歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2014年10月05日)
バックナンバー
最新ニュース
2014/10/14
2014/10/13
2014/10/12
2014/10/11
2014/10/10
2014/10/09
2014/10/08
2014/10/07
2014/10/06
2014/10/05
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
2014/08/06
2014/08/05
2014/08/04
2014/08/03
2014/08/02
2014/08/01
2014/07/31
2014/07/30
2014/07/29
2014/07/28
2014/07/27
2014/07/26
2014/07/25
2014/07/24
2014/07/23
2014/07/22
2014/07/21
2014/07/20
2014/07/19
2014/07/18
2014/07/17
2014/07/16
2014/07/15
2014/07/14
2014/07/13
2014/07/12
2014/07/11
2014/07/10
2014/07/09
2014/07/08
2014/07/07
2014/07/06
2014/07/05
2014/07/04
2014/07/03
2014/07/02
2014/07/01
2014/06/30
2014/06/29
2014/06/28
2014/06/27
2014/06/26
2014/06/25
2014/06/24
2014/06/23
2014/06/22
2014/06/21
2014/06/20
2014/06/19
2014/06/18
2014/06/17
2014/06/16
2014/06/15
2014/06/14
2014/06/13
2014/06/12
2014/06/11
2014/06/10
2014/06/09
2014/06/08
2014/06/07
2014/06/06
2014/06/05
2014/06/04
2014/06/03
2014/06/02
2014/06/01
2014/05/31
2014/05/30
2014/05/29
2014/05/28
2014/05/27
2014/05/26
2014/05/25
2014/05/24
2014/05/23
2014/05/22
2014/05/21
2014/05/20
2014/05/19
2014/05/18
2014/05/17
2014/05/16
2014/05/15
2014/05/14
2014/05/13
2014/05/12
2014/05/11
2014/05/10
2014/05/09
2014/05/08
2014/05/07
2014/05/06
2014/05/05
2014/05/04
2014/05/03
2014/05/02
2014/05/01
2014/04/30
2014/04/29
2014/04/28
2014/04/27
2014/04/26
2014/04/25
2014/04/24
2014/04/23
2014/04/22
2014/04/21
2014/04/20
2014/04/19
2014/04/18
2014/04/17
2014/04/16
2014/04/15
2014/04/14
2014/04/13
2014/04/12
2014/04/11
2014/04/10
2014/04/09
2014/04/08
2014/04/07
2014/04/06
2014/04/05
2014/04/04
2014/04/03
2014/04/02
2014/04/01
2014/03/31
2014/03/30
2014/03/29
2014/03/28
2014/03/27
2014/03/26
2014/03/25
2014/03/24
2014/03/23
2014/03/22
2014/03/21
2014/03/20
2014/03/19
2014/03/18
2014/03/17
2014/03/16
2014/03/15
2014/03/14
2014/03/13
2014/03/12
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/09
2014/03/08
2014/03/07
2014/03/06
2014/03/05
2014/03/04
2014/03/03
2014/03/02
2014/03/01
2014/02/28
2014/02/27
2014/02/26
2014/02/25
2014/02/24
2014/02/23
2014/02/22
2014/02/21
2014/02/20
2014/02/19
2014/02/18
2014/02/17
2014/02/16
2014/02/15
2014/02/14
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/11
2014/02/10
2014/02/09
2014/02/08
2014/02/07
2014/02/06
2014/02/05
2014/02/04
2014/02/03
2014/02/02
2014/02/01
2014/01/31
2014/01/30
2014/01/29
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/26
2014/01/25
2014/01/24
2014/01/23
2014/01/22
2014/01/21
2014/01/20
2014/01/19
2014/01/18
2014/01/17
2014/01/16
2014/01/15
2014/01/14
2014/01/13
2014/01/12
2014/01/11
2014/01/10
2014/01/09
2014/01/08
2014/01/07
2014/01/06
2014/01/05
2014/01/04
2014/01/03
2014/01/02
2014/01/01
2013/12/31
2013/12/30
2013/12/29
2013/12/28
2013/12/27
2013/12/26
2013/12/25
2013/12/24
2013/12/23
2013/12/22
2013/12/21
2013/12/20
2013/12/19
2013/12/18
2013/12/17
2013/12/16
2013/12/15
2013/12/14
2013/12/13
2013/12/12
2013/12/11
2013/12/10
2013/12/09
2013/12/08
2013/12/07
2013/12/06
2013/12/05
2013/12/04
2013/12/03
2013/12/02
2013/12/01
2013/11/30
2013/11/29
2013/11/28
2013/11/27
2013/11/26
2013/11/25
2013/11/24
2013/11/23
2013/11/22
2013/11/21
2013/11/20
2013/11/19
2013/11/18
2013/11/17
2013/11/16
2013/11/15
2013/11/14
2013/11/13
2013/11/12
2013/11/11
2013/11/10
2013/11/09
2013/11/08
2013/11/07
2013/11/06
2013/11/05
2013/11/04
2013/11/03
2013/11/02
2013/11/01
2013/10/31
2013/10/30
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/27
2013/10/26
2013/10/25
2013/10/24
2013/10/23
2013/10/22
2013/10/21
2013/10/20
2013/10/19
2013/10/18
2013/10/17
2013/10/16
2013/10/15
2013/10/14
2013/10/13
ニコラス・エドワーズが「のどじまんTHEワールド! 2014秋」で3度目の優勝!
Sun, 05 Oct 2014 17:45:00 +0900
ニコラス・エドワーズ (okmusic UP\'s)

10月4日(土)に放送された「のどじまんTHEワールド!2014 秋」(日本テレビ系全国ネット)で米オレゴン出身の歌手、ニコラス・エドワーズが2年ぶり3度目の優勝を果たした。

【その他の画像】ニコラス・エドワーズ

クリス・ハートを輩出したことでも知られる人気番組「のどじまんTHEワールド!」。その2014年秋大会にはニコラス・エドワーズを筆頭に、世界11か国から14アーティストが集結し“世界一日本の歌がうまい外国人”を決める、ハイレベルなバトルが繰り広げられた。

今回で、同番組へ11回連続出場を果たしたニコラス・エドワーズは11番目に登場、WANDSの1992年のヒット曲「もっと強く抱きしめたなら」を歌い394点を獲得し、審査員の東尾理子さんに「魔性の声」と言わしめるほどの圧倒的パフォーマンスで予選を1位通過した。決勝では玉置浩二の名曲「メロディー」(1996年)を熱唱、唯一無二の美声と美貌でスタジオを魅了し、最高得点となる397点を獲得し見事に優勝を果たした。ニコラス・エドワーズの優勝は、2011年10月の第2回大会、2012年10月の第5回大会につづいて3回目となる。

【ニコラス・エドワーズ本人のコメント】
「のどじまん THE! ワールド」に出場して、僕と同じように日本の歌が大好きな外国人のみなさんと、J-POPが好きな気持ちを日本の皆さんに伝えることができて、これ以上になく幸せです。その中で、優勝という形で評価して頂けたことは、心より感謝しています。

