歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2015年01月19日)
バックナンバー
最新ニュース
2015/01/28
2015/01/27
2015/01/26
2015/01/25
2015/01/24
2015/01/23
2015/01/22
2015/01/21
2015/01/20
2015/01/19
2015/01/18
2015/01/17
2015/01/16
2015/01/15
2015/01/14
2015/01/13
2015/01/12
2015/01/11
2015/01/10
2015/01/09
2015/01/08
2015/01/07
2015/01/06
2015/01/05
2015/01/04
2015/01/03
2015/01/02
2015/01/01
2014/12/31
2014/12/30
2014/12/29
2014/12/28
2014/12/27
2014/12/26
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
2014/08/06
2014/08/05
2014/08/04
2014/08/03
2014/08/02
2014/08/01
2014/07/31
2014/07/30
2014/07/29
2014/07/28
2014/07/27
2014/07/26
2014/07/25
2014/07/24
2014/07/23
2014/07/22
2014/07/21
2014/07/20
2014/07/19
2014/07/18
2014/07/17
2014/07/16
2014/07/15
2014/07/14
2014/07/13
2014/07/12
2014/07/11
2014/07/10
2014/07/09
2014/07/08
2014/07/07
2014/07/06
2014/07/05
2014/07/04
2014/07/03
2014/07/02
2014/07/01
2014/06/30
2014/06/29
2014/06/28
2014/06/27
2014/06/26
2014/06/25
2014/06/24
2014/06/23
2014/06/22
2014/06/21
2014/06/20
2014/06/19
2014/06/18
2014/06/17
2014/06/16
2014/06/15
2014/06/14
2014/06/13
2014/06/12
2014/06/11
2014/06/10
2014/06/09
2014/06/08
2014/06/07
2014/06/06
2014/06/05
2014/06/04
2014/06/03
2014/06/02
2014/06/01
2014/05/31
2014/05/30
2014/05/29
2014/05/28
2014/05/27
2014/05/26
2014/05/25
2014/05/24
2014/05/23
2014/05/22
2014/05/21
2014/05/20
2014/05/19
2014/05/18
2014/05/17
2014/05/16
2014/05/15
2014/05/14
2014/05/13
2014/05/12
2014/05/11
2014/05/10
2014/05/09
2014/05/08
2014/05/07
2014/05/06
2014/05/05
2014/05/04
2014/05/03
2014/05/02
2014/05/01
2014/04/30
2014/04/29
2014/04/28
2014/04/27
2014/04/26
2014/04/25
2014/04/24
2014/04/23
2014/04/22
2014/04/21
2014/04/20
2014/04/19
2014/04/18
2014/04/17
2014/04/16
2014/04/15
2014/04/14
2014/04/13
2014/04/12
2014/04/11
2014/04/10
2014/04/09
2014/04/08
2014/04/07
2014/04/06
2014/04/05
2014/04/04
2014/04/03
2014/04/02
2014/04/01
2014/03/31
2014/03/30
2014/03/29
2014/03/28
2014/03/27
2014/03/26
2014/03/25
2014/03/24
2014/03/23
2014/03/22
2014/03/21
2014/03/20
2014/03/19
2014/03/18
2014/03/17
2014/03/16
2014/03/15
2014/03/14
2014/03/13
2014/03/12
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/09
2014/03/08
2014/03/07
2014/03/06
2014/03/05
2014/03/04
2014/03/03
2014/03/02
2014/03/01
2014/02/28
2014/02/27
2014/02/26
2014/02/25
2014/02/24
2014/02/23
2014/02/22
2014/02/21
2014/02/20
2014/02/19
2014/02/18
2014/02/17
2014/02/16
2014/02/15
2014/02/14
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/11
2014/02/10
2014/02/09
2014/02/08
2014/02/07
2014/02/06
2014/02/05
2014/02/04
2014/02/03
2014/02/02
2014/02/01
2014/01/31
2014/01/30
2014/01/29
2014/01/28
2014/01/27
シンディ・ローパー、20年振りの仙台公演で会場の心を一つに
Mon, 19 Jan 2015 21:00:00 +0900
「シンディ・ローパー30周年アニヴァーサリー・セレブレーション・ジャパン・ツアー」大阪公演 (okmusic UP\'s)

シンディ・ローパーのデビュー30周年を祝うスペシャル・コンサート「シンディ・ローパー30周年アニヴァーサリー・セレブレーション・ジャパン・ツアー」の仙台公演が、1月18日(日)仙台サンプラザにて行なわれた。

【その他の画像】Cyndi Lauper

シンディ・ローパーの仙台公演は1995年同会場で行なわれた公演以来20年振り。そして、東日本大震災から約一年後、ツアーの合間を縫って2012年3月5日に石巻の小学校などを訪問して以来の宮城県訪問となった。

シンディ御一行が仙台に到着したのは1月17日、この日は阪神淡路大震災からちょうど20年目となる日だった。その時もいち早く自ら「チャリティダイヤル」を設置し募金活動を実施、1996年の節分には、阪神淡路大震災の復興を願って、神戸の生田神社で行なわれる節分祭に参加するために来日。2011年3月11日の東日本大震災当日シンディは日本に降り立ち、その後ツアーを敢行し、会場では募金活動も行なった。なぜそこまで日本のためにしてくれるのか? 後のインタビューでこう語っていた。
『私は音楽には癒しの力があると思っています。もしかしたら、その(震災の)ことを少し忘れられるかも知れない。ほんの少しの時間だけれど。そして気分が少し晴れるかも知れない。そしてまた現実に戻るわけですが、以前ほど辛くないかもしれない。私はいつも音楽に助けられてきました。なので単に私はそれを他の人にも伝えていきたいだけなのです』

1月17日、先の公演地福岡から仙台の空港に到着すると、震災のその後の事、仮設住宅や現状の住宅事情他、震災後の皆さんの心境を心配していた。ホテルに到着後、雪の中を歩きまわる。某有名店では牛タン、牛タン・シュウマイ、牛タン・ギョウザなどを美味しそうに食べていた。バンドメンバーにも食べてもらおうと「ずんだ餅」も購入。仙台の街を歩いたシンディは“Sendai is still a beautiful town…"と呟いていた。

ライヴ当日の仙台は、前日の雪模様から一転、強い風が吹きつけるものの、空は突き抜ける様な青さ。完全ソールド・アウト超満員の仙台サンプラザの場内では、シンディの登場を今か今かと待つ皆さん、緊張感すら漂う静けさ。しかし、シンディがあっと驚く形で登場すると、総立ち、そしていきなり最高潮に。シンディのライヴ第一声は「コンバンハ、ゲンキー? センダーイ!」。シンディ自身の“ようやく仙台公演が実現したわよ!"という想いと、“遂にシンディが仙台公演を実現してくれた"という観客の皆さんの想いがひとつになった、究極の一体感が感じられるライヴへとなっていった。デビュー・アルバム『シーズ・ソー・アンユージュアル』からアルバム曲順通りではないものの、「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」「タイム・アフター・タイム」「シー・バップ」「オール・スルー・ザ・ナイト」といった大ヒット曲を含む全10曲中9曲を披露、「トゥルー・カラーズ」などの名曲とともに全15曲を歌い上げた。

この日最も象徴的だったのが、シンディが日本語で歌う「忘れないわ」。2012年のツアーでも歌われていたこの歌は、シンディが最も仙台で歌いたかった曲だった。元々はデビュー前NYのピアノバー「MIHO」で働いていたときに歌っていた曲でオリジナルはペギー・マーチという、史上最年少全米No.1記録を持つ女性歌手の大ヒット曲だ。

2012年に行なわれた日本外国特派員協会の記者会見でも、シンディは世界へ向けてこう語っていた。『大震災は大変悲しい出来事でした。でもみんな前へ進もうとしています。「日本のことを忘れないで」と皆にいいたいのです。忘れて欲しくないのです。愛を送ることを忘れて欲しくないのです。被災地に友だちがいたら連絡してあげてください。そうすると「忘れていないよ」ということが伝わるのです。支えてくれているという気持ちが伝わるのです』

「みなさんのことをいつも思っているわ」という彼女が歌に込めたメッセージ。“ワスレナイワ、アナタヲ。アイスルヒトヨ、ワスレナイワ…。" と日本語で一生懸命歌うシンディの姿に、客席では多くの方々が涙していた。そして、「忘れないわ」に続けて歌ったのが名曲「タイム・アフター・タイム」。この曲に託したメッセージも、言葉にする以上に会場中の皆さんの心に伝わったようである。

“もしも進むべき道が見えなくなっても、
あなたはきっと私を見つけるわ
もしあなたが倒れそうになったら私が受けとめる、
あなたを待ってるわ
いつでも、何度でも“

「センダーイ、ゲンキー!?」と言ってアンコールで登場すると、「上を向いて歩こう」を少し披露。自分のスマートフォンに入れた歌詞を見ながら日本語で頑張って歌うシンディ。その姿に観客の皆さんも協力して、みんなで一緒に歌いあげる。最後の曲は「トゥルー・カラーズ」。この日はバックのキーボードもいつもは彼女自身が弾くダルシマーもなく、たった一人、完全なるアカペラで歌いあげる。すべての装飾を一切省いた「トゥルー・カラーズ」はまさに美しく感動的。最後のフレーズ“like a rainbow…" を会場中で歌いあげ、ショーは静かに終了した。20年振りの仙台公演は、今回のツアーの中で最も一体感を感じるものだった。そして、言葉で語るよりも、想いを「歌」に託したかのようなシンディの姿がとても印象的なライヴだった。

シンディ・ローパーのデビュー30周年を祝うスペシャル・コンサート「シンディ・ローパー30周年アニヴァーサリー・セレブレーション・ジャパン・ツアー」はいよいよ1月20日(火)の日本武道館公演を残すのみとなる。

photo by 田浦ボン

■【セットリスト】

1 She Bop シー・バップ(『She\'s So Unsual』)
2 I\'ll Kiss You アイル・キス・ユー(『She\'s So Unsual』)
3 He\'s So Unusual ヒーズ・ソー・アンユージュアル(『She\'s So Unsual』)
4 Yeah Yeah イエー、イエー(『She\'s So Unsual』)
5 Witness ウィットネス(『She\'s So Unsual』)
6 All Through the Night オール・スルー・ザ・ナイト(『She\'s So Unsual』)
7 Into the Nightlife  イントゥ・ザ・ナイトライフ(『Bring Ya To The Brink』)
8 Sex Is In the Heel セックス・イン・ザ・ヒール(ミュージカル『Kinky Boots』)
◆忘れないわ◆
9 Time After Time タイム・アフター・タイム(『She\'s So Unsual』)
10 Girls Just Want to Have Fun ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン(『She\'s So Unsual』)
11 Money Changes Everything マネー・チェンジズ・エヴリシング(『She\'s So Unsual』)

-ENCORE-
◆上を向いて歩こう◆
12 Hat Full Of Stars ハット・フル・オブ・スターズ(『Hat Full Of Stars』)
13 Shine シャイン(『Shine』)
14 Change Of Heart チェンジ・オブ・ハート(『True Colors』)
15 True Colors トゥルー・カラーズ(『True Colors』)

■「シンディ・ローパー30周年アニヴァーサリー・セレブレーション・ジャパン・ツアー」

1月20日(火)  東京 日本武道館
開場 18:00 / 開演 19:00

【関連リンク】
シンディ・ローパー オフィシャルHP
今なおガールポップの金字塔! シンディ・ローパーのメガヒットアルバム『シーズ・ソー・アンユージュアル』
シンディ・ローパーがデビュー30周年記念日本公演を開催中
デビュー作30周年記念盤が発売となったシンディ・ローパー、日本のファンへの最新メッセージ到着!

