歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2014年11月13日)
バックナンバー
最新ニュース
2014/11/22
2014/11/21
2014/11/20
2014/11/19
2014/11/18
2014/11/17
2014/11/16
2014/11/15
2014/11/14
2014/11/13
2014/11/12
2014/11/11
2014/11/10
2014/11/09
2014/11/08
2014/11/07
2014/11/06
2014/11/05
2014/11/04
2014/11/03
2014/11/02
2014/11/01
2014/10/31
2014/10/30
2014/10/29
2014/10/28
2014/10/27
2014/10/26
2014/10/25
2014/10/24
2014/10/23
2014/10/22
2014/10/21
2014/10/20
2014/10/19
2014/10/18
2014/10/17
2014/10/16
2014/10/15
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
2014/08/06
2014/08/05
2014/08/04
2014/08/03
2014/08/02
2014/08/01
2014/07/31
2014/07/30
2014/07/29
2014/07/28
2014/07/27
2014/07/26
2014/07/25
2014/07/24
2014/07/23
2014/07/22
2014/07/21
2014/07/20
2014/07/19
2014/07/18
2014/07/17
2014/07/16
2014/07/15
2014/07/14
2014/07/13
2014/07/12
2014/07/11
2014/07/10
2014/07/09
2014/07/08
2014/07/07
2014/07/06
2014/07/05
2014/07/04
2014/07/03
2014/07/02
2014/07/01
2014/06/30
2014/06/29
2014/06/28
2014/06/27
2014/06/26
2014/06/25
2014/06/24
2014/06/23
2014/06/22
2014/06/21
2014/06/20
2014/06/19
2014/06/18
2014/06/17
2014/06/16
2014/06/15
2014/06/14
2014/06/13
2014/06/12
2014/06/11
2014/06/10
2014/06/09
2014/06/08
2014/06/07
2014/06/06
2014/06/05
2014/06/04
2014/06/03
2014/06/02
2014/06/01
2014/05/31
2014/05/30
2014/05/29
2014/05/28
2014/05/27
2014/05/26
2014/05/25
2014/05/24
2014/05/23
2014/05/22
2014/05/21
2014/05/20
2014/05/19
2014/05/18
2014/05/17
2014/05/16
2014/05/15
2014/05/14
2014/05/13
2014/05/12
2014/05/11
2014/05/10
2014/05/09
2014/05/08
2014/05/07
2014/05/06
2014/05/05
2014/05/04
2014/05/03
2014/05/02
2014/05/01
2014/04/30
2014/04/29
2014/04/28
2014/04/27
2014/04/26
2014/04/25
2014/04/24
2014/04/23
2014/04/22
2014/04/21
2014/04/20
2014/04/19
2014/04/18
2014/04/17
2014/04/16
2014/04/15
2014/04/14
2014/04/13
2014/04/12
2014/04/11
2014/04/10
2014/04/09
2014/04/08
2014/04/07
2014/04/06
2014/04/05
2014/04/04
2014/04/03
2014/04/02
2014/04/01
2014/03/31
2014/03/30
2014/03/29
2014/03/28
2014/03/27
2014/03/26
2014/03/25
2014/03/24
2014/03/23
2014/03/22
2014/03/21
2014/03/20
2014/03/19
2014/03/18
2014/03/17
2014/03/16
2014/03/15
2014/03/14
2014/03/13
2014/03/12
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/09
2014/03/08
2014/03/07
2014/03/06
2014/03/05
2014/03/04
2014/03/03
2014/03/02
2014/03/01
2014/02/28
2014/02/27
2014/02/26
2014/02/25
2014/02/24
2014/02/23
2014/02/22
2014/02/21
2014/02/20
2014/02/19
2014/02/18
2014/02/17
2014/02/16
2014/02/15
2014/02/14
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/11
2014/02/10
2014/02/09
2014/02/08
2014/02/07
2014/02/06
2014/02/05
2014/02/04
2014/02/03
2014/02/02
2014/02/01
2014/01/31
2014/01/30
2014/01/29
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/26
2014/01/25
2014/01/24
2014/01/23
2014/01/22
2014/01/21
2014/01/20
2014/01/19
2014/01/18
2014/01/17
2014/01/16
2014/01/15
2014/01/14
2014/01/13
2014/01/12
2014/01/11
2014/01/10
2014/01/09
2014/01/08
2014/01/07
2014/01/06
2014/01/05
2014/01/04
2014/01/03
2014/01/02
2014/01/01
2013/12/31
2013/12/30
2013/12/29
2013/12/28
2013/12/27
2013/12/26
2013/12/25
2013/12/24
2013/12/23
2013/12/22
2013/12/21
2013/12/20
2013/12/19
2013/12/18
2013/12/17
2013/12/16
2013/12/15
2013/12/14
2013/12/13
2013/12/12
2013/12/11
2013/12/10
2013/12/09
2013/12/08
2013/12/07
2013/12/06
2013/12/05
2013/12/04
2013/12/03
2013/12/02
2013/12/01
2013/11/30
2013/11/29
2013/11/28
2013/11/27
2013/11/26
2013/11/25
2013/11/24
2013/11/23
2013/11/22
2013/11/21
ダウト、メンバー5人でのラストライブを収録したDVDをリリース
Thu, 13 Nov 2014 20:30:00 +0900
ダウト (okmusic UP\'s)

9月23日に渋谷公会堂で行なわれたダウトのオリジナルメンバー5人でのラストライブ “ダウト自作自演【絆-kiz[U]na-】TOUR\'14「我ガ全身全霊魂ハ永久ニ不滅ナリ」"のDVDが、12月3日に発売となる。

【その他の画像】ダウト

この日に卒業となったミナセ(Dr)のプレイが見られる最後の作品となる同DVDは、当日演奏した全23曲にもちろんミナセの卒業式も収録されている。会場で立ち会えたファンも、惜しくもこのライブを見逃したファンもぜひこの感動を再び味わっていただきたい、永久保存版DVDとなっている。

また、ダイジェスト版も視聴可能なので、購入を迷っている方はそちらをチェックしてみてほしい。さらに、店舗によっては予約特典もあるとのこと。ファンの方は是非こちらもゲットしよう。

■【ダウト メンバーコメント】

■幸樹(Vo)
ご来場いただいた皆は、あの景色を再度噛み締め、分かち合い。ご来場いただけなかった皆にも全身全霊魂と共に5人の勇姿を見届けていただけたら至福の極み。あの笑撃のエンディングもしかりと!!

■玲夏(Ba)
俺らなりのエンターテインメントです。見て頂ければ分かります。

■威吹(Gu)
ミナセの最後のプレイ、ダウトのここまでの生き様を是非見て欲しいです。そしてこれからのダウトにも期待していて欲しいです。

■ひヵる(Gu)
一つの節目として、過去、現在、未来にむけてのライブ。来れなかった人にも来てくれた人にも、観てもらいたいです

■ミナセ(Dr)(exダウト)
それぞれの想いはあると思うけどオレにとってこのライブはバンド人生を生きた証。そしてエンターテイメントとしてダウトのライブの楽しさを是非とも味わって下さい。

■DVD『ダウト自作自演【絆-kiz[U]na-】TOUR\'14「我ガ全身全霊魂ハ永久ニ不滅ナリ」 2014年9月23日 渋谷公会堂』ダイジェスト版
http://youtu.be/MFzuVuGHWW8

■DVD『ダウト自作自演【絆-kiz[U]na-】TOUR\'14「我ガ全身全霊魂ハ永久ニ不滅ナリ」 2014年9月23日 渋谷公会堂』

2014年12月3日(水)発売
TKBA-1213/¥7,000+税
<収録内容>
【DISC1】
FESTA.
ONE
シャングリラ
サテライトTV
フラッシュバック

刺青-tattoo-
ストロベリィ
慟哭にて時雨
Rain man
生にしがみつく
バラ色の人生
DANCE NUMBER
妄想天国
ざんげの花道
MUSIC NIPPON
飛行少女
【DISC2】
-ENCORE-
DISCO SHOW
spotlight
感電18号
炎天歌
鬼門
有終の美
-W ENCORE-
花咲ビューティ
・「我ガ全身全霊魂ハ永久二不滅ナリ」舞台裏の模様
<特典>
初回プレス分のみスリーブケース付!
撮りおろし20Pスペシャルブックレット

【関連リンク】
ダウト オフィシャルHP
ダウト、ツアーファイナルをもってミナセ(Dr)が卒業
ダウトがシングルリリースイベントで“ざんげ”!?
ダウト、7周年記念ライブでミナセ(Dr)が突然の卒業を発表

【関連アーティスト】
ダウト
【ジャンル】
ビジュアル

シド、初のクリスマスシングル「White tree」アートワーク公開
Thu, 13 Nov 2014 20:00:00 +0900
シングル「White tree」【初回生産限定盤A 】 (okmusic UP\'s)

