歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2014年04月20日)
バックナンバー
最新ニュース
2014/04/29
2014/04/28
2014/04/27
2014/04/26
2014/04/25
2014/04/24
2014/04/23
2014/04/22
2014/04/21
2014/04/20
2014/04/19
2014/04/18
2014/04/17
2014/04/16
2014/04/15
2014/04/14
2014/04/13
2014/04/12
2014/04/11
2014/04/10
2014/04/09
2014/04/08
2014/04/07
2014/04/06
2014/04/05
2014/04/04
2014/04/03
2014/04/02
2014/04/01
2014/03/31
2014/03/30
2014/03/29
2014/03/28
2014/03/27
2014/03/26
2014/03/25
2014/03/24
2014/03/23
2014/03/22
2014/03/21
2014/03/20
2014/03/19
2014/03/18
2014/03/17
2014/03/16
2014/03/15
2014/03/14
2014/03/13
2014/03/12
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/09
2014/03/08
2014/03/07
2014/03/06
2014/03/05
2014/03/04
2014/03/03
2014/03/02
2014/03/01
2014/02/28
2014/02/27
2014/02/26
2014/02/25
2014/02/24
2014/02/23
2014/02/22
2014/02/21
2014/02/20
2014/02/19
2014/02/18
2014/02/17
2014/02/16
2014/02/15
2014/02/14
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/11
2014/02/10
2014/02/09
2014/02/08
2014/02/07
2014/02/06
2014/02/05
2014/02/04
2014/02/03
2014/02/02
2014/02/01
2014/01/31
2014/01/30
2014/01/29
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/26
2014/01/25
2014/01/24
2014/01/23
2014/01/22
2014/01/21
2014/01/20
2014/01/19
2014/01/18
2014/01/17
2014/01/16
2014/01/15
2014/01/14
2014/01/13
2014/01/12
2014/01/11
2014/01/10
2014/01/09
2014/01/08
2014/01/07
2014/01/06
2014/01/05
2014/01/04
2014/01/03
2014/01/02
2014/01/01
2013/12/31
2013/12/30
2013/12/29
2013/12/28
2013/12/27
2013/12/26
2013/12/25
2013/12/24
2013/12/23
2013/12/22
2013/12/21
2013/12/20
2013/12/19
2013/12/18
2013/12/17
2013/12/16
2013/12/15
2013/12/14
2013/12/13
2013/12/12
2013/12/11
2013/12/10
2013/12/09
2013/12/08
2013/12/07
2013/12/06
2013/12/05
2013/12/04
2013/12/03
2013/12/02
2013/12/01
2013/11/30
2013/11/29
2013/11/28
2013/11/27
2013/11/26
2013/11/25
2013/11/24
2013/11/23
2013/11/22
2013/11/21
2013/11/20
2013/11/19
2013/11/18
2013/11/17
2013/11/16
2013/11/15
2013/11/14
2013/11/13
2013/11/12
2013/11/11
2013/11/10
2013/11/09
2013/11/08
2013/11/07
2013/11/06
2013/11/05
2013/11/04
2013/11/03
2013/11/02
2013/11/01
2013/10/31
2013/10/30
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/27
2013/10/26
2013/10/25
2013/10/24
2013/10/23
2013/10/22
2013/10/21
2013/10/20
2013/10/19
2013/10/18
2013/10/17
2013/10/16
2013/10/15
2013/10/14
2013/10/13
2013/10/12
2013/10/11
2013/10/10
2013/10/09
2013/10/08
2013/10/07
2013/10/06
2013/10/05
2013/10/04
2013/10/03
2013/10/02
2013/10/01
2013/09/30
2013/09/29
2013/09/28
2013/09/27
2013/09/26
2013/09/25
2013/09/24
2013/09/23
2013/09/22
2013/09/21
2013/09/20
2013/09/19
2013/09/18
2013/09/17
2013/09/16
2013/09/15
2013/09/14
2013/09/13
2013/09/12
2013/09/11
2013/09/10
2013/09/09
2013/09/08
2013/09/07
2013/09/06
2013/09/05
2013/09/04
2013/09/03
2013/09/02
2013/09/01
2013/08/31
2013/08/30
2013/08/29
2013/08/28
2013/08/27
2013/08/26
2013/08/25
2013/08/24
2013/08/23
2013/08/22
2013/08/21
2013/08/20
2013/08/19
2013/08/18
2013/08/17
2013/08/16
2013/08/15
2013/08/14
2013/08/13
2013/08/12
2013/08/11
2013/08/10
2013/08/09
2013/08/08
2013/08/07
2013/08/06
2013/08/05
2013/08/04
2013/08/03
2013/08/02
2013/08/01
2013/07/31
2013/07/30
2013/07/29
2013/07/28
2013/07/27
2013/07/26
2013/07/25
2013/07/24
2013/07/23
2013/07/22
2013/07/21
2013/07/20
2013/07/19
2013/07/18
THREE LIGHTS DOWN KINGS、7月に3rdミニアルバムリリース決定
Sun, 20 Apr 2014 18:00:00 +0900
THREE LIGHTS DOWN KINGS (okmusic UP\'s)

THREE LIGHTS DOWN KINGSがツアーファイナルにて、7月2日に3rdミニアルバムをリリースする事を発表した。

【その他の画像】THREE LIGHTS DOWN KINGS

THREE LIGHTS DOWN KINGSが、昨年12月にソニーミュージック移籍後初、キャリア初となるフルアルバム『LiVERTY』をリリース。そのアルバムを引っ提げてのツアー『LiVERTY TOUR 2014』が、4月19日(土)に行われた名古屋Electric Lady Land公演にて終了。本編が終了し、アンコールのMCでは7月2日に3rdミニアルバムをリリースする事を発表し、そのミニアルバムの中から新曲1曲をいち早く披露した。

今回のツアーは全18箇所を行脚し、各地ゲストバンドを従えた対バン形式のライブで、ソールドアウト箇所も続出! 「FINAL SERIES」とうたわれた4月の東名阪公演は3箇所ともソールドアウトと、今の彼らの勢いを感じさせるツアーとなった。

■ミニアルバム『タイトル未定』

2014年7月2日発売
AICL-2700/¥1,700(税抜)

■アルバム『LiVERTY』

2013年12月4日発売
AICL-2611/¥2,200(税込)
<収録曲>
1.FIRST IMPACT
2.Everybody!! Up to You
3.ALL OUT ATTACK
4.As I\'m Alive
5.MONSTER DiSCO
6.DANCE DANCE COMMUNICATION!! 2nd
7.BRAINWASH (LiVERTY ver.)
8.SILENCE and FIRE
9.Welcome to Splendid Light
10.Important things are invisible ~interlude~
11.Dear Future...

