歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2014年12月16日)
バックナンバー
最新ニュース
2014/12/25
2014/12/24
2014/12/23
2014/12/22
2014/12/21
2014/12/20
2014/12/19
2014/12/18
2014/12/17
2014/12/16
2014/12/15
2014/12/14
2014/12/13
2014/12/12
2014/12/11
2014/12/10
2014/12/09
2014/12/08
2014/12/07
2014/12/06
2014/12/05
2014/12/04
2014/12/03
2014/12/02
2014/12/01
2014/11/30
2014/11/29
2014/11/28
2014/11/27
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
2014/08/06
2014/08/05
2014/08/04
2014/08/03
2014/08/02
2014/08/01
2014/07/31
2014/07/30
2014/07/29
2014/07/28
2014/07/27
2014/07/26
2014/07/25
2014/07/24
2014/07/23
2014/07/22
2014/07/21
2014/07/20
2014/07/19
2014/07/18
2014/07/17
2014/07/16
2014/07/15
2014/07/14
2014/07/13
2014/07/12
2014/07/11
2014/07/10
2014/07/09
2014/07/08
2014/07/07
2014/07/06
2014/07/05
2014/07/04
2014/07/03
2014/07/02
2014/07/01
2014/06/30
2014/06/29
2014/06/28
2014/06/27
2014/06/26
2014/06/25
2014/06/24
2014/06/23
2014/06/22
2014/06/21
2014/06/20
2014/06/19
2014/06/18
2014/06/17
2014/06/16
2014/06/15
2014/06/14
2014/06/13
2014/06/12
2014/06/11
2014/06/10
2014/06/09
2014/06/08
2014/06/07
2014/06/06
2014/06/05
2014/06/04
2014/06/03
2014/06/02
2014/06/01
2014/05/31
2014/05/30
2014/05/29
2014/05/28
2014/05/27
2014/05/26
2014/05/25
2014/05/24
2014/05/23
2014/05/22
2014/05/21
2014/05/20
2014/05/19
2014/05/18
2014/05/17
2014/05/16
2014/05/15
2014/05/14
2014/05/13
2014/05/12
2014/05/11
2014/05/10
2014/05/09
2014/05/08
2014/05/07
2014/05/06
2014/05/05
2014/05/04
2014/05/03
2014/05/02
2014/05/01
2014/04/30
2014/04/29
2014/04/28
2014/04/27
2014/04/26
2014/04/25
2014/04/24
2014/04/23
2014/04/22
2014/04/21
2014/04/20
2014/04/19
2014/04/18
2014/04/17
2014/04/16
2014/04/15
2014/04/14
2014/04/13
2014/04/12
2014/04/11
2014/04/10
2014/04/09
2014/04/08
2014/04/07
2014/04/06
2014/04/05
2014/04/04
2014/04/03
2014/04/02
2014/04/01
2014/03/31
2014/03/30
2014/03/29
2014/03/28
2014/03/27
2014/03/26
2014/03/25
2014/03/24
2014/03/23
2014/03/22
2014/03/21
2014/03/20
2014/03/19
2014/03/18
2014/03/17
2014/03/16
2014/03/15
2014/03/14
2014/03/13
2014/03/12
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/09
2014/03/08
2014/03/07
2014/03/06
2014/03/05
2014/03/04
2014/03/03
2014/03/02
2014/03/01
2014/02/28
2014/02/27
2014/02/26
2014/02/25
2014/02/24
2014/02/23
2014/02/22
2014/02/21
2014/02/20
2014/02/19
2014/02/18
2014/02/17
2014/02/16
2014/02/15
2014/02/14
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/11
2014/02/10
2014/02/09
2014/02/08
2014/02/07
2014/02/06
2014/02/05
2014/02/04
2014/02/03
2014/02/02
2014/02/01
2014/01/31
2014/01/30
2014/01/29
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/26
2014/01/25
2014/01/24
2014/01/23
2014/01/22
2014/01/21
2014/01/20
2014/01/19
2014/01/18
2014/01/17
2014/01/16
2014/01/15
2014/01/14
2014/01/13
2014/01/12
2014/01/11
2014/01/10
2014/01/09
2014/01/08
2014/01/07
2014/01/06
2014/01/05
2014/01/04
2014/01/03
2014/01/02
2014/01/01
2013/12/31
2013/12/30
2013/12/29
2013/12/28
2013/12/27
2013/12/26
2013/12/25
2013/12/24
フジファブリック、新曲歌詞先行公開&金澤ダイスケ(Key)初の著書が増刷決定!
Tue, 16 Dec 2014 20:00:00 +0900
12月13日(土)@タワーレコード新宿店 (okmusic UP\'s)

今年デビュー10周年を迎え、先月、初の日本武道館でワンマン公演を大成功させたフジファブリック。その感動のライブのアンコールで初披露した新曲「はじまりのうた」の歌詞の先行配信がスタートした。

【その他の画像】フジファブリック

軽快なノーザン・ソウル風ビートが印象的なまさにこれから始まる新たなるディケイドを暗示させる希望に満ち溢れた極上ポップチューン。ギター&ボーカルの山内総一郎がステージで「みんなへのラブソング」と言っており、その歌詞を知りたいというリスナーの声に応え、歌詞検索サービス"歌ネット"で待望の歌詞先行配信がスタートとなった。

現在「はじまりのうた」は、iTunes、mora、レコチョク他で配信しており、ミュージックビデオはフジファブリックOfficial YouTube Channelにて公開中。

そして、その日本武道館公演の日に発売となったのが、キーボード金澤ダイスケの初の著書となる『週刊金澤2007-2014』。(発行:スペースシャワーネットワーク)予想を上回る売行きの為、既に増刷も決定しており、発売を記念して、12月13日(土)にタワーレコード新宿店にて"トークライヴ&サイン会"が開催。参加券は既に配布数が終了しており、会場は満員。書籍の取材の為に訪れた金澤の実家や地元での非公開写真を見ながらのトークライヴの後に、会場全員へのサイン会が行なわれた。"トークライヴ&サイン会"は本日12月16日にパルコブックセンター渋谷店でも開催される。(参加券の配布終了)

多岐に渡って活動の幅を広げているフジファブリックだが、既に2015年3月から始まる全国ツアーが発表されており、11年目の彼らの動向にさらに期待が高まる。

■「はじまりのうた」歌詞先行配信ページ
http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=176465
■フジファブリック Official YouTube Channel
https://www.youtube.com/channel/UC9xegsDUbUhHjcjp95zsiAg

■『週刊金澤2007-2014』

全国の書店等で発売中
金澤ダイスケ(フジファブリック)著
B6判/336貢/¥1,666+税
発行発売:(株)スペースシャワーネットワーク
※2007年10月から2014年4月までスペースシャワーモバイルで約6年半にわたり連載していたコラム
(スペースシャワーTVアプリ「スペシャアプリ」にて『週刊金澤』特別版を期間限定で復活中)

全339回の原稿全てを本人による加筆で再編集・再構成。
自身の生い立ちとバンドの現在に至るまでの全てを語り尽くした超ロング・インタビュー、フジファブリックのメンバーによる金澤ダイスケ欠席裁判(?)、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、YO-KING(真心ブラザーズ)など友人・ミュージシャン仲間との特別対談。

■【2015年ツアー情報】

3月27日(金) 福井・福井響のホール
3月28日(土) 富山・富山 MAIRO
4月02日(木) 新潟・新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
4月03日(金) 松本・松本 Sound Hall a.C
4月10日(金) 静岡・浜松 窓枠
4月12日(日) 岐阜・岐阜 CLUB ROOTS
4月22日(水) 東京・EX THEATER ROPPONGI
5月30日(土) 岩手・盛岡 CLUB CHANGE WAVE
6月01日(月) 仙台・仙台 Rensa
6月05日(金) 北海道・札幌 PENNY LANE24
6月06日(土) 北海道・帯広 MEGA STONE
6月15日(月) 岡山・岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
6月17日(水) 高知・高知 X-pt.
6月18日(木) 広島・広島 CLUB QUATTRO
6月20日(土) 福岡・福岡 DRUM LOGOS
6月21日(日) 鹿児島・鹿児島 CAPARVO HALL
6月27日(土) 沖縄・桜坂セントラル

■「フジフレンドパーク2015」

7月01日(水)  東京・Zepp DiverCity Tokyo
7月02日(木)  東京・Zepp DiverCity Tokyo

【関連リンク】
フジファブリック オフィシャルHP
フジファブリック、初の日本武道館公演開催&2015年全国ツアー開催決定
フジファブリックの金澤ダイスケ、初の単行本『週刊金澤2007-2014』発売でトークライヴ&サイン会実施
フジファブリック、自身のネットラジオに奥田民生登場! 「武道館ライブを成功させる裏技」とは!?