ニコラス・エドワーズは、10月8日(水)に、自身の手掛けた作詞作曲作品も入る、日本語によるニューアルバム『HARDSPICE -RED-(日本語版)』を発売する他、母国語である英語で歌った「HARDSPICE -BLUE-(英語版)」も同時発売する。

“J-POPシンガーとして成功したい”という強い憧れの夢を力に、抜群の歌唱力を発揮し「のどじまんTHEワールド!2014 秋」で、自身3度目の優勝を果たしたニコラス・エドワーズ。“美しすぎる19歳”と騒がれてから3年、22歳となったニコラス・エドワーズから今後も目が離せない。

■アルバム『HARDSPICE -RED- (JAPANESE)』

2014年10月8日発売
EDCE-1019/¥2,700
<収録曲>
1. 夢を力に
2. 光であれ
3. DRIVE
4. Te Extra?ar?
5. 恋しちゃったよ
6. 世界中でひとつの
7. あ・な・た
8. You\'re My World
9. My First Love Song -Acousitc Version-
10. 琥珀セレナーデ

■アルバム『HARDSPICE -BLUE- (English)』

2014年10月8日発売
EDCE-1020/¥2,700
<収録曲>
1. Diamond Heats
2. Be A Light
3. DRIVE
4. Only One
5. B.A.B.Y.
6. Midnight Runaway
7. Te Extra?ar?
8. Gimme Some Love
9. You\'re My World
10. My First Love Song

■「夢を力に」MV
http://www.youtube.com/watch?v=CfBA8HW-AWQ

【関連リンク】
ニコラス・エドワーズ オフィシャルHP
ニコラス・エドワーズが「のどじまんTHEワールド! 2014秋」に出演
青い眼のJ-POPシンガー“ニコラス・エドワーズ”が4月に単独コンサートを開催!
ニコラス・エドワーズ、メジャーデビュー・コンベンションのニコニコ生放送に17000人が視聴!

【関連アーティスト】
ニコラス・エドワーズ
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

LOW IQ 01、10-FEETとストレイテナーが出演したソロ15周年記念ライブ終了
Sun, 05 Oct 2014 18:00:00 +0900


LOW IQ 01が10月4日(土)、新木場STUDIO COASTでソロデビュー15周年イベント「LOW IQ 01 15th Anniversary Special Party“MASTER OF MUSIC"」を開催した。

【その他の画像】LOW IQ 01

前回、LOW IQ 01がKEN YOKOYAMA、BRAHMAN、ACIDMANという同朋が集い、豪華なメンツとともに盛大な"イッチャン祭り"が繰り広げられたライブから5年、今回イッチャン祭りを共に祝うメンバーは10-FEETとSTRAIGHTENERと、親交のある豪華なメンツ。

LOW IQ 01 & MASTER LOW のライブは「LITTLE GIANT」で幕を開け、「15年やって来れたのはお前らのおかげだよ!!」と会場に集ったオーディエンスに感謝の言葉を告げ、「CHANSES」、「T・O・A・S・T」、「NEVER SHUT UP」などの新旧を織り交ぜたセットリストでこのイベントの一体感を作り上げた。

中盤では「SO EASY」、「RULES」や往年の名曲で会場を更に盛り上げて行き、10-FEETが今日のライブでカバーした流れとオーディエンスからの煽りもありサプライズでSUPER STUPID時代の名曲「What\'s Borderless?」を熱唱!!

アンコールでは LOW IQ 01本人が「15年間、LOW IQ 01を良いオッサンに成長させてくれてありがとう!!!」「どうもありがとうLOW IQ、どうもありがとうMASTER LOW & YOU」と終始感謝の気持ちを放ち続け「音楽やっててよかった!!」と締めた。

この後の20周年時にはどんな進化を遂げるのか、今後の活動にも注目して行こう。

photo by 山川哲矢

■【セットリスト】

01 LITTLE GIANT
02 CHANSES
03 T・O・A・S・T
04 DAY TO DAY
05 SWEAR
06 NEVER SHUT UP
07 AND
08 DIS IT
09 AAA
10 SO EASY
11 MIRACLE
12 RULES
13 YOUR COLOR
14 What\'s Borderless?
15 FAY
16 五日はまた雪
17 WAY IT IS
18 NEW THINGS

■アルバム『Yes,LOW IQ 01』

発売中
【CD+DVD】
CTCR-14824/B/¥3.780(税込)
【CD】
CTCR-14825/¥2.916(税込)
<収録曲>
■CD
01 Hangover Weekend
02 Day to Day
03 さきがけ
04 Switch
05 a room with a view
06 Mirror, Mirror
07 A.K.F.
08 And...
09 All I Ever Need
10 Night of the Sleepless
11 Shed Your Skin
12 King of Fools
13 Out Out Out
■DVD (MUSIC CLIP)
01 WAY IT IS
02 GOT LUCKY
03 T・O・A・S・T
04 NOT ALONE
05 DISAPPEAR
06 DIS IT

【関連リンク】
LOW IQ 01 オフィシャルHP
10-FEET、「10-FEETのボウライン大作戦(仮)」ゲストにACIDMANを迎えたvol.3公開
10-FEETがキュレーターを務める「Bowline 2014」、全出演アーティストが決定!
クラムボン、トリビュートアルバムの参加アーティスト第1弾を発表!

【関連アーティスト】
LOW IQ 01, 10-FEET, ストレイテナー
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

日本ハムファイターズ勝利のジンギスカンダンス、ファンの熱望に応えて配信限定リリース決定
Sun, 05 Oct 2014 17:00:00 +0900


N.C.B.B × DAISHI DANCE×北海道日本ハムファイターズという奇跡のコラボが産んだ、ファイターズ勝利のジンギスカンダンスがファンの熱烈な要望に応えて配信限定シングルとしてリリースされることが決定した。

【その他の画像】N.C.B.B

今期、北海道日本ハムファイターズのホームゲームで“勝利の瞬間”に球場内で流れ、「あれ、今季のジンギスカン去年と違う!」「えっ?ラップ?」「今年のジンギスカンは何かかっこいいぞ!」とファイターズファンの間で話題を集めているお馴染みの楽曲「ジンギスカンダンス」。

それもそのはず! この楽曲を手がけたの“N.C.B.B × DAISHI DANCE”。実は、日本を代表するヒップホップグループ「N.C.B.B」と、ハウスシーンのレジェンド「DAISHI DANCE」という、現在のクラブシーントップアーティスト同士の奇跡のコラボレーションから産まれた世界最先端の「ジンギスカン」なのである。

数多くのベースボールファン、音楽ファンの熱烈な要望に応え、「ジンギスカンダンス(Full version) 〜ファイターズオリジナルバージョン〜」として配信限定シングル化が決定した。北海道のミュージックシーンを熱くするこの2大アーティストが奏でる「ジンギスカン」を聴いて、ファイターズを優勝まで導け!

