歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2014年04月13日)
バックナンバー
最新ニュース
2014/04/22
2014/04/21
2014/04/20
2014/04/19
2014/04/18
2014/04/17
2014/04/16
2014/04/15
2014/04/14
2014/04/13
2014/04/12
2014/04/11
2014/04/10
2014/04/09
2014/04/08
2014/04/07
2014/04/06
2014/04/05
2014/04/04
2014/04/03
2014/04/02
2014/04/01
2014/03/31
2014/03/30
2014/03/29
2014/03/28
2014/03/27
2014/03/26
2014/03/25
2014/03/24
2014/03/23
2014/03/22
2014/03/21
2014/03/20
2014/03/19
2014/03/18
2014/03/17
2014/03/16
2014/03/15
2014/03/14
2014/03/13
2014/03/12
2014/03/11
2014/03/10
2014/03/09
2014/03/08
2014/03/07
2014/03/06
2014/03/05
2014/03/04
2014/03/03
2014/03/02
2014/03/01
2014/02/28
2014/02/27
2014/02/26
2014/02/25
2014/02/24
2014/02/23
2014/02/22
2014/02/21
2014/02/20
2014/02/19
2014/02/18
2014/02/17
2014/02/16
2014/02/15
2014/02/14
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/11
2014/02/10
2014/02/09
2014/02/08
2014/02/07
2014/02/06
2014/02/05
2014/02/04
2014/02/03
2014/02/02
2014/02/01
2014/01/31
2014/01/30
2014/01/29
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/26
2014/01/25
2014/01/24
2014/01/23
2014/01/22
2014/01/21
2014/01/20
2014/01/19
2014/01/18
2014/01/17
2014/01/16
2014/01/15
2014/01/14
2014/01/13
2014/01/12
2014/01/11
2014/01/10
2014/01/09
2014/01/08
2014/01/07
2014/01/06
2014/01/05
2014/01/04
2014/01/03
2014/01/02
2014/01/01
2013/12/31
2013/12/30
2013/12/29
2013/12/28
2013/12/27
2013/12/26
2013/12/25
2013/12/24
2013/12/23
2013/12/22
2013/12/21
2013/12/20
2013/12/19
2013/12/18
2013/12/17
2013/12/16
2013/12/15
2013/12/14
2013/12/13
2013/12/12
2013/12/11
2013/12/10
2013/12/09
2013/12/08
2013/12/07
2013/12/06
2013/12/05
2013/12/04
2013/12/03
2013/12/02
2013/12/01
2013/11/30
2013/11/29
2013/11/28
2013/11/27
2013/11/26
2013/11/25
2013/11/24
2013/11/23
2013/11/22
2013/11/21
2013/11/20
2013/11/19
2013/11/18
2013/11/17
2013/11/16
2013/11/15
2013/11/14
2013/11/13
2013/11/12
2013/11/11
2013/11/10
2013/11/09
2013/11/08
2013/11/07
2013/11/06
2013/11/05
2013/11/04
2013/11/03
2013/11/02
2013/11/01
2013/10/31
2013/10/30
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/27
2013/10/26
2013/10/25
2013/10/24
2013/10/23
2013/10/22
2013/10/21
2013/10/20
2013/10/19
2013/10/18
2013/10/17
2013/10/16
2013/10/15
2013/10/14
2013/10/13
2013/10/12
2013/10/11
2013/10/10
2013/10/09
2013/10/08
2013/10/07
2013/10/06
2013/10/05
2013/10/04
2013/10/03
2013/10/02
2013/10/01
2013/09/30
2013/09/29
2013/09/28
2013/09/27
2013/09/26
2013/09/25
2013/09/24
2013/09/23
2013/09/22
2013/09/21
2013/09/20
2013/09/19
2013/09/18
2013/09/17
2013/09/16
2013/09/15
2013/09/14
2013/09/13
2013/09/12
2013/09/11
2013/09/10
2013/09/09
2013/09/08
2013/09/07
2013/09/06
2013/09/05
2013/09/04
2013/09/03
2013/09/02
2013/09/01
2013/08/31
2013/08/30
2013/08/29
2013/08/28
2013/08/27
2013/08/26
2013/08/25
2013/08/24
2013/08/23
2013/08/22
2013/08/21
2013/08/20
2013/08/19
2013/08/18
2013/08/17
2013/08/16
2013/08/15
2013/08/14
2013/08/13
2013/08/12
2013/08/11
2013/08/10
2013/08/09
2013/08/08
2013/08/07
2013/08/06
2013/08/05
2013/08/04
2013/08/03
2013/08/02
2013/08/01
2013/07/31
2013/07/30
2013/07/29
2013/07/28
2013/07/27
2013/07/26
2013/07/25
2013/07/24
2013/07/23
2013/07/22
2013/07/21
2013/07/20
2013/07/19
2013/07/18
大注目の新人kaho、両国国技館にて初ライブを披露
Sun, 13 Apr 2014 22:00:00 +0900
4月13日(日)@両国国技館 (okmusic UP\'s)

昨年11月に『Every Hero/Strong Alone』でデビューしたkahoが、4月13日(日)に東京・両国国技館で行われたライブイベント「J-WAVE PIANO JAMBOREE supported by 宝山」に出演し、初めてライブを披露した。


【その他の画像】kaho

デビューシングル『Every Hero/Strong Alone』は、ドラマ「ミス・パイロット」の主題歌として起用され、レコチョクシングルチャート1位、iTunesシングルチャート3位にランクインするなど、2014年にブレイクする新人としてますます注目が高まっているkaho。この日のイベントはピアノだけの演奏で実施する「ピアノ弾き語りFES」で、土俵を見立てたセンターステージにピアノがセッティングされ、東西の花道からアーティストが出演する演出となっており、彼女にとって観客の前で披露する初ライブでもあった。

