歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2014年11月17日)
バックナンバー
最新ニュース
2014/11/26
2014/11/25
2014/11/24
2014/11/23
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
2014/08/06
2014/08/05
2014/08/04
2014/08/03
2014/08/02
2014/08/01
2014/07/31
2014/07/30
2014/07/29
2014/07/28
2014/07/27
2014/07/26
2014/07/25
2014/07/24
2014/07/23
2014/07/22
2014/07/21
2014/07/20
2014/07/19
2014/07/18
2014/07/17
2014/07/16
2014/07/15
2014/07/14
2014/07/13
2014/07/12
2014/07/11
2014/07/10
2014/07/09
2014/07/08
2014/07/07
2014/07/06
2014/07/05
2014/07/04
2014/07/03
2014/07/02
2014/07/01
2014/06/30
2014/06/29
2014/06/28
2014/06/27
2014/06/26
2014/06/25
2014/06/24
2014/06/23
2014/06/22
2014/06/21
2014/06/20
2014/06/19
2014/06/18
2014/06/17
2014/06/16
2014/06/15
2014/06/14
2014/06/13
2014/06/12
2014/06/11
2014/06/10
2014/06/09
2014/06/08
2014/06/07
2014/06/06
2014/06/05
2014/06/04
2014/06/03
2014/06/02
2014/06/01
2014/05/31
2014/05/30
2014/05/29
2014/05/28
2014/05/27
2014/05/26
2014/05/25
2014/05/24
2014/05/23
2014/05/22
2014/05/21
2014/05/20
2014/05/19
2014/05/18
2014/05/17
2014/05/16
2014/05/15
2014/05/14
2014/05/13
2014/05/12
2014/05/11
2014/05/10
2014/05/09
2014/05/08
2014/05/07
2014/05/06
2014/05/05
2014/05/04
2014/05/03
2014/05/02
2014/05/01
2014/04/30
2014/04/29
2014/04/28
2014/04/27
2014/04/26
2014/04/25
2014/04/24
2014/04/23
2014/04/22
2014/04/21
2014/04/20
2014/04/19
2014/04/18
2014/04/17
2014/04/16
2014/04/15
2014/04/14
2014/04/13
2014/04/12
2014/04/11
2014/04/10
2014/04/09
2014/04/08
2014/04/07
2014/04/06
2014/04/05
2014/04/04
2014/04/03
2014/04/02
2014/04/01
2014/03/31
2014/03/30
2014/03/29
2014/03/28
2014/03/27
2014/03/26
2014/03/25
2014/03/24
2014/03/23
2014/03/22
2014/03/21
2014/03/20
2014/03/19
2014/03/18
2014/03/17
2014/03/16
2014/03/15
2014/03/14
2014/03/13
2014/03/12
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/09
2014/03/08
2014/03/07
2014/03/06
2014/03/05
2014/03/04
2014/03/03
2014/03/02
2014/03/01
2014/02/28
2014/02/27
2014/02/26
2014/02/25
2014/02/24
2014/02/23
2014/02/22
2014/02/21
2014/02/20
2014/02/19
2014/02/18
2014/02/17
2014/02/16
2014/02/15
2014/02/14
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/11
2014/02/10
2014/02/09
2014/02/08
2014/02/07
2014/02/06
2014/02/05
2014/02/04
2014/02/03
2014/02/02
2014/02/01
2014/01/31
2014/01/30
2014/01/29
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/26
2014/01/25
2014/01/24
2014/01/23
2014/01/22
2014/01/21
2014/01/20
2014/01/19
2014/01/18
2014/01/17
2014/01/16
2014/01/15
2014/01/14
2014/01/13
2014/01/12
2014/01/11
2014/01/10
2014/01/09
2014/01/08
2014/01/07
2014/01/06
2014/01/05
2014/01/04
2014/01/03
2014/01/02
2014/01/01
2013/12/31
2013/12/30
2013/12/29
2013/12/28
2013/12/27
2013/12/26
2013/12/25
2013/12/24
2013/12/23
2013/12/22
2013/12/21
2013/12/20
2013/12/19
2013/12/18
2013/12/17
2013/12/16
2013/12/15
2013/12/14
2013/12/13
2013/12/12
2013/12/11
2013/12/10
2013/12/09
2013/12/08
2013/12/07
2013/12/06
2013/12/05
2013/12/04
2013/12/03
2013/12/02
2013/12/01
2013/11/30
2013/11/29
2013/11/28
2013/11/27
2013/11/26
2013/11/25
在日ファンク、2015年に2つの自主企画イベント開催を発表
Mon, 17 Nov 2014 19:00:00 +0900
『在日ファンク presents「ば 」vol.1』 (okmusic UP\'s)

在日ファンクが11月16日(日)六本木EX THEATERにて開催された「笑うな」発売記念ツアーのMCで、2015年に2つの自主企画イベントを開催すること発表した。

【その他の画像】在日ファンク

ひとつは、2015年1月4日(日)渋谷TSUTAYA O-nestで開催される今年に続き2回目となる「新年会」で、在日ファンクのメンバーがそれぞれ活動するバンドが出演する。ライブ以外にもいろいろと催し物が準備される予定。フロントマンの浜野謙太は今年に続き、2年連続家族旅行のため欠席する。

ふたつめは、2015年2月24日(火)にLIQUIDROOM ebisuにて開催される、在日ファンクが新たに立ち上げる新企画ライブ。平日20時開場の働くサラリーマン、OLに優しいイベントで、新たな"ば(場)"の形成を目指すことをコンセプトに可掛けている。当日はゲストを迎え、「ファンクをストレートに打ち出したイベント」になる予定。ちなみにイベントタイトルは、9月3日に発売した3rdフルアルバム『笑うな』収録楽曲の「場」より名づけられている。

在日ファンクは、9月3日にリリースした3rdフルアルバム『笑うな』発売記念ツアーを終えたばかり。なお、台風19号接近による影響で、公演延期となった10月13日(月祝)名古屋CLUB QUATTRO公演の振り替えとなる1月9日(金)名古屋CLUB QUATTRO公演のチケット一般発売日が11月29日(土)であることも合わせて発表となった。

■【ライブ・イベント情報】

『在日ファンク presents「新年会ライブ」』
1月04日(日) 渋谷TSUTAYA O-nest
開場16:30/開演/17:00
チケット(11/22より各プレイガイドにて発売開始)
前売¥2,000(+D) 当日¥2,500(+D)
出演:コバンザメDUO/仰木亮彦&後関好宏/KPM(キウイとパパイヤ、マンゴーズ)/永田真毅/Gentle Forest 5 & Gentle Forest sisters/ジェントル久保田/MUDDY WORLD/村上啓太
※村上基は出演バンド未定
※浜野謙太は家族旅行で欠席
※在日ファンクの出演はございません

『在日ファンク presents「ば 」vol.1』
2月24日(火) LIQUIDROOM ebisu
開場/20:00開演/20:00
チケット(11/22より各プレイガイドにて発売開始)
前売¥3,000(+D) 当日¥3,500(+D)
出演:在日ファンク 
※ゲスト有り

在日ファンク『笑うな』発売記念ツアー 振替公演
1月09日(金) 名古屋 CLUB QUATTRO
開場/18:30開演/19:30
チケット(11/29より各プレイガイドにて発売開始)
前売¥3,900(+D) 当日¥4,400(+D)

【関連リンク】
在日ファンク オフィシャルHP
在日ファンクのハマケンがゾンビデビュー!?
在日ファンクの浜野謙太、9月30日(火)よりTBSラジオ「ザ・トップ5」水曜日を担当!
在日ファンク、メジャー1stアルバム発売記念ニコ生特番放送決定!

