歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2014年05月12日)
バックナンバー
最新ニュース
2014/05/21
2014/05/20
2014/05/19
2014/05/18
2014/05/17
2014/05/16
2014/05/15
2014/05/14
2014/05/13
2014/05/12
2014/05/11
2014/05/10
2014/05/09
2014/05/08
2014/05/07
2014/05/06
2014/05/05
2014/05/04
2014/05/03
2014/05/02
2014/05/01
2014/04/30
2014/04/29
2014/04/28
2014/04/27
2014/04/26
2014/04/25
2014/04/24
2014/04/23
2014/04/22
2014/04/21
2014/04/20
2014/04/19
2014/04/18
2014/04/17
2014/04/16
2014/04/15
2014/04/14
2014/04/13
2014/04/12
2014/04/11
2014/04/10
2014/04/09
2014/04/08
2014/04/07
2014/04/06
2014/04/05
2014/04/04
2014/04/03
2014/04/02
2014/04/01
2014/03/31
2014/03/30
2014/03/29
2014/03/28
2014/03/27
2014/03/26
2014/03/25
2014/03/24
2014/03/23
2014/03/22
2014/03/21
2014/03/20
2014/03/19
2014/03/18
2014/03/17
2014/03/16
2014/03/15
2014/03/14
2014/03/13
2014/03/12
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/09
2014/03/08
2014/03/07
2014/03/06
2014/03/05
2014/03/04
2014/03/03
2014/03/02
2014/03/01
2014/02/28
2014/02/27
2014/02/26
2014/02/25
2014/02/24
2014/02/23
2014/02/22
2014/02/21
2014/02/20
2014/02/19
2014/02/18
2014/02/17
2014/02/16
2014/02/15
2014/02/14
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/11
2014/02/10
2014/02/09
2014/02/08
2014/02/07
2014/02/06
2014/02/05
2014/02/04
2014/02/03
2014/02/02
2014/02/01
2014/01/31
2014/01/30
2014/01/29
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/26
2014/01/25
2014/01/24
2014/01/23
2014/01/22
2014/01/21
2014/01/20
2014/01/19
2014/01/18
2014/01/17
2014/01/16
2014/01/15
2014/01/14
2014/01/13
2014/01/12
2014/01/11
2014/01/10
2014/01/09
2014/01/08
2014/01/07
2014/01/06
2014/01/05
2014/01/04
2014/01/03
2014/01/02
2014/01/01
2013/12/31
2013/12/30
2013/12/29
2013/12/28
2013/12/27
2013/12/26
2013/12/25
2013/12/24
2013/12/23
2013/12/22
2013/12/21
2013/12/20
2013/12/19
2013/12/18
2013/12/17
2013/12/16
2013/12/15
2013/12/14
2013/12/13
2013/12/12
2013/12/11
2013/12/10
2013/12/09
2013/12/08
2013/12/07
2013/12/06
2013/12/05
2013/12/04
2013/12/03
2013/12/02
2013/12/01
2013/11/30
2013/11/29
2013/11/28
2013/11/27
2013/11/26
2013/11/25
2013/11/24
2013/11/23
2013/11/22
2013/11/21
2013/11/20
2013/11/19
2013/11/18
2013/11/17
2013/11/16
2013/11/15
2013/11/14
2013/11/13
2013/11/12
2013/11/11
2013/11/10
2013/11/09
2013/11/08
2013/11/07
2013/11/06
2013/11/05
2013/11/04
2013/11/03
2013/11/02
2013/11/01
2013/10/31
2013/10/30
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/27
2013/10/26
2013/10/25
2013/10/24
2013/10/23
2013/10/22
2013/10/21
2013/10/20
2013/10/19
2013/10/18
2013/10/17
2013/10/16
2013/10/15
2013/10/14
2013/10/13
2013/10/12
2013/10/11
2013/10/10
2013/10/09
2013/10/08
2013/10/07
2013/10/06
2013/10/05
2013/10/04
2013/10/03
2013/10/02
2013/10/01
2013/09/30
2013/09/29
2013/09/28
2013/09/27
2013/09/26
2013/09/25
2013/09/24
2013/09/23
2013/09/22
2013/09/21
2013/09/20
2013/09/19
2013/09/18
2013/09/17
2013/09/16
2013/09/15
2013/09/14
2013/09/13
2013/09/12
2013/09/11
2013/09/10
2013/09/09
2013/09/08
2013/09/07
2013/09/06
2013/09/05
2013/09/04
2013/09/03
2013/09/02
2013/09/01
2013/08/31
2013/08/30
2013/08/29
2013/08/28
2013/08/27
2013/08/26
2013/08/25
2013/08/24
2013/08/23
2013/08/22
2013/08/21
2013/08/20
2013/08/19
2013/08/18
2013/08/17
2013/08/16
2013/08/15
2013/08/14
2013/08/13
2013/08/12
2013/08/11
2013/08/10
2013/08/09
2013/08/08
2013/08/07
2013/08/06
2013/08/05
2013/08/04
2013/08/03
2013/08/02
2013/08/01
2013/07/31
2013/07/30
2013/07/29
2013/07/28
2013/07/27
2013/07/26
2013/07/25
2013/07/24
2013/07/23
2013/07/22
2013/07/21
2013/07/20
2013/07/19
2013/07/18
ViViDがBLUE ENCOUNTとANOTHER STORYを迎えて初主催イベントを開催
Mon, 12 May 2014 20:00:00 +0900
ViViD  (okmusic UP\'s)

ViViDが新たな試みとして、ジャンルの違う2バンドを迎えての初主催イベントを5月14日にTSUTAYA O-EASTにて行なう事が決定した。

【その他の画像】ViViD

今回のイベント開催に至った経緯としては、ViViDメンバーは音楽がジャンル分けされていること自体に違和感を感じており、ビジュアル系だろうが、ハードコアだろうが、良いバンドはたくさんいるのになかなかジャンルの垣根を越えて対バンすることが難しいこの状況を自ら打破したいと企画。

今回は兼ねてよりViViDが音楽的に興味のあったBLUE ENCOUNTとANOTHER STORYへ声をかけ実現したイベントである。

今後、ロックシーンの時代を担うであろうこの3バンドのイベントを見逃すわけにはいかない。

■ViViD オフィシャルサイト
http://www.pscompany.co.jp/vivid/
■BLUE ENCOUNT オフィシャルサイト
http://blueencount.jp/
■ANOTHER STORY オフィシャルサイト
http://anotherstory.jp/

■「ViViD Presents SHOWDOWN Vol,1」

5月14日(水) TSUTAYA O-EAST
出演:ViViD /BLUE ENCOUNT /ANOTHER STORY
OPEN 18:00 START 19:00

【関連リンク】
SCREW、鋲が新曲MVでドラァグクイーンに変身&CIVARIZEカタログにモデルで登場!
結成20周年を迎えるBACK DROP BOMBのトリビュートアルバムに豪華アーティストが集結!
9mmやHEY-SMITHなど出演決定!TOTALFAT 全国ツアー対バン第一弾発表!
ViViD、念願の全都道府県制覇を果たす全国ツアーがスタート!

【関連アーティスト】
ViViD, Another Story, BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

椎名林檎、サッカーテーマの新曲「NIPPON」詳細解禁
Mon, 12 May 2014 19:00:00 +0900
椎名林檎 (okmusic UP\'s)

椎名林檎がワールドカップ開幕直前となる6月11日にリリースするニューシングルのタイトルと詳細が発表された。

【その他の画像】椎名林檎

本日、2014FIFAワールドカップ・ブラジル大会の日本代表最終メンバー発表が行なわれ、いよいよワールドカップ・イヤーの盛り上がりも最高潮へと向かっていく中、早くも本年度ナンバー1サッカー・アンセムとなること必至の強力チューンが登場する。

気になるニューシングルのタイトルは「NIPPON」。NHKサッカー・テーマの依頼を受け書き下ろされた本作は、まさにこれから迎える“勝負の時"へ勝ちに行かんとする強い意志を表した、高揚感溢れる仕上がり。スポーツのみならず、人生に於いて誰もが直面する様々な“ハレの日“に力強いエールを送る新曲だ。

カップリングには、新曲「逆さに数えて」を収録。タイトル曲が“ハレ"ならこちらは“ケ"。本作二曲を通じ、彼女の哲学がいま鮮やかに浮かび上がる。

■シングル「NIPPON」

2014年6月11日発売
TYCT-30027/¥1,080(税込)
<収録曲>
M1. NIPPON 
作詞作編曲 椎名林檎 弦編曲 斎藤ネコ
※2014NHKサッカーテーマ
M2. 逆さに数えて
作詞作編曲 椎名林檎

■セルフカバーアルバム『逆輸入 〜港湾局〜』

2014年5月27日発売
【初回限定生産盤】
TYCT-69017/¥3,500+税
※ケース付きハードカバー・ブック仕様
※ご購入者先着特典:B2 ポスター
(一部お取り扱いのない店舗及び EC サイトもございます。店頭にてご確認下さい。)
【通常盤】
TYCT-60035/¥3,000+税

<収録曲> ※<>内提供先/作品
01. 主演の女 arrangement 大友良英

02. 渦中の男 arrangement 上田剛士(AA=)

03. プライベイト arrangement 前山田健一
<広末涼子/シングル収録曲/1998.10.7 release>
04. 青春の瞬き arrangement 冨田恵一
<栗山千明/シングル収録曲/2011.11.23 release>
05. 真夏の脱獄者 arrangement 大沢伸一