【関連リンク】
THREE LIGHTS DOWN KINGS オフィシャルサイト
THREE LIGHTS DOWN KINGSの全国ツアーが地元・名古屋を皮切りにスタート!
THREE LIGHTS DOWN KINGS、1stフルアルバムレコ発ツアー第1弾ゲストバンド発表!
THREE LIGHTS DOWN KINGS、1stフルアルバムが地元名古屋タワーレコードで1位獲得!

【関連アーティスト】
THREE LIGHTS DOWN KINGS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

日本サッカー応援コンピレーションアルバム『ULTRAS2014』に豪華アーティストが参加
Sun, 20 Apr 2014 18:00:00 +0900
アルバム『ULTRAS 2014』 (okmusic UP\'s)

日本サッカーへの熱い思いとその時代を彩るアーティスト達が参加し、数々の話題を生んだULTRASコンピレーションアルバム『ULTRAS 2014』の発売が決定した。

【その他の画像】ULTRAS

今年は植田朝日(ULTRAS)、DJ DRAGONプロデュースにより、多種ジャンル豪華アーティスト参加! 参加アーティストは以下の通り。

【ULTRAS2014参加アーティスト】※収録順
ULTRAS/THE CHERRY COKE BOOM/DJ TORA/ブーイング!!!(橘ゆりか+倉田瑠夏fromアイドリング!!!)/タカハシセーイチ/CORAZON ROCK/風男塾/Prog5(DJ U5&SHOHEI MATSUMOTO)/BLACK JAXX(武田真治・DJ DRAGON) /be quixxt!/GAKU-MC/Turntable Junkies(DJ Kaya&DJ HANGER)/BiS /ギュウゾウ(電撃ネットワーク)/☆Taku Takahashi(m-flo,block.fm)

■アルバム『ULTRAS 2014』

2014年5月21日発売
【初回限定盤】
YRCN 95234/¥2,778+税
※ULTRASマフラータオル付き
【通常盤】
YRCN 95235/¥1,852+税
<収録曲> ※共通
01.OH! NIPPON / ULTRAS  
02.VAMOS NIPPON / THE CHERRY COKE
03.勝利の歌 -AIDA- / 豊満乃風
04.サムライダマシー(ULTRAS MIX) / 子供ばんど  
05.風になりたい( DJ DRAGON+DJ TORA REMIX) / THE BOOM
06.僕はマタドール / ブーイング!!!(橘ゆりか+倉田瑠夏 from アイドリング!!!) 
07.Brasil〜フットボール狂騒曲 / タカハシセーイチとCORAZON ROCK
08.太陽みたいなキミが好き(ULTRAS MIX) / 風男塾 
09.Samba de Janeiro(Original Mix) / Prog5(DJ U5 & SHOHEI MATSUMOTO)
10.Tudo Passa / BLACK JAXX (武田真治+DJ DRAGON)  
11.Passion / be quixxt!
12.勝利のチャント / GAKU-MC+Turntable Junkies(DJ Kaya & DJ HANGER)
〜BONUS TRACK〜 
OH! NIPPON REMIX feat. BiS,ギュウゾウ(電撃ネットワーク) / ULTRAS+☆Taku Takahashi(m-flo,block.fm)

【関連リンク】
嵐・二宮和也、関ジャニ∞村上信五にグループ脱退を勧める?
竹内まりや、桑田佳祐&原由子を迎えてのデビュー35周年記念シングル「静かな伝説(レジェンド)」リリース
新生エビ中、ニューシングル「バタフライエフェクト」の詳細解禁!
トム・ショルツ率いる伝説のバンド、ボストン35年振りの来日決定

【関連アーティスト】
ULTRAS, THE CHERRY COKE$, 豊満乃風, 子供ばんど, THE BOOM, DJ TORA, タカハシセーイチ, ブーイング!!!, 風男塾, CORAZON ROCK, Prog5, BLACK JAXX, GAKU-MC, be quixxt!, ☆Taku Takahashi, BiS, Turntable Junkies, 電撃ネットワーク
【ジャンル】
J-POP

VENUS PETER、8年振りの新作リリース決定!
Sun, 20 Apr 2014 17:00:00 +0900


90年代初頭、渋谷系で人気を博したVENUS PETERが、2006年の再結成アルバム『Crystalized』から実に8年振りとなる新作『Nowhere EP』を6月4日にリリースする事を発表する。

【その他の画像】Venus Peter

1990年初頭、イギリス全土を席巻したマッドチェスター・ムーヴメントに呼応するかのごとく結成され人気を博し、フリッパーズギターと共に渋谷系の元祖としても有名なVENUS PETER。今作はベース・KOGAが主宰するKOGA RECORDS設立20周年アニバーサリーイヤーの一環で意気投合し、サウンドプロデューサーには当時のVPサウンドの核を作ったサロンミュージックの吉田仁氏という鉄壁の布陣で制作を開始した。

気になる内容はいぶし銀の新曲3曲に、更に輝きを増した過去楽曲の再録3曲、そして貴重なライヴ音源を6曲プラスしたスペシャルエディションにも関わらず、1,500円という20周年スペシャルプライス! 結成以来20年以上の月日が経とうが風化する事のないハイクオリティなサウンドである事を証明しており、ブリット・マンチェ・渋谷系オールドファンは勿論、新たな若いロックファンにも体感して欲しい作品となった。

■「Something Good」MV
http://www.youtube.com/watch?v=ZIppYIDk-Bg

■EP『Nowhere EP』

2014年6月4日発売
KOCA-79/¥1,500+税
<収録曲>
01.Perfect Strangers (新曲)
02.Everybody Knows (新曲)
03.Solstice Sky (新曲)
04.Yellow Shack (re-recording)
05.Painted Ocean(re-recording)
06.Doo Be Free(re-recording)
07.Roller Coaster(live)
08.Mighty Mystic Eyes(live)
09.Mind Bike(live)
10.Something Good(live)
11.Every Planet\'s Son(live)
12.Obsession(live)