【関連アーティスト】
在日ファンク
【ジャンル】
ジャパニーズロック

加山雄三、ファイナルツアー中野サンプラザ公演にて旭日小綬章をお披露目
Mon, 17 Nov 2014 20:00:00 +0900
11月15日(土)@中野サンプラザ (okmusic UP\'s)

2014年4月11日に喜寿を迎えた加山雄三が、11月10日の伝達式後、はじめてのコンサートを11月15日(土)に中野サンプラザで開催した。

【その他の画像】加山雄三

ツアー形式としてはFINALの全都道府県ツアーを行なっている加山雄三。伝達式後、はじめてのコンサートとなった東京・中野サンプラザ公演のステージ上で、「77歳になってえらいものをもらっちゃいました」と語りながら、11月10日に受章した旭日小綬章を2200人のお客さんにお披露目した。「親父を超えようと思い、頑張ってきてここに立っているわけですが、みなさんの支えがあったからです。ありがとうございます」「そして旭日小綬章は、みなさんを代表してもらって来ました」とファンへの感謝を語った。さらに受章の喜びを共有すべく、旭日小綬章を手に持ち、会場に集ったファンの方との記念撮影も行なわれた。会場内は、「おめでとうございます」というお祝いの声が次々と送られる一方、<旭日小綬章 受賞おめでとうございます>という横断幕を用意したファンの姿も目にすることが出来た。

コンサートは、喜寿を迎えたとは思えないパワフルさでスペシャルバンドを従え、自身もギターを演奏しながらテンポよく「お嫁においで」や「旅人よ」「Yesterday」「海 その愛」などの自身の名曲たち全45曲を披露。満員の会場は、お祝いムードもあいまって、万感の拍手で包まれ素晴らしい空間が形成されていた。

なお、この日披露されたセットリストは、8月に行なわれた「加山雄三 LIVE in 日本武道館」から引き継がれている。この日本武道館公演での演奏した全45曲と桑田佳祐との共演シーンや人気曲10曲を抜粋した映像を収録した「若大将EXPO〜夢に向かって いま〜 加山雄三 Live in 日本武道館」も10月15日に発売されている。今回のファイナルツアーに足を運ぶことが出来ない方はもちろん、若大将のステージを見たことがない方は、このCDを聴いて“永遠の若大将"加山雄三を体感して欲しい。

■『加山雄三ファイナルホールコンサートツアー"若大将EXPO〜夢に向かっていま〜"』

11月23日(日) 三重・三重県文化会館
11月24日(月) 岐阜・長良川国際会議場
11月30日(日) 神奈川・よこすか芸術劇場
<2015年>
1月15日(木) 福岡・福岡サンパレス
1月17日(土) 長崎・長崎ブリックホール
1月18日(日) 大分・IICHICOグランシアタ
2月07日(土) 兵庫・神戸国際会館
2月08日(日) 広島・上野学園ホール
2月11日(水) 愛媛・松山市民会館
2月12日(木) 香川・サンポートホール高松
2月14日(土) 徳島・鳴門市文化会館
2月15日(日) 高知・高知県立県民文化ホール
2月21日(土) 新潟・新潟県民会館
2月22日(日) 新潟・上越文化会館
2月28日(土) 岡山・岡山市民会館
3月01日(日) 鳥取・米子コンベンションセンターBiG SHiP
3月07日(土) 長野・まつもと市民芸術館
3月14日(土) 静岡・清水文化会館マリナート
3月15日(日) 愛知・愛知県芸術劇場
3月21日(土) 山口・防府市公会堂
3月22日(日) 島根・島根県芸術文化センターグラントワ
3月28日(土) 埼玉・大宮ソニックシティ
3月29日(日) 神奈川・神奈川県民ホール
3月31日(火) 富山・オーバード・ホール
4月05日(日) 沖縄・沖縄コンベンションセンター
4月09日(木) 熊本・市民会館崇城大学ホール
4月11日(土) 宮崎・宮崎市民文化ホール
4月12日(日) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール
4月25日(土) 茨城・茨城県立県民文化センター
5月23日(土) 京都・文化パルク城陽
5月24日(日) 奈良・なら100年会館
5月30日(土) 滋賀・滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール
5月31日(日) 福井・フェニックス・プラザ
6月13日(土) 秋田・秋田県民会館
6月14日(日) 岩手・北上市文化交流センターさくらホール
6月20日(土) 和歌山・和歌山市民会館
6月21日(日) 佐賀・佐賀市文化会館
6月27日(土) 大阪・フェスティバルホール
7月04日(土) 山形・やまぎんホール
7月05日(日) 福島・會津風雅堂
7月10日(金) 北海道・ニトリ文化ホール
7月18日(土) 宮城・仙台サンプラザ
7月19日(日) 青森・青森文化会館
7月25日(土) 東京・NHKホール

【関連リンク】
加山雄三 オフィシャルHP
加山雄三、武道館公演のオープニングを務めるオヤジバンドが決定!
加山雄三率いるTHE King ALL STARSがインストアイベントを実施
加山雄三率いるTHE King ALL STARS、デビューシングル発売&インストア初握手会を実施

【関連アーティスト】
加山雄三
【ジャンル】
J-POP, ライブ

ネイザン・イースト初の単独来日公演、小田和正やJAY’EDなど日本のアーティスト達と連日共演!
Mon, 17 Nov 2014 19:30:00 +0900
ネイザン・イースト&小田和正  photo by :Jun Sato (okmusic UP\'s)

世界最高峰ベーシストと称されるネイザン・イーストが11月10日より来日! 30年以上のキャリアにして初のソロアルバム「NATHAN EAST」を携え、東京・大阪にて自身初となるソロ公演を行った。

【その他の画像】NATHAN EAST

ビルボードライブ(東京・大阪)にて4日間(計8公演)行われたライブは、ソロアルバムからの楽曲やネイザン本人が参加して生まれた空前の大ヒット曲であるDaft Punkの「Get Lucky」などが披露され、満席の会場を興奮の渦に巻き込んだ。

また、公演には毎回豪華ゲストが招かれ、11月10日(月)はJAY’ED11日(火)は小田和正とTOKU、13日(水)は杏里と、ネイザンと以前から交流があった日本の実力派アーティストたちが、ネイザンと共に圧巻のステージを繰り広げた。先日、「また君と feat. Ms.OOJA」がiTunesのR&Bチャート1位を獲得したJAY’EDは、ファレル・ウィリアムズの大ヒット曲「HAPPY」とDaft Punkの「Get Lucky」を熱唱。ネイザンが「日本の兄弟」と呼ぶ小田和正は、このファーストソロアルバムのために提供した楽曲「Finally Home」を共に披露。杏里は名曲「オリビアを聴きながら」を、ネイザンの美しいベースにのせて歌い上げた。

毎回、アンコールのバラード曲「America the Beautiful」がはじまるとステージ後方のカーテンが開き、美しい六本木の夜景をバックにネイザンがあたたかい音色を響かせ、会場は静かな感動に包まれた。

ネイザンの来日は、なんと今回で69回目。大の親日家として知られる彼のベースには、今回も日の丸がデザインされていた。公演を終えたネイザンは、ファンに向けて「これまでずっと叶えたかったソロとしてのデビュー公演を日本という第二の故郷で達成することができた」とのメッセージを贈った。

■写真クレジット
ネイザン・イースト&小田和正 … photo by :Jun Sato
ネイザン・イースト・バンド … photo by:Jun Sato
ネイザン・イースト&JAY’ED … photo by: Eric Micotto

■【ネイザン・イースト来日公演 セットリスト(11月10日)】

101 Eastbound
Can’t Find My Way Home
Sir Duke
Letter From Home
April
Overjoyed
Happy
Get Lucky
Daft Funk
America the Beautiful

■アルバム『NATHAN EAST』

発売中
YCCW-10217/2,500円 +税
<収録曲>
1. 101 Eastbound
2. Sir Duke
3. Letter From Home
4. Moondance (ft. Michael McDonald)
5. I Can Let Go Now (ft. Sara Bareilles)
6. Daft Funk ft. Byron“Mr. Talkbox"Chambers
7. Sevenate (ft. Chuck Loeb)
8. Can\'t Find My Way Home (ft. Eric Clapton)
9. Moodswing
10. Overjoyed (ft. Stevie Wonder)
11. Yesterday (duet with Noah East)
12. Finally Home (小田和正 提供(作曲), 日本盤にのみ収録)
13. Madiba (ft. David Paich)
14. America the Beautiful
15. Four On Six (日本盤ボーナストラック)

【関連リンク】
ネイザン・イースト、シークレット・パーティーでAIや福原美穂らとセッション!
ネイザン・イーストの特別映像に小田和正が参加
ネイザン・イースト、キャリア40年目のファースト・ソロアルバムにビッグ・ネームたちが集結!
KISS、待望の来日公演が決定! ももクロとの衝撃コラボも!?