1曲目にはQUEENの『Bohemian Rhapsody』をカバー、往年の名曲を彼女の世界観で歌い上げ一気に観客を魅了し、MCでは落ち着いた口調で「私にとって初めてのライブになります」と述べると、会場からは大きなどよめきが起こる。続けて2曲、BRUNO MARSの『When I Was Your Man』『Talking To The Moon』をカバー、最後にデビュー曲『Every Hero』の全4曲をピアノアレンジで披露し、15歳の初ライブとは思えない堂々としたパフォーマンスを見せつけた。

この日、名だたる共演者のなかでもひときわ輝きを放ち、これから長く活躍していく彼女の初ライブという“歴史的瞬間”を感じさせたkaho。このステージですでに大物感が漂う佇まいを見せた彼女が今後どのように成長していくか楽しみだ。

■「J-WAVE TOKYO PIANO JAMBOREE」

4月13日(日) 両国国技館
出演:スキマスイッチ、KAN、大橋トリオ、清水ミチコ、K、大塚愛、さかいゆう、kaho
スペシャルゲスト:塩谷哲with JUJU

【kaho SET LIST】
M1. Bohemian Rhapsody(Queenカバー)
M2. When I Was Your Man(Bruno Mars カバー)
M3. Talking To The Moon(Bruno Mars カバー)
M3. Every Hero

■デビューシングル「Every Hero/Strong Alone」

発売中
SRCL-8409/¥1,260
<収録曲>
1.「Every Hero」
※フジテレビ系ドラマ『ミス・パイロット』<10月15日スタート毎週(火)午後9時〜9時54分>主題歌
2.「Strong Alone」
3.「Victory」
4.「Victory-Kid Massive Remix-」
5.「Every Hero」-instrumental-6.「Strong Alone」-instrumental-

【関連リンク】
kaho iTunesページ
kaho レコチョクページ
kaho mora
kaho official YouTube channel

【関連アーティスト】
kaho
【ジャンル】
J-POP, イベント

YG Familyが大集結! 「YG Family World Tour 2014 -POWER- in Japan」開幕!
Sun, 13 Apr 2014 17:00:00 +0900
4月12日@京セラドーム (okmusic UP\'s)

4月12日、京セラドームよりツアー「YG Family World Tour 2014 -POWER- in Japan」がスタート。当日会場に詰めかけた約5万人のファンを熱狂の渦に巻き込んだ。

【その他の画像】BIGBANG

韓国・YG ENTERTAINMENTが誇るアーティストが約2年振りに、ここ日本に大集結する「YG Family World Tour 2014 -POWER- in Japan」。この日は海外アーティスト史上初の日本6大ドームツアーで77万人超を動員するなど、今や押しも押されぬ不動の人気を確立した「BIGBANG」 を筆頭に、今年6月に待望の日本でのアルバム発売が決定した「2NE1」、韓国でテレビ放送もされたサバイバルプロジェクト「WIN : Who Is Next」から飛び出した同事務所期待の大型新人男性グループ「WINNER」・「TEAM B」 を含む全6組24人のアーティストが総出演(PSYはスケジュールの都合により出演を見合わせる形となった)。各アーティストがそれぞれのステージを繰り広げるのはもちろん、このYG Family World Tourの醍醐味でもある各アーティストの垣根を超えたコラボレーションステージとしてG-DRAGON(from BIGBANG)とCL(from 2NE1)、SOL(from BIGBANG)とTEAM B、そして「WIN : Who Is Next」での名勝負も記憶に新しいWINNERとTEAM Bの共演なども織り交ぜ、アンコールでは全出演者でBIGBANGの「FANTSTIC BABY」を歌唱する等アンコールを含む全40曲約3時間にも及ぶ、盛りだくさんな公演内容となった。

また、上述のWINNERに関しては今回の「YG Family World Tour」出演の他、今月29日と来月5日には待望の日本でのファンイベント「Hello! WINNER」の開催も決定。昨年12月に大阪・千里セルシーで初めて開催したファンイベントには約8千人の観客が詰めかけたという彼等の日本での待望の単独イベント発表に会場からは大きな歓声が上がり、このグループに大きな期待が寄せられていることが感じられる結果となったと言えるだろう。

そして、WINNER同様今回の公演で大きな歓声を巻き起こしたTEAM Bは、この日の出演がなんと初来日ステージにも関わらず、堂々とした圧倒的パフォーマンスを披露し、大観衆を一瞬で魅了した。"G-DRAGONの再来"とも言われているリーダーであるB..I をはじめ、6人のメンバーで構成されるこちらのグループの今後の活動展開も楽しみなところ。

なお、この「YG Family World Tour」は13日に同じく京セラドーム大阪で公演を終えた後、来月3日・4日には東京ドームでも開催が予定されている。今回の初日公演を終えて、東京公演に関しては今後さらなるチケット争奪戦が繰り広げられそうだ。

■■ライブ情報

『YG FAMILY WORLD TOUR 2014 ?POWER- in Japan』
出演:BIGBANG/2NE1/PSY/Epik High/LEE HI/WINNER/and more
4月12日(土) 京セラドーム大阪
4月13日(日) 京セラドーム大阪
5月03日(土) 東京ドーム
5月04日(日) 東京ドーム
※開場/開演時間は変更になる場合あり
料金:全席指定 ¥13,000(税込)
※3歳以上よりチケット必要。3歳未満は入場不可
チケット一般発売日:3月22日(土)〜

『Hello! WINNER』
4月29日(火、祝) 大阪 堂島リバーフォーラム
13:00開場/14:00開演 17:00開場/18:00開演
5月05日(月、祝) 東京 ZEPP TOKYO
13:00開場/14:00開演 17:00開場/18:00開演
チケット:スタンディング ¥3,240(税込)※整理番号順の入場になります。
※開場/開演時間は変更になる場合があります
※3歳以上よりチケット必要。3歳未満は入場不可
※東京公演のみ入場時に、別途ドリンク代として500円必要

【関連リンク】
「YG Family World Tour 2014 -POWER- in Japan」公演情報ページ
YG ENTERTAINMENTが放つWINNER、東京と大阪でファンミ開催決定!
「YG FAMILY WORLD TOUR」に期待の新人グループTEAM Bの出演が決定!
エキシビションイベント『YG Exhibition in Japan Supported 三井不動産』が5月31日まで延長決定