■Produced & Mixed by Zin Yoshida
Additional Musicians
Hiroko Kuji (Keyboards) : M6〜12
Yoko Utsumi (Vocal) : M6

【関連リンク】
嵐・二宮和也、関ジャニ∞村上信五にグループ脱退を勧める?
VENUS PETER 特設サイト
VENUS PETER オフィシャルサイト
VENUS PETER、2013年一夜限りの復活プレミアムライブ間もなく開幕

【関連アーティスト】
Venus Peter
【ジャンル】
ジャパニーズロック

元・プリプリの岸谷香、音楽活動をスタート!
Sun, 20 Apr 2014 16:00:00 +0900
岸谷 香 (okmusic UP\'s)

元・プリンセス プリンセスのボーカル・岸谷香が約3000日にわたる育児中心の生活を終え、5月21日発売のソロベストアルバム『The Best and More』の発売を機に音楽活動をスタートすることを発表した。

【その他の画像】岸谷香

岸谷はプリンセス プリンセスのボーカルとして19歳でデビューし、29歳の時に解散。その後、結婚、出産を経て、近年は育児中心の生活を過ごしていたが、約3000日、8年に渡る子育て期間を経て、制作活動を再開した。

「びっくりするくらいに、音楽のことをすぱ〜んと忘れちゃったんですよ…。子育ては想像以上に大変で、正直音楽のことを考えている場合じゃなくなっちゃたんです」 と子育て期間を振り返る岸谷。周囲から「そんなに休んで大丈夫?」と心配する声もあがるも、「大丈夫。これまでとは違った、別の表現の仕方があるはず・・・」とすぱーんと育児中心の生活を選択していたとのこと。

そんな生活リズムに一旦ピリオドを打ち、ソロ作品としては2006年のリリース以来約8年ぶりのリリースとなる新録曲4曲を含むベスト盤『The Best and More』を5月21日に発売する。そして、6月からは「2014 LIVE TOUR 47th SHOUT!“いくわよー!!"」ツアーもスタート! 2014年の岸谷 香の活動に注目したい。

■アルバム『The Best and More』

2014年5月21日発売
SECL1503/¥3200(税込)
<収録曲>(全15曲)
1.妄想サニーデイズ(新曲)
2.Hello. Hello.(2nd edition) (新録曲)
3.ハッピーマン
4.ひまわり
5.キッチン
6.はんぶん
7.ビートル
8.シャウト!
9.あいのうた
10. LOVE LIFE
11.恋をしていた私たちへ
12.Singing
13.ICE AGE〜氷河期の子供たち〜
14.ムーンライト ストーリー(プリンセス プリンセスの曲をセルフカバー)
15.スノーバード(新曲)

【関連リンク】
岸谷香 オフィシャルホームページ
L\'Arc-en-Ciel、Perfume、セカオワ…国立競技場最後の音楽イベントにJ-ROCKシーンの日本代表が終結!
岸谷香、2年ぶりの準備体操ライヴを開催
Salley、初の全国ワンマンツアーを名古屋よりスタート

【関連アーティスト】
岸谷香, プリンセスプリンセス
【ジャンル】
ジャパニーズロック, J-POP

The cold tommy、1stアルバム『conservative dolls』完成&リリースツアー開催発表
Sun, 20 Apr 2014 15:00:00 +0900
The cold tommy (okmusic UP\'s)

The cold tommyが5月21日にリリースする初のフルアルバム『conservative dolls』を完成させた。そして、アルバム発売を記念したリリースツアーの開催も決定!

【その他の画像】The cold tommy

タワーレコードのレーベル・SONIC-ONEの第1弾アーティストとなるThe cold tommyは、都内を拠点に活動する3ピースバンド。昨年2枚のミニアルバムを発売し、今年3月には1stシングル「パスコード」をリリース。ライブバンドとして存在感を高めている、彼らの初のフルアルバム『conservative dolls』がついに完成した。

これまでのスタイルを踏襲しつつ、ダンスロック色を強めた1stシングルの「パスコード」をはじめ、クラシカルなミドルナンバーの「dolls」、90\'s のガレージシーンを彷彿とさせる「牛の皮」や、「ぶち壊れたシンク」、ラストを飾るバラード「ティアのダンス」まで、ジャケット写真が物語るように、バンドの振り幅を最大限に提示するカラフルな全12 曲を収録。The cold tommy の世界観が凝縮された、集大成ともいえる彩り鮮やかな作品となっている。

また、アルバム発売を記念し、「1st Full Album『conservative dolls』Release Tour 2014 Supported by TOWER RECORDS」の開催も決定。The cold tommyから発信される音と言葉のその真髄、その熱量を彼らのライブで確認してみてほしい。

■アルバム『conservative dolls』 

2014年5月21日発売
TRJC-2006/¥2,800(税込)
<収録曲>
01. バックベアード
02. パスコード
03. dolls
04. parachute
05. 脳の神経がちぎれそう
06. 俯瞰のロビー
07. 牛の皮
08. ぶち壊れたシンク
09. ホムンクルス
10. 泥人形達が溶ける頃
11. crimson
12. ティアのダンス

■1st Full Album『conservative dolls』Release Tour 2014 Supported by TOWER RECORDS

7月05日(土) 渋谷O-CREST 
OPEN/18:30 START/19:00
7月06日(日) 名古屋Live House R.A.D 
OPEN/17:30 START/18:00
7月24日(木) 岡山CRAZY MAMA 2nd ROOM 
OPEN/18:30 START/19:00
7月25日(金) 広島BACK BEAT 
OPEN/18:30 START/19:00
7月27日(日) 大阪Live House Pangea  
OPEN/17:30 START/18:00

チケット:前売¥2,500/当日¥3,000
The cold tommyオフィシャルサイトにて4月19日(土)より先行予約を開始、VINTAGE TICKET他各プレイガイドにて順次受付、5月31日(土)より一般発売開始

【関連リンク】
The cold tommy オフィシャルサイト
The cold tommy、2ndミニアルバムリリース!
爆弾ジョニー、初回生産盤収録のライブ映像特典DVDダイジェスト公開
MONKEY MAJIK、NHK・民放連共同ラジオキャンペーンソングを担当&全国ツアー発表!