【関連アーティスト】
NATHAN EAST, 小田和正
【ジャンル】
ポップス(洋楽), R&B/ソウル, ライブ

凛として時雨、バンド史上初となるベストアルバム&ニューシングル同時リリース決定
Mon, 17 Nov 2014 18:00:00 +0900
凛として時雨 (okmusic UP\'s)

凛として時雨がインディーズ時代をも網羅したバンド史上初となるベストアルバム『Best of Tornado』とニューシングル「Who What Who What」を2015年1月14日にリリースする事を発表した。

【その他の画像】凛として時雨

来年2015年は凛として時雨が会場での手売りを経て、現在の凛として時雨に至る歴史の1ページ目、まさにエピソード1とでも言うべき初めての全国流通盤『#4』をリリースしてから丁度10年目のアニバーサリー・イヤー。そこで昨今、多岐に渡るソロ活動を精力的に行なってきたメンバー3人にとっての音楽的基盤である凛として時雨としてのキャリアをここに総括し、全てのミュージック・ラヴァーにその素晴らしい作品世界をリマインドするための最重要アイテムとしてのコンプリート・ベスト・アルバムのリリースが決定した。

ベスト盤の収録楽曲は、今や凛として時雨のライヴにおける鉄板セットリストを担うキラー・チューン全15曲。ベスト・アルバムのリリースに際してフロントマンでありギターボーカル、さらにこれまでほとんどの楽曲においてエンジニアとして自らrec&mixを手掛けきたTKが"nakano kill you"など一部のインディーズ時代の楽曲に新たなミックスを施しており、さらに先日発売された新曲「Enigmatic Feeling」もシングルとは異なったTK自身によるMIXが施され、ここでしか聞けない2015MIXと称したベスト盤のみのエクスクルーシヴなニュー・ヴァージョン5曲を収録。

さらに凛として時雨の歴史を彩る名曲群に新しい息吹を吹き込んでくれたマスタリング・エンジニアにはジミー・ペイジ立ち会いのもと行なわれたLED ZEPPELINの歴史的リマスタリング・シリーズやプライマル・スクリームの名盤『スクリーマデリカ』20周年記念盤など錚々たるアーティストの節目とでも言うべき名作を手掛けるロンドンはメトロポリススタジオの名匠、ジョン・デイヴィスがロンドンにてTK監修のもと敢行。ジョン・デイヴィス曰く凛として時雨の作業中にメトロポリススタジオを訪れていたジミー・ペイジが感慨深くそのサウンドに耳を傾けていたとの噂も!?

これまで潔くシンプルに音源のみをリスナーに提案してきた凛として時雨は、基本アルバムは標準仕様の通常盤1形態のみのリリースを常としてきたが、今回はサウンド面における素晴らしい意匠が施された通常盤に加え、【Hyper Tornado Edition】と【Tornado Editon】といった特典ディスクとDVDを付加した3枚組の限定盤2形態を含むスペシャルな3形態でのリリースが実現!

特典DVDには、これまで作られたミュージックビデオを全11曲を収録しており、「abnormalize」「Enigmatic Feeling」以外のミュージックビデオは初の商品化。さらに、特典CDには、『#4』以前に制作され会場での手売りのみで販売されていた幻のCD『#3』の他、2006年に新宿ロフトで行われたライヴ音源が収録されるなどレア音源満載となっている。

そして今回の目玉とでも言うべきスペシャル・ボッックス【Hyper Tornado Editon】では、パッケージ自体も特別なものになっており、ロゴが箔押しされた25cm角の写真集をも彷彿させるような布貼りケースの中に、CD2枚+DVDを収録したケース+過去10年間のライブ写真や、レアなオフショット、TK自身がロンドンで撮り下ろした写真、メンバー同志で語るヒストリーなど、他では決して見る事の出来ない凛として時雨の全貌が真空パックされた100Pに及ぶブックレットが収録されるというファン垂涎、永久保存必至の豪華仕様。

もう一つの【Tornado Edition】は、デジパック仕様となっており、どちらも初回生産限定盤で数量限定につき早めの購入をお薦めする。そして凛として時雨としての歩みを集約したメモリアルなベストアルバムと同日に届けられる新曲『Who What Who What』。今後の凛として時雨の動向を占う最重要楽曲であるこの楽曲は、ベストアルバムには収録されておらず、その全貌は続報をもって徐々に明らかになる予定である。

ベストアルバムを引っ提げ、約2年振りの全国ツアーも発表。『凛として時雨 Hyper Tornado Tour 2015』と銘打ち、2015年2月から4月まで全国11箇所15公演で行なわれる。本日から11月26日(水)まで、オフィシャルホームページ抽選先行販売が行なわれるのでこちらも要チェック。

■アルバム『Best of Tornado』

2015年1月14日(水)発売
【Hyper Tornado Edition】(2CD+DVD)
AICL-2797〜2800/¥7,500+税
※初回生産限定豪華盤
※布張りスペシャル・パッケージ+100P Photobook
【Tornado Edition】(2CD+DVD)
AICL-2801〜3/¥4,200+税
※初回生産限定盤
※デジパック仕様
【通常盤】(CD)
AICL-2804/¥2,800+税

<Disc1 (CD)>
15曲収録・全楽曲ロンドン・メトロポリススタジオでのリマスタリング
01.JPOP Xfile
02.Telecastic fake show
03.abnormalize
04.illusion is mine
05.想像のSecurity(2015 mix)
06.DISCO FLIGHT
07.moment A rhythm(short ver.)
08.Beautiful Circus
09.I was music
10.鮮やかな殺人(2015 mix)
11.テレキャスターの真実(2015 mix)
12.nakano kill you(2015 mix)
13.Enigmatic Feeling(2015 mix)
14.Missing ling
15.傍観
<Disc2 (DVD)>
Music Video
(Sadistic Summer/想像のSecurity/DISCO FLIGHT/Telecastic fake show/JPOP Xfile/I was music/illusion is mine/abnormalize/Beautiful Circus/Metamorphose/Enigmatic Feeling)
<Disc3 (CD)>
01.テレキャスターの真実
02.赤い誘惑
03.Sergio Echigo
04.傍観 (from 「#3」)
+ライブ音源予定

■シングル「Who What Who What」

2015年1月14日(水)発売
【CD+DVD】
AICL-2795〜6/¥1,200+税

■【ライブ情報】

『凛として時雨 Hyper Tornado Tour 2015』
2月08日(日)  仙台RENSA
2月11日(水・祝) 広島CLUB QUATTRO
2月14日(土)  高松オリーブホール
2月21日(土)  金沢EIGHT HALL 
2月22日(日)  新潟LOTS
2月28日(土)  沖縄ナムラホール
3月05日(木)  Zepp Tokyo 
3月08日(日)  Zepp Nagoya 
3月09日(月)  Zepp Nagoya 
3月15日(日)  Zepp Fukuoka 
3月22日(日)  Zepp Sapporo 
3月26日(木)  大阪なんばHatch 
3月27日(金)  大阪なんばHatch 
4月04日(土)  Zepp Diver City 
4月05日(日)  Zepp Diver City

『凛として時雨 Presents"トキニ雨#14"』
12月18日(木)  大阪フェスティバルホール
OPEN 18:00/START 19:00
出演:凛として時雨/9mm Parabellum Bullet

【関連リンク】
凛として時雨 オフィシャルHP
凛として時雨、自主企画ライブ『トキニ雨』にて9mmとの対バンが決定
凛として時雨、新曲「Enigmatic Feeling」の特設ページ開設
ピエール中野、レコ発イベント前にUSTREAM放送決定&リクエスト開始

【関連アーティスト】
凛として時雨
【ジャンル】
ジャパニーズロック

大瀧詠一を取り上げたコラムページが話題に!
Mon, 17 Nov 2014 18:00:00 +0900
シュガー・ベイブ (okmusic UP\'s)

「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信している『TAP the POP』にて公開された、『大瀧詠一が自分のポップスで最初の完成品と言った「サイダー`74」が陽の目をみるまでの1年間』という記事がネット界隈の音楽ファンの間で話題を集めている。