■北海道日本ハムファイターズ 球団HP
http://www.fighters.co.jp/
■N.C.B.B オフィシャルHP
http://www.digdagood.com/artists/n-c-b-b/
■DAISHI DANCE オフィシャルHP
http://www.daishidance.jp/

【関連リンク】
CTS、banvoxなど、「OTODAMA BEACH PARTY 2014」第2弾出演者発表!
10代無料招待の夏フェス『UMI POP\'14 × TAKENOKO!!!』にでんぱ組.incの出演が決定
DAISHI DANCE、EDMをフィーチャーしたミックスCDをリリース
TRIPLANEのニューアルバムにDAISHI DANCEが参加決定!

【関連アーティスト】
N.C.B.B, DAISHI DANCE
【ジャンル】
J-POP

馬浪マラカス団によるグランプリ受賞曲「シモキタ音頭」が全国発売
Sun, 05 Oct 2014 16:00:00 +0900
馬浪マラカス団 (okmusic UP\'s)

スウィングジャズやリズム&ブルースなどを奏でるバンド、馬浪マラカス団の「シモキタ音頭」が10月4日に全国発売された。

【その他の画像】馬浪マラカス団

2003年に結成し、東京の下北沢・八王子を中心に活動中の馬浪マラカス団。古き良きスウィングジャズやリズム&ブルースといったグッドタイムミュージックにある大らかな歌心と暖かいバンドサウンドをベースに、シンプルなロックから音頭までカバーする幅広さを持ちながら、ルーツに縛られることのないポップな楽曲と、艶のある声で歌われる日本語の美しさがバンド特有の個性と普遍的な魅力を放つバンドだ。

そんな彼らの「シモキタ音頭」は、今年の3 月より下北沢あずま通り商店街を中心としたシモキタ音頭制作委員会によって一般公募された「シモキタ音頭」のグランプリを6月に受賞。審査員の票をもっとも多く集め、マツケンサンバなどの作曲家で知られる特別選考委員の宮川彬良に「初めて聞いたときにピンときた」と言わしめたこの名曲だ。既にYouTubeでは「マツケンサンバ」でおなじみの真島茂樹氏による振り付け動画を公開しており、8月16日・17日に行われる下北沢夏祭りにおいて、今年のメインイベントとしてお披露目されている。一度聞いたら口づさんでしまう、ちょっと切なくてハッピーな楽曲である。

11月10日(月) には下北沢BAR?CCOで発売を記念したライブ
「シモキタ音頭リリースパーティー〜ENDLESS SUMMER ONDO!!〜」 を開催。この夏から後世まで下北沢で踊り、歌い継がれるであろう「シモキタ音頭」。今のうちにチェックしておこう。

■宮川彬良&馬浪マラカス団のコメント

■宮川彬良
「僕は小さい頃から人の役に立つのが好きだった。母親から「アキラは役に立つねぇ」と言われるのが何よりだった。でも社会は僕の尻を叩く。競い合え、ワガママであれという、好きなことをやれ、ぶれずに進めという。一番好きなのが人の役に立つ事、という僕はそこで大いに面食らう。そしてこのバンド=馬波マラカス団にも僕は似たような人の良さを感じてしまうのだ。決して超人的なバンドではないし、超変態バンドというわけでもないけれど、これが「人間らしさ」というものなのではないかなぁ。きっと大切な事なのではないかなぁ」

■馬浪マラカス団
「今回ボク達馬浪マラカス団の「シモキタ音頭」が全国で流通されることは大変嬉しいです。
ボクらの出身地は下北沢ではありません。ただ下北沢が好きで、たくさんの時間をこの街で過ごしてきました。
「シモキタ音頭」をきっかけに、この街を盛り上げる実行委員会や商店街の方々、地域の皆さんと交流を深める機会をいただき、もはや下北沢はボクらにとって第二の故郷と呼べる街になりました。
この「シモキタ音頭」にはそんなボクらが下北沢で過ごした時間を綴った他2曲も収録されています。
全国のタワーレコード各店、amazon等でもご注文いただけますので皆さんの大好きな街を思い浮かべながら聴いていただければ嬉しいです。 シモキタ音頭で踊りゃんせ! 」

■「シモキタ音頭」 動画
https://www.youtube.com/watch?v=JzF_nCGorao

■シングル「シモキタ音頭」

発売中
UMANAMI-001/¥1000+税
<収録曲>
1.シモキタ音頭
2.やさぐれ讃歌
3.いつもどこかで
4.シモキタ音頭(カラオケ)

■「シモキタ音頭リリースパーティー〜ENDLESS SUMMER ONDO!!〜」

11月10日(月) 下北沢BAR?CCO
開場19:00 / 開演20:00
料金:¥2,000(day:¥2,300)

【関連リンク】
馬浪マラカス団 オフィシャルHP
miwa、パリにて被災地の中高生と披露した「希望の環(WA)」がシングル化決定
中田裕二、待望のニューアルバム&ライヴDVD同時発売決定
「甘城ブリリアントパーク」テーマ曲を歌う“AKINO with bless4”と“BRILLIANT4”のCD購入者イベント詳細決定

【関連アーティスト】
馬浪マラカス団
【ジャンル】
ジャパニーズロック

サイモン&ガーファンクル、12月に初のコンプリート・ボックス発売決定
Sun, 05 Oct 2014 15:00:00 +0900
『コンプリート・アルバム・コレクション』輸入盤展開写真 (okmusic UP\'s)

12月10日(水)にサイモン&ガーファンクルの公式アルバムをすべて収録した初のコンプリートボックスの発売が決定した。

【その他の画像】サイモン&ガーファンクル

コンプリートボックスには、1964年発売のデビューアルバムから1970年発売の『明日に架ける橋』までのスタジオアルバム5作品、彼らが音楽を手掛けた1968年発売の映画『卒業』のサウンドトラック、1972年発売の『グレイテスト・ヒッツ』、1981年のセントラルパークでの再結成コンサートの模様を収録した『セントラルパーク・コンサート』、2003年10〜12月に全米で行われた歴史的再結成ツアーの模様を収録した『オールド・フレンズ〜ライヴ・オン・ステージ』(2枚組)、2003年になって発売された全盛期の貴重なライヴを収録した『ライヴ・フロム・ニューヨーク・シティ 1967』、2009年になって発売された1969年に行なわれた全米ツアーの模様を収録した『ライヴ 1969』の全11タイトルを収録。なお、オリジナル・アルバム5作品、『卒業』のサウンドトラック、『グレイテスト・ヒッツ』、『セントラルパーク・コンサート』は今回の発売に際してオリジナルのアナログ・マスターから最新リマスターが施されている。

また、日本盤はアナログ盤のリリースがあったファースト・アルバムから『セントラルパーク・コンサート』まではオリジナルLPを細部まで再現した日本制作の紙ジャケット仕様。当時の帯や封入されていたポスター、内袋も復刻。CDのみの発売である残り3タイトルのライヴ盤も日本制作の紙ジャケット仕様。日本盤のみ高品質Blu-spec CD2を採用。日本盤ブックレットには英文ライナー翻訳、歌詞、対訳をはじめ、当時の担当ディレクターなど、関係者の書下ろしの寄稿文を掲載。各アルバムの解説もすべて新規の書下ろし原稿となる。さらに、日本盤のみの封入特典をして、当時発売された日本盤EP3〜4タイトルのスリーブをミニチュア化して復刻。日本盤はまさに決定版的仕様でリリースとなる。気になる方はご確認を。