【関連アーティスト】
BIGBANG, 2NE1, WINNER, TEAM B
【ジャンル】
K-POP, イベント

姫carat、メジャーサードシングル発売決定
Sun, 13 Apr 2014 16:00:00 +0900
姫carat (okmusic UP\'s)

姫caratが6月18日(水)にニューシングル「切なくてほのかに甘い運命(デスティニー)」をリリースすることを発表した。

【その他の画像】姫carat

姫caratは2012年に結成されたバンド・ダンスをこなす二刀流ロッキンアイドルバンド。ニューシングルのリリースは、4月12日(土)に原宿アストロホールにて行われた、ライブイベント「SALA-Girls Special Live〜2014Spring〜」にて発表された。

姫caratのシングル作品リリースは昨年6月のデビューシングル「51%プラトニック」、11月末発売の「ボディー・ロカビリー」に続く3作目。デビュー以来、80年代日本ポップスの黄金期を築いた作詞家:売野雅勇とタッグを組んでリリースを展開してきた姫carat、「切なくてほのかに甘い運命(デスティニー)」も売野雅勇の作詞による作品だ。

姫caratは、3月に藤井つきみ(ギター&ボーカル)がグループを卒業。今作は木下ひなこ(ボーカル&ギター)、蒼井ちあき(ギター&ボーカル)、佐藤美咲(ベース&ボーカル)、 渚奈子(ドラム)の4人体制で初のリリースとなる。なおリーダー木下ひなこは、日本テレビ系列「PON!」のお天気お姉さんに抜擢され、3月31日より出演している。個人での活動も注目を集めているので、楽曲と併せて是非チェックを!

■シングル「切なくてほのかに甘い運命(デスティニー)」

2014年6月18日発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
WPZL-30862/63/¥1,500(税抜) 
【初回限定盤B】(CD)
WPCL -11859/¥1,500(税抜) 
【通常盤】(CD)
WPCL-11860/¥1,000(税抜) 

■【ライブ情報】

■ワンマンライブ
「姫carat 2nd ONEMAN LIVE 〜HinakoKinoshita Birth festival〜」
5月25日(日) Shibuya Milkyway

■イベント出演
「小桃音まい 5周年記念東名阪ツアー「ダンシン☆民族大移動」」
4月13日(日) TSUTAYA O-WEST

「MAID IN WORLD Vol.1」
4月26日(土) 渋谷VUENOS

「UDAGAWA GIRLS COLLECTION」
5月05日(月・祝) Shibuya Milkyway

「HARAJUKU NEW SUNNY」
5月18日(日) 原宿アストロホール

【関連リンク】
姫carat オフィシャル HP
angelaニューシングルは劇場版『K MISSING KINGS』主題歌
Rayの2ndアルバムに「凪のあすから」最終話挿入歌収録
ももクロ、新曲「泣いてもいいんだよ」緊急ダイヤルを開設&ジャケ写も解禁!!

【関連アーティスト】
姫carat
【ジャンル】
女性アイドル

PENICILLINが22年目の初挑戦! ツアーファイナルでオーケストラと共演!
Sun, 13 Apr 2014 15:30:00 +0900
4月12日(土)@Zepp DiverCity Tokyo (okmusic UP\'s)

約3年ぶりのオリジナルアルバム『瑠璃色のプロヴィデンス』をひっさげたPENICILLINの全国ツアー“SPRING TOUR 2014 瑠璃色のプロヴィデンス”が、4月12日(土)にZepp DiverCity Tokyoでファイナルを迎えた。


【その他の画像】PENICILLIN

昭和の歌謡曲のエッセンスを取り入れたメロディとPENICILLINならでわのハードで振り切れたサウンドをぶつけ合わせたアルバムの新曲たちは、ライヴでさらに強力に研ぎすまされていた。存在そのものがグラマラスなHAKUEI、ダイナミックで華のあるプレイで自由自在にギターを操る千聖、ストイックでパワフルなビートを叩き出すO-JIRO、多彩なベースプレイで長年、彼らのサポートを務めるHIROKI。百戦錬磨のライヴバンドとして第1線に立ち続けてきたPENICILLINサウンドの魅力がいたるところに散りばめられたステージは、結成22周年を迎えたバンドの存在感と同時に変わることのない勢い、ロックバンドだからこそのスリルと色気を感じさせてくれた。

そして、アンコールでは22年目の初挑戦。ミラーボールが回る中、アルバムの1曲目を飾るバラード「少年の翼」がオーケストラをバックに演奏された。驚きと喜びが混ざった大歓声の中、HAKUEIが最初のフレーズを歌うとオーディエンスからは拍手が沸き起こった。春を感じさせる温かな曲でもあり、PENICILLINのヒストリーとも重ねあわせて聴くことができる曲のドラマ性をさらに際立たせる演奏が忘れがたい景色をつくり出した。

感動の中、そのまま大ヒット曲「ロマンス」のオーケストラヴァージョンへとなだれこんだのもスペシャル! 盛り上がりの中、ダブルアンコールへと突入し、ステージを去ってもPENICILLINを求める声は鳴りやまず、「お台場! まだ帰さないぞ! 朝まで行くぞ!」と煽り、トリプルアンコールでは予定になかった3曲を演奏。全23曲を披露し、約3時間にわたった熱いライヴは幕を閉じた。なお、この日の模様はFC先行でDVDとしてリリースされることが決定している。