【その他の画像】大滝詠一

執筆したのは佐藤剛氏。同氏は1977年から86年の解散まで甲斐バンドのマネージャーを務め、その後はファイブ・ディー代表として、ザ・ブーム、プライベーツ、宮沢和史、ヒートウェイヴ、中村一義、有里知花、スーパー・バター・ドッグ、ハナレグミ、小野リサなどのプロデュースを手がけてきた人物である。

そんな佐藤氏が綴った本稿は、大瀧詠一が自ら「大瀧ポップスの最初の完成品です」と自信を持って宣言した楽曲について。“ナイアガラ・サウンド”のベースが築かれたとも言えるCMソング「サイダー`74」の制作の裏側にスポットが当てられている。また、当時は音楽業界誌の記者だった佐藤氏が撮影した、シュガーベイブのメンバーさえ見た事がないという写真を使用しているということも話題となっている要因のひとつのようだ。

■『大瀧詠一が自分のポップスで最初の完成品と言った「サイダー`74」が陽の目をみるまでの1年間』
http://www.tapthepop.net/song/18506
■TAP THE POP
http://www.tapthepop.net/

【関連リンク】
大滝詠一、ベストアルバム『Best Always』詳細発表
大滝詠一、名曲「夢で逢えたら」の未発表本人歌唱ヴァージョンを含む初のベストアルバム発売決定
日本の音楽史に燦然と輝く、永遠に色褪せない名盤『A LONG VACATION』
大滝詠一を偲んで、「お別れ会」にはっぴいえんどのメンバーなど著名人が参列

【関連アーティスト】
大滝詠一
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

LOUD GRAPE、ニコ生「ときめき☆びじゅナイト」出演決定
Mon, 17 Nov 2014 17:00:00 +0900
LOUD GRAPE (okmusic UP\'s)

8年間にわたって少女-ロリヰタ-23区で活動したユ≠キとBANが在籍する期待のバンド・LOUD GRAPEが、11月18日(火)16:00よりニコニコ生放送「ときめき☆びじゅナイト」に出演する事が決定した。

【その他の画像】LOUD GRAPE

2014年1月にFWDが発足した「Riostar Records (ライオスターレコーズ)」所属後初の音源となるミニアルバム『Devils Chocolate』を11月26日にリリース。“毒"をコンセプトに制作された本作は、初回盤と通常盤の2形態が用意され、初回盤に付属するDVDには、LOUD GRAPE初となるミュージッククリップの他に、オフィショットやBANのチャレンジシリーズが収められ、通常盤は初回盤には収録されていない楽曲を含む全7曲で構成されている。現在オフィシャルYouTubeでは、アルバム『Devils Chocolate』の約2分にもおよぶSPOTを公開中なので、そちらも是非チェックしてほしい。

完全LIVE重視スタイルで、男らしく熱いライヴを展開しているLOUD GRAPE。来年2月には、LOUD GRAPE 1周年記念ワンマン 「PRIMAL SCREAM」を目黒鹿鳴館にて行なう事が決定している。

■【りあ(Vo)コメント】

今回LOUD GRAPE初となるMV撮影でしたが、普段と変わらないライヴ感をテーマに撮影に臨みました。普通合わせないような場所でメンバーの動きを揃えた奇抜な一体感だったりフルバージョンではさらに見所も沢山あります。音楽の価値観は人それぞれだけど、こんな音楽もあるんだって事が伝われば嬉しいです。自信作なのでよろしくお願いします。

■ミニアルバム『Devils Chocolate』SPOT映像
http://youtu.be/Wqo5W8d4oqs

■ミニアルバム『Devils Chocolate』

2014年11月26日(水)発売
【初回盤】(CD+DVD)
RIOC-007/008/¥2,800+税
<収録曲>
01. Bare feelings
02. New World
03. Lie on the kingdom
04. Emotional Rabbits
05. Drawing my colors
<DVD収録内容>
01. Bare feelings -Music Clip-
02. Shooting off shot
03. BANのチャレンジシリーズ

【通常盤】(CD)
RIOC-009/¥2,800+税
<収録曲>
01. Bare feelings
02. New World
03. Lie on the kingdom
04. Emotional Rabbits
05. I am…
06. universe.
07. Drawing my colors

■『LOUD GRAPE 1st ANNIVERSARY ONEMAN 「PRIMAL SCREAM」』

2月14日(土)  目黒鹿鳴館
OPEN 17:30 / START 18:00
チケット前売:¥3,500 / 当日 ¥4,000 (ドリンク代別途)

【関連リンク】
LOUD GRAPE オフィシャルHP
LOUD GRAPEがミニアルバムリリース等の重大発表を連発!
FWDが主催する新ライブイベントにBAROQUE、MERRYなどが出演決定
『Shock Edge Vol.10 -stylish waveへの道-』開催決定! 

【関連アーティスト】
LOUD GRAPE, 少女-ロリヰタ-23区
【ジャンル】
ビジュアル

ぐでたま、いやいや歌手デビュー!?
Mon, 17 Nov 2014 16:00:00 +0900
デジタルシングル「ぐでたまテーマソング」 (okmusic UP\'s)

脱力系キャラとして大人気となっている「ぐでたま」が、11月17日からレコチョク独占で「ぐでたまテーマソング」で歌手デビューすることが分かった。

【その他の画像】

ぐでたまとは、ぐでぐでとやる気のないたまごをモチーフにしたサンリオのキャラクター。今年の3月31日からスタートしたTBS朝の情報番組「あさチャン!」(毎週月〜金:5:30〜8:00)内の「ぐでたまチャンス!」で放送されてから毎日毎日そのあまりにやる気のないキャラクターっぷりが話題を呼び、20〜30代の女性を中心に幅広い年齢層で人気を博している。

その背景は朝の登校、出勤前のちょっとした「癒し」にある。忙しい毎日を送る現代人の「やるきがでない」「ちょっと弱音を吐きたいなあ」といったふとした瞬間や、「頑張りすぎなくていい」という自分自身の気持ちのゆとりがぐでたまのネガティブさに相まって共感を得ている。そんなぐでたまはこのネガティブさと裏腹にコラボカフェをオープンすれば連日長蛇の列、商品化の問い合わせが殺到、すでにグッズは200アイテムを超え、公式Twitterは23万人を突破! 先日発売したLINEスタンプでは堂々の1位を獲得するなどまさに破竹の勢いで日本中にぐでたま旋風を巻き起こしている。

そんななか、音楽業界への進出が決定した。11月17日からレコチョク独占で「ぐでたまテーマソング」で歌手デビューするというのだ。この楽曲はTBS「あさチャン!」内のショートムービーでも使われている脱力系音楽。「ぐ〜でたまたま ぐ〜でたまたま ぐでぐでぐでたま〜」というシュールなフレーズが師走の忙しい年末にかけてちょっとした「癒し」につながってくれると期待する。

歌手デビューに向けてぐでたまは「歌とかうたうのだりぃ…。アニメでタイトルコールしてる子どもたちにほとんど歌ってもらったから、歌手デビューってほどでもなくね〜?」と朝っぱらからいつもどおりのネガティブなコメントを寄せた。師走の音楽業界を席巻する!? 脱力系キャラ「ぐでたま」にますます目が離せない。

■デビューデジタルシングル「ぐでたまテーマソング」

2014年11月17日(月)より着うた(R)・着うたフル(R)・シングル レコチョクで独占先行配信スタート!
※TBS系月曜〜金曜朝5:30〜8:00「あさチャン!」内ショートアニメテーマソング
【レコチョクURL】http://recochoku.com/a0/gudetama/
【ぐでたま WEBSITE】 http://avex.jp/gudetama/
【ぐでたまサンリオURL】http://www.sanrio.co.jp/character/gudetama/
【TBS「あさチャン!」URL】http://www.tbs.co.jp/asachan/

<配信内容>
レコチョク独占先行配信!
着うた(R):4パターン
「たべられるだけだしver.」
「やめてくださいver.」
「あ〜だりぃver.」
「たまたまver.」
DL特典:待受け画像、ツイッターのヘッダー&アイコンの3点セット
着うたフル(R)(ガラケー)・シングル(スマホ)、RBT(リングバックトーン)