【関連アーティスト】
The cold tommy
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Kidori Kidori、会場限定シングルレコ発にBAND A、ドラマチックアラスカ、LAMP IN TERRENら出演!
Sun, 20 Apr 2014 14:00:00 +0900
Kidori Kidori (okmusic UP\'s)

Kidori Kidoriが3月21日に発売した会場限定シングル「El Negro」のレコ発ライヴ出演者が発表された。

【その他の画像】Kidori Kidori

6月8日に大阪Pangea、6月13日には名古屋Club ROCK\'N\'ROLLにて開催されるレコ初ライヴの出演者は、大阪公演がドラマチックアラスカ、LAMP IN TERRENの二組を迎えたスリーマン。名古屋公演は、先に告知されていたとおり、BAND AとのWレコ発ツーマン となる。チケットはプレイガイドにて一般発売中だ。どちらもソールド必至なので早めにチェックしよう。

今年の春先に活動拠点を大阪から東京に移し、4月より"引っ越し記念☆東京よろしくね企画" と称した下北沢Shelter3ヶ月連続自主企画をスタートさせたばかりのKidori Kidori。その3ヶ月企画を締めくくる、6月15日のワンマンライブが、事実上、本レコ発のツアーファイナルとなる。

この下北沢Shelter3ヶ月連続自主企画では、各公演当日限定で7inchのアナログレコードをリリースすることが、すでにアナウンスされている。この7inchは彼らの未発表最新曲をA面に、音源化が望まれていた廃盤デモ に収録されている楽曲をB面に収録したもの。アナログレコードの良さをわかってほしいというメンバーの意向がうかがえる作品だ。

また、「El Negro」のリード曲に位置づけされる「Mass Murder」のライブ映像が公開となった。サポートに藤原寛を迎えて演奏された同曲は、タイトルからもうかがえるとおり、 Kidori Kidoriの楽曲の中でも一際攻撃的で鬼気迫るナンバー。上京した矢先の突然のメンバー脱退という困難を乗り越え、より一層攻め続けようとする彼らの決意と今度に注目したい。

■「Mass Murder」 Live at STUDIO COAST
http://youtu.be/6wJMeTqPuvw

■「Kidori Kidori "El Negro" Release Tour」

6月08日(日) 心斎橋 Pangea?
?Kidori Kidori / ドラマチックアラスカ / LAMP IN TERREN
?6月13日(金) 名古屋 Club ROCK\'N\'ROLL?
?Kidori Kidori / BAND A

■『Kidori Kidoriのまともなイベント 引っ越し記念☆東京よろしくね企画』

5月18日 (日) 下北沢 Shelter
Kidori Kidori / asobius
6月15日 (日) 下北沢 Shelter
Kidori Kidori  ※ワンマンライブ

■会場限定CD 「El Negro」

2014年3月21日発売
PDRD-9002/¥800(税抜)
<収録曲>
1. Mass Murder
2. Genie
3. デイドリッパー

■企画限定アナログレコード 7inch

「Limited e.p 2」
2014年5月18日
¥1,200 (mp3楽曲データ DLコード付き)
<収録曲>
SIDE A:I LOVE YOU?
SIDE B:Fires with No Name

「Limited e.p 3」
?2014年6月15日
¥1,200 (mp3楽曲データ DLコード付き)
<収録曲>
SIDE A:PJ状態?
SIDE B:Wallet for a Bullet

【関連リンク】
Kidori Kidori オフィシャルサイト
嵐・大野智、“演じる”ことは“騙す”ことになる?
次世代を担うアーティストが続々出演する「HighApps TOURS 2014」が開催決定!
「HighApps Vol.19」にTHE ORAL CIGARETTES、GOOD ON THE REELの追加出演決定!

【関連アーティスト】
Kidori Kidori, BAND A, ドラマチックアラスカ, LAMP IN TERREN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

7!! の新曲「My ダーリン」が“エプソン 品川アクアスタジアム”2014キャンペーンソングに決定
Sun, 20 Apr 2014 13:00:00 +0900
7!! (okmusic UP\'s)

7!! の新曲「My ダーリン」が、品川プリンスホテル エプソン 品川アクアスタジアム2014キャンペーンソングに決定! CMオンエアがスタートした。

【その他の画像】7!!

「My ダーリン」は、NANAE(Vo)作詞、MICHIRU(Gt)作曲による 恋するオトメの気持ちを綴った胸キュンラブソング! 着うたは4月30日より配信開始される。また、5月21日に発売の8枚目のシングル「メロディ・メーカー」への収録も決定した。

また、8月17日(日)には初の単独ホール公演となる東京・渋谷公会堂でのワンマンライブも決定! チケット発売情報などはオフィシャルサイトをチェックしてもらいたい。

結成10周年記念特設サイト「Happy Birthday 7!!」では、今年7つのoops!!を発表していく予定になっており、今後の活動からも目がはなせない。

■品川プリンスホテル エプソン 品川アクアスタジアムオフィシャルサイト
http://aquastadium.jp

■シングル「メロディ・メーカー」

2014年5月21日発売 
【初回生産限定盤】(CD+DVD) 
ESCL-4212/4213/¥1,800(税抜) 
【通常盤】(CD)
ESCL-4214/¥1,000(税抜)
<収録曲>
1 メロディ・メーカー
※tvk 『saku saku』2014年度オープニングテーマ
2 My ダーリン
※エプソン 品川アクアスタジアム2014キャンペーンソング
3  バイバイ (Spring ver.)
4 メロディ・メーカー(Instrumental) 
<初回盤収録DVD>
1.結成10周年企画「どぅまんぎたTV  Part 2 〜ツアー密着編〜」
※通常盤(初仕様)封入特典:7!! ×「saku saku」 じゃんけんカード (全7種のうち1種)

「My ダーリン」着うた 4月30日〜配信
「My ダーリン」着うたフル 5月21日〜配信
「メロディ・メーカー」着うた 5月07日〜配信
「メロディ・メーカー」着うたフル 5月21日〜配信

■「7!!のうぷぷな日SPECIAL 10th Anniversary〜渋公ちゃん、ばんみかちぇー!!〜」

8月17日(日)  東京都・渋谷公会堂
開場 16:45 / 開演 17:30
チケット:全席指定 ¥4,000(税込)
お問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888(平日12:00〜19:00)
※7!!オフィシャルサイトにてチケット先行受付中!
3月31日(月)23:59まで

