歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2014年06月22日)
バックナンバー
最新ニュース
2014/07/01
2014/06/30
2014/06/29
2014/06/28
2014/06/27
2014/06/26
2014/06/25
2014/06/24
2014/06/23
2014/06/22
2014/06/21
2014/06/20
2014/06/19
2014/06/18
2014/06/17
2014/06/16
2014/06/15
2014/06/14
2014/06/13
2014/06/12
2014/06/11
2014/06/10
2014/06/09
2014/06/08
2014/06/07
2014/06/06
2014/06/05
2014/06/04
2014/06/03
2014/06/02
2014/06/01
2014/05/31
2014/05/30
2014/05/29
2014/05/28
2014/05/27
2014/05/26
2014/05/25
2014/05/24
2014/05/23
2014/05/22
2014/05/21
2014/05/20
2014/05/19
2014/05/18
2014/05/17
2014/05/16
2014/05/15
2014/05/14
2014/05/13
2014/05/12
2014/05/11
2014/05/10
2014/05/09
2014/05/08
2014/05/07
2014/05/06
2014/05/05
2014/05/04
2014/05/03
2014/05/02
2014/05/01
2014/04/30
2014/04/29
2014/04/28
2014/04/27
2014/04/26
2014/04/25
2014/04/24
2014/04/23
2014/04/22
2014/04/21
2014/04/20
2014/04/19
2014/04/18
2014/04/17
2014/04/16
2014/04/15
2014/04/14
2014/04/13
2014/04/12
2014/04/11
2014/04/10
2014/04/09
2014/04/08
2014/04/07
2014/04/06
2014/04/05
2014/04/04
2014/04/03
2014/04/02
2014/04/01
2014/03/31
2014/03/30
2014/03/29
2014/03/28
2014/03/27
2014/03/26
2014/03/25
2014/03/24
2014/03/23
2014/03/22
2014/03/21
2014/03/20
2014/03/19
2014/03/18
2014/03/17
2014/03/16
2014/03/15
2014/03/14
2014/03/13
2014/03/12
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/09
2014/03/08
2014/03/07
2014/03/06
2014/03/05
2014/03/04
2014/03/03
2014/03/02
2014/03/01
2014/02/28
2014/02/27
2014/02/26
2014/02/25
2014/02/24
2014/02/23
2014/02/22
2014/02/21
2014/02/20
2014/02/19
2014/02/18
2014/02/17
2014/02/16
2014/02/15
2014/02/14
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/11
2014/02/10
2014/02/09
2014/02/08
2014/02/07
2014/02/06
2014/02/05
2014/02/04
2014/02/03
2014/02/02
2014/02/01
2014/01/31
2014/01/30
2014/01/29
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/26
2014/01/25
2014/01/24
2014/01/23
2014/01/22
2014/01/21
2014/01/20
2014/01/19
2014/01/18
2014/01/17
2014/01/16
2014/01/15
2014/01/14
2014/01/13
2014/01/12
2014/01/11
2014/01/10
2014/01/09
2014/01/08
2014/01/07
2014/01/06
2014/01/05
2014/01/04
2014/01/03
2014/01/02
2014/01/01
2013/12/31
2013/12/30
2013/12/29
2013/12/28
2013/12/27
2013/12/26
2013/12/25
2013/12/24
2013/12/23
2013/12/22
2013/12/21
2013/12/20
2013/12/19
2013/12/18
2013/12/17
2013/12/16
2013/12/15
2013/12/14
2013/12/13
2013/12/12
2013/12/11
2013/12/10
2013/12/09
2013/12/08
2013/12/07
2013/12/06
2013/12/05
2013/12/04
2013/12/03
2013/12/02
2013/12/01
2013/11/30
2013/11/29
2013/11/28
2013/11/27
2013/11/26
2013/11/25
2013/11/24
2013/11/23
2013/11/22
2013/11/21
2013/11/20
2013/11/19
2013/11/18
2013/11/17
2013/11/16
2013/11/15
2013/11/14
2013/11/13
2013/11/12
2013/11/11
2013/11/10
2013/11/09
2013/11/08
2013/11/07
2013/11/06
2013/11/05
2013/11/04
2013/11/03
2013/11/02
2013/11/01
2013/10/31
2013/10/30
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/27
2013/10/26
2013/10/25
2013/10/24
2013/10/23
2013/10/22
2013/10/21
2013/10/20
2013/10/19
2013/10/18
2013/10/17
2013/10/16
2013/10/15
2013/10/14
2013/10/13
2013/10/12
2013/10/11
2013/10/10
2013/10/09
2013/10/08
2013/10/07
2013/10/06
2013/10/05
2013/10/04
2013/10/03
2013/10/02
2013/10/01
2013/09/30
2013/09/29
2013/09/28
2013/09/27
2013/09/26
2013/09/25
2013/09/24
2013/09/23
2013/09/22
2013/09/21
2013/09/20
2013/09/19
2013/09/18
2013/09/17
2013/09/16
2013/09/15
2013/09/14
2013/09/13
2013/09/12
2013/09/11
2013/09/10
2013/09/09
2013/09/08
2013/09/07
2013/09/06
2013/09/05
2013/09/04
2013/09/03
2013/09/02
2013/09/01
2013/08/31
2013/08/30
2013/08/29
2013/08/28
2013/08/27
2013/08/26
2013/08/25
2013/08/24
2013/08/23
2013/08/22
2013/08/21
2013/08/20
2013/08/19
2013/08/18
2013/08/17
2013/08/16
2013/08/15
2013/08/14
2013/08/13
2013/08/12
2013/08/11
2013/08/10
2013/08/09
2013/08/08
2013/08/07
2013/08/06
2013/08/05
2013/08/04
2013/08/03
2013/08/02
2013/08/01
2013/07/31
2013/07/30
2013/07/29
2013/07/28
2013/07/27
2013/07/26
2013/07/25
2013/07/24
2013/07/23
2013/07/22
2013/07/21
2013/07/20
2013/07/19
2013/07/18
アイドル界の日本代表を目指し、生誕4周年のSUPER☆GiRLSなどが集結!
Sun, 22 Jun 2014 17:00:00 +0900
6月21日@東京ドームシティホール (okmusic UP\'s)

SUPER☆GiRLSが6月21日に東京ドームシティホールでCheeky Parade、GEM、アイドルストリート ストリート生らと共に「SUPER☆GiRLS 生誕4周年記念SP アイドルストリートカーニバル2014」を開催した。

【その他の画像】SUPER☆GiRLS

この日の公演は2010年6月12日に、7000人の応募から選ばれ誕生した12人組のアイドルグループSUPER☆GiRLSが、今年で4周年を迎えたことを記念して、同じアイドル専門レーベル「iDOL Street」の後輩たちであるCheeky Parade、GEM、アイドルストリート ストリート生らと共に開催されたもの。

ライブで彼女たちはアイドル界の日本代表を目指すということで、ユニフォーム姿を披露。全員同じユニフォームに身を包み、気合十分で臨んだ。ユニフォームの背番号は71。プロジェクトメンバー70名に加え、サポーターであるお客さんが71人目!という意味が込められた71番。会場に集まった2000人とまさに一体となった公演が行われた。

この公演で8月13日に発売が決定しているSUPER☆GiRLS、11枚目のシングル「アッハッハ!〜超絶爆笑音頭〜」を初披露。SUPER☆GiRLSの夏曲と言えば“水着ソング"というのが恒例で、毎年ミュージックビデオには水着で登場していた。しかし今回は、“爆笑音頭"とタイトルにあるように笑いとお祭りがテーマで、“浴衣"をモチーフとした衣装で曲は“お祭りソング"。和風な音頭からはじまり、サビでは激しく転調したアッパーJPOPソングになるという衝撃的な新曲に会場に集まった2000人がどよめいた。

