歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2014年09月25日)
バックナンバー
最新ニュース
2014/10/04
2014/10/03
2014/10/02
2014/10/01
2014/09/30
2014/09/29
2014/09/28
2014/09/27
2014/09/26
2014/09/25
2014/09/24
2014/09/23
2014/09/22
2014/09/21
2014/09/20
2014/09/19
2014/09/18
2014/09/17
2014/09/16
2014/09/15
2014/09/14
2014/09/13
2014/09/12
2014/09/11
2014/09/10
2014/09/09
2014/09/08
2014/09/07
2014/09/06
2014/09/05
2014/09/04
2014/09/03
2014/09/02
2014/09/01
2014/08/31
2014/08/30
2014/08/29
2014/08/28
2014/08/27
2014/08/26
2014/08/25
2014/08/24
2014/08/23
2014/08/22
2014/08/21
2014/08/20
2014/08/19
2014/08/18
2014/08/17
2014/08/16
2014/08/15
2014/08/14
2014/08/13
2014/08/12
2014/08/11
2014/08/10
2014/08/09
2014/08/08
2014/08/07
2014/08/06
2014/08/05
2014/08/04
2014/08/03
2014/08/02
2014/08/01
2014/07/31
2014/07/30
2014/07/29
2014/07/28
2014/07/27
2014/07/26
2014/07/25
2014/07/24
2014/07/23
2014/07/22
2014/07/21
2014/07/20
2014/07/19
2014/07/18
2014/07/17
2014/07/16
2014/07/15
2014/07/14
2014/07/13
2014/07/12
2014/07/11
2014/07/10
2014/07/09
2014/07/08
2014/07/07
2014/07/06
2014/07/05
2014/07/04
2014/07/03
2014/07/02
2014/07/01
2014/06/30
2014/06/29
2014/06/28
2014/06/27
2014/06/26
2014/06/25
2014/06/24
2014/06/23
2014/06/22
2014/06/21
2014/06/20
2014/06/19
2014/06/18
2014/06/17
2014/06/16
2014/06/15
2014/06/14
2014/06/13
2014/06/12
2014/06/11
2014/06/10
2014/06/09
2014/06/08
2014/06/07
2014/06/06
2014/06/05
2014/06/04
2014/06/03
2014/06/02
2014/06/01
2014/05/31
2014/05/30
2014/05/29
2014/05/28
2014/05/27
2014/05/26
2014/05/25
2014/05/24
2014/05/23
2014/05/22
2014/05/21
2014/05/20
2014/05/19
2014/05/18
2014/05/17
2014/05/16
2014/05/15
2014/05/14
2014/05/13
2014/05/12
2014/05/11
2014/05/10
2014/05/09
2014/05/08
2014/05/07
2014/05/06
2014/05/05
2014/05/04
2014/05/03
2014/05/02
2014/05/01
2014/04/30
2014/04/29
2014/04/28
2014/04/27
2014/04/26
2014/04/25
2014/04/24
2014/04/23
2014/04/22
2014/04/21
2014/04/20
2014/04/19
2014/04/18
2014/04/17
2014/04/16
2014/04/15
2014/04/14
2014/04/13
2014/04/12
2014/04/11
2014/04/10
2014/04/09
2014/04/08
2014/04/07
2014/04/06
2014/04/05
2014/04/04
2014/04/03
2014/04/02
2014/04/01
2014/03/31
2014/03/30
2014/03/29
2014/03/28
2014/03/27
2014/03/26
2014/03/25
2014/03/24
2014/03/23
2014/03/22
2014/03/21
2014/03/20
2014/03/19
2014/03/18
2014/03/17
2014/03/16
2014/03/15
2014/03/14
2014/03/13
2014/03/12
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/09
2014/03/08
2014/03/07
2014/03/06
2014/03/05
2014/03/04
2014/03/03
2014/03/02
2014/03/01
2014/02/28
2014/02/27
2014/02/26
2014/02/25
2014/02/24
2014/02/23
2014/02/22
2014/02/21
2014/02/20
2014/02/19
2014/02/18
2014/02/17
2014/02/16
2014/02/15
2014/02/14
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/11
2014/02/10
2014/02/09
2014/02/08
2014/02/07
2014/02/06
2014/02/05
2014/02/04
2014/02/03
2014/02/02
2014/02/01
2014/01/31
2014/01/30
2014/01/29
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/26
2014/01/25
2014/01/24
2014/01/23
2014/01/22
2014/01/21
2014/01/20
2014/01/19
2014/01/18
2014/01/17
2014/01/16
2014/01/15
2014/01/14
2014/01/13
2014/01/12
2014/01/11
2014/01/10
2014/01/09
2014/01/08
2014/01/07
2014/01/06
2014/01/05
2014/01/04
2014/01/03
2014/01/02
2014/01/01
2013/12/31
2013/12/30
2013/12/29
2013/12/28
2013/12/27
2013/12/26
2013/12/25
2013/12/24
2013/12/23
2013/12/22
2013/12/21
2013/12/20
2013/12/19
2013/12/18
2013/12/17
2013/12/16
2013/12/15
2013/12/14
2013/12/13
2013/12/12
2013/12/11
2013/12/10
2013/12/09
2013/12/08
2013/12/07
2013/12/06
2013/12/05
2013/12/04
2013/12/03
2013/12/02
2013/12/01
2013/11/30
2013/11/29
2013/11/28
2013/11/27
2013/11/26
2013/11/25
2013/11/24
2013/11/23
2013/11/22
2013/11/21
2013/11/20
2013/11/19
2013/11/18
2013/11/17
2013/11/16
2013/11/15
2013/11/14
2013/11/13
2013/11/12
2013/11/11
2013/11/10
2013/11/09
2013/11/08
2013/11/07
2013/11/06
2013/11/05
2013/11/04
2013/11/03
2013/11/02
2013/11/01
2013/10/31
2013/10/30
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/27
2013/10/26
2013/10/25
2013/10/24
2013/10/23
2013/10/22
2013/10/21
2013/10/20
2013/10/19
2013/10/18
2013/10/17
2013/10/16
2013/10/15
2013/10/14
2013/10/13
2013/10/12
2013/10/11
2013/10/10
2013/10/09
2013/10/08
2013/10/07
2013/10/06
2013/10/05
2013/10/04
2013/10/03
グッドモーニングアメリカ、ニューアルバムのジャケ写公開&購入者招待ライブ実施も発表
Thu, 25 Sep 2014 21:00:00 +0900
グッドモーニングアメリカ (okmusic UP\'s)

グッドモーニングアメリカが10月22日発売の2ndフルアルバム『inトーキョーシティ』のジャケット写真を公開! また、アルバム購入者を対象とした、ライブハウスでのプレミアムアウトストアの開催も発表した。

【その他の画像】グッドモーニングアメリカ

ジャケットはグッドモーニングアメリカの全作品を手掛けるkeng kong氏によるもの。今作品で公開してきた、アーティスト写真、MV同様、東京をモチーフにしており、初回限定盤が東京タワーが映り込んでいる夜景verで、通常盤は昼景verとなっている。

またアルバム購入者を対象とした、ライブハウスでのプレミアムアウトストアの開催も発表。このライブは、全国のタワーレコードでアルバム『inトーキョーシティ』を購入した方に抽選で当たる完全招待生のライブで、先着で応募券が購入者を対象にもらえる仕組みになっている。バンドはフルバンドでの演奏となる。11月末から12月頭にかけてキャパシティの小さなライブハウスで行うものでまさにプレミアライブとなるだろう。

なお、タワーレコードにて毎月、おすすめのアーティストやアイテムをピックアップする『MONTHLY TOWER PUSH!!!』の10月度アーティストにグッドモーニングアメリカが決定。10月1日(水)〜31日(金)の期間、タワーレコード、TOWERmini 全店にて<特製A2ポスター>を掲出され、さらに期間中の閉店時に流れる店内放送<閉店時BGM>を担当する。ポスターも閉店BGMもタワー店内でしか見られない、聴けない貴重なものになる。

またバンドが11月に東名阪で行う、自主企画ライブフェス「あっ、良いライブここにあります2014」の第三弾出演バンドも発表となった。昨年の全箇所出演を果たした盟友・忘れらんねえよを始め、V.A.にも参加しているTHE ORAL CIGARETTES等、東名阪の3会場で、計6バンドが追加となった。

■『inトーキョーシティ』発売記念タワーレコードアウトストアライブ

11月29日(土) 大阪 BRONZE
12月06日(土) 名古屋 ell.FITS ALL
12月07日(日) 東京TSUTAYA O-nest

タワーレコード全店(オンライン含む)にて、10月22日発売2ndフルアルバム「inトーキョーシティ」をご購入頂きますと、東京・名古屋・大阪にて行われますアウトストアLIVEが抽選で当たる応募カードをプレゼント!
※ご応募の際にご希望の会場をお選び頂けます。
※応募カードは先着となります。
※先着で配布いたします応募カードより応募サイトへアクセス頂きます。
応募期間:10月21日(火)正午〜11月9日(日)23:59まで
※ご当選の発表は当選ハガキの発送をもって代えさせていただきます。当選ハガキの発送は11月中旬を予定しております。
※入場の際に、ドリンク代¥500をいただきます。

■自主企画ライブフェス「あっ、良いライブここにあります。2104」

11月15日(土) 大阪BIG CAT
グッドモーニングアメリカ
KIDS
QOOLAND
go!go!vanillas
さよなら、また今度ね
THE ORAL CIGARETTES(New!)
TheSpringSummer
NECOKICKS
BUZZ THE BEARS
My Hair is Bad
Rhythmic Toy World(New!)
忘れらんねえよ(New!)
etc.

11月22日(土) 名古屋Diamond Hall
グッドモーニングアメリカ
KEYTALK
シナリオアート(New!)
DIRTY OLD MEN
ドラマチックアラスカ(New!)
nothingman
HaKU
paionia
ポタリ
ミソッカス
etc.

11月24日(月) TSUTAYA O-EAST
グッドモーニングアメリカ
赤色のグリッター
asobius
GOOD ON THE REEL
ザ・チャレンジ
SHIT HAPPENING
JELLYFiSH FLOWER\'S
04 Limited Sazabys
東京カランコロン(New!)
ネコグスパブリッシング
ヒトリエ
LOST IN TIME
忘れらんねえよ
etc.