【関連リンク】
7!! オフィシャルサイト 
7!!、来年1月発売ニューシングルのアートワーク公開
HOME MADE 家族など出演のFM802「FLiPLiPS」公開収録イベントに各2組50名様をご招待
7!!、コラボ企画第2弾で“聴ける漫画"を発表

【関連アーティスト】
7!!
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

『Bowline 2014 curated by SiM & TOWER RECORDS』、新木場スタジオコースト にて開催
Sun, 20 Apr 2014 12:30:00 +0900
【SiM】 4月19日@新木場スタジオコースト (c)Photo by Yoshika Horita (okmusic UP\'s)

タワーレコードが手掛けるライブイベント「Bowline」の第2回目が、キュレーターアーティストにSiMを迎えて開催された。

【その他の画像】キュウソネコカミ

“NO DESTRUCTiON, NO CREATiON(破壊なくして創造なし)"をテーマに選定された全8組が出演した本イベント。チケットはソールドアウト、当日は2400人のオーディエンスが新木場スタジオコーストに集結した。

14時の開演時間と同時に布袋寅泰の「スリル」をSEにステージに登場したのは、6月18日にメジャー第1弾となるミニアルバム『チェンジ ザ ワールド』をリリースするキュウソネコカミ。1曲目「ビビッた」を皮切りに、客席からのガヤに「うるせー」とつっこみまくるMCも含め、ステージはキュウソの独壇場。「ファントムバイブレーション」では“スマホはもはや俺の臓器"のコール&レスポンスを響かせ、「KMDT25」では“日本で一番平和な"盆踊りサークルを出現。ラスト曲「お願いシェンロン」では全員が客席に降り、中島みゆき「糸」をBGMにヤマサキを運びながら去っていくというシュールな退場に客席をざわつかせた。

ヤマサキ セイヤ(Vo&G)の説得力のあるヴォーカルと強烈なパフォーマンス、ヨコタ シンノスケ(Key/Vo)、オカザワ カズマ(G)、ソゴウ タイスケ(Dr)、カワクボ タクロウ(Ba)によるソリッドなロックサウンドとカラフルなディスコサウンドが、会場とオーディエンスを過剰な程に温めた。

続いては、7月8日の横浜アリーナでのワンマンライブ「BiS解散LIVE『BiSなりの武道館』」をもってグループを解散することが発表されているBiSが登場。ダークなへヴィ・ロック調のサウンドにのせ、歌を無視してヘッドバンギングを繰り返す「パプリカ」をはじめ、5月28日に発売されるラストシングル「FiNAL DANCE」など、ロック、パンクファンも唸らせるエッジの効いた楽曲を武器に、歌声がブレるのもお構いなくステージを端から端まで駆け回り、前方はもちろん後方にも視線を投げかけ、メンバーが次々と客席にダイブ。アグレッシブにオーディエンスを盛り上げていく。

全裸PVやコシノジュンコの加入などでその名を知っていた人も多いとは思うが、熱狂的なラブコールも飛び交い、アイドルライブ初体験の人たちも多いに盛り上がった自己紹介も含め、実際にこのエモーショナルで熱狂的なパフォーマンスを見て、かなり見方が変わったのではないだろうか。いや、変わったに違いない。

続いて登場したのは、難波章浩率いる3ピース・バンド、NAMBA69。イントロと同時に一糸乱れぬハンドクラップが沸き起こった「MY WAY」で幕を開けたステージは、熱いメッセージに魂を吹き込むパワフルなヴォーカルと、ソリッドな3ピース・サウンドで会場にその存在感を見せつけていく。客席にはいくつものモッシュサークルが生まれ、前へ前へと押し寄せるオーディエンスで熱を帯びていく。MCでは、先月末に誕生した第3子の話や、今回のBowline出演者ら新しい世代のアーティストとの繋がりについて語られたほか、軽い下ネタ(?)も飛び出すなど客席を沸かせていた。ラストの「未来へ〜It\'s your future〜」までの全7曲、短い時間に畳み掛けるように披露されていく強靭なパンク・ロックの数々に踊るオーディエンスは、難波の誕生日でもある6月9日に発売されるデビューシングル「MELODIC PUNKS NOT DEAD!!!」、そして6月から行われる全国ツアーへの期待をますます募らせたに違いない。

SEの「最後の国(introduction)」が流れ、怒号のような歓声が沸き起こる中、ステージに登場したACIDMAN。大木伸夫(Vo&G)の爪弾く鋭く切り込むようなストロークで始まった「±0」で一気に会場のボルテージはピークに。佐藤雅俊(B)、浦山一悟(Dr)との三位一体のアンサンブルと、大木のシャウトが轟き、それに呼応するようにフロア中が揺れる。思わず拍手も忘れて聞き入るほどに曲への想いが熱く語られたMCから、16日に発売されたばかりのシングル「EVERLIGHT」へ。ギターの音色と温かい歌声、ベースとドラムの力強いボトムが絡み合い、光の粒ように客席に降り注いでいく。そこからの「ある証明」、ラスト「飛光」への流れは圧巻の極み。壮大で壮絶な音群と歌声が、オーディエンスを大きく波打つように揺らした。

続いて、5月15日から全国ツアー「まだまだ!終わらないミラクルの予感ツアー2014」をスタートするサンボマスターが登場。のっけから凄まじいテンションでオーディエンスを煽っていく山口隆(Vo&G)に、客席が沸きあがる中、「世界をかえさせておくれよ」で幕開け。後ろのほうで様子を見ていたオーディエンスも、その盛り上がりに慌てて前方に向かって走ってくる。手を上げジャンプし熱狂するフロアに向かって、「Bowlineのお客さんはすごいって聞いてきたけど、こんなもんなんですか!」とまだまだ物足りない山口に、フロアの熱気もますます加速。3人のかき鳴らす、熱くて優しいロックンロールサウンドに、会場中が勇気と愛情をもらった、まさにミラクルをサンボマスターとオーディエンスがおこしたパフォーマンスだった。

サンボマスターが終わると同時に、DJブースでは、DJ TAKAKIのDJがスタート。スクリーンに映し出される超絶技巧DJプレイの数々に、体を揺らす人はもちろん、思わず見入ってしまう人も多かった。