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
ジャパニーズロック

イースタンユース、待望のニューアルバムリリース&全国ツアーを発表
Tue, 16 Dec 2014 19:00:00 +0900
eastern youth (okmusic UP\'s)

イースタンユースが約2年半ぶりとなるアルバム『ボトムオブザワールド』の収録楽曲及び、ジャケットアートワーク、アーティスト写真を公開した。

【その他の画像】eastern youth

1988年、札幌でのバンド結成から、時代に立ち止まらず、信念を頑なに譲らず表現し続けることで、日本のロック/パンク・シーンに影響を与えつづける重要バンド、イースタンユース。長い活動のなか、2009年の全国ツアー期間中に吉野寿が心筋梗塞で倒れるなど、紆余曲折を経たいまも、1994年にスタートした自主企画イベント「極東最前線」を中心に、精力的なライブを続けている。その自主企画で共演してきたゲストバンドの曲を収録したオムニバス・アルバム『極東最前線3』を2013年にリリースして以来、オリジナルアルバムとしては『叙景ゼロ番地』から約2年半ぶりとなる最新アルバムが満を持してリリースとなる。

これまでのメジャーレーベルを離れ、かねてより自身達で運営してきた「裸足の音楽社」からオリジナルアルバムとしては初の単独リリース。 そして春からは、このアルバムを携えた全国ツアー「極東最前線/巡業2015〜ボトムオブザワールド人間達〜」も決定! 結成27年目を迎える2015年、『ボトムオブザワールド』を引っ提げ、全国を駆け抜ける。

■「雨に抗う」MV
https://www.youtube.com/watch?v=MlBOzNErEpY

■「呼んでいるのは誰なんだ?」MV
https://www.youtube.com/watch?v=FkhEi-K4yNY

■アルバム『ボトムオブザワールド』

2015年2月18日(水)発売
HOS-002/¥2,600+税 
<収録曲>
01.街の底
02.鳴らせよ 鳴らせ
03.イッテコイ カエッテコイ
04.ナニクソ節
05.コンクリートの川
06.茫洋
07.テレビ塔
08.道をつなぐ
09.直に掴み取れ
10.万雷の拍手

■『極東最前線/巡業2015〜ボトムオブザワールド人間達〜』

3月28日(土)  千葉 LOOK
3月29日(日)  さいたま新都心 
4月03日(金)  金沢 vanvanV4
4月04日(土)  長野 ライブハウスJ
4月05日(日)  新潟 CLUB RIVERST
4月10日(金)  福岡 DRUM Be-1
4月11日(土)  広島 ナミキジャンクション
4月17日(金)  横浜 F.A.D
4月18日(土)  静岡 SUNASH
4月19日(日)  京都・磔磔
5月09日(土)  松山 Double-u Studio
5月10日(日)  岡山 ペパーランド
5月16日(土)  盛岡 the five
5月17日(日)  仙台 CLUB JUNK BOX
5月23日(土)  名古屋 クラブクアトロ
5月24日(日)  梅田 クラブクアトロ
5月30日(土)  渋谷 TSUTAYA O-EAST
6月06日(土)  札幌 cube garden

【関連リンク】
イースタンユース オフィシャルHP
オフィスオーガスタが新プロジェクト「バンドワゴン」を設立、忘れらんねえよが所属を発表
あらかじめ決められた恋人たちへ 、LIVE DVD+ミニアルバム発売&対バンツアー開催決定
梅雨の季節、イライラや陰鬱な気分をぶっ飛ばし「雨も悪くないな」と思える5曲

【関連アーティスト】
eastern youth
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ハナエ、アニメ『神様はじめました◎』制作発表会にて主題歌である新曲を初披露
Tue, 16 Dec 2014 18:00:00 +0900
12月14日@TVアニメ「神様はじめました◎」制作発表会 (okmusic UP\'s)

ガールポップシンガー・ハナエが、1月14日に発売となるニューシングルより「神様の神様」を、12月14日に開催されたTVアニメ『神様はじめました◎』制作発表会にて初披露した。

【その他の画像】ハナエ

このイベントは同アニメの第一期である『神様はじめました』のDVD購入者から抽選で選ばれた400名を招待したスペシャルイベントで、第一話の先行上映と、キャストによるトークショウが行なわれた。

第一話先行上映ですっかり会場が『神様はじめました◎』の世界に浸透するとまもなくハナエが登場し、オープニングテーマである「神様の神様」を初披露。黒地に鶴や花をあしらったアンティーク着物を独自にアレンジしたシックとポップさが同居する衣装で、金色の扇子を手に艶やかな振付と共に歌唱し、観客を魅了した。

キャストによるトークで更に盛り上がりを見せたイベントのクライマックスに再びキャストに並んで登場し、大地丙太郎監督からの「明るく軽快でお茶目、頭の中をぐるぐる回るオープニングに、シックで叙情的でぐっと来るエンディング。映像も凄く良いのでお楽しみに!」とのメッセージコメントに、「第一期に引き続き、まさかの第二期も歌わせて頂けて光栄です!『神様はじめました◎』と併せて(楽曲も)愛して下さったら嬉しい」と応えた。

シングル「神様の神様/おとといおいで」は12月17日よりiTunesプレオーダーが開始となり、「神様の神様」(TVアニメ・オープニングver.)がいち早く入手出来るとのこと。ハナエのシングル発売、そしてTVアニメのスタートに先駆けて予習すべく、是非ともチェックして頂きたい。

また、本日12月16日よりオフィシャルHPにて「神様の神様/おとといおいで」の購入者特典が発表になったと同時に、ハナエにとって初となる大阪での歌唱イベントとして、タワーレコード難波店でのミニライブ&サイン会が決定した。日程は2015年1月18日、ハナエのSNS等でも熱望されていた大阪のライブということで、関西エリアのファンは予約もしくはお早めの購入をお勧めする。

■「神様の神様 / おとといおいで」ティーザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=DKhp3L2F92o

■シングル「神様の神様 / おとといおいで」

2015年1月14日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
UICV-9079/¥1,500+税
※アニメ描き下ろしジャケット仕様
<収録曲>
1. 神様の神様
2. おとといおいで
3. 神様の神様(TVアニメ・オープニングVer.)
4. おとといおいで(TVアニメ・エンディングVer.)
<DVD収録内容>
・TVアニメ「神様はじめました」スペシャル映像 (楽曲「神様の神様」)
・TVアニメ「神様はじめました◎」ノンテロップ・エンディング映像(楽曲「おとといおいで」)
《封入特典》
「神様はじめました◎」キャラクター・トレーディングカード
(全4種のうち1種をランダム封入)

【通常盤】(CD)
UICV-5037/¥1,000+税
<収録曲>
1.神様の神様
2.おとといおいで
3.神様の神様(オリジナル・カラオケ)
4.おとといおいで(オリジナル・カラオケ)

■「?Hanae Christmas Live?〜2014年のクリスマスイブはハナエに捧げます。〜」

12月24日(水) 東京 TSUTAYA O-nest
チケット:¥2,800(税込)

【関連リンク】
ハナエ オフィシャルHP
ハナエ、新曲「JUVENILE!!!!」MV公開&11月に待望のファーストアルバム発売!
ハナエ、ちょっぴり大人な魅力を引き出したシングル「恋は神聖ローマ」をリリース決定
TVアニメ「神様はじめました」の主題歌を歌うハナエが声優に初挑戦!

【関連アーティスト】
ハナエ
【ジャンル】
J-POP, イベント, アニメ

GLIM SPANKY、1stシングル「褒めろよ」リリースツアー決定
Tue, 16 Dec 2014 17:00:00 +0900
12月15日(月)@SHIBUYA TSUTAYA O-nest (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYが2015年2月18日(水)発売のファーストシングル「褒めろよ」のリリースツアーを発表! 併せてツアーファイナルが東京キネマ倶楽部でのワンマンライブである事がわかった。

【その他の画像】GLIM SPANKY

先日発表された、2015年1月12日(月)スタート テレビ東京系深夜ドラマ「太鼓持ちの達人〜正しい××のほめ方」主題歌に、ファーストシングル「褒めろよ」が大抜擢されたニュースを受けた後の初ライブとなった、12月15日(月)SHIBUYA TSUTAYA O-nestで行なわれた自主企画ライブで、松尾レミがMCの中でレコ発ツアーを発表。「MOVE OVER」HMV限定アナログ盤のレコ発も兼ねたこの自主企画ライブは、Analogfish、 KUDANZをゲストに迎えて実施。トリを飾ったGLIM SPNAKYは約50分、11曲を演奏。デビューミニアルバム『焦燥』の楽曲だけでなく、「MOVE OVER」も披露。満員となった会場は熱気で満ち溢れ続けた。
 