【関連リンク】
ハルカトミユキ、多数の新曲を披露した東名阪ワンマンツアーを完走
Hilcrhyme、2015年ツアー第2弾&ニューシングル発売発表
LiSA「SAOII」ED曲のミュージッククリップ公開
aiko、TV出演続々決定&ニューシングル購入者向けに今週末限定でポスタープレゼント

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

ハルカトミユキ、多数の新曲を披露した東名阪ワンマンツアーを完走
Mon, 17 Nov 2014 15:00:00 +0900
11月15日@恵比寿LIQUIDROOM (okmusic UP\'s)

東京で45年ぶりの積雪が記録された今年2月の大雪の渋谷CLUB QUATTROから9カ月ぶりとなる、ハルカトミユキの東京でのワンマンライヴが東名阪ワンマンツアーのファイナル公演として恵比寿リキッドルームにて開催された。

【その他の画像】ハルカトミユキ

2013年のメジャ−移籍第一弾1stアルバム『シアノタイプ』を経て、今年5月にリリースされた3rd EP『そんなことどうだっていい、この歌を君が好きだと言ってくれたら』収録の「その日がきたら」では破壊、喪失の果てに花開く再生、誕生を歌うなど新境地へ果敢に挑み続ける二人の動向に注目が集まる中、迎えた久々の東京公演、満場を埋め尽くすファンの期待は嫌が上にも高まり開演前の会場を緊張感が支配する。

ハルカトミユキ、二人の選曲による80\'SエレポップやQUEEN、トーキングヘッズという絶妙なBGMが軽快に流れ彼女たちの独特の世界観を更に演出する中、BGMがフェードアウトしピアノとシンセによる四ツ打ちのオリジナルのオープニングSEとクロスフェードしながら演奏はスタートした。会場が拍手に包まれる中、シルクのような光沢を有した白いTシャツと細身のパンツ身を包んだハルカの「ハルカトミユキです!」のMCと共に聞き慣れないメロディと共に幕を開けた1曲目はまさかの新曲! グルーヴィなロックチューン「生まれる」。久々のワンマンに懸けるメンバーの意気込みとテンションの高さが伝わるようなアグレッシヴなギター・サウンドが聴く者の魂を鷲掴みにする。これまでのファンの飢餓感を良い意味で裏切るかのように新曲「裸足」、さらに「もう1曲新曲やります!」のハルカのMCで四ツ打ちの「たった今、生まれたみたいにいたい!」の歌詞も示唆的な「子猫」という新曲をドロップ! 続けざまにライヴではお馴染のキャッチーなギター・リフも印象的な未発表曲「バッドエンドの続きを披露」。短距離走者のようにここまで一気に駆け抜けたハルカが緊張を解すかのように口を開く。「私たちの思いが爆発して飛び散って皆さんに届くように、そしてみんなも爆発してください!」会場から拍手が巻き起こる。ハルカの「残酷な曲を1曲!」のMCと共に2nd EP収録、大人になれない大人を謳った「未成年」。前回のワンマンからの長いインターバルが決して無為なものではなく様々な経験を経て骨太に成長したヒリヒリするようなロック・サウンドに観客は圧倒され続ける。

「ここからしばしミユキと二人だけでやります!」。バンドが一度はけて、ハルカトミユキふたりがステージに残る。先日の小劇場「新宿シアターモリエール」でのアコースティック・ワンマンのソールド・アウトも記憶に新しい、ハルカトミユキのもう一つの魅力とでも言うべきアコースティック・パートへ!

「未来予想図がないと解った時の、絶望とも違うふわっとした不安とかを描きたくて…」というハルカのMCから弾き語りで1stアルバムのタイトル・チューン「シアノタイプ」、そして未発表曲「ひとりごと」の2曲を披露。轟音バンドサウンドもいいが、シンプルな編成ゆえに優れたシンガーソングライター、ヴォーカリストとしての二人の資質がより浮き彫りにされるアコースティック・サウンドに観客は魅了され会場は心地良い静寂に包まれる。

ここで再びバンドのメンバーを迎えピアノのフレーズが印象的な未発表曲「middle」。この日初めてミユキが口を開いた。「今日もフレディ(マーキュリー)のTシャツを着てるんですけど(笑)、今日は東京ヴァージョンで来ました(笑)。(このTシャツのフレディの笑顔みたいに)ギャップ萌えで、私も皆さんの頭からこびりついて離れないようなライブをやるので宜しくお願いします!」ミユキのコミカルなMCに会場から笑い声が上がる。

「ここでカヴァーを1曲やります! フラカン先輩の負けない負け犬のテーマ・ソング、『感情七号線』!」YouTubeのオフィシャル・チャンネルで上述の「新宿シアターモリエール」でのアコースティック・ヴァージョンでの映像が公開され話題のハルカトミユキによるフラワーカンパニーズの「感情7号線」。10月22日に発売されたフラワーカンパニーズ トリビュートアルバム『I LOVE FC MORE THAN EVER 〜FLOWER COMPANYZ TRIBUTE〜』ではバンド・アレンジで収録されいる。この日は抑揚を押さえたアコースティツクなライヴ・ヴァージョンにて披露。大人を号泣させるあのフラカンによる負け犬ソングの名曲が透き通るようなハルカの歌声、息遣いと共により切なく儚く生まれ変わり、観客の涙腺を刺激するキラー・チューンと化していた。

ここでミユキが観客に呼び掛ける。「このツアー恒例の楽しいコーナーが始まります! 皆さん、盛り上がってくれますかー?」とコール&レスポンスを要求! ハルカトミユキ唯一の(笑)ダンス・ナンバー1stアルバム収録の「Hate you」をドロップ! モータウン風ビートにのせて君が嫌いな理由を繰り返すシニカルなラブ・ソング?!PVでも披露されていたようなミユキの珍妙なパフォーマンスに誘発されて会場からは手拍子が巻き起こる。

続けざまにシンセのストレンジなサウンドが誘う90\'sフレイヴァーのポスト・ロック・チューン、「花が咲いている」の歌詞が脳裏に焼き付いて離れない中毒性を有した「フラワー」(未発表曲)を経てライヴはいよいよ後半戦へ。おもむろにハルカが喋り出す。「本当にここに来るまで色々なことがあって…今凄く本当に素直に歌を聞いて欲しい、届けたいと思ってここに立ってます。新たな気持ちで歌いたいと思います!」のMCに会場から優しい拍手が鳴り響く中、最新作3rd EPから「その日がきたら」をドロップ!

ここからはファン待望のハルカトミユキの鉄板セットリストを展開。2nd EPからの「ニュートンの林檎」ではロック・フェスさながらに観客の手が上がる。さらに1stアルバムから2曲、「振り出しに戻る」では自然と手拍子が巻き起こる場面も、そしてライヴで大人気の「マネキン」を披露! 加えて1st EPから「プラスチック・メトロ」を矢継ぎ早に演奏し、会場の盛り上がりはこの日最高潮へ。

「次で最後の曲です!」ハルカのMCと共にラストは現時点の最新作3rd EPの最後を飾る「青い夜明け」。会場に響き渡る鳴り止まない拍手にすぐさま呼び戻された二人は再びステージへ。「アンコールありがとうございます!実はハルミユは今日が今年のライヴおさめになんです!」。ミユキの自然体のMCに会場の空気が和んで行くのが解る。アンコールの1曲目を飾るのはハルカの歌とミユキのピアノとだけという弾き語りスタイルで彼女達の代表曲2ndEP収録「ドライアイス」を情感豊かに歌い上げその素晴らしい歌声を会場に鳴り響かせた。そして本当に最後のナンバー、バンド・メンバーを従えて彼女達のデビュー曲1stEP収録の「Vanilla」を披露。印象的なの「Vanilla」のイントロの旋律が流れるや否や会場から大きな歓声が上がる。

9カ月もワンマンを待ち続けてくれたファンへ二人は感謝の言葉と共にふかぶかと頭を下げて手を振りながらステージを後にした。多数の新曲、未発表曲を数多く披露した久々の東名阪ワンマンツァーのツアー・ファイナル、東京、恵比寿リキッドルーム公演はメンバー決意表明とでも言うべき挑発的なタイトルの新曲「生まれる」からデビュー曲「Vanilla」で終わるというハルカトミユキのヒストリーを逆回しで遡るようなクロニクルの如き構成のワンマンはここに終演を迎えた。大阪、名古屋では「新しく生まれ変わります!」とステージから公言していたそうだが、青写真どころか新しく生まれ変わろうともがきながら進化し続けるハルカトミユキの輝かしいこれからを占う素晴らしい一夜は幕を閉じた。暗転から客電が灯り流れるBGMがミユキの偏愛するQUEENの名曲「SOMEBODY TO LOVE」であったことを付記しておく(笑)。