06. 望遠鏡の外の景色 arrangement 村田陽一
<野田秀樹/NODA・MAP第 17 回公演『エッグ』劇中音楽/2012.9 月>
07. 決定的三分間 arrangement 中山信彦
<栗山千明/シングル表題曲/2011.3.2 release>
08. カプチーノ arrangement 小林武史
<ともさかりえ/シングル表題曲/1999.1.27 release>
09. 雨傘 arrangement 根岸孝旨

10. 日和姫 arrangement 日高 央

11. 幸先坂 arrangement 佐藤芳明
<真木よう子/映画『さよなら渓谷』エンディングテーマ/2013.6月公開>

■予約購入者限定特典
レコ発ライブ「ちょっとしたレコ発 2014」先行抽選予約

■セルフカバーアルバム『逆輸入 〜港湾局〜』発売記念レコ発ライブ

「ちょっとしたレコ発2014 〜横浜港へ逆輸入〜」
5月26日(月) 横浜大さん橋ホール
5月27日(火) 横浜大さん橋ホール

「ちょっとしたレコ発2014 〜大阪港へ逆輸入〜」
6月05日(木) サンケイホールブリーゼ
6月06日(金) サンケイホールブリーゼ

【関連リンク】
椎名林檎 15周年特設サイト
椎名林檎 オフィシャルサイト
椎名林檎、6月に2014NHKサッカーテーマ曲となるニューシングル発売
椎名林檎、5月に初のセルフカバー集『逆輸入 〜港湾局〜』発売決定

【関連アーティスト】
椎名林檎
【ジャンル】
J-POP

LOST IN TIMEが6月1日の12周年記念ワンマンにて新作CDを発売
Mon, 12 May 2014 19:00:00 +0900
LOST IN TIME (okmusic UP\'s)

6月でデビュー12周年を迎えるLOST IN TIMEが、その節目とも言える6月1日に行なわれる恵比寿リキッドルームでのワンマンライヴ「Gross 12×12」にて、新曲「home」を収録したCDを発売する事を発表した。

【その他の画像】LOST IN TIME

新曲「home」はデビュー12年を迎えたLOST IN TIMEからの、ファンへの感謝とこれからへ向けた新たな決意表明が込められた渾身の一曲となっており、昨年リリースのアルバム『LIFE IS WONDER』以来、おおよそ半年ぶりの新作となる。

カップリングには海北大輔(Vo,Ba,Key)の音楽人生に大きく影響を与えた、ROGUE奥野敦士氏の「自由な風」のカバーを収録。こちらは録音を全て海北自らが執り行った、弾き語りVer.となっている。海北の作曲のルーツを感じ取れるメロディと歌詞に是非触れて頂きたい。

なお今回のCDは6月1日のリキッドルーム会場のみでの販売となるので、手に入れたい方は是非会場に足を運んでみよう。

■【海北大輔(Vo,Ba,Key)コメント】

いよいよ今年のリキッドルームでのワンマンが迫って来ました。毎年本当に多くの方に集まっていただけていることに対して、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。今年もよろしくね。

今回のワンマンは、僕らの12周年を記念した特別な内容になっているのは先日お伝えした通りですが、この度、集まってくれるみんなへ、新曲を用意することにしました。これは僕の完全な思いつきで、まずその思いつきに乗ってくれた三井くん、源ちゃん、そしてスタッフの皆さんに感謝しています。新曲「home」は、ここまで歌い続けて来れたこと、そしてこれからも、どうにか歌い繋いで行きたいと言う決意を込めた曲です。急遽決めたことなので録音はこれから行います。差し迫ったスケジュールの中、アレンジに尽力してくれている三井くん、源ちゃん、ありがとう。良い曲にしようね。

そしてもう一曲「自由な風」。
中学生だった当時の僕が、ラジオ番組へ送った一通の葉書。それを読んでくれたDJのミュージシャン。あれから今年で20年になります。僕がプロのミュージシャンになると心に決めた日から、ちょうど20年。奥野敦士さん。彼があの日、僕の葉書を読んでくれなかったら、今の僕は存在しません。ROGUEとソロのそれぞれに大好きな曲が沢山ありますが、その中でも特にお気に入りのこの曲を、カバーさせていただくことにしました。メロディや歌詞一つ一つに、僕のルーツを感じ取ってもらえると思います。この曲の録音は、僕が全て行ないました。

「home」そして「自由な風」。是非この12周年の記念に、手にしてください。よろしくお願いします。

■シングル「home」

2014年6月1日 恵比寿リキッドルームにて販売
¥500(税込)
<収録曲>
1. home
2. 自由な風(Respect to Atsushi Okuno)

■「LOST IN TIME 12th anniversary 〜Gross 12 × 12〜」

6月1日(日) EBISU LIQUIDROOM
open 16:15 / srart 17:00

【関連リンク】
LOST IN TIME オフィシャルサイト
LOST IN TIME、デビュー12周年を記念したワンマンライブの開催が決定
LOST IN TIME、8年ぶりのホールコンサート決定!
埼玉『ぐるぐる回る2012』出演者第1弾はLOST IN TIME、HARCO、BiSら26組&イベントロゴ決定

【関連アーティスト】
LOST IN TIME
【ジャンル】
ジャパニーズロック

故佐久間正英氏プロデュース曲も収録 Avaivartika、初のフルアルバム『Phantom』をリリース
Mon, 12 May 2014 17:08:14 +0900
Avaivartika (okmusic UP\'s)

世界最大のインディースバンドコンテストで入賞するなど、世界的にも知られているエレクトロ・ロック・バンド、Avaivartika(アヴァイヴァルティカ)が、1stフルアルバム『Phantom』を発売した。

【その他の画像】

2012年にドイツで開催された世界最大のインディーズバンドコンテスト、『EMERGENZA JAPAN』に日本代表として出場し見事入賞し、その名が国内外でも知られるようになった彼ら。

バンド名の「Avaivartika」の意味“不退転”という意味にも通じる、何者にも屈せず自分達の見究めた方向へと向かい進化・追及し続ける活動スタンスに各方面から大きな注目が集まっている。

今回ネット限定でリリースされた1stフルアルバム『Phantom』は、今年1月に逝去した音楽プロデューサー佐久間正英氏がプロデュースした「Phantom」「Bye Bye Earth」の2曲を含む、全12曲を収録し、これまでの彼らの楽曲を総括したファーストにしてベスト的内容のフルアルバムとなっている。

本アルバムは現在、ライヴ・ミュージック・ストリーミングサイト「kampsite」にて販売中。世界が注目する彼らの音楽は必聴だ。

■<アルバム情報>

Avaivartika 『Phantom』
CD/ALBUM/AV-CD-001 \2,300(消費税込)
01.Introduction
02.Phantom
03.Bye Bye Earth
04.Virtual Reality
05.NS -2013-
06.REBIRTH
07.Jump!
08.時ハ満チタリ
09.Fly Higher
10.say goodbye
11.時ハ満チタリ -remix-
12.Fly Higher -remix-

「kampsite」(www.kampsite.jp)

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ジャパニーズロック

C&Kの西日本ツアーが熊本より開幕!
Mon, 12 May 2014 17:00:00 +0900
「 CK無謀な挑戦状Case1 九州編〜マリンメッセへの道〜」in 熊本 (okmusic UP\'s)

C&Kの西日本ツアー「CK無謀な挑戦状Case1 九州編〜マリンメッセへの道〜」が5月9日の熊本公演より開幕した。

【その他の画像】C&K

今回のツアーは会場、日程によってDJスタイル、バンドスタイルと編成が変わり、バンドメンバーは、Gt. BR\'z(ブレイズ)、Ba. フルタナオキ、Dr. Soki、Pf. 栗本修、Mp&Key. 小松一也で構成。ツアーでのバンドスタイルはC&K史上初となる。

ステージの演出にこだわった前回のツアーとは一転、時にはダンサブルに激しく、時にはアコースティックな感じで優しくじっくりと聴かせるなど、C&Kのまた違った一面が見られる充実したライヴが披露された。

初日を終え本人たちは
クリビー「マリンメッセが徐々に見えてきました。ここはスタートですが、この二ヶ月を乗り切った後、どのように成長せいているかが、楽しみです。」
キーン「熊本、最高の盛り上がりでした!!まさかのBANDと融合できるとは思いませんでした!!特に、踊LOCCAお客さんの盛り上がりは凄かったです。」
とコメント。

この西日本ツアーは7月6日の岡山まで全22箇所26公演開催される。11月24日に福岡にて行なわれる「CK無謀な挑戦状inマリンメッセ福岡〜みんなの力でパンパンに!!愛のシャワーを浴びせてネ〜」に向けて、C&Kが全力で駆け抜ける!