■【セットリスト】

SE ツァラトゥストラはかく語りき/リチャード・シュトラウス(2001年宇宙の旅)
M1 イナズマ
M2 記憶の固執〜融けゆく時間〜
M3 幻想カタルシス
M4 秘蜜のデザート
M5 プリンセス アカデミー
M6 ファンタスティック・ファンタジー
M7 LOVE DRAGOON
M8 バラ
M9 優しい声
M10 限りなき夢 限りある春 闇を彩り 満ち欠ける月
M11 シリウス
M12 聖・MARIAN HURRICANE
M13 快感∞フィクション
M14 Justice
M15 Rosetta
M16 天使よ目覚めて
〜EN 1〜
M17 少年の翼
M18 ロマンス
M19 Quarter Doll
〜EN 2〜
M20 Imitation Queen
〜EN 3〜
M21 FOR BEAUTIFUL MAD HUMAN LIFE
M22 Desire
M23 Fly

【関連リンク】
“ヴィジュアル系 meets アニソン”カバーコンピ、リリース決定!
PENICILLIN・千聖のソロプロジェクト、Crack6のツアーがいよいよファイナル!
Crack6、10周年記念アルバム『6 elements』ビジュアル解禁!
HAKUEI(PENICILLIN)×竜太朗(Plastic Tree)×アイジ(LM.C)がニコ生で座談会決定!

【関連アーティスト】
PENICILLIN
【ジャンル】
ビジュアル, ジャパニーズロック, ライブ

ママ世代に向けたイベント『InRed×J-WAVE MOM\'S HOLIDAY』に矢井田瞳らが登場!
Sun, 13 Apr 2014 15:00:00 +0900
4月12日(土)@「InRed × J-WAVE MOM’S HOLIDAY」【矢井田瞳】 (okmusic UP\'s)

4月12日に六本木ヒルズでFMラジオ局 J-WAVE 81.3 FMと宝島社の雑誌「InRed」とのコラボイベント『InRed×J-WAVE MOM\'S HOLIDAY』が開催。矢井田瞳やTOKUが出演し、ライブを披露した。

【その他の画像】矢井田 瞳

同イベントはFMラジオ局 J-WAVE 81.3 FMと宝島社の雑誌「InRed」とのコラボレーションによる、ママ世代にむけたイベント『InRed×J-WAVE MOM\'S HOLIDAY』。絶好のお出かけ日和となった休日の六本木ヒルズには、たくさんの親子連れをはじめ数多くの観客が来場し、大盛況のうちに終了した。

J-WAVEプロデュースのライブイベントや、InRedでも人気のゲストを招いてのトークショー等のスペシャルステージを入場無料で楽しめ、協賛ブースではママのためのお得情報やお土産が貰えるなど、家族でも、ママ友同士でも楽しめる同イベント。この日のゲストには、アーティストの矢井田瞳、モデルの道端カレン、タレントのMEGUMI、ジャズアーティストのTOKUが出演した。

まず最初に登場したのは、ジャズアーティストのTOKU。「いつもは夜が多いけど、天気のよい休日の午後も気持ちよいですね。」と語り、先日リリースされた子どもと親で一緒に楽しむジャズカバーアルバム『きっずじゃずCD』からの「ドレミのうた」「マイ・フェイヴァリット・シングス」「トゥインクル・トゥインクル・リトル・スター」を含む5曲を披露。

続いて登場したのは、二児の母でもあるモデルの道端カレン。「ちょうど下の子が小学校1年生になりました。」と語る彼女は、「基本的には、ほめてのばす。子どもの個性に合わせた育て方を心がけている」といった育児の話から、「求められたことに対しては、完璧に応えたい。モデルの仕事でも、そのページに欲しい女性像をしっかりアウトプットしたい」といった仕事のモットーまで、様々な話を語ってくれた。

続いては、矢井田瞳。「(観客と)距離も近くて明るくてちょっと恥ずかしいけど、お互い様か(笑)」と言いながらも、超満員の観客を盛り上げながら大ヒット曲「my sweet darlin\'」や昨年発売されたミニアルバム『123456』に収録されている「地平線と君と僕」など5曲を披露した。

最後に登場したのは、タレントのMEGUMI。「子育ては完璧を目指しすぎない」「家族円満の秘訣として、家族のお祝い事・イベントは欠かさない」といった子育てや家族のお話から、仕事での新しいチャレンジとして4月22日から始まる舞台「死神の浮力」の話などを語った。

なお、この日の道端カレン・MEGUMIのトークショーの模様は、J-WAVEの番組『I A.M.』内の「CLOSE TO YOU〜MOM\'S HOLIDAY EDITION」(月〜木10:40〜10:50、4月14日〜17日MEGUMI、4月21日〜24日道端カレン)で放送されるので、気になる方はご確認を!

■【TOKUセットリスト】

1. ドレミのうた
2. マイ・フェイヴァリット・シングス
3. トゥインクル・トゥインクル・リトル・スター
4. Fly Me To The Moon
5. 君へのファンファーレ

■【矢井田瞳セットリスト】

1. キッチン
2. マーブル色の日
3. Over The Distance
4. my sweet darlin\'
5. 地平線と君と僕

【関連リンク】
嵐・二宮和也、友達が少なかった学生時代
矢井田瞳 、ワンマンライブ「夏の元気祭り 728・815」開催決定!
ジャズヴォーカリスト&フリューゲルホーンプレーヤーのTOKU、NHK「みんなのうた」に新曲書き下ろし。
矢井田瞳、阿部真央ら出演 夏の風物詩「Date fm 夕涼みコンサート」開催

【関連アーティスト】
矢井田 瞳, TOKU, MEGUMI
【ジャンル】
J-POP, イベント

KUDANZ、5月14日にミニアルバムを発売!
Sun, 13 Apr 2014 14:00:00 +0900
KUDANZ  (okmusic UP\'s)

KUDANZが5月14日にミニアルバム『何処か長閑な』をリリースする事が決定した。

【その他の画像】KUDANZ

東北を代表するシンガー・ソング・ライター KUDANZ。今回リリースするミニアルバム『何処か長閑な』はロック、フォーク、カントリー、オーケストラル・ポップで日本の四季を表現。自らの家族・仲間に捧げた、孤独な温かさと穏やかさが詰まったクラシックなミニアルバムに仕上がった。