今回の初披露ではSUPER☆GiRLSだけではなく、iDOL Street参加メンバー70名全員でのパフォーマンス。SUPER☆GiRLSの衣装は、ふんだんにグループロゴがちりばめられた特注生地のオリジナル浴衣衣装に加え、Cheeky Paradeはやんちゃな法被、GEMとアイドルストリート ストリート生はかわいらしい浴衣で登場し、豪華絢爛、艶やかなパフォーマンスとなりまさに夏を先取り、会場もヒートアップした。

今回のライブは、「舞台裏3次元生中継」というインターネットを使った新しい挑戦も。楽屋通路に2カ所のカメラ、そして、舞台袖にはニコニコ動画のニコニコ生放送を中継。ステージから降りて次の準備で着替えたメンバーが入れ替わり立ち替わり中継カメラの前に登場。ステージ上でのライブ映像をそのまま中継部屋から実況した。また、公演前、公演後も映像を配信し続け休憩中や、食事中の時間もメンバーがカメラの前に登場するなど一日丸ごと舞台裏までエンターテインメントを散りばめた「新時代のアイドルライブ公演」となった。公演で彼女達は「私たちはアイドル界の日本代表を目指します!」と高らかに宣言。その宣言通りのたくましいライブであった。

また、今回初解禁情報として10月25日(土)には、SUPER☆GiRLSをはじめとするiDOL Streetプロジェクトメンバーがサンリオピューロランドをジャックする「SUPER☆GiRLS“超絶ハロウィン"〜in Sanrio Puroland」を開催することが決定。パレードや、アトラクションのキャストさんとして園内に登場するという前代未聞のコラボイベントで、昨年初めて実施し好評だったことを受け、今年はハロウィーンに合わせて開催することが決定した。8月27日にはSUPER☆GiRLSがハワイで撮影した3rd写真集の発売も発表。iDOL Streetの第二弾グループであるCheeky Parade は6月18日にミニアルバム『Together』を発売し現在全国ライブツアー中だが、ツアー最終公演がアメリカ ニューヨーク州での公演が決まっており、勢いは止まらず8月16日にはEX THEATER ROPPONGIでの追加公演も決まった。 また、iDOL Streetの第三弾グループGEMは今年デビューしたばかりだが9月13日に初のワンマンライブが新宿BLAZEにて決定しており、その人気も勢いも爆走中だ。

SUPER☆GiRLSをはじめ、iDOL Streetがプロジェクト発足5年目に突入。更に進化し、アイドル界の日本代表入りを果たすことは間違いない!!

■SUPER☆GiRLS オフィシャルサイト 
http://supergirls.jp/
■Cheeky Parade オフィシャルサイト 
http://www.cheekyparade.jp/
■GEM オフィシャルサイト
http://girls-entertainment-mixture.jp/

【関連リンク】
SUPER☆GiRLS、全国キャンペーン初日がスタート!
新生SUPER☆GiRLS、新曲「花道!!ア~ンビシャス」MVでコスプレに挑戦
Cheeky Parade、念願の初ワンマンで新曲・新衣装を初披露
SUPER☆GiRLS、パシフィコ横浜国立大ホール公演でリーダーの八坂沙織卒業&新生SUPER☆GiRLS発表!

【関連アーティスト】
SUPER☆GiRLS, Cheeky Parade, GEM
【ジャンル】
女性アイドル, ライブ

フジファブリック、TVアニメ『アオハライド』エンディングテーマ収録のシングル&ジャケット写真公開
Sun, 22 Jun 2014 22:00:00 +0900
フジファブリック (okmusic UP\'s)

フジファブリックが7月30日リリースのダブルAサイド・シングル「ブルー/WIRED」のジャケット写真を公開した。

【その他の画像】フジファブリック

今回のジャケットは、前シングルの「LIFE」から続く、段ボールパネルを取り入れた写真で、くり抜かれた穴からメンバーが顔や手を出している独創的な作品となっている。

「ブルー」はTVアニメ『アオハライド』のエンディング・テーマ。同作は累計600万部を超える咲坂伊緒原作の大人気コミックで、期間生産限定盤のジャケットは、「ブルー」がエンディングテーマとなっているTVアニメ『アオハライド』の描き下ろしのスペシャルパッケージ絵柄。淡いタッチで描かれた主人公“双葉"と“洸"が寄り添うCDジャケットが話題となりそうだ。

また、ジャケットの公開と併せて、CDの収録内容も明らかに。 「ブルー」は、淡く切ないメロディが胸に染みるミディアムナンバー。もう一方の「WIRED」は、疾走感溢れる進化系POP ROCK。 3曲目には、メンバーのセルフレコーディング&MIXを初めて作品化した、軽快にサウンドが跳ねる「ホーランド・ロップ」を収録している。

初回限定盤の特典DVDには、今年の4月19日に日本武道館で行われた、所属事務所ソニー・ミュージックアーティスツの設立40周年記念イベント<SMA AWARDS 2014〜輝く!エスエムエー大賞〜>でのライブパフォーマンスより、貴重な3曲を収録。初めてライブで披露された最新シングル「LIFE」、オーディエンスとの一体感が楽しい「バタアシParty Night」に加え、東京スカパラダイスオーケストラとコラボレーションした「Surfer King (with TOKYO SKA PARADISE ORCHESTRA)」といったプレミアム映像が収められている。

彼らは、今年4月にデビュー10周年を迎えたばかり。この大きな節目を記念して、11月28日に初の日本武道館単独公演<フジファブリック10th anniversary LIVE at 武道館 2014>を開催することが決定し、注目を集めていたが、さらに、日本武道館公演を目前に控える10月より、全国13箇所に及ぶツアーを行う事も発表。

オフィシャルホームページではライブの特設サイトが開設しているので、こちらもご確認を。
フジファブリック オフィシャルサイト

■シングル「ブルー/WIRED」

2014年7月30日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AICL-2708〜9/¥1,600+税
※2014年4月に日本武道館で開催した「SMA AWARDS 2014〜輝く!日本エスエムエー大賞〜」よりライブ映像3曲収録
【通常盤】(CD only)
AICL-2710/¥1,200+税
【期間生産限定盤】(CD only)
AICL-2711/¥1,300+税
※TV edit収録

■ライブ情報

10月17日(金) 仙台rensa
10月19日(日) Zepp Sapporo
10月24日(金) 広島 CLUB QUATTRO
10月25日(土) Zepp Fukuoka
11月01日(土) Zepp Nagoya
11月02日(日) Zepp Namba
11月04日(火) 高松 MONSTER
11月07日(金) 長野 CLUB JUNK BOX
11月08日(土) 金沢 EIGHT HALL
11月14日(金) 熊本 DRUM Be-9 V1
11月15日(土) 鹿児島 CAPARVO HALL
11月20日(木) 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK
11月21日(金) 水戸 LIGHT HOUSE

■「フジファブリック10th anniversary LIVE at 武道館 2014」
11月28日(金) 日本武道館  
17:30 open / 18:30 start

【関連リンク】
フジファブリック、ダブルAサイドシングルリリース&全国ツアー決定!
結婚式帰りにおすすめの5曲
フジファブリックがアニメ「アオハライド」のEDテーマを担当