また、本日よりNSV STORE限定セットの予約受付も開始された6月4日リリースのLIVE DVDのダイジェストがYouTube上で公開されている。C&Kのライヴの楽しさが短い時間に凝縮されているので、是非こちらもチェックしてほしい。

■DVD『日本全国CK地元化計画 〜地元です。地元じゃなくても、地元ですツアー2014〜』ダイジェスト映像
https://www.youtube.com/watch?v=SuYao_-Os1c

■DVD『日本全国CK地元化計画 〜地元です。地元じゃなくても、地元ですツアー2014〜』

2014年6月4日発売
UPBH-20116/¥4,980+税
※初回生産限定特典「秘宝!悲報!ちぎられた衣装入り」
<収録内容>
1. C&K VI
2. to di Bone
3. へべれけ宣言
4. ジャパンパン〜日本全国地元化計画〜
5. 梅雨明け宣言
〜Act 栗本&ZEROSENミュージカル〜
6. みかんハート
7. アイアイのうた〜僕とキミと僕等の日々〜
8. AND MORE...
9. 今を生きる
10. 人間進化論
11. DANCE☆MAN (WOKKY WOKKY×BOGGIE WOGGIE)
12. YOU ARE MY FIRE 〜おまえにこの愛を捧ぐ〜
13. にわとりのうた
14. 踊LOCCA 〜around the world 新たなる冒険〜
15. みんなのうた
16. 愛を浴びて、僕がいる
17. 四池さんのマーチ
18. CK 目離ぃ〜娯乱島
19. 歩きだせ

<特典映像>
「CK宇宙企画の裏映像」
<副音声>
「大好評!C&Kの副音声LIVE解説」

■「CK無謀な挑戦状Case1 九州編〜マリンメッセへの道〜 」

5月13日(火)  大分DRUM Be-0
5月14日(水)  宮崎WEATHER KING [sold out!!]
5月17日(土)  鹿児島CAPARVO HALL [sold out!!]
5月18日(日)  鹿児島CAPARVO HALL [sold out!!]
5月21日(水)  福岡DRUM LOGOS [sold out!!]
5月22日(木)  福岡DRUM LOGOS [sold out!!]
5月25日(日)  長崎DRUM Be-7 [sold out!!]
5月26日(月)  長崎DRUM Be-7 [sold out!!]
5月29日(木)  佐賀GEILS [sold out!!]
5月31日(土)  周南TIKI-TA[sold out!!]
6月01日(日)  出雲APOLLO
6月04日(水)  神戸 KOBE VARIT. [sold out!!]
6月05日(木)  松山サロンキティ
6月07日(土)  高知X-pt.
6月14日(土)  和歌山GATE
6月15日(日)  滋賀 U★STONE [sold out!!]
6月18日(水)  広島クラブクアトロ
6月20日(金)  高松MONSTER
6月22日(日)  徳島 club GRINDHOUSE
6月25日(水)  奈良ネバーランドB
6月26日(木)  京都 KYOTO MUSE
6月28日(土)  なんばHatch
7月05日(土)  米子 AZTiC laughs
7月06日(日)  岡山CRAZYMAMA KINGDOM[sold out!!]

「CK無謀な挑戦状 in マリンメッセ福岡 〜みんなの力でパンパンに!! 愛のシャワーを浴びせてネ〜」
11月24日(月)  マリンメッセ福岡

■特設サイト
https://ck-liveordie2014.info/

【関連リンク】
C&K オフィシャルサイト
C&K、豪華特典付きライヴDVDが6月4日に発売決定!
C&K、11月に福岡マリンメッセ公演が決定!
C&Kがアイドルグループを初全面プロデュース!

【関連アーティスト】
C&K
【ジャンル】
J-POP, ライブ

吉澤嘉代子、新曲「美少女」のフルサイズMVを解禁
Mon, 12 May 2014 16:30:00 +0900
吉澤嘉代子 (okmusic UP\'s)

吉澤嘉代子の新曲「美少女」のMVフルバージョンが解禁となった。

【その他の画像】吉澤嘉代子

吉澤嘉代子は、ヤマハ主催のコンテスト“The 4th Music Revolution"JAPAN FINALでグランプリとオーディエンス賞をダブル受賞した実力派かつ個性派のシンガーソングライター。メジャーデビュー作品となるミニアルバム『変身少女』には前述のリード曲「美少女」のほか、「チョベリグ」、「ラブラブ」、「ひゅるリメンバー」といった新曲が6曲収録されており、吉澤嘉代子本人がナビゲートするアルバム全曲紹介動画も公開中である。

今回、MVフルバージョンが解禁となった「美少女」は《恋がしたい 恋がしたい 美少女になれたなら》という印象的な歌い出しで始まり、「自分が夢中になれるものにいつか出逢いたい」という思いもこめられたラブリー・ポップな楽曲となっている。

また、デビューミニアルバムのリリースを記念して、5月12日(月)、5月14日(水)いずれも22:00より、「吉澤嘉代子の変身少女TV」と題したUstream番組の配信も決定しており、本日5月12日の第1回配信では、MARQUEE 松本編集長が特別ゲストとして出演し吉澤嘉代子の魅力に迫る。また、番組内ではトークコーナーに加えて、生ライヴも披露されるとのこと。

妄想と現実のあいだを往き来する吉澤嘉代子の世界を垣間見る、貴重な機会になりそうだ。

■Ustream番組「吉澤嘉代子の変身少女TV」配信ページ
http://www.ustream.tv/channel/yoshizawakayoko

■「美少女」MV
http://youtu.be/lIPcSLZe0LE

■デビューミニアルバム『変身少女』全曲紹介動画
http://youtu.be/SvYMNe3nZus

■ミニアルバム『変身少女』

2014年5月14日発売
CRCP-40373/¥1,667+税
<収録曲>
1.美少女
2.チョベリグ
3.ラブラブ
4.きらい
5.涙のイヤリング
6.ひゅるリメンバー

■「デビューミニアルバム『変身少女』発売記念 CD購入者イベント ミニライブ&サイン会」

5月14日(水)  タワーレコード池袋店6F特設イベントスペース
イベント受付開始・集合 18:30 / 開始 19:00
5月16日(金)  タワーレコード秋葉原店特設イベントスペース
イベント受付開始・集合 18:30 / 開始 19:00
5月18日(日)  タワーレコード渋谷店1Fイベントスペース
開始 14:00
5月24日(土)  あべの Hoop 1F オ−プンエアプラザ(イベントスペース)
イベント受付開始・集合 12:30 / 開始 13:00
5月24日(土)  京橋ダイエーイベントスペース
イベント受付開始・集合 / 開始 夕方予定
5月25日(日)  タワーレコード神戸店
イベント受付開始・集合 / 開始 昼予定
5月25日(日)  タワーレコード京都店
イベント受付開始・集合 16:30 / 開始 17:00
5月31日(土) タワーレコード福岡店
イベント受付開始・集合 12:30 / 開始 13:00
5月31日(土)  HMV広島本通店
イベント受付開始・集合 17:00 / 開始 17:30
6月01日(日)  タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
イベント開始 12:00

【関連リンク】
吉澤嘉代子 オフィシャルサイト
吉澤嘉代子が本人ナビゲートによるアルバム全曲紹介動画を公開
「musicるTV」で話題の吉澤嘉代子がアルバム予約会を絶賛敢行中!
吉澤嘉代子、新曲「美少女」のMVが解禁!

【関連アーティスト】
吉澤嘉代子
【ジャンル】
J-POP

堂珍嘉邦、ツアーファイナルにて新曲「醒めながら見る夢」を初披露
Mon, 12 May 2014 16:00:00 +0900
5月11日@Zepp DiverCity Tokyo (okmusic UP\'s)

5月11日、堂珍嘉邦がZepp DiverCity Tokyoにてツアー「堂珍嘉邦TOUR 2014 "Bronze Caravan"」のファイナル公演を行なった。

【その他の画像】堂珍嘉邦

3月に発売した2枚目のアルバム『Bronze Caravan』を引っさげて行なったツアーは、堂珍の故郷である広島を含む、大阪、福岡など全国9カ所で展開。堂珍は2度目のソロツアーを「全部充実していて、全部思い出に残りました。またツアーが出来るように、作品を作っていきたい」と達成感に満ちた表情で振り返っていた。

約2時間半で全25曲を歌ったステージでは広島東洋カープ堂林翔太選手の入場テーマ曲「Fly away」や5月11日から全国で順次公開される主演映画『醒めながら見る夢』の同名主題歌で5月14日にリリースされる「醒めながら見る夢」を初披露。堂珍は「映画もぜひ観てください」と集まったファンに笑顔で呼びかけていた。

■「堂珍嘉邦 presents “Ma Boh?me"」

6月22日(日) 代々木Zher the ZOO
出演:堂珍嘉邦 with ゲスト
OPEN 18:00/START 19:00

【関連リンク】
堂珍嘉邦 オフィシャルサイト
佐藤竹善、キャリア初のクリスマスアルバムをリリース
堂珍嘉邦、9月に東名阪ライブハウスTOURが緊急決定
ロックスター・堂珍嘉邦、ソロ初ツアーのファイナル公演のライブDVDと新曲「Euphoria」が同時発売決定

【関連アーティスト】
堂珍嘉邦
【ジャンル】
J-POP, ライブ

sads、梅田CLUB QUATTROにて圧巻のパフォーマンスを披露
Mon, 12 May 2014 16:00:00 +0900
5月5日(月) @梅田CLUB QUATTRO (okmusic UP\'s)

sadsが5月5日、梅田CLUB QUATTROにてライヴを行なった。

【その他の画像】sads

5月5日のこどもの日、雨の梅田CLUB QUATTRO。即ソールド・アウトとなった会場に詰めかけたロック・キッズは、sadsの4人が魅せる極上の大人の遊戯に酔い痴れた。この夜の公演はジュエリー・ブランドJustin Davisの企画によるもの。『Jewel Loves Rock Star』のコンセプトに相応しい、選ばれし者の艶やかな輝きを満員のオーディエンスが目撃したのである。開演前から、熱気とも湿気ともつかない魔的な空気が場内を支配していた。客電が落ち、SEが流れ出したが最後、約3時間にわたる演奏は、悪魔が微笑みかけているんじゃないかと思えるほどの興奮をキープして駆け抜けた。時間が経過するにつれて、観る者の身体に毒が回るかのようなパフォーマンス。そんな彼らの魅力に振り回される絶好のライヴであった。