【関連アーティスト】
Cyndi Lauper
【ジャンル】
ポップス(洋楽), ライブ

松任谷由実、GYAO! MUSIC LIVEにて伝説のライブ映像を期間限定配信
Mon, 19 Jan 2015 20:00:00 +0900
「YUMI MATSUTOYA LIVE」 (okmusic UP\'s)

昨年のクリスマスイブに映像作品『All about POP CLASSCO』をリリースした松任谷由実の最新ライブ映像から伝説のライブまでが、GYAO! MUSIC LIVEにて配信スタートとなった。

【その他の画像】松任谷由実

最新映像作品『All about POP CLASSCO』からは「Babies are popstars」「青春のリグレット」「ひこうき雲」の3曲を公開。また、日本のエンターテインメント界の伝説として今も語られているSHANGRILAシリーズ3作品より「ANNIVERSARY」「リフレインが叫んでる」「真夏の夜の夢」を公開。他にも「やさしさに包まれたなら」「守ってあげたい」「春よ、来い」等の代表曲の名パフォーマンス、計11曲が一挙に視聴できるこの機会、是非お見逃しなく!

■【GYAO! MUSIC LIVE 「YUMI MATSUTOYA LIVE」】

配信期間:
2015年1月19日(月) 12:00 〜2015年2月18日(水)23:59
配信曲:
01.「Babies are popstars」
from All about POP CLASSICO
02.「青春のリグレット」
from All about POP CLASSICO
03 .「ひこうき雲」
from All about POP CLASSICO
04.「ダンスのように抱き寄せたい」
from CONCERT TOUR 2011 Road Show
05.「真夏の夜の夢」
from YUMING SPECTACLE SHANGRILAIII A DREAM OF DOLPHIN
06.「やさしさに包まれたなら」
from THE LAST WEDENSDAY TOUR 2006 HERE COME THE WAVE
07.「リフレインが叫んでる」
from YUMING SPECTACLE SHANGRILAII
07.「心のまま」
from YUMING SURF & SNOW in Zushi Marina Vol.16,2002
08.「ANNIVERSARY」f
rom YUMING SPECTACLE SHANGLILA 1999
09.「あの日にかえりたい」
from Yumi Arai The Concert with old Friends
10.「春よ、来い」
from INTO THE DANCING SUN
11.「守ってあげたい」
from WINGS OF LIGHT THE GRATES OF HEAVEN TOUR
配信URL:
http://gyao.yahoo.co.jp/music-live/player/monthly02/yuming

■DVD&Blu-ray『All about POP CLASSICO』告知トレーラー
http://youtu.be/nI3uLHDZOeU

■DVD&Blu-ray『All about POP CLASSICO』

発売中
【DVD】(2 DISCS)
UPBH-20125/6/¥6,200(税込)
【Blu-ray】
UPXH-20032/¥7,200(税込)
<収録曲>
1. Babies are popstars
2. ミラクル
3. 無限の中の一度
4. 今だけを きみだけを
5. 雨のステイション
6. NIGHT WALKER
7. 経る時
8. Hey girl!近くても〜一緒に暮らそう〜彼から手をひいて
9. Hello, my friend  
10. シャンソン
11. 雨に願いを
12. Nobody Else
13. LATE SUMMER LAKE
14. Delphine 〜MOD?LE〜Delphine
15. Miss BROADCAST
16. WANDERERS
17. Discoth?que
18. 青春のリグレット    
19. Laughter
20. 愛と遠い日の未来へ
21. 14番目の月
22.ひこうき雲
23.卒業写真
(127分)
<特典映像>
・The interview on POP CLASSICO
・「Babies are popstars」Music Video
(40分)

■「SURF&SNOW in Naeba Vol.35」

2月06日(金) 苗場プリンスホテル プリザーディウム
2月07日(土) 苗場プリンスホテル プリザーディウム
2月10日(火) 苗場プリンスホテル プリザーディウム
2月11日(水・祝) 苗場プリンスホテル プリザーディウム
2月13日(金) 苗場プリンスホテル プリザーディウム
2月15日(日) 苗場プリンスホテル プリザーディウム
2月16日(月) 苗場プリンスホテル プリザーディウム
2月18日(水) 苗場プリンスホテル プリザーディウム

【関連リンク】
松任谷由実 オフィシャルHP
松任谷由実、クリスマス・イブに発売する映像作品のトレーラー公開
松任谷由実、クリスマス・イブに最新ライブ映像作品『All about POP CLASSICO』リリース
話題の「オールナイトニッポンRadio Live 忘れられぬミュージック」、プレイガイド最速プレオーダー開始!

【関連アーティスト】
松任谷由実
【ジャンル】
J-POP

LUNA SEA、震災の地・茨城に捧げた「約束」の炎
Mon, 19 Jan 2015 19:00:00 +0900
1月17日@茨城県立県民文化センター (okmusic UP\'s)

バンド結成25周年となる全国ツアー「LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE TOUR THE LUNATIC -A Liberated Will-」後半戦の幕を開けたLUNA SEAが、後半2本目の地となる茨城を鮮やかに彩った 。

【その他の画像】LUNA SEA

茨城県立県民文化センターでの公演は、1995年「LUNA SEA CONCERT TOUR 1995 MOTHER OF LOVE, MOTHER OF HATE」から約20年振り。そして、この日1月17日は、阪神・淡路大震災から20年目となる日でもある。阪神・淡路大震災と同じく、未曽有の大災害となった2011年3月11日の東日本大震災。この地茨城は、震災当時の被災地でもあった。本公演の会場である茨城県立県民文化センターも、 震災で甚大な被害を受け、約一年半の時を経て復旧した背景を持つ。

特別な意味を持つこの日には、開演直前、ステージに向かうメンバーが一堂に集まり、静かに黙祷を捧げる姿があった。

アンコールでは「25年の歩みの中で、良い事も、忘れてはならない事もありました。忘れてはいけない日があるみたいに、これからも胸に刻んで皆で頑張っていこうという誓いの日もあります。次の曲を、ここ茨城の地に刻んでいきたいと思います。」というRYUICHI(Vo)の言葉から、「PROMISE」が演奏された。「PROMISE」は、東日本大震災発生時「悲しみが癒えるその日まで。共に歩いていきましょう。」というメッセージと共に復興支援のために緊急リリースされた、特別な願いが込められた一曲だ。LUNA SEAは、その後も「復興支援の活動は1年程度で終わるものではない。僕らの気持ちはいつも側にある。」というメッセージの元、復興支援のためのチャリティライヴ「LUNA SEA For JAPAN A Promise to The Brave」を開催。収益の全額を被災地に寄付するなど、継続的な支援活動を行なってきた。

2011年のチャリティライブで「僕たちがこうやってステージに立っているのも、“残された魂"という、大切な使命を持っているからです。皆も、悲しみを乗り越えて、魂の炎を燃やし続けてください。」と告げたRYUICHI。その想いは今も終わる事なく、未来への「約束」となって燃え続けている。

■「LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE TOUR THE LUNATIC -A Liberated Will-」

1月24日(土) 上野学園ホール(旧広島郵便貯金ホール)
1月25日(日) 上野学園ホール(旧広島郵便貯金ホール)
2月07日(土) 神奈川県民ホール
2月08日(日) 神奈川県民ホール
2月21日(土) 福岡サンパレス
2月22日(日) 福岡サンパレス
2月28日(土) 東京国際フォーラム ホールA
3月01日(日) 東京国際フォーラム ホールA

『LUNA SEA 25th ANNIVERSARY LIVE TOUR THE LUNATIC -A Liberated Will- FINAL』
3月14日(土) 大阪城ホール

【関連リンク】
LUNA SEA オフィシャルHP
LUNA SEA、アニバーサリーツアーの後半戦は大宮2DAYS公演から
LUNA SEA、横浜アリーナにて来年3月に大阪城ホールでのファイナル公演を発表
J、灼熱の赤坂BLITZ 5daysが自身によるワンマンライブで閉幕

【関連アーティスト】
LUNA SEA
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ, ビジュアル

アルルカン、近年最速の結成1年で渋谷公会堂ワンマンを発表
Mon, 19 Jan 2015 18:30:00 +0900
アルルカン (okmusic UP\'s)

1月18日に恵比寿LIQUIDROOMにてワンマンを行なったアルルカンのヴォーカルである暁の口から、8月9日(日)に渋谷公会堂でのワンマンライブを開催することが発表された。

【その他の画像】アルルカン

近年、結成1年で渋谷公会堂ワンマンを発表したバンドはアルルカンを於いて他にいない。誰も知らなかった無名の彼らがどうしてこのスピードで、ここまで支持されているのか...答えはきっとこのワンマンにあるはず。同日解禁となったニューシングル「ジレンマ」のCMトレーラーも是非チェックしてもらいたい。ヴィジュアル界を変えるであろう新人に多いに期待しよう!