同作は2012年の「僕とターヘルアナトミア」以来約2年ぶり。KUDANZ 佐々木玄が信頼し、愛する仲間への感謝の気持ちを綴った原点回帰となる作品だ。春の訪れをアコースティックギターと打楽器の力強さをストリングスの純粋さに合わせて表現した「蕾」。夏に愛するパートナーをサーカスティックに温かく迎える様を、90年代初めのサイケデリック・ポップ調で表現した「お盆」。「風の輪郭」ではシンバル達の優しく悲しげな音色が、過ぎ去って行く短い夏を惜しみ、秋の訪れを告げる。アンビエント感のある意匠の中で、佐々木玄の透き通った声が心身の傷を静かに撫でるようにして孤独な季節を後にする「back again」は、今作の代表曲となる。「太陽」では現代音楽と民族音楽を融合したメロディーに乗せて、雪に閉ざされた長い冬を強くたくましく生きる神聖な東北の人々を表現。世の中の孤独の片隅で生きる男がかき鳴らした唄の数々。全ての曲がそれぞれ違う音の景色を見せながら、孤独な温かさと穏やかさを持った新しい季節の訪れを告げるアルバムだ。

6月21日(土)からは同作のリリースツアーを開催。こちらも是非チェックを!

■ミニアルバム『何処か長閑な』

2014年5月14日発売
FUNN-0001/¥1,500(税込)
<収録曲>
1. 砂上のワルツ〜overture〜
2. 蕾
3. 砂粒の記憶
4. お盆〜hommage to Y.Y.T〜 
5. 風の輪郭 
6. back again
7. 太陽
8. 砂上のワルツ〜curtain call〜

■■KUDANZ リリースツアー

6月21日(土)大阪 心斎橋 Pangea
開場17:30/開演18:00 
6月22日(日)愛知 名古屋 SONSET STRIP
開場18:00/開演18:30 
6月28日(土)東京 下北沢 BASEMENT BAR
開場18:00/開演18:30 
6月29日(日)宮城 仙台 PARKSQUARE
開場18:00/開演18:30 

【関連リンク】
嵐・二宮和也、友達が少なかった学生時代
ももクロ、新曲「泣いてもいいんだよ」緊急ダイヤルを開設&ジャケ写も解禁!!
「ソニレコ!暇つぶしTV」最新回で乃木坂46西野・堀・松村が様々な企画に挑戦!
浜崎あゆみ、プレミアムライヴの開催&アルバムリリースを発表

【関連アーティスト】
KUDANZ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SMAのアイドルプロジェクト・アイドルネッサンスが5月に初ライブ開催
Sun, 13 Apr 2014 13:00:00 +0900
アイドルネッサンス (okmusic UP\'s)

会社設立40周年を迎えるソニー・ミュージックアーティスツが初めて手がけるアイドルプロジェクト・アイドルネッサンスの候補生10名が、初ライブ「アイドルネッサンス候補生初ライブ〜ルネッサンスはじめます〜」を開催する。

【その他の画像】アイドルネッサンス

かな、かえで、のあ、ななこ、りりか、まりん、まいな、こよい、まお、りこという候補生10名が在籍する、このプロジェクト。候補生達は半年間に渡り、正式メンバーの座を目指し、歌、ダンス、バラエティーのレッスン、ブログでの発信をしながら、お披露目を目指し頑張ってきた。

公式Youtubeチャンネルでは事務所の先輩であるAMEMIYA、茂木淳一、酒井瞳(アイドリング!!!14号)、オテンキ、コウメ太夫と競演。先輩応援団も候補生をサポート。多岐にわたる活動を経てきた彼女らが、来月5月4日(日・祝)にその活動の成果を、一般公開で初めて披露する「アイドルネッサンス候補生初ライブ〜ルネッサンスはじめます〜」を開催する。

これまでのレッスンの成果を発表する場となると共に、このライブで正式メンバーも発表。チケットの一般発売は行わず、一般観覧者を募集しての開催となる「アイドルネッサンス候補生初ライブ〜ルネッサンスはじめます〜」。観覧の詳細はオフィシャルサイトにて。

また、「アイドルネッサンス候補生初ライブ〜ルネッサンスはじめます〜」で選抜された正式メンバーは、5月28日(水)に渋谷WWWで開催されるSMA40周年記念イベント第二弾 「輝け!日本エスエムエー新人賞ケース」に出演することも決定している。

■SMA SHOWCASE 2014〜輝け!日本エスエムエー新人賞ケース〜 特設サイト
http://sma40th.com/smashowcase
■SMA40周年特設サイト 
http://www.sma40th.com

■『アイドルネッサンス候補生初ライブ〜ルネッサンスはじめます〜』

開催日:5月04日(日・祝) 
開催時間:正午(12時)開場 12:30開演
※もしくは12:30 開場 13:00開演
場所:AKIBAカルチャーズ劇場
〒101-0021 東京都千代田区外神田1-7-6 AKIBAカルチャーズZONE 地下1階
http://akibalive.jp
出演:アイドルネッサンス候補生
司会:茂木淳一、酒井瞳(アイドリング!!!14号)

■一般観覧招待の詳細はこちら
http://idolrenaissance.com

■『SMA SHOWCASE 2014〜輝け!日本エスエムエー新人賞ケース〜』

開催日:5月28日(水)
開催時間:開場 18時 開演 18時30分
場所:東京・渋谷WWW
出演アーティスト: サンドクロックと佐藤帆乃佳/田中美里/Rei/ワタナベマユ/アイドルネッサンス
「特命☆1日店長」 チャラン・ポ・ランタン
料金:1,000円(税込)※別途ドリンク代(¥500)が必要となります。
※チケット購入特典として出演者全員の寄せ書きサイン色紙プレゼント(特典は入場時受け渡しとなります)
※年齢制限:3歳以上チケット必要、3歳未満入場不可
チケット一般発売:4月19日(土)10:00 〜 (チケットぴあ 、ローソンチケット 、e+)
お問合わせ:渋谷WWW  03-5458-7685

【関連リンク】
アイドルルネッサンス オフィシャルサイト
ソニー・ミュージックアーティスツが「アイドルグループはじめます」宣言!
「ハピネスチャージプリキュア!」テーマ曲を歌う仲谷明香と吉田仁美がラジオ番組「THE WORKS」にゲスト出演
「ソニレコ!暇つぶしTV」最新回で乃木坂46西野・堀・松村が様々な企画に挑戦!