贅沢なダンスタイムの後は、昨年末にSiMとの2マンライブを行った、レゲエ・ミクスチャー界の実力者、UKの4人組SKINDREDが登場。存在感たっぷりにメンバーがステージに現れると、フロアが大歓声で迎える。重低音を響かせるへヴィ・サウンドと攻撃的なラップで、会場をあっという間に自分たちのペースに巻き込むと、ステージを縦横無尽に歩き回り、ダイナミックなパフォーマンスでハンドクラップを要求し、フロアのテンションをこれでもかと上げていく。熱狂のパフォーマンスの幕開けを飾った「RAT RACE」から、フロア中が手を上げバウンスした「KILL THE POWER」、会場が一体となったラスト「WARNING」まで、言語は違えど、終始フロアとコミュニケーションを取り、作り上げたステージに、彼らが退場した後のフロアには笑顔があふれていた。

トリを飾るのは、タワーレコードと共に本公演のキュレーターを務めるSiM。すでに満員だと思っていた客席には、さらにあふれんばかりのオーディエンスがひしめき合い、その登場を待ちわびている。フロアのテンションをMAXまで一気に引き上げる破壊力抜群の1曲目「Get Up,Get Up」から、「WHO\'S NEXT」「Blah Blah Blah」へと一気に畳み掛けるフルスロットルのパフォーマンスに、ステージ上のメンバーもオーディエンスも早々に汗だく。そして、MCでは、自分たちの音楽は今回のテーマとリンクするように、あらゆるジャンルを壊して、そして新しい音楽として生み出しているということを語ったMAH(Vo)。そしてファン垂涎のキラーチューン「Amy」へ。天性のフロントマン、MAHをはじめ、SHOW-HATE(G)、SIN(B)、GODRi(Dr)の生み出す強力なビートとメロディにオーディエンスが抜群の瞬発力で応え、フロアが揺れる。本編ラスト「JACK.B」を終えてもなお、興奮冷めやらぬオーディエンスのアンコールに迎えられ、再びステージに現れたSiMが演奏したのは、「The Clash「London Calling」のカバー! まるでライブが始まったばかりかというように沸き立つフロア。そしてその流れのまま「KiLLiNG ME」へとなだれこみ、ラストは「f.a.i.t.h」で締め括った。トリ、そしてキュレーターにふさわしく、今回のテーマ“NO DESTRUCTiON, NO CREATiON(破壊なくして創造なし)"を体現したと言える最高のショウを見せてくれたSiMに、会場からは惜しみない拍手と歓声が送られた。

ジャンルを超えた全8組が集結し、それぞれが最高のライブパフォーマンスを披露した『TOWER RECORDS presents Bowline 2014 curated by SiM & TOWER RECORDS』は、こうして大盛況の内に幕を閉じた。前回同様、キュレーターアーティストと出演アーティストとの結びつきが確かに感じられるイベントとなった。

【セットリスト】
■キュウソネコカミ
ビビった
ウィーアーインディーズバンド!!
良いDJ
ファントムバイブレーション
DQNなりたい、40代で死にたい
KMDT25
お願いシェンロン

■BiS
パプリカ
IDOL
BiSimulation
My Ixxx
FiNAL DANCE
レリビ

■NAMBA69
MY WAY
WAKE UP!!!
FIGHT IT OUT
Intro
TRUE ROMANCE
ETERNAL GOLD
未来へ〜It\'s your future〜

■ACIDMAN
±0
ストロマトライト
アルケミスト
EVERLIGHT
ある証明
飛光

■サンボマスター
世界をかえさせておくれよ
ミラクルをキミとおこしたいんです
光のロック
世界はそれを愛と呼ぶんだぜ
できっこないを やらなくちゃ

■SKINDRED
RAT RACE
DOOM RIFF
(yardcore)
NINJA
KILL THE POWER
(interlude of some sort)
NOBODY
WARNING

■SiM
Get up,Get up
WHO\'S NEXT
Blah Blah Blah
Amy
Same Sky
JACK.B
〜ENCORE〜
London Calling (The Clash cover)
KiLLiNG ME
f.a.i.t.h

Photo by Yoshika Horita

【関連リンク】
ニコニコ超会議3でのエイベックスブース全日程と爆音クラブDJラインナップ公開!
キュウソネコカミ、6月18日にメジャー初となるミニアルバムをリリース!
BiSのラスト全国ツアーがスタート!新曲「FiNAL DANCE」も初披露!
サンボマスター、リリース&ツアーを記念したUSTREAM放送決定!

【関連アーティスト】
キュウソネコカミ, BiS, NAMBA69, ACIDMAN, サンボマスター, Skindred, SiM
【ジャンル】
イベント, ジャパニーズロック, J-POP, 女性アイドル

NUMBER VOGEL、ツアーファイナルに向けて2ndアルバム全曲トレーラーを公開!
Sun, 20 Apr 2014 12:00:00 +0900
NUMBER VOGEL (okmusic UP\'s)

1月22日にリリースした2ndアルバム『わ・を・ん』を引っさげてのリリースツアーを敢行中のNUMBER VOGELが、ツアーのファイナルワンマンに向けてアルバム全曲トレーラーを公開した。

【その他の画像】NUMBER VOGEL

ツアーファイナルとなるワンマンライヴは4月27日にTSUTAYA O-Crestにて行われる。こちらのチケットはまだ予約が可能となっているので、全曲トレーラーを聴いて気になった方は、是非ワンマンライヴに足を運んでみて欲しい。一歩会場に踏み入れば、彼らのステージにきっと心を踊らされるだろう。

ボーカルのもとつねの圧倒的な歌唱力と心の琴線に触れる歌詞が印象的で、全国各地でのライヴで着実に注目を集めているNUMBER VOGEL。今回のトレーラー以外にもMV等が公開されているので、そちらも要チェックだ。

■アルバム『わ・を・ん』全曲トレーラー
http://youtu.be/04LVc9kPJWI

■「リリースツアー 〜五十音よ鳴り響け〜」

4月27日(日) 東京 TSUTAYA O-Crest
open:18:00 / start:18:30
※来場者全員にサイン入りツアーポスタープレゼント!