■シングル「ジレンマ」CMトレーラー
http://youtu.be/GERA7gHjRzo

■シングル「ジレンマ」

2015年2月25日発売
【TYPE:A】(CD+DVD)
GMCD-012A/¥1,944(税込)
<収録曲>
■DISC 1(CD)
1.ジレンマ
2.imp
■DISC 2(DVD)
1.「ジレンマ」-PV-

【TYPE:B】(CD)
GMCD-012B/¥1,620(税込)
<収録曲>
1.ジレンマ
2.imp
3.白い鬱

■『GOEMON RECORDS Presents アルルカン 1st ONEMAN TOUR 「アンチヒーロー」』

6月06日(土) 金沢AZ
6月07日(日) 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
6月14日(日) 仙台HooK
6月19日(金) 岡山Crazy MAMA 2nd room
6月20日(土) 大阪MUSE
6月21日(日) 名古屋ell.FITSALL
6月27日(土) 福岡DRUM SON
6月28日(日) 広島並木ジャンクション
7月04日(土) 札幌COLONY
7月05日(日) 札幌COLONY
-FINAL-
8月09日(日) 渋谷公会堂
開場 17:00 / 開演 18:00
前売 ¥4,500 / 当日 ¥5,000
※e+プレオーダー 2月28日(土)より開始

【関連リンク】
アルルカン オフィシャルHP
FWDが主催する新ライブイベントにBAROQUE、MERRYなどが出演決定
アンカフェ、ν[NEU]、BORNが出演! 『stylish wave GENERATION \'14 -次代を紡げ!』開催決定!
カメレオ、3周年記念3DAYSライヴ2日目を渋谷公会堂で開催

【関連アーティスト】
アルルカン
【ジャンル】
ビジュアル

BIGBANG、2年連続日本5大ドームツアーが大盛況のうちに閉幕
Mon, 19 Jan 2015 18:00:00 +0900
1月18日(日)@京セラドーム (okmusic UP\'s)

BIGBANGの海外アーティスト史上初となる2年連続日本5大ドームツアー『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014〜2015 "X"』が、1月18日(日)に行なわれた京セラドーム大阪公演にて大盛況のうちに幕を下ろした。

【その他の画像】BIGBANG

今回のドームツアーの演出を手掛けたのは、2011年〜2013年に全世界を熱狂させた、シルク・ドゥ・ソレイユとマイケル・ジャクソンがコラボレートした『Michael Jackson THE IMMORTAL WORLD TOUR』や、その他マドンナ、ジェニファー・ロペス、リアーナ、ブリトニー・スピアーズ、セリーヌ・ディオン、リッキー・マーティン、クリスティ―ナ・アギレラなど数々のアーティストのツアーを手掛ける、現在音楽業界で最も影響力ある人物の一人で「コンサートツアーの巨匠」と言われるジェイミー・キング。

舞台照明デザインには、これまでレディ・ガガ、ビヨンセ、ブルーノ・マーズ、ポール・マッカトニー、リアーナ等のツアーを手掛けるリ・ロイ・ベネットが、そしてツアー映像制作はマドンナ、ブリトニー・スピアーズ、セリーヌ・ディオン、スパイス・ガールズ、リッキー・マーティン、クリスティーナ・アギレラなどのツアー映像を手掛ける、L.Aに拠点を置く映像プロダクション"VENENO"が担当。

そして、エミネム、クリス・ブラウン、レディ・ガガ、ブリトニー・スピアーズ、リル・ウェインなどのツアーやアワードショウのバックを務めてきたギル・スミス II率いるバックバンドが、 2012年BIGBANG初のワールドツアー「BIGBANG ALIVE GALAXY TOUR 2012〜2013」、「BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2013〜2014」に続き、みたびBIGBANGとステージ上で融合した。

このような世界的に活躍するワールドクラスのツアースタッフ・バックバンドが集結した『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014〜2015 "X"』は「"X (エックス) = 未知数"というアルファベットが示す通り、これまでのBIGBANGからは想像もつかない、そしてこれからのBIGBANGの更なる可能性を感じさせるステージ」をコンセプトに、BIGBANGのツアーとしては初のセンターステージに挑戦。

舞台製作費約30億円、直径約30mのセンターステージとそこから客席へ放射上に延びる約50mの6本の花道は、ジェイミー・キングとメンバーの「ファンの皆さんが360°どこからでもBIGBANGをより近くに体感してもらいたい」という思いからこのステージセットが採用された。リ・ロイ・ベネットが手掛ける舞台照明では、360°のセンターステージを客席のどこから見てもBIGBANGの一挙手一投足が楽しめるようにと、膨大な数の照明器具と日本には存在しない機材に関しては世界各国から取り寄せて準備、またステージ頭上や花道に設置された大型トラック10台分のLED画面、さらに音響システムにはイギリスのマーチンオーディオが開発した最先端のマルチセルラーラウドスピーカーアレイ「MLA」を採用するなど、アジアが誇るモンスターグループに相応しいスケールで作り上げられたステージに関するトピックスは枚挙にいとまがないほど。

しかし、このワールドクラスのステージはさることながら、やはり何と言っても特筆すべきは、勢力的なソロ活動を経てスケールアップしたBIGBANGメンバー5人から生み出されるパフォーマンス力。

大ヒット曲「FANTASTIC BABY」で幕を開けたライブは、「TONIGHT」「HaruHaru -Japanese Version-」「ガラガラ GO!!」「BAD BOY」「MY HEAVEN」「声をきかせて」という新たなバンドアレンジも加わった数々の代表曲をはじめ、昨年11月に発表されたG-DRAGONとSOLのスペシャルユニット"GD X TAEYANG"の新曲「GOOD BOY」も惜しみなく披露。

この日訪れた5万人超満員の京セラドーム大阪は、約3時間全20曲、エンターテインメント性とアーティスト性とが高い次元で融合した圧巻のステージに会場は終始熱狂に包まれた。

この約3か月のわたるドームツアーを終え、リーダーG-DRAGONは「僕の人生にとってこのドームツアーは最高の時間だったと思います。本当に素晴らしい思い出になりました。昨年はBIGBANGの新しいステージをあまりお見せできなくてとても残念でしたが、今年の早いうちに新しいアルバムで皆さんのところに戻ってくることを約束します。お待たせしている時間が無駄にならないよう、素敵な形でBIGBANG5人で戻ってきますので、かわらぬ愛と応援をよろしくお願いします」とコメントを寄せた。

また今ツアーのオープニングアクトにはYG ENTERTAINMENTの新人ボーイズグループ iKONが出演。iKONは、デビューをかけた韓国のオーディション番組「MIX & MATCH」に勝ち残った7人で構成されるグループ。正式メンバーに決まっていたB.I、BOBBY、キム・ジンファンを除くYGの練習生6人が、約2カ月間にわたってグループ加入を目指しバトルを繰り広げ、先日11月6日に放送された「MIX & MATCH」最終回でキム・ドンヒョクが最後のメンバーとして決定、全メンバーが決定。オープニングアクトでは「LONG TIME NO SEE」「シノシジャク」の2曲を披露。その新人らしからぬ堂々としたパフォーマンスは来場したファンから早くも熱烈な歓迎を受けており、デビューへの期待の高さをうかがわせた。

この興奮も冷めやらぬ中、早くも日本全国を熱狂の渦に巻き込んだ今回の5大ドームツアー『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014〜2015 "X"』が待望の映像作品として3月25日(水)に発売されることが決定。今ツアー最大のキャパシティとなる5万5千人を動員した熱狂の東京ドーム公演(2014.12.26)の模様と、リハーサルから京セラドーム大阪最終公演まで完全密着したツアードキュメント映像をコンパイルLIVE DVD & Blu-rayとなっている。125万通を超えるチケット応募が殺到したプレミアムツアーなだけに、ツアーを見逃したファンもにもまさに“待望"の商品化となる。

2015年、日本・韓国のみならず全世界の音楽ファンからその新作の発表を期待されるBIGBANG。彼らのあらたな動向から目が離せない。

■DVD&Blu-ray『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014〜2015 "X"』

2015年3月25日発売
【DVD(3枚組)+LIVE CD(2枚組)+PHOTO BOOK】
-DELUXE EDITION- <初回生産限定>
AVBY-58295〜7/B〜C/¥9,000+税
※SPECIAL BOX +特殊パッケージ+PHOTOBOOK付き仕様
※封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

【Blu-ray(2枚組)+LIVE CD(2枚組)+PHOTO BOOK】
-DELUXE EDITION- <初回生産限定>
AVXY-58298〜9/B〜C/¥10,000+税
※SPECIAL BOX +特殊パッケージ+PHOTOBOOK付き仕様
※封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

【DVD(2枚組)】
AVBY-58300〜1/¥6,000+税
※初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

【Blu-ray(2枚組)】
AVXY-58302〜3/¥7,000+税
※初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード

【関連リンク】
BIGBANG オフィシャルHP
BIGBANG、日本5大ドームツアーのファイナルをライブビューイング
D-LITEが“宴会企画”ミニアルバムのリリースを記念し、新橋SL広場前でサプライズライブを開催
BIGBANG、2年連続5大ドームツアーがナゴヤドームにて開幕

【関連アーティスト】
BIGBANG
【ジャンル】
K-POP, ライブ

DIR EN GREYのToshiyaが自身4度目のベース・マガジン表紙を飾る
Mon, 19 Jan 2015 17:30:00 +0900
「ベース・マガジン」2015年2月号 (okmusic UP\'s)

DIR EN GREYのToshiyaが本日1月19日発売の「ベース・マガジン2015年2月号」の表紙を飾った。Toshiyaが同誌の表紙を飾るのは、これが4度目となる。

【その他の画像】DIR EN GREY

昨年デビュー15周年を迎え、通算9作目となるアルバム『ARCHE』をリリースしたDIR EN GREYであるが、誌面では、アルバム『ARCHE』にまつわるToshiyaのロング・インタビューや、長年に渡り数々のアーティストを撮り続けるカメラマン、小松陽祐による撮り下ろしフォトをふんだんに掲載。さらに、常に進化を続けるToshiyaの最新機材にも肉迫、すでにライヴでもお披露目されているESPのToshiya Custom“00〜06号機"、さらにレコーディングで使用したベースを細部まで紹介するなど、目で見ても楽しめる機材紹介となっている。そして、アルバム『ARCHE』の奏法分析も掲載。全22ページ、アーティスト単独としてはベース・マガジン誌において最大規模となる大特集であり、今回で表紙としては4回目の登場、日々変化を続けるToshiyaの魅力に全方位から迫っている。

ベース・マガジンの近藤隆久編集長は、今回の表紙、大特集について「ステージでの佇まい、そして、音像のなかでの存在感……常に進化/深化を続けている“ベーシストToshiya"ですが、彼は今、自身のスタイルを極めた境地に立っていると思います。そしてその姿を見ることは、“ベーシストがどうあるべきか?"という、ベースという楽器パートのアイデンティティを見つめ直すきっかけになるのではないでしょうか? 誌面を通じて、機材のひとつひとつまでに愛情を注ぐToshiyaさんの魅力に触れてほしいと切に思っています」と語り、Toshiya本人も「自分はたいした人間でも、プレイヤーでもありませんが、自分の中の信念と理想と共に、日々もがき葛藤しながらここに立ってます。そんな自分の今を手に取って見て頂けたら幸いです」とコメントしている。

なおDIR EN GREYは、4月に最新ミュージック・クリップ集『Average Sorrow』のリリースが決定している。さらに4月2日より新たな国内ツアー「TOUR15 THE UNSTOPPABLE LIFE」をスタートさせる。公式モバイルサイトの<DIR EN GREY ONLINE>では、1月20日(火)18:00まで「TOUR15 THE UNSTOPPABLE LIFE」のチケット会員先行予約を行なっている。こちらは入会当日から申し込みが可能なので、この機会をお見逃しなく。

■リットー・ミュージック「ベース・マガジン」紹介ページ
http://www.rittor-music.co.jp/magazine/bm/

■Blu-ray & DVD『Average Sorrow』

2015年4月発売
品番未定/価格未定

■「TOUR15 THE UNSTOPPABLE LIFE」

4月02日(木) 神奈川 CLUB CITTA\'
4月03日(金) 神奈川 CLUB CITTA\'
4月10日(金) 群馬 前橋市民文化会館
4月11日(土) 群馬 前橋市民文化会館
4月17日(金) 宮城 仙台市民会館
4月25日(土) 石川 金沢市文化ホール
4月26日(日) 長野 ホクト文化ホール
4月28日(火) 愛知 Zepp Nagoya
4月29日(水) 愛知 Zepp Nagoya
5月02日(土) 大阪 なんばHatch
5月03日(日) 大阪 なんばHatch
5月05日(火) 愛媛 ひめぎんホール
5月07日(木) 大阪 オリックス劇場
5月11日(月) 東京 新木場STUDIO COAST
5月12日(火) 東京 新木場STUDIO COAST

【関連リンク】
DIR EN GREY オフィシャルHP
sukekiyo、最新作収録曲「focus」MV解禁! 限定盤ディスクにはToshlと三上博史とのコラボ曲も!
DIR EN GREYがツアーに合わせて5年半ぶりのMV集をリリース
sukekiyo、新作ミニアルバム続報到着! Nine Inch Nails&Limp Bizkitとコラボ!?