シドが12月10日にリリースする初のクリスマス・シングル「White tree」のアートワークが公開された。

【その他の画像】シド

今回のジャケットイラストには2006年に表参道ヒルズでのデビュー展で成功を収めて以降、海外でも熱心なコレクターを持ち、Samantha Thavasaのキャンペーンイラストや千原ジュニアの著書「うたがいの神様」の装丁イラスト、Welcch\'sのTVCMイラスト等を手掛け注目の新進気鋭のイラストレーターCato Friend氏を起用。カバーイラストはもちろんのこと、楽曲の世界観を活かした書き下ろしのストーリーブックも制作されている。

また、カップリングには初のピアノアレンジとなる「White tree(Piano version)」を収録。演奏アレンジはもとより、ピアノに寄り添う形で新たに息を吹き込んだという歌唱にも注目が集まりそうだ。「White tree」は来週19日(水)よりリリースに先駆けて先行フル配信がスタートする。

なお、シドは12月27日(土)には日本武道館にてメンバーそれぞれがDAIGO、GRANRODEO、TOTALFAT、LINDBERGといったアーティスト陣とコラボに挑むイベント“Collabo BANG!"を開催する。ファンの方は是非足を運んでほしい。

■シングル「White tree」

2014年12月10日(水)発売
【初回生産限定盤A】(CD+ストーリーブック+クリスマスBOX仕様+クリスマスカード+スペシャルオーナメント<期間限定特設サイトアクセス・キー付き>)
KSCL-2526 〜2527/¥1,850+税
<収録曲>
1. White tree
2. White tree(Piano version)
3. White tree(Instrumental)

【初回生産限定盤B】(CD+photobook)
KSCL-2528〜2529/¥1,300+税
<収録曲>
1. White tree
2. White tree(Piano version)
3. White tree(Instrumental)

【通常盤】(CD)
KSCL-2530/¥900+税
<収録曲>
1. White tree
2. White tree(Piano version)
3. White tree(Instrumental)

■「Collabo BANG!」

12月27日(土) 東京 日本武道館
開場 / 開演 14:00 / 15:00 ※ 終演20:30(予定)
出演:
シド
DAIGO(with マオ) 
GRANRODEO(with Shinji) 
TOTALFAT(with 明希) 
LINDBERG(with ゆうや)
チケット料金:¥8,500(全席指定/税込/LEDリストバンド付)
※4歳以上有料

【関連リンク】
シド オフィシャルHP
亡霊たちによる狂気の2日間!『HALLOWEEN PARTY 2014』神戸公演開催!
VAMPS主宰『HALLOWEEN PARTY』が今年も開幕!
シド、12月10日に初のクリスマス・シングル「White tree」リリース

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

AC/DCが待望の新曲「プレイボール」MVを公開
Thu, 13 Nov 2014 19:00:00 +0900
AC/DC (okmusic UP\'s)

12月3日に発売されるAC/DCの6年振りのアルバム『ロック・オア・バスト』から、1stシングル「プレイボール」のミュージックビデオが公開された。

【その他の画像】AC/DC

世界中のファンが6年間待ちわびた待望の新曲は、先日行なわれたMLB(メジャーリーグ・ベースボール)のポストシーズン・キャンペーンソングとして全米スポーツ・チャンネルでO.A.されたことも相まって、iTunes Storeでのアルバム予約数が、早くも世界20カ国で1位獲得、21カ国でトップ5入りするという凄まじいインパクトを放っている。

「プレイボール」のビデオを監督したのはAC/DCのこれまで発表したほぼすべての映像作品を手掛け、他デヴィッド・ボウイ、クイーン、フレディ・マーキュリーの多くのミュージックビデオを手掛けてきた大御所のデヴィッド・マレット。その内容は、40年間全く変わらない「これぞAC/DC!」という演奏シーンをベースに、タイトルの「プレイボール」にちなみ、サッカー、ビリヤード、アメフト、ビーチ・バレーなど様々な球技の映像を挿入したものになっている。これは、デヴィッド監督の最初期作品で出世作でもあるクイーンの「バイシクル・レース」(1978)を彷彿ととさせる手法で、シンプルさに遊び心を盛り込んでアーティストのキャラクターと楽曲内容をストレートにリンクさせる、観ているものをハッピーな気分にさせてくれるミュージックビデオだ。

さらに、アルバムのアートワークにも要注目! ジャケットのど真ん中に配置されたお馴染みのロゴが岩のような質感でデザインされているが、このロゴ岩が角度を変えると木端微塵に爆発するというユニークな仕掛けが施されている。これは、ジャケット表面に貼られた最新のレンティキュラー・レンズによる3D効果で、爆発して割れた岩の破片がこっちに飛んでくるような迫力満点のジャケットになっている。これは初回限定の仕様となっており、CDのみならずなんとアナログLP盤(輸入盤のみ発売)でも採用されている、まさにこだわりのアートワークなのだ。

前作『悪魔の氷/ブラック・アイス』は全世界で800万枚を売り上げ、世界31カ国で1位、そして同年の年間アルバム・セールスで第2位を獲得、さらにはグラミー賞「ベスト・ハード・ロック・パフォーマンス賞」に輝くなど、この地球上で最も熱狂的に支持されているロック・バンドであることを改めて証明したAC/DC。待望の16作目(メジャー盤としては15作目)のオリジナル・アルバム『ロック・オア・バスト』("Rock or Bust")は12月3日にソニー・ミュージックジャパンインターナショナルより発売される。また、現在iTunes Store上でアルバム『ロック・オア・バスト』を予約注文すると、1stシングル「プレイボール」が先行ダウンロードできるとのことなので、こちらもチェックしてほしい。

■「プレイボール」MV
https://www.youtube.com/watch?v=TT8e7i0ccLQ

■アルバム『ロック・オア・バスト』

2014年12月3日(水)発売
SICP 4350/¥2,500+税
<収録曲>
01. ROCK OR BUST/ロック・オア・バスト
02. PLAY BALL/プレイボール
03. ROCK THE BLUES AWAY/ロック・ザ・ブルーズ・アウェイ
04. MISS ADVENTURE/ミス・アドヴェンチャー
05. DOGS OF WAR/ドッグズ・オブ・ウォー
06. GOT SOME ROCK & ROLL THUNDER/ガット・サム・ロックンロール・サンダー
07. HARD TIMES/ハード・タイムズ
08. BAPTISM BY FIRE/バプティズム・バイ・ファイア
09. ROCK THE HOUSE/ロック・ザ・ハウス
10. SWEET CANDY/スウィート・キャンディー
11. EMISSION CONTROL/エミッション・コントロール

【関連リンク】
AC/DC オフィシャルHP
AC/DCが6年振りの新作より1stシングル「プレイボール」配信開始
AC/DC モノポリーの次はバンド名義のワイン販売を開始
AC/DC、アンガスのキャラがフィギュア化

【関連アーティスト】
AC/DC
【ジャンル】
ポップス(洋楽), メタル

ラスベガスのツアーファイナルシリーズにMUCCやキュウソネコカミが参戦
Thu, 13 Nov 2014 18:00:00 +0900
Fear,and Loathing in Las Vegas (okmusic UP\'s)

最新アルバム『PHASE 2』リリース・ツアー中のFear, and Loathing in Las Vegas。現行のツアーは全てSOLD OUTとなっている彼らが12月に行なうツアーファイナルシリーズの最終ゲストが発表となった。

【その他の画像】Fear, and Loathing in Las Vegas

今回アナウンスされたのはMUCCとキュウソネコカミ。12月6日のZepp Sapporo公演にはMUCC、12月10日のZepp Nagoya公演にはキュウソネコカミが出演。既に発表されていた12月9日のZepp Tokyo、12月13日のZepp Fukuokaのでんぱ組.incを含め、FINAL SERIESのゲストが全て明らかになった。

なお、ワンマンとなる最終の12月19日の大阪公演については未だ詳細が発表となっていない。期待して追加情報を待とう。

■「Rave-up Tonight」MV
http://www.youtube.com/watch?v=BDFD2WopIjY

■「"PHASE 2" Release Tour」

11月13日(木)  松阪 M\'AXA(※SOLD OUT)
11月15日(土)  浜松 窓枠(※SOLD OUT)
11月16日(日)  甲府 KAZOO HALL(※SOLD OUT)
11月21日(金)  広島 CLUB QUATTRO(※SOLD OUT)
11月22日(土)  松山 SALON KITTY(※SOLD OUT)
11月24日(月)  神戸 VARIT. (※SOLD OUT)

■FINAL SERIES
12月06日(土)  ZEPP 札幌
12月09日(火)  ZEPP 東京(※SOLD OUT)
12月10日(水)  ZEPP 名古屋
12月13日(土)  ZEPP 福岡
-TOUR FINAL-
12月19日(金)  大阪某所(ワンマン)※詳細後日発表

【関連リンク】
Fear,and Loathing in Las Vegas オフィシャルHP
冬、先取り! 冬の訪れを感じたら聴きたくなる初冬ソング
亡霊たちによる狂気の2日間!『HALLOWEEN PARTY 2014』神戸公演開催!
キュウソネコカミ、年明け1月に3rdミニアルバムリリース&ワンマンツアー決定