■アルバム『inトーキョーシティ』

2014年10月22日発売
【初回盤】(CD+DVD)
COZP-972〜3/¥3,048(+税)
【通常盤】(CD)
COCP-38777/¥2,667(+税)
<収録曲>
1. inトーキョーシティ
2. アブラカタブラ
3. 何とかなるでしょう
4. STOP THE TIME
5. 拝啓、ツラツストラ
6. コールアップ
7. 夕暮れ
8. ワンダーフルワールド
9. 2014年6月25日我思ふ
10. STAY WITH ME
11. イチ、ニッ、サンでジャンプ
12. スクランブル交差点
<初回盤DVD>
「7つの秘宝を探す冒険2014」ワンマンツアーの大阪・なんばHatch公演から数曲を収録予定

【関連リンク】
グッドモーニングアメリカ オフィシャルHP
グッドモーニングアメリカ、アルバム発売記念ツアー追加公演決定&タイトル曲MV公開!
グッドモーニングアメリカ、2ndフルアルバムのタイトルが「inトーキョーシティ」に決定!
グッドモーニングアメリカ、自主企画フェス出演バンド第2弾解禁!

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MUCC、怒濤の7ヶ月間連続ツアーを代々木第一体育館にて締め括る
Thu, 25 Sep 2014 00:00:00 +0900
9月23日@代々木第一体育館 (okmusic UP\'s)

2014年9月23日。 MUCCはこの日、国立代々木競技場第一体育館にてライヴを行った。

【その他の画像】MUCC

これは、3月6日からスタートさせたツアー『MUCC SIX NINE WARS-ぼくらの七ヶ月間戦争-』のファイナルでもあった。『MUCC SIX NINE WARS-ぼくらの七ヶ月間戦争』とは、7ヶ月間連続で、対バンを含める異なる全6種類のライヴをEpisode1.からEpisode6.のブロックに分け、各9公演行ってきたモノで、その総数は実に55本と、かなり長いツアーであった。結成から17年。様々なライヴの形を経験してきた彼らだが、200日に渡り、ここまでいろんな戦い方で自らに挑んだ経験はない。そう。彼らは、この戦いの先に、まだ見ぬ世界を置きたかったのだろう。ファイナル公演国立代々木競技場第一体育館のタイトルは、『THE END』。THE ENDとは、まぎれもなく終わりを意味する言葉である。しかし。その終わりこそ、始まりを意味するモノであったのだ。

2014年9月23日。17時20分。長かった戦いの最後の幕が上がった。彼らはこの日、初日であった3月6日の恵比寿LIQUIDROOMと同じ始まりを選んでいた。彼らが選んだ始まりは「THE END OF THE WORLD」。リーダーでありメインコンポーザーであるミヤが公言するように、この曲は、MUCCがルーツとするフォークを彷彿させる1曲だ。その曲は、紗幕の向こうで鳴り始めた。紗幕に、モノクロで映し出される日常の景色は、何故かいたく心を突いた。この、胸を締め付けられるような感覚こそが、彼らMUCCが描き続けてきた景色であり、メッセージでもあると言えるだろう。

紗幕が落とされ、ステージに点在していたTHE END OF THE WORLDの文字が次々に燃え上がり、順に逹瑯、YUKKE、SATOち、ミヤが姿を現した。フロアからは、いままでに見たことのないその始まりに驚きの声が沸き上がった。最後の戦いに相応しい印象的な幕開けは、一気にオーディエンスの気持ちを惹き付けると、「ENDER ENDER」「Ms. Fear」へと繋げられていった。光を一杯に受けたミラーボールが蒼を放ち、会場に散った光景の中、7ヶ月間戦い抜いてきた彼らの音が力強くフロアに放たれていった。「禁断のSHOW TIMEを始めようぜ!」(逹瑯)「好き勝手やっちゃえよ!」(ミヤ)そんな叫びの後、「謡声(ウタゴエ)」「ガーベラ」と言った歌謡テイストな旧曲を2曲挟み込み、ライヴは少し景色を変えたのだが、逹瑯が「ガーベラ」終わりで、“等身大の今のMUCCを存分に楽しんで帰ってください!"という言葉を発すると、そこから中盤にかけて、ニューアルバム『THE END OF THE WORLD』の中にあるジャンルレスな楽曲たちが、“MUCCという個性"で、素晴らしく結ばれていったのである。特に印象的だったのは、ガレージ系の無骨なロックサウンドである「WateR」と、70年代を思わすファンクなノリとヘヴィロックが融合した新たなアプローチである「369-ミロク-」を合体させた状態で届けたそのセンスだ。それは、確実にMUCCというバンドの個性と、MUCCというバンドの“今"をまざまざと見せつけた瞬間であったと言えよう。そして彼らはその流れから、このライヴの見せ場へと繋げていったのだ。“この日の見せ場"。それは、「メディアの銃声」と「JAPANESE」の流れにあった。彼らは、ミヤの奏でる鍵盤の和音が印象的な「メディアの銃声」から間髪入れずに繋げられた「JAPANESE」で、バックに喪服を纏った生のストリングスを背負い、そこに込めた想いをより深く聴き手に印象づけたのである。

“遠くの銃弾なんかより 目の前の事実が真実"と、馬鹿みたいに幸せな日々がシニカルに唄われる「メディアの銃声」と、“見えない世界で繁殖してる 現代病の末裔"と、現代(今)を嘆いた「JAPANESE」。ここに感じる深い共通点は、MUCCというバンドが1番重んじてきたメッセージであると言えるだろう。そんな2曲の流れは、この日のオープニング映像とも深く繋がっているように思えてならなかった。「JAPANESE」を初めて聴いたとき、“この曲は、8年前にリリースされた「メディアの銃声」の2014年ヴァージョンである"と感じたことを思い返した。この「JAPANESE」こそ、アルバム『THE END OF THE WORLD』を作り上げていく上で軸になった1曲でもあったのだ。彼らは、ここでしっかりとメッセージを届けると、後半戦は、突き抜けた明るさを持つ「風と太陽」で会場を1つにし、「咆哮」や「Mr.Liar」で攻め立て、そこに更なる一体感を生み出していったのだった。なによりも、後半ブロックでは緊張もほぐれたのか、ライヴを純粋に楽しめていたようだったメンバーの姿がとても印象的だった。本編ラストは、アルバムのラストを飾っていた「死んでほしい人」。“『死んでほしい人』なんてこの世界にはいらない言葉"という、逆説的な意味を宿すこの曲は、客席の1人1人に配られたLEDの光に包まれながら届けられたのだった。
 
アンコールでは、「ホムラウタ」をSEにサブステージに登場した4人は、360度オーディエンスに囲まれる形で、“夢烏(ムッカー)にPされるMUCC"ライヴを届けたのだった。これは、各メンバーをプロデューサーに置いた、このツアーのEpisode1. 『ムッP LIVES』を再現したモノで、公式にファンたちからリクエストを募り、それを軸にセットリストを組んだというファンサービス企画でもあったのだ。故に、「オルゴォル」「空と糸」「ホリゾント」「流星」「大嫌い」などの旧曲が中心となった、マニアックな時間となったのだった。32回目に応えたアンコールではムックを呼び込み、『SIX NINE WARS-ぼくらの七ヶ月間戦争-』の終戦宣言と表彰式を行い、集まった夢烏とこのツアーの成功を祝ったのだった。

“終わりからの始まり"が描かれたアルバム『THE END OF THE WORLD』を受け、次のステップに向うための光が描かれていると言っても過言ではないニューシングル「故に、摩天楼」(2014年9月10日リリース)が、最後に届けられたそのとき、MUCCは確実に新たな一歩を踏み出した気がした。本編ラストに浮かび上がったFUTUREの文字にも、誰もが期待を寄せたに違いない。夢狂(ムックルー=ムックのクルー)と共に過ごした日々や、ツアーを振り返った写真と共に映し出されたエンドロールに向かい、あたたかな拍手を贈り続けていた夢烏たち。そこには、さらに強く結ばれた絆が在った。

2014年9月23日。これまで何の所以もなかったこの日は、MUCCが新たな扉を開いた歴史的瞬間となった。ここから繋がる彼らの未来が、素晴しく輝いてくれることを切に願う。

TEXT:武市尚子
PHOT:Yukihide"JON..."Takimoto、木村泰之

FUJI TELEVISION KIDS ENTERTAINMENT,INC.

■【ライヴ出演情報】

「HALLOWEEN PARTY 2014」
10月25日(土) 神戸ワールド記念ホール
OPEN 16:00 START 17:00
出演:MUCC、VAMPS、DAIGO、Silent Siren
※当公演はハロウィン・ライヴです。仮装してご参加ください。

「FLOW THE PARTY 2014」
11月18日(火) 大阪BIGCAT
OPEN 17:30 START 18:30
出演:MUCC、FLOW、音×AiR(O.A)

「SKULLSHIT presents SKULLMANIA vol.9」
11月24日(月・祝) 新木場STUDIO COAST
OPEN 15:00 START 16:00
出演:MUCC、jealkb、KEYTALK

■シングル「故に、摩天楼」

発売中
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AICL-2724〜2725/¥1,500+税
<CD>
1. 故に、摩天楼 
2. THE END OF THE DEMO
<DVD>
故に、摩天楼 MUSIC VIDEO

【初回仕様限定盤】(CD)
AICL AICL-2726/¥1,200+税  
01.故に、摩天楼 
02. Conquest
03.故に、摩天楼 -TV EDIT-
04.故に、摩天楼 -ORIGINAL KARAOKE-
※初回プレス分のみアニメ描き下ろしワイドキャップ付き。以降は通常盤となります。

■「故に、摩天楼」MV(short ver.)
http://youtu.be/HOGv2rGXIfs

【関連リンク】
MUCC オフィシャルHP
MUCC、代々木公演限定でCD購入者にプレミアムスリーブケースをプレゼント!
「HALLOWEEN PARTY 2014」のバックステージ見学や大舞台に立つチャンスが!?
VAMPS主宰の「HALLOWEEN PARTY」が今年もやってくる!