【関連アーティスト】
DIR EN GREY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

見田村千晴、メジャー後初のシングル「わたくしどもが夢の跡」を3月18日にリリース
Mon, 19 Jan 2015 17:00:00 +0900
1月18日@北参道ストロボカフェ(昼) (okmusic UP\'s)

見田村千晴が1月18日に行なわれた北参道ストロボカフェでの弾き語り自主企画ワンマンライブ「LOCK ON」にて、3月18日にメジャー後初のシングル「わたくしどもが夢の跡」をリリースする事を発表した。

【その他の画像】見田村千晴

アコースティックギターを掻き鳴らし、力強い歌声で社会風刺や揺れ動く人間の感情の狭間を刹那に表現する見田村千晴が、メジャー後初のシングルで歌うのは、誰しもが抱える夢と現実の狭間を歌う世代を超えた応援歌である。松尾芭蕉の「おくのほそ道」の一節から引用されたひと癖あるタイトルも何とも彼女らしい。彼女の魅力はキレイゴトだけではなく人間の弱さや醜さに向き合い書かれた独特な歌詞の世界観であり、人間臭さや泥臭さを包み隠さず表現するその魅力が凝縮されたシングルとなった。

北参道ストロボカフェで行なわれたライブは昼夜2回公演で、昼は完全生音の弾き語りライブ、夜は事前にファンからリスエストを募ったカバーを含むリクエストライブという自主企画のワンマンライブ。シングル曲「わたくしどもが夢の跡」を含む昼公演15曲、夜公演16曲の計31曲を歌唱した。普段はアコースティックギターを持って演奏する彼女が、途中グランドピアノで弾き語りを披露するなど見ごたえたっぷりの自主企画ワンマンライブとなった。

肝心の「わたくしどもが夢の跡」の音源であるが、彼女のレギュラーラジオ番組ZIP FM「Radioholic」の1月27日放送にてオンエア解禁となるので、こちらも合わせてチェックしたい。またライブMCにて、4月にはメジャー・ファースト・フルアルバムをリリースすることも発表したが、詳しい内容や発売日は追って発表となる。ライブ活動を精力的に続けている彼女にますます注目したい。

■シングル「わたくしどもが夢の跡」

2015年3月18日発売
VICL-36934/¥1,200+税
<収録曲>
1 わたくしどもが夢の跡
2 ペーパードライバー
3 Safari
4 わたくしどもが夢の跡(Instrumental)
5 ペーパードライバー(Instrumental)

■【シングル「わたくしどもが夢の跡」セルフライナーノーツ】

人って皆、何かに「なりそこない」ながら暮らしている。子どもの頃に描いた夢を叶えられなかった、憧れのあの人みたいに振る舞えなかった、今日も自分に負けてサボってしまった…。そんな駄目な自分にも、見渡してみれば会いたいと連絡をくれる人、大切だと言ってくれる人がいる。不思議に思うと同時に、私は心底救われるのだ。この尊さを歌いたかった。あなたに、届きますように。(見田村千晴)

■【LIVE情報】

■JANUS presents“Magic Time vol.5"
1月29日(木) 心斎橋JANUS
時間:Open 18:30 / Start 19:00
出演:見田村千晴 / アタチケンゴ/ 小玉哲也 / ワタナベマユ

■見田村千晴弾き語りライブ「LOCK ON」〜名古屋はRadioholic公開収録も!〜
2月15日(日) 名古屋 池下 Music & Dining Bar「GURU ×GURU」
時間:Open 17:30 / Start 18:00

【関連リンク】
見田村千晴 オフィシャルHP
見田村千晴、インストアライブツアースタート&「ギター女子」企画ライブにて山崎あおいらと対バン決定
見田村千晴の新曲MV公開&レギュラーラジオ番組決定!
見田村千晴、2ndミニアルバムリリース決定&先行試聴スタート

【関連アーティスト】
見田村千晴
【ジャンル】
J-POP, ライブ

植田真梨恵、圧倒的なパフォーマンスで魅せたピアノワンマンが大阪で完結
Mon, 19 Jan 2015 16:00:00 +0900
1月18日(日)@大阪・心斎橋BIG CAT (okmusic UP\'s)

植田真梨恵が先週の東京・渋谷WWWに続き、活動拠点となる大阪・心斎橋BIG CATにて西村広文(アカシアオルケスタ)とのピアノワンマン「植田真梨恵LIVE OF LAZWARD PIANO -青い廃墟-」を開催した。

【その他の画像】植田真梨恵

インディーズ時代からのコンセプトライブでもあるこのシリーズは東京公演に引き続き、チケットはソールドアウト。“静"と“動"の対極なイメージが彼女の中でうまく消化され、静けさの中に潜む狂気であったり、激しさの中にある切なさだったりを作品やパフォーマンスを通して、我々に提示してくれる彼女。このコンセプトライブはよりリアルにそんな一面を魅せてくれるシリーズでもある。グランドピアノ×アコギ×歌を中心に吐き出される作品の数々…普通に考えると両者が融合し一つの作品を奏でるものだが、時に彼女のボーカルがピアノに噛みつき対峙。同じ作品を奏でているにも関わらずピアノに挑んでいるような錯覚に陥る。

2月25日にリリースされるメジャーファーストアルバム『はなしはそれからだ』より「a girl」からスタートした今ライブ。「壊して」「心と体」と立て続けに激しく重めの歌でグイグイとオーディエンスを引っ張っていく。「本日は皆さん、ラズワルドピアノにお越し下さり、ありがとうございます。最後まで楽しんでください!」のMCの後、インディーズ時代の作品から数曲披露。オーディエンスが裏の拍手でリズムを刻み跳ねるような「よるのさんぽ」からメジャーファーストシングル「彼に守ってほしい10のこと」、「センチメンタリズム」と進むにつれ会場は一気にヒートアップ! そして東京でも披露したカバーソングコーナーでは東京会場で披露したソウルフラワーユニオンの「青天井のクラウン」ではなく「大阪は違う曲を持ってきました。」と大貫妙子の「メトロポリタン美術館」をチョイス。彼女の幼い頃の記憶に残る名曲だ。そして、ライブは後半戦へ。先ほどの「メトロポリタン美術館」からヒントを得て制作されたという彼女にとってメジャー2枚目のシングル「ザクロの実」、メジャーファーストアルバム『はなしはそれからだ』から収録曲中、もっとも淋しく、もっとも一人ぼっちな究極の刹那系ソング「さよならのかわりに記憶を消した」を披露。

「2014年、去年という年は私にとってとても大事な一年になりました。8月のメジャーデビューから、たくさんの初めましてな方々と出会う機会になりましたし、私自身ももう一度、音楽というものを考え直して曲を作ってきました。福岡を離れずっとこの大阪という街で生活をはじめる中で、自分の中にあった淋しい気持ちとか、現在、一人でいるという気持ちとか、そういうものを音楽に変えてきたんですが、新しく考えていることとは、ずっと皆さんの中で、こんなふうに一時期共有した時間というのは時がいっぱい流れた後に、何かがきっかけでもう一度一回消えた音楽が、たくさん聴いた音楽が頭の中で蘇ってきたりだとか、そういう時に一緒に過ごしていた人のことを想い出したりだとか、そういうひとつの想い出の作用というか、その中で出会っていく人たちのことというか、そういうところをとても大事にしようと思っていて、これから先に、色んなことが皆さんの人生の中にあると思いますし、これから先、私のことをすっかり忘れることがあると思うんですけど、そんな中でふと想い出して、何か新しく始める時なんかに皆さんの力になるといいなと思っています。そういう気持ちで歌を歌っています。今から歌う曲は、これから何か不安なことがあったりだとか、何かのせいにして、こうだからできないとか、そういうことを思わずに、まっすぐに頑張っている人たちの為の曲です。」

と、心が震えるような「変革の気、蜂蜜の夕陽」をしっとりと力強く聴かせたのち、「ハイリゲンシュタットの遺書」「S・O・S」で本編をフィニッシュ! 鳴りやまないアンコールの拍手に迎えられて、インディーズ時代からのライブ定番曲「ハルシネーション」でアンコールがスタート。「アンコールありがとうございます! あっという間に時間が過ぎましたが、こんなにたくさんの皆さんに来ていただけるとは思っていなかったので嬉しかったです!」の後は、東京公演同様に西村広文との絶妙なトークセッションが繰り広げられ、「朝焼けの番人」で約2時間に渡るライブを締めくくった。

3月15日より東京・恵比寿リキッドルームよりアルバムに併せた新たなワンマンツアー“植田真梨恵LIVE TOUR 2015「はなしはそれからだ」"の開催が決定しているが、こちらはバンドサウンドでピアノワンマンとは全く違った内容でお届けするとのこと。詳しくは植田真梨恵オフィシャルサイトまで。

■【セットリスト】

01. a girl
02. 壊して
03. 心と体
04. スメル
05. 流れ星
06. 優しい悪魔
07. メリーゴーランド
08. よるのさんぽ
09. 彼に守ってほしい10のこと
10. センチメンタリズム
11. メトロポリタン美術館 (COVER)
12. ザクロの実
13. さよならのかわりに記憶を消した
14. 光蜜
15. 変革の気、蜂蜜の夕陽
16. ハイリゲンシュタットの遺書
17. S・O・S
EN1 ハルシネーション
EN2 朝焼けの番人

■「ザクロの実」MV
https://www.youtube.com/watch?v=5DrfANfoG3M

■アルバム『はなしはそれからだ』

2015年2月25日発売
【初回盤】(CD+DVD)
GZCA-5271/¥3,700+税
※特典DVD品番/GZBB-5271
【通常盤】(CD)
GZCA-5272/¥3,000+税
<収録曲>
01. Intro
02. FRIDAY
03. 彼に守ってほしい10のこと
04. hanamoge
05. 支配者
06. 昔の話
07. a girl
08. プリーズプリーズ
09. ペースト
10. ザクロの実
11. 泣いてない
12. カルカテレパシー
13. さよならのかわりに記憶を消した
<初回盤特典DVD内容>
植田真梨恵 PV collection - 2010 / 2014 -
・「未完成品」<2010.6.30 - 3rd indies album『葬るリキッドルーム』>
・「ミルキー」<2011 - full ver.>*未公開映像
・「センチメンタリズム」<2012.4.18 - 4th indies album『センチメンタルなリズム』>
・「心と体」<2013.8.7 - 1st indies single『心/S/サ』>
・「彼に守ってほしい10のこと」<2014.8.6 - 1st single>
・「ザクロの実」<2014.11.19 - 2nd single>