■『コンプリート・アルバム・コレクション』

2014年12月10日(水)発売
【完全生産限定盤BOX】(紙ジャケット仕様、Blu-spec CD2、CD12枚組)
SICP-30741〜30752/¥16,667+税

48頁英文カラー・ブックレット:著名なロック記者にして歴史家のバド・スコッパによる書き下ろしライナーノーツ、レアフォト満載。
日本盤ブックレット:英文ライナー訳、特別寄稿、歌詞、対訳、アルバム解説

<収録予定アルバム>
01 『水曜の朝、午前3時』 Wednesday Morning, 3AM
1964年発表のデビュー・アルバム。アコースティック色の濃い、彼らの原点といえる一枚。オリジナル版「サウンド・オブ・サイレンス」ほか収録。

02 『サウンド・オブ・サイレンス』 Sounds Of Silence
1966年発表の2ndアルバム。大ヒットしたタイトル・トラック「サウンド・オブ・サイレンス」(全米チャート1位)をはじめ、代表的な名曲を数多く含む秀作。全米チャート21位。

03 『パセリ・セージ・ローズマリー・アンド・タイム』 Parsley, Sage, Rosemary and Thyme
1966年発表の3rdアルバム。「スカボロー・フェア」「早く家へ帰りたい」「59番街橋の歌」など、大ヒット・シングル曲が満載。全米チャート4位。

04 『ブックエンド』 Bookends
1968年発表の4thアルバム。組曲風のコンセプチュアルな前半7曲と、「ミセス・ロビンソン」「冬の散歩道」など大ヒット曲が占める後半とのユニークな2部構成。全米チャート1位。

05 『明日に架ける橋』 Bridge Over Troubled Water
1970年発表の5thアルバム。最後のスタジオ作品となり、感動的な名曲「明日に架ける橋」や「いとしのセシリア」などを収録した代表作。全米チャート1位を獲得し、グラミー賞も受賞。

06 『卒業〜サウンドトラック盤』 The Graduate : Original Soundtrack Recording
  ダスティン・ホフマンが主演した名作映画のサントラ盤。1968年作品。S&Gが音楽を担当、グラミー賞に輝いた「ミセス・ロビンソン」をはじめ、名曲揃い。全米チャート1位。

07 『サイモン&ガーファンクル・グレイテスト・ヒッツ』 Simon & Garfunkel\'s Greatest Hits
当時、解散が現実視される中でリリースされ、話題となった1972年発表のベスト・アルバム。単なるベスト盤ではなく、彼ら二人とプロデューサーのロイ・ハリーが1年の歳月をかけて編集。
新たにミックスが施された楽曲やライヴ音源を収録したトータル・アルバム。全米チャート5位。

08 『セントラルパーク・コンサート』 The Concert In Central Park
1981年9月19日、セントラルパークで50万人の観衆を前に行なわれた感動のリユニオン・コサートの模様を収録したライヴ盤。全米チャート6位。

09 『オールド・フレンズ〜ライヴ・オン・ステージ』 Old Friends - Live On Stage [2枚組]
2003年10〜12月に全米で行われた歴史的再結成ツアーの模様を収録した2枚組ライヴ盤。代表曲を網羅した究極のベスト選曲。アート・ガーファンクルに歌ってもらおうと80年代に
ポール・サイモンが書いたもののお蔵入りになっていた楽曲をあらたにレコーディングした新曲も収録。

10 『ライヴ・フロム・ニューヨーク・シティ 1967』 Live From New York City, 1967
1967年1月22日、NYリンカーン・センターで行なわれた1本のギターと二人のハーモニーによる最高のパフォーマスを収録。2003年になって発売されたS&G全盛期唯一の貴重なライヴ盤。

11 『LIVE 1969』 Live 1969
1969年に行なわれた全米ツアーの模様を収めたライヴ音源。「明日に架ける橋」「ミセス・ロビンソン」など、ヒット曲満載。もともとは名盤『明日に架ける橋』(70年)に続く作品に予定されていた
もののお蔵入りになり、2009年になって発売された貴重なライヴ盤。

■コンプリートボックス 予約はこちら
http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=SICP000030741

【関連リンク】
サイモン&ガーファンクル オフィシャルHP
アート・ガーファンクルが12月に日本ツアー決定
サイモン&ガーファンクルが残したポップス史に残る不朽の名作『明日にかける橋』
赤い公園の一筋縄ではいかないポップセンスの源とは?

【関連アーティスト】
サイモン&ガーファンクル
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

超特急、ニューシングルの最新アーティスト写真は近未来!?
Sun, 05 Oct 2014 14:00:00 +0900


超特急が11月12日(水)に発売する通算8枚目のシングル「Star Gear」。同作の最新アーティスト写真が公開された。

【その他の画像】超特急

超特急はももいろクローバーZの遺伝子を継承した、スターダストプロモーション所属の「EBiDAN」(恵比寿学園男子部)より派生した史上初!"メインダンサー&バックボーカルグループ" として活動中。

今回公開された最新アーティスト写真は近未来を思わせるド派手なシチュエーション。その通り、シングル「Star Gear」のテーマはアンドロイドで、「繋がる・繋ぐ」をキーワードに展開される歌詞の中に、彼らが、聴いた人や見た人の世界を広げる歯車になっていきたいという、メッセージが詰まっている。5作連続オリコンウィークリーTOP10入りをしている超特急、本作もジャケットが異なる3形態にて発売される。

また、ニューシングル「Star Gear」リリース記念祝!(ほぼ)初開通フリーライブツアー初日が10月5日(日)に宇都宮にて開催され、11月1日(土)に超特急オフィシャルファンクラブ「夢の青春8きっぷ」が立ち上がることが発表された。

12月25日(木)にアジア最大級のコンサートホール、東京国際フォーラム ホールAにて開催される単独公演のチケットは発売開始5分で完売となるなど、増々勢いに乗る超特急。今後の最新情報・単独公演チケット情報などは、ファンクラブ「夢の青春8きっぷ」や公式サイトでご確認を。

■ファンクラブ 「夢の青春8きっぷ」

入会費 ¥1000(税別)
年会費 ¥4000(税別)
※別途申込手数料必要
【特典内容】
・会員証…夢の青春8きっぷオリジナル会員証を発行
・入会特典…夢の青春8きっぷ会員の証(オリジナルグッズ)
・会報…夢の青春8きっぷ会員特別冊子の発行
・先行受付…コンサート・主催イベントのチケットの最優先先行受付
・HP…会員専用の特別コンテンツ満載名なHP!スペシャルコンテンツもあるかも…!
・情報配信…舞台裏やここでしか見られない超特急のオフショットを配信予定!