【関連アーティスト】
アイドルネッサンス
【ジャンル】
女性アイドル, J-POP

さんみゅ〜がワンマンライブで「六甲おろし」を熱唱!?
Sun, 13 Apr 2014 12:00:00 +0900
【上段左から】西園みすず(19)   京極友香(18)  山内遥(19)  【下段左から】 長谷川怜華(18)  新原聖生(15)   木下綾菜(17) 野田真実 (17) 小林弥生(18) (okmusic UP\'s)

アイドルグループ「さんみゅ〜」が4月12日(土)に品川プリンス ステラボールで1500人のファンを集め、ワンマンライブ「さんみゅ〜LIVE2014 SUN&YOU-春の嵐-」を大成功させた。

【その他の画像】さんみゅ〜

2013年1月に「21世紀最初の純白アイドル」というキャッチフレーズを掲げ、80年代王道アイドルサウンドを武器にデビュー、最新シングル「春が来て僕たちはまた少し大人になる」がデイリーランキング4位を獲得し、勢いに乗る8人組のアイドルグループ「さんみゅ〜」。この日、全国各地から集まって結成されたグループにちなんで、「ご当地ソング選手権」と称した企画コーナーが展開された。北は新潟から、南は鹿児島の出身の彼女達が、自身の郷土愛の高さをプレゼンする為に、それぞれのご当地ソングや出身歌手の歌を披露。観客の声援の大きさで1位を決定し、その優勝賞品として、「勝手にPR親善大使獲得」ができるという交渉権をかけて行われ、趣向の凝らされた個性あふれる歌が披露された。
 
 昼公演は、大阪出身の西園みすず(19)がウルフルズの「大阪ストラット」の歌唱を皮切りに、奈良出身の小林弥生(18)が奈良を代表するゆるキャラ「せんとくん」の踊りを披露したり、埼玉出身の木下綾菜(18)は地元放送局:テレ玉のゆるキャラ「テレ玉くん」とコラボしたかと思えば、兵庫出身で阪神ファンの山内遥(19)は阪神タイガースのユニフォームを着て「六甲おろし」を大合唱した。

 夜公演でも、デビュー曲となった岡田有希子の「くちびるNetwork」を始めとして、観客全員でタオルを振り回して盛り上がった「夏祭り」をはじめとするカヴァーソングから、ファンの間でも人気の高い「みんなの太陽」などオリジナルソングを織り交ぜてのバラエティ豊かな楽曲で観客を魅了、先のオリコンデイリーランキングで4位を獲得した最新シングル「春が来て僕たちはまた少し大人になる」では会場がピンクのサイリウム一色に染まるファンからのサブライズを目の前にメンバーが涙をするなど昼夜合わせて34曲が披露された。
 
 さらに、7/2(水)には6枚目のシングルのリリース決定がメンバーが報告されると、モニターにメンバーにもサプライズで8/6(水)に初めてのアルバムのリリースが決定したことも発表、「さんみゅ〜にとって初めてのアルバム、今までよりも多くの曲が生まれ、皆さんにお届けできる事になります。全国の皆さんに愛されるアイドルになるために、よりいっそう願払い対と思います」と、リーダーの西園みすずから意気込みが語られた。

■■ご当地ソング選手権 開催内容

【第一部】
1.西園みすず(大阪府出身):ウルフルズ「大阪ストラット」
2.長谷川怜華(新潟県出身):小林幸子「おもいで酒」
3.山内遥(兵庫県出身):阪神タイガース応援歌「六甲おろし」
4.京極友香(大阪府出身):ブリトニー・スピアーズ「TOXIC」
5.小林弥生(奈良県出身):「せんとくんなら知っている」
6.野田真実(大阪府出身):クリーミーマミ「デリケートの好きして」
7.下綾菜(埼玉県出身):テレビ埼玉「テレ玉くんのうた」
8.原聖生(鹿児島県出身):鬼束ちひろ「月光」
【第二部】
1.西園みすず(大阪府出身):「大阪で生まれた女」
2.長谷川怜華(新潟県出身):柴矢裕美「お魚天国」改め「お米天国」
3.山内遥(兵庫県出身):イチローのものまね
4.京極友香(大阪府出身):レディ・ガガ「ポーカーフェイス」
5.小林弥生(奈良県出身):レディ・ガガ「ポーカーフェイス」
6.野田真実(大阪府出身):「魔法使いサリーのうた」
7.木下綾菜(埼玉県出身):童謡「大きな栗の木の下で」
8.新原聖生(鹿児島県出身):MISA「Everything」

■「春が来て僕たちはまた少し大人になる」
http://youtu.be/3oZRuVamd0c

■シングル「春が来て僕たちはまた少し大人になる」

2014年3月19日(水)発売
【初回盤A】(CD+DVD)
PCCA-03988/¥1,500(税込)
【初回盤B】(CD+DVD)
PCCA-03989 /¥1,500(税込)
【初回盤C】(CD+DVD)
PCCA-03990/¥1,500(税込)
【通常盤】(CD ONLY)
PCCA-70399/¥1,000(税込)

【関連リンク】
さんみゅ〜 オフィシャルサイト
さんみゅ〜 オフィシャルブログ
さんみゅ〜 YouTube Channel 
ももクロ、新曲「泣いてもいいんだよ」緊急ダイヤルを開設&ジャケ写も解禁!!