Photo:Aki Ishii

■【セットリスト】

01. 生まれる (新曲)
02. 裸足 (新曲)
03. 子猫 (新曲)
04. バッドエンドの続きを (未発表曲)
05. 未成年
06. シアノタイプ
07. ひとりごと (未発表曲)
08. middle (未発表曲)
09. 感情七号線 (フラワーカンパニーズ/カバー)
10. Hate you
11. フラワー (新曲)
12. その日がきたら
13. ニュートンの林檎
14. 振り出しに戻る
15. マネキン
16. プラスチック・メトロ
17. 青い夜更け
<ENCORE>
ec1. ドライアイス
ec2. Vanilla

Band Member:
Gu.佐藤 亮
Ba.イワイエイキチ
Dr.中畑大樹

【関連リンク】
ハルカトミユキ オフィシャルHP
ハルカトミユキ、フラカンのカバー「感情七号線」アコースティックライブ映像を公開
フラワーカンパニーズ、25周年記念トリビュートアルバムに参加する豪華13組が決定
ハルカトミユキ、初アコースティックワンマン開催&ヒトリエとの対バンが決定

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ
【ジャンル】
J-POP, ライブ

BIGBANG、2年連続5大ドームツアーがナゴヤドームにて開幕
Mon, 17 Nov 2014 14:00:00 +0900
11月15日(土) @ナゴヤドーム(BIGBANG) (okmusic UP\'s)

BIGBANGが海外アーティスト史上初の2年連続日本5大ドームツアー『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014〜2015 "X"』を11月15日のナゴヤドーム公演にてスタートさせた。

【その他の画像】BIGBANG

全5都市15公演で総動員予定数は74万1,000人、1ツアーで京セラドーム大阪を7公演実施するという国内外アーティスト含め史上初の快挙を達成、その勢いはとどまることを知らない。

ナゴヤドーム公演では、BIGBANGとしては初のセンターステージに挑戦。観客は360度、メンバーとより近い距離で楽しめる公演となっており、2013年2014年とメンバーの勢力的なソロ活動を経てスケールアップした5人のパフォーマンス力に新たなバンドアレンジなども加わり、約2時間半に及ぶ圧巻なステージングは超満員で溢れかえる4万人のファンを魅了した。

今回のドームツアーにはオープニングアクトとして、YG ENTERTAINMENTの新人ボーイズグループ“iKON”が出演。iKONは、デビューをかけた韓国のオーディション番組「MIX & MATCH」に勝ち残った7人で構成されるグループ。正式メンバーに決まっていたB.I、BOBBY、キム・ジンファンを除くYGの練習生6人が、約2カ月間にわたってグループ加入を目指しバトルを繰り広げ、先日11月6日に放送された「MIX & MATCH」最終回でキム・ドンヒョクが最後のメンバーとして決定、全メンバーがそろった。オープニングアクトでは「LONG TIME NO SEE」「シノシジャク」の2曲を披露。いずれもメンバー自身が作詞・作曲に参加し、「MIX & MATCH」で生まれた思い入れの強い楽曲。その新人らしからぬ堂々としたパフォーマンスは来場したファンから早くも熱烈な歓迎を受けており、期待の高さがうかがえる。

『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014〜2015 "X"』はまだスタートしたばかり。今後11月20日〜23日京セラドーム大阪、12月6日・7日 福岡 ヤフオク!ドーム、12月20日札幌ドーム、12月25日〜27日東京ドーム、2015年1月16日〜18日京セラドーム大阪へと続く。

またBIGBANGの日本デビュー5周年・5大ドームツアー開催を記念し、自身のこれまでの代表曲を全50曲という大ボリュームで収録した、まさに究極とも言えるベストアルバム『THE BEST OF BIGBANG 2006-2014』が11月26日(水)に発売される。こちらも楽しみに待っていよう。

■『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2014〜2015 "X"』

11月20日(木)  京セラドーム大阪
11月21日(金)  京セラドーム大阪
11月22日(土)  京セラドーム大阪
11月23日(日)  京セラドーム大阪
12月06日(土)  福岡 ヤフオク!ドーム
12月07日(日)  福岡 ヤフオク!ドーム
12月20日(土)  札幌ドーム
12月25日(木)  東京ドーム ※再追加公演
12月26日(金)  東京ドーム
12月27日(土)  東京ドーム
<2015年>
1月16日(金)  京セラドーム大阪 ※追加公演
1月17日(土)  京セラドーム大阪 ※追加公演
1月18日(日)  京セラドーム大阪 ※追加公演

■アルバム『THE BEST OF BIGBANG 2006-2014』

2014年11月26日(水)発売
【3CD+2DVD】
AVCY-58270~2/B~C/¥6,000+税
【3CD】
AVCY-58273~5/¥3,500+税
<収録内容>
■DISC 1
01. MY HEAVEN
02. ガラガラ GO!!
03. Baby Baby -Japanese Version-
04. Always -Japanese Version-
05. 声をきかせて
06. Tell Me Goodbye
07. BEAUTIFUL HANGOVER
08. HANDS UP
09. TONIGHT
10. Ms. LIAR
11. HaruHaru -Japanese Version-
12. FANTASTIC BABY
13. BLUE
14. FEELING
15. BAD BOY
16. EGO
17. MONSTER
■DISC 2
01. OH YEAH feat. BOM (from 2NE1) / GD&TOP
02. HIGH HIGH / GD&TOP
03. あんなヤツ / G-DRAGON
04. ピタカゲ (CROOKED) / G-DRAGON
05. WHO YOU? / G-DRAGON
06. TURN IT UP / T.O.P
07. DOOM DADA / T.O.P
08. EYES, NOSE, LIPS / SOL
09. RINGA LINGA / SOL
10. 1AM / SOL
11. WINGS / D-LITE
12. Rainy Rainy / D-LITE
13. SHUT UP / D-LITE
14. WHAT CAN I DO / V.I
15. 僕を見つめて [GOTTA TALK TO U] / V.I
16. STRONG BABY / V.I
■DISC 3
01. WE BELONG TOGETHER
02. A FOOL OF TEARS
03. V.I.P
04. BIGBANG (INTRO)
05. LA-LA-LA
06. SHE CAN\'T GET ENOUGH
07. DIRTY CASH
08. SHAKE IT
09. LIES
10. ALWAYS
11. LAST FAREWELL
12. CRAZY DOG
13. LADY
14. NUMBER 1
15. SUNSET GLOW
15. HALLELUJAH
17. LOLLIPOP
■DVD_DISC 1 [MUSIC VIDEO] ※APPROX 131 min
・MY HEAVEN
・ガラガラ GO!!
・声をきかせて
・Tell Me Goodbye
・BEAUTIFUL HANGOVER
・TONIGHT
・FANTASTIC BABY
・BLUE
・BAD BOY
・MONSTER
・OH YEAH feat. BOM (from 2NE1) / GD&TOP
・ピタカゲ (CROOKED) / G-DRAGON
・WHO YOU? / G-DRAGON
・TURN IT UP / T.O.P
・DOOM DADA / T.O.P
・RINGA LINGA / SOL
・1AM / SOL
・WINGS / D-LITE
・SHUT UP / D-LITE
・僕を見つめて [GOTTA TALK TO U] / V.I
・STRONG BABY / V.I
・WE BELONG TOGETHER
・A FOOL OF TEARS
・LA-LA-LA
・DIRTY CASH
・LIES
・ALWAYS
・LAST FAREWELL
・HARU HARU
・NUMBER 1
・SUNSET GLOW
・LOLLIPOP
■DVD_DISC 2 [a-nation stadium fes. 2014 inゼリー]
・TONIGHT
・HANDS UP
・FANTASTIC BABY
・FEELING
・ガラガラ GO!!
・HaruHaru -Japanese Version-
・BAD BOY
・声をきかせて
・MY HEAVEN
・FANTASTIC BABY (Encore)