■超特急オフィシャルファンクラブ「夢の青春8きっぷ」
https://fc.bullettrain.jp/

■ライブ情報

■ニューシングル「Star Gear」リリース記念祝!(ほぼ)初開通フリーライブツアー
10月05日(日) 宇都宮(栃木県)
10月11日(土) 大津(滋賀県)
10月13日(月) 岡山(岡山県)
10月18日(土) 大分(大分県)
10月25日(土) 浜松(静岡県)
10月26日(日) 津軽(青森県)
11月01日(土) 大垣(岐阜県)
11月03日(月) 筑波(茨城県)

■単独公演
「BULLET TRAIN ONEMAN"CHRISTMAS"SHOW
3rd Anniversary Special!!!!!!!!〜聖なる一夜〜」
12月25日(木) 東京国際フォーラム ホールA
開場17:30 / 開演18:00
※チケットは発売5分で完売*

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、12/25に初の東京国際フォーラム単独公演が決定!
EBiDAN、今夏に新レギュラーテレビ番組が続々スタート
EBiDAN 39内選抜ユニット“EBi心.com”、CDリリース記念イベントをダイバーシティ東京で開催

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
男性アイドル

the pillows、感動&感涙の結成25周年記念ライブ開催
Sun, 05 Oct 2014 13:30:00 +0900
10月4日@東京ドームシティホール (okmusic UP\'s)

10月4日、the pillowsが東京ドームシティホールで結成25周年記念ライブを開催した。

【その他の画像】the pillows

1989年結成、紆余曲折ありながらも25年という長い期間、決して派手ではないが、着実に一歩一歩立ち止まること無く歩み続け、日本のロックシーンにそして何よりも熱いファン達に必要不可欠なバンドであり続けたthe pillows。この日のライブはそんな彼ららしく、単なる熱狂ではなく、観客の一人一人が感慨を噛みしめ、時に激しく時に涙する何とも暖かく忘れがたい素晴らしいライブとなった。

18時を10分ほど過ぎ、会場の照明が落ちる、期待のこもった観客の声援とともに左右に設置されたヴィジョンにはメンバーの幼少時代から現在までの写真がゆっくり映写されていく。笑いも含む和やかで、そしてメンバー登場前から思わず涙するような雰囲気に包まれる会場。そして登場したメンバーを迎えたのは地鳴りのような声援。メンバー間の絆を歌った名曲「スケアクロウ」から始まったライブ、ステージの後方には白く輝く枯れ木の巨大なセットが浮かび上がる。そして2曲目はまさにピロウズらしく誰にも左右されず信じた道を歩み続けることを疾走感全開で歌う「Midnight Down」。最初のMCでは“今朝目が覚めると25年が経っていました。でもまだ夢の中にいるようです"と、この記念の日に相応しく、充実した25年とそれを支えたファンへの愛を感じさせるメッセージを投げかけた山中さわお。“頂上なんてないんだ"とロックをやり続ける決意を歌う「HAPPY BIVOUAC」、「さぁ行こう、生まれ変わる朝が来た」と歌う「アナザー モーニング」、地道な一歩を歩み続けた彼らだからこその、心に勇気を届ける名曲を連発。初期の盛り上がり曲「サリバンになりたい」や淡々としながらも苦難を乗り越えたバンドだからこその説得力を持つ名曲「日々のうた」「確かめに行こう」など、25年の歴史のページを一枚一枚めくり続けるステージ。

RCサクセション「雨上がりの夜空に」のワンフレーズから、山中さわお少年に多大な影響を与えたバンド名を一つ一つ語った後、ロックの初期衝動を瑞々しく歌った25周年記念シングル「About A Rock\'n\'Roll Band」では観客の誰もがロックンロールの楽しさに声と拳を突き上げる。ピロウズをリスペクトするバンドやリスナーからの支持で彼らの代表曲となった「Funny Bunny」ではステージの前に出て観客に合唱を煽る山中。それに期待以上の大きさで応える会場。オフマイクで「ありがとう」と応える山中。

「人生半分ピロウズです」とギター真鍋のMCなど、ユーモア―と感慨を含んだメンバー紹介の後は、着実な一歩が、何かを乗り越え続けた一歩だったことを象徴するような4曲。特に、世間に染まれず不器用でも、小さな光を信じることを誓った彼らにとっての大きなターニングポイントとなった「ストレンジ カメレオン」では会場全員がメンバーと同化、歴史を共有し涙を流す。

本編最後のMC、山中は「遠回りに見えるピロウズの歴史、でも遠回りをしたんじゃなく、近道をしなかっただけ。もし人生をやり直せるとしても、同じ道を歩むだろう。それがピロウズの25年間でした」と言葉少なく見事に彼らの25年を総括してみせた。

最後のパートはもはや感動しかない。「Please Mr. Lostman」「この世の果てまで」「ハイブリッド レインボウ」。悲しさに、喜びに、勇気に、心が体が揺さぶられ続ける。様々な感慨が一人一人に浮かびながらもあっという間に本編は終了。

アンコール1曲目は、遠回りでもここまで続けてこれたことが自分たちにとってのプレゼントなんだ、と25年を歌った「ハッピー・バースデー」。2曲目は今やバンドにとって、そしてピロウズファン“バスターズ"にとって無くてはならないバンドソング「LITTLE BUSTERS」。「カモン、リトルバスターズ!」とギターを高々と抱え上げた山中に、これ以上無い一体感で会場が応える。誰もがthe pillowsがこれからも着実な一歩を踏み続けるだろうことを感じ、勇気を与えられた瞬間。

ダブルアンコールにも応え歌った「Ready Steady Go!」。アッパーなロックンロールナンバーは、もはやthe pillowsが次に進み始めた証。

鳴り止まぬ歓声の中、再び会場のヴィジョンが灯り、本邦初公開となるMUSIC VIDEO「ムーンダスト」が流れる。月面のような荒野を何かを探しゆっくりと歩む宇宙服の男。拾い集めた石屑は彼の目には青いカーネーション“ムーンダスト"に映る。そして又荒野を歩きだす。the pillowsのこれまで、これからを象徴するようなこの楽曲は今月22日に発売される25周年記念アルバム『ムーンダスト』のタイトル曲となっている。ビデオの最後には“THANK YOU VERY MUCH I LIKE YOU BUSTERS"の文字が。大歓声は鳴り止まず3度目のアンコールにメンバー登場。「Advice」でこの日最大のモッシュ、そして「40,50代にアーンコール3回はきついよ、もう帰ってください」と笑いを誘い、至福の記念ライブを終えた。

the pillowsはこの後22日に記念アルバム『ムーンダスト』をリリース、10月30日からは全国27公演の全国ツアーをスタート。25周年を迎えたthe pillowsの今後の活動に注目して行こう。

■アルバム『ムーンダスト』

2014年10月22日(水)発売
【CD+DVD】
AVCD-93009/B/¥3,500+税
【CD】
AVCD-93010/¥3,000+税
<収録曲>
01. Clean Slate Revolution
02. Break a time machine!
03. 都会のアリス
04. About A Rock\'n\'Roll Band
05. プレイリー・ライダー
06. ハッピー・バースデー
07. アネモネ
08. Song for you
09. メッセージ
10. ムーンダスト
11. Ideal affection
<DVD収録内容>
“ムーンダスト" Music Video
“Break a time machine!" Music Video