◎封入特典
プレゼント引換券
※プレゼント引換場所【植田真梨恵LIVE TOUR 2015「はなしはそれからだ」】各ライブ会場

■『植田真梨恵LIVE TOUR 2015「はなしはそれからだ」』

3月15日 (日) 東京 LIQUIDROOM
3月21日 (土・祝) 名古屋CLUB UPSET
3月28日 (土) 福岡 BEAT STATION
4月03日 (金) 大阪 BIGCAT

【関連リンク】
植田真梨恵 オフィシャルHP
植田真梨恵、本人こだわりのアルバムジャケ写を公開
植田真梨恵、アルバム『はなしはそれからだ』発売&ワンマンツアー決定
植田真梨恵、あの渋谷の有名ツリーの下でライブを開催

【関連アーティスト】
植田真梨恵
【ジャンル】
J-POP, ライブ

KANA-BOON、タワレコ「NO MUSIC, NO LIFE!」ポスターに初登場
Mon, 19 Jan 2015 15:00:00 +0900
タワレコ「NO MUSIC, NO LIFE!」ポスター (okmusic UP\'s)

1月21日に2ndアルバム『TIME』をリリースするKANA-BOONが、タワーレコードの意見広告新シリーズ「NO MUSIC, NO LIFE!」ポスターに初登場する。

【その他の画像】KANA-BOON

最新版ポスターは、1月19日(月)よりタワーレコードおよびTOWERmini全店にて順次掲出予定とのこと。

また、タワーレコードおよびTOWERmini全店、タワーレコード オンラインにてアルバム『TIME』をご購入の方に、タワーレコードオリジナル特典「TIME」クリアファイルに加え、応募抽選で「NO MUSIC, NO LIFE!」ポスター(B1サイズ)が当たる応募ハガキを先着でプレゼント。

さらに、1月28日(水)にタワーレコード限定発売となる広告集「DOCUMENTARY PHOTO & MESSAGE OF "NO MUSIC, NO LIFE?"」発売記念イベントに、KANA-BOONの出演が決定。このイベントは、2月17日(火)タワーレコード渋谷店B1F「CUTUP STUDIO」にて開催される。

KANA-BOONは、アルバムリリース後、全国ワンマンツアー「KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015」を開催する。2月に“〜クアトロだってばよ!編〜"が東名阪クラブクアトロにて、3月には初のアリーナ公演となる“〜夢のアリーナ編〜"を大阪城ホール、日本武道館にて開催。そして、4月からは、全国14箇所、計16公演にわたる全国ツアー“〜全国とぅるとぅる編〜"を開催する。1月21日にリリースされる2nd ALBUM「TIME」には、"〜全国とぅるとぅる編〜"のチケット最速先行予約抽選受付に必要となるシリアルIDが封入される。昨年の全国ツアーと同様、チケットはSOLD OUT必至の公演となりそうだ。

■NO MUSIC, NO LIFE.ポスターギャラリー http://tower.jp/nomusicnolife/

■『「DOCUMENTARY PHOTO & MESSAGE OF "NO MUSIC, NO LIFE?"」発売記念イベント』

2月17日(火) タワーレコード渋谷店B1F「CUTUP STUDIO」
OPEN 18:00 START 19:00
チケット:¥2,160(tax in) 
取扱い:
1月28日(水)よりタワーレコード渋谷店にて発売(お1人様2枚まで)

■アルバム『TIME』

2015年1月21日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL 2533-2534/¥3,700+税
※どうでもいいオマケ004封入
【通常盤】(CD)-初回仕様-
KSCL 2535/¥2,700+税
※どうでもいいオマケ004封入
<収録曲>
01. タイムアウト
02. LOL
03. ターミナル
04. 結晶星
05. クラクション
06. フルドライブ
07. 生きてゆく
08. スコールスコール
09. 愛にまみれて
10. シルエット(テレビ東京系アニメーション「NARUTO-ナルト-疾風伝」オープニングテーマ)
11. スノーグローブ
12. パレード
<初回生産限定盤DVD収録内容>
「KANA-BOON野外ワンマン ヨイサヨイサのただいまつり!in 泉大津フェニックス」 LIVE & 密着ドキュメント収録
01. A.oh!!
02. ワールド
03. クローン
04. ロックンロールスター
05. 夜をこえて
06. 結晶星
07. さくらのうた
08. 生きてゆく
09. レピドシレン
10. 盛者必衰の理、お断り
11. フルドライブ
12. ないものねだり
13. シルエット
14. 眠れぬ森の君のため

■『KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 〜全国とぅるとぅる編〜』

4月04日(土) 新潟 新潟Lots
4月05日(日) 石川 金沢 EIGHT HALL
4月08日(水) 宮城 仙台Rensa
4月09日(木) 宮城 仙台Rensa
4月18日(土) 秋田 秋田 Club SWINDLE
4月19日(日) 岩手 盛岡club CHANGE WAVE
4月23日(木) 香川 高松 オリーブホール
4月25日(土) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
4月26日(日) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
4月29日(水) 鹿児島 CAPARVO HALL
5月07日(木) 愛知 Zepp Nagoya
5月08日(金) 愛知 Zepp Nagoya
5月10日(日) 福岡 Zepp Fukuoka
5月12日(火) 大阪 なんばHatch
5月17日(日) 札幌 Zepp Sapporo
5月21日(木) 東京 Zepp Tokyo
※2ndアルバム『TIME』にチケット最速先行予約受付シリアルID封入

チケット料金:¥4,000(ドリンク代別)
チケット一般発売日:2015年3月8日(日)

■『KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 〜夢のアリーナ編〜』

3月23日(月) 大阪城ホール
3月31日(火) 日本武道館
チケット料金 : ¥4,500(税込)

■『KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 〜クアトロだってばよ!編〜』

2月23日(月) 梅田クラブクアトロ
2月24日(火) 名古屋クラブクアトロ
2月26日(木) 渋谷クラブクアトロ
チケット料金 : ¥4,000(税込) 
※ニューシングル「シルエット」購入者限定ライブ。チケットの一般発売はありません。
※申し込み期間は終了致しました。

【関連リンク】
KANA-BOON オフィシャルHP
KANA-BOON、4月より全国ツアー開催決定!
『HighApps SPECIAL!!』、KANA-BOONとLAMP IN TERRENも出演決定
KANA-BOONがニューアルバム『TIME』の大作MVを公開

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LUNKHEAD、徳間ジャパンよりニューアルバムを発売&初の野音が決定!
Mon, 19 Jan 2015 14:00:00 +0900
1月18日@新木場STUDIO COAST (okmusic UP\'s)

メジャーデビュー10周年のLUNKHEADの集大成とも言うべきイベント「一世一代のみかん祭り」が1月18日に新木場STUDIO COASTにて行なわれた。

【その他の画像】LUNKHEAD

“かつてない曲数のワンマン"をテーマに2部構成となった「一世一代のみかん祭り」。メンバーがステージに入場すると、合田(Ba)が「一世一代のみかん祭りへようこそーー!」と高らかに叫び、「前進/僕/戦場へ」から1部はスタート。11曲目にはバラード「夏の匂い」が真冬の会場をやさしく包み込んだ。小高(Vo/Gu)のMCをはさみ一部最後のブロックに突入し、メジャーデビュー曲である「白い声」のイントロのギターが流れると思わず歓声がこぼれ、15曲目の「すべて」で会場のボルテージは最高潮を迎え1部を終えた。

その後は、Guest DJでありLUNKHEADの元メンバーであった石川龍(ザ・チャレンジ)によるDJ TINEがLUNKHEADの「ギグル」でスタート。会場をダンスフロアへと変貌させた。「まだまだ行けますかコースト!」の小高の叫びと共に「美しい人」で2部はスタート。キメのジャンプでフロアを揺らす。12曲目には10周年の記念シングルとしてリリースした「スターマイン」で会場は一転してお祭りムードへ。16曲目の「シンフォニア」では合奏という意味を示す通りメンバーとお客さんが一体となり2部を終えた。

鳴り止まない拍手と歓声のアンコールが湧き上がる中、突然ステージ後方のスクリーンに映像が映し出される。集まったファンへのサプライズプレゼントとして、4月1日にニューアルバム『家』が徳間ジャパンからリリースされることに加え、ツアー2015とそのファイナルとして9月22日に日比谷野外大音楽堂でのライブが決定したことが告知されると、会場は興奮の坩堝と化した。小高の「アルバムが出来ました、ツアーが決まりました、野音が取れました!」というMCをはさみ、アンコール1曲目では新曲のバラードナンバー「うちにかえろう」を情感たっぷりに歌い上げる。まだまだ熱が冷めない中ダブルアンコールにも応えると、ラストは待ちに待った「カナリアボックス」を新木場STUDIO COAST全員で歌い、大盛況の内に「一世一代のみかん祭り」は終了した。

なお、本日初披露された「うちにかえろう」はレコチョクにて絶賛配信中。1月18日から21日まではワンコインプライス100円(税抜)にて配信されるとのことなので、アルバムが待ちきれないファンは是非ともDLしておこう。

photo by オオタシンイチロウ

■新曲「うちにかえろう」配信ページ
http://recochoku.com/t1/tweb287/

■【セットリスト】

■1部 
<SE> LUNKHEAD入場のテーマ
01. 前進/僕/戦場へ
02. インディゴ
03. 月光少年
04. 物思いに耽る庭
05. 冬の朝
06. 白濁
07. 光の街
08. きらりいろ
09. HEART BEATER
10. 三月
11. 夏の匂い
12. 白い声
13. ENTRANCE
14. 体温
15. すべて

■2部
01. 美しい人
02. 闇を暴け
03. 閃光
04. 潮騒
05. 果てしなく白に近づきたい青
06. スモールワールド
07. 狂った朝
08. 泡沫
09. 共犯
10. echo
11. ゲノム
12. スターマイン
13. シンドローム
14. ぐるぐる
15. アルピニスタ
16. シンフォニア
−ENCORE1−
EN1. うちにかえろう 
EN2. いきているから
EN3. 僕らは生きる
−ENCORE2−
WE1. カナリアボックス

■「シンフォニア」MV
https://www.youtube.com/watch?v=4G-jcYkj8eU

■アルバム『家』

2015年4月1日(水)発売
TKCA-74217/¥2,900+税
<収録予定曲>
・スターマイン
・シンフォニア
・うちにかえろう
※上記3曲を含む全12曲収録予定