【関連アーティスト】
Fear, and Loathing in Las Vegas, MUCC, キュウソネコカミ, でんぱ組.inc
【ジャンル】
ジャパニーズロック

スリルラウンジ、リリースを前にニューアルバムのタイトル曲「ルーシーの太陽」リリックビデオを公開
Thu, 13 Nov 2014 17:00:00 +0900
スリルラウンジ (okmusic UP\'s)

スリルラウンジが11月26日(水)にリリースするニューアルバム『ルーシーの太陽』からタイトル曲「ルーシーの太陽」のリリックビデオをオフィシャルYouTubeチャンネル『ムビラジ』にて公開した。

【その他の画像】HHR THRILL LOUNGE

スリルラウンジは横道坊主の今井秀明(Gu&Vo)が永渕英男(Ba/ex.CRY-叫-)と向井玲子(Drums/ex.バリルブロンコ)とともに立ち上げた轟音3ピースバンド。新作『ルーシーの太陽』は5年振りのリリースとなる4枚目のアルバムであり、ロックファンなら必聴の一枚! 個々のメンバーのキャリヤやポテンシャル以上に、スピリッツであり、ハードで音をぶつけ合っていることが、そのヒリヒリするバンドグルーブから滲み出ている。

そんなアルバムのリードトラックである「ルーシーの太陽」は、スリリングなサウンドの上でポエトリーリーディングのように言葉が吐かれていくクールかつアグレッシブなナンバー。刺激的なロックに枯渇している人はもちろん、老若男女問わずロック好きなら、まずこのリリックビデオをチェックしていただきたい。

スリルラウンジは12月13日に吉祥寺ROCK JOINT GBにて、本アルバムのレコ発ワンマン『ルーシーの太陽』を開催。さらに、年明けにはレコ発ツアーも予定している。

■スリルラウンジ オフィシャルYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCn32NlMHA_FfWWGAqpnzwLQ
■スリルラウンジ オフィシャルHP
http://hhrthrilllounge.com/

■「ルーシーの太陽」リリックビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=U0ifBwzNfJE

■アルバム『ルーシーの太陽』

2014年11月26日(水)発売
DQC-1378/¥2,500(税込)
<収録曲>
1.Jun
2.Hello
3.背と腹
4.カタヤブレ
5.MIKA
6.ピンクアフロパンクス!!!
7.ルーシーの太陽
8.クロム
9.バタフライ

■レコ発ワンマン『ルーシーの太陽』

12月13日(土) 吉祥寺ROCK JOINT GB
OPEN 18:30 / START 19:00
info/ROCK JOINT GB:0422-23-3091

【関連リンク】
スリルラウンジ オフィシャルFacebook
スリルラウンジがオフィシャルYouTubeチャンネルを開設
東日本大震災復興支援チャリティライブ『希望の日』が今年も開催決定!
石橋凌や陣内孝則など、盟友達による橋本潤(横道坊主)追悼トリビュートライブ開催決定!

【関連アーティスト】
HHR THRILL LOUNGE, 横道坊主
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ストレイテナー、2014年初ツアーのファイナル公演がニコ生にて独占配信
Thu, 13 Nov 2014 16:00:00 +0900
ストレイテナー (okmusic UP\'s)

ストレイテナーの2014年初ツアーであり、東名阪広のクラブクアトロを周る“Swimming City Flying Circus TOUR "のファイナルとなる11月28日(金)渋谷クラブクアトロでのライブがニコ生にて独占配信されることが決定した。

【その他の画像】ストレイテナー

ニューアルバム『Behind The Scene』発売直後から開催されたこのツアーだが、アルバムタイトルを冠した“Behind The Scene TOUR"は2015年2月4日(水)赤坂BLITZからスタートする。なのでどのようなセットリスト、パフォーマンスになるか、会場のサイズ感も含めて、非常に楽しみなところ。そのツアー最終日であり、プラチナチケット化している渋谷クラブクアトロでのライブがお茶の間で楽しめる絶好のタイミングだ。チケットを入手できなかったファン、遠方や都合で来れない方だけでなく、全音楽ファン必見のライブをお見逃しなく!

■“Swimming City Flying Circus TOUR"ツアーファイナル ニコ生独占配信
11月28日(金) 18:50開場 19:00開演
http://live.nicovideo.jp/watch/lv199850716

■【ツアー情報】

「2014年東名阪広クアトロツアー“Swimming City Flying Circus TOUR" 」
11月22日(土) 広島クラブクアトロ
11月24日(月・祝) 梅田クラブクアトロ
11月25日(火) 名古屋クラブクアトロ
11月28日(金) 渋谷クラブクアトロ

「2015年全国ツアー“Behind The Scene TOUR" 」
2月04日(水) 赤坂BLITZ
2月07日(土) 長崎DRUM Be-7
2月08日(日) 熊本DRUM B.9 V1
2月10日(火) 高松MONSTER
2月11日(水・祝) 松山サロンキティ
2月13日(金) 米子Laughs
2月15日(日) 京都MUSE
2月19日(木) 水戸LIGHT HOUSE
2月21日(土) 郡山CLUB#9
2月22日(日) 盛岡CLUB CHANGE WAVE
2月26日(木) 高崎club FLEEZ
2月28日(土) 金沢EIGHT HALL
3月01日(日) 新潟LOTS
3月06日(金) 札幌ペニーレーン24
3月08日(日) 仙台Rensa
3月14日(土) 岡山CAZYMAMA KINGDOM
3月15日(日) 福岡DRUM LOGOS
3月20日(金) Zepp Nagoya
3月21日(土・祝) なんばHatch
3月28日(土) 台湾 The WALL台北

【関連リンク】
ストレイテナー オフィシャルHP
クラムボン、トリビュートアルバム全収録楽曲発表! 参加アーティストからのコメントも!
LOW IQ 01、10-FEETとストレイテナーが出演したソロ15周年記念ライブ終了
クラムボン、トリビュートアルバムの参加アーティスト第1弾を発表!

【関連アーティスト】
ストレイテナー
【ジャンル】
ジャパニーズロック

KGの新曲は冬にぴったりな極上のラブソング
Thu, 13 Nov 2014 15:00:00 +0900
KG (okmusic UP\'s)

今年6月にアルバム『Brand New Days』を発売し、9月には初の全国ワンマンツアーを成功させ、幅広い世代にファンが急増中のKGが、11月26日に配信シングル「君と出会うまて?のストーリー」をリリースすることがわかった。この冬にぴったりな極上のラブソングとなっている。

【その他の画像】KG

配信世代から大人まで支持される理由は、誰もが共感できる歌詞。KGでSNSを検索すると、「KGの曲は恋愛がしたくなる歌詞」「失恋したときに友達から贈られたKGの曲で元気が出た」など、歌詞にまつわる投稿が目立つのだ。

テ?シ?タルセールスの累計は430万ダウンロードを突破し、音楽サブスクリプションサービスでも常に上位にランクインするなど、“スマホ時代をリードするラブソングのカリスマ”のKGに注目したい。まずは、YouTubeで公開された歌詞スライド映像をチェックしてみよう。

■「君と出会うまて?のストーリー」(Lyrics/Short Ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=mc7WJo1Pyqo

■配信シングル「君と出会うまて?のストーリー」

2014年11月26日発売
WPDH-10312/価格未定

【関連リンク】
KG オフィシャルHP
KG、恵比寿LIQUID ROOMで初のワンマンツアー最終公演を開催
KG、ツアーファイナルをリアルタイムで再現&レポートする史上初の試みを実施
Tiaraのデビュー5周年にSEAMO、Spontania、KGなどからお祝いコメントが到着

【関連アーティスト】
KG
【ジャンル】
J-POP

西野カナ、自身プロデュースのクリスマスツリー前にて点灯式イベントを開催
Thu, 13 Nov 2014 14:30:00 +0900
11月12日@東京・COREDO日本橋ANNEX広場内特設スペース (okmusic UP\'s)

11月12日に東京・COREDO日本橋ANNEX広場内特設スペースにて、西野カナがアルバム『with LOVE』発売記念イベントを開催した。

【その他の画像】西野カナ

このイベントには、“アナタが一番一緒にいたい人"をテーマにファンクラブ『西野家』の中から募集した75組150名が参加。さらに特設会場には西野カナがプロデュースしたオリジナルクリスマスツリー「with LOVE TREE」を期間限定で設置。本イベントにてその点灯式も開催された。また、毎月レギュラー配信している西野カナ・オフィシャルWEB番組『KANA CHANNEL』の特別版として、全国に同時生中継したこのイベントでは、ファンとのトークだけでなく、アルバムから2曲の生歌も披露し、特別な夜を演出した。

ステージに登場した西野カナを前に、普段はオフィス街として静かな会場に大きな歓声があがり、イベントはスタート。今回の衣装は、アルバムの衣装をイメージして、ピンクをベースにしたニットワンピに、ホワイトのファージャケットを着て登場。ネックレスは、クリスマスムード漂うリボンつきのパールネックレスで彩った。ファンを前に「寒いけど大丈夫?」と気遣いながら、「今作はこれまでのどのアルバムよりも温かい、ほっこりする作品に仕上がりました。テーマはHAPPY。聴けば元気になるようなエールソングがたっぷり入っているので、じっくり聴いてもらえるとうれしいです。」とアルバムを紹介。

