新代田 LIVE HOUSE FEVER
開場18:00 / 開演18:30
チケット前売/¥2,000
オフィシャルHP先行/2月1日(日) 21:00〜2月3日(火)23:59

■「空想委員会presents『2015年度新歓演奏会』2マン編&ワンマン編」

4月03日(金) 大阪JANUS ※ゲストバンド有り
4月04日(土) 大阪JANUS ※ワンマン
4月10日(金) 東京・代官山UNIT ※ゲストバンド有り
4月11日(土) 東京・渋谷WWW ※ワンマン
4月17日(金) 名古屋CLUB UPSET ※ゲストバンド有り
4月18日(土) 名古屋CLUB UPSET ※ワンマン
オフィシャルHP先行/2月1日(日) 21:00〜2月11日(水)23:59

【関連リンク】
空想委員会 オフィシャルHP
空想委員会、4日間連続で地上波TVに登場! 新曲パフォーマンスも!
空想委員会、バンドの原点となる「マフラー少女」のリメイクMVを公開
空想委員会、メジャー1st EPの特設サイトオープン&放送部対象キャンペーン決定

【関連アーティスト】
空想委員会
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

KGが早くも新曲「あなたがいれば」をリリース! REC MVの公開も!
Tue, 03 Feb 2015 12:00:00 +0900
KG (okmusic UP\'s)

1月28日に配信限定シングル「明日は君のためにある」をリリースしたばかりのKGが、早くも新曲「あなたがいれば」を2月18日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】KG

2月2日よりYouTubeでREC MVが公開されたこの曲は、究極の遠恋ソング。“たとえ離れてても 会えない時だって 想いは溢れているから“そんなキュンとくる歌詞が恋する季節にぴったりな新曲だ。

先日、ワンマンライブが5月に東京で開催されることも発表、ほぼ毎月のリリースラッシュと精力的に活動を続けるワケとは? そんな話が聞ける「Radio KG」もYouTubeで毎週火曜22時に更新されているのでぜひ聞いてみてほしい。

■「あなたがいれば」REC MV(Lyrics/Short Ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=kFe9skqncQM

■配信シングル「あなたがいれば」

2015年2月18日より配信開始
WPDH-10325
※日本テレビ「それゆけ!ゲームパンサー!」2月エンディングテーマ
※札幌テレビ「ジョシスタ あいく的」2月エンディングテーマ

■「KGワンマンライブ2015春(仮)」

5月16日(土)  東京・草月ホール
16:00開場/17:00開演
チケット料金:指定 ¥5,000(税込)

【関連リンク】
KG オフィシャルHP
KGが新曲「明日は君のためにある」をリリース&ワンマン開催を発表
KGの新曲は冬にぴったりな極上のラブソング
KG、恵比寿LIQUID ROOMで初のワンマンツアー最終公演を開催

【関連アーティスト】
KG
【ジャンル】
J-POP

KREVA、47都道府県ツアー後半戦のスケジュールを発表
Tue, 03 Feb 2015 10:00:00 +0900
KREVA 47都道府県 TOUR 2015「UNDER THE MOON」 ?前半戦 with DJ+DRUM STYLE (okmusic UP\'s)

ソロデビュー10周年イヤーを疾走中のKREVAが初の全国47都道府県 TOUR 2015「UNDER THE MOON」を開催する。すでに告知されている前半戦 with DJ+DRUM STYLEに続き、後半戦 with BAND STYLE公演のスケジュールが発表された。

【その他の画像】KREVA

いよいよ今月末2月27日(金) 東京・Zepp DiverCity(Tokyo)を皮切りに、5月15日(金)福井・響のホールまでのライブハウスを中心に開催される前半戦を経て、後半戦は6月3日 (水)浦和市文化会館〜7月26日(祝・月)東京・中野サンプラザホールまでホールコンサートが続き、5ヶ月間で全国47都市52公演が行なわれる。

ツアータイトル「UNDER THE MOON」の由来は、「ツアータイトルは47都道府県全てに共通するタイトルがいいと思って、それでいつだって、みんな月の下にいるっていう言葉にした。 ライブが終わって外に出たら、ちょうど月が出てる時間だから。」と語るKREVA。「今日はいい『UNDER THE MOON』だったなぁって思ってもらえるライブがしたい!」と意気込みも語っている。

前半戦はリズムを強化して自分のラップが引き立つような、DJ+DRUM+KREVA=3人とも打楽器みたいな編成でかなり力強いものに。一 度やってみたかったスタイルとのことで、まだKREVA自身も体感したことがないことも含めて楽しみがたくさんあるという。さらに後半戦は、 半生バンドもだいぶ円熟味を増し、前半戦で力強くなった分、後半戦ではより温かく届けられるように出来たらいいとKREVAは語っている。ソ ロデビュー以来、常に新しいことへ挑戦し、新しいライブを魅せ楽しませてきたKREVAが「UNDER THE MOON」ではどんなパフォーマンスをするのか楽しみだ。