“最近よく聞くあの声は誰?"と注目を集め始めたGLIM SPANKY。是非彼女達の音楽を体感しにライブに足を運んでほしい。

photo by 鳥居洋介/Yosuke Torii

■『「褒めろよ」リリースツアー』

3月08日(日) 仙台enn3rd
3月14日(土) 大阪シャングリラ
3月15日(日) 名古屋CLUB UPSET
<全会場共通詳細>
出演:GLIM SPANKY/and more(対バンあり ※後日発表)
開場 17:30/開演18:00
チケット前売:¥2,500(ドリンク代別)
一般発売日:1月24日(土)

■「褒めろよ」リリースツアーファイナルワンマン“Velvet Theater in 東京キネマ倶楽部"
5月17日(日) 東京キネマ倶楽部
開場17:00/開演18:00
チケット前売:¥3,000(ドリンク代別)
一般発売日:3月14日(土)
オフィシャルサイト先行:
12月19日(金)15時〜12月28日(日)23時59分
http://l-tike.com/glimspankyhp141219/

■「褒めろよ」ティーザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=39x3mMFNkPA

■シングル「褒めろよ」

2015年2月18日(水)発売
TYCT-30040/¥1,300+税
<収録曲>
1.褒めろよ
※テレビ東京系深夜ドラマ「太鼓持ちの達人 〜正しい××のほめ方〜」主題歌
2.サンライズジャーニー
3.踊りに行こうぜ
4.MOVE OVER

【関連リンク】
GLIM SPANKY オフィシャルHP
GLIM SPANKYの新曲がテレビ東京系深夜ドラマの主題歌に抜擢
GLIM SPANKYがジャニス・ジョプリンの「MOVE OVER」カバーMVを公開
GLIM SPANKYがカバーソングの募集企画を開始

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

赤い公園、新年一発目となる自主企画イベントのゲストアーティストを発表
Tue, 16 Dec 2014 16:00:00 +0900
赤い公園 (okmusic UP\'s)

赤い公園の新年一発目のライブとなる、2015年1月4日(日)に立川BABELにて行なわれる自主企画イベント「こめさくpresents〜もぎもぎカーニバル〜復刻版」のゲストアーティストが決定した。

【その他の画像】赤い公園

このイベントは、赤い公園が立川BABELをホームグラウンドとして活動し、リーダーである津野(Gu)がアルバイトとして同ライブハウスに勤務していたインディーズ時代に何度か開催していたイベントで、赤い公園の結成5周年の記念日である1月4日に復刻開催されるもの。2014年夏の共演以来親好を深め、昨日メジャーデビューが発表となった「アカシック」、そして同じく立川出身として交流のあった「しなまゆ」を始めとした全5組の、赤い公園が今ご一緒したいアーティストにお声掛けをして共演に至った。

こちらのチケットは残念ながら既にソールドアウトとなってしまっているが、ラッキーにもチケットを手にしたファンの方々は、幸先の良い新年の幕開けとして楽しんでほしい。

■【津野米咲(Gu) コメント】

私が立川BABELでバイトしていた頃に何度かやっていた企画です。
立川の人たち、面白いんですよ。
そして、そんな立川バンドマンも面喰らって慄くであろう、アカシックにも参加していただきます。

あの頃と同じく、津野による津野のための一夜です。贅沢です。

■「こめさくpresents〜もぎもぎカーニバル〜復刻版」

1月4日(日)  立川BABEL
open 18:00 / start 18:30
出演:アカシック/しなまゆ/セプテンバーミー/HALLUCI GENIA/指先ノハク/赤い公園

【関連リンク】
赤い公園 オフィシャルHP
『unBORDE』配信限定コンピレーションアルバムのリリースが決定
KEYTALK、SAKANAMON、THE ORAL CIGARETTESなど出演イベントの事前Ust配信決定
赤い公園が立川の新ランドマークとして“赤いベンチ”を寄贈

【関連アーティスト】
赤い公園, アカシック, しなまゆ, セプテンバーミー
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Yun*chi、思い出の地・秋葉原で初のワンマンライブを開催
Tue, 16 Dec 2014 15:30:00 +0900
12月13日(土)@秋葉原MOGRA (okmusic UP\'s)

「はじめてのワンマンライブです!」。2014年12月13日(土)、Yun*chi初のワンマンライブ『Wonderful Wonder Wanman* 〜Asterisk* of pink〜』は、デビュー前に彼女が生まれて初めてライブを行ったという、思い出の秋葉原MOGRAで開催された。

【その他の画像】Yun*chi

前半はYun*chiのデビュー曲「Reverb*」をはじめ、数々の楽曲を手掛けるlivetuneのkzがゲストDJとして登場。さらに、ライヴ全編でPerfumeやサカナクション、 最近ではOK Go のMVなどを担当する映像ディレクター関和亮がVJとして参戦。鉄壁のトライアングルによって軽やかにポップチューンが繰り広げられていく。

なお即完したワンマンライブということもあり、当日は、ニコニコ生放送で配信され、1万8千人を越える多くのユンタリスタ*(Yun*chiファンのこと)が、晴れの舞台の目撃者となった。

ライブでは、フロアを扇情するlivetune adding Yun*chiの「Sign」や、ハードなエレクトロビートにキュートな歌声が鮮やかにからみあう「天使のゆびきり」、ニルギリスを脱退した岩田アッチュが手掛けた「Fuzzy*」による80\'sセンスある極上のポップチューン、涙で出来た海をサーフィンして乗り越えようという「Surfer*」での宝石のようにキラめく展開など、胸アツなナンバーが続いていく。

中盤にはリラックスしたのかMCもだんだん饒舌に。最前列のオーディエンスに「タオルとかおそろいでいいですね! ……リア充か!」など、ノリ突っ込みで笑いをとるシーンも。しかし、お人形さんのようなルックス、アニメキャラのようなキュートな声で言われたら、場も和むから面白い。

本編ラストは、テレビアニメ『ログ・ホライズン』(NHK Eテレ)第2シリーズ・エンディングテーマである「Wonderful Wonder World*」へ。希望あふれるあたたかな雰囲気が、フロアを至福な雰囲気で満たしていく。

アンコールでは、2.5次元ポップチューン「Fairy*」で最高潮の盛り上がりへ。歌謡エレクトロ・クラッシュなサウンドがオーディエンスを煽る煽る。そしてラスト前に「今日は泣きません! 泣くかもしれないけど……。わたしは人としてはダメな子……。お洗濯とか嫌いだしぃ。でも、みんなのおかげで成長しています! ありがとう!!」と、集まったオーディエンスへ向けて、飾らない精一杯の感謝を伝えた。

そして、ラストは名曲「Your song*」で大団円をむかえる秋葉原MOGRA。全16曲を1時間半で駆け抜けたYun*chi。ライブを通じて彼女の楽曲を俯瞰して楽しんでいると、トリッキーなビートや、テンポが変則的に変化する楽曲など、独自の個性が感じられた。遊び心あるジャパンオリジナルな“2.5次元ポップ歌姫"=Yun*chiの活躍に注目すべし!

文:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)
カメラマン:HIROKI WATANABE

■「Wonderful Wonder World*」MV
http://youtu.be/PKwPOjPDlKQ

【関連リンク】
Yun*chi オフィシャルHP
「電波諜報局」にYun*chiとStylipSがゲスト出演
Yun*chi、初ワンマンゲストにkzと関和亮登場&ニコ生配信決定
ミュージシャンとプログラマーによるハッカソン・イベント『START ME UP AWARDS』開催決定

【関連アーティスト】
Yun*chi
【ジャンル】
J-POP, ライブ

豪華アーティストが集結する『MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE』、ライブモニター募集10組20名を大募集
Tue, 16 Dec 2014 15:30:00 +0900
『MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE』ロゴ (okmusic UP\'s)

12月20日(土)、21日(日)の2日間にわたり国立代々木競技場 第一体育館にて開催される『MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE』がライブモニターとして各日10組20名を大募集!

【その他の画像】華原朋美

2011年の東日本大震災をきっかけにスタートし、大手音楽配信サービス「レコチョク」を筆頭に、各レコード会社や音楽メディアが協力し合い、レーベルを越えたアーティストが集結する同イベント。毎年クリスマスシーズンに開催され、今年も華原朋美、加藤ミリヤ、JUJU、倖田來未、May J.…といった豪華アーティストが集結する。

そんな魅惑的なクリスマスライブイベントのライブモニターということなので、このチャンスを逃す手はない! 奮ってご応募を!