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ, ビジュアル

LEGO BIG MORL、ニューアルバム収録の新曲がJ-WAVEにて初O.A.決定
Thu, 25 Sep 2014 20:00:00 +0900
LEGO BIG MORL (okmusic UP\'s)

LEGO BIG MORLが10月22日にリリースする4thフルアルバム『NEW WORLD』に収録される新曲「Rise and Set」が、9月26日(金)放送のJ-WAVE「TOKYO REAL-EYES」にて初オンエアされることが決定した。

【その他の画像】LEGO BIG MORL

MVも公開され各地ライブでも既に披露されている「Spark in the end」に続く新曲が果たしてどんな楽曲なのか、是非オンエアをチェックしてみよう。

また、10月3日(金)千葉LOOKからいよいよスタートする全国ツアー「LEGO BIG MORL TOUR 2014 『YOU t OUR』」。10月に対バンツアー、11月にワンマンツアーという形で全国19カ所行なわれるが、第二弾対バンゲストとして、THE NOVEMBERSが発表された。チケットは好評発売中。詳しくはオフィシャルHPをチェック!

■アルバム『NEW WORLD』

2014年10月22日(水)発売
【初回盤】
AZZS-27/¥3,100+税
【通常盤】
AZCS-1036/¥2,600+税
<収録曲>
01.Pause (intro) 
02.RAINBOW(アニメ「ブレイドアンドソウル」エンディングテーマ)
03.Hybrid
04.Wait?
05.スイッチ
06.夢中夢の羊
07.Rise and Set
08.絶望は希望よりも美しい
9.fin.
10.Spark in the end
11.LAIKA
12.a day in the live
<初回盤特典DVD>
01.Unveil the 12 pieces of the“NEW WORLD"video works
02.lego big morl“Thanks Giving"vol.5 at TOKYO EBISU LIQUID ROOM 2014.1.24
M1.バランス
M2.Wait?
M3.テキーラグッバイ
M4.Spark in the end
M5.RAINBOW

■LEGO BIG MORL TOUR 2014 『YOU t OUR』

■対バン公演
10月03日(金) 千葉・千葉LOOK 
10月05日(日) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
10月06日(月) 盛岡・the five morioka 
10月10日(金) 静岡・浜松FORCE 
10月11日(土) 三重・四日市CLUB CHAOS 
10月13日(月・祝) 神戸・MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎 
10月15日(水) 岡山・岡山IMAGE 
10月17日(金) 島根・松江canova 
10月19日(日) 熊本・熊本Django 
10月24日(金) 香川・高松DIME 
10月26日(日) 京都・KYOTO MOJO
■ワンマン公演
11月14日(金) 北海道・札幌COLONY
11月16日(日) 宮城・仙台Hook
11月18日(火) 新潟・新潟CLUB RIVERST
11月21日(金) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
11月24日(月・休) 広島・広島CAVE-BE
11月28日(金) 大阪・umeda AKASO
11月29日(土) 福岡・福岡Queblick
12月06日(土) 東京・TSUTAYA O-EAST

チケット:
・対バン公演 
前売料金 スタンディング¥3,300(tax in・ドリンク代別)
・ワンマン公演 
前売料金 スタンディング¥3,800(tax in・ドリンク代別)

※3歳以上はチケットが必要
※入場に関する年齢制限なし
※お一人様1公演毎に最大4枚までの販売
※客席を含む会場内の映像・写真が公開されることがありますので予めご了承下さい。

【関連リンク】
LEGO BIG MORL オフィシャルHP
LEGO BIG MORL、アルバム発売を記念して「LEGO BIG TV」放送決定!
LEGO BIG MORL、約3年ぶりアルバム『NEW WORLD』詳細解禁
音楽レーベル「A-Sketch」が、洋・邦ボーダーレスのロックイベントを開催!

【関連アーティスト】
LEGO BIG MORL
【ジャンル】
ジャパニーズロック

WEAVER、シンガポールで開催されるアジアの音楽フェスに日本代表として出演
Thu, 25 Sep 2014 19:30:00 +0900
WEAVER (okmusic UP\'s)

7月にロンドン留学から帰国、現在ベストアルバムを引っ提げての全国ツアー真っ最中のWEAVER。11月22日にシンガポールにて開催されるアジアの音楽フェスティバル『Sundown Festival 2014』に日本代表として出演することが決定した。


【その他の画像】WEAVER

『Sundown Festival』は、シンガポールで毎年開催されるアジアの音楽と文化にフォーカスしたフェスティバル。アジアの多様なエンターテインメントをショーケースし、アジア文化とエンターテインメントをつなぐことをミッションとしている。年々参加国が増え、4回目となる2014年は日本、インドネシア、台湾、香港、韓国、中国、タイ、マレーシア、フィリピン、インド、シンガポールの11の国と地域が参加予定で、各国を代表するアーティストが出演する。

WEAVERは、2012年に初の海外公演をシンガポールにて行い、同年9月にも二度目のシンガポール公演を果たした。2013年5月には、世界3大音楽見本市の1つ『Music Matters 2013』内「J-Rock Matters」へも出演しライヴを披露。アジアでの知名度、実績を着実に高めてきている中で今回4度目となるシンガポールでのライヴ。ロンドン留学も終え、成長したWEAVERの新たなステージをアジアに提示する良い機会となりそうだ。

なお、引き続きベストアルバム『ID』を引っ提げた全国ツアー『WEAVER “ID" TOUR 2014 「Leading Ship」』を開催中のWEAVER。残すところ5公演となったが、こちらにも是非足を運んでほしい。

■『Sundown Festival 2014』

日時:11月22日(土)16:00開場
会場:Marina Promenade (シンガポールマリーナ湾に面した、F1ピット会場)
イベント概要:アジア11カ国からアーティストが集まる(各国1グループ)フェスティバル形式

■『WEAVER “ID" TOUR 2014 「Leading Ship」』

09月27日 (土) 大阪・オリックス劇場
【開場/開演】16:45 / 17:30
【チケット】?4,500(税込)
【問】キョードーインフォメーション 06-7732-8888

10月04日 (土) 高松・オリーブホール
【開場/開演】17:30/18:00
【チケット】?4,300(税込)※ドリンク代別
【問】デューク高松 087-822-2520

10月09日 (木) 名古屋市公会堂 大ホール
【開場/開演】18:30 / 19:00
【チケット】?4,500(税込)
【問】サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

10月19日 (日) 札幌ペニーレーン24
【開場/開演】17:30 / 18:00
【チケット】?4,300(税込)※ドリンク代別
【問】マウントアライブ 011-211-5600

10月21日 (火) 渋谷公会堂 THANK YOU SOLD OUT!!
【開場/開演】18:00 / 19:00
【チケット】?4,500(税込)
【問】ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999

【入場制限】
広島・高松・札幌公演は、未就学児童入場不可 
福岡・仙台・新潟・大阪・名古屋・東京公演は、4歳以上チケット必要・3歳以下入場不可

■アルバム『ID』

発売中
【初回盤】(CD+DVD+初回盤特典)
AZZS-24/¥3,400+税
【通常盤】(CD)
AZCS-1032/¥2,600+税

<収録曲>
M01.66番目の汽車に乗って
M02.トキドキセカイ
M03.白朝夢
M04.レイス
M05.管制塔
M06.僕らの永遠 〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜
M07.Hard to say I love you 〜言い出せなくて〜
M08.キミノトモダチ
M09.Shine
M10.偽善者の声
M11.Shall we dance
M12.Free will
M13.Just one kiss
M14.夢じゃないこの世界
M15.こっちを向いてよ
M16.Hope 〜果てしない旅路へ〜 *未発表曲
<Music Video Clip>※初回盤のみ
M01.白朝夢
M02.レイス
M03.トキドキセカイ
M04.2次元銀河
M05.Hard to say I love you 〜言い出せなくて〜
M06.僕らの永遠 〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜
M07.管制塔(Live ver.)
M08.キミノトモダチ(Short ver.) 
M09.『あ』『い』をあつめて
M10.Shine
M11.笑顔の合図
M12.66番目の汽車に乗って(Live ver.)
M13.偽善者の声(Short ver.)
M14.REPLAY〜Medley of Handmade〜
M15.Shall we dance
M16.夢じゃないこの世界
M17.こっちを向いてよ(Original ver.)
<Bonus Video Clip>
M18.Time Will Find A Way(WEAVER×Instinct)
M19.Light (WEAVER×Instinct)

【関連リンク】
WEAVER オフィシャルHP
WEAVER、ベスト盤を引っさげての全国ツアーで新たなる旅路へ出航!
A-Sketch主催のカウントダウンイベントが今年も大阪城ホールで開催決定!
WEAVER、帰国&ツアーを記念した「WEAVER TV」出張編放送決定!

【関連アーティスト】
WEAVER
【ジャンル】
ジャパニーズロック

RHYMESTER、結成25周年記念サイト「日めくりカレンダー2014」スタート
Thu, 25 Sep 2014 19:00:00 +0900
RHYMESTER (okmusic UP\'s)

RHYMESTERのベストアルバム『The R 〜 The Best of RHYMESTER 2009-2014 〜』のリリース日である9月24日より、彼らのオフィシャルサイトにて「結成25周年記念・日めくりカレンダー2014」100組によるお祝いコメントリレーがスタートした。


【その他の画像】RHYMESTER

松任谷由実のコメントでスタートしたカレンダーには、今後RHYMESTERを応援する、1日1組みのミュージシャン、俳優、映画監督などの有名人や、裏方関係者などからのお祝いコメント及び、RHYMESTERのスケジュールなども掲載されていく予定になっている。

また、お祝いコメントは、RHYMESTERを応援する一般の方からも募集。カレンダーサイトの募集フォームにて応募が可能なので、是非参加して欲しい。採用されたコメントは有名人と並んで掲載される。

■ベストアルバム『The R 〜 The Best of RHYMESTER 2009-2014 〜』

2014年9月24日発売
【初回生産限定盤】(CD+BD)
KSCL-2478〜2479/¥4,800+税
※三方背BOX仕様
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2476〜2477/¥3,800+税
※三方背BOX仕様
【通常盤】(CDのみ)
KSCL-2480/¥2,800+税
【完全限定生産盤】(3枚組アナログ)
KSJL-6175〜6177/¥3,800+税
※ダウンロードコード付