■「moondust tour」

11月30日(日) 水戸 LIGHT HOUSE  
12月03日(土) 名古屋 CLUB QUATTRO 
12月05日(金) 大阪 BIGCAT 
12月07日(日)  長野 CLUB JUNK BOX 
12月12日(金) 赤坂 BLITZ 
<2015年>
1月24日(土) 高崎 club FLEEZ 
1月31日(土) 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK VJ-2 
2月03日(火) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
2月05日(木) 松江 canova 
2月07日(土) 広島 CLUB QUATTRO
2月09日(月) 宮崎 SR BOX 
2月11日(水・祝) 沖縄 桜坂 セントラル 
2月13日(金)  福岡 DRUM LOGOS 
2月15日(日) 松山 SALON KITTY 
2月17日(火) 高松 DIME  
2月19日(木) 浜松 窓枠 
2月22日(日) 渋谷 TSUTAYA O-EAST 
3月01日(日) 仙台 Rensa 
3月03日(火) 宮古 KLUB COUNTER ACTION 
3月05日(木) 青森 Quarter 
3月07日(土) 札幌 PENNY LANE 24 
3月08日(日) 札幌 PENNY LANE 24 
3月13日(金) 新潟 LOTS 
3月15日(日) 金沢 EIGHT HALL 
3月20日(金) 大阪 なんば Hatch 
3月22日(日) 名古屋 Zepp Nagoya 
3月28日(土) 東京 Zepp Tokyo 

【関連リンク】
the pillows オフィシャルHP
the pillows、ニューアルバム収録曲をiTunesにて先行配信開始
the pillows、結成25周年を記念して25時間特番をニコ生にて放送!
the pillows、約3年振りのニューアルバム『ムーンダスト』発売決定

【関連アーティスト】
the pillows
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

由紀さおりが秋元康プロデュースの45周年記念コンサートツアーをスタート
Sun, 05 Oct 2014 13:00:00 +0900
10月3日(金)@神奈川・ ハーモニーホール座間 (okmusic UP\'s)

由紀さおりが3 日、神奈川・座間市のハーモニーホール座間より「偶然の結晶〜45年の歌声〜」と銘打った45周年記念コンサートツアーをスタートさせた。

【その他の画像】由紀さおり

由紀さおりは1969年「夜明けのスキャット」でデビューし、今年で45周年を迎える。今回のツアーはこの日を皮切りに、全国15カ所で開催される45周年記念コンサート。プロデュースを秋元康が手がけている。

 俳優・伊東四朗が場内アナウンスを担当するという珍しい演出でスタートし、「手紙」「生きがい」「ルームライト」とヒット曲を立て続けに3 曲歌った後、「1969年にデビューし、今年で45歳の由紀さおりです(笑)。1969年昭和44年、あなたは何をしてらっしゃいましたか? アポロ11号が月に着陸。サザエさんの放送が始まり、『アッと驚く為五郎』というハナ肇さんのフレーズが大流行。ドリフターズの『全員集合』もこの年の秋からスタートしました。ラジオからは『夜明けのスキャット』が流れていませんでしたか?」とコメントした後、9月24日に発売されたニューアルバム『VOICE』からの楽曲を中心にパフォーマンス。 後半には特別ゲストとして迎えた姉・安田祥子と共に童謡を歌唱し第1部の幕を閉じた。

 第2部は、6人の男女ダンサーと一緒に踊りながら「スマイル」「トーキョー・バビロン」」などでステージを盛り上げ、デビュー曲「夜明けのスキャット」、世界的に大ヒットした米国のジャズオーケストラ、ピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム『1969』からの楽曲も歌唱。全31曲を歌い、最後まで満員の客席を楽しませた。

「『夜明けのスキャット』が最初のターニングポイントであるならば、姉・安田祥子とのユニットは2度目の大きなターニングポイントになりました。そして3 回目のターニングポイントは、ピンク・マルティーニというジャズオーケストラの皆さんとの出会いでした。人生は、いくつになってもターニングポイントってあるんですね。いまの私の毎日は、明日また歌えるためにあります。食事をするのも睡眠をとるのも運動をするのも、みんな明日また元気で歌えるためです。だから50周年もまた来てくださいね」と語った由紀さおり・ツアーは12月12日の東京・Bunkamuraオーチャードホールまで行われる。

■秋元康プロデュース 由紀さおり 45周年記念コンサートツアー 『偶然の結晶〜45年の歌声〜』

10月03日(金) 神奈川 ハーモニーホール座間 
10月05日(日) 千葉 松戸森のホール21
10月10日(金) 大阪 フェスティバルホール
10月11日(土) 兵庫 豊岡市民会館 
10月19日(日) 愛知 愛知県芸術劇場 
10月26日(日) 茨城 土浦市民会館 
11月08日(土) 福岡 福岡市民会館 
11月09日(日) 長崎 長崎ブリックホール 
11月13日(木) 広島 上野学園ホール 
11月15日(土) 香川 アルファあなぶきホール 
11月22日(土) 北海道 ニトリ文化ホール 
11月30日(日) 宮城 仙台サンプラザホール 
12月04日(木) 静岡 富士市文化会館 ロゼシアター 
12月06日(土) 埼玉 大宮ソニックシティ 
12月12日(金) 東京 Bunkamuraオーチャードホール

■アルバム『VOICE』

発売中
UPCH-20373/¥3240(税込)
<収録曲>
※(  ):オリジナル発売年 オリジナル歌手
1.恋のバカンス(1963年 ザ・ピーナッツ)   
2.真夜中のギター(1969年 千賀かほる)
3 .四つのお願い(1970年 ちあきなおみ)
4.愛のさざなみ(1968年 島倉千代子)
5.愛は傷つきやすく(1970年 ヒデとロザンナ)
6.どうぞこのまま(1976年 丸山圭子)
7.別れの朝(1971年 ペドロ&カプリシャス)
8.涙くんさよなら(1965年 坂本九)
9.街の灯り(1973年 堺正章)
10.サバの女王(1972年 グラシェラ・スサーナ)
11.みんな夢の中(1969年 高田恭子)

【関連リンク】
由紀さおり、「芸術選奨 文部科学大臣賞」を受賞
由紀さおり「夜明けのスキャット」をギリシャのエレポップデュオ“マルソー”がリミックス
由紀さおり、ピンク・マルティーニNY公演で「夜明けのスキャット」を披露
miwa、パリにて被災地の中高生と披露した「希望の環(WA)」がシングル化決定

【関連アーティスト】
由紀さおり, 安田祥子
【ジャンル】
J-POP, 演歌/歌謡曲, ライブ

SuG、舞浜アンフィシアターでのSuG同士のライブバトル初日終了&今冬に対バンライブ開催決定
Sun, 05 Oct 2014 12:30:00 +0900
「極悪SuG」 9月4日(土)@舞浜アンフィシアター (okmusic UP\'s)

SuGが舞浜アンフィシアターにて、10月4日と5日の2日間に渡り「極悪SuG」「極彩SuG」の2つのバトルをコンセプトで行うワンマンライブを開催。初日の10月4日「極悪SuG」のライブが開催された。