現在のsadsは強靭なバンドだ。他の誰にも負けない、周りは関係ないという自信がステージ上に満ちている。最初から最後までフルスロットルで突っ込み、奏でれば奏でるほどに強くなる。とくに本編終盤からアンコールにかけての絶頂の連続には目を見張るものがあった。そしてこれが今の彼らのやり方なのだと理解した。床が抜けるかと思うほどに暴れるオーディエンスの悦楽の表情がすべてを物語っている。観ているうちに身体が勝手に反応してしまうような状況は、心底気持ちのよいものだ。時折挟み込まれるリラックスしたMCからも、彼らと観客との甘美な信頼関係がうかがえた。観客を突き放すかのような危うい発言さえも清春(Vo.)の愛情の裏返しとみるべきだろう。信じてついて来た者には、期待以上のものを魅せる。そんなsadsの心構えがファンにとってはたまらないはずだ。

それにしても、舞台上の4人の佇まいには惚れ惚れしてしまう。清春は妖艶な息を吐き、フロアとステージを扇動する。K-A-Z(G.)は魔人のごときリフを繰り出し、空間を切り裂いてゆく。GO(Dr.)の手足から放たれるドラムは電撃さながらに聴く者の身体を貫く。クボタケイスケ(B.)は雲の上を軽やかに舞うように、メンバーの個性を巧みにつなぐ。次々に披露される新旧のチューンを聴きながら思った。彼らには様々な経験を積み重ねてたどり着いた境地がある、と。たとえばモトリー・クルーの"Wild Side" をカヴァーしても、結果的に純度100%のsadsの曲になってしまうという強さ。これは凡百のバンドが出そうと思ってもなかなか出せない領域の業だ。現在のsadsには、綿密に計算された構築美に基づいたへヴィネスがある。さらに言えば、彼らの手にも負えないような嬉しい化学反応がつねに舞台上で起きているのかもしれない。そんな状況を愉しんでいる様子が、ステージを見守る我々にも伝わってくるのだ。

ご存知の通り、まもなく15周年を迎えるsadsは、6月から7月にかけて関東・京都での全7公演のショートサーキットを予定している。ツアータイトルは『Evil 7 playground』。まさに今のsadsにぴったりの象徴的な単語が並んでいることに注目したい。彼らはこの旅の中でも極めて濃密なステージを披露してくれるだろう。また、ツアー会場では、ニューシングル「spin」および現メンバーによる既発曲の新録音バージョンが収められた"リテイクアルバム"「erosion」も販売される。6月14日の千葉・柏 PALOOZAから始まる、妖しく煌めく遊び場をお見逃しなく。従来のファンはもちろんだが、彼らのライヴを未体験の人にこそ、ご覧いただきたい。そのパフォーマンスを目にすれば、自分が抱いていた固定観念や先入観が鮮やかに断ち切られるのがわかるはずだ。彼らに「初めて」を奪われ調教された後は、ひたすら快楽に溺れるのみ……。

sadsは観る者の本能に訴えかけてくる。その魅惑の爆音を全身に浴びて、心がまったく動かないとしたら、嘘だ。あまりにも華やかで色気のあるへヴィネス。一歩間違えば危険な領域に足を踏み入れてしまうであろうスリル。こんな奇特なバランスの上に成り立っているバンドは、世界を見回してもそうはいないだろう。どんな場に出ても、圧倒的勝利を収めることは彼ら自身にもわかっているはずだ。あの夜、梅田CLUB QUATTROにいた誰もがあと何時間でも演奏してほしいと望んでいたのではないだろうか。もっと次が観たい。そんなオーディエンスの渇望を舌なめずりして見下ろすsads。観客ひとりひとりの首筋に毒針を突き刺すようなロックスターの今後の展開に期待したい。

TEXT BY:志村つくね
PHOTO BY:河上 良

■【セットリスト】

M 1:HONEY
M 2:hate
M 3:See a pink thin cellophane
M 4:METAL FUR
M 5:WHAT\'S FUNNY?
M 6:DEPRAVITY DAY
M 7:spin
M 8:GRAVE
M 9:WILD SIDE
M10:WHITE HELL
M11:FREEZE
DRUM SOLO
GUITAR SOLO
M12:evil
M13:for you
M14:Making Mother Fucker
M15:NIGHTMARE
M16:LIAR
M17:Amaryllis
-ENCORE 1-
M18:GOTHIC CIRCUS
M19:SANDY
-ENCORE 2-
M20:WASTED
M21:Because
M22:TAHNK YOU
-ENCORE 3-
M23:TOO FAST TO DIE
M24:Liberation
M25:CRACKER\'S BABY

【関連リンク】
sads オフィシャルサイト
sads、ニューシングル『spin』&リテイクアルバム『erosion』限定盤をツアー会場のみでリリース
サッズ、大阪でのライヴ&ショートサーキット開催決定!
SuG・武瑠ソロ?浮気者?、コラボ第4弾はTom-H@ckとハヤシベトモノリ!SADSの「忘却の空」を大胆カバー!

【関連アーティスト】
sads
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

TarO&JirO、イギリスのショーケースライヴで現地ファンを圧倒!
Mon, 12 May 2014 15:00:00 +0900
5月10日@「JAPAN RISING showcase」 (okmusic UP\'s)

5月10日、兄弟ギターロックデュオ“TarO&JirO" がイギリスの郊外の街ブライトンで開催されたThe Great Escapeに日本代表の1組として「JAPAN RISING showcase」と題されたショーケースに出演した。

【その他の画像】TarO&JirO

街中、そして各ライブ会場が熱気に包まれる中、会場となるQueens HotelにTarO&JirOが登場。初めて見るアコースティックギターをもった日本のサムライロックデュオに会場の約800人はくぎづけに。

TarO&JirOは合計8曲を熱唱、先月リリースしたばかりの2ndミニアルバム『OVNI』からの楽曲を中心に演奏。驚いた事に2曲目に披露したオリジナル曲「Once in a while」を数人の男性のお客さんがなんとフルコーラスを熱唱していた。この曲、4年前にイギリスで活動している時に作った曲だが、聞いたところ「事前にyoutubeでチェックして来た」と語っていた。

中盤、TarOの「We are going cover of "Smells Like Teen Spirit".」とのコールに会場は騒然! Nirvanaの名曲「Smells Like Teen Spirit」のカバーを初披露、会場は更に一体感を増し、サビでは大合唱が起こった。最後の披露したTarO&JirOの代表曲でもある「Silent Siren」終了後には二人に惜しみない拍手が送られ、大盛況の中、ライヴは終了した。

さらに同日、23時には「Blind Tiger」という会場でもライヴを行なったTarO&JirO。遅い時間のライヴにも関わらず会場には、すでにアルコールを片手に体全体で音楽を体感している500人以上のオーディエンスがTarO&JirOを迎え、中には、昼のライヴを見て、再び足を運んだオーディエンスも多かった。

2009年、現在の「タロジロスタイル」が確率していない時に渡英し、ロンドンでの路上ライヴやパブのオープンマイクで経験を積んで来た彼らは、今回の「The Great Eacape」で確かな手応えを感じ、自分たちに送られた賞賛の拍手がさらなる自信に繋がった。

この勢いで、日本国内でも快進撃を続ける。5月25日(土)にはTOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2014に、8月3日(日)にはROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014に出演が決定、さらに9月27日(土)にはデビュー後、初の東京ワンマンライブを下北沢GARDENにて行なう。

■【セットリスト】

1、涸れない水たまり
?2、Once in a while
?3 、つま先?
?4、襲来〜Landing〜
?5、煙?
?6、Smells Like Teen Spirit(Nirvanaカバー)
?7、Snake Bite
?8、Silent Siren

■【TarO&JirO コメント】

とにかくライブが気持ちよかったです。
TarO&JirOの現在の「アコースティックギター2つ、声2つ、キックドラム1台」というスタイルを確立してからは初のイギリスでのライブでしたが、手応えのあるライブをすることが出来ました。

みんな盛り上がってくれて、ライブを終えた後も現地の沢山の言葉をもらう事ができました。その中でも一番印象的だったのは「グラストンベリー(※1)で待ってる」という言葉でした。俺らの夢はイギリスで活動していた頃から、「グラストンベリー出演」だったので、そう言った言葉をもらえて、夢にまた一歩近づいた気がしました。

海外での活動で一番面白いのは、やはり普段は出会えない様な色んな人と出会えること。今回もライブハウスのPAをやってるドラマーと仲良くなったり、路上ライブで出会ったパーカッショニストと一緒にジャムセッションをしたりして、そう言う肌と肌で触れ合う出会いによって得られる刺激や感覚が今後の活動のいい糧になると改めて思いました。

また、嬉しかったのは4年前にロンドンで活動している頃、オープンマイクで同じパブで演奏をしていたミュージシャンの友達と偶然ブライトンの街で再開した事です。彼も俺らの事を覚えていてくれて、しかもミュージックビデオもチェックしてくれていたらしくブライトンのライブにも遊びに来てくれていました。

4年前に蒔いた種がこうして今に繋がっているのは非常に嬉しかったですし、だからこそ今回のイベント出演を通して、また次に繋がる「良い種」をたくさん蒔くことが出来た数日間だったと思います。

※1 イングランド・ピルトンで1970年から行なわれている大規模野外ロックフェスティバル

■「TarO&JirO ワンマンライブ“東京襲来〜Landing in the city of Tokyo〜"」

9月27日(土) 東京・下北沢GARDEN
OPEN 16:00/START 17:00

【関連リンク】
TarO&JirO オフィシャルサイト
イギリスで行なわれるショーケース・ライヴに日本人アーティスト3組が出演決定!
チェルシーホテルとワールドアパートの共催企画に気鋭のアーティストが集結
サカナクション、電気グルーヴら7組 ライジングサン2014 第2弾出演アーティストを発表

【関連アーティスト】
TarO&JirO
【ジャンル】
J-POP, ライブ

奥田民生がCASIO「OCEANUS」とのコラボレーションモデルを販売決定
Mon, 12 May 2014 14:30:00 +0900
奥田民生×OCEANUS (okmusic UP\'s)