■アメリカン・エキスプレス 百貨店ギフトカード presents 『MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE』

【日程】
12月20日(土)、12月21日(日)
【時間】
13:30 開場 / 15:00 開演
【会場】
国立代々木競技場第一体育館
【出演アーティスト】
・20日(土)
BACK-ON / C&K / でんぱ組.inc / 華原朋美 / 加藤ミリヤ / サラ・オレイン …and more
・21日(日)
JUJU / 倖田來未 / May J. / 三浦大知 / 乃木坂46 …and more
【応募URL】
http://portal2.tickebo.jp/musicforall2014/
【応募期間】
12月18日 23:59 まで

【関連リンク】
『MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE』公式サイト
『MUSIC FOR ALL, ALL FOR ONE』公式Facebook

【関連アーティスト】
華原朋美, 加藤ミリヤ, JUJU, 倖田來未, May J., BACK-ON, C&K, でんぱ組.inc, 三浦大知, 乃木坂46
【ジャンル】
イベント, J-POP

柴田淳、自身が主題歌を務めるドラマ「科捜研の女」の年末スペシャルにカメオ出演決定
Tue, 16 Dec 2014 15:00:00 +0900
柴田淳×沢口靖子 (okmusic UP\'s)

12月21日(日)よる9時から放送されるドラマ「科捜研の女〜年末スペシャル」に、なんと主題歌を歌う柴田淳がカメオ出演を果たす事が決定した。

【その他の画像】柴田淳

物語は、マリコ(沢口靖子)が中学時代に親友・京子にプレゼントしたはずのブローチが、白骨死体と共に発見されるところから始まる。マリコと京子の過去に、いったい何があったのか…!? マリコ自身の過去が事件を解くカギを握る…という、今までにないストーリーが展開していく。スペシャルならではのドラマストーリーにじっくり浸りつつ、柴田淳の登場シーンも見逃さないようにぜひチェックして頂きたい。

そして、このドラマの主題歌「車窓」を含む待望のニューアルバム『バビルサの牙』がいよいよ17日(水)にリリースとなる。前作『あなたと見た夢 君のいない朝』以来1年9ヶ月ぶりのリリースとなり、サウンドプロデューサーに坂本昌之、澤近泰輔ほか、全国ツアーで夢の共演を果たしたC.C.kingの参加、そしてそのメンバーである森俊之との初タッグとなる作品も収録。今までの作品にはない斬新なテイストの楽曲や得意とするバラード楽曲が儚く、切ない詩世界で表現され、透明感抜群の歌声で紡がれたストーリーは聞き手の心に深く、深く突き刺さる。

初回限定盤はデジパック+プラチナSHM仕様のハイエンドな仕様。初回限定盤、通常盤ともに全10曲が収録される。

■テレビ朝日系ミステリー「科捜研の女 年末スペシャル」オフィシャルHP
http://www.tv-asahi.co.jp/kasouken/

■アルバム『バビルサの牙』

2014年12月17日(水)発売
【初回限定盤】
VICL-78001/¥3,600+税
※デジパック+プラチナSHM仕様  
【通常盤】
VICL-64265/¥3,000+税  
<収録内容>
初回盤、通常盤共に全10曲収録

※プラチナSHM
オーディオ愛好家に捧ぐ、ハイエンドなCD再生機用ディスク
レアメタルの最高峰から生まれた、“規格外"の音
<プラチナSHMの3 大特徴>
・世界初!純プラチナ(Pt1000)反射膜
・特製ターコイズブルー・レーベル
・HR(High Resolution)カッティング

【関連リンク】
柴田淳 オフィシャルHP
柴田淳が今注目のイベント「涙活」と初コラボイベントを開催&抽選で40名を招待
柴田淳、最新アルバム『バビルサの牙』発売決定&ドラマ「科捜研の女」主題歌「車窓」先行配信開始
柴田淳、1年9カ月ぶりアルバム発売決定&新曲「車窓」がドラマ『科捜研の女』主題歌として放送開始

【関連アーティスト】
柴田淳
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

フジコ・ヘミング&マキシム・ヴェンゲーロフ、世紀の初共演が実現!
Tue, 16 Dec 2014 14:00:00 +0900
フジコ・ヘミング&マキシム・ヴェンゲーロフ (okmusic UP\'s)

フジコ・ヘミングとマキシム・ヴェンゲーロフ コンサートという二人の巨匠が世界初共演! 2015年5月21日(木)に大阪府大阪市のザ・シンフォニーホールにて『フジコ・ヘミング&マキシム・ヴェンゲーロフ コンサート』が開催される。

【その他の画像】イングリット・フジコ・ヘミング

日本とヨーロッパを股にかけ活躍し続けている“魂を奏でるピアニスト” フジコ・ヘミングと、世界一の実力を持つと言われている“キング オブ ヴァイオリン” マキシム・ヴェンゲーロフの音楽界の2人の巨匠の初共演が実現した本コンサート。サワダアートプランニングのホームページより、チケットの先行発売が開始しされている。音楽界の二人の巨匠による世紀の共演を是非とも会場で体感していただきたい。

※マキシム・ヴェンゲーロフの日本でのソロリサイタルは大阪公演のみになります。
『フジコ・ヘミング&マキシム・ヴェンゲーロフ コンサート』公式サイト

■【コンサート概要】

公演名: フジコ・ヘミング&マキシム・ヴェンゲーロフ コンサート
内 容:
・イングリット・フジコ・ヘミング ピアノソロ
・マキシム・ヴェンゲーロフ ヴァイオリン
・イングリット・フジコ・ヘミング&マキシム・ヴェンゲーロフ ピアノ:田村響
日 時: 2015年5月21日(木) 開演 午後7時(開場 午後6時)
場 所: ザ・シンフォニーホール
〒531-0075 大阪府大阪市北区大淀南2丁目3番3号
先行発売: 2014年12月15日(月)
※サワダアートプランニングのホームページのみ
※座席数分が埋まり次第終了となります。
料 金:S席 ¥12,000 A席 ¥10,000 プラチナ席 ¥20,000
※未就学児のご同伴の場合は、ご入場不可となります。予めご了承ください。
チケット取扱:サワダアートプランニング 、ザ・シンフォニーホール、イープラス、
ぴあ、ローソン、CNプレイガイド、他
※サワダアートプランニング以外でのチケット販売は、順次開始予定。

<お問合せ先>
サワダアートプランニング
ホームページ: http://www.sabp.jp
E-Mail:info@sabp.jp
TEL:078-914-2523
FAX:078-915-2524

■【出演者プロフィール】

<フジコ・ヘミング>
本名はイングリッド・フジコ・フォン・ゲオルギー=ヘミング。日本とヨーロッパで活躍するピアニストである。日本名は大月 フジ(おおつき フジ)。 母親の手ほどきでピアノを始め、3年生の時にラジオに生出演し、天才少女と騒がれる。高等部在学中、17歳でデビューコンサートを果たす。東京音楽学校(現・東京芸術大学音楽学部)在学中の1953年には新人音楽家の登竜門である、第22回NHK毎日コンクールに入賞をはたし、さらに文化放送音楽賞など、多数の賞を受賞。デビューCD『奇蹟のカンパネラ』は、発売後3ヶ月で30万枚のセールスを記録し、日本のクラシック界では異例の大ヒット。第14回日本ゴールドディスク大賞の「クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤー」他各賞を受賞し、今までに計4回のゴールデンディスク大賞を受賞。2009年に自身のCDレーベル「フジコレーベル」を発足。年内にアルバム第1作「フジコ」を国内外でリリース。現在は音楽活動以外にも、米国同時多発テロ後の被災者救助の為に年間CDセールス印税全額寄付やアフガニスタン難民の為のチャリティー活動、特に動物愛護への深い関心をもち、救助を長年続けている。

<マキシム・ヴェンゲーロフ>
シベリアのノヴォシビルスク出身のロシアのヴァイオリニスト、指揮者。現在“世界一の実力を持つヴァイオリニスト”と呼ばれている。5歳で初めてのリサイタルを開き、10歳でヴィエニャフスキ国際コンクール・ジュニア部門で優勝。1990年にはカール・フレッシュ国際ヴァイオリン・コンクールで優勝の栄冠に輝き、これを機に世界各地で演奏。初来日は1988年4月、以後定期的に来日を果たしている。1997年には、UNICEFの親善大使に選ばれて以来、世界の恵まれない子供たちのために演奏を継続し続けている。 2003年、故ロストロポーヴィチとロンドン交響楽団とともに収録した『ウォルトン:ヴィオラ協奏曲』で、2004年のグラミー賞ベスト・インストゥルメンタル・ソロ・パフォーマンスを受賞、各メディアから大絶賛されている。2008年から演奏活動の休止を宣言し以降は指導者、指揮者としての活動に専念していたが、2011年から再びヴァイオリンの演奏活動を再開し、2012年2月にはロンドンの王立音楽アカデミーの教授に就任した。

■【演奏予定曲目】

<フジコ・ヘミング>
■フレデリック・フランソワ・ショパン Frederic Francois Chopin(1810−1849)
ノクターン Nocturne 遺作 E minor
Etude Op.10-5 黒鍵
■ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト W.A.MOZART(1756−1791)
ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調(トルコ行進曲)Piano Sonata No.11 A major
■フランツ・リスト Franz Liszt(1811-1886)
パガニーニによる大練習曲 第6番 Grandes Etudes de Paganini No.6
鱒 シューベルト/リスト Die Forelle Schubert/Liszt
ラ・カンパネラ La Campanella

<マキシム・ヴェンゲーロフ(ピアノ:田村響)>
■ヨハネス・ブラームス Johannes Brahms(1833 ? 1897)
スケルツォ(F.A.E.ソナタより) Scherzo(from F-A-E Sonata(Frei aber einsam))
ヴァイオリンソナタ 第3番 二短調 作品108 Violin Sonata No.3 D minor, Op.108

<フジコ・ヘミング&マキシム・ヴェンゲーロフ>
■ヘンリク・ヴィエニャフスキ Henryk Wieniawski (1835−1880)
伝説曲 作品17 Legende Op.17

※演奏曲目は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

【関連リンク】
TVアニメ「四月と君の嘘」関連作が好調なセールスを記録
安倍なつみがニューアルバム収録曲「光へ」のMVを公開
LUNA SEA公認のシンフォニックカヴァーアルバムが11月にリリース決定!