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

KREVA、自身の巨大壁画を前にソロデビュー10周年を振り返る
Sun, 22 Jun 2014 18:00:00 +0900
KREVAが自身の壁画が描かれた渋谷パルコPART1に表敬訪問 (okmusic UP\'s)

KREVAが表敬訪問と称し、自身の壁画が描かれた渋谷パルコPART1に登場した。

【その他の画像】KREVA

6月18日にソロデビュー10周年を迎え、6月21日にベストアルバム『KX』(ケイテン)をリリースし、同日にZepp Namba OsakaからスタートしたKREVA。今回公開されたこのKREVA巨大壁画は、アジア最大級の音楽配信サービスKKBOXと全国のファッションビル「パルコ」で展開中の音楽キャンペーン「Listen with Me」の一環として制作されているもので、7月上旬に完成予定。ツアーの合間のハードスケジュールの中駆けつけたKREVAは、3 m×3 mの巨大壁画について 「渋谷はレコードショップがたくさんあったときはずっといたし、渋谷を通るために大学の通学も遠回りしていたほど思いで深い街。そこに自分の壁画を描いてもらえてうれしいです。」と感慨深げに話してくれた。

そして、ソロデビュー10周年を「一番変化したのはいろいろな事に責任感が出てきたこと。今までノリで済ませて来たところがあったので、そういうところはしっかり考えるようになってきた」と振り返り、「もちろん音楽にも影響していて、歌詞はしっかり筋道をたてて自分も納得できて、みんなにも良いメッセージを届けられるものが書けるようになった」とコメント。日本語ラップを牽引してきたトップアーティストの貫禄を見せた。

さらに、まだ始まったばかりのツアーや、夏にKICK THE CAN CREWで出演するフェスについては、「まずはツアーをしっかりやりきって、908FESTIVALもあるし、それぞれ準備しながらKICK THE CAN CREWは歌詞をしっかり思い出すって感じですかね(笑)。今日もラジオの公開生放送に行ってからここに来たんですが、ハードなスケジュールでも応援してくれる人を実際に見れると頑張らなきゃいけないって気持ちになります。」と意気込みを語り、「期待して欲しい」とメッセージを送った。

最後に、この壁画を見に訪れるファンにコメントを求められると
「見に来てくれる人は、サインに触りすぎてはがさなように気を付けてください(笑)。そんなにご利益はないです(笑)。」としっかり笑いをとって囲み取材を終了。同壁画は、6月末に完成し、7月中旬頃まで見ることができる。

■KKBOX&PARCO KREVA 10th Anniversary 『KX』『KX Other Side』リリース&配信開始記念 巨大KREVA壁画企画記者会見

日時:6月21日(土)
会場:渋谷パルコPART1区役所通り側壁面(渋谷区宇田川町15-1)
登壇:KREVA
KKBOX×PARCO キャンペーンページ公式ページ

■アルバム『KX』

2014年6月18日発売
【通常盤】(2CD)
PCCA-10910/¥2700(+税)
<収録内容>
・ベスト盤1
・ベスト盤2

【初回限定盤】(3CD+DVD)
PCCA-10909/¥3700(+税)
<収録内容>
・ベスト盤1
・ベスト盤2
・セレクト盤
・DVD:ライヴセレクト盤

【予約限定生産盤】(4CD+2DVD+スペシャルフォトブック+10周年記念グッズ3点=計10点仕様)
PCCA-10908/¥10,908(+税)
<収録内容>
・ベスト盤1
・ベスト盤2
・セレクト盤
・レア盤
・DVD:ライブセレクト盤
・DVD:「KREVAのライミング予備校」

<ベスト盤 1> ※全形態共通
01. 全速力 feat.三浦大知
02. トランキライザー
03. BESHI
04. 王者の休日
05. Na Na Na
06. OH YEAH
07. 基準
08. KILA KILA
09. C\'mon, Let\'s go
10. 挑め
11. かも
12. 瞬間speechless
13. 生まれてきてありがとう feat.さかいゆう
14. I Wanna Know You
15. 成功

<ベスト盤 2> ※全形態共通
01. ストロングスタイル
02. ビコーズ
03. くればいいのに feat.草野マサムネ from SPITZ
04. アグレッシ部
05. THE SHOW
06. Have a nice day!
07. It\'s for you
08. 国民的行事
09. スタート
10. イッサイガッサイ
11. ファンキーグラマラス feat.Mummy-D
12. ひとりじゃないのよ feat.SONOMI
13. 音色
14. 希望の炎
15. Revolution

<セレクト盤> ※予約限定生産盤&初回限定盤のみ
01. 微炭酸シンドローム feat.阿部真央
02. EGAO
03. Changing Same
04. たられば feat.SONOMI
05. シンクロ feat.古内東子
06. 中盤戦 feat.Mummy-D
07. 裏切り御免 [KREVA BEAT REMIX]
08. 今夜はブギー・バック
09. DAN DA DAN feat.CUEZERO
10. You are the No.1 (Hey DJ) feat.BONNIE PINK

<レア盤> ※予約限定生産盤のみ
01. ひかり
02. Nothing
03. 目を閉じれば無数の星
04. 忘れずにいたいもの
05. 夏サマサマ feat.千晴(Roughmix)
06. ハッピーメリークリスマス(Demo)
07. 908 FESTIVAL 2012 オープニングテーマ
08. 908 FESTIVAL 2013 オープニングテーマ
09. space4space 5(Demo)
10. BESHI ?Band Recording Ver.- take8(Roughmix)

<DVD ライブセレクト盤> ※予約限定生産盤&初回限定盤のみ
01. PROPS feat. KEN THE 390、LB(LBとOtowa)、HI-SO、KLOOZ、サイプレス上野、SKY-HI a.k.a.日高光啓(AAA) [from 「908 FESTIVAL 2013」 at さいたまスーパーアリーナ
02. STRONG(MIYAVI vs KREVA) [from 「908 FESTIVAL 2013」 at さいたまスーパーアリーナ]
03. 蜃気楼 feat.三浦大知 [from 「908 FESTIVAL in OSAKA 2013」 at 大阪フェスティバルホール]
04. ma ch?rie [from CONCERT 2013 「SPACE TOUR」 at 東京国際フォーラム]
05. 挑め Remix feat. MCU, LITTLE [from 「908 FESTIVAL 2012」 at さいたまスーパーアリーナ]
06. I REP(DABO/ANARCHY/KREVA) [from 「908 FESTIVAL 2012」 at さいたまスーパーアリーナ]
07. 基準 [from CONCERT TOUR 2011-2012 「GO」 at 東京国際フォーラム]
08. 最終回 [from CONCERT ‘10 「意味深3 」 at 日本武道館]
09. Tonight [from CONCERT TOUR ‘09-‘10 「心臓」 ROUND3 at 横浜アリーナ]
10. イッサイガッサイ [from CONCERT TOUR ‘09 「意味深2」 at 横浜アリーナ]
11. あかさたなはまやらわをん [from CONCERT TOUR ‘08 「クレハーカップ」 at さいたまスーパーアリーナ] ]
12. ストロングスタイル [from CONCERT TOUR ‘07 「K-ing」 at 日本武道館]
13. JUMP ON IT [from CONCERT TOUR \'07 SEASON-1 「意味深」 at NHKホール]
14. トリートメント feat.DABO, CUEZERO [from TOUR 2006 「愛・自分博 〜国民的行事〜」 at 日本武道館]
15. H.A.P.P.Y [from TOUR 2006 「愛・自分博 〜国民的行事〜」 at 日本武道館]