10月21日にソロデビュー20周年を迎える奥田民生が、同じく10月にブランド設立10周年を迎えるCASIOの多機能高級電波ソーラークロノグラフ 「OCEANUS」とのAnniversaryコラボレーションモデル「OCEANUS OT MODEL」を今秋に発売する事が決定した。

【その他の画像】奥田民生

プライベートでも「OCEANUS」を愛用しているという奥田民生と「OCEANUS」との初コラボレーション。黒の文字盤に赤を効かせたデザインは、奥田民生プロデュース。生産限定100本のシリアルNo.入りという、超プレミアムアイテムとなる。

こちらは会社設立40周年を迎えたソニー・ミュージックアーティスツの公式通販サイト「ROCKET-EXPRESS」にて、10月21日より抽選販売を開始する。気になる方は是非チェックしてみよう。

■「ROCKET-EXPRESS」
http://www.rocket-exp.com/ 

■「OCEANUS OT MODEL」

2014年10月21日より抽選販売受付開始
¥162,000(税込)

ベースモデル:OCW-S2400-1AJF
生産限定100本、裏蓋シリアルNo.入り
■ ワールドタイム(デュアルタイム)
■ ケース・ベゼル材質: チタン
■ メタルバンド(チタン)
■ 無垢バンド
■ ワンプッシュ三つ折れ式中留
■ 両面無反射コーティングサファイアガラス(デュアルカーブ)
■ 10気圧防水
■ タフソーラー(ソーラー充電システム)
■ 電波受信機能:自動受信(最大6回/日)(中国電波は最大5回/日)/手動受信
■ サイズ(H×W×D)/質量:47.6×42.6×11.7mm/89g

【関連リンク】
奥田民生 オフィシャルサイト
ソニー・ミュージックアーティスツの設立40周年記念イベント第1弾は氣志團・綾小路翔プロデュース!
奥田民生、ツアーファイナル公演をDVD&Blu-rayで来春リリース
ユニコーン・手島いさむ、日本武道館ライブが12月に映像化

【関連アーティスト】
奥田民生
【ジャンル】
J-POP

コンテンポラリーな生活、初全国ツアーの全日程を発表
Mon, 12 May 2014 14:00:00 +0900
コンテンポラリーな生活 写真左から藤田彩(Ba.)、朝日廉(Vo.&Gt.)、酒井俊介(Dr.) (okmusic UP\'s)

コンテンポラリーな生活が5月21日にリリースする『ポップソングと23歳』を引っさげての全国ツアー『23歳のポップソング』の日程をオフィシャルHPで発表した。

【その他の画像】コンテンポラリーな生活

大阪を中心に活動する話題のバンド、コンテンポラリーな生活。
彼らは東京や地元大阪では自主企画を何度も成功させているが、全国ツアーはこれが初めてとなる。先行で発表された6月22日下北沢シェルターでのツアー初日にあたるレコ発イベントは即日ソールドアウトしており、他のエリアでもチケットの争奪戦が予想されるので、詳細をチェックして早めにゲットしよう。

5月21日リリースの新作『ポップソングと23歳』は中尾憲太郎(ex. NUMBER GIRL, SPIRAL CHORD)をプロデューサーに迎え、重厚なサウンドメイクやバンドとしての演奏力、アレンジ強化に徹底的に挑んだ意欲作。もちろんこれまでの親しみやすいコンポラ的ポップかつセンチメンタルなメロディと、そこに相反した日常や社会への皮肉とユーモラスな歌詞世界は健在。

また、あわせて発表された渋谷タワーレコードでのインストア情報、神聖かまってちゃん主催の対バンイベント出演についてもご確認を。

■ミニアルバム『ポップソングと23歳』

2014年5月21日発売
XQMB-1003/¥1,620(税込)
<収録曲>
1. ピンポンダッシュ
2. 彼女はテレキャスターを手放さない
3. 週末のエイトビート
4. 深夜鉄道
5. それでいいさと思うのだ!
6. ポップソングと23歳

■「ピンポンダッシュ」MV
https://www.youtube.com/watch?v=zG4vIbLlw94

■【ライブ情報】

「コンテンポラリーな生活 ライブツアー『23歳のポップソング』」
6月22日(日) 下北沢Shelter 
開場18:30/開演19:00 チケット Sold out
6月27日(金) 仙台Flying Sun 
開場17:45/開演18:15 
7月11日(金) 広島4.14 
開場18:30/開演19:00 
7月13日(日) 金沢vanvanV4 
開場18:00/開演18:30
7月14日(月) 名古屋UPSET 
開場18:30/開演19:00 
7月25日(金) 梅田シャングリラ 
開場18:30/開演19:00 

「神聖かまってちゃん 『ネッとこどっこいしょ☆!対バンツアー』」
7月27日(日) 東京キネマ倶楽部
開場17:00 / 開演18:00
出演:神聖かまってちゃん、コンテンポラリーな生活

■【イベント情報】

「コンテンポラリーな生活『ポップソングと23歳』発売記念インストアライブ」
日時:6月03日(火)  19:00
場所:タワーレコード渋谷店 B1F「CUTUP STUDIO」
【参加方法】
予約者優先でタワーレコード渋谷店、新宿店にて、5月21日(水)発売『ポップソングと23 歳』(XQMB-1003)をご購入いただいたお客様に、先着で整理番号付イベント入場券を配布いたします。
【対象店舗】タワーレコード渋谷店、タワーレコード新宿店
【対象商品】5月21日(水)発売コンテンポラリーな生活『ポップソングと23歳』(XQMB-1003)
イベント詳細はこちら:http://tower.jp/store/event/2014/06/003028

「タワーレコード梅田NU茶屋主催アウトストアイベント『“K.G.M"〜Kansai Gossip Music〜』」
6月6日(金) LIVE SQUARE 2nd LINE
開場 18:00 / 開演 18:30
出演:ジラフポット、waybee、Moccobond、コンテンポラリーな生活
料金:前売 ¥2300 / 当日 ¥2800
【ライブご来場&CD購入者にライブ会場限定特典】
タワーレコード梅田NU茶屋町店にて、5/21発売のコンテンポラリーな生活「ポップソングと23歳」(XQMB-1003)をお買い上げのお客様に先着で特典引換券を配布いたします。この特典引換券をお持ちの上、6月6日のライブにご来場頂いたお客様(チケット購入場所は不問です)に先着でライブ会場限定特典缶バッジをライブ会場内のタワーレコードCD物販コーナーにてお渡しいたします。
※特典引換券は数に限りが御座いますので無くなり次第終了となります。予めご了承ください。ライブ当日は、特典引換券を忘れずにお持ちください。
問い合わせ先:タワーレコード梅田NU茶屋町店 06-6373-2951

【関連リンク】
コンテンポラリーな生活 オフィシャルサイト
コンテンポラリーな生活が5月発売のミニアルバム収録内容とリード楽曲MVを公開
じん(自然の敵P)ら出演のライブイベント 『KEEP HAVING FUN』がダイジェストでテレビOA決定
Lia、IA、じん(自然の敵P)ら総出演! 1st PLACE(株)10周年記念ライブのチケット予約開始

【関連アーティスト】
コンテンポラリーな生活
【ジャンル】
ジャパニーズロック

吉田山田の5周年ツアー3カ所が完売につき、急遽Zepp公演の立ち見席を発売!
Mon, 12 May 2014 13:30:00 +0900
吉田山田 (okmusic UP\'s)

吉田山田の「555ツアー」と銘打ったデビュー5周年記念ツアーのチケットが5月10日に一般発売され、 Zepp DiverCityを含む3カ所が即日SOLD OUTしたことが分かった。

【その他の画像】吉田山田

即日完売した公演は、6月29日開催の下北沢LIVE BAR BIG MOUTH「〜下北沢・原点 / 55人限定ライブ〜」、9月28日開催の福岡・イムズホール「〜福岡クレイジーワンダーランド〜」、そして10月18日開催のツアーファイナル、東京・ Zepp DiverCity Tokyo「〜東京ファイナルファンタジー / 吉田山田全曲ライブ〜」の3公演。全公演でコンセプトが違うという5周年らしいツアーとなっているが、ツアーチケットは残すところ名古屋と大阪の2公演分となっている。

これを受けて、急遽10月18日に行なわれるZepp公演の立ち見券の追加販売が決定。だが販売は若干数となるので、お早めのチェックをおすすめする。

この一年で目に見えてライヴの動員も増やしている吉田山田。「日々」のロングセールスを受け、今年は大きく飛躍する一年になりそうだ。

■「日々」MV
http://youtu.be/4J9AcO6LrfM

■「555ツアー」

〜下北沢・原点/55人限定ライブ〜
6月29日(日) 東京・下北沢LIVE BAR BIG MOUTH

〜大阪マジックサーカス〜
7月13日(日) 大阪・なんばHatch

〜名古屋プライベートパーティ〜
8月23日(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館
ビレッジホール(名古屋市民会館 中ホール)

〜福岡クレイジーワンダーランド〜
9月28日(日) 福岡・福岡イムズホール

〜東京ファイナルファンタジー/吉田山田全曲ライブ〜
10月18日(土) 東京・Zepp DiverCity Tokyo

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルサイト
吉田山田、「日々」MVが100万再生突破!
「日々」が話題の吉田山田、ポッドキャストで新番組を担当!
吉田山田、NHK「あさイチ」出演&みんなのうた「日々」が4月に再放送決定!