<収録曲>
■DISC-1 / CD
01. ONCE AGAIN
02. K.U.F.U.
03. Come On!!!!!!!!
04. ラストヴァース
05. ちょうどいい Piano session with SWING-O
06. Walk This Way
07. そしてまた歌い出す
08. Hands
09. POP LIFE
10. 余計なお世話だバカヤロウ
11. トーキョー・ショック feat. COMA-CHI
12. フラッシュバック、夏。
13. サマー・アンセム feat. 小野瀬雅生 (CRAZY KEN BAND)
14. The Choice Is Yours
15. ゆめのしま
16. It\'s A New Day Piano session with SWING-O
17. This Y\'all, That Y\'all session with SCOOBIE DO
■DISC-2 / Blu-Ray / DVD
RHYMESTER Best & Rare Live Selection
01. キング オブ ステージ at Shibuya AX 2002 (KING OF STAGE Vol. 4 〜ウワサの真相 Release Tour〜)
02. 10 balls+2 feat. KICK THE CAN CREW, 竹内朋康 (SUPER BUTTER DOG), TOMOHIKO (SUPER BUTTER DOG) at 日比谷野外大音楽堂 2004 (KING OF STAGE Vol. 5 〜グレイゾーン Release Tour〜)
03. ウワサの真相 feat. ゴスペラーズ at Shibuya AX 2004 (Sony Music Fes. 2004)
04. ウィークエンド・シャッフル feat. MCU, KREVA, CUEZERO, CHANNEL, KOHEI JAPAN, LITTLE, GAKU-MC, SONOMI, K.I.N., 童子-T + Romancrew at 日比谷野外大音楽堂 2006 (KING OF STAGE Vol. 6 〜HEAT ISLAND Release Tour〜)
05. I Say Yeah! - PUSHIM, RHYMESTER, HOME MADE 家族, マボロシ, May J. at Shibuya AX 2006 (NeOSITE 10th. Anniversary Party)
06. リスペクト feat. ラッパ我リヤ at 日本武道館 2007 (KING OF STAGE Vol. 7〜メイドインジャパン at 日本武道館〜)
07. ONCE AGAIN Remix feat. DABO, TWIGY, ZEEBRA at JCB HALL 2009 (R20 RHYMESTER 20th Anniversary)
08. ラストヴァース at ZEPP TOKYO 2010 (KING OF STAGE Vol. 8 〜マニフェスト Release Tour〜)
09. オイ! at Shibuya AX 2011 (R10 〜POP LIFE Release Event〜)
10. ザ・ネイバーズ at ZEPP TOKYO 2011 (KING OF STAGE Vol. 9 〜POP LIFE Release Tour〜)
11. into the night session with ねごと at LIQUIDROOM 2012 (キューン20)
12. Come On!!!!!!!! at パシフィコ横浜国立大ホール 2013 (KING OF STAGE Vol. 10 〜ダーティーサイエンス Release Tour〜)

副音声:宇多丸・Mummy-D・DJ JINによる元祖・生(ビール)コメンタリー

■『KING OF STAGE VOL. 11 The R Release Tour 2014』

11月04日(火)川崎:CLUB CITTA\'
特別追加公演(公開リハーサル)¥3,000 (Tax in.) ドリンク別
11月09日(日)名古屋:Zepp Nagoya
11月14日(金)大阪:なんばHatch
11月21日(金)福岡:DRUM LOGOS
11月28日(金)東京:Zepp Tokyo
12月07日(日)札幌:PENNY LANE 24

【関連リンク】
RHYMESTER オフィシャルHP
RHYMESTER、DJ JINの加入20周年を祝うイベント「J 20」大成功!
KREVA主催フェスに鈴木雅之、久保田利伸を含む超豪華アーティストが続々登場!
ライムスター、結成25周年を記念した豪華ベストアルバムリリース!

【関連アーティスト】
RHYMESTER
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ

MACO、さくらももこ作詞のハロウィンイベント「T‐SPOOK」公式ソング作曲&歌唱を担当
Thu, 25 Sep 2014 18:30:00 +0900
MACO (okmusic UP\'s)

10月にお台場とフジテレビ社屋を舞台にして開催される最大級のハロウィンイベント、めざましテレビpresents「T-SPOOK」。公式オリジナルパーティーソング「ワールド ラブ カーニバル」の作曲・歌唱にMACOが抜擢! 作詞を国民的人気アニメ「ちびまる子ちゃん」の作者・さくらももこが担当していることが分かった。

【その他の画像】MACO

「T-SPOOK」とはフジテレビ社屋をハロウィン仕様にデコレーションし、アーティストLIVEや仮装コンテスト、ハロウィンパレードなどが行われる派手なハロウィンイベント。同イベントの公式オリジナルパーティーソング「ワールド ラブ カーニバル」の作曲・歌唱を担当しているのがMACO、作詞をさくらももこが担当した。

また、公式オリジナルキャラクターの「ころりん」も、さくらももこがハロウィンの世界に登場するお化けをイメージして、このイベントのために描き下ろしたもので、ころりんとMACOのスペシャルユニットがハロウィンイベント「T-SPOOK」を盛り上げる。

今回の公式オリジナルパーティーソングについて、MACOとさくらももこよりコメントが届いた。

【さくらももこコメント】
「ハロウィンソングは、みんなで歌って踊れる楽しい曲がいいなと思って作詞しました。MACOちゃんの歌声がすごくステキで、とってもオシャレで楽しい曲になりうれしいです! MACOちゃんは、ころりんの友達のかわいい魔法使いというイメージで『ちびマコちゃん』というキャラで描きました。MACOちゃんところりんが、ハロウィンを盛り上げてくれるのを楽しみにしています」

【MACOコメント】
「ずっとちびまる子ちゃんを観ていたので、さくらももこ先生にお会いするのが楽しみでした。そのさくら先生が自分の絵を書いてくれるって聞いてびっくり!先生にいいって思ってくれるような曲を作ろうと思って、曲が出来たらすぐ先生にメールで送りました。そしたら先生に「イメージ通りだった!ありがとう」と言っていただいて、すごくうれしかったです!」

さらに公式パーティーソングとして、テイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ」が選ばれており、テイラー・スウィフト本人は「公式パーティーソングに選ばれて、本当にうれしいわ!」というコメントを残している。

■「ワールド ラブ カーニバル」
https://www.youtube.com/watch?v=Jhb18nTsYtk

■配信シングル「ワールド ラブ カーニバル」

作詞:さくらももこ 作曲:MACO/マーチン
10月8日(水)シングル配信スタート
全国の通信カラオケLIVE DAMにて10月7日(火)〜独占配信開始オリジナル映像でフル尺歌えます!!

【関連リンク】
MACOが初のMV「ありがとう」のショート・ヴァージョンを公開
「若草山 MUSIC FESTIVAL 2014」にてSOS、大原櫻子、クリス・ハートらが奈良に集結
MACO、大原櫻子、新人女性シンガーに本格ブレイクの兆し FaRao 7月音楽ストリーミングランキング
MACO、アルバム『23』収録曲のスペシャルバージョンをYouTubeで公開

【関連アーティスト】
MACO
【ジャンル】
J-POP

GRAPEVINE、移籍第一弾シングル「Empty Song」収録内容発表
Thu, 25 Sep 2014 18:00:00 +0900
GRAPEVINE (okmusic UP\'s)

SPEEDSTAR RECORDS移籍第一弾シングル「Empty Song」を11月19日にリリースするGRAPEVINEが、その収録内容やジャケット写真を発表した。


【その他の画像】GRAPEVINE

今回のシングルには、タイトル曲「Empty song」の他、「KOL(キックアウト ラヴァー)」「吹曝しのシェヴィ」と、タイトルからしてGRAPEVINEらしさが伝わる楽曲を収録。

作品に関して田中(Vo/G)は、「バンドがバンドとして演奏しているダイナミクスみたいなのが、一番強く伝わる部分かなと思って、演奏のダイナミクスは重視しました。ただ、プレッシャーになるような意識の仕方では曲が出来ないのはわかっているので、「Empty song」もカップリングの「KOL(キックアウト ラヴァー)」もジャム・セッションで作ってます。ディレクターから、"アッパーな印象のロックものを作りましょう"という話だったので、どこまで出来るかわからんけど、そういうのを目指してジャムってみましょう、と。ただ、ウチのバンドはヒネクレものの性分なので、ストレートなロックみたいなものを作る気もあまりないわけですから、というのが結実したのがこれです」と語っている。

初回特典DVDには、大ヒットアルバム『LIFETIIME』発売15周年記念として今年5月にSHIBUYA-AXで行われたプレミアライヴ『IN A LIFETIME』から、「いけすかない」「スロウ」「光について」の3曲を収録。更に、レコーディングやジャケット撮影風景、またプライベートショットなど、普段なかなか見ることのできないメンバーの姿を撮影したビデオシリーズ「VIDEOVINE Vol.1」も収録され、ファンにはたまらないレアな映像特典となっている。

同時にジャケット写真も公開。スタジオ中に前が見えないほどスモーク(煙)を炊き、彼らのシルエットを狙って撮影している。初回・通常盤の別テイクになっており、その違いにも注目だ。

また今回全国タワーレコード&タワーオンラインでは特典として「オリジナル・フォトポストカード」が先着で付いてくるので、早めに予約・購入して手に入れてほしい。

■シングル「Empty song」

2014年11月19日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-737/¥1,800+税
【通常盤】
VICL-36976/¥1,200+税

<収録曲>
1. Empty song
2. KOL(キックアウト ラヴァー)
3. 吹曝しのシェヴィ
<DVD収録内容> ※初回限定盤のみ
1.「IN A LIFITIME」LIVE at SHIBUYA AX 2014.05.19 - presented by 名盤ライブ -
(1)いけすかない (2)スロウ (3)光について
2. VIDEOVINE Vol.1

■『GRAPEVINE club circuit2014』

10月23日(木) 渋谷クラブクアトロ
10月25日(土) 新潟LOTS
11月01日(土) 広島クラブクアトロ
11月03日(月・祝) 福岡DRUM LOGOS
11月07日(金) 名古屋ダイアモンドホール
11月09日(日) なんばHatch
11月14日(金) 仙台darwin
11月16日(日) 札幌ペニーレーン24
11月22日(土) EX THEATER ROPPONGI

■ドキュメンタリービデオシリーズ「VIDEOVINE vol.0」
http://youtu.be/TQpLbi7jdkI

【関連リンク】
GRAPEVINEオフィシャルHP
GRAPEVINE、11月に移籍第1弾シングル「Empty song」リリース
GRAPEVINE、ツアー初日にレコード会社移籍をサプライズ発表
前田敦子、新曲「セブンスコード」の予告映像解禁

【関連アーティスト】
GRAPEVINE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

go!go!vanillas、初のUstream番組決定&番組後に3大ニュースを発表
Thu, 25 Sep 2014 17:30:00 +0900
go!go!vanillas (okmusic UP\'s)

11月5日にメジャー1stアルバム『Magic Number』をリリースするgo!go!vanillasが、その発売を記念して初のUstream番組『Ready Ust-eady go!go!』(レディー・ユーステディー・ゴーゴー)を、9月30日(火)21時から配信することを発表した。


【その他の画像】go!go!vanillas

『Ready Ust-eady go!go!』と題されたこの番組は、go!go!vanillasにとって、単独で行う初めてのUstream。この番組では、11月5日にリリースされるメジャー1stアルバム『Magic Number』にまつわる3大ニュースの発表や、番組内で奇跡を起こす(?!)サプライズ企画の実施があるという。

また、Twitterのハッシュタグを使って、視聴者の質問に答えるコーナーもあるなど、アルバム『Magic Number』の発売がさらに楽しみになる番組内容となっている。

3大ニュースとは一体何なのか…? 番組内で起こる奇跡とは何なのか…?