■【ライブ情報】

『LUNKHEAD TOUR 2015 君の街でYeah! 〜日比谷野外大音楽堂のチケットを売りに行くツアー〜』
5月07日(木) 代官山UNIT
5月15日(金) 名古屋ell.FITS ALL
5月23日(土) 奈良NEVER LAND
5月24日(日) 神戸VARIT.
5月31日(日) 札幌DUCE
6月02日(火) 仙台MACANA
6月12日(金) 大阪JANUS
6月14日(日) 福岡DRUM SON
6月16日(火) 広島 NAMIKI JUNCTION
6月20日(土) 横浜club Lizard
6月27日(土) 松本ALECX
6月28日(日) 金沢VANVAN V4
7月03日(金) 千葉LOOK
7月05日(日) 浜松窓枠
7月09日(木) 米子AZTiC laughs
7月11日(土) 新居浜JEANDORE

チケット:¥3,800(tax in)
一般発売:4月11日(土)

『LUNKHEAD TOUR 2015 FINAL 野音でYeah!!!!〜日比谷野外大音楽堂〜』
9月22日(火・祝) 日比谷野外大音楽堂

【関連リンク】
LUNKHEAD オフィシャルHP
LUNKHEAD、イベント「一世一代のみかん祭り」にて新曲の披露を発表
LUNKHEAD、チケット先行企画第二弾「今度はメンバー一致団結オフィシャル先行」発表!
ギルガメッシュが「MONSTER BOX」で見せた揺るぎない決意とは

【関連アーティスト】
LUNKHEAD
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

a crowd of rebellion、3月4日(水)発売シングルのトレーラー映像&新アー写公開
Mon, 19 Jan 2015 13:00:00 +0900
a crowd of rebellion (okmusic UP\'s)

新潟出身のスクリーモ・バンド、a crowd of rebellionが3月4日(水)にリリースするメジャーデビューシングル 「The Crow」より、トレーラー映像&最新アーティスト写真が公開。また、3月7日(土)に地元・新潟LOTSよりスタートするレコ発ツアー「#acor“The Crow"tour」の対バンアーティスト第1弾も発表された。

【その他の画像】a crowd of rebellion

公開されたトレーラー映像は、シングルの2曲目に収録される「REBELLIOUS BEHAVIOR」をフィーチャー。新章の幕開けを予感させる、彼らが紡ぎ出した新たな音世界となっている。

また、3月7日(土)新潟LOTSを皮切りにスタートする「♯acor “The Crow" tour」の対バンアーティストとして、ARTEMA、KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRL、 NoisyCell、THIS MORNING DAY、SUPER BEAVERが参戦決定。今後、さらに出演アーティストは増えるので、気になる方はチェックしよう。

■シングル 「The Crow」 トレーラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=ioiD26DX4l8

■「LIVE ♯acor “The Crow" tour 〜黒光り伝説!新生活応援の旅〜」

3月07日(土) 新潟LOTS(新潟)
出演:a crowd of rebellion / KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRL / NoisyCell / SUPER BEAVER

3月22日(日) 梅田シャングリラ(大阪)
出演:a crowd of rebellion / NoisyCell

3月27日(金) 渋谷Quattro(東京)
出演:a crowd of rebellion / ARTEMA / NoisyCell

3月29日(日) 名古屋APOLLO BASE(名古屋)
出演:a crowd of rebellion / NoisyCell / THIS MORNING DAY

■シングル 「The Crow」

2015年3月4日(水)発売
【初回盤】(CD+GOODS)
¥1,620(税込)
※「The Crow」オリジナル・ラバーバンド付 / ツアー会場にて缶バッジ引き換え連動特典あり
【通常盤】(CD)
¥1,200 (税込)
<収録内容>
1. The Crow
2. REBELLIOUS BEHAVIOR
3. A Malice Of Rider

【関連リンク】
a crowd of rebellion オフィシャルHP
a crowd of rebellion、2015年3月にメジャーデビュー決定!
LACCO TOWER主催「I ROCKS 2015」の出演アーティスト第2弾が明らかに
ジラフポット、初全国ツアーのゲストにアベンズ、コンポラ、SUPER BEAVER!

【関連アーティスト】
a crowd of rebellion, NoisyCell, SUPER BEAVER, ARTEMA, KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRL, THIS MORNING DAY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

NAMBA69が横須賀より全国ツアーをスタート
Mon, 19 Jan 2015 12:00:00 +0900
1月17日@横須賀かぼちゃ屋 (okmusic UP\'s)

難波章浩率いるNAMBA69が1月17日に横須賀かぼちゃ屋で全国ツアー「21st CENTURY DREAMS TOUR 2015」の初日公演を行った。

【その他の画像】NAMBA69

同ツアーは12月10日にリリースされたファーストアルバム『21st CENTURY DREAMS』を携えてスタートしたもので、初日公演はギターK5の地元でもある横須賀にて行われた。

ソールドアウトとなる会場は開演前から熱気に包まれていた。ライヴはアルバムの1曲目"INTRO"からスタートし、アルバム楽曲や難波ソロ時代の曲も織り交ぜたセットリストが展開された。

力強いパフォーマンスを繰り出すメンバーに呼応し、オーディエンスはシンガロング、モッシュ、ダイヴ、クラウドサーフを繰り広げ最高の盛り上がりをみせた。

終盤には難波がオーディエンスをステージに上げ、会場は完全に一体化し熱気は最高潮を迎え約1時間半に及ぶライヴは終了した。

なおツアーは本日1月18日に千葉LOOKで2本目が開催されるほか、2015年4月25日の渋谷 TSUTAYA O-WESTまで全24公演が予定されている。

【セットリスト】
01 INTRO
02 21st CENTURY DREAMS
03 TRUE ROMANCE
04 WAKE UP!!!
05 FIGHT IT OUT
--------------
06 STRAY DOG
07 STARTING OVER
08 NMFN
09 GHOST
--MC----------
10 SUMMERTIME
11 JUST BECAUSE
12 PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT
13 WORLD IS YOURS
--MC----------
14 TRASH
15 FOREVER KID
16 ONE MORE TIME
17 未来へ 〜It\'s your future〜
18 MY WAY
EN>----------
19 ON THE ROAD
20 TAKE ME TO THE STREETS
21 JUMP! JUMP!! JUMP!!!
22 ETERNAL GOLD
23 TAKE ME HOME, COUNTRY ROAD
24 INTRO

■アルバム『21st CENTURY DREAMS』

発売中
【CD+DVD】
CTCD-20013/B/¥3,300+税
【CD】
CTCD-20014/¥2,500+税
<収録内容>
■CD
01. INTRO
02. 21st CENTURY DREAMS
03. TRUE ROMANCE
04. SUMMERTIME
05. ON THE ROAD
06. STRAY DOG
07. STARTING OVER
08. THE WORLD IS YOURS
09. JUST BECAUSE
10. NMFN
11. GHOST
12. TRASH
13. FOREVER KID
■DVD ※DVD付きのみ収録
MUSIC VIDEO
01. TRUE ROMANCE
02. TAKE ME TO THE STREETS
03. 21st CENTURY DREAMS
04. SUMMERTIME

■『21st CENTURY DREAMS TOUR 2015』

1月17日(土) 横須賀 かぼちゃ屋 
1月18日(日) 千葉 LOOK
1月22日(木) 岡山 PEPPERLAND
1月24日(土) 福岡 Queblick
1月25日(日) 鹿児島 SR HALL
1月27日(火) 松山 double-u studio
1月28日(水) 高松 TOONICE
1月30日(金) 和歌山 SHELTER 
2月10日(火) 大阪 Shangri-la
2月11日(水・ 祝)名古屋 UPSET
2月14日(土) 長野 J
2月15日(日) 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK
2月28日(土) 越谷 EASY GOINGS
3月13日(金) 仙台 enn 2nd
3月14日(土) 盛岡 CLUB CHANGE
3月21日(土) 金沢 VANVAN V4
3月22日(日) 新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
4月09日(木) 八戸 ROXX
4月11日(土) 札幌 DUCE
4月12日(日) 稚内 HEART BEAT CAFE 
4月15日(水) 宮古 KLUB COUNTER ACTION
4月17日(金) 石巻 BLUE RESISTANCE
4月18日(土) いわき club SONIC iwaki 
4月25日(土) 東京 TSUTAYA O-WEST

【関連リンク】
NAMBA69 オフィシャルサイト
NAMBA69、サンボマスターとKEMURIと対バンイベントを新潟で開催
NAMBA69のSAMBUが25時間ドラムマラソンを完全叩破し世界記録更新!
NAMBA69、ちびっ子パンクス登場の最新MVを公開

【関連アーティスト】
NAMBA69, 難波章浩
【ジャンル】
パンク/ハードコア, ライブ

カメレオ、3周年記念3DAYSライヴ2日目を渋谷公会堂で開催
Mon, 19 Jan 2015 11:00:00 +0900
1月17日(土)@渋谷公会堂 (okmusic UP\'s)

カメレオが1月17日(土)に渋谷公会堂で“3周年記念3DAYSライヴ「めちゃ×3みなさんのおかげでした!」"のライブ2日目を行った。

【その他の画像】カメレオ

2012年の始動以降、様々な曲調を自由奔放に操りつつ、リスナーには感謝を、世知辛い世の中には毒を吐くポップでキャッチーな楽曲と、何をしでかすかまったく予想がつかないライヴで、ヴィジュアル系シーンを一気に駆け上がってきているカメレオ。中でも、バンドでありながら楽器を置き、5人全員がマイクを持って歌って踊るという、ロックバンドのお約束事を破るかのようなパフォーマンスは、観る者すべてをハッピーにさせ、多くの人々を“カメコ・カメオ化"させている(カメコ・カメオはカメレオファンの愛称)。

そんな5人ボーカル曲をコンプリート、果てはメンバーのソロ楽曲までをも収録したベスト盤『5 BEST』をリリースしたばかりの彼らが、毎年恒例となっている感謝祭ライヴを行なった。

結成3周年ということで、3デイズで行なわれた今年の結成記念ライヴ。その初日公演は、彼らが始動ライヴを行なった会場である池袋BlackHoleにて開催。会場定員数を大幅に上回る、文字通り桁違いの申し込みが殺到したプレミアムライヴの1週間後、2日目公演の舞台となったのは、カメレオ史上最大キャパとなる渋谷公会堂だ(尚、最終日には、同じく渋谷公会堂にて主催イベントを開催)。

5人はライヴをスタートさせるやいなや、「評論家的ダンスナンバー」「で?」「オセロゲーム」とアッパーチューンを立て続けに投下。会場の興奮を一気に高め、「序盤から飛ばせるか!?」と、HIKARU.(Vo.)も激しく客席を煽る。すると、メンバー達は楽器を置き、早くも5人ボーカル曲である「変幻×自在+連鎖反応=∞」へ。「カメコ・カメオだけじゃなく、スタッフ、関係者全員を楽しませたい」と、MCでこの日の意気込みを語っていたが、それを体現するように、ここまで培ってきたすべてを見せつける熱いステージを繰り広げていた。