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP

geek sleep sheep、主催イベントで洋楽ファン垂涎のカバー曲を披露!
Mon, 12 May 2014 13:00:00 +0900
5月9日@渋谷クラブクアトロ (okmusic UP\'s)

5月9日@渋谷クラブクアトロにて、geek sleep sheep主催のイベント「geeks vol.1」が開催された。

【その他の画像】geek sleep sheep

主催のイベント第一回となる今回は、彼らの約3 カ月ぶりとなる待望のライヴはもちろん、ゲスト・アクトにKlan Aileen、 オープング/エンディングおよび転換中のDJチームとしてFREE THROWを迎えた一夜となった。

開場してほどなくすると会場は満員状態へ。FREE THROWがVJも交えつつレディオヘッド/ニルヴァーナ/レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンといった洋楽ロックをかけて会場のテンションを高め、まずはKlan Aileenがステージに登場。松山亮(ギター&ヴォーカル)と竹山隆大(ドラム)の若手デュオだが、2人とは思えないほど出音は非常にラウド。松山の内省的な世界観をディストーション・ギターで表現するようなステージは、今度のさらなる飛躍を予感させるクオリティだ。

FREE THROWのDJを挟み、オープニングBGMが流れる中、いよいよgeek sleep sheepの面々がステージに登場。今さら説明は不要だとは思うが、geek sleep sheepはMO\'SOME TONEBENDERのkazuhiro momo(ギター&ヴォーカル)、凛として時雨の345(ベース&ヴォーカル)、そしてL\'Arc〜en〜Ciel/acid androidのyukihiro(ドラム)といった第一線のミュージシャン3 人によるバンドだ。

昨年12月に1stアルバム『nightporter』をリリースし、今年1月には東名阪を回るツアーを敢行、今回はそのライヴ以来となるステージとあって、オーディエンスのテンションも非常に高い。yukihiroのカウントで1曲目「Weekend Parade」からスタート。345のメロディアスなベース・ラインと百々のカラフルな歪みギターをyukihiroが軽快なドラムで支える。アルバムよりも速めに感じるテンポもライヴならではの醍醐味だ。続いてはアップテンポなナンバー「SANPO」。ユニークな歌詞を345と百々が掛け合うBメロ、そしてサビの高揚感が最高。攻撃的なリフがグッと来る「Jesus wa gokigen naname」ではいつも以上に百々のシャウトに熱がこもっており、コンディションも上々のようだ。

ライヴは345がメイン・ヴォーカルを取る「Teardrop」「frame」へと続く。前述したように345のベースはルートをなぞるだけでなく、フレーズの一部とも言えるメロディアスな動きをする。こうした静かめな曲ではそれがより顕著となって非常に興味深い。3ピースという少人数でもこれだけ豊かな響きが得られているのは、きっと345のベース・ラインによる部分も大きいのだろう。ここで恒例のカバー曲タイムに。 geek sleep sheepはライヴごとにストロベリー・スウィッチブレード(「SINCE YESTERDAY」は1stシングルにも収録)をはじめ、 ニルヴァーナやマイ・ブラッディ・ヴァレンタインなど洋楽ファン垂涎のカバー曲を披露してきた。今回取り上げたのは伝説のオルタナ・バンド=ピクシーズの「Gigantic」で、momoのMCによると「カバーの選曲はいつも悩むが、今回はすんなり決まった」とのこと。

ピクシーズには「Monkey Gone To Heaven」という大名曲もあるが、そこを外してきたのが彼ららしい。ちなみに当時のピクシーズもベースはキム・ディールという女性だった……という話は置いといて、特徴的なベース・フレーズから一気にサビの爆発に流れ込むこの曲を3 人とも非常に楽しんで演奏している様子。パンクのセオリーに沿った3 コード構成ながら、起伏あるメロディとアンサンブルの妙で飽きさせない。続いて、そうした「シンプルでも良い曲」を念頭に、百々がライヴ前日に作詞したという新曲も披露。エモーショナルなAメロとサビの爆発という、静と動のコントラストがはっきりしたミドル・テンポな曲で、歌詞も従来と違ってシリアス。geek sleep sheepの次なる方向性を示唆するものなのかは分からないが、深みのあるロック・ナンバーだった。
 
345のMCタイムを挟み、今度は5拍子の軽快なリズムが心地良い「GOHAN」。演奏者にとっては一筋縄ではいかない変則ビートだが、百戦錬磨の3 人だけにサラリと弾きこなす姿はさすが。続く「IMAGINATION」はAメロの途中でテンポがハーフになり、その次の「Strange Circus」に至っては変拍子が入り交じる曲だが、yukihiroのドラムはどこまでも安定している。 最近はL\'Arc〜en〜Cielのライヴもあるだけに恐らく“ドラマー・モード"なのだろう、非常にキレのあるビートをたたき出していた。

ラストは甘美なメロディとノイズ・ギターの洪水が心地良いキラー・チューン「hitsuji」。一定のギター・フレーズに対してベース・ラインを動かして作る“ステイ感"は、往年のシューゲイザーを感じさせる玄人好みのアレンジだ。あらためて、ニューウェイブ〜UKロック〜オルタナティブをオリジナルなサウンドへと昇華させた完成度の高さを感じるばかりである。こうして、今回の彼らのライヴは幕を下ろした。

イベントを振り返って感じるのは、洋楽ロック好きが純粋に楽しめる内容になっていたということ。geek sleep sheepはもちろんのこと、Klan AileenやFREE THROWもそうしたテイストで一貫しており、洋楽をあまり通ってこなかった人たちにとっても、良い音楽に触れられる絶好の機会になったのではないだろうか。

7月19日には第二弾イベント「geeks vol.2」の開催も決定しているということで、今後もgeek sleep sheepの動向に注目していきたい。
また、次回のカバー曲にも期待したいところだ。

■ライブ情報

geek sleep sheep presents 【geeks vol.2】
7月19日(土) LIQUIDROOM 
OPEN / 17:00 START / 18:00 
【ゲスト】ハルカトミユキ / ナカコー(DJ) and more…
料金:All standing ¥4,300 (tax in) +drink ¥500
一般発売日:6月7日(土)

オフィシャル先行  
※本受付は先着となります。
受付URL:http://www.getticket.jp/g?t=3wbaky  
※PC・モバイル共通
受付期間:
5月12日(月)18:00〜5月18日(日)23:59
・1回のお申し込みにつきお1人様4枚まで。
・本受付は先着となり、規定枚数になり次第終了致します。

【ご購入時の注意事項】
・お申込みはディスクガレージ インターネットチケット販売サイト『GET TICKET』をご利用頂きます。
・初めてご利用の方は、『GET TICKET』への会員登録(無料)が必要です。
・その他詳しくはお申込みページにてご確認下さい。
・本受付は、必ずしも優先的に良いお席・整理番号をご用意するものではありませんので、予めご了承下さい。

【受付に関するお問合せ先】
ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00-19:00)

【関連リンク】
geek sleep sheep オフィシャルサイト
geek sleep sheep、ハルカトミユキとナカコーをゲストに迎えた「geeks vol.2」開催決定
Ustreamで「HighApps Vol.18 SPECIAL!!」を振り返る公開打ち上げ決定!
geek sleep sheep、初の自主企画イベント開催決定!

【関連アーティスト】
geek sleep sheep, FREE THROW, Klan Aileen
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

KREVAがソロ10周年ベストアルバム『KX』のジャケットを公開
Mon, 12 May 2014 12:30:00 +0900
アルバム 『KX』 【初回限定盤】 (okmusic UP\'s)

KREVAがソロデビュー10周年となる6月18日に発売するベストアルバム『KX』のジャケットが公開された。

【その他の画像】KREVA

ソロ活動10年の歴史を彷彿とさせるそのジャケットは、神殿をモチーフとした壮大なビジュアル。通常盤、初回限定盤、予約限定生産盤ともにKREVAの美術展が開催されるかのような仕様となっており、ファンの注目を集めている。歴代作品をとってみても、常にファンを楽しませようとするKREVAのアートワークへのこだわりとセンスはかなりのもの。本作品は3形態のCDブックレット写真も全 て異なっており、CDを開封した後も視覚で十分に楽しませる内容になっている。KREVA自らオフィシャルサイトなどで公開してくれるのを期待して待とう。

アルバムタイトルが示す通り、10周年だからこそ実現する究極のベスト盤は、人気曲&超名曲を完全収録。新曲2曲を含むCD2枚組全30曲収 録の通常盤に加え、さらにCDとDVDで異なるセレクト曲を収録した4枚組全55曲収録の初回限定盤も登場する。いったいどの名曲が、そしてライヴ映像が収録されるのか今後も期待が高まりそうだ。すでに予約受付を終了した予約限定生産盤では、CD未発売曲とデモ音源を収めたレア音源集や、ライヴセレクト映像を収録したDVDに加え「KREVAのライミング予備校」と題した特典映像を収録する他、スペシャルフォトブックと10周年記念グッズ3点をコンパイル。ベストアルバムをチェックすれば、KREVAを知っていると言っても過言でない充実の内容となっている。

さらにベストアルバム発売当日の6月18日から、10th Anniversary Year「KREVAライブハウスツアー2014『K10』」と題し、大阪Zepp Nambaを皮切りに、札幌、仙台、新潟、東京、名古屋、広島、福岡と8都市10公演の全国ツアーをスタートさせるKREVA。2009年ソロデビュー5 周年で行われた「心臓」ROUND1, 2以来5年振りのスタンディングライヴはバンド編成でのライヴと告知されており、圧巻のステージとなりそうだ。10周年ツアーはどんなライヴになるのか? まずはベストアルバムをチェックしてライヴ会場に足を運んでみよう。今までに経験したことのない感動をKREVAがステージから与えてくれるはずだ。