【関連アーティスト】
イングリット・フジコ・ヘミング
【ジャンル】
クラシック

山下達郎の名曲「クリスマス・イブ」が29年連続TOP100入りの記録達成!
Tue, 16 Dec 2014 14:00:00 +0900
山下達郎 (okmusic UP\'s)

山下達郎のクリスマスの定番曲「クリスマス・イブ(30th ANNIVERSARY EDITION)」が、12/22付オリコン週間シングルランキングで29位を獲得(前週33位)。1987年から続く連続TOP100入り記録を29年連続とし、来年の30年連続に王手をかけた。

【その他の画像】山下達郎

なお、同記録の歴代2位は10年連続(1989年-98年)のワム!「ラスト・クリスマス」で、その差は19年に。1983年12月のシングル発売以来の累積売上枚数は189.1万枚となった。

1983年12月にアルバムからシングルカットされた同曲は、1988年に深津絵里が出演のJR東海『X\'MAS EXPRESS』CFソングに起用されたことで大ヒット。発売から8年後の1991年にはミリオンを突破、その後もクリスマスの時期のたびに売上を伸ばしている。また本作は、公開中の映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』のテーマ曲となっており、映画音楽監修を30年ぶりに担当。また映画のエンディング曲でもある竹内まりやの「ザ・クリスマス・ソング」〜「ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス」スペシャルメドレーも本作に1曲追加収録し、2014年期間限定バージョンとして発売されている。こちらは12月29日までの限定発売となっているので、ご購入はお早めに。

■【山下達郎 コメント】

私のこのささやかな一曲が、長い命を保つことが出来ておりますのも、ひとえに全国のリスナーの皆さまからのご支援の賜物です。本当にありがとうございます。素敵なクリスマスをお迎え下さい。

■シングル「クリスマス・イブ(2014Version)」

発売中
WPCL-12036/¥1,000+税
※2014年12月29日までの期間限定商品
<収録曲>
1:「クリスマス・イブ」
2:「ホワイト・クリスマス」
3:「クリスマス・イブ(イングリッシュ・バージョン)」
4:「クリスマス・イブ(アコースティック・ライブ・バージョン)」
5:「ザ・クリスマス・ソング(Vo.竹内まりや)〜ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス」 ※追加収録
6:「クリスマス・イブ(オリジナル・カラオケ)」

【関連リンク】
山下達郎 オフィシャルHP
スペシャ主催『SWEET LOVE SHOWER 2014』が大盛況で終幕
山下達郎、『Big Wave』リマスター盤大ヒット記念でジャケット・ジグゾーパズルプレゼント!
山下達郎、7月20日(日)放送の「サンデー・ソングブック」で『BIG WAVE』リマスター盤特集

【関連アーティスト】
山下達郎
【ジャンル】
J-POP

福山雅治の楽曲「暁」が阪神淡路大震災をテーマにしたスペシャルドラマの主題歌に起用
Tue, 16 Dec 2014 13:45:00 +0900
福山雅治 (okmusic UP\'s)

1995年1月17日に起こった阪神淡路大震災に立ち向かった消防士達の奮闘と葛藤を描いた珠玉のヒューマンドラマ「テレビ未来遺産ORANGE 〜1.17 命懸けで闘った消防士の魂の物語〜」の主題歌に福山雅治の最新アルバム『HUMAN』に収録されている楽曲「暁」が起用されることが決定した。

【その他の画像】福山雅治

福山雅治自身、1995年1月17日当日は新曲「HELLO」のプロモーションの為大阪におり、前日深夜のニッポン放送「オールナイトニッポン」放送後のタクシー移動中に震災に遭っている。

先日終了を発表したレギュラーラジオ、ニッポン放送「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル “魂のラジオ"」(毎週土曜午後11時3 0分〜)のレギュラーコーナー『魂のリクエスト』では、曲名とその曲にまつわる思い出を書いて、リスナーから福山に歌って欲しい曲を募集しているが、毎年1月17日に近い放送では、阪神淡路大震災のことに触れ、被災地の方に向けて歌う「魂のリクエスト」となっている。福山自身が阪神淡路大震災のことを、そのように毎年欠かすことなく取り上げる等、風化させてはいけないという思いを持っており、今回のドラマの原案となっている舞台「ORANGE」にも足を運び、また2度に渡ってレギュラーラジオに舞台に出演している役者をゲストに呼ぶ等と交流のあった中で、ドラマ側から福山の楽曲を主題歌として使いたいとオファーがあり、福山本人も快諾した。

人の命を守る仕事を命がけで続ける特別救助隊に改めて目を向け、その奮闘の日々をドラマとして描いたこちらの作品は、脚本家の宇田学が主宰する神戸の劇団「PEOPLE PURPLE」の舞台「ORANGE」が原案となっており、2004年の初演より再演を重ね、震災後20年となる2015年にはドラマ放送、そして舞台も全国9か所での公演が決定している。

■舞台「ORANGE」オフィシャルHP
http://orange-2015.jp/

■【福山雅治 コメント】

1995年震災当日。CDのプロモーションで大阪にいました。担当していたオールナイトニッポンを大阪から生放送してその終了後、タクシーでホテルに戻る途中に大きな揺れを感じました。目の前の高速道路も激しく揺れていました。そして、時間が経つと共に次々と増えていく犠牲者の数に愕然とした事を今でも鮮明に覚えています。

このドラマの原作となっている舞台「ORANGE」も観に行かせて頂きました。前半からずっと涙が止まりませんでした。この涙は何なのか? 生きたかった人の無念、助けることができなかった人の無念。悲しみの物語であると同時に、でも、それでも生きて行こうとする人間の力強さ、生へ執着する逞しさの物語だと感じました。そして、当たり前に過ぎていく毎日の尊さを改めて感じました。仮に、時に生きることに意味を見出だせない日々があったとしとも、ただ大切な人が元気に生きていてくれたらそれでいい。そんな自分の死生観を再確認してくれる作品でした。この度、「暁」を主題歌としてお使い頂けるとお聞きしまして大変嬉しく思っております。「暁」に込めた死生観が、「ORANGE」という作品と寄り添えることを心から幸せに思います。

■【TBSドラマプロデューサー 佐野亜裕美 コメント】

スペシャルドラマ「ORANGE」は、阪神淡路大震災から20年の節目にお届けする、命を懸けて命をつないだ消防士達の奮闘や葛藤を描いた魂の物語です。福山雅治さんの「暁」という曲で描かれるテーマと、ドラマの世界観が奇しくもリンクし、主題歌として使わせて頂けることになりました。福山さんの歌には、温かく優しい気持ちに包まれるような力があり、悲しみや苦しみを乗り越えて生きる力に変えていけるような、希望に満ちた主題歌に出会えたことに感謝しています。

■TBS系ドラマ『テレビ未来遺産ORANGE 〜1.17 命懸けで闘った消防士の魂の物語〜』

【放送日時】2015年1月19日(月) よる9時〜
【脚本】宇田学
【出演】上川隆也 工藤阿須加 谷村美月 秋元才加 板谷由夏 小池栄子 音尾琢真 倍賞美津子 杉本哲太
http://www.tbs.co.jp/orange2015/

【関連リンク】
福山雅治 オフィシャルHP
福山雅治の男性限定LIVE、『観覧シート』設置を見送り完全男性限定に!
福山雅治、初の性別限定SPECIAL LIVEの一般発売が今週末より開始
福山雅治がお絵描き動画を公開!?