アルバムの発売を楽しみにしている方は、お見逃し無く。そして、ハッシュタグを使用して、是非番組にも参加してみよう!

■Ustream番組『Ready Ust-eady go!go!』

9月30日(火) 21時スタート
http://www.ustream.tv/channel/gogovanillas
ハッシュタグ #バニラズ

■アルバム『Magic Number』

2014年11月5日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-734/¥3,000+税
【通常盤】(CDのみ)
VICL-64209/¥2,500+税
<収録曲>
01.セルバ
02.エマ
03 .マジック
04.トワイライト
05.オリエント(新録バージョン)
06.春眠
07.サマータイムブルー
08.ドアー
09.ホラーショー
10.ライクアマウンテン
11.ティーンネイジャーズノイズ
<初回限定盤DVD収録内容>
2014年8月20日 「エマージェンシーパーティー」 新宿red cloth ワンマンライブ映像
1. アクロス ザ ユニバーシティ
2. ハイテンション
3. エマ
4. 人間讃歌
5. オリエント

■ライブフォトムービー“55×820"
http://youtu.be/ZAGf6k7JFk4

■「Magic Number」 Tour 2014

11月17日(月) 北浦和 KYARA
w/ 忘れらんねえよ
11月19日(水) 新潟 CLUB RIVERST
w/ 忘れらんねえよ
11月21日(金) 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
w/ フラワーカンパニーズ
11月22日(土) 仙台 PARK SQUARE (ワンマン)
11月24日(月祝) 札幌 Bessie Hall
w/ Drop\'s
11月28日(金) 長野 CLUB JUNK BOX
w/ POLYSICS / THE NEATBEATS
12月6日(土) 高松 DIME
w/ ザ50回転ズ / LAMP IN TERREN
12月7日(日) 岡山 PEPPER LAND
w/ ザ50回転ズ / LAMP IN TERREN / ドラマチックアラスカ
12月9日(火) 広島 Cave-Be
w/ ザ50回転ズ / LAMP IN TERREN / ???
12月11日(木) 長崎 DRUM Be-7
w/ 空想委員会 / LEGO BIG MORL
12月13日(土) 大分 DRUM Be-0
w/ 空想委員会 / LEGO BIG MORL
12月14日(日) 福岡 DRUM Be-1
w/ 空想委員会 / LEGO BIG MORL

【関連リンク】
go!go!vanillas オフィシャルHP
go!go!vanillas、メジャー1stアルバム初回盤DVDにインディーズ最後のライヴ映像収録決定
フラワーカンパニーズ、25周年記念トリビュートアルバムに参加する豪華13組が決定
go!go!vanillas、メジャー第1弾アルバム『Magic Number』詳細発表

【関連アーティスト】
go!go!vanillas
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Salley、ニューシングルでWham!の「LAST CHRISTMAS」をカバー
Thu, 25 Sep 2014 17:00:00 +0900
Salley (okmusic UP\'s)

11月12日に4thシングル「冬が来る」をリリースする男女二人組ユニットSalley。その収録楽曲の詳細とCDジャケットが発表された。


【その他の画像】Salley

「冬が来る」のカップリングには、書き下ろしの冬ソング「冬が咲く」、そして通常盤にはWham!(ワム)の代表曲でクリスマスの名曲とも言える「LAST CHRISTMAS」のカバーが収録されるなど、ウィンターソングコレクションともいえる作品となっている。また初回盤には「冬が来る」のMVに加え、4月に行われた初ワンマンツアーより2曲が収録される。

ジャケット写真は、初回盤・通常盤ともにボーカルうららのビジュアルで、首には赤いマフラーが巻かれ、冬の空気をまとったような、都会的でありのままのうららが写るビジュアルとなっている。

最新のアーティスト写真も同様に、Salleyとしてはめずらしいカジュアルな衣装を身にまとったうららと上口浩平が寒空に立ち、冬が感じられるビジュアルとなっている。撮影時2人は、周りの風景を見渡し「川と橋が、NYの街みたい」と語っていたという。

「冬が来る」は、凛とした冷たさの中に秘めた情熱の炎が揺れる冬ソングで、冬の訪れの気配とともにいつも蘇る決して忘れることの出来ない過去の恋愛の記憶、そんなせつない想いがフォルクローレ風のサウンドとメロディに乗せて歌われている。このほど公開されたビジュアルは、そうした楽曲のイメージを表現している。

気になる音源は、まもなくラジオやUSEN、ホームページで公開予定なので、そちらも楽しみにして欲しい。

■シングル「冬が来る」

2014年11月12日発売
【初回盤】(CD+DVD)
VIZL-710/¥1,600+税
<収録楽曲>
1. 冬が来る
2. 冬が咲く
3. カラフル(Live at LIQUIDROOM on April 26, 2014)
4. 赤い靴(Live at LIQUIDROOM on April 26, 2014)
5. 冬が来る(Instrumental)
<DVD収録内容>
「冬が来る」ミュージックビデオ

【通常盤】(CDのみ)
VICL-36952/¥1,000+税
<収録楽曲>
1. 冬が来る
2. 冬が咲く
3. LAST CHRISTMAS(Wham!のカバー)
4. 冬が来る(Instrumental)

【関連リンク】
Salley オフィシャルHP
Salley、ギター上口の地元・福井県凱旋ライブでニューシングルのリリースを発表
Salley、初の全国ワンマンツアーを名古屋よりスタート
Salley、アルバム発売を記念してタワレコ渋谷・新宿店にて衣装展示&写真展スタート!

【関連アーティスト】
Salley
【ジャンル】
J-POP

日本のテクノ/ハウスシーンを牽引するTRESVIBES SOUNDSYSTEMがミックス CDをリリース
Thu, 25 Sep 2014 16:00:00 +0900
TRESVIBES SOUNDSYSTEM (okmusic UP\'s)

今年のビッグフェス、「フジロックフェスティバル‘14」、「WIREDCLASH」に出演を果たし、今やアンダーグラウンドテクノ・ハウスシーンのアーティストとして最も勢いのあるDJ ユニット、TRESVIBES SOUNDSYSTEMが満を持してオフィシャルミックス CD『PLAYGROUND(プレイグラウンド)』をリリース!

【その他の画像】TRESVIBES SOUNDSYSTEM

SATOSHI OTSUKI、DJ PI-GE、KIKIORIXの3DJによって2007年から渋谷WOMBで開催している人気パーティー「TRESVIBES」から派生したDJユニットのTRESVIBES SOUNDSYSTEM。DJスタイルとしてはBack 2 Backスタイルを主体とし、エフェクターやリズムマシンを使用しつつ、1人の個性が溶け合った3人でしかなり得ない豊潤なグルーヴを生み出す。メンバーが各自キャリア15年以上のDJ、そしてトラックメーカーでもあり、その個々の活動は国内だけに留まらず、ロンドン、ベルリン、パリ、アムステルダム、イビサなどといったエレクトリックミュージック先進国にも幾度も招聘され、その実力は世界でも証明されている。

そんな彼らが手がけたオフィシャルミックス CD『PLAYGROUND』は、「ただ曲を並べて繋げたもの」にはない、生命力と躍動感が感じられる作品に仕上がっている。また、TRESVIBESクルーによる楽曲と、TRESVIBESで共演した海外トップアーティストによるエクスクルーシブトラックを収録していることも見逃せない。

■オフィシャルミックス CD『PLAYGROUND』

2014年9月24日(水)発売
VRSCD-1001/¥2,200(税抜)

<収録曲&REVIEW>
1.Tresvibes Soundsystem - Playground -Vis Rev Set
written & produced by Yasuo Takata
published by Vis Rev Set 2014

TRESVIBES Soundsystemの楽曲としては初のお披露目となるこの曲は、現れては消え、何かを予感させるようなシンセ、Welcome to playgroundというヴォイスが聴くものを誘うようだ。

2.Micawber - Vattum -Sylphe
written & produced by Micawber
licensed by Sylphe 2014

一転してシンプルな装いのリズムから始まる実質のミックス一曲目は、昨年からミステリアスで高品質なトラックをリリースし始め、Ricardo Villalobosやルーマニア勢にも高く評価されるMicawberによるもの。

3.Seuil - Tesh -Vis Rev Set
written & produced by Alexis BENARD
published by Vis Rev Set 2014
フランスを拠点にベースのグルーブ感が特徴的なハイクオリティなハウスを量産してきたSeuil。この楽曲にも重量感とスムースな感触を両立する卓越した技術が感じられる。

4.Hello?Repeat Soundsystem - Elevate Escalate -Vis Rev Set
written & produced by Daze Maxim & Jan Krueger.
published by Upright Songs 2014

初代〜Soundsystemとも言えるHello?Repeat Soundsystem。DJとして卓越した技術でロングセットを披露する二人の、そしてJan Kruegerにとっても初の楽曲であるこのトラックは、スモーキーなサウンドが癖になる彼ららしいミニマルハウスだ。