【関連リンク】
BIGBANG オフィシャルHP
BIGBANGのD-LITE、最新MVでパジャマ姿や赤ちゃんなど八変化!?
BIGBANG、日本デビュー5周年&5大ドームツアー開催記念ベスト盤発売決定
SOL(BIGBANG) 、ツアーファイナルの大阪城ホールにG-DRAGONがサプライズ出演

【関連アーティスト】
BIGBANG, IKON
【ジャンル】
K-POP, ライブ

KISS、待望の来日公演が決定! ももクロとの衝撃コラボも!?
Mon, 17 Nov 2014 13:45:00 +0900
KISS (okmusic UP\'s)

2015年、伝説をさらに色濃く塗り替えるかのように、KISSがふたたび日本上陸を果たす事が決定した。

【その他の画像】KISS

今回のツアーでは大阪、名古屋に加えて広島や仙台での公演が含まれている他、その千秋楽には、実に14年ぶりとなる東京ドーム公演が据えられている。KISSを愛するすべて の人たちをひとつの場所に集めたい??彼らのそうした強い願望が込められているのだ。しかも、1974年2月に1stアルバムを発表しているKISSにとって、このジャパン・ツアーはデビュー40周年記念ツアーのクライマックスにあたるもの。この場で40年間に及ぶ歴史の集大成と、次の新たな章に向かう彼らの姿が同時に披露されることになる。

確かにそこに、オリジナル・メンバーであるエース・フレーリーとピーター・クリスは不在である。しかしポールは「ジーンと俺がすべてを取り戻すことができたのも、トミーやエリックの献身があってこそ。彼らの存在があったからこそ現在まで前進し続けることができた」と語り、ジーンもまた 「ふたたびオリジナル・ラインナップでリユニオンすることはない。それはこのバンドにとって終焉を意味する」とまで述べている。

実際、エース以上にエースを知り尽くしたトミーと、ピーター以上にピーターの役割を担うことのできるエリックを擁する現在のKISSこそ、ある意味オールマイティかつ最強ということになるはずなのだ。過去さまざまな時代の代表曲はもちろん、ポールやジーンが忘れかけているようなレア楽曲すら即座に演奏できてしまうのがトミーとエリック。この日本公演では、豊富な過去楽曲のなかからもたくさんのキラー・チューンが披露されるはずだ し、まだ一度もこの国で演奏されたことのないナンバーも飛び出すことになるかもしれない。そして当然ながら、満足はあらかじめ100パーセント確約されている。

生ける伝説であると同時に、今も現在進行形であり続けているKISS。彼らにしか体現することができない至上のロックン・ロール・サーカスを、 あなたにも確実に目撃して欲しい。

また、千秋楽となる東京ドーム公演にはももいろクローバーZの参戦が決定! それに先駆け、なんとコラボレーションシングルを2015年1月28日に発売することを全世界同時発表した。KISSがももいろクローバーZに強い興味を持ち、それが縁となって今回のコラボレーションが実現したとのこと。コラボシングルは世界約120ヶ国のiTunes Music Storeでも配信される予定だ。尚、KISSと日本人アーティストのコラボレーションは今回が初の試みとなる。

■【各アーティスト コメント】

■ Paul Stanley(KISS)コメント
KISSのロックンロールとももクロのコラボレーションが実現した訳だ。とても楽しみだよ。ももいろクローバーZの音を聴いてみて、ロックでスタイリッシュでももクロ史上に残る特別な曲を彼女たちのために作ることができると確信した。私たちが今日観た彼女たちの振り付けは、サムライであり、相撲であり、芸者であり、ただただ美しかった。心の底から訴えてくる音楽になったと思う。私たちにとっても特別な曲です。彼女たちの音楽に携わることができて光栄に思っている。私たちのコンサートにも是非足を運んで下さい。そして私たちと一緒にももクロのコンサートを観に行きましょう! すごいことになるはずだ。

■Gene Simmons(KISS)コメント
私たちはももクロを知っているし、ももクロのコンサートが素晴らしいことも知っている。ももクロが日本のスターだということも知っている。このスーパースター ガールズと同じステージに立ってみたい。素晴らしいことになるはずだ。

■?百田夏菜子(ももいろクローバーZ)コメント
まさかのKISSさんと国境を越えたコラボレーション!!
こんなことがほんとに実現するなんて夢みたいですが、KISSさんがずっと歩いてきた道は、私達が目指してる道と重なる部分があり、今回は一緒にその先にあるものを作り上げることが出来て、すごく嬉しかったです!! 国は違くても! 歳も違くても!(笑) 思ってることは一緒!! この作品でKISSさんと一緒に世界中の笑顔を奪いにいきます!!

■「KISS JAPAN TOUR 2015」

2月23日(月) 名古屋 日本ガイシホール
2月25日(水) 大阪城ホール
2月26日(木) 広島サンプラザホール
2月28日(土) 仙台 セキスイハイムスーパーアリーナ
3月03日(火) 東京ドーム
※ももいろクローバーZの出演は東京公演のみになります。
     
チケット:S¥12,500 A¥11,000 B¥9,000(税込)
一般発売:12月6日(土)より発売開始

【関連リンク】
KISS オフィシャルHP
VAMPS主宰『HALLOWEEN PARTY』が今年も開幕!
ももいろクローバーZ、「女祭り」を女性限定でライブ・ビューイング実施!
話題の「オールナイトニッポンRadio Live 忘れられぬミュージック」、プレイガイド最速プレオーダー開始!

【関連アーティスト】
KISS, ももいろクローバーZ
【ジャンル】
ポップス(洋楽)

VAMPS、名古屋で開催中の写真展にサプライズ登場でファン騒然!
Mon, 17 Nov 2014 13:00:00 +0900
VAMPS 名古屋で開催中の写真展「VAMPS 13」会場にサプライズ登場 (okmusic UP\'s)

ニューアルバム『BLOODSUCKERS』をひっさげ、全国ツアー「VAMPS LIVE 2014 - 2015」を敢行中のVAMPSだが、ツアー先の名古屋で開催中の写真展「VAMPS 13」会場に突如HYDEとK.A.Zが現れ、会場に居合わせたファンにとっては嬉しいサプライズが実現した。

【その他の画像】VAMPS

こちらは11月16日にニコニコ生放送で、VAMPSのイベント「VAMPARK」と写真展「VAMPS 13」の模様を名古屋から生中継した中でのサプライズ。突然現れたVAMPSのふたりを会場にいた多くのファンが取り囲み、中継とインタヴューを行なう場所に向かうのが困難になるほどの熱狂が会場を取り込んだ。無事インタヴューは始まり、名古屋滞在を楽しんでいることなどがVAMPSのふたりからコメントされ、名古屋のファンからは「名古屋にずっといて!」などの声も飛んだ。

今後のVAMPSの年内のライヴも札幌、大阪の数公演を残してチケットはソールド・アウトしているが、各地でのサプライズが続いている中(福岡ではFMラジオのサテライト・スタジオにサプライズ登場)、今後もサプライズは続くのかが注目されそうだ。

■「VAMPS LIVE 2014 - 2015」

11月17日(月) ZEPP NAGOYA
11月18日(火) ZEPP NAGOYA
11月21日(金) ZEPP SAPPORO
11月23日(日) ZEPP SAPPORO
11月24日(月・祝) ZEPP SAPPORO
12月02日(火) なんばHATCH
12月03日(水) なんばHATCH
12月05日(金) なんばHATCH
12月06日(土) なんばHATCH
12月08日(月) なんばHATCH
12月09日(火) なんばHATCH
12月11日(木) なんばHATCH
12月12日(金) なんばHATCH
12月14日(日) なんばHATCH
12月15日(月) なんばHATCH
01月10日(土) ZEPP TOKYO
01月11日(日) ZEPP TOKYO
01月13日(火) ZEPP TOKYO
01月14日(水) ZEPP TOKYO
01月17日(土) ZEPP TOKYO
01月18日(日) ZEPP TOKYO
01月20日(火) ZEPP TOKYO
01月21日(水) ZEPP TOKYO
01月24日(土) ZEPP TOKYO
01月25日(日) ZEPP TOKYO

【関連リンク】
VAMPS オフィシャルHP
VAMPS、名古屋で開催中のイベントを生中継! 運が良ければ本人登場?
VAMPS、約1年ぶりのツアーが福岡よりスタート!
VAMPS、ニューアルバムがアジア3地域で1位獲得&音楽番組「どぅんつくぱ」出演!