【関連アーティスト】
福山雅治
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

Flowerが初の映画主題歌であの名曲を日本語カヴァー
Tue, 16 Dec 2014 13:30:00 +0900
Flower (okmusic UP\'s)

第72回ゴールデン・グローブ賞のミュージカル・コメディ部門の主演女優賞(クワベンジャネ・ウォレス)と主題歌賞にノミネートされた映画『ANNIE / アニー』の日本語吹替版テーマソングを、E-girlsの中心メンバーとして活動する7人組ガールズグループ、Flowerが担当することが決定した。

【その他の画像】Flower

Flowerはファッション誌のモデルやCM出演など、その活躍領域をどんどん広げている人気ガールズユニットだが、映画とコラボレーションするのは今回が初めて! 楽曲タイトルは「TOMORROW〜しあわせの法則〜」。日本はもちろん、世界でも圧倒的な認知度を誇る名曲「Tomorrow」を日本語でカヴァーした。メインヴォーカルの鷲尾伶菜が《朝が来れば いいことがある〜明日は幸せ》と透明感あふれる声で歌い、本作の“どんなにつらいことがあっても上を向いて、明日を信じよう!”という希望のメッセージ、世界感と見事にマッチした楽曲に仕上がっている。12月16日(火)より、着うた(R)/着うたフル(R)ともに楽曲配信もスタート!

Flowerのメンバーは、“映画『ANNIE / アニー』には欠かせない、このような素敵な楽曲をFlowerで歌わせて頂くことができ、とても光栄です! この楽曲は、とても前向きな曲なのでたくさんの方に応援ソングとして聴いて頂けたら嬉しいです! 全世界のたくさんの方に届くことを願って。私たちも精一杯、盛り上げていきたいと思います!”とコメント。一足早く映画を鑑賞し、“本編最後で泣いてしまいました。本当に感動しました!”と語っている。

1月20日(火)には、都内で行なわれる映画『ANNIE / アニー』のジャパンプレミアにFlowerが登壇し、ライヴで本楽曲を披露する予定となっている。また、カラオケのLIVE DAM(第一興商)で、Flowerの「TOMORROW〜しあわせの法則〜」のメロディに合わせて歌い、キャンペーンに応募した人の中から、ベスト・パフォーマー1名に映画『ANNIE / アニー』のジャパンプレミアイベントでFlowerといっしょにステージに立てるチャンスが得られるオーディションも実施中!

【配信楽曲】
「TOMORROW 〜しあわせの法則〜」
2014年12月16日 配信スタート
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id945331743?at=10lpgB&ct=4547403036923_wn
■レコチョク
http://recochoku.jp/artist/30137788/
■mora
http://mora.jp/artist/109703/all

【関連リンク】
Flower オフィシャルHP
E-girls、初のアリーナツアーから日本武道館公演のダイジェスト映像を公開
E-girls、宣戦布告のアルバム『E.G.TIME』を2015年元旦に発売
E-girls、「Mr.Snowman」MVで初のワイヤーアクショに挑戦

【関連アーティスト】
Flower, E-girls
【ジャンル】
J-POP, 映画

KANA-BOON、来年1月に地元・大阪にてフリーライブ開催決定!
Tue, 16 Dec 2014 13:00:00 +0900
KANA-BOON (okmusic UP\'s)

来年2015年1月21日(水)に待望の2ndアルバム『TIME』をリリースするKANA-BOONが、地元・大阪にてフリーライブを開催する事が明らかになった。

【その他の画像】KANA-BOON

このライブは、エンタメサイト uP!!!が企画するイベント「up!!!NEXT」の第10弾。開催日は2015年1月23日(金)、会場は大阪・堂島リバーフォーラムで行なう。uP!!!NEXT初の関西開催にあたり、仙台・東京・博多の3 エリアから発着する無料弾丸バスツアー付の招待枠も用意されている。2015年3月には、大阪城ホールと日本武道館でのアリーナ公演も決定している彼ら。勢いが止まらない彼らの地元でのライブを無料で観られるチャンス! バスツアーが企画された、仙台、東京、博多方面の方々もお見逃しなく。

オリコン初登場3位を記録したデビューアルバム『DOPPEL』から約1年3ヶ月ぶりとなる2ndアルバム『TIME』は、「結晶星」「フルドライブ」「生きてゆく」「シルエット」というシングル4曲を含む、全12曲入りの大充実作。昨年から今年にかけて破格のスケールで大躍進を遂げたKANA-BOONが、更なる進化を見せる作品に仕上がった。「TIME」というタイトル通り、過去、未来、そして現在、“時間"にまつわるものをテーマに描き出された谷口鮪(Vo./Gu.)の歌詞世界も注目。初回生産限定盤に付属のDVDには、今夏8月30日に地元・大阪 泉大津フェニックスにて開催され、1万6千人を動員した自身初の野外ワンマン「KANA-BOON野外ワンマン ヨイサヨイサのただいまつり!in 泉大津フェニックス」での白熱のライブを収録。キラーチューン「ないものねだり」や、「ワールド」や「A.oh!!」といったライブ定番曲。シングル曲の「盛者必衰の理、お断り」や「フルドライブ」「結晶星」「生きてゆく」に加え、この日初披露された「シルエット」、そしてインディーズ盤収録で人気の高い「眠れぬ森の君のため」など全14曲に加え、密着ドキュメントも収録した大ボリュームの内容となっている。

■「uP!!!NEXT VOL.10〜KANA-BOONの1, 2, 3で招TIME!!!〜」

2015年1月23日(金) 大阪 堂島リバーフォーラム
OPEN 18:00 / START 19:00
<チケット>
無料(完全招待制/1申込2枚まで)
※ドリンク代別途¥500必要
※仙台、東京、博多の3 エリアから発着する無料弾丸バスツアー付のチケットもあり
<応募方法>
WEB受付
(一次受付期間:12月16日(火)12:00〜1月5日(月)23:59)
https://up-now.jp/upnext

■アルバム『TIME』

2015年1月21日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL 2533-2534/¥3,700+税
※どうでもいいオマケ004封入
【通常盤】(CD)-初回仕様-
KSCL 2535/¥2,700+税
※どうでもいいオマケ004封入
<収録曲>
01. タイムアウト
02. LOL
03. ターミナル
04. 結晶星
05. クラクション
06. フルドライブ
07. 生きてゆく
08. スコールスコール
09. 愛にまみれて
10. シルエット(テレビ東京系アニメーション「NARUTO-ナルト-疾風伝」オープニングテーマ)
11. スノーグローブ
12. パレード
<初回生産限定盤DVD収録内容>
「KANA-BOON野外ワンマン ヨイサヨイサのただいまつり!in 泉大津フェニックス」 LIVE & 密着ドキュメント収録
01. A.oh!!
02. ワールド
03. クローン
04. ロックンロールスター
05. 夜をこえて
06. 結晶星
07. さくらのうた
08. 生きてゆく
09. レピドシレン
10. 盛者必衰の理、お断り
11. フルドライブ
12. ないものねだり
13. シルエット
14. 眠れぬ森の君のため

■『KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 〜クアトロだってばよ!編〜』

2月23日(月) 梅田クラブクアトロ
2月24日(火) 名古屋クラブクアトロ
2月26日(木) 渋谷クラブクアトロ
チケット料金 : ¥4,000(税込) 
※ニューシングル「シルエット」購入者限定ライブ。チケットの一般発売はありません。
※申し込み期間は終了致しました。

■『KANA-BOONのとぅるとぅるかむとぅるーTOUR 2015 〜夢のアリーナ編〜』

3月23日(月) 大阪城ホール
3月31日(火) 日本武道館
チケット料金 : ¥4,500(税込) 

【関連リンク】
KANA-BOON オフィシャルHP
KANA-BOON、来年1月に2ndアルバム『TIME』リリース決定
KANA-BOON、11月28日(金)放送の「ミュージックステーション」に出演決定
KANA-BOON、新曲MV&初映像作品の映像で構成されたトレーラー映像公開

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
ジャパニーズロック

新山詩織、感謝と決意のデビュー2周年ライヴを実施
Tue, 16 Dec 2014 12:00:00 +0900
12月12日(金)@東京・代官山UNIT (okmusic UP\'s)

12月12日(金)、新山詩織がアーティストデビュー2周年記念ライヴ「しおりごと〜acoustic version〜」を東京・代官山UNITで行なった。

【その他の画像】新山詩織

12月12日、代官山UNITにてシンガー・ソングライター新山詩織がアーティストデビュ−2周年記念ライブ「しおりごと〜acoustic version〜」を開催。ワンマンライブとしては4月に行なわれた1stライブツアー「しおりごと」以来、そして何よりアーティストデビュー日からちょうど2年経過という節目ということもあって、フロアは多くの歓客で埋め尽くされていた。 開演時刻を迎え、ステージに現れた新山はアコースティック・ギターを持ってスタンバイ。「だからさ」でライブはスタートした。ピンスポットに照らされる彼女は白の半袖シャツにパンツという出で立ち。会場が静寂に包まれる中、まっすぐ前を見つめ歌い上げていく。