5. DJ Pi-Ge - Sanmonban -Vis Rev Set
written & produced by Yasuo Takata
published by Vis Rev Set 2014

DJ Pi-geによる最新曲もこちらでお披露目。アナログ感ある跳ねたリズムや空間性のあるトラックメイクは彼の十八番とも言える。

6.Satoshi Otsuki & Kikiorix - Tom Cruise(TVS REWORK) -Vis Rev Set
written & produced by Satoshi Otsuki,Takaya Ito and Yasuo Takata
published by Vis Rev Set 2014

続くはSatoshi OtsukiとKikiorixによる楽曲の彼ら自身によるアップデート版と言えるトラック。背後でざわめくアブストラクトな音像と冷たく響く2拍4拍のアクセントが絶妙にマッチしたハイセンスな一曲。

7.Den-Tesla -NETA
written & produced by Tokuto Denda ,
licensed by NETA 2013

DenのセルフレーベルNETAから昨年リリースされた一曲。シンセとリズムが渾然一体となり生み出されるグルーヴに、深みのあるパッドが乗る傑作だ。

8.Chris Carrier - Side Change [Slapfunk Records]
written & produced by Chris Carrier
licensed by Slapfunk Records 2014

こちらはフランスの俊英Chris Carrierによる最新楽曲。ルーズなリズム感と独特のグルーヴの溜めがミックスにアクセントを与えている。

9.Jun Kitamura - Outergaze 2 ?EFD Classics
written & produced by Jun Kitamura
licensed by EFD 2014

Jun Kitamuraによって2000年にリリースされた早すぎる傑作Outergaze。最新のディープハウスが並ぶ今作においても、全く違和感のないタイムレスな楽曲性には脱帽するほかない。

10.Tresvibes Soundsystem - Tools 01 -Vis Rev Set
written & produced by Yasuo Takata,Satoshi Otsuki,Takaya Ito
published by Vis Rev Set 2014

TRESVIBES Soundsystemによる秘蔵のDJツールがここで登場。くぐもったボイスとシャッフルビートによるシンプルながら聞き応えのあるループだ。

11.K-NTO & BAYT-Suburbs -Vara Records
written & produced Cristian Oprea & Bayt
licensed by Vara Records 2014

a:rpia:r勢も積極的にプレイサポートする若手実力派レーベルVaraからの最新曲。ハットの展開やさりげないブレイクビーツ要素など、ルーマニア産ハウスの基本を抑えた間違いのない仕上がりだ。

12.DeWalta - Be My Man -Vis Rev Set
written & produced by David Koch
published by Vis Rev Set 2014

ホーンのサンプルや囁く女性ヴォイスが生々しく、セクシーな印象をミックスに与えるこの楽曲は、ドイツ出身のトラックメイカーDeWaltaの手によるもの。クライマックスに向けてこのミックスに更なるエッセンスを加えている。

13.Cristi Cons - Anatrack - Meander
written & produced by Cristi Cons
licensed by Meander 2014

先述のDeWaltaが主宰するMeanderからリリースされた、ルーマニア一派きっての俊才Cristi Consによるトラック。彼の持つ高い音楽性が流麗なグルーヴ感で表現された逸品。

14.PDD - Tsuchiya Trax -Vis Rev Set
written & produced by David Koch ,Tokuto Denda and Yasuo Takata
published by Vis Rev Set 2014

あふれる光のようなシンセフレーズから展開するこのトラックは、DJ Pi-ge、Den、そしてDeWaltaの3人によるスペシャルな楽曲だ。深い残響がかかったフレーズと一癖あるリズム、ウェッティなSEなど、3人が得意とする技が互いの良さを打ち消すことなく融合した、ミックスのラストにふさわしい楽曲だ。

一貫としたトーンでじっくりとミックスを行い、各楽曲の魅力を引き出すことに注力されている今作。だがトラック同士の展開や抜き差しを効果的に利用し、ストーリーを創り出すことで「ただ曲を並べて繋げたもの」にはない、生命力と躍動感が感じられる作品となっている。使用されている楽曲の半分近くは、TRESVIBESクルーによる楽曲と、TRESVIBESで共演したアーティストによるエクスクルーシブトラック。その他のトラックも先述の通り、シーンの今をとらえたものが揃っている。彼らがこれまでに培ってきた信頼の強さが伺える、充実のラインナップだ。さらに、いくつかのトラックは後日VIS REV SETからアナログでリリースされることも決定しているとのことで、ヴァイナル派のDJ/リスナーも目が離せない。

DJ/パーティーオーガナイザーとしての活躍から、さらに新たなフィールドに向けて動き出したTRESVIBES/ VIS REV SET。まずはこのミックスを体験することで、彼らが切り開く道のりに期待せずにはいられなくなるはずだ。

Text by Riku Sugimoto

【関連リンク】
TRESVIBES SOUNDSYSTEM オフィシャルHP
電気グルーヴ、結成25周年記念ツアーにゆかりの深いメンツが続々決定!
小野坂昌也、小林ゆう、後藤友香里からなるユニット“EMERGENCY”がニコ生で今後の新展開を発表
花澤香菜ニューシングル「ほほ笑みモード」ミュージックビデオ公開、初のクラブイベントも開催決定

【関連アーティスト】
TRESVIBES SOUNDSYSTEM
【ジャンル】
ダンス/ハウス/テクノ

空想委員会、愛した人の不幸せを願った1stシングル「純愛、故に性悪説」特設サイト公開
Thu, 25 Sep 2014 15:30:00 +0900
空想委員会 (okmusic UP\'s)

空想委員会が10月8日にリリースするメジャー1stシングル「純愛、故に性悪説」のインターネット特設サイトが公開された。


【その他の画像】空想委員会

本楽曲は冒頭から「君よ不幸せであれ」というドキっとするサビで始まる、失恋した瞬間の最もドロドロした気持ちを吐き出した、今までに無かったタイプの失恋ソングとなっている。特設サイトでは「空想委員会・三浦が美男美女と三角関係に!?」というトピックでWEBで話題になった同曲のMVや、初回限定盤DVDに収録されているドキュメンタリー映像を特別にチラ見せした動画のほかに、カップリングを含む全曲試聴、インストアイベントの詳細や、CDショップごとの購入者特典などが、空想委員会らしく優しく記されている。

空想委員会は、9月26日の渋谷CLUB QUATTROを皮切りに、各地ゲストバンド有りの自主企画イベントツアー『首謀者:空想委員会 大歌の改新 第二期』をスタートさせる。対バンは既に第四弾まで発表されており、indigo la End、GOOD ON THE REEL、赤い公園、cinema staff、LEGO BIG MORL、Lyu:Lyuなどをはじめとする28バンドの名前が上がっている。

また、出演の一般公募を受け付ける企画「下克上」からも徐々にバンド名が発表され始めており、こちらは9月30日が応募締め切りとなっているので、ツアーに参加したいバンドは早めにチェックしてほしい。

■「純愛、故に性悪説」特設サイト
http://kusoiinkai.com/tokusetsu/junai/

■シングル「純愛、故に性悪説」

2014年10月8日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
KICM-91545/¥1,667+税
<収録曲>
1. 純愛、故に性悪説
2. モテ期予備軍
3. インスタントときめき
<DVD収録内容>
・純愛、故に性悪説 Music Video
・空想委員会夏休みツアー2014〜この夏を思い切り楽しもう!夏フェスと学生イベントだけでツアーします!〜ドキュメント映像
・Bonus映像「純愛、故に性悪説」演奏解説

【通常盤】(CDのみ)
KICM-1546/¥1,000+税
<収録曲>
1. 純愛、故に性悪説
2. モテ期予備軍
3. インスタントときめき
4. 活動記録音源〜2014.7.20 赤坂BLITZワンマンライブ〜(難攻不落ガール、エリクサー中毒患者、サヨナラ絶望人生、空想ディスコ、独占禁止法、波動砲ガールフレンド)

※収録内容・仕様等は変更になる場合がございます。

■『首謀者:空想委員会 大歌の改新 第二期』

9月26日(金)渋谷CLUB QUATTRO
10月05日(日)高崎club FLEEZ
10月09日(木)名古屋CLUB QUATTRO
10月10日(金)松阪M\'AXA
10月17日(金)広島CAVE-BE
10月19日(日)福岡DRUM Be-1
10月21日(火)鹿児島SR HALL
10月22日(水)宮崎SR-BOX
10月23日(木)熊本B.9 V2
11月08日(土)神戸VARIT.
11月09日(日)京都MUSE
11月12日(水)水戸LIGHT HOUSE
11月14日(金)新潟CLUB RIVERST
11月15日(土)長野LIVE HOUSE J
11月16日(日)金沢AZ
11月20日(木)大阪BIG CAT
11月22日(土)高知X-pt.
11月23日(日)高松MONSTER
11月24日(月・祝)松山サロンキティ
11月28日(金)HEAVEN\'S ROCK宇都宮 VJ-2
11月29日(土)仙台CLUB JUNK BOX
11月30日(日)秋田Club SWINDLE
12月02日(火)盛岡CLUB CHANGE WAVE
12月05日(金)札幌Sound Lab mole
12月06日(土)札幌BESSIE HALL
12月07日(日)旭川CASINO DRIVE
12月11日(木)長崎DRUM Be-7
12月13日(土)大分DRUM Be-0
12月14日(日)福岡DRUM Be-1
12月16日(火)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
12月18日(木)立川BABEL

■「大歌の改新」特設サイト
http://kusoiinkai.com/tokusetsu/taika/2014/

■発表されている共謀者(五十音順)

赤い公園
indigo la End
彼女 in the display
QOOLAND
黒木渚
GOOD ON THE REEL
GOODWARP
go!go!vanillas
コンテンポラリーな生活
Suck a Stew Dry
さよなら、また今度ね
シナリオアート
cinema staff
SUPER BEAVER
DIRTY OLD MEN
テスラは泣かない。
HOWL BE QUIET
HaKU
phatmans after school
ミソッカス
MONOBRIGHT
ユビキタス
夜の本気ダンス
Lyu:Lyu
0.8秒と衝撃。
LEGO BIG MORL
and more…

■発表されている下克上(五十音順)

CRAZY VODKA TONIC
ココロオークション

【関連リンク】
空想委員会 オフィシャルHP
空想委員会、10月8日(水)発売メジャー1stシングルのMVを公開!
空想委員会がメジャー1stシングルのジャケットを公開
空想委員会の対バンツアーに赤い公園、cinema staff等が出演! 1stシングルの詳細も明らかに!