いよいよ前半戦をスタートするKREVAは「昨年ソロデビュー10周年を迎えると同時に行われた『K10ツアー』で行けてないところにもいく ので、なるべくひねくりすぎないで、前半戦は3人で出来る面白い新しいことを皆さんに提示出来ればいいなと思っています。ベストアルバム 「KX」を聴いてきてくれれば楽しめるようなツアーにしたい。はじめてのところもあるし、やっといけるところもあって、楽しみにしてる気持ち が強いです。より記憶に残るようなツアーに出来るようにしたいと思います。みなさんが集まっていいライブを作る、みなさんに面白いと思っても らって、一緒にいいUNDER THE MOONをつくれたらいいなと思います。まずは前半戦で合いましょう」とコメント。

2月7日(土)にはいよいよ、前半戦 2/27(金)東京公演〜4/19(日)徳島公演のチケットが一般発売される。はじめて単独公演を行なう都市は、はじめまして特別価格のチケットの販売、前半戦ではU-19キャッシュバック2000円などが用意されている。詳細は「UNDER THE MOON」特設サイトへ。また現在KREVAオフィシャルホームページでは、スペシャルインタビューが配信されているので、そちらも要チェック。

■『KREVA 47都道府県 TOUR 2015「UNDER THE MOON」』

■前半戦 with DJ+DRUM STYLE
2月27日(金)  東京 Zepp DiverCity (Tokyo)
3月01日(日) 【初】山梨 甲府CONVICTION
3月04日(水) 【初】千葉 柏PALOOZA
3月06日(金) 【初】奈良 奈良NEVER LAND
3月07日(土) 【初】奈良 奈良NEVER LAND
3月10日(火) 【初】和歌山 和歌山SHELTER
3月12日(木) 【初】滋賀 滋賀U-STONE
3月14日(土)  京都 京都FAN J
3月15日(日)  京都 京都FAN J
3月19日(木) 【初】長崎 長崎DRUM Be-7
3月21日(土)  鹿児島 鹿児島CAPARVOホール
3月22日(日)  熊本 熊本B.9 V1
3月24日(火) 【初】山口 周南TIKI-TA
3月26日(木)  香川 高松オリーブホール
3月28日(土)  神戸 kobe SLOPE
3月29日(日)  神戸 kobe SLOPE
4月02日(木)  佐賀 佐賀GEILS
4月04日(土) 【初】宮崎 WEATHER KING
4月05日(日) 【初】大分 DRUM Be-0
4月09日(木)  岐阜 岐阜club-G
4月11日(土) 【初】島根 松江AZTiC canova
4月12日(日) 【初】鳥取 米子AZTiC Laughs
4月14日(火)  広島 広島クラブクアトロ
4月16日(木)  愛媛 松山サロンキティ
4月18日(土)  高知 高知CARAVAN SARY
4月19日(日) 【初】徳島 徳島club GRINDHOUSE
4月24日(金)  沖縄  沖縄ナムラホール
4月30日(木)  長野 長野CLUB JUNK BOX
5月01日(金) 【初】群馬 高崎club FLEEZ
5月07日(木) 【初】岩手 盛岡CLUB CHANGE WAVE
5月09日(土) 【初】秋田 秋田club SWINDLE
5月10日(日) 【初】山形 山形ミュージック昭和Session
5月12日(火) 【初】富山 富山MAIRO
5月13日(水)  石川 金沢EIGHT HALL
5月15日(金) 【初】福井 響のホール

■後半戦 with BAND STYLE
6月03日(水) 【初】千葉 浦安市文化会館
6月06日(土)  岡山 岡山市民会館
6月11日(木) 【初】茨城 ひたちなか市文化会館
6月13日(土)  愛知 日本特殊陶業市民会館フォレストホール
6月14日(日)  福岡 福岡サンパレス
6月20日(土)  大阪 大阪フェスティバルホール
6月25日(木)  埼玉  さいたま市文化センター
6月26日(金)  神奈川  よこすか芸術劇場
6月30日(火)  新潟 りゅーとぴあ・劇場
7月04日(土)  宮城 仙台イズミティ21
7月09日(木) 【初】北海道 旭川CASINO DRIVE
7月10日(金)  北海道 札幌市教育文化会館
7月12日(日)  栃木 栃木県総合文化会館
7月15日(水) 【初】三重 三重県文化会館 中ホール
7月17日(金)  静岡 静岡市民文化会館 中ホール
7月18日(土)  福島 南相馬市民文化会館
7月20日(祝)  青森 弘前市民会館
7月26日(日)  東京  中野サンプラザホール

※初:KREVA単独コンサートを初めて行なう都市

【関連リンク】
KREVA オフィシャルHP
KREVA、待望の全国ツアー「UNDER THE MOON」詳細発表
倖田來未やGENERNATIONS from EXILE TRIBEなど出演!「a-nation taiwan」開催!
KREVA主催フェスに鈴木雅之、久保田利伸を含む超豪華アーティストが続々登場!

【関連アーティスト】
KREVA
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1