最初の挨拶は“「しおりごと〜acoustic version〜」へようこそ。アーティストデビュー2周年という記念の日を、いつも応援してくださっている皆さんと一緒に過ごすことができて幸せです。ありがとうございます"とシンプルに。続けて「Looking to the sky」が届けられた。この日はアコースティックスタイルのライヴということで、サポートメンバ−にギターとキーボードを迎えた3人編成での演奏がメイン。解放感のある楽曲の登場に、会場の空気が少しずつ和んでいく。張り詰めた切なさの中に強さがにじみ出ている「ひとりごと」では、凛とした歌声に頼もしさを感じた人も多かったのではないだろうか。「今 ここにいる」では自然と手拍子が起こってフロアに一体感が生まれ、優しい歌声に花を添える形になった。

ここで新山1人がステージに。“2012年12月12日に「だからさ〜acoustic version〜」でアーティストデビューして、ちょうど2年経ったんですね"と、はにかみながら話すと、会場からは“おめでとう"の声と大きな拍手が。この2年間を“壁にぶち当たることもあれば、その壁を突き破って踏み出すことの繰り返しでした"と続け“歌詞が書けなくて目を閉じたくなっても前に進めたのは、皆さんからのメッセージやお手紙のお陰です"と感謝の気持ちを述べた。今年は高校卒業という大きな出来事を経て、新たなフィールドに進んだ彼女。ライブ中盤では学生生活の風景が詰まった3曲を届けてくれた。ぽつりぽつりと歌う言葉と優しいメロディが心を温めてくれる「午後3時」「きらきら」では可愛らしさ、そして最新シングル収録曲「分かってるよ」では、不安に押しつぶされそうになる心情を吐き出し、彼女の中にある感情の振り幅を突き付けられた。

ここでサポートメンバ−を呼び入れ、これまで彼女がカバーしてきた楽曲の1つ「ピアノ」を披露。ライブで弾くのは初めてという12弦ギターを演奏し、深みを帯びたサウンドとヴォ−カルで観客を引き込んでいく。続いて届けられた「たんぽぽ」は、何気ない風景の中に潜む心の動きが鮮明に紡ぎ出された。ライブ後半では、NACK5のレギュラー番組「新山詩織のふたりごと」で年代別にピックアップした曲をカバーするコーナーで歌った曲を披露してくれるという嬉しい試みも用意されていた。彼女のライヴではお馴染みの「I feel the earth move」(Carole King)をはじめ、世代を超えて愛されている「デイ・ドリーム・ビリ−バー」(ザ・タイマーズ)では観客の手拍子も大きくなり、一緒に口ずさむ人も。「Raining」(Cocco)と「サヨナラCOLOR」(SUPER BUTTER DOG)では高めのキー設定にしていることもあってか、いつもとは違う艶やかな歌声が観客を魅了していたように思う。この2年間で経験してきたライブによって高められた表現力は、カバー曲のパフォーマンスにも変化をもたらしていることを実感した一幕だった。本編終盤は力強いナンバーが登場。イントロで観客の手拍子がボリュームアップした「Don\'t Cry」は勢いに乗せて歌い切るカッコよさ、最新シングル「絶対」では、楽曲の柱になっている彼女の揺るぎない強さをダイレクトに感じることができたように思う。

アンコールではサポートメンバーが演奏する「White Christmas」をBGMにライブTシャツに着替えた新山が登場。ギターを持たずに両手を上げて大きく手拍子しながら観客を煽り「「大丈夫」だって」を披露した。軽快なテンポに乗せて嬉しそうに歌う姿からはライヴを楽しんでいることが伝わって来て、観客の表情も自然と晴やかに…。ラストの「ゆれるユレル」でも観客の手拍子は途切れることなく、大盛況で幕を下ろした。彼女の楽曲はシリアスな部分を切り取ったものが多いが、楽曲の細部まで堪能できる全編アコースティックのライブを通して、楽曲の中にある光の部分を鮮明に感じられた。着実に独自の世界観を構築している新山詩織の2015年の展開に、期待が高まる。

TEXT BY:EMI MORI from music freak magazine編集部

【関連リンク】
新山詩織 オフィシャルHP
新山詩織、音楽を演奏する全ての人を対象にした企画『「絶対」参加型カバー企画』を実施
新山詩織、「LOTTE SWEET FILMS」ショートムービー3部作の主題歌に
新山詩織、シングル「絶対」発売記念ライヴをYouTube配信決定

【関連アーティスト】
新山詩織
【ジャンル】
J-POP, ライブ

怒髪天、対バンイベント『響都ノ宴』で結成30周年を締め括る
Tue, 16 Dec 2014 11:00:00 +0900
12月14日@京都・磔磔 (okmusic UP\'s)

12月12日より3日間にわたり、京都・磔磔にて『怒髪天 presents “響都ノ宴”』が行われた。怒髪天が“今、最も対バンしたい相手”をゲストに招き、各日コンセプトに基づいたライブを展開する同イベント。今年で7回目を迎える怒髪天の恒例企画だ。

【その他の画像】怒髪天

1日目は、『怒女王ノ椅子』と題した対バンを展開。口火を切ったのは今年でバンド結成25周年の人間椅子だ。「新調きゅらきゅきゅ節」で幕を開け、地鳴りのような重低音を鳴らして疾走、会場を煽ってゆく。怒髪天との対バンは初めてという彼ら。この縁に鈴木研一(B)は「人間椅子の30周年にも怒髪天さんは出てくれるのではないでしょうか!」と、5年後に向けた “出演オファー”をステージ上でしてみせた。そして「僕たちのコンセプトは、いいことを歌わないことです」と和嶋慎治(Vo)、「宇宙からの色」を披露したほか、全7曲を演奏してステージを後にした。続いては女王蜂。怒髪天との共演も、京都でのライブも初めてというアヴちゃん(Vo)。「京都バージンを怒髪天のおじ様達に見事に捧げることができました!」と語った。キュートなMCとは裏腹に、「イミテヰション」「告げ口」など狂気かつハイテンションなパフォーマンスで圧倒。最後は、「何年も長く続けている人を見ると、私も長く続けていきたいと欲をかいてしまいます」と敬意を表し、「鉄壁」を披露した。トリはもちろん、怒髪天。スカサウンドの「独立!俺キングダム」でアッパーに始まり、「GREAT NUMBER」や「歩きつづけるかぎり」などライブの定番曲から新曲「ひともしごろ」、そして「唐獅子牡丹」といったレア曲など全10曲で盛り上げた。「自分たちで呼んでおきながら、今日はちょっと濃すぎるわ!! 俺たち完全に、普通のおじさんだもんね!」と話す増子直純(Vo.)の言葉どおり、バンドの個性が激しくぶつかり合う、濃厚な一夜となった。

2日目は『かかってこん会 "今昔男歌合戦"』。熱く激しい男だらけの一夜と思いきや、トップバッターを飾ったのは大西ユカリ。増子も舌を巻くMCで笑いの渦を巻き起こしたかと思えば、「テネシーワルツ」「喝采」など名曲をしっとりと歌い上げと、そのギャップでオーディエンスを惹きこんでいく。新曲「肉と肉」の後には、「どしゃぶりの雨の中で」を増子とデュエット。両者ともソウルフルな歌声で魅了した。2番手は『響都ノ宴』2年ぶり2回目の出演となるSA。「YOUTH ON YOUR FEET」「KIDZ IGNITE」など全7曲を披露。盤石のパンクロックで有無を言わさず引っ張ってゆき、フロアの人影も塊となって上下左右に激しく揺れ動いた。「怒髪天の武道館に触発されて、SAも(2015年)7月11日(土)に勇気をもって、日比谷野音やります!」とNAOKI(B)の言葉に、会場からは大きな拍手が。最後は「ラバーズ・コンチェルト」の一節を取り入れた「DELIGHT」で大合唱、ワンマンのような一体感を醸成し、ステージを去った。続いてはこの日の最若手バンド、キュウソネコカミが登場。「ウィーアーインディーズバンド!!」から幕を開け、「DQNになりたい、40代で死にたい」「何もない休日」など、パワフルなライブアクトで全7曲をぶちかました。本編を終えると、ヤマサキセイヤ(Vo.)をメンバー全員が神輿のように担ぎ、フロアを突っ切って退場。そんなパフォーマンスでも沸かせ、存在感を示した。ざわめく会場の余韻を一瞬で吹き飛ばしたのが、日本が誇るスラッシュメタルの雄、OUTRAGEだ。「MEGAROMANIA」「YOU SUCK」など、問答無用のステージを展開。まさに “かかってこんかい!”と言わんばかりにオーディエンスにぶつかり、脳天を勝ち割るようなメタルサウンドでフロアを圧倒した。締めはもちろん、怒髪天。「一番星ブルース」から渋めに始まるも、「押忍讃歌」でぐっと押し上げ、「濁声交響曲」では一体となってのシンガロングと盛り上がった。1日目は時間が押して演奏時間が少なくなり、MC控え目のライブとなった。それだけに「今日は時間がある!」と笑顔を見せる増子。そして「ユカリ姉さんは(客の心を)もってくね〜! 腕が違う! それからのSAはさすが男前! キュウソみたいなああいう、4つ打ちのビートはいいよね! それからのOUTRAGE先輩! 迫力が違う!」と称えた。アップテンポの「明日への扉」、ぐっと聴かせる「雪割り桜」など、怒髪天の“男唄十八番”とも言える楽曲を中心に全8曲を歌い、アンコールの「美学」では精根尽き果てるまで全開のパフォーマンスで沸かせた。