そんな彼女の後ろに立つのは、西野カナが初めてプロデュースしたというきらびやかなクリスマスツリー「with LOVE TREE」。本人は大のイベント好き。家のツリーも毎年かわいいオーナメントを探して装飾するとか。今回は、ALジャケットをイメージさせるオーナメントも飾り付けてみた。ファンと一緒に全員でカウントダウンした後、点灯したツリーには、この日一番の歓声が上がり、プロデュースした本人も見惚れるほど。美しく光を放つ可愛らしいツリーを前に、「ツリーにはアルバムのジャケット写真にある風船をイメージしたオーナメントと、根元には白と黒の格子柄の土台がついているんです。さらにはたくさん光るようにシャンパンゴールドのLED電球を3000球付けました。たっぷりと光り輝くツリーを楽しんでください。」とツリーのプロデュースポイントを語った。その後、この美しいツリーをバックに、ニューアルバムから『Darling』と『好き』を生歌で披露。輝くクリスマスツリーと、透き通った歌声のコラボレーションは、その場にいたファンだけでなく、通りかかった人たちの足も止めた。西野カナオリジナルツリー「with LOVE TREE」は、12月25日まで東京・COREDO日本橋ANNEX広場にて展示される。点灯時間は午後4時から12時まで。ぜひ一度足を運んでみてもらいたい。

11月12日の発売日にオリコンデイリーチャート1位を飾ったアルバム『with LOVE』には、披露した2曲のほかに、25歳の彼女が生み出した等身大の楽曲を収録。仕事に恋愛に悩みながらも、前を向いて歩き出そうとする楽曲たちは、多くの人に元気と勇気を与えてくれるはずだ。

TEXT:吉田可奈

■アルバム『with LOVE』

発売中
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SECL-1609~1610/¥3,600(税込)
※ビデオクリップ&メイキング収録)
【通常盤】(CD)
SECL-1611/¥3,100(税込)

■配信サイト
iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id930412775?at=10lpgB&ct=4547557036411_wn
レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1001265287/
mora
http://mora.jp/package/43000001/4547557036411/

【関連リンク】
西野カナ オフィシャルHP
西野カナ、自身初のハロウィンライヴで8変化
西野カナ、“みんなの日常にそっと寄り添いたい”という想いを込めたニューアルバムをリリース
西野カナ、ハロウィンパーティーアイテムを取り扱ったWEBショップがオープン

【関連アーティスト】
西野カナ
【ジャンル】
J-POP, イベント

hide、生誕50周年を記念して写真投稿企画を発表
Thu, 13 Nov 2014 14:00:00 +0900
hide  (okmusic UP\'s)

新曲リリースの発表で話題沸騰中のhideだが、この新曲が収録されるアルバム『子ギャル』の発売情報に続き、同じく生誕50周年を記念した写真投稿企画が発表された。

【その他の画像】hide

「あなたの一番好きなhideの歌詞のフレーズ&バースデーメッセージを写真で大募集」するこの企画、サイトに投稿された写真は12月13日に開催されるイベント『hide Birthday Party 2014-50th Anniversary-』の会場で公開される他、投稿写真で構成した“スペシャル・リリックビデオ"として後日公開を予定している。日本のみならず、世界各国からも応募ができるよう、英語による説明ページも用意されているとのことなので、内容の詳細や投稿方法は投稿サイトの説明ページをチェックしてほしい。

是非hideへの熱い想いを写真と文字に込めて投稿してみよう!

■「hide 50th Anniversary My Favorite ? hide\'s Lyric!」

募集期間:11月13日(木)12:00 〜12月7日(日)23:59まで
■投稿写真一覧ページ
http://po.st/hide50th
■説明ページ(日本語)
http://sp.universal-music.co.jp/hide/50th/lyricjp/
■説明ページ(英語)
http://sp.universal-music.co.jp/hide/50th/lyricen/

■『hide Birthday Party 2014-50th Anniversary-』

12月13日(土) CLUB CITTA\'
OPEN 15:00 / START 15:45
※SOLD OUT(当日券の発売はございません)

【関連リンク】
hide オフィシャルHP
hide生誕50周年を記念したアルバムの収録内容公開&生誕イベントのライブビューイング決定
hide、幻の新曲「子 ギャル」をついにリリース!? 生誕50周年記念アルバムに収録決定!
まさに無敵! Xのメジャー1stアルバム『BLUE BLOOD』は問答無用に素晴らしい作品だ!

【関連アーティスト】
hide
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

BUMP OF CHICKEN、話題の新曲「パレード」ジャケ写を公開
Thu, 13 Nov 2014 13:30:00 +0900
配信限定シングル「パレード」 (okmusic UP\'s)

BUMP OF CHICKENが11月29日(土)にリリースする配信限定シングル「パレード」のジャケット写真が公開された。

【その他の画像】BUMP OF CHICKEN

「パレード」は映画『寄生獣』の主題歌として書き下ろした新曲である。この度公開されたジャケットは、映画の監督である山崎貴氏と、山崎氏と同じくVFX制作会社・白組に所属する映画監督の八木竜一氏とのタッグで制作されたもの。映画『STAND BY ME ドラえもん』を大ヒットに導いたコンビが、今度はBUMP OF CHICKENの新曲をダークファンタジー感あふれるテイストで彩る。

また「パレード」のミュージックビデオも、山崎氏×八木氏が監督することが同時に発表された。こちらは 後日公開予定なので、楽しみに待っていてほしい。

なお、本日11月13日より「パレード」が全国ラジオ局にてオンエア解禁となった。リリースが待ちきれない人はぜひ 最寄りのラジオ局にリクエストしてみよう。

■【リリース情報】

配信限定シングル「パレード」
2014年11月29日(土)配信

配信限定シングル「ファイター」
2014年11月28日(金)配信
¥250(税込)

DVD & Blu-ray『WILLPOLIS 2014』
2015年2月4日(水)発売
■DVD
【初回限定盤】
TFBQ-18163/¥6,667+税
※2DISC+スペシャルBOX仕様+豪華フォトブックレット+LIVE CD予定
【通常盤】
TFBQ-18164/¥5,278+税
※ 2DISC+フォトブックレット予定
■Blu-ray
【初回限定盤】
TFXQ-78117/¥7,593+税
※ 1DISC+スペシャルBOX仕様+豪華フォトブックレット+LIVE CD予定
【通常盤】
TFXQ-78118/¥6,204+税
※ 1DISC+フォトブックレット予定

【関連リンク】
BUMP OF CHICKEN オフィシャルHP
BUMP OF CHICKEN、新曲「ファイター」のジャケット&マンガ『3月のライオン』スピンオフ表紙公開
BUMP OF CHICKEN、初のツアードキュメンタリー映画上映&ライブ映像作品リリース決定
BUMP OF CHICKENが「3月のライオン」と前代未聞のコラボ!

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

サカナクション、蜘蛛男との日常が展開される超シュールなMVが完成
Thu, 13 Nov 2014 13:00:00 +0900
サカナクション (okmusic UP\'s)

オリコンウィークリーチャート4位を記録したサカナクションの10枚目となる両A面シングル「さよならはエモーション/蓮の花」。その収録曲「蓮の花」のMVがリリース記念スペシャルサイト上で公開された。

【その他の画像】サカナクション

本作には山口一郎(Vo&Gt)とともに、“蜘蛛男”が全編にわたって登場するという非常にシュールな映像作品となっている。蜘蛛男と山口がドライブをしたり、スーパーで買い物をしたりといった日常が描かれ、最後は夜中の商店街で満面の笑みでダンス。常軌を逸した妄想の世界を映像化した内容だ。

監督は「ドキュメント」「僕と花」「ユリイカ」などのMVを手がけた山口保幸。山口一郎も制作に密接にかかわっており、これまでのMV同様、独特な映像表現となっている。サカナクションオフィシャルインスタグラムにも撮影時のフォトが公開されているので、チェックしてみてほしい。

また、スペシャルサイト上には「ミュージック」のリミックスを手がけたCorneliusのインタビューや、「Ame(B)-SAKANATRIBE×ATM version-」でコラボレーションしたAOKI takamasa、「Good-bye session」で共演した環ROY、「Sample」でPAを務めた佐々木幸生、さらに各楽曲に携わったエンジニアスタッフのQ&Aが公開された。すでに掲載されている山口一郎のインタビューと合わせて読むことにより、本作の全貌が確認できる。

■「さよならはエモーション/蓮の花」リリース記念スペシャルサイト
http://www.jvcmusic.co.jp/sakanaction/10thsingle_sp/