■『10th Anniversary Year KREVAライブハウスツアー2014「K10」(ケイテン)』

6月18日(水) 大阪 Zepp Namba Osaka
6月20日(金) 福岡 Zepp Fukuoka
6月23日(月) 愛知 Zepp Nagoya
6月24日(火) 広島 HIROSHIMA CLUB QUATTRO
6月27日(金) 北海道 Zepp Sapporo
7月01日(火) 新潟 NIIGATA LOTS
7月03日(木) 宮城 Sendai Rensa
7月04日(金) 宮城 Sendai Rensa
7月08日(火) 東京 Zepp Diver City Tokyo
7月09日(水) 東京 Zepp Diver City Tokyo

■『908 FESTIVAL in OSAKA』

8月28日(木) 大阪フェスティバルホール
開場 18:00 / 開演 19:00
料金 ¥6,800(税込・全席指定)
※3歳以上チケット必要
一般チケット発売日 2014年7月19日(土)

■『908 FESTIVAL』

9月07日(日) 日本武道館 
開場 17:00 / 開演 18:00
9月08日(月) 日本武道館 
開演 17:30 / 開演 18:30
料金 ¥7,908(税込・指定席)
※3歳以上チケット必要
※高校生以下割引(キャッシュバック)有り
一般チケット発売日 2014年8月3日(日)

【関連リンク】
KREVA オフィシャルサイト
KREVA、ソロデビュー10周年ベスト盤発売&全国ツアー開幕
KREVA、ベストアルバム収録曲「全速力 feat.三浦大知」MV先行公開!

【関連アーティスト】
KREVA
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ

Salyu、プロデューサー小林武史との2人編成ツアーでボーカリストとしての真骨頂を見せた!
Sun, 22 Jun 2014 16:00:00 +0900
6月20日(金)@東京・NHKホール (okmusic UP\'s)

Salyuが6月20日(金)に東京・NHKホールおいて「a brand new concert issue “m i n i m a" ?ミニマ− Salyu × 小林武史 vol.2」のツアーファイナル公演を行った。

【その他の画像】Salyu

同公演はプロデューサーである小林武史と"声とピアノ"だけというシンプルな編成。シンとした空気も心地よさを感じるような厳かな雰囲気の中、呼吸すらクリアに聴き取れるほどのスキャットから、静かに漂うようなボーカルとピアノの旋律で紡がれていく「messenger」で幕を明けた本公演。数曲歌い手短な挨拶をし、Salyuとしてデビューする前に小林武史と共に制作していたリリィ・シュシュの楽曲から「エロティック」「飽和」「飛べない翼」を披露。架空のアーティストとして登場し、"声"だけでその存在感を強烈に残したことからそのキャリアをスタートさせたSalyuは、この10年で"声"を楽器として響かせる事に拘り様々な取り組みをしてきた歴史を持つ。その中では、プロデューサーである小林武史以外の作家と共に制作に挑んだ作品もあり、続く「iris〜しあわせの箱〜」、「LIBERTY」もそんな作品の一つ。特に「LIBERTY」はSalyuに集中した赤と青の照明と、静かなる情熱を宿らせた歌声でよりエモーショナルさを増して歌われていた。

小林武史によるピアノソロ演奏を挟み、Salyuが全身白のセットアップに着替えて登場し「HALFWAY」「体温」「夜の海 遠い出会いに」と続き軽やかさと力強さの籠った歌声を聴かせると会場の空気も高揚感が高まるようなものに変わった。ここでSalyuから新曲がある事が告げられ、小林武史が「今回皆さんにこ楽しんでいただく為に作った曲があるんです。Salyuにサスペンスというか現在過去未来を行き来するような、大人のテイストの曲です。」と話し、このツアーの為に新たに制作したという新曲を披露。続いて「Pop」「プラットホーム」「アイニユケル」と歌われ、まさに過去から現在まで、根本にあるポップという原点は揺るぎなくあり、そして未来へ向かっていくというメッセージのようなものを感じさせる演奏で本編終了。

アンコールでは「to U」「回復する傷」を披露、最後に「本日のコンサートはこの曲で終わりです。Lighthouseという曲は船出の歌です。皆さんの航海が明るく開けたものになりますように。」とコメントし「Lighthouse」が歌われた。

ピアノと声のみという限りなくシンプルな音だけでも、様々な感情や景色を魅せてしまうボーカリストという希有な存在で居続けた10年。まだまだ独自のスタンスで"声"の魅力を表現し続けてくれるであろう事を期待せずにはいられないコンサートとなった。

Salyu、そしてコーラスの面白さを提示したプロジェクト"salyu × salyu “ともにこの夏はイベントにも多数出演するので、ぜひ体感してみてはいかがだろうか。

photo by Taku Fujii

■【セットリスト】

1. SCAT
2. messenger
3. 月の裏側
4. 悲しみを越えていく色
5. エロティック
6. 飽和
7. 飛べない翼
8. iris〜しあわせの箱〜
9. LIBERTY
10. HALFWAY
11. 体温
12. 夜の海 遠い出会いに
13. landmark
14. 新曲
15. Pop
16. プラットホーム
17. アイニユケル
〜ENCORE〜
En 1. to U
En 2. 回復する傷
En 3. Lighthouse

■イベント出演情報

「FUJIFABRIC TWO-MAN TOUR フジフレンドパーク2014」
6月29日(日)  Zepp DiverCity Tokyo
時間:17:00開場 / 18:00開演
出演:フジファブリック/Salyu

「ピアノと謳う。 〜原田郁子 × Salyu × 畠山美由紀〜」
7月26日(土) 日比谷野外大音楽堂
時間:OPEN 17:15 / START 18:00
出演:Salyu / 原田郁子 / 畠山美由紀

「Slow Music Slow LIVE \'14」
8月29日(金)  東京 池上本門寺・野外特設ステージ
時間:OPEN 17:30 / START 18:30
出演:Salyu / 中納良恵(EGO-WRAPPIN\') and more!

「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2014 Salyu×moumoon」
8月28日(木) 音霊 OTODAMA SEA STUDIO(神奈川県鎌倉市由比ヶ浜海岸 滑川交差点下)
時間:OPEN 16:30 / START 17:30
出演:Salyu / moumoon

「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO」
8月15日(金)・16日(土)  石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
※salyu ×salyu の出演となります。

【関連リンク】
フジファブリック、2マンツアーのゲストはレキシとSalyu
Salyu、デビュー10周年を記念した一夜限りのプレミアムライブを開催!
Salyu、福島県・南相馬市で撮影した新曲『アイニユケル』MV公開
Salyu、2月28日に行なうプレミアムライヴのライヴビューイングが決定!