【関連アーティスト】
空想委員会
【ジャンル】
ジャパニーズロック

水曜日のカンパネラが月刊誌『宝島』のリレー連載企画イベントに出演決定
Thu, 25 Sep 2014 15:00:00 +0900
水曜日のカンパネラ (okmusic UP\'s)

9月3日に発売したタワレコ限定の100円CD『水曜日のカンパネラdemo5』が各地で話題になっている水曜日のカンパネラが、10月23日(木)に渋谷TSUTAYA O-nestにて開催される『高岡まつり2014秋〜宝の島の歌姫たち〜』に出演する事が決定した。

【その他の画像】水曜日のカンパネラ

主催はライター/編集者の高岡洋詞(ひろし)。彼が編集に携わる月刊誌『宝島』でリレー形式の連載コラムを担当している3組の女性アーティスト(おおたえみり、Charisma.com、水曜日のカンパネラ)を迎え、ライブにトークを挟んだイベントとなる。

発端は高岡と水曜日のカンパネラが「雑誌連載の企画をもっと広げたカタチで外に発信できないか?」と話し合ったことだそうだ。

高岡は「OLと音楽家の二足のわらじで快進撃を繰り広げるCharisma.com。楽曲の面白さもさることながらパフォーマーとしての成長も瞠目ものの水曜日のカンパネラ。何が飛び出すかわからない唯一無二の才女おおたえみり。いま見ておくべき3 組の個性が一介のライターの主催イベントに出演してくれることに感無量ですし、僕自身ワクワクしています。よく知らないけど立ち寄ってみようか、というノリでも必ず楽しんでいただけると思います」と意気込みを語っている。

また、共同で企画をしている水曜日のカンパネラは初の全国ツアーに合わせてインストアイベントツアーも発表した。ミニアルバム発売前に是非このライブとトークを合わせた濃厚なイベントに参加してみてはどうだろう。

■『高岡まつり2014秋〜宝の島の歌姫たち〜』

10月23日(木) 渋谷TSUTAYA O-nest
開場:19:00/開演:19:30
出演:Charisma.com、おおたえみり、水曜日のカンパネラ
チケット料金:前売¥2,500(学割あり)/¥3,000

■「千利休」MV
http://youtu.be/OfqjIlgSaAg

■ミニアルバム『私を鬼ヶ島に連れてって』

2014年11月5日(水)発売
TRNW-0070/¥1,389+税
<収録曲>
桃太郎、千利休、インカ、etc 合計8曲
※楽曲は随時発表

【関連リンク】
水曜日のカンパネラ HP
水曜日のカンパネラ、初全国ツアーの先行予約開始&ほっぺた引っぱられる新アー写公開!
水曜日のカンパネラ、「千利休」MV公開&本日8月22日Ust番組ゲストにAZUMA HITOMIが登場
水曜日のカンパネラ、9月3日にタワレコ限定100円CD発売&自主企画イベント開催

【関連アーティスト】
水曜日のカンパネラ, Charisma.com, おおたえみり
【ジャンル】
J-POP

古川本舗、自らが脚本・監督・編集を手がけた「21g」のMVを公開
Thu, 25 Sep 2014 14:00:00 +0900
古川本舗 (okmusic UP\'s)

古川本舗が10月22日にリリースする4thアルバム『Hail against the barn door』より「21g」のMVを公開した。

【その他の画像】古川本舗

今回公開された「21g」は自身の内面性と深くリンクした楽曲で、MVは古川本舗自らが脚本・監督・編集までを手がけている。MV初出演となるキクチリョウタ、ちびた、そして古川本舗にも要注目だ。

■「21g」MV
http://youtu.be/McOuLF6aIDQ

■アルバム『Hail against the barn door』トレーラー
https://www.youtube.com/watch?v=iagCOCVNLxk

■『.QVI./.QVII.-FULL ACO-』東阪ワンマンツアー

9月28日(日) 東京・六本木Super Deluxe 
※SOLD OUT
OPEN/17:30 START/18:00
チケット:ADV ?3,800(taxin) *ドリンク代別
問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

10月01日(水) 大阪・Music Club JANUS
OPEN/19:00 START/19:30
チケット:ADV ?3,500(taxin) *ドリンク代別
問い合わせ:清水音泉 06-6357-3666

「古川本舗ワンマン.Q.シリーズファイナル[.ANSWER.]」
12月21日(日) 東京・日本橋三井ホール
※詳細は後日発表

■アルバム『Hail against the barn door』

2014年10月22日発売
PECF-3102/¥2,800(税込)
<収録曲>
01:21g
02:ライフタイムサウンドトラック
03:問うてはその応え
04:ナイトクルージン
05:情熱と残響
06:花と幽霊
07:ベロニカと黄色の靴
08:coma white
09:Hail against the barn door
10:ベイクドパンケイクス
11:バンドワゴン

【関連リンク】
古川本舗 オフィシャルHP
嵐・大野智、ハワイから生中継のMステを楽しみにしてほしい
関ジャニ∞ニューアルバム「関ジャニズム」が11月5日に発売決定!予約受付解禁
Superflyの新曲が再びドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の主題歌に決定

【関連アーティスト】
古川本舗
【ジャンル】
ジャパニーズロック

アンダーグラフが渋谷公会堂にて10年分の感謝を込めたワンマンライヴを敢行
Thu, 25 Sep 2014 10:00:00 +0900
9月22日@渋谷公会堂 (okmusic UP\'s)

アンダーグラフが9月22日に渋谷公会堂にて「アンダーグラフ デビュー10周年感謝祭〜僕らは変わらずに、変わり続ける旅をする2014〜」を行った。

【その他の画像】アンダーグラフ

開演時刻になり、赤い緞帳が左右に開くと、そこから真戸原直人(Vo)、中原一真(B)、谷口奈穂子(D)の3 人が登場。それぞれアコースティックギター、ベース、タンバリンを手に、「1、2、3 、4!」の谷口のカウントで1曲目の「ハローハロー」の演奏が始まる。アンダーグラフをすごく近くに感じる、彼ららしい温かな幕開けに客席から大きな歓声が届けられると同時に幕が開き、サポートメンバーも加わった5人体制で、2曲目の「セカンドファンタジー」へ。そして「本日、10歳の誕生日を迎えました、アンダーグラフです!」と真戸原が挨拶。既に100曲近くリリースされたオリジナル曲の中から「パラダイム」や「真面目すぎる君へ」といったファンに愛され続けてきたデビュー初期のナンバーや、再メジャーデビューした今年の夏にリリースされた「明日は続くよどこまでも」や「旅する花の物語」なども交え、チェックのダークスーツに身を包んだ彼らが真摯に真っ直ぐに楽曲を届けていく。

後半、「ここでこんな話をするのは止めようかと思ったけど……。この10年、一番悲しかったのはメンバーの脱退です」と真戸原が正直に語る場面も。そんな時に救われたという「恋奏花」から、その悲しみを振り切るような熱唱を響かせた「素敵な未来」の流れが、アンダーグラフのリアルなヒストリーを感じさせた。そこからは「ピース・アンテナ」や「ジャパニーズ ロックファイター」、新曲「パラドックス」など5曲を超ハイテンションなメドレーで演奏し、真戸原もステージを左右に激しく動いて客席を煽ると凄まじい盛り上がりに。

そして最後の曲は「僕らを幸せにしてくれた曲。この曲があったからこそ、みんなに会えました」と、デビュー曲「ツバサ」を披露。孤独と不安を鳴らすノイジーなギター、それでも前に進みたいと力強く叩きだされるビート。10年前と変わらぬ蒼さと切実さと、だけども10年分、積み重なった想いを乗せて演奏されると、客席からも大きな歌声が聞こえてきた。《旅立つ空に 出会いと別れ 青春の日々 全てを描き》というフレーズが晴れやかな祝福に変わる。この会場にいる全ての人、それぞれの「ツバサ」と共に歩んできた日々が交わるような、いい時間だった。アンコールでは2015年3月14日にグローブ座でワンマンライブが決定した事をいち早くファンに報告し、11月5日にリリースされるアルバム『やがて咲く花達へ』から「旅立ちの日」が披露され、最後の「心の瞳」まで全20曲、約2時間半のステージを終えると3 人は晴れ晴れとした笑顔で「ありがとー!」と手を振った。彼らのこれまでの歴史とファンとの絆で紡いだ、素晴らしい一夜。アルバム『やがて咲く花達へ』で新たな音楽性を掴み、原点回帰のメッセージ・ソングを放つ彼らのこれからにも期待したい。

TEXT:上野三樹

■「ツバサ2014 10th anniversary version」ティザー映像
http://youtu.be/jHvmkX0Z6W4

■アルバム『やがて咲く花達へ』

2014年11月5日(水)発売
CRCP-40387/¥2,857+税
<収録曲>
1.手と手
2.風を呼べ
3.埋もれた花達へ
4.君に言いたいこと
5.ファミレスにて。
6.旅立ちの日
7.パラドックス
8.快楽天国
9.夢を話そう
10.ツバサ2014 10th anniversary version
11.odore!-hanero!
12.賽〜sai〜
13.フォルム

【関連リンク】
アンダーグラフ オフィシャルHP
アンダーグラフが「ツバサ」リアレンジVerのティザー映像を公開
アンダーグラフ、11月にメジャー復帰後初のフルアルバム『やがて咲く花達へ』リリース決定
アンダーグラフ、リリース記念イベントでCD発売記念臨時列車運行&フリーライブにファン800人殺到!