■「蓮の花」MV
http://youtu.be/VjpBaiJlJ5I

■シングル「さよならはエモーション/蓮の花」

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-721/¥1,800+税
【通常盤】(CDのみ)
VICL-36963/¥1,200+税
サカナクション
<収録曲>
01.さよならはエモーション
02.蓮の花-single version-
03.Ame(B)-SAKANATRIBE×ATM version-
04.ミュージック(Cornelius Remix)
<DVD>※初回限定盤のみ
01.Good-bye Session featuring 環ROY -Broadcasted on Ustream on 2013.11.28-
02.山口一郎×環ROY Talk Session
03.Sample STUDIO LIVE guest 佐々木"SUNNY"幸生-Broadcasted on Ustream on 2014.8.5-
04.佐々木"SUNNY"幸生 Interview

【関連リンク】
サカナクション オフィシャルHP
サカナクションが新アーティストビジュアルを公開! 特設サイト上には山口インタビューも!
サカナクションがニューシングル発売記念特設サイトを開設
サカナクション、ニューシングル初回盤DVD収録内容&ジャケ写解禁

【関連アーティスト】
サカナクション, コーネリアス, AOKI takamasa, 環ROY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

THE TURTLES JAPAN、神宮司治(レミオロメン)と磯貝サイモンを迎えた新ビジュアル解禁
Thu, 13 Nov 2014 12:00:00 +0900
THE TURTLES JAPAN (okmusic UP\'s)

KAMEDA(音楽プロデューサー・亀田誠治)、YAMAMURA(flumpool・山村隆太)、SAKAI(flumpool・阪井一生)によって結成された注目の新ユニット、THE TURTLES JAPANが年末のライヴや来年の活動も視野に入れ、シングルリリース後の動きに向けて、新たにドラムにJINGUJI(レミオロメン・神宮司治)、ピアノ&キーボードにISOGAI (シンガーソングライターの磯貝サイモン)を迎えたことを、新ビジュアルとともに発表した。

【その他の画像】THE TURTLES JAPAN

前回の無機質なホワイトに包まれたビジュアルから突然変異を起こし、新たな種が誕生したかのように感じさせるが、捉われない自由な発想で作品を生み出していくという信念のもと、新たなメンバー構成となるこのタイミングで、種の起源、人類の進化を彷彿とさせる“突然変異"というテーマを盛り込んだビジュアルとなっている。

このビジュアルは、Basement Jaxx、adidas originals、GUCCIなど、ミュージック、ファッションカルチャーを牽引するアーティストやブランドのクリエイティヴ、アートディレクションを行なってきたロンドンと東京をベースに活躍するクリエイティヴエージェンシー、seven shufflesの石岡友敬の監修の下、LADY GAGA、RIHANNA、BIGBANG、Skrillex、Justin Bieberら海外のファッションセレブたちからも注目を浴びるショップ、CANDYを運営し、国内外の新進気鋭デザイナーズブランド、アーティストを中心に独自の感性で最先端ファッションを提案するスポット「FAKE TOKYO」のクリエイティヴショールーム「FAKE SHOWROOM」による衣装ディレクション、雑誌『装苑』で2014年ニューカマーとして大特集されたスタイリスト、市野沢祐大のスタイリングによるものだ。

また、いよいよ発売を迎えるTHE TURTLES JAPAN初のシングル「It\'s Alright!」は、これまでに前例がない“ディスク・イン・ポーチ"という特殊パッケージで、CDを取り出したあとに小物入れなど、ポータブルポーチとして使えるスペシャルな仕様となっている。このシングルは完全生産限定盤となるため、早めに予約をしておいた方がよさそうだ。なお、発表されている年末のイベントライヴ、12月27日(土)の「RADIO CRAZY」、12月28日(日)の「COUNTDOWN JAPAN」に関しては、今回発表された5人での出演となる。

■シングル「It\'s Alright!」

2014年11月19日発売
AZCS-2039/¥1,300+税
<収録曲>
01.It\'s Alright! 他
※完全生産限定盤
※"ディスク・イン・ポーチ"パッケージ仕様

【関連リンク】
THE TURTLES JAPAN オフィシャルHP
A-Sketch主催「Ready Set Go!!」グッズ先行通信販売&キャンペーン実施決定
flumpool、ライブ映像作品の第2弾ティザー映像を公開
THE TURTLES JAPANが1stシングル「It\'s Alright!」フルMVを解禁

【関連アーティスト】
THE TURTLES JAPAN, 亀田誠治, flumpool, レミオロメン, 磯貝サイモン
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MACO、2014年を総括する『23 plus』のiTunesプレオーダー開始
Thu, 13 Nov 2014 11:30:00 +0900
MACO (okmusic UP\'s)

YouTube総再生回数1,800万回突破、レコチョク新人部門2014年度上半期1位など快進撃が続いたMACOが、その2014年を総括する作品として、インディー時代のミニアルバム『22』に7月にリリースしたメジャーデビューミニアルバム『23』、そして新曲を3 曲加えた『23 plus』をリリース! そのiTunesプレオーダーがスタートした。

【その他の画像】MACO

先行トラックとして新曲「夢のなか」の配信も同じくスタートしており、『23 plus』をプレオーダーすると同曲をいち早く入手することができる。「夢のなか」は寒い季節にぴったりの切ないバラードで、先日YouTubeでShort ver.が公開となり、SNSなどで早くも話題に。なお、『23 plus』「夢のなか」はともにiTunes R&B/ソウルチャートで1位を獲得している。

また、『23 plus』のアルバムダイジェストもYouTubeで公開となった。新曲を含め、アルバムの全体像が垣間見られる映像となっているので、まずはこちらを視聴してみよう!

■『23 plus』iTunesプレオーダー http://po.st/itmaco23plus

■『23 plus』アルバムダイジェスト
https://www.youtube.com/watch?v=332ycScXeHI

■アルバム『23 plus』

2014年11月26日発売
UICV-1041/¥2,315+税
<収録曲>
■From the Album 『23』
01.私たちは絶対に絶対にヨリを戻したりしない〜We Are Never Ever Getting Back Together(Japanese Ver.)
02.Your Love feat.Matt Cab
03.ありがとう
04.幸せ
05.好きなの、本当に〜Baby I(Japanese Ver.)
06.My Smile
07.Roar(Japanese Ver.)
08.Rock N Roll(Japanese Ver.)
■New Songs
09.存在
10.夢のなか
11.うれし涙(MACO Ver.)
■From the Album 『22』
12.22(Japanese Ver.)
13.HERO
14.Love Lie
15.Missing You
16.My Boy,My Girl feat.Matt Cab
17.この世界中で
18.ふたり
19.I Wanna Go

【関連リンク】
MACO オフィシャルHP
MACO、新曲「存在」に込めた赤裸々な想いとは?
MACO、ニューアルバム『23 plus』収録曲解禁!
MACO×さくらももこハロウィンソングのMVクイズ企画がスタート

【関連アーティスト】
MACO
【ジャンル】
J-POP

フー・ファイターズ、ニューアルバム『ソニック・ハイウェイズ』へ著名人からのコメント到着
Thu, 13 Nov 2014 11:00:00 +0900
フー・ファイターズ&8人の著名人 (okmusic UP\'s)

グラミー賞11冠に輝き、アルバム総セールスが2000万枚を超えるフー・ファイターズ。11月12日にリリースされた結成20周年記念アルバム『ソニック・ハイウェイズ』の発売を祝して、8人の著名人からコメントが到着した。

【その他の画像】Foo Fighters

8thアルバムである今作は、アメリカの主要8都市にてレコーディングされた8曲が収録。さらに中心人物のデイヴ・グロール(Vo&Gt)はアルバム制作と並行して自らが監督を務めた同タイトルのドキュメンタリー番組(全8回)も制作するという壮大なコンセプト作品となっている。

また、チープ・トリックのリック・ニールセン(Gt)がゲスト参加している、アルバム冒頭を飾るリード・トラック「サムシング・フロム・ナッシング」、そして2曲目「ザ・フィースト・アンド・ザ・フェミン」のMVも公開されたばかりだ。

デイヴが「これはアメリカ音楽史へのラブレターだ」と語るフー・ファイターズの新作『ソニック・ハイウェイズ』は、ロック・ファンのみならず全音楽ファン必聴の作品である。

そんな同アルバム発売を祝して、8人の著名人からコメントが到着している。(五十音順)

■宇野維正 (音楽/映画ジャーナリスト)
「ロックが隅に追いやられている時代に、その闘い方を最も熟知していて、それを行動で示し続けるフー・ファイターズ。今や、彼らはアメリカン・ロックの守護神だ。アルバムはもちろんのこと、デイヴ・グロール自身が監督を務めて同時制作されたドキュメンタリー作品の素晴らしさ! 音楽にとって何が一番大切なのかを、この男は知っている」

■喜多建介 (ASIAN KUNG-FU GENERATION)
「我々FOO FIGHTERSファンにとって大興奮のNEW ALBUMが届けられました。曲ごとに込められたテーマやレコーディング方法を最初知らなくても、単純にかっこいい!と思わせてしまうのはさすがです。ドキュメンタリーはじっくり見よっと」

■後藤正文 (ASIAN KUNG-FU GENERATION)
「素晴らしいとしか言いようがない。存在自体が希望だと思う。初来日公演の時は18歳。あれから20年。感動が色褪せないどころか、増している」