■アルバム『KX』

2014年6月18日発売
【予約限定生産盤】(4CD+2DVD)
PCCA-10908/¥10,908+税
※歴代アーティスト写真を網羅!未使用写真も含む10周年記念スペシャルフォトブック
※10th Anniversary プレミアムグッズ「T-シャツ」「KXペン」「ラバーコースター」計3点
・CD-1 ベスト盤(1) (新曲含む15曲収録予定)
・CD-2 ベスト盤(2) (新曲含む15曲収録予定)
・CD-3 セレクト盤 (10曲収録予定)
・CD-4 レア盤 (CD未発売曲、デモ音源他計10曲収録予定)
<収録曲>
01. ひかり ※CD未発表曲
02. Nothing ※CD未発表曲
03. 目を閉じれば無数の星 ※CD未発表曲
04. 忘れずにいたいもの ※CD未発表曲
05. 夏サマサマ feat.千晴(Roughmix) ※CD未発表曲
06. ハッピーメリークリスマス(Demo)
07. 908 FESTIVAL 2012 オープニングテーマ
08. 908 FESTIVAL 2013 オープニングテーマ
09. space4space 5(Demo)
10. BESHI ?Band Recording Ver.- take8(Roughmix)
・DVD-1 ライブセレクト盤 (15曲収録予定)
・DVD-2 「KREVAのライミング予備校」 (人気のライミング講座!豪華受講生を迎えて特別開校!)
■予約限定生産盤に関するご案内
本商品は2014年4月19日にご予約の受付を終了しております。在庫の確認はお近くのCDショップ、またはECサイトにてお願い致します。上記期日を過ぎましたので、ご購入頂けない場合がございますので、ご了承をお願い致します。

【初回限定盤】(3CD+1DVD)
PCCA-10909/¥3,700+税
・CD-1 ベスト盤(1) (新曲含む15曲収録予定)
・CD-2 ベスト盤(2) (新曲含む15曲収録予定)
・CD-3 セレクト盤 (10曲収録予定)
・DVD-1

【通常盤】(2CD)
PCCA-10910/¥2,700+税
(2枚組仕様/全30曲収録予定)
・CD-1 ベスト盤(1) (新曲含む15曲収録予定)
・CD-2 ベスト盤(2) (新曲含む15曲収録予定)

■「KX」特設サイト
http://www.kreva.biz/kx/

■10th Anniversary Year KREVAライブハウスツアー2014「K10」

6月18日(水) Zepp Namba Osaka
6月20日(金) Zepp Fukuoka
6月23日(月) Zepp Nagoya
6月24日(火) HIROSHIMA CLUB QUATTRO
6月27日(金) Zepp Sapporo WESS
7月01日(火) NIIGATA LOTS
7月03日(木) Sendai Rensa
7月04日(金) Sendai Rensa
7月08日(火) Zepp Diver City Tokyo
7月09日(水) Zepp Diver City Tokyo

【関連リンク】
KREVA オフィシャルサイト
KICK THE CAN CREW、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」へ10年振りの出演が決定
KREVA、ベストアルバム収録「KREVAのライミング予備校」詳細解禁!
KREVA、ベストアルバム『KX』予約限定生産盤収録のレア音源とグッズ発表

【関連アーティスト】
KREVA
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ, J-POP

サカナクション、電気グルーヴら7組 ライジングサン2014 第2弾出演アーティストを発表
Mon, 12 May 2014 12:00:00 +0900
ライジングサン2014 第2弾出演アーティストにサカナクション、電気グルーヴら7組 (okmusic UP\'s)

<RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO>が第2弾出演アーティストを発表され、サカナクション、電気グルーヴら7組が発表された。

【その他の画像】サカナクション

これまで第1弾発表などで総勢36組のラインナップが確定していたRISING SUN ROCK FESTIVAL、第2弾をあわせるとトータル43組のアクトが決定となった。

今回決定したアーティストは、2011年以来となるサカナクション、今年結成25周年を迎える電気グルーヴ、さらに10年ぶりの出演となるTHE PRIVATES、初登場のT字路sなど。

なお第3弾アーティストは5月26日(月)の正午に発表される予定となっている。

【RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZOが第2弾出演アーティスト】
AA= <4年ぶり2回目>
エマーソン北村 <8年連続8回目>
サカナクション <3年ぶり5回目>
T 字路s ティージロス <初登場>
電気グルーヴ <2年ぶり5回目>
the pillows <2年連続10回目>
THE PRIVATES <10年ぶり2回目>

【関連アーティスト】
サカナクション, 電気グルーヴ, the pillows, THE PRIVATES
【ジャンル】
J-POP

flumpool、ベストアルバム初回盤よりレコーディングドキュメントとスタジオライブの映像を公開
Mon, 12 May 2014 12:00:00 +0900
flumpool (okmusic UP\'s)

flumpoolが5月21日にリリースするベストアルバムから、初回盤に収録されている「明日への賛歌」レコーディングドキュメントとスタジオライブの様子をシューティングしたトレーラー映像をYouTubeのオフィシャルチャンネルで公開した。

【その他の画像】flumpool

いよいよ今月21日にベストアルバム「The Best 2008-2014『MONUMENT』」をリリースするflumpool。先日最新曲「ビリーバーズ・ハイ」のミュージックビデオのショートバージョンが公開されたばかりだが、今回の公開した映像は「Music Heartbeat〜Recording Documentary & Studio Live〜」と銘打たれており、めざましテレビ デイリーテーマソングとして話題を呼んでいる最新曲「明日への賛歌」のレコーディング中のメンバーが音楽に向かう真摯な姿をとらえた貴重なドキュメントに加え、「明日への賛歌」、「Hydrangea」、「labo (Re-format)」のスタジオライブの映像の一部を見ることが出来る。

これまでライブで披露され続け人気曲となっていた「Hydrangea」と、flumpoolを語るには欠かせない初期の名曲「labo(Re-format)」の2曲共にリアレンジされた新録バージョンとなっており、その音源もいち早く聴く事が出来ることもあり、ファンはもとより、このベストアルバムタイミングでflumpoolを知る事となる新たなリスナーにも興味深い映像となっている。

この映像を見て、ベストアルバムのリリースに備えてみてはいかがだろうか。

■初回盤収録「Music Heartbeat〜Recording Documentary & Studio Live〜」トレーラー映像
http://youtu.be/X_AW8dPje6w

■アルバム『The Best 2008-2014「MONUMENT」』

2014年5月21日発売
【初回限定盤】(2CD+DVD)
AZZS-21/¥3,700+税
【通常盤】(2CD)
AZCS1030〜1031/¥3,200+税
<収録曲>
■Disc1
01.花になれ
02.星に願いを
03.どんな未来にも愛はある
04.春風
05.君をつれて
06.微熱リフレイン
07.Belief 〜春を待つ君へ〜
08.MW 〜Dear Mr. & Ms. ピカレスク〜
09.labo (Re-format)
10.two of us
11.強く儚く
12.Over the rain 〜ひかりの橋〜   
13.ビリーバーズ・ハイ   
14.覚醒アイデンティティ  
15.証  
■Disc2
01.明日への賛歌  
02.reboot〜あきらめない詩〜  
03.大切なものは君以外に見当たらなくて
04.今年の桜
05.残像  
06.Because... I am
07.Touch   
08.Answer  
09.イイじゃない?
10.見つめていたい  
11.Hydrangea
12.Snowy Nights Serenade〜心までも繋ぎたい〜(X\'mas ver.) 
13.夏Dive
14.君に届け 
15.フレイム 
<初回盤特典DVD>
新曲「明日への賛歌」、「ハイドレンジア」「labo」のリアレンジver.のレコーディングに迫ったドキュメントムービー。彼らの音楽に向かう真摯な姿をとらえた貴重なドキュメントに加え、完成した3曲をスタジオライブにて完全披露。さらにお蔵入りとなっていた「Over the rain〜ひかりの橋〜」ミュージックビデオ ドールVer.を追加、さらに山村隆太と、このミュージックビデオのプロデューサー永島慎との対談を収録。

※初回プレス特典
「flumpool 5th Anniversary tour 2014『MOMENT』」
8月9日(土)・10日(日)横浜アリーナ公演、8月23日(土)・24日(日)大阪城ホール公演 チケット先行予約カード封入

■DVDシングル「ビリーバーズ・ハイ」

2014年5月21日発売
【初回プレス完全限定盤】
AZBS-1019/¥1,000+税
<収録内容>
・「ビリーバーズ・ハイ」MV
・TVアニメ「キャプテン・アース」ノンテロップ オープニング映像

■flumpool 5th Anniversary tour 2014「MOMENT」

5月10日(土) 奈良・なら100年会館
5月17日(土) 千葉・千葉県文化会館
5月24日(土) 静岡・静岡市清水文化会館マリナート 大ホール
5月25日(日) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
6月07日(土) 岩手・岩手県民会館 大ホール
6月08日(日) 福島・郡山市民文化センター
6月13日(金) 北海道・ニトリ文化ホール(さっぽろ芸術文化の館)
6月14日(土) 北海道・帯広市民文化ホール 大ホール
6月21日(土) 広島・広島上野学園ホール
6月22日(日) 広島・広島上野学園ホール
6月28日(土) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一
6月29日(日) 熊本・市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)
7月05日(土) 新潟・新潟県民会館
7月06日(日) 新潟・新潟県民会館
7月09日(水) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
7月10日(木) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
-ARENA SPECIAL!!!-
8月09日(土) 神奈川・横浜アリーナ
8月10日(日) 神奈川・横浜アリーナ
8月23日(土) 大阪・大阪城ホール
8月24日(日) 大阪・大阪城ホール

【関連リンク】
flumpool オフィシャルサイト
flumpool、新曲「ビリーバーズ・ハイ」のMVを一部解禁!
flumpool、5月21日発売のベストアルバム『MONUMENT』のジャケット写真を公開!
flumpool、2年ぶりの全国ツアーがスタート! 「明日への賛歌」も初披露!!