【関連アーティスト】
Salyu
【ジャンル】
J-POP, ライブ

The Cheseraseraがデビューミニアルバムのレコ発ライブを開催!
Sun, 22 Jun 2014 15:00:00 +0900
6月19日(木)@下北沢SHELTER (okmusic UP\'s)

6月4日にミニアルバム『WHAT A WONDERFUL WORLD』をリリースしメジャー・デビューを果たしたThe Cheserasera が、6月19日に同ミニアルバムのレコ発イベントを下北沢SHELTERにて開催した。

【その他の画像】The Cheserasera

歌を大切にしながら壮大なサウンドを奏でるというテーマの下、The Cheseraseraが招いた2バンドは、ヤマハ主催のアマチュア・ミュージシャンのための音楽コンテスト『The 2nd Music Revolution』でグランプリ経験を持ち、かつて東京で対バンをして以来、交流の深い札幌のバンドThe coridrasと、昨年11月の下北沢CLUB251以来の共演になるGOING UNDER GROUNDという強力な組合せ。

まずはThe coridrasがシャープなサウンドと躍動感あるグルーヴでフロアを温める。Vo.Gt.杉本健人の存在感が光る。今後、要チェックのバンドだ。続くGOING UNDER GROUNDは序盤から代表曲をガンガン繰り出すライブ。松本素生のセンチメンタルなメロディと歌詞に心をグイグイ掴まれる。終盤、松本が「バンドやってんの?俺もやってんだよねってだけで友達になれる。またどこかで一緒にやりたい」とMCし、先輩・後輩という関係を抜きにしてThe Cheseraseraにエールを送り、名曲“トワイライト"で締め括った。

そしてお待ちかね、The Cheseraseraの3人がドリス・デイの“ケ・セラ・セラ"が流れるなかステージに登場。ライブは“彗星"からスタートし、続く“月と太陽の日々"で一気にヒートアップ!ミニアルバム『WHAT A WONDERFUL WORLD』のリード曲だ。疾走感あるビートに乗せ、Vo.Gt.宍戸翼のロマンティシズムあふれる歌が放たれる。さらに“Drape"でたたみかける。〈そうだろー?〉のフレーズからサビへ、どこまでも突き抜けるメロディと歌声が最高に気持ちいい。その後も、バンド一丸となった激しいサウンドで制御不能な感情を歌う。宍戸は汗まみれの髪をふり乱し、西田のベースは上下に大きく動き、美代は勢い余って立ってドラムを叩くシーンを何度か目撃した。The Cheseraseraのライブがなぜ、こうもエモーショナルなのか? ロマンティシズムとニヒリズムが拮抗する日常のリアリティを表現すればするほど感情は混乱し、コントロール不能になるからだ。さわやかなサウンドで夢や希望を歌うだけのバンドとはわけが違う。本編ラストの“でくの坊"では、どこか自嘲気味に、でも必死に歌う。そんな嘘のないバンドの感性は信頼できると改めて痛感した。

アンコールで登場した3人が嬉しそうな表情でフロアを見つめる。宍戸がMCでGOING UNDER GROUNDとThe coridrasにリスペクトの気持ちを述べ、オーディエンスには〈ツアー・ファイナルの代官山UNITにツアーで成長した姿を観に来てくれたら〉と告げ、“さよなら光"を。さらに『WHAT A WONDERFUL WORLD』から“SHORT HOPE"を放つ!新曲ながら、速攻ライブで盛り上がるキラー・チューンと化した。

今後、10月まで続く全国ツアーで、どうかThe Cheseraseraのライブを目撃してほしい。きっと、タフな日常を生きるあなたの糧となる音楽がそこにあるから。

TEXT:田代洋一

■ミニアルバム『WHAT A WONDERFUL WORLD』

発売中
CRCP-40374/¥1,714(税抜)
<収録曲>
01. 月と太陽の日々
02. でくの坊
03. ラストシーン
04. 彗星
05. Goodbye days
06. 思い出して
07. SHORT HOPE

■ライブ情報

【インストアライブ】
6月22日(日) タワーレコード渋谷店 3F
7月05日(土) タワーレコード仙台パルコ店
7月12日(土) タワーレコード岡山店
7月13日(日) タワーレコード梅田NU茶屋町店
7月20日(日) リバーウォーク北九州1F ミスティックコート
9月13日(土) タワーレコード広島店

【ライブ日程】
6月23日(月) 水戸LIGHT HOUSE
6月24日(火) HEAVEN\'S ROCK utsunomiya VJ-2
6月27日(金) 郡山CLUB #9
6月28日(土) 久慈UNITY
6月29日(日) 盛岡the five morioka
8月25日(月) HEAVEN\'S ROCK Utsunomiya VJ-2

『The Cheserasera 〜WHAT A WONDERFUL WORLD TOUR〜 』
7月06日(日) 柏ALIVE
7月09日(水) 神戸ART HOUSE
7月11日(金) 京都MOJO
7月12日(土) 岡山CRAZYMAMA 2nd Room
7月18日(金) 高松DIME
7月19日(土) 長崎DRUM Be-7
7月25日(金) 金沢vanvanV4
7月26日(土) 高崎club FLEEZ Asile
9月05日(金) 札幌COLONY
9月14日(日) 福岡Queblick
9月15日(月) 広島CAVE-BE
9月18日(木) 新潟CLUB RIVERST
9月19日(金) 仙台PARK SQUARE
9月23日(火) 名古屋HUCK FINN
9月28日(日) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
10月05日(日) 代官山UNIT(ファイナルワンマン)

【関連リンク】
The Cheserasera オフィシャルサイト
The Cheserasera、メジャーデビューミニアルバムから「月と太陽の日々」のMV解禁
The Cheserasera、メジャーデビュー作のアートワーク公開
The Cheserasera、メジャーデビュー発表にファン歓喜!

【関連アーティスト】
The Cheserasera
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

中孝介、中国単独ライブツアー大成功&12月に東京国際フォーラム・ホールC公演開催決定
Sun, 22 Jun 2014 14:00:00 +0900
中孝介が上海、北京、広州における中国単独ライブツアーを実施(北京) (okmusic UP\'s)

中孝介が上海・北京・広州の中国3か所でのコンサートを開催。合計約5,000人を動員したコンサートツアーは大盛況のうちに幕を閉じた。また、12月23日(祝)に東京国際フォーラム・ホールCでライブを開催する事が決定した。

【その他の画像】中孝介

“地上で、もっとも優しい歌声"と称される奄美大島在住のヴォーカリスト中孝介。6月14日に上海東方芸術センター大ホールで行った上海公演は約2,000人の満員の観客を集め、昨年日本で発表した「ベストカバーズ〜もっと日本。〜」収録の「上を向いて歩こう」からスタート! 2008年に公開され、台湾映画として史上最大のヒット作となった映画「海角七号」にシンガー「中孝介」本人役として出演した中孝介は中国・台湾など中華圏では「島唄王子」と呼ばれ絶大な人気を誇る。今回の上海でのコンサートは2011年以来約2年ぶりの開催となった。

「こんばんは、中孝介です。久しぶりの上海でのコンサートです。今日はゆっくり楽しんで行ってください。」と中国語で挨拶し、日本語曲と中国語曲を交えながら「地上で、もっとも優しい歌声」を届けた。 また上海出身の二胡奏者ウェイウェイ・ウーをゲストに迎え、テレサ・テンのヒット曲「在水一方」など2曲をコラボ、ピアノの弾き語りや三味線を弾きながら奄美大島の民謡「シマ唄」を披露するなど、さまざまな形の中孝介の世界を魅せていった。

そして中華圏でも人気の日本アニメ「夏目友人帳」の主題歌「夏夕空」、中華圏限定リリースのアルバムに収録の中国語曲「青蔵高原」で客席のボルテージも最高潮に。

アンコールでは台湾で大ヒット上映中(日本では来年公開予定)の映画「KANO」の主題歌「勇者的浪漫」(作詞作曲Rake、中孝介・Rakeがボーカルとして参加)を中国語で歌唱。 最後に中孝介が出演した台湾映画「海角七号」の挿入歌「それぞれに」の演奏が始まると、日本語の歌詞にもかかわらず客席も一体となった大合唱が起こり盛り上がりはピークに。

日中関係が不安定な状況でも“音楽は国境と言葉を越える"と言わんばかりの鳴りやまない拍手と歓声のなか、中孝介は日本と中国の友好を深めるべく、「再見!!」と挨拶し、全18曲を熱唱しコンサートは大盛況のうちに終了した。