■Jean-Ken Johnny (MAN WITH A MISSION)
「トテモリスペクトシテオリマス、Dave Grohl率イルFOO FIGHTERSノ20周年作品デモアル8作目『Sonic Highways』ハ、ソレゾレノ音楽ガソレゾレノ土地ヤ環境ニ非常ニリンクシタ作品ニナッテイテ、映像作品トシテモ出スコトデ、ヨリ我々ニワカリヤスイヨウニ発表シテクレタアルバムナノデ、映像カラ伝ワッテクルメッセージトアルバム、ドッチモ聴キナガラ彼ラノ音楽愛ヲイッパイ感ジ取ッテホシイト思イマス」

■難波章浩 (NAMBA69 / Hi-STANDARD)
「オレが初めてFOO FIGHTERS を知ったのは、1997年「ザ・カラー・アンド・ザ・シェイプ」をリリースした時。ハイスタでアメリカに行ってた時に、ラジオから「モンキー・レンチ」が流れてもの凄い衝撃を受けたのを今でも覚えてる。友達の NO USE FOR A NAMEのギターだったクリスが FOO FIGHTERSに加入した時はマジでビビったし。それからFOO FIGHTERSを勝手にだけど身近に感じていたりしてた。今までの作品は全部聴いてきたけど、曲は勿論、いつもサウンド面は勉強させてもらった。今回の作品も音が凄くいいな〜ってジェラったのは言うまでもないです。曲も凄く広がりが出てて、オレが好きなFUGAZIにも通じる何かを感じたりして、凄く大好きなアルバムです。大人がロックしていくにはこうあれ!ってメッセージを完璧に受け取りました。勝手にだけどね(笑)」

■日高央(THE STARBEMS)
「大きな喪失感を埋めるため、ひっそりと始まった宅録プロジェクトが、全米はおろか世界をも代表するロックBANDに成長していくとは、本人も想像だにしていなかったでしょう…… フー・ファイターズに惹かれる大きな理由の一つには、どんなに辛い出来事があっても、最後には必ずポジティブな展開に持っていってくれる絶大な信頼感があります。現代においてはあまりにもざっくりとした言葉である「アメリカンROCK」の条件を満たす数々の輝き…… タイトなビートに壮大なメロディ、そして憂い混じりの7thスケールをPOPに昇華させるソングライティング…… あげればキリがないのですが、それらを力強くまとめているデイヴ・グロールの歌声はやはり最強です。過去の哀愁を感じさせつつも、果てしない未来に向かって伸びやかに放たれるその声は、今までも、そしてこれからも我々を魅了してやまない最大の武器となり、リスナーの心に深く突き刺さってきます。特にアルバム最後の2曲が放つプログレ感は、今後のフー・ファイターズの新たな拡がりを感じさせ、一刻も早くLIVEが観たいです!」

■細美武士(the HIATUS)
「シカゴの友人からHBOでオンエアされているデイヴ・グロールのドキュメント番組がすごい、と聞かされていたし、アルビニが"flat-fee"だけしか受け取らずに(とても彼らしいエピソードだ)録り上げたという"Something From Nothing"は先行オンエアで耳にしていたので、アルバムを通して聴ける日を楽しみにしていた。Fooと聞くと多くの人が思い浮かべるようなゴリゴリなアルバムではないけれど、こういうFoo Fightersもいいなああ!!」

■山崎洋一郎(Rockin On / Rockin On Japan / RO69 編集長)
「このアルバムは、アメリカン・ロックのルーツを辿るドキュメンタリー映画の制作と絡めて作られた。アメリカの8つの都市で、それぞれの都市に縁のあるアーティスト達にインタヴューして番組を作りながら、それぞれの都市のスタジオで1曲づつレコーディングしていくという異例のやり方で作られたアルバムだ。まだドキュメンタリー映画の方は観れていないが、カントリー・ジャズ・ブルース・ロックといった大きな括りだけでなく、ロックにおけるLAメタル・DCハードコア・グランジ・NYアンダーグラウンドなど現在と近くでリンクするシーンもふまえた上でアメリカン・ロックを総括するならデイヴ・グロールほどの適役はいないわけで、非常に楽しみ。で、アルバムも映画の内容に寄ったものになるかもと思っていたのだがそんなことはなかった。もともと曲の素材は出来ていて、それを曲にして持って行って各都市のスタジオでレコーディングしたからだ。歌詞だけは、各都市でミュージシャンにインタヴューしてからその内容をふまえて現場で書いたらしい。アメリカン・ロックの歴史の流れに深い意味を与える、素晴らしい歌詞だ。だが、サウンドの方は「ルーツ巡りの旅」のようなものでは全然なくて、フーが作り上げた「頼りがいのある熱血ロック」の王道。だが、明らかにこれまでよりもディープでドラマティックだ。アメリカン・ロックを歴史として捉え、アメリカン・ロックの「意義」を8つの都市において捉え、その上で自分達のロックの意味を捉え直したことが一聴してわかる。スケール感と重さと深さがこれまでとはまったく違う。自分のやっている音楽のルーツと真正面から向き合うことでルーツ・ミュージックに引きずり込まれるアーティストもいるが、逆にアップデートするアーティストもいる。ダフト・パンクの『ランダム・アクセス・メモリーズ』が明らかにそうだったが、今回のフーもそうだ。アメリカン・ロックのヒストリーという広い視野に立って自分たちの音楽を捉え直したことで、より輪郭がくっきりとして、新しくなったのだ。デイヴ・グロールはエゴの人ではない。そんな彼にとって、アメリカン・ロックの歴史の中で自分たちの役割を再認識することは「正しい力」になったはずだ。その力によって生まれた正しいアメリカン・ロックのアップデート・バージョンがこのアルバムだ」

■「サムシング・フロム・ナッシング」MV
https://www.youtube.com/watch?v=V_YlZ1JdcVk&list=UUi2KNss4Yx73NG0JARSFe0A

■「ザ・フィースト・アンド・ザ・フェミン」MV
https://www.youtube.com/watch?v=c6fR_mp8gag&list=UUi2KNss4Yx73NG0JARSFe0A

■アルバム『ソニック・ハイウェイズ』

発売中
SICP-4327/¥2,400(+税)
※初回限定「紙ジャケット」仕様
<収録曲>
1. Something From Nothing / サムシング・フロム・ナッシング
2. The Feast and The Famine / ザ・フィースト・アンド・ザ・フェミン
3. Congregation / コングリゲイション
4. What Did I Do?/God As My Witness / ホワット・ディド・アイ・ドゥ?/ゴッド・アズ・マイ・ウィットネス
5. Outside / アウトサイド
6. In The Clear / イン・ザ・クリアー
7. Subterranean / サブテレニアン
8. I Am A River / アイ・アム・ア・リヴァー

■アルバムiTunes購入先
https://itunes.apple.com/jp/album/id910701272

■フー・ファイターズ・ドキュメンタリー「ソニック・ハイウェイズ」(全8回)

11月23日(日・祝)、30日(日)午後4:00〜ほか(全8回)[WOWOWライブ]
11月23日(日・祝)午後4:00 #1 シカゴ「Something From Nothing」
11月23日(日・祝)午後5:05 #2
11月30日(日)午後4:00 #3
11月30日(日)午後5:05 #4
ほか
※初回放送11月23日は、「フー・ファイターズDAY〜ソニック・ハイウェイズ放送記念〜」! 一挙6作品10時間以上にわたってフー・ファイターズ関連番組をオンエア。

http://www.wowow.co.jp/foofighters

【関連リンク】
フー・ファイターズ オフィシャルHP
フー・ファイターズ、秋発売のアルバムをドキュメンタリー番組とともにリリース!
“クイーン・オブ・ロックン・ロール”ジョーン・ジェット、7年ぶりのアルバムが解禁!
フー・ファイターズ自伝映画日本公開「デイヴ・グロールカートの死について語る」

【関連アーティスト】
Foo Fighters
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

May J.、元日にオリジナルとカヴァーによる2枚組ベストをリリース
Thu, 13 Nov 2014 10:00:00 +0900
アルバム『May J.W BEST -Original & Covers-』 (okmusic UP\'s)

2015年元日、May J.がデビューから今までにリリースしてきた選りすぐりの楽曲を、オリジナルとカヴァーそれぞれでまとめた2枚組ベストアルバム『May J.W BEST -Original & Covers-』を発売することが決定! さらに、ニュービジュアルも公開となった。

【その他の画像】May J.