【その他の画像】SuG

10月4日、5日の2日間に渡り「極悪SuG」「極彩SuG」の2つのバトルをコンセプトで行うワンマンライブのコンセプトは「極悪SuG」と「極彩SuG」 がバトルをし、2日間の観客の声量が大きい方の公演がライブDVD&BDとして発売されるというもの。

オープニングFM OSAKA「BUZZ ROCK」の パーソナリティでお馴染みの下埜正太が登場。今回の企画の説明があると、オープニング映像がスタート。「極悪SuG」と「極彩SuG」の会見でのバトル映像が流れ、ステージからポップアップでメンバーが登場すると一気にアンフィシアターのボルテージは上昇。

ROUND1では「Pastel Horror Yum Yum Show」からライブがスタート。 ダンサーが登場し「KARMA DISCORD」「Howling Magic」を披露。MCで は再度下埜正太が 登壇。メンバーへメッセージを求めて武瑠、yujiにマイクが向けられると「あぁ?」 と挑発的な態度で下埜を制圧。ぴりぴりムードの中、ROUND2がスタート。活動再開第一弾シングル「MISSING」を披露すると「fatinside horror」などヘヴィなロックナンバーを披露。「butterfly Boy」「薫」「きたないことば」を続けて演奏。

次のMCでは両日一人だけ極悪ではないかと呼び声が高いChiyuへ。ほぼ司会を無視し、温厚なイメージのmasatoも本日は口を開かなかった。司会の下埜は「こんな緊張感のあるインタビューは無いです」と冗談交じりに本音を漏らす。「盛り上がって行こうぜー!」と「sweeToxic」がスタートするとダンサーが再度登場。 「揺らせ!」という武瑠の合図に乗ってアンフィシアターに集まった2000名のファン が一斉にジャンプ。「ID fudge factor」「yellow strider」「輪廻せんちめんたる」などあまり普段のワンマンライブでは披 露される事が少ないエッジーなナンバーも披露。「ラストー!」と武瑠が叫ぶと「mad を披露して本編は終了。

アンコールに入るとSuG流パンクナンバーで11月19日(水)発売の新曲「CRY OUT」を初披露。最後のMCで も相変わらず極悪な態度で司会を挑発。最後ドラムshinpeiにマイクが。すると背が小さいshinpeiがステージ前でハコ馬に乗り、司会を見下し挑発するパ フォーマンスで会場を沸かせた。SuGのライブで定番のナンバー「heavy+electro+dance+punk」を披露し、最後は「ときどきすてきなこのせかい」でVersuS初日、SuG史上初?となるほぼMCの無い「極悪SuG」のライブは終了。そして、この日の観客の声量は「430db」 を記録。翌日行われる「極彩SuG」の観客の声量は「430db」を超えるのか、要注目だ。

そしてニューシングル「CRY OUT」のニュービジュアルと詳細を発表。SuG、2014年第3 弾となるニューシングル「CRY OUT」は初期衝動が詰まった"SuG流パンク"そして初回盤のカップリングには、ライブでも定評のある「39GalaxyZ」「heavy+electro+dance+punk」を-Rebirth version-として再録した音源が収録される他、特典DVDには「CRY OUT」のミュージックビデオや、8月末に出演したタイでの大型ライブイベントの映像も収録予定。通常盤には新曲の「Nevermind」 を収録。

そして今年の8月に稲川淳二やベイビーレイズ、神聖かまってちゃんなど豪華出演陣が集った対バンフェスを大盛況に終えたSuG主 催のフェスの第二弾となる「SuG フェス-2014 冬-」の開催が決定。今回は0.8秒 と衝撃。、バンドじゃないもん!、jealkbと異色のアーティストが出演しする。

さらに武瑠がメインパーソナリティを務めるファッション情報番組「COLOR CONTACTS」が10月15日よりソーシャルメディア2.5Dに て放送開始。武瑠と斎藤夏美の2名がメインパーソナリティ、また人気読者モデルを招いて東京の最新ファッション事情を紹介する番組が10月25日(土)よりスタート。

■【セットリスト】

SE:Lollipop Kingdom
M01:Pastel Horror Yum Yum Show
M02:KARMA DISCORD
M03:Howling Magic
M04:MISSING
M05:fat inside horror
M06:butterfly Boy
M07:薫
M08:きたないことば
M09:L.E.D Ghosty
M10:sweeToxic
M11:ID fudge factor
M12:yellow strider
M13:輪廻せんちめんたる
M14:mad
<ENCORE>
EN01:CRY OUT(新曲)
EN02:heavy+electro+dance+punk
EN03:と きどきすてきなこのせかい

■シングル「CRY OUT」

2014年11月19日(水)発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
PCCA-04116/¥1,750+税
<収録曲>
■CD
M1.CRY OUT
M2.39GalaxyZ -Rebirth version-
■DVD
M1.CRY OUT -Music Video-
M2.CRY OUT -Music Video Shooting OFFSHOT-

【初回限定盤B】(CD+DVD)
PCCA-04117/¥1,750+税
<収録曲>
■CD
M1.CRY OUT
M2.heavy+electro+dance+punk -Rebirth version-
■DVD
M1.CRY OUT -Music Video Band Only Ver.-
M2.LIVE in Thailand

【通常盤】(CD only)
PCCA-70415/¥926+税
※初回プレス分のみトレカ(全10種のうち1枚)
<収録曲>
M1.CRY OUT
M2.Nevermind

【関連リンク】
SuG オフィシャルHP
SuGがニューシングル「CRY OUT」を11月19日にリリース
SuG 武瑠のソロプロジェクト“浮気者”のiTunes限定配信シングルがエレクトロチャート1位を獲得
浮気者が再始動! TeddyLoidとコラボしたiTunes限定シングル「HELLYEAH」をリリース!

【関連アーティスト】
SuG
【ジャンル】
ビジュアル, ライブ

10月4日の「天使の日」、Angeloがライブを全国に公開
Sun, 05 Oct 2014 12:00:00 +0900
10月4日@六本木ブルーシアター (okmusic UP\'s)

10月4日(天使の日)に結成されたAngeloが、8周年記念ライブを六本木ブルーシアターにて開催した。

【その他の画像】Angelo

同ライブは即SOLD OUTとなったため、全国6大都市の映画館にてライブビューイングも同時開催され、Angeloの持つヘヴィなROCKサウンドによって、駆け付けたファンが映画館でヘドバンする異様な光景に包まれた。

また、映画館ならではのサービスとしてAngeloのメンバーによる「映画館マナーCM」やキリト自身が企画・脚本したショートムービー「THE SCARE LURKS INSIDE」の上映など、ライブに紐づく世界観を膨らました映画館ならではの仕掛けも用意されていた。

そして、ライブはド頭から翌週発売の新曲「SCARE」で会場を一気に沸点まで運び、アンコール含め全24曲を怒濤のごとく駆け抜ける。アンコールのヴォーカル“キリト”のMCでは、ニューアルバム「PSYCHE」の12月17日発売の発表と、全国のファンに向け「今までも、これからも色々あるけど僕はぶれずにやっていきます。」と誓い、年末からスタートする全国ツアーへの意気込みを見せたのだった。