【関連アーティスト】
flumpool
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SCANDAL、北海道〜東北を回ったレアライブハウスツアーが大盛況!
Mon, 12 May 2014 11:00:00 +0900
「急に来てゴメン。in 北」ライブ写真 (okmusic UP\'s)

SCANDALが突発的に開催しているワンマンライブシリーズ「急に来てゴメン。」を、この度は「急に来てゴメン。in北」と題して小樽・旭川・函館・青森・秋田の計5カ所で実施! 全公演ソールドアウトの貴重なライブとなった。

【その他の画像】SCANDAL

先日4月23日(水)にリリースされた18枚目のシングル「Departure」が好調な4人組ガールズバンドSCANDAL。 今年6月に実施する、2度目となるバンドの夢の舞台・大阪城ホール公演、そしてプリンセスプリンセス以来ガールズバンド史上2組目23年ぶりの快挙となる横浜アリーナ2days公演が注目されている。

そんな中、今回開催されたこの「急に来てゴメン。」シリーズは、SCANDALが「待ってくれている人がいる所には自分たちで会いに行きたい。自分たちの音楽を直接届けに行きたい。」という思いのもと、実施しているツアーで、今まで行けていない所にワンマンライブをしに行く、という企画。そんな即ソールドアウトとなったレアなライブは、「桜」をモチーフに出会いと別れを歌った最新ヒット曲「Departure」のパフォーマンスあり、2枚目のシングル「SAKURA グッバイ」のパフォーマンスあり、とちょうど桜前線が届きだした北海道と東北にぴったりな、約2時間の大盛り上がりの内容となった。

今回は小樽・旭川・函館・青森・秋田の5か所のライブハウスを巡ったが、6月には3万5000人規模のアリーナでのライブが待っているSCANDALにとっても、バンドの原点であるライブハウスでのライブは貴重なひと時となった。

また、先日発表となり話題となっている、映画『ポケモン・ザ・ムービーXY 「破壊の繭とディアンシー」』(7月19日(土)全国東宝系ロードショー)主題歌の楽曲「夜明けの流星群」(7月16日(水)発売)のプロダクツ詳細が明らかになった。

シングル「夜明けの流星群」は4形態(完全生産限定盤・初回生産限定盤A・初回生産限定盤B・通常盤(初仕様))での発売となる。完全生産限定盤はポケモン描き下ろしの絵柄がジャケットになり、ポケモンファンにはたまらないスペシャルソングが収録される予定となっている。 また、初回生産限定盤のAとBには、今回のレアな「急に来てゴメン。in北」ツアーの密着映像が内容違いで収録される予定だ。

話題がつきないSCANDAL。 今後の動きにますます注目が集まりそうだ。

■【「急に来てゴメン。in 北」セットリスト】

M1 Runners high
M2 LOVE SURVIVE
M3 会わないつもりの、元気でね
M4 SCANDAL BABY
M5 STANDARD
M6 DOLL
M7 SAKURAグッバイ
M8 HARUKAZE
M9 Departure
M10 Rainy
M11 スペースレンジャー
M12 太陽と君が描くSTORY
M13 涙よ光れ
EN1 EVERYBODY SAY YEAH!

■シングル「夜明けの流星群」

2014年7月16日(水)発売
【完全生産限定盤】
ESCL 4240/¥864(税込)
※ポケモン描き下ろし絵柄ジャケット!
<収録内容>
1.夜明けの流星群
2.ポケモン盤スペシャルソング(仮)
3.夜明けの流星群(Instrumental)
4.ポケモン盤スペシャルソング(仮)(Instrumental)

【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
ESCL 4241-4242/¥1,550(税込)
<収録内容>
■CD
1.夜明けの流星群
2.タイトル未定(SCANDAL新曲収録予定)
3.夜明けの流星群( Instrumental)
■DVD
2014年5月2日〜10日に開催された「急に来てゴメン。in北」レアライブ密着映像収録予定。

【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
ESCL 4243-4244/¥1,550(税込)
<収録内容>
■CD
1.夜明けの流星群
2.タイトル未定(SCANDAL新曲収録予定)
3.夜明けの流星群( Instrumental)
■DVD
2014年5月2日〜10日に開催された「急に来てゴメン。in北」レアライブ密着映像収録予定。

【通常盤】(初回仕様限定盤)
ESCL 4245/¥1,050(税込)
※大人気フォトブックレット「別冊・SCANDAL」封入
<収録内容>
1.夜明けの流星群
2.タイトル未定(SCANDAL新曲収録予定)
3.夜明けの流星群(Instrumental)

■【ライブ情報】

『SCANDAL ARENA LIVE 2014 「360°」』
6月22日 大阪城ホール
開場16:30/開演17:30
料金(税込):S席 ¥6,000(SOLD OUT!!)/A席 ¥5,500

『SCANDAL ARENA LIVE 2014 「FESTIVAL」』
6月28日 横浜アリーナ
開場16:00/開演17:00
料金(税込):S席 ¥6,000
6月29日 横浜アリーナ
開場15:00/開演16:00
料金(税込):S席 ¥6,000

【関連リンク】
SCANDAL オフィシャルHP
赤い公園の一筋縄ではいかないポップセンスの源とは?
SCANDAL、劇場版ポケットモンスターの主題歌に決定!
SCANDAL、新曲「Departure」の最新ヴィジュアルがついに解禁!

【関連アーティスト】
SCANDAL
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

DISH//、2015年元旦に武道館単独公演の開催を発表
Mon, 12 May 2014 10:00:00 +0900
5月11日@日比谷野外音楽堂 (okmusic UP\'s)

5月11日に日比谷野外音楽堂にて、ダンスロックバンド DISH//による4thシングル&バトル☆DISH//DVDリリース記念ワンマンライブが開催され、同ライブで2015年元旦に武道館単独公演の開催が発表された。

【その他の画像】DISH//

自身初となる日比谷野外音楽堂でのライブでは、昨年放送された初の主演となったアクションドラマ「BATTLE☆DISH//」を再現。彼らの夢である“武道館"にむかって、様々な敵を倒す模様が派手なアクションシーンとして繰り広げられ幕が開けた。

中盤、「TENKOUSEI」「晴れるYA!」ではロックバンドの真骨頂を見せつけ、ライブ終盤には、先日発表された4thシングル「サイショの恋〜モテたくて〜」が初披露された。この楽曲は、メンバーの憧れであったORANGE RANGE “NAOTO"のプロデュース曲となっている。

アンコール2曲のパフォーマンスを終え、サイリウムで会場が赤一色に染まり幻想的な雰囲気に包まれる。すると突如、バックスクリーンが開きソニー・ミュージックレーベルズ代表村松氏が登場し、「2015年1月1日、日本武道館決定!!」と告げるビッグサプライズに、スラッシャー(=ファン)の大歓声とは裏腹に、呆然と動けなくなり泣き出すメンバー。

その後、「僕は、泣かない。武道館を最高な笑顔にしたいから」 (MASAKI)、「DISH//としての夢がかなえられる。1月までもっと成長し夢の武道館を達成したい」(RYUJI)、「メンバーとケンカをした日もあったけど、メンバーが好きだからみんなで一つになって進みたい」(To-i)、「わけも分からず進んできたけど、これからも全力で4人と応援してくれているスラッシャーのみんなとこれからも歩いていきたいと思っています。来年の元旦を最高な一日にしたい!!」(TAKUMI)と、それぞれが涙しながら熱く意気込みを語ると、メンバーと共に会場全体が号泣となった。

来年元旦の武道館公演も含め、今後のDISH//の動向に期待したい。

photo by 佐藤薫

■【セットリスト】

M01 FREAK SHOW
M02 恋するSPY
M03 ピーターパンシンドローム
M04 I Can Hear
M05 TENKOUSEI
M06 晴れるYA!
M07 GRAND HAPPY(6/25発売シングル収録曲)
M08 ラブソングなんて似合わない
M09 マジで無理〜SUPERムチャブラレターズ〜
M10 デート@ショッピングモール
M11 secReT love
M12 サイショの恋〜モテたくて〜(6/25発売シングル収録曲)
M13 ザ・ディッシュ 〜とまらない青春 食欲編〜
M14 FLAME(6/25発売シングル収録曲)
〜ENCORE〜
EN1 踊らにゃソン!song!
EN2 It\'s alright
EN3 夢 旅(新 曲)

■シングル「サイショの恋〜モテたくて〜 / FLAME」

2014年6月25日発売 
【初回生産限定盤A】
SRCL-8555〜6/¥1,600(税込)
※DVD付き(「サイショの恋〜モテたくて〜」ミュージックビデオスペシャルバージョン+メイキング)、色皿仕様、豪華ブックレット
【初回生産限定盤B】(アニメ盤)
SRCL-8557〜8/¥1,600(税込)
※DVD付き(「D//PINK」ツアー時のメンバー追っかけ映像収録)色皿仕様、豪華ブックレット
※NARUTO描き下ろしワイドキャップステッカー
【通常盤】
SRCL-8559/¥1,200(税込)
DISH// オフィシャルサイト

■ライブ情報

8月22日(金) 日比谷野外音楽堂
8月23日(土) 大阪城野外音楽堂
■2015年
1月01日(木・祝) 日本武道館

【関連リンク】
DISH//、初ホールツアー最終公演で初の両A面シングルリリースを発表
DISH//、初O-EASTワンマンが大盛況!
「MUSIC FOR ALL,ALL FOR ONE 2013」が開幕!

【関連アーティスト】
DISH//
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1