CD2枚組、収録曲数30曲以上でありながら、初回盤限定フラッシュプライスの2,315円(税抜)。ファンはもとより、これまで彼女の作品に触れてこなかったリスナーにも手が伸ばしやすいお年玉価格となっている。

ディスク1のオリジナルベストには、最新シングル「本当の恋」やアップテンポな「Sunshine Baby!」、日本中を席捲したディズニー映画『アナと雪の女王』の日本版主題歌「Let It Go〜ありのままで〜(エンドソング)」に加え、ライヴで定番となっている曲も。また、SONY時代の1stシングル「HERE WE GO feat.VERBAL(m-flo)」なども収録予定。注目なのは、「ありがとう」のニューヴァージョンや、May J.本人が出演するカネボウ化粧品「コフレドール」CMソング(11月末より放送予定)「So Beautiful」、「My Sweet Dreams」という新曲も追加されている点だ。

ディスク2のカヴァーベストには、May J.の名を世に広めるきっかけとなった「Garden」やテレビ番組での歌唱で大きな話題となった「ハナミズキ」「涙そうそう」「First Love」に加え、クリス・ハートとデュエットした「A Whole New World」など珠玉の全15曲が収録される予定だ。また、本作はBlu-rayやDVDの映像も豪華で、2CD+1DVDには、MVベストとデビュー直後から8年の歴史を凝縮した60分超の見どころ満載な初ドキュメント映像をセット。2CD+3DVDには、これまでのMV30本以上を一挙収録し、さらにこれまでの厳選ライヴベストも楽しめる。もちろん、お宝ドキュメント映像も。Blu-rayと3DVDの初回盤は、立体写真によるスペシャルスリーブジャケットなので、ファンはお早めにゲットしておこう!

■アルバム『May J.W BEST -Original & Covers-』

2015年1月1日発売
【初回フラッシュプライス盤】(2CD)
RZCD-59775/¥2,315+税
<オリジナルベスト 収録曲>
01.So Beautiful
02.Sunshine Baby!
03.本当の恋
04.Let It Go〜ありのままで〜(エンドソング)
05.Lovin\' you
06.TSUBASA
07.RAINBOW
08.Shiny Sky
09.ONE MORE KISS(May J.×Zeebra×難波章浩)
10.Beautiful Days
11.Be mine〜君が好きだよ〜
12.旅立つ君に
13.Dear...
14.HERE WE GO feat.VERBAL(m-flo)
15.My Sweet Dreams
16.ありがとう(2015 ver.)
<カヴァーベスト 収録曲>
01.ハナミズキ
02.キラキラ
03.LIFE
04.風になりたい feat.CHRIS & BUZZER BEATS
05.Garden feat.DJ KAORI,Diggy-MO\',クレンチ&ブリスタ
06.A Whole New World with クリス・ハート
07.涙そうそう
08.生きてこそ
09.Precious
10.手紙〜拝啓 十五の君へ〜
11.元気を出して
12.First Love
13.永遠に
14.I DREAMED A DREAM
15.Believe

【通常盤】(2CD)
RZCD-59777/¥3,000+税
<オリジナルベスト 収録曲>
01.So Beautiful
02.Sunshine Baby!
03.本当の恋
04.Let It Go〜ありのままで〜(エンドソング)
05.Lovin\' you
06.TSUBASA
07.RAINBOW
08.Shiny Sky
09.ONE MORE KISS(May J.×Zeebra×難波章浩)
10.Beautiful Days
11.Be mine〜君が好きだよ〜
12.旅立つ君に
13.Dear...
14.HERE WE GO feat.VERBAL(m-flo)
15.My Sweet Dreams
16.ありがとう(2015 ver.)
<カヴァーベスト 収録曲>
01.ハナミズキ
02.キラキラ
03.LIFE
04.風になりたい feat.CHRIS & BUZZER BEATS
05.Garden feat.DJ KAORI,Diggy-MO\',クレンチ&ブリスタ
06.A Whole New World with クリス・ハート
07.涙そうそう
08.生きてこそ
09.Precious
10.手紙〜拝啓 十五の君へ〜
11.元気を出して
12.First Love
13.永遠に
14.I DREAMED A DREAM
15.Believe

【2CD+1DVD】
RZCD-59773/¥4,000+税
<オリジナルベスト 収録曲>
01.So Beautiful
02.Sunshine Baby!
03.本当の恋
04.Let It Go〜ありのままで〜(エンドソング)
05.Lovin\' you
06.TSUBASA
07.RAINBOW
08.Shiny Sky
09.ONE MORE KISS(May J.×Zeebra×難波章浩)
10.Beautiful Days
11.Be mine〜君が好きだよ〜
12.旅立つ君に
13.Dear...
14.HERE WE GO feat.VERBAL(m-flo)
15.My Sweet Dreams
16.ありがとう(2015 ver.)
<カヴァーベスト 収録曲>
01.ハナミズキ
02.キラキラ
03.LIFE
04.風になりたい feat.CHRIS & BUZZER BEATS
05.Garden feat.DJ KAORI,Diggy-MO\',クレンチ&ブリスタ
06.A Whole New World with クリス・ハート
07.涙そうそう
08.生きてこそ
09.Precious
10.手紙〜拝啓 十五の君へ〜
11.元気を出して
12.First Love
13.永遠に
14.I DREAMED A DREAM
15.Believe
<DVD>
〈MV BEST〉※曲順未定
01.So Beautiful
02.Dear...
03.Garden feat.DJ KAORI,Diggy-MO\',クレンチ&ブリスタ
04.Be mine〜君が好きだよ〜
05.ONE MORE KISS(May J.×Zeebra×難波章浩)
06.TSUBASA
07.Precious
08.ハナミズキ
09.First Love
10.Lovein\' you
11.Believe
12.元気を出して
13.本当の恋
〈May J.HISTORY〉
※デビュー前からのプレミアムオフショット映像を交え、May J.の活動と等身大の胸の内を追った60分超のドキュメンタリー

【2CD+3DVD】
RZCD-59769/¥5,500+税
<オリジナルベスト 収録曲>
01.So Beautiful
02.Sunshine Baby!
03.本当の恋
04.Let It Go〜ありのままで〜(エンドソング)
05.Lovin\' you
06.TSUBASA
07.RAINBOW
08.Shiny Sky
09.ONE MORE KISS(May J.×Zeebra×難波章浩)
10.Beautiful Days
11.Be mine〜君が好きだよ〜
12.旅立つ君に
13.Dear...
14.HERE WE GO feat.VERBAL(m-flo)
15.My Sweet Dreams
16.ありがとう(2015 ver.)
<カヴァーベスト 収録曲>
01.ハナミズキ
02.キラキラ
03.LIFE
04.風になりたい feat.CHRIS & BUZZER BEATS
05.Garden feat.DJ KAORI,Diggy-MO\',クレンチ&ブリスタ
06.A Whole New World with クリス・ハート
07.涙そうそう
08.生きてこそ
09.Precious
10.手紙〜拝啓 十五の君へ〜
11.元気を出して
12.First Love
13.永遠に
14.I DREAMED A DREAM
15.Believe
<DVD>
〈MV〉※曲順未定
01.HERE WE GO feat.VERBAL(m-flo)
02.Dear...
03.DO tha\' DO tha\'
04.Garden feat.DJ KAORI,Diggy-MO\',クレンチ&ブリスタ
05.もし君と… with キマグレン
06.旅立つ君に
07.Be mine〜君が好きだよ〜
08.Sing for you(May J.×MAY\'S)
09.Shiny Sky
10.あの日があるから feat.RYO the SKYWALKER
11.ONE MORE KISS(May J.×Zeebra×難波章浩)
12.夜空の雪
13.I\'m proud
14.OUR FUTURE
15.Rewind
16.Back To Your Heart feat.Daniel Powter -Story Edition-
17.私がカバーガール
18.TSUBASA
19.Garden(2BEDROOM PROGRESSIVE ANTHEM)(May J.×2BEDROOM)
20.Precious
21.ハナミズキ
22.白い雲のように with クリス・ハート
23.First Love
24.Lovein\' you
25.きみの唄
26.Eternally
27.Believe
28.元気を出して
29.生きてこそ
30.I Believe(Japanese Version)feat.V.I(from BIGBANG)
31.LIFE
32.本当の恋
33.Sunshine Baby!
34.つかのまの虹でも
35.誓いのキス
36.So Beautiful
〈LIVE BEST〉
※これまでのライヴより厳選したパフォーマンスを約120分収録
※収録セットリストは未定
■2010年「May J.TOUR 2010〜LIVE for you〜」2010.5.23 at 東京・渋谷AX
■2011年「May J.LIVE 2011“Believin\' Colors"」2011.5.13 at 赤坂BLITZ
■2012年「May J.Family Party Vol.5」2012.6.30 at BLUES ALLEY JAPAN
■2013年「May J.TOUR 2013 -7 Years collection-」2013.4.26 at Shibuya O-EAST
■2013年「May J.Autumn Tour 2013〜Best & Covers〜」2013.11.08 at Zepp Tokyo
■2014年「May J.TOUR 2014〜Message for tomorrow〜」2014.7.30 at Zepp Tokyo
■2014年「May J.TOUR 2014〜Message for tomorrow〜」2014.9.19 at 東京 Bunkamuraオーチャードホール
〈May J.HISTORY〉
※デビュー前からのプレミアムオフショット映像を交え、May J.の活動と等身大の胸の内を追った60分超のドキュメンタリー