ライヴ中盤には「今年も懲りずにやっちゃいます メンバーソロコーナー」が敢行された。これは、昨年、日本青年館で開催された2周年記念ライヴでも行なわれた企画で、今年は、アルバム『5 BEST』に収録されている各メンバーが作詞、作曲、編曲、そしてボーカルまでをも務めたソロ楽曲を、サポートメンバーの演奏で披露するという「良い意味でヤバいのか、悪い意味でヤバイのかは定かではない無謀な挑戦」をするというものだ。

昨年のプレイバックとメンバーが意気込みを語ったコメント映像の後、ソロコーナーはHIKARU.の「Jump!!」からスタート。ドリーミーかつメルヘンなサウンドと、どことなく内省的な歌詞のギャップが印象的なこの曲を、ウサギの被り物をしたバックダンサー達がさらに拍車をかけ、より不思議な世界観を渋谷公会堂に生み出していた。続いてステージに登場したのはギターのDaisuke。ヘヴィなバンドサウンドに劣等感を打ち破りたいという想いを綴った「スマイル」で客席を熱く盛り上げると、次のTakashiは、日頃コツコツとやるのは得意だけど、思い切ったことができない自身の性格を鼓舞するダンスチューン「典型的なA型」を披露。メンバーが「いつの間に覚えた!?」と驚くほど完璧なダンスを見せつけた。そんなダンサブルなサウンドとは一転、疾走感のあるバンドサウンドで魅せたのはベースのKouichi。二度と会えなくなってしまった恋人に対し、激しい自責の念にかられる男の姿を描いた「大馬鹿者」を、マイクスタンドを握り熱唱。そして、昨年はトップバッター、今年はトリを務めるドラムのTakeshiが歌う「食べもののうた♪」へ。ヘヴィとポップを縦横無尽に行き交うハッピーチューンの途中で「タオルを回して! 手をつないで! タオルを回すだけじゃ物足りない人は頭ぶんまわせ!」と、観客を煽りに煽るTakeshi。ラストはオーディエンスだけでなく、メンバー、ダンサー全員がステージ上で肩を組んで大合唱をするという、見事なまでの大団円となった。

「バンドなのに楽器を弾かなかったり、こうやって歌って踊ったりしていると、ブーブー言ってくる人達がいるんですよ。でも、結局何をやったところでブーブー言われるし、もしかしたら何もやらなくてもブーブー言われると思うんですね。だから僕達は、これからも自分達の好きなようにやっていこうと思います!」 (HIKARU.)

堂々たる宣言を支持するように、客席からは大きな歓声が沸き起こっていた。
 
そんなカメレオはこの日、次なる一手として4月1日(水)に2015年第一弾シングルをリリースすることを発表した。タイトルはこの日明かされなかったものの、現時点でどんな楽曲になるかは決定しているとのこと。アンコール中に流された映像でTakashiが話すには「2672名のフルオーケストラ」を導入して、「ミュージックビデオの後半でオーケストラの人達全員がロボットダンスをする」そうだ。また他のメンバーが話していた情報をまとめると「3曲目はTakashiの母親が作曲を、甥っ子が作詞をした。だから歌詞はひらがなばっかり」とのこと。まぁまず間違いなく全部ウソだと思うので、後日ホームページで発表される詳細を待ちたい。
 
そんな新シングルに続き、次回のワンマンツアーとして“カメレオ ワンマンツアー2015「47都道府県に会いに行くバンドマン」"を行なうことを発表すると、会場からこの日一番の歓喜の声が沸き起こった。このツアーは、4月10日(金)に開催される高田馬場AREA公演を皮切りに、約半年間かけて全国47都道府県を走破するというもの。昨年彼らが行なったワンマンツアー「会いに行くバンドマン」が23会場24公演(ツアーファイナルZepp DeiverCity『会いに来てほしいバンドマン』公演含む)なので、その倍の規模になる。Kouichiは「楽しいことばかりじゃないと思うけど、鍛え上げて帰ってきます」と、意気込みを熱く語っていた。

ライヴもまもなくエンディングに差し掛かり、3周年を迎えられたことの感謝や、まだまだ新しい挑戦をしていきたい、カメレオと向かい合ってくれた人達全員ハッピーにしていきたいと、4年目への意気込みを話すメンバー達。中には涙で目を潤ませながら話す者もいて、客席も真剣に話を聞き入っている。

「ご存知の方もいると思うんですが、僕達5人は昔、同じバンドで活動をしていて。その前身バンドは、3周年ライヴが解散ライヴだったんです。今回、カメレオとして解散ではなく、可能性のある3周年を迎えることが出来て本当に嬉しく思います。でも正直、いつまでバンドを続けられるのかは分からないと思っていて。端から見ていて、“あのバンド、勢いあるな"と思っても、1年後にはいなくなってしまうこともあるじゃないですか。だから、みんなも不安になることはあるかもしれないんだけど、僕は、カメレオというバンドを人生賭けて守って行きたいと思っています」 (HIKARU.)

そして最後に、「これまでの感謝を込めて送ります」と、「5/5」と「はじまりの歌」を、2曲続けて披露した。「5/5」は結成2周年記念、「はじまりの歌」は結成1周年記念に合わせて発表された、彼らにとって思い入れのある曲だ。そしてこの2曲には、ある同じ言葉が綴られている。

「人間、生きていたら辛いことや苦しいことがあると思います。そんなときに、みんなの背中を全力で支えられるような、そんな音楽、そんな活動をしていきたいと思っているので、応援よろしくお願いします! どんなことも一緒に乗り越えて行こう! 俺らまだまだこんなところじゃ終われねえから。まだ“みんなに見せたい景色"が俺の頭の中にいっぱいあるから。それをいつか必ずお前らに見せてやるからな! これからも絶対についてこいよ!」 (HIKARU.)

「いままで見たことのない景色を いつか君にも見せてあげたい──」。4年目に突入し、逞しさの増したカメレオは、歌詞に綴られたその言葉を胸に、これからも走り続けて行く。今後の彼らの動向に注目しよう。また、2015年第1弾シングルとそのリリースイベントの詳細は、後日HPにて発表されるので、そちらでご確認を。

TEXT:山口哲生
PHOTO:木村泰之

【セットリスト】
評論家的タ?ンスナンハ?ー
て??
オセロケ?ーム
変幻×自在+連鎖反応=∞
君となう。
現代病写
新人類
大雪警報
サント?ウィッチLOVE
Jump!!(HIKARU.ソロ曲)
スマイル(Daisukeソロ曲)
典型的なA型(Takashiソロ曲)
大馬鹿者(Kouichiソロ曲)
食へ?もののうた♪(Takeshiソロ曲)
WE ARE KAMELEO!!
タ?メ男
D・S・K
一刀両断!!
ニート姫
<Encore>
万歳¥(・∀・)/Music!
21世紀マン
5/5
始まりの歌

■カメレオ ワンマンツアー2015「47都道府県に会いに行くバンドマン」

4月10日(金) 高田馬場AREA
4月18日(土) 水戸ライトハウス
4月19日(日) 郡山CLUB #9
4月25日(土) 山形ミュージック昭和セッション
4月26日(日) 盛岡CLUB CHANGE WAVE
4月29日(水・祝) 高崎club FLEEZ
5月02日(土) 長野CLUB JUNK BOX
5月04日(月・祝) 金沢EIGHT HALL
5月06日(水・祝) 岐阜CLUB ROOTS
5月09日(土) 浜松窓枠
5月16日(土) 和歌山SHELTER
5月17日(日) 奈良NEVER LAND
5月19日(火) 神戸VARIT.
5月23日(土) 滋賀U★STONE
5月24日(日) 徳島club GRINDHOUSE
5月26日(火) 高知X-pt.
5月30日(土) 広島ナミキジャンクション
6月06日(土) 長崎DRUM Be-7
6月07日(日) 熊本B.9 V1
6月12日(金) 宮崎SR BOX
6月13日(土) 福岡DRUM LOGOS
6月16日(火) 松江canova
6月20日(土) CLUB CITTA\'
6月24日(水) HEAVEN\'S ROCK宇都宮VJ-2
6月27日(土) 新潟LOTS
7月03日(金) 札幌PENNY LANE24
7月04日(土) 札幌PENNY LANE24
7月07日(火) 青森Quarter
7月09日(木) 秋田club SWINDLE
7月11日(土) 仙台Rensa
7月18日(土) 柏PALOOZA
7月19日(日) HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3
7月25日(土) 甲府CONVICTION
7月26日(日) 富山Soul Power
7月28日(火) 福井CHOP
8月02日(日) 名古屋ダイアモンドホール
8月04日(火) 松坂M\'AXA
8月08日(土) 米子laughs
8月09日(日) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
8月13日(木) 松山サロンキティ
8月15日(土) 高松MONSTER
8月16日(日) 周南LIVE rise
8月20日(木) 佐賀GEILS
8月22日(土) 大分DRUM Be-0
8月23日(日) 鹿児島CAPARVO HALL
8月28日(金) 京都MUSE
8月29日(土) 梅田クラブクアトロ
9月05日(土) 桜坂セントラル

【HP先行予約】
■4-5月公演 受付期間:1月19日(月)12:00〜2月09日(月)23:59
■6-7月公演 受付期間:2月16日(月)12:00〜3月09日(月)23:59
■8-9月公演 受付期間:3月13日(金)12:00〜4月02日(木)23:59
チケットのご購入はコチラhttp://www.kameleo.jp/schedule/index.php

【関連リンク】
カメレオ オフィシャルHP
カメレオの結成3周年記念3DAYSライヴがスタート!
『Over The Edge\' 14』、総勢13組が熱演!
ユナイト、カメレオ、DIV、レーベルメイト3組が夢の共演を果たした

【関連アーティスト】
カメレオ
【ジャンル】
ビジュアル, ライブ

吉田山田、「日々」がNHKみんなのうたで4度目の再放送決定
Mon, 19 Jan 2015 10:00:00 +0900
シングル「日々(みんなのうた映像付)」 (okmusic UP\'s)

ロングヒットを続けている吉田山田の9thシングル「日々」が、2月と3月にNHKみんなのうたで4度目の再放送される事が決定した。

【その他の画像】吉田山田

「日々」は一昨年12月から昨年1月に渡ってみんなのうたで放送。番組が放送されるやいなや「感動した」「泣ける」などの視聴者の声 が続々とSNSで投稿され、口コミで様々な世代に広がっていき大きな話題になった。番組にも数多くの反響とリクエストが寄せられ、昨年2月と4月、そして9月に再放送。それを受けて吉田山田の9thシングル「日々」はじわじわとセールスを伸ばし、配信を中心にロングセールスを記録。さらに口コミが加速し、7月のテレビ朝日系「ミュージックステーション」初出演を始め、12月のTBS系テレビ「第56回輝く!日本レコード大賞」と 12月31日(水)放送のTBS系テレビ「CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ 2014→2015」まで多くのテレビ番組を果たした。出演後は「日々」がiTunesやレコチョクを始めとする配信サイトのチャートを席巻し、ミュージックビデオもYouTubeで約600万再生を記録。ライブの動員もじわじわと増え続け、昨年はZepp Tokyo、Zepp DiverCityでのワンマンライブ、そして今年5月に開催の渋谷公会堂での初ワンマンも立て続けにソールドアウトするなど、本格的にブレイク間近な状況が続いている。