終演後に行ったCD購入特典のサイン会では約500人のファンが行列をつくり、中孝介もファンひとりひとりと握手や写真撮影などをして懇親を図った。

中孝介は16日北京、18日広州において、現地限定の招待制ライブも開催。こちらの各公演も大盛況のうちに幕を閉じ、合計約5,000人を動員したコンサートツアーは大盛況のうちに終了した。

そんな中孝介だが、日本でのコンサートも決定。昨年、大盛況のうちに終了した「もっと日本。」コンサートのアンコール公演となる“中孝介2014「もっと日本。」アンコールコンサート"が2014年12月23日(火祝)に東京国際フォーラム・ホールCにおいて開催が決定。中孝介オフィシャルファンクラブ“ゆらいんちゅ"では最速でチケット先行を6月22日(日)12時より受付開始する。

中国でのツアーを大盛況で終え、パワー漲る中孝介の日本でのコンサートは見逃せない。

■中孝介2014「もっと日本。」アンコールコンサート

12月23日(火・祝) 東京国際フォーラム・ホールC
開場 16:15 / 開演 17:00
料金:全席指定 ¥5,800(税込)※未就学児入場不可

【関連リンク】
中孝介オフィシャルホームページ
Rake・中孝介×台湾アーティスト3組が映画主題歌でコラボ!現地での年越しライヴにて楽曲初披露!
中孝介、「夏目友人帳」のモデルとなった土地で追加公演決定
カバーアルバムリリースの中孝介がニコニコ生放送を開催

【関連アーティスト】
中孝介
【ジャンル】
J-POP, ライブ

吉田山田の5周年ツアー名古屋公演にマキタスポーツと片平里菜がゲスト出演決定
Sun, 22 Jun 2014 13:00:00 +0900
マキタスポーツ (okmusic UP\'s)

6月29日に下北沢LIVE BAR BIG MOUTHよりスタートする、吉田山田の「555ツアー(トリプルファイブツアー)」と銘打ったデビュー5周年記念ツアー。同ツアーの8月23日名古屋公演のゲストアーティストとしてマキタスポーツ、片平里菜の出演が決定した。

【その他の画像】吉田山田

昨年12月から今年1月に渡って放送されたNHKみんなのうた「日々」が放送後に大きな反響を呼び、口コミでじわじわと広がり続けている2人 組アーティスト、吉田山田。現在ロングセールスを続けるシングル「日々」は、6月18日付けの週間USEN HIT J-POPランキングでも26週連続で50位内にランクイン中。YouTubeの吉田山田オフィシャルチャンネルで公開された「日々」ミュージックビデオ も反響とともにじわじわと再生回数を伸ばし、現在120万回再生を超えた。

そんな吉田山田の「555ツアー(トリプルファイブツアー)」と銘打ったデビュー5周年記念ツアーがいよいよスタートする。すでにZepp DiverCityを含む3カ所が即日SOLD OUTした今回の555ツアーは各公演毎にコンセプトが違うという5周年らしいツアーで、各公演【テーマ・演出・セットリスト】等が違うレアなものだ。

そして今回、8月23日に愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホールで開催される【555ツアー「〜名古屋プライベートパーティ〜」】というタイトルが付けられた名古屋公演のゲストアーティストが二組発表。一組目はミュージシャン・俳優として大活躍中のマキタスポーツ。そし て二組目は8月6日に1stアルバムをリリースする大注目の女性シンガーソングライター片平里菜。

吉田山田とマキタスポーツ、吉田山田と片平里菜。どんなトークとセッションを繰り広げるのか。チケットも残り僅かということで早めにチェックしよう。 下記はゲストアーティスト2組のコメント。

「今回は弾き語りをしようと思う。緊張する。僕の場合、“弾き語りネタ"で、笑いを取ることは得意だけど、今回の場合はなんかそれをやっちゃ逃げな気もしてて。例えば、笑いも無しにカバー曲を歌うこともむつかしい。「へえ、その歌、好きなんだ〜」なんて言われたらアウトだし、「上手い」なんて言われたらと思うとゾッとする。カラオケじゃないんだから。僕の一番歌いたいことを、僕一人で形にするショー。なんか告白をするみたいだ」
(マキタスポーツ)

「吉田山田さん5周年おめでとうございます!!
同じレーベルの先輩であったり、最近はよくイベントでご一緒させてもらっているので、私は勝手に親しみを持っています!
とてもユニークなおふたりなので、ステージ上のリビングではどんなトークとセッションになるのか今から楽しみです」
(片平里菜)

なお吉田山田はこの夏も活発にライブを展開しており、「SUNSET LIVE2014」、「夏びらきMUSIC FESTIVAL\'14」、「音霊OTODAMA SEA STUDIO2014」などへの出演が決定している。

■吉田山田 5周年記念 5ヶ月5会場マンスリー企画

「555ツアー(トリプルファイブツアー)」 〜下北沢・原点/55人限定ライブ〜
6月29日(日)  東京・下北沢LIVE BAR BIG MOUTH <SOLD OUT>
開場16:30 / 開演17:00

「555ツアー(トリプルファイブツアー)」〜大阪マジックサーカス〜
7月13日(日)  大阪・なんばHatch
開場16:30 / 開演17:00  

「555ツアー(トリプルファイブツアー)」〜名古屋プライベートパーティ〜
8月23日(土)  愛知・日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール(名古屋市民会館 中ホール)
開場16:30 / 開演17:00 
ゲスト:マキタスポーツ/片平里菜

「555ツアー(トリプルファイブツアー)」〜福岡クレイジーワンダーランド〜
9月28日(日)  福岡・福岡イムズホール <SOLD OUT>
開場16:30 / 開演17:00 

「555ツアー(トリプルファイブツアー)」〜東京ファイナルファンタジー/吉田山田全曲ライブ〜
10月18日 (土) 東京・Zepp DiverCity Tokyo <SOLD OUT>
開場16:00 / 開演17:00 

■吉田山田9thシングル「日々」MV
http://youtu.be/4J9AcO6LrfM

■アルバム『吉田山田』

発売中
PCCA.03967/¥2,500(税抜)
<収録曲>
1.ORION
2.カシスオレンジ
3.泣いて泣いて
4.フリージア
5.ルーとナンシー
6.メリーゴーランド
7.ごめん、やっぱ好きなんだ。
8.日々
9.僕らのためのストーリー
10.魔法のような
11.航海

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルサイト
吉田山田の5周年ツアー3カ所が完売につき、急遽Zepp公演の立ち見席を発売!
吉田山田、「日々」MVが100万再生突破!
「日々」が話題の吉田山田、ポッドキャストで新番組を担当!