【セットリスト】
1.SCARE
2.FAITH
3.OUTBREAK
4.DOLL
5.ディスプレイ
6.PANDEMIC
7.CONVICTION
8.Voice of the cradle
9.Clave to you
10.想像の楽園
11.MICRO WAVE SLIDER
12.My strife
13.RIP
14.CONTRACT
15.MADMAN MAKE QUANTUM VARIATION
16.Script error
17.PLOSIVE
18.シナプス
<ENCORE>
EN1.Beginning
EN2.SEE YOU AGAIN
EN3.CHAOTIC BELL
EN4.Angry Sheep
EN5.Manic State High Pressure
EN6.PROGRAM

■「SCARE」MV SPOT
https://www.youtube.com/watch?v=Og4TD2007mg

■シングル「SCARE」

2014年10月8日発売
【初回限定盤】(CD2 曲+DVD)
IKCB-95525〜6/¥1,620+税
<収録曲>
■CD
M1.SCARE
M2.Brainwash
■DVD
SCARE MV

【通常盤】(CD3 曲)
IKCB-95527/¥1,296+税
<収録曲>
M1.SCARE
M2.Brainwash
M3.Crave to you ※通常盤のみ

■アルバム『PSYCHE』

2014年12月17日発売
【初回盤】(CD+DVD)
IKCB-9537〜8/¥3,600+税
【通常盤】(CD)
IKCB-9539/¥3,000+税

■Angelo Tour 「THE BLIND SPOT OF PSYCHOLOGY」

12月24日(水) TSUTAYA O-EAST(FC限定)  18:15/19:00
ディスクガレージ 050-5533-0888
12月25日(木) CLUB CITTA’川崎 18:15/19:00
ディスクガレージ 050-5533-0888
12月27日(土) Zepp DiverCity Tokyo 17:15/18:00
ディスクガレージ 050-5533-0888
<2015年>
1月03日(土) 赤坂BLITZ 16:45/17:30
ディスクガレージ 050-5533-0888
1月04日(日) 赤坂BLITZ 16:15/17:00
ディスクガレージ 050-5533-0888
1月10日(土) 札幌PENNY LANE 24 17:00/17:30
WESS 011-614-9999
1月12日(祝) 仙台 Rensa 16:15/17:00
キョードー東北 022-217-7788
1月15日(木) HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 18:30/19:00
ディスクガレージ 050-5533-0888
1月24日(土) 広島CLUB QUATTRO 16:45/17:30
キャンディープロモーション 086-221-8151
1月25日(日) 福岡DRUM LOGOS 16:15/17:00
キョードー西日本092-714-0159
2月14日(土) 大阪 umeda AKASO 16:45/17:30
キョードーインフォメーション 06-7732-8888
2月15日(日) 大阪 umeda AKASO 16:15/17:00
キョードーインフォメーション 06-7732-8888
2月21日(土) 名古屋 CLUB Diamond Hall 16:45/17:30
サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
2月22日(日) 名古屋 CLUB Diamond Hall 16:15/17:00
サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
2月24日(火) パシフィコ横浜 国立大ホール 18:00/19:00
ディスクガレージ 050-5533-0888

チケット料金: スタンディング ¥6,000(税込) ※ドリンク代別
全席指定〔パシフィコ横浜のみ〕¥6,800(税込) 
※TSUTAYA O-EAST公演は、FC会員限定LIVEとなります。

【関連リンク】
Angelo オフィシャルHP
Angelo、ニューシングルのリリースと結成8周年メモリアルライブの開催を発表
京(DIR EN GREY)率いるsukekiyo、1stアルバムリリース決定
Angelo、ツアー追加公演のオープニングアクトは人気芸人の2700!?

【関連アーティスト】
Angelo
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

しなまゆ、12月にメジャー1stアルバム発売決定
Sun, 05 Oct 2014 11:00:00 +0900
しなまゆ (okmusic UP\'s)

3人組バンド「しなまゆ」のメジャー1stアルバム『まえならえ』が 12月17日(水)に発売する事が決定した。

【その他の画像】しなまゆ

しなまゆは2009 年に結成され地元立川で LIVE 活動を展開しているVo モリユイ、Gt タクマ、Ba ウエノハラの3人組。今年 7 月にリーダーのモリユイが出演した舞台「あの頃 僕らはペニーレインで」の劇中歌「ストロベリーフィールズ」でメジャーデビュー。

今回のアルバムは NAOKI-T、TASUKU、守尾崇といった音楽シーンの最前線で活躍しているプロデュサーを迎え、ストロベリーフィールズのようなフォーキーな楽曲から LIVEでも既に演奏されている「イエティ」、「チャイニーカンフーセンセーション」といったアッパーな楽曲まで、あえてバンド感にこだわった楽曲が収録されている。なお、アルバム収録曲等の詳細は後日オフィシャル HP で随時発表される予定。12月26日にはこのアルバム発売に併せて東京原宿アストロホールでしなまゆとしてのワンマンライブを開催。

さらに、この 10月5日(日)よりしなまゆとしてリーダーのモリユイがパーソナリティを務めるラジオのレギュラー番組が FM NACK5 毎週日曜日23時からスタート。番組タイトルは『しなまゆのユイ音楽工房』。これはしなまゆが所属するレコード会社フォーライフミュージックエンタテイメントの社長後藤由多加が 70 年代から吉田拓郎、かぐや姫、風、イルカ、BO?WY、長渕剛といったアーティストを排した伝説の音楽プロダクション「“ユイ"音楽工房」としなまゆの「モリ“ユイ"」をなぞらえて付けられた。番組はモリユイのキャラクター全開のトークやどこよりも早いしなまゆ情報など盛り沢山の 30 分となる。なお、10月5日(日)の第 1 回目の放送では 12月発売予定の 1stアルバムから新曲も初出しオンエアーされるので一足先に放送でチェックしよう。

■「ストロベリーフィールズ」PV Short Ver.
https://www.youtube.com/watch?v=bASJYz0iifo

■アルバム『まえならえ』

2014年12月17日(水)発売
FLCF-4480/¥2,500+税
<収録曲>※(曲順未定)
1.Goo-Cyoki-Paa
2.イエティ
3.ストロベリーフィールズ
4.344
5.Amie
6.Swing
7.チャイニーカンフーセンセーション
8.Twink
9. (未定)
10. (未定)
11. (未定)

■しなまゆワンマンライブ 「第 2 回 チームあわてんぼうプレゼンツ サキド リ!!」

12月26日(金) ASTRO HALL
開場17:00 / 開演18:00
料金 : 前売 ¥2,000- (ドリンク代別途) / 当日 ¥2,500- (ドリンク代別途)
※未就学児入場無料、但し保護者同伴に限り入場可
※高校生以下は当日受付で、学生証提示で 1 ドリンク無料

【関連リンク】
しなまゆ オフィシャルHP
しなまゆ、原宿ASTRO HALLワンマンでメジャーデビューを発表
miwa、パリにて被災地の中高生と披露した「希望の環(WA)」がシングル化決定
中田裕二、待望のニューアルバム&ライヴDVD同時発売決定

【関連アーティスト】
しなまゆ
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1