最終日は、『えっ!師走なのに通常営業?』と題したワンマンライブを。いつもよりスローなアレンジを加えた「北風に吠えろ!」でゆるやかに進水、やがて徐々に速度を上げ、テッパンの「酒燃料爆進曲」、最近ではレアな「愛の嵐」など、拳と拳で呼応する男のサウンドで聴かせた。魑魅魍魎の世界を彷彿させる「DO RORO DERODERO ON DO RORO」では、古い酒蔵を改装した磔磔がさながら魔物屋敷のような雰囲気に。11月にリリースしたばかりの『歌乃誉 "白"』からも披露し、「どっこいサバイバー」ではスケールの大きなサウンドで包み込み、これぞ怒髪天の真骨頂、R&Eの決定版「明日の唄」では情感たっぷりに歌い、鳴らし、魅了した。終盤、バンド讃歌「ロックバンドゴーゴー」からは一気にクライマックスへと流れ込み、横揺れ激しい「オトナノススメ」で終幕を迎えた。アンコールでは「今年は30周年で、いい一年を過ごさせてもらった。俺たちのできる恩返しは、バンドを解散しないことだ! これからもいい曲を書いて、みんなが目標を持って何かをやろうとしたときめちゃくちゃ背中押してくから、“あ〜、もうダメだ!!”と思ったときに聴け!! これからも持ちつ持たれつでよろしくお願いします!!!」と増子。結成30周年を記念した1月の日本武道館ライブに始まり、47都道府県ツアー、そして地元北海道でのフリーライブ開催など、バンド史上初のビッグイベントを数々“クリア”してきた2014年。『響都ノ宴』は、そんな1年を締め括るに相応しい“大感謝祭”となった。

年内は12月18日(水)の水戸、23日(火・祝)の長野でのワンマンライブのほかに、31日までイベントに出演する怒髪天。年明けからは本当の“通常営業”、1月30日(金)の北海道・札幌市民ホール公演を皮切りに、東名阪を巡る『2015年新春TOUR "紅白利き歌合戦"』を決行、31年目のバンド生活を歩み始める。

文:岩本和子 
撮影: 渡邉一生  

【関連リンク】
キュウソネコカミが新曲「GALAXY」のミュージックビデオを公開
25周年記念ベストアルバムを発表した人間椅子の和嶋慎治が「FaRao」劇的メタルに再登場!
『ビクターロック祭り 2015』にKEYTALKとキュウソネコカミの出演が決定
キュウソネコカミ、ニューアルバム収録曲が「ドラゴンボール改」EDに決定

【関連アーティスト】
怒髪天, 人間椅子, 大西ユカリ, 女王蜂, SA, キュウソネコカミ, アウトレイジ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

BUCK-TICK、スタンディングツアーのファイナルZepp Tokyo公演をニコ生特番で独占配信
Tue, 16 Dec 2014 00:00:00 +0900
12月14日@Zepp Tokyo (okmusic UP\'s)

ファンクラブ限定公演と一般公演が混在する形で、全16公演に及ぶスタンディングツアー「TOUR 2014 metaform nights〜或いはアナーキー〜」を展開したBUCK-TICK。その12月14日行なわれたZepp Tokyoでのファイナル公演が、ニコニコ生放送で12月30日(火)21:00〜24:00に年末特番として独占配信されることが明らかになった。

【その他の画像】BUCK-TICK

今回のツアーはいつものホール規模の会場とは違い、ライヴハウスをメインとしたスタンディング形式であり、ファンとの近距離で展開するパフォーマンスとその魅力を我々に十分に示してくれるものだった。最新アルバム『或いはアナーキー』を携え、全国のライヴハウスを廻り、さらにパワーアップしたBUCK-TICKのステージは、デビュー27年以上経っても艶やかである。

ファイナル公演のZepp Tokyoも、全国各会場と同様にチケットは即日完売。超満員で埋まる会場はスタート前にもかかわらず早くも熱気であふれ、室温は自然と上昇していく。そうした中、メンバーが登場し、1曲目からインダストリアルなナンバー「ICONOCLASM」で一気にヒートアップ! 「Devil\'N Angel」「PHANTOM VOLTAIRE」と続けた後に、櫻井敦司(Vo)が“Welcome! 沢山集まってくれてありがとう。最後までぶっ続けましょう!”と一言発し、さらに「独壇場Beauty ?R.I.P.-」「LIMBO」とアップテンポなナンバーで畳みかけていく。

ライヴハウスだからこその音圧とメンバーの近さが相まって、いつも以上に激しく体を踊らせるオーディエンスたち。最新作のテーマである“シュルレアリスム"の世界観の中に、「ICONOCLASM」や「惡の華」といった25年も前の曲が違和感なくステージで繰り広げられるさまは、不動のメンバーで休むことなく最前線で活動してきて得た自信と経験によるものであろう。また、聴かせるスローナンバー「世界は闇で満ちている」や「無題」「形而上 流星」は、渾身の力を振り絞って歌う櫻井に鳥肌が立った。スタンディングツアーではまた違った息吹を楽曲に吹き込み、別の表情や感性を持たせていく。バンドとしての演奏力と表現力の凄さを実感せずにはいられない。

ライヴ終盤に再び櫻井が“まだ踊れるかい? 踊れるよね? ダンスホールで踊ろう!”との一声で、「メランコリア ?ELECTRIA-」「絶界」「真っ赤な夜」「惡の華」と披露。ステージ上の映像や照明もリンクし、ライヴハウスでロックを掻き鳴らしながらも、会場はクラブの雰囲気も垣間見られる。音に合わせて手を挙げて呼応する者、拳を突き上げる者、体を揺らして踊る者、オーディエンスが各々の楽しみ方で歓喜の声を上げているのが印象的だった。

12月29日(月)には15年連続となる年末恒例の日本武道館公演が控えている。日本武道館公演の余韻醒め遣らぬ中での30日(火)のニコ生BUCK-TICK特番なので、ファンには一足早いお年玉ではないだろうか。そして、2月25日にはホールツアーのファイナル公演であるNHKホールの模様を完全収録したライヴ映像作品『TOUR2014 或いはアナーキー -FINAL-』のリリースが発表されている。その最新DVD & Blu-rayのジャケット写真とBUCK-TICKの最新アーティスト写真も公開となっているので、要チェック!


【セットリスト】
01.ICONOCLASM
02.Devil\'N Angel
03.PHANTOM VOLTAIRE
04.独壇場Beauty ?R.I.P.-
05.LIMBO
06.M.A.D
07.ボードレールで眠れない
08.サタン
09.世界は闇で満ちている
10.masQue
11.宇宙サーカス
12.ONCE UPON A TIME
13.メランコリア ?ELECTRIA-
14.絶界
15.真っ赤な夜
16.惡の華
〈EN.1〉
01.DADA DISCO - G J T H B K H T D -
02.NOT FOUND
03.形而上 流星
04.無題
〈EN.2〉
01.SURVIVAL DANCE
02.天使は誰だ
03.REVOLVER

photo by MASA

■ニコニコ生放送「BUCK-TICK TOUR 2014 metaform night〜或いはアナーキー〜最終公演 独占配信」

日時:12月30日(火)21:00〜24:00
21:00〜 BUCK-TICKライブ映像ダイジェスト
22:00〜 TOUR 2014 metaform nights〜或いはアナーキー〜最終公演
※本ライヴの後半はプレミアム会員だけが視聴可
http://live.nicovideo.jp/watch/lv203229789

【関連リンク】
BUCK-TICK オフィシャルHP
BUCK-TICKの樋口豊、クリスマスにトーク&サイン会を開催
BUCK-TICK、見どころ満載のツアーファイナル公演が映像作品に
BUCK-TICK、『惡の華』四半世紀の時を経て新ミックスで登場!

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1