【関連アーティスト】
VAMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Hilcrhyme、2015年ツアー第2弾&ニューシングル発売発表
Mon, 17 Nov 2014 12:00:00 +0900
Hilcrhyme  (okmusic UP\'s)

Hilcrhymeが3月29日愛知県芸術劇場を皮切りにした全国ツアー第2弾とニューシングルの発売を発表した。

【その他の画像】Hilcrhyme

Hilcrhymeは今年9月6日に開催された日本武道館公演を“完全収録"したDVDを12月24日(水)に発売。また、来年のツアーに関してはすでに、自身のツアーやワンマンライブをまだ開催していないエリアでのツアー、Hilcrhyme TOUR 2015「イッタコトナイ。」が発表されているが。今回発表されたのはそれとは別のツアーだ。3月29日(日)愛知県芸術劇場を皮切りに5月17日(日)の東京・NHKホールまでの全国16会場で開催される。

そして、今年8月に発売された「FLOWER BLOOM」以来となるニューシングルを、来年2月に発売することが決定。現在制作中とのこなので、詳細発表を待とう。

■Hilcrhyme 2015年ツアー第二弾

3月29日(日) 愛知 愛知県芸術劇場    
4月04日(土) 広島 広島CLUB QUATTRO  
4月05日(日) 岡山 岡山市民会館      
4月11日(土) 神奈川 横浜関内ホール   
4月12日(日) 栃木 栃木県総合文化センター
4月18日(土) 大阪 オリックス劇場
4月19日(日) 静岡 アクトシティ浜松
4月24日(金) 群馬 前橋市民文化会館
4月25日(土) 新潟 新潟県民会館
4月29日(水・祝) 北海道 道新ホール
5月02日(土) 宮城 仙台イズミティ21
5月05日(火・祝) 大分 大分DRUM Be-0
5月06日(水・祝) 福岡 福岡市民会館
5月09日(土) 新潟 上越文化会館
5月10日(日) 石川 金沢市文化ホール
5月17日(日) 東京 NHKホール

■DVD『Hilcrhyme in 日本武道館〜Junction〜』

2014年12月24日(水)発売
UPBH-1375/6/¥6,048(税込)
※初回プレス分のみに、ラミネート加工のバックステージパス(レプリカ)を封入
<収録曲>
01.リサイタル
02.ルーズリーフ
03 .パーソナルCOLOR
04.ジグソーパズル
05.蛍  
06.光
07.ツボミ
08.FLOWER BLOOM
09.No.109
10.押韻見聞録
11.イバラの道 feat. BOXER
12.純也と真菜実
13 .Changes
14.My Place
15.友よ
16.Your Smile
17.SEA BREEZE ?Instrumental- (DJ KATSUソロ)
18.BirthDay (TOCソ ロ)
19.Lost Love Song
20.Summer Up feat. HIKAKIN
21.射程圏内 feat. SUNSQRITT
22.RIDERS HIGH
23 .NOISE
24.トラヴェルマシン
25.大丈夫
26.no one
27.鼓動
-Encore-
01.MESSAGE BOX
02.春夏秋冬
03 .エール
■ライブ当日のメンバーを追ったドキュメンタリー映像収録

【関連リンク】
Hilcrhyme オフィシャルHP
Hilcrhymeがクリスマスイブに初日本武道館のLIVE DVDをリリース
Hilcrhyme、デビュー5周年の集大成となった初の日本武道館公演が大盛況!
Hilcrhyme、“ライトペインティング”による「鼓動」のリリックビデオを公開

【関連アーティスト】
Hilcrhyme
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ, J-POP

甲斐バンドの楽曲を5人の映画監督が短編映画に!DVD BOXセットとして発売!
Mon, 17 Nov 2014 11:00:00 +0900
甲斐よしひろ&青山真治、榊英雄、長澤雅彦、橋本一、三島有紀子 (okmusic UP\'s)

5人の映画監督が甲斐バンドの楽曲をモチーフに短編映画を制作することが発表された。この短編映画はKADOKAWAメディアファクトリーから通販限定の完全予約受注生産商品として、2015年3月18日(水)にDVD BOXセットして発売される。

【その他の画像】甲斐バンド

短編映画は『EUREKA (ユリイカ)』などで知られる青山真治、『捨てがたき人々』などで知られる榊英雄、『夜のピクニック』などで知られる長澤雅彦、『探偵はBARにいる』などで知られる橋本一、『ぶどうのなみだ』など知られる三島有紀子の5人の映画監督が甲斐バンドの楽曲をモチーフに、それぞれの視点で制作する。

それぞれの短編映画には楽曲とは別の映画タイトルがつけられ、映画監督と甲斐バンドのコラボレーションにより、楽曲がまた新たな作品として生まれ変わる。作品全体としては「生きることを素晴らしいと思いたい」ということをテーマに掲げ、この言葉が用いられている甲斐バンドの楽曲「破れたハートを売り物に」作品全体のタイトルとして名づけられている。

この映像は短編映画集としてDVD BOXセットで2015年3月18日に発売。BOXセットには、短編映画集DVDに加え、5人の監督と甲斐よしひろとの対談や映画のメイキングなどが収録されたDVD、さらにサウンドトラック盤CDとブックレットが収められている。この商品は、KADOKAWAメディアファクトリーブランドカンパニーが運営する通販サイト『MF MUSIC DIRECT』の特設サイトのみで予約限定生産商品とし申し込みを受付中。期間は2015年1月21日まで。

■DVD BOXセット『破れたハートを売り物に』

2015年3月18日(水)発売
※この商品は、通販限定の完全予約受注生産商品となります。通販予約サイト「MF MUSIC DIRECT」以外での販売はございません。
商品価格:¥9,800+税(送料別)
発売・販売:株式会社KADOKAWA メディアファクトリー
通販予約サイト:「MF MUSIC DIRECT」
http://mfmd.jp/kaicinema/
予約申込期間:2014年11月15日(土)〜2015年1月21日(水)

■商品内容
1.DVD 【DISC1】(約75分)
・5名の監督が制作した短編映画5作品を収録した短編映画集
2.DVD 【DISC2】(約60分)
・5名の映画監督と甲斐よしひろによる対談集+メイキング映像
3 .オリジナル・サウンドトラックCD
・映画で使用される楽曲及び劇伴を収録したオリジナルサウンドトラックCD
4.ブックレット(16ページ予定)
※上記がBOXに入ったDVD BOXセットになります。

<映画監督/作品紹介>
■青山真治 監督作品
予定楽曲:1978年リリース「HERO(ヒーローになる時、それは今)」
《主な映画監督作品》『EUREKA(ユリイカ)』(2000年)、『東京公園』(2011年)、『共喰い』(2013年)

■榊英雄 監督作品
予定楽曲:1979年リリース「安奈」
《主な映画監督作品》『ぼくのおばあちゃん』(2008年)、『誘拐ラプソディ』(2009年)、『捨てがたき人々』(2014年)

■長澤雅彦 監督作品
予定楽曲:1977年リリース「そばかすの天使」
《主な映画監督作品》『夜のピクニック』(2006年)、『天国はまだ遠く』(2008年)、『恋』(2014年)

■橋本一 監督作品
予定楽曲:1980年リリース「漂泊者(アウトロー)」
《主な映画監督作品》『茶々 天涯の貴妃』(2007年)、『探偵はBARにいる』(2011年)、『王妃の館』(2015年公開予定)

■三島有紀子 監督作品
予定楽曲:1976年リリース「らせん階段」
《主な映画監督作品》『しあわせのパン』(2012年)、『ぶどうのなみだ』(2014年)、『繕い裁つ人』(2015年1月公開予定)

【関連リンク】
短編映画「破れたハートを売り物に」特設公式サイト
甲斐バンドが最後のツアーをスタート
aiko、TV出演続々決定&ニューシングル購入者向けに今週末限定でポスタープレゼント
倉木麻衣が約100名のなりきり倉木麻衣とともに「Love, Day After Tomorrow」を大合唱

【関連アーティスト】
甲斐バンド
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1