■アルバム『わ・を・ん』

2014年1月22日発売
DQC-1206/¥1,890 (税込)
<収録曲>
1. 透明人間
2. 発明家
3. AME-no-IIWAKE <Re-Recording ver.>
4. 誕生日々 <Re-Recording ver.>
5. ビターチョコレート
6. 有耶無耶
7. takaga-music, saredo-music <Re-Recording ver.>
8. 二千○×
9. 未来色

【関連リンク】
NUMBER VOGEL オフィシャルサイト
NUMBER VOGEL、新作リリースに伴いMV公開&ツアー日程発表
宇宙人、クリエーター集団“最後の手段”が手掛けた「じじい」MV解禁
HERO、最新MVは衝撃のエンディング

【関連アーティスト】
NUMBER VOGEL
【ジャンル】
ジャパニーズロック

「チームしゃちほこの野菜生活体操」レクチャービデオ公開
Sun, 20 Apr 2014 11:30:00 +0900
チームしゃちほこの野菜生活体操 (okmusic UP\'s)

名古屋発のスターダスト芸能3部所属のアイドル6人組、チームしゃちほこ。5月14日にリリースする最新シングル「いいくらし」の名古屋・会場限定盤に収録される「チームしゃちほこの野菜生活体操」のMVおよび体操レクチャービデオが、カゴメ株式会社 公式Webサイト内の特設ページにて公開された。

【その他の画像】チームしゃちほこ

■カゴメ株式会社 公式Webサイト内特設ページ
http://www.kagome.co.jp/ys100/taisou/

この楽曲は、野菜飲料の主力ブランド「野菜生活100」のタイアップソング。1日のはじまりである朝にしっかりと野菜を摂って体を動かすことを提案し、健康的な生活習慣を応援する「野菜生活体操」を、カゴメ本社のある名古屋在住の高校生アイドル「チームしゃちほこ」とタイアップして制作されたもの。

MVでは、チームしゃちほこが「元気の妖精」として、とある一家に登場。子どもからおばあちゃんまで、野菜ジュースを飲んで、野菜生活体操でカラダを動かして、元気になろうというメッセージが込められている。

「野菜生活体操」を練習するための体操レクチャービデオは、体操のメインであるサビの部分がわかりやすく覚えられるよう、ゆっくり再生したパートが含められている。この動画を見て、そして一緒に体を動かして、健康的な生活をチームしゃちほこと一緒に送ろう。

なお、4月19日にZepp Nagoyaで開催される『Zepp FINAL!2014〜ありがとうを伝えたくて〜』の第2部 『チームしゃちほこALLスターズ!』は、ニコニコ生放送にて生中継される。この「野菜生活体操」も披露されるかも? ぜひお見逃しなく。

■「チームしゃちほこの野菜生活体操」MV
http://youtu.be/DD30CJLyHIQ

■「チームしゃちほこの野菜生活体操」体操レクチャービデオ
http://youtu.be/aBb8yyrZbBk

■シングル「いいくらし」

2014年5月14日発売
【初回限定 野郎盤】(CD+DVD)
WPZL-30836/7/¥1,852(税抜)
<収録曲>
1. いいくらし
2. エンジョイ人生
3. 大好きっ!
4〜6. M-1〜3のOff Vocal Ver.
<DVD>
野郎NIGHT2014@EX THEATER ROPPONGI 2014.2.21
1. 勝手にハイブリッド
2. ザ・スターダストボウリング
3. 乙女受験戦争
オマケ:箱の中身はなんでしょう?

【初回限定 乙女盤】(CD+DVD)
WPZL-30838/9/¥1,852(税抜)
1. いいくらし
2. エンジョイ人生
3. 大好きっ!
4〜6. M-1〜3のOff Vocal Ver.
<DVD>
乙女祭り2014@EX THEATER ROPPONGI 2014.2.22
1. 恋人はスナイパー
2. 首都移転計画
3. そこそこプレミアム
オマケ:GGC(ギロッポンガールズコレクション)

【全国盤】(CD)
WPCL-11793/¥1,111(税抜)
1. いいくらし
2. エンジョイ人生
3. 大好きっ!
4〜6. M-1〜3のOff Vocal Ver.

【名古屋・会場限定盤】(CD)
WPCL-11794/¥1,111(税抜)
1. いいくらし
2. エンジョイ人生
3. チームしゃちほこの野菜生活体操
4〜6. M-1〜3のOff Vocal Ver.

■DVD/Blu-ray 『チームしゃちほこ愛の地球祭り2013 in 愛知県体育館』

2014年5月28日発売
【DVD】(2DVD)
WPBL-90294/5/¥6,000(税抜)
【Blu-ray】
WPXL-90070/¥7,000(税抜)
※初回プレス分のみ豪華仕様を予定
※初回プレス盤封入特典:しゃちほこ大相撲カード封入 (7種類のうち1枚ランダム封入)

■チームしゃちほこ Zeppツアーファイナル!! 名古屋公演 〜第2部〜 生中継

4月19日(土) 開場:16:50 開演:17:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv174868927
※ライブ本編は18時よりスタート予定

【関連リンク】
チームしゃちほこ オフィシャルサイト
チームしゃちほこ、ニューシングルのジャケットにエド・はるみが登場!?
チームしゃちほこ、期間限定でバレンタインアイドル“チームしゃちチョコ”を結成!
チームしゃちほこ、春のZeppツアー発表!

【関連アーティスト】
チームしゃちほこ
【ジャンル】
女性アイドル, J-POP

コールドプレイ、チャン・ツィイー出演の最新MVメイキング映像を公開
Sun, 20 Apr 2014 11:00:00 +0900
「マジック」MV (okmusic UP\'s)

5月21日にリリースされるコールドプレイの6thアルバム『ゴースト・ストーリーズ』の先行シングル「マジック」のMV撮影の舞台裏映像が、ワーナーミュージック・ジャパンの公式サイトで公開された。

【その他の画像】Coldplay

■ワーナーミュージック・ジャパン 公式サイト
http://wmg.jp/coldplay/

ヨナス・アカーランドが監督を務めた今回のMVには、映画『グリーン・ディスティニー』等で知られるチャン・ツィイーがマジシャン役で出演。コールドプレイのフロントマンであるクリス・マーティンが、チャン・ツィイー演じるマジシャンのアシスタント役と横暴な夫役を演じている。

MVは全編に渡りモノクロで編集されているが、このメイキング映像では撮影風景やクリス・マーティンとチャン・ツィイーが談笑する貴重な映像をカラーで見ることができる。

iTunes Storeでは、ニューアルバム『ゴースト・ストーリーズ』の予約注文を受付中。いまアルバムを予約すると、その場で最新シングルの「マジック」がダウンロードできる。もちろんこの曲のみのダウンロードも可能だ。