【関連アーティスト】
さんみゅ〜
【ジャンル】
女性アイドル, ライブ

LA-PPISCHのMAGUMIのバンドがシングルとアルバムを同時リリース!
Sun, 13 Apr 2014 12:00:00 +0900
MAGUMI AND THE BREATHLESS (okmusic UP\'s)

MAGUMI AND THE BREATHLESS"が、5月14日(水)にシングル「Electric Discharge」、アルバム『Demonstration』を同時リリースする。

【その他の画像】MAGUMI AND THE BREATHLESS

日本スカ・パンク界のルーツ、LA-PPISCHのボーカルMAGUMI(ボーカル、トランペット)/永井秀樹(ギター、コーラス)/袴塚徳勝(ベース、コーラス)/カサマツマサヨシ(ドラム)/島本亮(キーボード、サックス、コーラス)/直江誠治(パーカッション)からなる“MAGUMI AND THE BREATHLESSは、2011年にMAGUMIのソロ・プロジェクトとしてスタート。3年でバンドとしての体制を固め、遂に全曲オリジナルの2ndアルバムが完成した。シングルカットされた「Electric Discharge」をはじめ、スケール感のある「Beautiful World」、ダンサブルな「Parting Dance」にゴキゲンなスカの表題曲、ゆったり聴かせる「砂の家」や「水槽」など、LA-PPISCH直伝のミクスチャー・ロック最新型を一挙に楽しむことができる作品に仕上がっている。

リリース前の5月2日(金)には、下北沢CLUB251にてレコ発ワンマンライブ「Demonstration」の開催が決定。CD音源とはまたひと味違った熱量や疾走感を感じる空間となるだろう。当日は、リリースに先立って会場での先行販売も行われるので、気になる方は是非とも足を運んでみよう。

■シングル「Electric Discharge」

2014年5月14日(水)発売
ATS-51/¥1,000(税抜)
<収録曲>
01.Electric Discharge
02.死角のシルエット
03.Ghost Town

■アルバム『Demonstration』

2014年5月14日(水)発売
ATS-52/¥3,000(税抜)
<収録曲>
01.Beautiful World
02.Parting Dance
03.Q Dub
04.死角のシルエット II
05.Electric Discharge
06.Demonstration
07.砂の家
08.水槽
09.Abracadabra
10.Back Yard
11.トルコ行進曲
12.Liar
13.Good Bye Sunshine
MAGUMI オフィシャルホームページ

■MAGUMI AND THE BREATHLESS レコ発ワンマンライブ『Demonstration』

5月02日(金) 下北沢CLUB251
開場 18:30/開演 19:00
チケット:前売り¥3,500/当日¥4,000(ドリンク代別)
※当日CDの先行販売あり

【関連リンク】
MAGUMI(LA-PPISCH)率いる、MAGUMI & THE BREATHLESSがシングル&アルバム同時リリース!
「ソニレコ!暇つぶしTV」最新回で乃木坂46西野・堀・松村が様々な企画に挑戦!
浜崎あゆみ、プレミアムライヴの開催&アルバムリリースを発表

【関連アーティスト】
MAGUMI AND THE BREATHLESS, LA-PPISCH, MAGUMI
【ジャンル】
パンク/ハードコア, ジャパニーズロック

カメレオ、ツアー初日に7月シングルリリース発表!
Sun, 13 Apr 2014 11:00:00 +0900
4月11日(金)@新宿BLAZE (okmusic UP\'s)

4月11日(金)、カメレオがワンマンツアー『カメレオワンマンツアー2014「会いに行くバンドマン」』を新宿BLAZEからスタートさせた。

【その他の画像】カメレオ

カメレオ史上最多となる22カ所23公演を廻るワンマンツアー「会いに行くバンドマン」。事前に特設サイトで各公演のチケット消化率を発表するなど、今回のツアーへ向けて様々な企画を行なってきた彼らだったが、ツアー開始直前に朗報が飛び込んできた。

なんと、4月2日にリリースした両A面シングル「♪ラララ♪/時給¥850」の累計出荷枚数が1万枚を突破し、オリコン週間チャート初登場9位、インディーズ週間チャート初登場1位を記録するという快挙を成し遂げたのである!今回のシングルはトップ10入りを目指していたこともあり、見事目標を達成した形となった。

そして迎えたツアー初日。強烈な追い風が吹きまくって、ノリにノっている5人が登場すると、超満員のフロアから大歓声が沸き上がる。そのまま1曲目に突入した……のだが、いきなり機材トラブルが発生!!Kouichiのベースから音が出ないという、波乱の幕開けに……。しかし、メンバーがMCでそれをうまくカバーしつつ、オーディエンスもサポートするように熱く盛り上がり、会場が一体となってライヴを作り上げていった。

この日のセットリストは、最新シングル収録曲を中心に構成されたもの。タイトルのごとく、シニカルな歌詞が綴られた「現代病写」では、エレクトロ要素を盛り込んだラウドなサウンドにフロアから拳が上がり、「時給¥850」ではメンバー5人がマイクを手にとり、特訓で磨き上げたダンスを披露。ちなみ、オフィシャルホームページでは、HIKARU.が“自分の殻を破った"と語る、最新曲の「楽しみ方動画」がアップされているので、是非チェックしてからライヴに参加して頂きたい。

また、楽曲のみならず、様々な面でオーディエンスを楽しませてくれるのがカメレオのライヴだが、この日は、HIKARU.が出したお題をメンバーが即興で答えつつ、しかもその答えをオーディエンスとコール&レスポンスをするというコーナーを敢行。Kouichiが「過去に付き合っていた女性の名前」を暴露させられたり、Takashiの「昨日食べた晩ご飯」が「豆乳、豆腐、枝豆、納豆」と、全部豆類だったことが判明したり(ダイエット中だそうです)、
「美人そうな外国人女性の名前」というお題に、Daisukeがテンパって「ジャイ子!」と叫んだりと、フロアに笑いを巻き起こしていた。今後も全国各会場でしか聞けないトークが繰り広げられるので楽しみにしていてほしい。

また、今回のツアーの模様をInstagramで公開する企画を実施しており、Takeshiがオーディエンスの「ハナゲコール」を録画する場面も。こちらは“いろんな会場の「ハナゲ」を撮りたい"とのことなので、続々と各地の熱い「ハナゲコール」がアップされていくだろう。