再放送は2月3月のテレビ総合放送で毎週水曜日午前4時5分、金曜日午前10時55分、ラジオ第2で水曜日午前9時5分、土曜日午後3時40分で放送。番組には初回放送から一年以上経つ今でも多くのリクエストが寄せられているそうで、 また大きな反響が巻き起こる可能性が高い。

現在、シングル「日々」はもちろんのこと、第56回日本レコード大賞「優秀アルバム賞」を受賞した3rdアルバム『吉田山田』や先月リリースした初のシングルA面コレクション「吉田山田シングルズ」も好調なセールスを続けており、吉田山田は2015年も大きな飛躍を見せてくれそうだ。

■NHKみんなのうた「日々」2月・3月の再放送

テレビ総合 毎週水曜日午前4時5分〜、毎週金曜日午前10時55分〜
ラジオ第2 水曜日午前9時5分〜、土曜日午後3時40分〜

■ライブ情報

『吉田山田 Special Acoustic Night 〜逢いたくて〜』
3月01日(日) 東京・EX THEATER ROPPONGI
開場 / 開演:16:00 / 17:00
チケット料金:全席指定 前売 ¥5,500(消費税込み/ドリンク代別)
チケット一般発売:2015年2月7日(土)〜

『吉田山田ツアー2015』
4月25日(土) 宮城・仙台darwin
4月29日(水・祝) 北海道・札幌cube garden
5月02日(土) 新潟・新潟LOTS
5月04日(月・祝) 東京・渋谷公会堂
5月06日(水・祝) 福岡・ももちパレス
5月09日(土) 大阪・なんばHatch
5月10日(日) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール(名古屋 市民会館 大ホール)

■シングル「日々(みんなのうた映像付)」

発売中
PCCA-4101/¥1,852+税
<収録曲>
01.日々
02.僕らのためのストーリー
03.日々(Instrumental)
04.僕らのためのストーリー(Instrumental)
<DVD>
01.NHKみんなのうた「日々」
02.日々(MV)
03.カシスオレンジ(MV)
04.魔法のような(MV)

■アルバム『吉田山田シングルズ』

発売中
PCCA.4136/¥2,500(税込)
<収録曲>
01.日々
02.魔法のような
03.ごめん、やっぱ好きなんだ。
04.メリーゴーランド
05.カケラ
06.約束のマーチ
07.夏のペダル
08.ツボミ
09.涙の海
10.ガムシャランナー
11.逢いたくて 【新曲/年賀特設サイト「郵便年賀.jp」映像コンテンツ“年賀のキヅナ"テーマソング】

◎予約・先着購入特典:10.18.LIVE音源フリーダウンロードPass(メッセージカードタイプ)

【関連リンク】
吉田山田オフィシャル HP
吉田山田が約3年ぶりにラゾーナ川崎でフリーライブを開催
吉田山田、3月1日にEXシアターでスペシャルワンマンライヴ開催決定
吉田山田、フリーライヴ追加公演が決定

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

家入レオ、新作MVで話題の17歳女優"杉咲花"とコラボ!
Mon, 19 Jan 2015 05:00:00 +0900
「miss you」MV (okmusic UP\'s)

家入レオが2月11日(水)にリリースするニューシングル「miss you」のミュージックビデオに話題の若手女優の"杉咲花"が出演! 同MVのショートバージョンが公開された。

【その他の画像】家入レオ

「miss you」は"笑ってもない 泣いてもない♪"/"僕はただ 君を ずっと 愛してたんだ♪“- そんなフレーズが印象的な、優しくも儚い至極のせつなソング。「恋愛関係でも日常生活でも起こり得る、他者との擦れ違いや挫折や苦労も大事な関係だからこそ起こり得るんだし、そこから目を背けずに向き合うことで次の新しい自分と出逢える。"愛してたんだ“-そう叫べたことで辛くもあり輝いてもいた10代の自分と惜別、未来は依然として曖昧だけど、新しいドアを開こう」そんなメッセージが歌詞全体に綴られた、家入レオの新境地を感じさせる楽曲。

そんな新曲「miss you」のミュージックビデオに起用された杉咲花は日経トレンディで「2015年注目の顔」に選出されるなど各方面でブレイクが期待されている大型若手女優。「味の素Cook Do」「KDDI au」などのCMや「夜行観覧車」「MOZU」などのドラマ、映画への出演で話題の彼女は今現在17歳の現役高校生。家入自身もちょうど3年前の2012年2月に17歳現役高校生シンガーとしてデビュー。音楽を通して・リスナーを通して、10代の葛藤から前へと踏み出す勇気を知って、今日こうして新成人を迎えるまで1歩ずつ前へと歩いてきたように、そしてここから新たに1歩ずつ踏み出すべき"20代"の第一弾となる今作を映像で具現化するにあたって、彼女にとって大事な「17歳」のキーワードを元に杉咲花へ出演を打診、今回共演が決まった。

ミュージックビデオでは杉咲花演じる女の子が、失恋を思わせる"思いがすれ違ってしまった誰か"との想い出をカバンに詰め込んで旅に出、家入がそんな彼女を優しく包み込むように歌い導く形で両者の共演が実現している。今回の映像は、全国に寒波が押し寄せた12月上旬の九十九里浜にて日の出から日没までをかけて撮影された。

家入レオ・オフィシャルYouTubeチャンネルでは「miss you」MV(ショートver.)の公開も本日よりスタート。でぜひチェックしよう。また同曲はTBS系テレビ『CDTV』2・3月度オープニングテーマ曲として2月7日(土)よりOAもスタート。初回限定盤と通常盤の2形態でリリースされ、初回限定盤DVDにこの注目のミュージック・ビデオが収録されていく。なお、初回限定盤CDには20歳のバースデーとなった12月13日に行われた"LEO IEIRI LIVE 12/13 〜thanks 2014〜"のライブ音源も収録され、同日のライブフォトブック付仕様。通常盤CDはこの盤のみ収録となる新曲2曲が収録されていく。 そして杉咲花は2015年には日本テレビ系「学校のカイダン」や1月31日(土)公開の映画「繕い裁つ人」や初夏公開予定の英ファ「愛を積むひと」などへの出演が決まっている。

■【コメント】

■杉咲花コメント
「(撮影直後の感想) 寒くて、最初のシーンに時間がかかったので大丈夫かな?撮りきれるといいなー、って思っていたのですが、無事撮り終えることができてホッとしています。素敵なミュージックビデオになるように自分で自分を切り替えてのぞんだので、いいものが出来てたらいいな、と思います。」
「(完成版を見ての感想)撮影が、以前お世話になったカメラマンさんだったので信頼感もあり、小さなことは固定せず自由にやらせて下さいました。家入さんの強くて切ない歌声を表情にしたいと思っていました。ストーリーと美しい映像と身体の芯に響くような家入さんの歌が優しく調和しているMVです。嬉しい思いでいっぱいです。」

■家入レオコメント
「寒さいっぱいの12月初旬、夜が明ける前に現場に行きましたが、海に浮かぶ朝日を見るのが初めてだったので、とても感動しました。「miss you」は大切な人だからこそ、心がすれ違ってしまう切なさ・尊さを歌った曲です。波や風とタイミングを合わせながらMVを撮影していると、人間関係と自然ってとてもよく似ているなぁと。自分の思い通りには人も自然も動いてくれないから、持て余したり、傷付けたり、傷付けられたりするけど、だからこそ新しい景色が見られたり、思いやる気持ちに出逢えるんだなぁ、って。今回の撮影を通して、今までより、もっと、深い気持ちで、「miss you」を歌えるようになった気がします。 そして、今回、女優の杉咲花さんがMVに出演して下さったのですが、現場でご挨拶させて頂いた時は"小さな可愛らしい女の子"そんな印象を受けたのですが、カメラの前に立った途端に顔つきが変わってびっくりしました。 カメラの中に杉咲さんが立っているだけで、「miss you」の世界感がもうそこにはあって。上手く言えないけど、そこに居るだけでも表現に繋がるって、女優さんってすごいなぁ、と思いました。ありがとう、の気持ちでいっぱいです。杉咲さんに自分を重ねて、MVを見て頂くと、「miss you」にぐっと、入り込めると思います。」

■「miss you」ミュージックビデオ
http://youtu.be/n3QDe3mxQ9Q

■シングル「miss you」

2015年2月11日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD / PhotoBook付)
VIZL-770/¥1,800+税
※PhotoBook:LEO IEIRI LIVE 12/13〜thanks 2014〜のライブの模様をフォトブック化。24P。
<収録曲>
M-1, miss you
M-2, 太陽の女神(from LEO IEIRI LIVE 12/13 〜thanks 2014〜)
M-3, Shine(from LEO IEIRI LIVE 12/13 〜thanks 2014〜)
M-4, a boy(from LEO IEIRI LIVE 12/13 〜thanks 2014〜)
M-5, miss you(Instrumental)
(DVD)
M-1, miss you(MUSIC VIDEO)
(PhotoBook)
LEO IEIRI LIVE 12/13〜thanks 2014〜のライブの模様をフォトブック化。24P。

【通常盤】(CD)
VICL-37009/¥1,200+税
<収録曲>
M-1, miss you
M-2, I am foolish(*通常盤のみ収録新録音源)
M-3, Driving day(*通常盤のみ収録新録音源)
M-4, miss you(Instrumental)
M-5, I am foolish(Instrumental)
M-6, Driving day(Instrumental)

■【ライブ情報】

『uP!!! presents MUSIC SHOWERチュートリアルの徳ダネ福キタル♪SPECIAL LIVE』
3月08日(日) 豊洲PIT
http://www.spaceshowertv.com/tokufukulive/

『2015年家入レオ4thワンマンTour』
5月04日(月・祝) 日比谷野外大音楽堂
5月09日(土) 札幌ファクトリーホール
5月16日(土) 仙台Rensa
5月23日(土) BLUE LIVE広島
5月24日(日) 高松オリーブホール
5月30日(土) 福岡市民会館
5月31日(日) 鹿児島CAPARVO HALL
6月04日(木) 金沢EIGHT HALL
6月12日(金) エニスホール(野木町文化会館)
6月14日(日) 日本特殊陶業市民会館フォレストホール(名古屋市民会館)
6月21日(日) 三島市民文化会館
6月24日(水) 鹿嶋勤労文化会館
6月27日(土) 三田市総合文化センター 郷の音ホール
6月28日(日) 大阪国際会議場メインホール(グランキューブ大阪)
7月04日(土) 渋谷公会堂

【関連リンク】
家入レオ オフィシャルHP
家入レオ、成人の日に20年の足跡を振り返るラジオ特番の放送が決定
家入レオ、2月11日(水)にニューシングル「miss you」発売決定
家入レオ、20歳の誕生日にワンマンライブでデビュー曲から最新曲まで熱唱!

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1