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP

Crossfaith、イギリス最大のロックフェス「DOWNLOAD FESTIVAL」メインステージに出演
Sun, 22 Jun 2014 12:00:00 +0900
Crossfaithが「DOWNLOAD FESTIVAL 2014」メインステージに出演! (okmusic UP\'s)

イギリス郊外で13日より3日間、総勢150組のロック・アーティストが参加したヨーロッパ最高峰のロック/メタル・フェスティバル「DOWNLOAD FESTIVAL 2014」において、Crossfaithが6月13日(金)、そのメインステージでライヴをおこなった。

【その他の画像】Crossfaith

2012年の初めてのUKツアー以降、精力的にUKを中心にヨーロッパ各地でツアーをまわってきたCrossfaith。WARPED TOUR UKでは入場規制がかかり、各英国音楽誌に"10年に一度の衝撃"と言わしめるほど、その知名度と実力が高く評価。今年の2月にはリンプ・ビズキットとツーマンで英国誌『KERRANG!』が主催する全英ツアー「KERRANG!TOUR」を行ったほどの人気ぶり。その世界的な活躍が評価され、今回の大型フェスメインステージでのパフォーマンスとなった。メインステージに日本人、いやアジア人が立つのは2005年のTHE MAD CAPSULE MARKETS以来、約10年ぶりのロック史に残る歴史的快挙である。

今年のラインナップも豪華で、エアロスミスやリンキン・パーク、アヴェンジド・セヴンフォールドといった世界的なビッグバンドがヘッドラインを飾り、フォール・アウト・ボーイやロブ・ゾンビ、ブリング・ミー・ザ・ホライズンなどがメインステージで出演するほど。この日も総来場者数が9万人を超え、Crossfaithのパフォーマンスにもヨーロッパのロック/メタル・ファン約2万人が集結した。

この日のCrossfaithのライヴは、実際に各メディア媒体からは最高評価を受けており、リンキン・パークやアヴェンジド・セヴンフォールド、ブリング・ミー・ザ・ホライズン等、世界的アーティストが軒並みいた中、オーディエンスの多くからもダウンロード・ベストアクトと評されている。まだまだ20代前半中心のバンドであるだけに、さらに世界を圧巻していく姿が楽しみだ。

■「DOWNLOAD FESTIVAL 2014」ライブレポ

トップバッターのMiss May Iに続いてCrossfaithは登場。会場はすでに多くの観客で埋まっている。「We Are The Future」のイントロが始まり、Terufumi Tamano(以下、Teru)が登場して、中央のモニターの上に立って勢い良く手を挙げると、会場も手を挙げて応える。デビルサイン、拍手、拳、そして「ウォーーッ」という歓声。続いて他のメンバーが登場、最後にヴォーカルのKenta Koie(以下、Ken)が登場して、「We are Crossfaith from Japan! Are you guys ready?!」と煽ると会場に火が付く。

バンドは髪を振り乱しながら演奏を始め、最初からマックスのテンション。Kenが「Jump Up!! Come On!!」と煽ると、客もジャンプし始める。そして「ヘイ!ヘイ!」と連呼しながら、拳を挙げて応えている。あちこちで笑顔が見られ、そこにはすでに一体感がある。バンドが客を盛り上げるのが早いだけでなく、本当に楽しみに観に来ているファンに支持されている感じがストレートに伝わってくる。そして、Crossfaithというバンドのサウンドの圧倒的な凄さもこの大会場で遺憾なく発揮されている。分離の良い音。重低音の破壊力とエレクトロの甘美なメロディ感が同居していて気持ちいいのだ。

2曲目は間髪を入れず始まった「Monolith」。容赦ないビートダウンに乗せてエレクトロ・サウンドが唸りを上げ、会場全体を巨大なグルーヴに巻き込んでいく。歓声、スクリーム、手拍子、拳。「一番大きなサークルピットを見せてくれ」とKenが煽ると、あちこちで次々とサークルピットが生まれる。続く「Countdown to Hell」では、一気にイントロからサークルピットに火が付く。「Lies Lies Lies」と会場がシンガロングすると、Teruもステージのランウェイに出てきて煽り、客席に身を投げてクラウドサーフをかます。鳴り止まない手拍手の中、「みんなのジャンプするところを見せてくれ。Are you ready?!」とKen。「Scream!!」と煽るとさらに大きな歓声が返ってくる。

再びKenが「全員ジャンプするところを見せてくれ」と煽り、ドラムのイントロが始まると、その曲は「Eclipse」だった。「Bounce, bounce! 1, 2, 3, Go!」。会場中がスゴいタテノリで狂気の坩堝と化していく。モッシュ、ジャンプ、「Till the morning!」のシンガロング、手拍子。ダンス・ミュージックとメタルコアが見事に融合したこの曲はこのバンドの真骨頂だと思う。客の反応を見れば、そこにはその二つの要素が引き起こす至福と興奮が同居しているのだ。

盛り上がり過ぎたのか、Kenは思わず「Holy shit!」と口にする。その表情は感極まっているのか、嬉しすぎるのか、隠しきれないという感じだ。そして、ここでさらにプロディジーの「Omen」のカヴァーが投下される。イギリス人にはおなじみの曲だけあって、シンガロングが多い。途中でドラマーのTatsuya Amanoも前に出てくるし、Kenは客席に身を投げながら歌う。凄まじいドラムの連打に応える大きな歓声。Kenも思わず「Oh my fuckin\' god!」。さらに、客のみんなにしゃがむように指示した後、「1, 2, 1, 2, 3, Let\'s Go」とカウントを入れると、しゃがんでいた全員が同時に立ち上がって、踊りまくり、手を挙げる。Crossfaithはダウンロードを完全にロック状態。

曲が終わると、「一つ言いたいことがある」とKen。ダウンロードの出演をずっと夢見ていたこと、自分たちの夢がこの日叶ったことをMCで伝える。「今日、俺たちは歴史を作る」と。そしてラストの曲「Leviathan」に。「みんなの持っているものを全て置いていってくれ」。バンドはさらなるヘヴィネスとスケールの大きなグルーヴで攻めていく。叫びながらジャンプする観客。「Bounce, bounce」とさらに煽るKen。タテノリもヨコノリも一緒になって、会場は大きな揺れで熱い。曲がもう終わってしまいそうになると、自然と会場からCrossfaithコールが起こっていく。そして30分に渡るバンドのセットは終わった。「また戻ってくるよ。ありがとう!」とKen。

ダウンロードのメインステージに出演して夢を叶えたとMCでは言っていたものの、Crossfaithの夢はまだ始まったばかりだという印象を持った。何しろ、バンドの夢はこのフェスティバルでヘッドラインを飾ることなのだから。この日は、前後のバンドと比較しても演奏の確実さ、楽曲の良さが際立っていた。すでに海外でのライヴの実績は重ねてきているが、この大舞台で見事に炸裂し、今後のさらなるポテンシャルを大いに感じさせることができたと思う。さらにこの日は、英国の誇るSkindredのステージにもKenはゲスト・ヴォーカルとして出演し、共に「Warning」を披露し、1日に二度メインステージに立つという偉業も成し遂げた。

【セットリスト】 
1; We Are The Future
2; Monolith
3; Countdown to Hell
4; Eclipse
5; Omen
6; Leviathan

■ワールドデビューアルバム『APOCALYZE』

発売中
SLRL-10011/¥2,690(税込)
<収録曲>
1. Prelude
2. We Are The Future
3. Hounds Of The Apocalypse
4. Eclipse
5. The Evolution
6. Scarlett
7. Gala Hala (Burn Down The Floor)
8. Countdown To Hell
9. Deathwish
10. Counting Stars
11. Burning White
12. Only The Wise Can Control Our Eyes
13. Not Alone (JAPAN/ASIA/AUS盤ボーナストラック)

【関連リンク】
Crossfaith オフィシャルサイト
NAMBA69、スペシャルサイトに豪華バンドマンから熱いメッセージ続々
Crossfaithが、日本でのイベントツアーの開催を発表!
Crossfaith、ドイツで行われるロックフェス『Rock am Ring 2014』『Rock im Park 2014』出演決定

【関連アーティスト】
Crossfaith
【ジャンル】
ジャパニーズロック, フェス

三浦サリー、新曲「ウエディングロード」PVを公開
Sun, 22 Jun 2014 11:00:00 +0900
「ウエディングロード」PV  (okmusic UP\'s)