【関連アーティスト】
アンダーグラフ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

城 南海、人気韓国ドラマのフルオーケストラコンサート出演が決定
Thu, 25 Sep 2014 13:00:00 +0900
城 南海 (okmusic UP\'s)

テレビ東京「THE カラオケ★バトル」に初出演時より高得点を連発し、人気急上昇中のシンガー・城 南海。人気韓国ドラマ『トンイ』の挿入歌を音楽監督のイム・セヒョン氏に唯一、日本語カバー許諾を受けリリースした「チョネジ ア〜天崖至?〜」が有線ランキング最高位3位を記録した事で話題を呼んだが、この経緯により2015年3月に行なわれるフルオーケストラコンサート「チャングム&イ・サン&トンイの世界」ドラマ・シンフォニーに、ゲストシンガーとして出演する事が決定した。

【その他の画像】城南海

このコンサートは名匠イ・ビョンフン監督が手掛けた韓国歴史ドラマの金字塔ともいえる名作「宮廷女官 チャングムの誓い」、「イ・サン」「トンイ」のために書き下ろされた、作曲家イム・セヒョンによるオリジナル楽曲を、舞台上の大型スクリーンに鮮やかに写しだされる映像と、心に迫るフル・オーケストラの演奏で楽しめる、イ・ビョンフン監督、イム・セヒョン音楽監督、そして韓国MBCの全面協力により、世界で初めて実現する世界初のオフィシャル・コンサート。

「チョネジア〜天崖至?〜」のCDリリース後、2014年7月より3カ月にわたり配信リリースされたイ・ビョンフン監督作品ドラマ「馬医」楽曲の日本語カバーも、NHK BSプレミアムにて2014年9月27日よりドラマが再放送されることを受け、ファン待望の日本語カバー曲3曲とカラオケを収録したCDをリリース決定。今後も城の活動から目が離せない。

■【城 南海 コメント】

この度のコンサートで、「トンイ」挿入歌の日本語カバー「チョネジア〜天崖至?〜」を歌わせていただけることになりました、城南海です。

今回のお話を伺った時、とにかく嬉しい気持ちでいっぱいになりました。
大好きなドラマの映像と、作品には欠かせない素晴らしい楽曲たち。
夢のようなコンサートの舞台で、私にとって大切な曲「チョネジア〜天崖至?〜」を歌わせていただけるということは、本当に光栄で、素晴らしい ことだと思います。

指揮の藤野浩一さんとオーケストラの皆さんの紡ぎ出す音色と、私の声が重なるとどんな化学反応が起きるのか、どんな音楽が生まれるのか、私自 身も凄く楽しみです。

イ・ビョンフン監督と音楽監督のイム・セヒョンさんが織りなす世界を愛する皆様に、目一杯味わって頂けるよう素敵な歌を歌いたいと思います!

■『「チャングム&イ・サン&トンイの世界」ドラマ・シンフォニー』

2015年3月27日(金) 東京国際フォーラム ホールA
作詞・作曲: イム・セヒョン
指揮・編曲: 藤野浩一
演奏: 東京フィルハーモニー交響楽団
出演: [メインゲスト] イ・ビョンフン監督、イム・セヒョン音楽監督
[スペシャルゲスト] 近日発表予定
[ゲストシンガー] 城 南海 
※「トンイ」挿入歌「チョネジア」日本語カバー
主催: NHKエンタープライズ/チャンネル銀河/読売新聞社

■シングル「ただ一つ」

2014年11月19日(水)発売
PCCA.4124/¥1,300+税
<収録曲>
1.ただ一つ
(韓国ドラマ「馬医」よりエンディング曲「ただひとつの」日本語カバー)
2.悲しくても 
(韓国ドラマ「馬医」より挿入歌「悲しくてつらくても」日本語カバー)
3 .いのちの橋 
(韓国ドラマ「馬医」よりテーマソング「馬医 ペク・クァンヒョン」日本語カバー)
4.ただ一つ (karaoke)
5.悲しくても (karaoke)
6.いのちの橋 (karaoke)

■「ただ一つ」MV
http://youtu.be/stqRcV94Zf8

【関連リンク】
城 南海 オフィシャルHP
嵐・大野智、ハワイから生中継のMステを楽しみにしてほしい
城南海、韓国ドラマ「馬医」テーマソングカバー決定
城南海、2ndアルバム『綾蝶〜アヤハブラ〜』の全貌が明らかに

【関連アーティスト】
城南海
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

実力派アーティストが集結したバンド・Derailersが遂にメジャーデビュー!
Thu, 25 Sep 2014 12:00:00 +0900
Derailers (okmusic UP\'s)

「Ready to Derail?」=「脱線する準備は出来てるか?」という言葉と共に、今年の3月5日に1stミニアルバム『Track“0"』を世に放ち、関係者や音楽ファンに大きな衝撃を与えた3ピース・バンド、Derailersが、ついにメジャーデビューを果たす事を発表した。

【その他の画像】Derailers

謎めいたそのメンバー構成は元THE MAD CAPSULE MARKETSのギターリストであり、脱退後は布袋寅泰や大黒摩季、吉川晃司、中島美嘉、LOSALIOSなど多くの著名アーティストのライブサポートやレコーディング等に参加し、ギターリストとして高い評価を受けているAi Ishigakiがギターを担当し、ベースはVAMPSやHYDEのサポートベーシストとしても有名だが、それ以外にもBrian Sezter、Char、Fake?、INORANなどこちらも多くの著名アーティストのライブサポートや楽曲提供、レコーディング等に参加し、そのスキルは絶大な信頼と評価を得ているJu-kenが担当。そして、ヴォーカルを担当するのは2007年に当時18歳の若さでROAD TO 横浜レゲエ祭にて最年少優勝を飾り、今や活動の範囲を全国へと拡大し、毎週のように現場でオリジナルを磨き続け、若者の間ではストリートアイコン的な存在にもなっているラガマフィンディージェイであるRueedが務めている。各々が確固たるスキルと実績を持ち合わせたこのメンバーの顔ぶれを見るだけでもDerailersというバンドが創り出す音楽がどういったものになるのか興味が溢れてくる。年齢もキャリアも、音楽的バックボーンも異なるが、それらの垣根を越えて“音楽"という名のもとに集結し、“規定の音楽"とは異なる“新しい音楽"を創り出し届けてくれることに疑う余地はないと言える。

そんなDerailersの存在を音楽業界が黙っているわけがない。3月から僅か半年。そのDerailersが遂にメジャーシーンへ打って出ることが決定した。彼らのオフィシャルfacebookでは新たな音源制作の模様が伝えられてはいたが、遂に今冬の12月3日に『A.R.T』と名付けられた待望の1st フルアルバムを解き放つことが発表された。さらに、Derailersとして初めてアーティスト写真が公開された。アルバムタイトルの『A.R.T』に紐づいているかのように、写真と言うよりもまるで絵画のような一つのアート作品に仕上がっている。楽曲だけでなくアートワークも連動させて一つの作品が形成されている。こうなるとCDのジャケット写真がどういったものになってくるのか楽しみだ。もちろん一番気になるのはどういった楽曲たちを彼らが生み出したかである。一日も早く音源を聴きたいという衝動に駆られるのだが、なんと9月26日(金)の深夜にTOKYO FMとJFN系列全国38局ネットで毎週金曜深夜25時〜29時に放送されているラジオ番組「やまだひさしのラジアンリミテッドF」で新曲が初オンエアされるとのこと。どんな一曲を聴かせてくれるのか楽しみだ。そして、今後徐々に明らかになってくるであろう「A.R.T」の全貌とDerailersの動きに目が離せない。

■アルバム『A.R.T』

2014年12月3日(水)発売
TKACA-74172/¥2,857+税
<収録曲>
M1.Master Blaster
M2.NEW WORD, NEW WORLD
M3.My Town
M4.Satisfaxion
M5.I\'m Free
M6.UZU
M7.MARY JANE
M8.Coolin\'
M9.夢みたいな
M10.Good Vibration
M11.重い空気に羽
M12.A WAY

【関連リンク】
Derailers オフィシャルHP
嵐・大野智、ハワイから生中継のMステを楽しみにしてほしい
関ジャニ∞ニューアルバム「関ジャニズム」が11月5日に発売決定!予約受付解禁
THE MAD CAPSULE MARKETSが1996年に発表した、国内ラウドシーンを触発、牽引した誉れ高き名盤『4 PLUGS』

【関連アーティスト】
Derailers, THE MAD CAPSULE MARKETS, RUEED
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GACKTによる呂布が誕生! 新曲「暁月夜-DAY BREAKERS-」MV一部解禁!
Thu, 25 Sep 2014 11:00:00 +0900
GACKT (okmusic UP\'s)

10月1日にリリースするGACKTの45thシングル「暁月夜-DAY BREAKERS-」が、今秋リリースされるスマートフォン用ゲーム SQUARE ENIX『3594 e -三国志英歌-』の主題歌に決定した事に伴い、GACKTがゲームを象徴するキャラクター・呂布に扮した様子も描かれているMVの一部を公開した。

【その他の画像】GACKT

GACKTは同ゲームにて呂布役の声を担当しているのに合わせ、イメージキャラクターとしても起用されている。

本作品はGACKTがソロデビュー当時より拘り続けて来た『MOON Project』の集大成としてGACKTが長年にわたり温めて来た一曲。来年の夏に『MOON Project』の終幕と位置付けたライブ『LAST VISUALIVE』にてエンディングを飾る曲としても相応しい楽曲となっている。

現在『MOON SAGA -義経秘伝- 第二章』を好演中のGACKT。舞台公演後の12月26日には、昨年も25,000円のプレミアムチケットが即日完売となり話題を集めた、東京フィルハーモニー交響楽団とのスペシャルコラボレーションライブが開催される予定だ。

■シングル「暁月夜-DAY BREAKERS-」

2014年10月1日(水)発売
【通常盤】(CD+DVD)
GLCD-00006/¥1,800+税
【通常盤】(CDのみ)
GLCD-00007/¥1,200+税
【TSUTAYA限定盤】(CD+ミニフォトブック)
GLCD-00008/¥1,200+税
<収録曲>
1. 暁月夜 -DAY BREAKERS-
2. 暁月夜 -DAY BREAKERS- (Orchestra Ver)
3. 暁月夜 -DAY BREAKERS- (-Instruments-)
4. 暁月夜 -DAY BREAKERS- (Orchestra Ver -Instruments-)
<DVD収録曲>※GLCD-00006のみ
暁月夜 - DAY BREAKERS - MUSIC CLIP

■TSUTAYA購入限定特典
(1) 3形態同時購入者特典として『ミニ抱き枕ストラップ』プレゼント!
(2) 3形態同時購入者を対象に『暁月夜プレミアムエディション抱き枕』を抽選で10名様にプレゼント!

【関連リンク】
GACKT オフィシャルHP
ももクロ×北川景子の“きもクロ”が! GACKTが! 映画&ドラマ『悪夢ちゃん』がBlu-ray&DVDで登場!
GACKT、公式Facebookでの着ボイス配信が一時サーバーダウン!?
SHOXX増刊誌「VALLOW」、GACKT、鮎川誠、maya(LM.C)ら参加

【関連アーティスト】
GACKT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1