【2CD+2Blu-ray】
RZCD-59771/¥6,000+税
<オリジナルベスト 収録曲>
01.So Beautiful
02.Sunshine Baby!
03.本当の恋
04.Let It Go〜ありのままで〜(エンドソング)
05.Lovin\' you
06.TSUBASA
07.RAINBOW
08.Shiny Sky
09.ONE MORE KISS(May J.×Zeebra×難波章浩)
10.Beautiful Days
11.Be mine〜君が好きだよ〜
12.旅立つ君に
13.Dear...
14.HERE WE GO feat.VERBAL(m-flo)
15.My Sweet Dreams
16.ありがとう(2015 ver.)
<カヴァーベスト 収録曲>
01.ハナミズキ
02.キラキラ
03.LIFE
04.風になりたい feat.CHRIS & BUZZER BEATS
05.Garden feat.DJ KAORI,Diggy-MO\',クレンチ&ブリスタ
06.A Whole New World with クリス・ハート
07.涙そうそう
08.生きてこそ
09.Precious
10.手紙〜拝啓 十五の君へ〜
11.元気を出して
12.First Love
13.永遠に
14.I DREAMED A DREAM
15.Believe
<Blu-ray>
〈MV〉※曲順未定
01.HERE WE GO feat.VERBAL(m-flo)
02.Dear...
03.DO tha\' DO tha\'
04.Garden feat.DJ KAORI,Diggy-MO\',クレンチ&ブリスタ
05.もし君と… with キマグレン
06.旅立つ君に
07.Be mine〜君が好きだよ〜
08.Sing for you(May J.×MAY\'S)
09.Shiny Sky
10.あの日があるから feat.RYO the SKYWALKER
11.ONE MORE KISS(May J.×Zeebra×難波章浩)
12.夜空の雪
13.I\'m proud
14.OUR FUTURE
15.Rewind
16.Back To Your Heart feat.Daniel Powter -Story Edition-
17.私がカバーガール
18.TSUBASA
19.Garden(2BEDROOM PROGRESSIVE ANTHEM)(May J.×2BEDROOM)
20.Precious
21.ハナミズキ
22.白い雲のように with クリス・ハート
23.First Love
24.Lovein\' you
25.きみの唄
26.Eternally
27.Believe
28.元気を出して
29.生きてこそ
30.I Believe(Japanese Version)feat.V.I(from BIGBANG)
31.LIFE
32.本当の恋
33.Sunshine Baby!
34.つかのまの虹でも
35.誓いのキス
36.So Beautiful
〈LIVE BEST〉
※これまでのライヴより厳選したパフォーマンスを約120分収録
※収録セットリストは未定
■2010年「May J.TOUR 2010〜LIVE for you〜」2010.5.23 at 東京・渋谷AX
■2011年「May J.LIVE 2011“Believin\' Colors"」2011.5.13 at 赤坂BLITZ
■2012年「May J.Family Party Vol.5」2012.6.30 at BLUES ALLEY JAPAN
■2013年「May J.TOUR 2013 -7 Years collection-」2013.4.26 at Shibuya O-EAST
■2013年「May J.Autumn Tour 2013〜Best & Covers〜」2013.11.08 at Zepp Tokyo
■2014年「May J.TOUR 2014〜Message for tomorrow〜」2014.7.30 at Zepp Tokyo
■2014年「May J.TOUR 2014〜Message for tomorrow〜」2014.9.19 at 東京 Bunkamuraオーチャードホール
〈May J.HISTORY〉
※デビュー前からのプレミアムオフショット映像を交え、May J.の活動と等身大の胸の内を追った60分超のドキュメンタリー

【関連リンク】
May J. オフィシャルHP
VAMPS主催「HALLOWEEN PARTY 2014」、豪快セッション出演アーティストを発表!
6年目となるT.M.Revolution主催の「イナズマロック フェス」が今年も大成功!
「HALLOWEEN PARTY 2014」のバックステージ見学や大舞台に立つチャンスが!?

【関連アーティスト】
May J.
【ジャンル】
J-POP, R&B/ソウル

aikoの書き下ろしイラストがLINEスタンプに!
Thu, 13 Nov 2014 09:00:00 +0900
aiko書き下ろしLINEスタンプ (okmusic UP\'s)

関西テレビ/フジテレビ系ドラマ『素敵な選TAXI』の主題歌「あたしの向こう」を含む、通算32枚目となるシングルを11月12日に発売したaiko。そのシングルのリリースと同日、aikoによる書き下ろしLINEスタンプも販売開始となった

【その他の画像】aiko

aikoが主題歌を担当することを受け、先日行なわれた同ドラマの制作発表時に脚本のバカリズムは「すごい感激です! しかもエンディングのカフェのシーンでかかるという事で嬉しいですよ。今回のドラマの為に書いてくれたんですもんね。僕はお会いしたことがなくて、まだ実感が湧かな いんですが。とにかく嬉しいです」とコメントを寄せていたが、先日aikoがニッポン放送に深夜12時から3番組続けてゲスト出演した際、同日パーソナリティを務めていた『バカリズムのオールナイトニッポンGOLD』の放送後、直接CDを渡しに行って初対面を果たした! ドラマは第5話の放送を迎え、毎回登場する豪華なゲストと、過去に戻れる不思議なタクシー運転手とのスリルと笑いあふれるやりとりがますます人気となっている。

11月12日(水)、13日(木)は大阪城ホールでアリーナツアー「Love Like Pop vol.17.5」を開催中のaiko。こちらのツアー会場限定で販売されるオリジナルミニTシャツ付きの完全限定生産盤"「あたしの向こう」LLP17.5お近づき記念盤『着れないけどね!CD』"も発売となった。本人による手書き歌詞が印刷されているということでも話題のこちらは完全限定生産のため、なくなり次第終了となるそう。必ず入手したいという方は、購入方法など詳細をオフィシャルHPでチェックしてみよう。

また、11月12日(水)からaikoのLINEスタンプも販売開始となった。自身のツアーグッズなどでも大人気のaikoによる書き下ろしイラストが待望のスタンプ化! 1セット全40種類、さまざまなシチュエーションで使用できるかわいい絵柄が用意されている。LINEアプリのスタンプショップへ行き、“aiko”の名前で検索検索!

さらに、ニューシングル発売を記念してaiko official Facebookページも開設! 今後はオフィシャルHPをはじめ、LINE、Facebookなどでも、スタッフからaikoにまつわるさまざまな情報を発信していくそうだ。

■LINE スタンプショップ aikoのスタンプ
http://line.me/S/sticker/1053213
■『素敵な選TAXI』公式サイト
http://www.ktv.jp/sentaxi/
■aiko オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/aiko

■シングル「あたしの向こう」

発売中
【初回限定仕様盤】
PCCA-15017/¥1,200+税
※カラートレイ&初回限定ブックレット
【通常仕様盤】
PCCA-15017/¥1,200+税
<収録曲>
01.あたしの向こう
02.ドライヤー
03.ハレーション
04.あたしの向こう(instrumental)

■「あたしの向こう」LLP17.5 お近づき記念盤『着れないけどね!CD』

発売中
品番未定/¥1,204+税
<収録曲>
01.あたしの向こう
02.ドライヤー
03.ハレーション
※初回限定仕様盤・通常盤に収録される「あたしの向こう(instrumental)」は未収録
※スペシャルボックス仕様
※CD+ミニサイズTシャツ
※完全限定生産商品
※aiko live tour「Love Like Pop vol.17.5」会場限定販売商品

【関連リンク】
aiko オフィシャルHP
aiko、話題のドラマ主題歌「あたしの向こう」MVが各所にて公開
aiko、新曲「あたしの向こう」テレビCMを公開
aiko、初日はハロウィンスペシャル!横浜アリーナからツアースタート!

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

THE BLUE HEARTS、結成30周年記念ベスト盤プロジェクトが始動
Thu, 13 Nov 2014 00:00:00 +0900
「THE BLUE HEARTS」ベスト盤プロジェクト始動 (okmusic UP\'s)

2015年2月にブルーハーツが結成30周年を迎えるにあたり、特設サイトがオープンした。

【その他の画像】ザ・ブルーハーツ

来年2月のベスト盤発売決定を受けて、ブルーハーツのエピソードをTwitterで募集する企画もスタートした。俺たち、私たちのアツイ思いをぜひ投稿してみよう! その投稿はベスト盤選曲の参考にされるとのこと。また、投稿されたエピソード、アカウント名はベストアルバムの宣伝チラシやポスターなどに掲載されることも! ハッシュタグは“#ブルーハーツが好きだ”を付けてどうぞ。

このほかにもいろいろと2015年は、ブルーハーツ関連の動きがあるらしい。30周年記念プロジェクトのTwitter公式アカウント“@tbh30th”をフォローしてその動きに注目しよう!

■30周年記念プロジェクト公式Twitter
https://twitter.com/tbh30th

【関連リンク】
THE BLUE HEARTS 30周年 特設サイト
THE BLUE HEARTSのデビュー作『THE BLUE HEARTS』はリスナーの人生を変えてしまうような力を持ったアルバムだ
シンドい時に背中を押してくれる、頑張れソング5選
伝説の一夜が再び!ライブドキュメンタリー「ベイビー大丈夫かっ BEATCHILD 1987」 公開決定!

【関連アーティスト】
ザ・ブルーハーツ
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1