三浦サリーの新曲「ウエディングロード」のビデオクリップが完成し、YouTube にアップされた。

【その他の画像】三浦サリー

昨年から結婚式場、また結婚式の全てをサポートするベルヴィグループのCM ソングとしてテレビでオンエアされている「ウエディングロード」。同ビデオクリップは、そのベルヴィグループの全面支援で制作されたもの。登場する新郎新婦の写真は全てベルヴィグループで挙式を上げたカップルで、しかも、各々に掲載されたプロポーズの言葉は、実際に新郎が新婦に送ったリアルな言葉たち。その言葉を三浦サリーが心を込めて手書きで入れ込んだ。

また歌唱シーンはベルヴィ郡山館で、実際に花嫁をメイクアップするスタッフそして、ウエディングドレスをお借りして撮影された。 とても美しい三浦サリーのウエディングドレス姿もさることながら、その心を打つリアル な言葉がすでに話題となっている。

この「ウエディングロード」を含め、今までの全ての配信ヒット曲、そしてタイアップ曲を集めた、三浦サリー自身2作目となるミニアルバム『泣キ歌2BEST SELECTION』、『恋ノ歌2 BEST SELECTION』が、今回も2枚同時に7月23日に発売される。こちらも要チェックだ。

■「ウェディングロード」PV
http://youtu.be/6bndBn4hyrE

■アルバム『泣キ歌 2 〜 Best Selection 〜』

2014年7月23日発売
FLCF-4466/¥2,160(税抜)
<収録曲>
1:セツナイのは…
2:桜咲く
3:BLUE SKY
4:Lucky Girl
5:MORE PEACH (Arry&Sally)
6:Happy Birthday feat. CLIFF EDGE
7:会いたくて…feat. JOYSTICKK(non stop mix)
8:ベビーフレンド feat. CICO from BENNIE K(non stop mix)
9:キラリ(non stop mix)
10:叶うのなら(non stop mix)
11:白い林檎の花 feat.Double K(non stop mix)
12:Dreamin\'(non stop mix)

■アルバム『恋ノ歌 2 〜 Best Selection 〜』

2014年7月23日発売
FLCF-4467/¥2,160(税抜)
<収録曲>
1:ハッピーハッピーピース
2:ウェディングロード
3:ありがとう、キセキ
4:Beautiful Magic
5:恋ノ歌〜キミに出逢えて〜(中国語 Ver.)
6:ずっと愛してた…
7:アイシテル feat. CLIFF EDGE(non stop mix)
8:恋ノ歌〜キミに出逢えて〜(non stop mix)
9:LOVE&GAME(non stop mix)
10:たとえばもし・・・feat. 大地(non stop mix)
11:マダ君ノコト(non stop mix)
12:U&I with XICO(non stop mix)

■『三浦サリー Mini Album 発売記念 Special LIVE@WonderGOO守谷店「GOOst」 』

8月24日(日) 14:00〜 WonderGOO 守谷店 GOOst
【お問合わせ先】
WonderGOO 守谷店 TEL:0297-21-1081

【関連リンク】
三浦サリー オフィシャルサイト
三浦サリー、新種の桜「はるか」の植樹を記念した「八重の桜」トークショーにて、初のシングルCD「桜咲く」を子供たちと合唱。
福島・東北で予約殺到中!三浦サリー、初のシングルCD「桜咲く」がいよいよ発売!
第四章へ突入したEXILE、第1弾シングル「NEW HORIZON」ジャケ写公開!

【関連アーティスト】
三浦サリー
【ジャンル】
J-POP

TK from 凛として時雨、ソロ2作目のニューアルバムのリリース発表&全国ライブハウスツアーも決定!
Sun, 22 Jun 2014 00:00:00 +0900
「TK from 凛として時雨 TOUR 2014

「凛として時雨」のフロントマンであるボーカル&ギターのTKが、 8月27日にオリジナルフルアルバムをリリースする事を発表した。

【その他の画像】TK from 凛として時雨

ソロとしては2枚目となる同作のリリースが発表されたのは、4月にリリースしたEP“contrast"を引っさげて開催していたソロツアー「TK from 凛として時雨 TOUR 2014 "contrast"」の最終日である中野サンプラザでのライブ終演後のステージスクリーンにて。そこにニューアルバムリリース決定の文字が浮かぶと、客席からは歓声と拍手が響き渡り、新作への期待で会場が沸いた。

ライブ本編は、映像や照明で幻想的な世界観を作り出し、静寂を切り裂くTKのボーカルとギターが、感情を高揚させる。来月7月23日にリリースするTVアニメ「東京喰種トーキョーグール」オープニングテーマの『unravel』をはじめ新曲を3曲披露し、ニューアルバムへの期待が高まる。

さらに、10月にバンドスタイルによるライブハウスツアーの開催が決定。今日までのツアーは全ヶ所ホールで開催され、紗幕に映像や照明を投影した幻想的な雰囲気の中、静寂を突き破るボーカルと激しいギタープレイで、見るものに強烈な高揚感を与えていたが、次はライブハウスツアー。どんなライブを見せてくれるのか、既に楽しみでならない。6月22日からオフィシャル先行予約の受付が始まるので早速チェックしよう。

TKは、来月からTOKYO MXほかで放送されるTVアニメ「東京喰種トーキョーグール」のオープニングテーマとなる「unravel」を7月23日リリースする事も先日既に発表しており、シングル、アルバム、そして全国ライブハウスツアーと、今後の活動に期待が持てそうだ。今後どんどん明らかになるTKの情報は、オフィシャルホームページでご確認を。

■【セットリスト】

1.Abnormal Trick
2.phase to phrase
3.flower
4.haze
5.12th laser
6.Dramatic Slow Motion
7.Crazy Tampern
8.fourth
9.white silence
10.unravel 7/23リリースシングル
11.新曲
12.Fantastic Magic
13.shandy
14.contrast
〜ENCORE〜
EC1.新曲
EC2.新曲
EC3.film A moment

■シングル「unravel」

2014年7月23日(水)発売
【初回生産限定】(CD+DVD)
AICL-2704〜5/¥2,000(税抜)
【通常盤】
AICL-2706/¥1,200(税抜)
【期間限定盤】
AICL-2707/¥1,300(税抜)
※石田スイ先生描き下ろしスペシャルパッケージ/TV edit収録
<収録内容>
■CD ※M-4:期間生産限定盤のみ
1.unravel
※TVアニメ「東京喰種トーキョーグール」オープニングテーマ
2.Fu re te Fu re ru
3.Acoustic Installation
4.unravel (TV edit)
■DVD※初回生産限定盤のみ
TK Acoustic & Electric TOUR 2014 “Killing you softly"@朝日浜離宮ホールより
1.罪の宝石
2.CRAZY感情STYLE
3.fourth
4.seacret cm
5.white silence
6.Re:automation
7.Sergio Echigo

■ライブ情報

10月08日(水) 東京 Zepp DiverCity TOKYO
10月16日(木) 仙台Rensa
10月22日(水) 名古屋ダイアモンドホール
10月23日(木) なんばHatch

【関連リンク】
TK from 凛として時雨 オフィシャルサイト
TK from 凛として時雨、YouTubeにて新曲を公開
南壽あさ子、TK(凛として時雨)がサウンドプロデュースを手がけたシングル「みるいろの星」をリリース!
TK from 凛として時雨、1stEPタイトルトラックのMV公開

【関連アーティスト】
TK from 凛として時雨
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1