さらにコールドプレイのスペシャルクラブショウが決定。6月12日(木)TOKYO DOME CITY HALLにて開催される。詳細は近日発表なので、続報を待っていてほしい。

■「マジック」MV
http://youtu.be/Qtb11P1FWnc

■アルバム『GHOST STORIES』

2014年5月21日発売
WPCR-15722/¥2,457(税抜)
1. Always In My Head
2. Magic
3. Ink
4. True Love
5. Midnight
6. Another\'s Arms
7. Oceans
8. A Sky Full Of Stars
9. O

■iTunes Storeにて予約受付中
https://itunes.apple.com/jp/album/id829909653

■コールドプレイ『スペシャルクラブショウ』

6月12日(木) TOKYO DOME CITY HALL
INFO:クリエイティブマン
http://www.creativeman.co.jp/artist/2014/06coldplay/

【関連リンク】
コールドプレイ オフィシャルページ
音楽レーベルEMIが違法ダウンロードを容認しているアイルランド政府を訴える
コールドプレイが4年ぶりにUKシングルチャート1位
コールドプレイ、日本初のスタジオ・ライブ放送決定

【関連アーティスト】
Coldplay
【ジャンル】
ポップス(洋楽)

SKE48&HKT48がナゴヤドームにて初の合同握手会を開催!
Sun, 20 Apr 2014 00:00:00 +0900
3rdシングル「桜、みんなで食べた」発売記念合同握手会@ナゴヤドーム (okmusic UP\'s)

HKT48の3rdシングル「桜、みんなで食べた」の発売記念合同握手会がナゴヤドームで開催された。

【その他の画像】HKT48

合同形式で握手会が行なわれるのは48グループ初ということで、両グループのファンで会場はおおいに盛り上がった。

場内アナウンスが選手入場を告げると、メンバーは高校球児のように元気よく手と足を大きく振り上げながら入場行進。1塁側にSKE48、3塁側にHKT48メンバーが整列し、本当の野球の試合さながらの雰囲気で合同握手会は幕を開けた。続いて、初の合同握手会を記念して始球式が行なわれ、ピッチャーをSKE48劇場支配人研究生・芝智也、対するバッターをHKT48劇場支配人・尾崎充、そして審判をSKE48劇場支配人候補生・今村悦朗が務め、各グループのメンバーやファンからの大声援を受けた。

また、交流会として、それぞれのご当地土産の交換も実施。HKT48からは博多名産の明太子、SKE48からは名古屋名物の手羽先がそれぞれにプレゼントされ、松井珠理奈が「こんな美味しそうな手羽先を前にすると、“手ば(が)先"に出ちゃう!」と得意のダジャレで会場を盛り上げた。ほかにも「SKE48 VS HKT48 炎の3本勝負」というミニゲームや両グループメンバーが入り混じった編成でミニライヴを披露するなどと、これまでの握手会にはない演出で、会場は多いに盛り上がりを見せたまま幕を閉じた。

SKE48・松井珠理奈は「楽しかったです。今度は私たちが福岡に行ってまたやりたい!」、HKT48指原利乃も「合同握手会、最高! 今度はNMB48ともやりたい!」とコメント。今後の握手会の展開にもますます期待が高まるイベントとなった。

【関連リンク】
SKE48 オフィシャルサイト
HKT48 オフィシャルサイト
さいたまスーパーアリーナでのHKT48単独公演、テーマは「HKT48春の大運動会」!
HKT48、驚きと涙に包まれた九州7県ツアー最終公演

【関連アーティスト】
HKT48, SKE48
【ジャンル】
女性アイドル, イベント

THE BACK HORN、「KYO-MEI×荒吐」出演の豪華セッションゲスト発表
Sun, 20 Apr 2014 00:00:00 +0900
THE BACK HORN (okmusic UP\'s)

THE BACK HORNが4月27日(日)に宮城・エコキャンプみちのくで開催される『ARABAKI ROCK FEST.14』で披露する“MICHINOKU PEACE SESSION THE BACK HORN「KYO-MEI×荒吐」"の参加ゲストを発表した。

【その他の画像】THE BACK HORN

ARABAKI ROCK FEST.初年度から唯一の皆勤賞バンド・THE BACK HORNを母体とした、2014年大トリを飾るセッション。THE BACK HORNのライブタイトル、そしてバンドの音楽の原点となるキーワード「KYO-MEI」をコンセプトに、THE BACK HORNに相応しい、心をふるわせる魂のセッションを創り上げるべく準備を進めている。

気になるそのゲストには、内田勘太郎(憂歌団)、鬼束ちひろ、小春(チャラン・ポ・ランタン)、千賀太郎(MONSTER大陸)、宮本浩次(エレファントカシマシ)、めかるストリングスといった錚々たるメンツ。またサポートミュージシャンとして、曽我淳一(トルネード竜巻)の参加も発表された。

一夜限りといえる、この貴重な「KYO-MEI×荒吐」セッションを見逃すな!

■『ARABAKI ROCK FEST. 14』公式サイト
http://arabaki.com/

■『ARABAKI ROCK FEST. 14』

4月26日(土)・27日(日)  宮城・エコキャンプみちのく
※THE BACK HORN「KYO-MEI×荒吐」は4月27日(日)の出演となります。

【MICHINOKU PEACE SESSION THE BACK HORN「KYO-MEI×荒吐」】
Vo. 山田 将司
Gt. 菅波 栄純
Ba. 岡峰 光舟
Dr. 松田 晋二
■Guest
Gt. 内田 勘太郎 (憂歌団)
Vo. 鬼束 ちひろ
Accordion. 小春 (チャラン・ポ・ランタン)
Harp. 千賀 太郎 (MONSTER大陸)
Vo. 宮本 浩次 (エレファントカシマシ)
Strings. めかるストリングス
■Support Musician
Key. 曽我 淳一(トルネード竜巻)

【関連リンク】
THE BACK HORN オフィシャルサイト
THE BACK HORN、台湾で最新作をリリース&ライヴも決定!
エレカシ、14年ぶりのドラマ主題歌を書き下ろし!
THE BACK HORNの山田将司(Vo)が[Alexandros]と共演!

【関連アーティスト】
THE BACK HORN, 憂歌団, 鬼束ちひろ, チャラン・ポ・ランタン, MONSTER大陸, エレファントカシマシ, トルネード竜巻
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1