アンコールのMCでは、HIKARU.が「♪ラララ♪/時給¥850」がオリコントップ10にライクインした感謝を、改めてオーディエンスに伝えていた。

「結局、僕らがやったのは作品を作っただけで、トップ10に入れてくれたのは、僕らを支えてくれる人達だったり、みんなのおかげだと思うんです。たくさん「おめでとう」の言葉をいただいたんですけど、僕らはみんなに対して「ありがとう」の言葉と同時に、「おめでとう」の言葉をみんなに返したいです。“本当にありがとうございました! そして、おめでとうございます!"(HIKARU.)」

また、ツアーファイナルとしてZepp DiverCityで開催される「会いに来てほしいバンドマン」についても話していたのだが、メンバー全員が“埋められるか不安"と、今の心境を正直に告白。しかし、“バンドは安定を望んでしまったらおしまいなんです"と、HIKARU.が話す。

「Zepp DiverCityでやることに対して、周りからいろんな反対意見をたくさんいただいたんですけど、やっぱり僕は、自分達が決めた道を進んで行きたい。そして、頑張れば未来は変えられるということを、カメレオっていうバンドを通してみんなに伝えて行きたいと思っているので、よかったらこれからも応援よろしくお願いします!(HIKARU.)」

彼らの最新曲「♪ラララ♪」は、疾走感たっぷりにリスナーの背中を力強く押すアンセムソングなのだが、<何かに立ち向かい「失敗したり負けること」を恐がるよりも/「何もしないこと」の方が恐い>という歌詞は、“自分達に向けて書いたものだ"と、KouichiがMCで話していた。現状に甘んじることなく常に挑戦を繰り返し、支えてくれるスタッフや、応援してくれるオーディエンス達と共にハッピーな空間を作り上げていこうとしている彼らの決意に、オーディエンスから大きな拍手が送られていた。

ここからZepp DiverCity公演へ向けて激走していくカメレオだが、この日の本編終了後に流された映像で、様々な情報が解禁された。

まず、ツアーファイナル「会いに来てほしいバンドマン」で「会場限定超プレミアム“1コイン"シングル」を発売することが発表された。こちらは“メンバー全員で1曲の作詞・作曲を行なう"という、バンド初の試みとなる意欲作。見事に個性がバラバラの5人なだけに、どんな楽曲になるのか予測不可能である。

そして、7月23日には、早くもニューシングルをリリースすることを発表。気になる新作のタイトルは、「お化け」である…………っていうか「お化け」って(笑)。発表された瞬間、会場全体が“全く意味が分からない"と言わんばかりにポカーンとしていたのだが(笑)、『本当に怖い「お化け」とは何なのか……今夏、「己」の背筋に何を問う?』というキャッチーコピーがかなり意味深。レコーディングはすでに終了しているとのことで、こちらの続報も待たれるところである。

終演後に5人と話したところ、Kouichi曰く「ツアーファイナルは、また新しいものが見せられると思いますよ」と、機材トラブルのことをヘコみながら話してくれた。結構引きずるタイプなのかな?と思いつつ(イジってゴメンね・笑)、ツアーを経て成長した彼らが、はたしてどんな空間を作り上げるのか……今から楽しみに待っていたいと思う。

ライター:山口哲生/撮影: 江隈麗志
カメレオ オフィシャルHP 

■シングル「お化け」

2014年9月23日(水)発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
DCCL-147〜148/¥1,800(税込)
【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
DCCL-149〜150/¥1,500(税込)
【通常盤】(CD)
DCCL-151/¥1,000(税込)

■カメレオワンマンツアー2014ファイナル「会いに来てほしいバンドマン」

8月17日(日) Zepp DiverCity
OPEN 16:00 / START 17:00
前売¥4,000(税込 / 1F全立見 / ドリンク代別)
■チケット発売中
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:228−496) http://bit.ly/PdhfwS  
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:75101)http://bit.ly/1gjXLfx 
イープラス http://bit.ly/1he9jRH 

【会いに来てほしいバンドマン特別企画:第一弾】
ご来場者限定スペシャルDVDプレゼント!!  「会いに行くバンドマン」ツアーの各公演チケット半券を、Zepp DiverCity公演に持参しご来場頂いた皆様へ、チケット半券に記載された公演日のドキュメント映像収録DVDをプレゼント!
【会いに来てほしいバンドマン特別企画:第二弾】
ムフフ( *´艸`)な詳細、近日発表!!

■カメレオワンマンツアー2014「会いに行くバンドマン」

4月11日(金) 新宿 BLAZE (SOLD OUT!!)
4月20日(日) HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
4月26日(土) 熊本 DRUM Be-9 V1
4月27日(日) 長崎 DRUM Be-7
4月29日(火・祝) 鹿児島 SRホール (チケット残少)
5月03日(土・祝) 広島 ナミキジャンクション
5月05日(月・祝) 松山 サロンキティ
5月06日(火・祝) 高松 DIME
5月10日(土) HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心 VJ-3 (SOLD OUT!!)
5月17日(土) 青森 QUARTER
5月18日(日) 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
5月24日(土) 岡山 IMAGE (チケット残少)
5月25日(日) 京都 MUSE (チケット残少)
5月31日(土) 浜松 FORCE(SOLD OUT!!)
6月07日(土) 札幌 cube garden
6月08日(日) 札幌 cube garden
6月14日(土) 新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
6月21日(土) 名古屋 E.L.L. (チケット残少)
6月28日(土) 金沢 AZ
6月29日(日) 長野 J (チケット残少)
7月05日(土) 福岡 DRUM Be-1 (チケット残少)
7月12日(土) 仙台 darwin (チケット残少)
7月20日(日) 梅田 クラブクアトロ
前売¥3,500(税込/全立見/ドリンク代別)

■チケット 発売中!
ローソンチケット http://p.tl/BSfS  
ちけっとぴあ http://p.tl/Xaqd  
イープラス http://p.tl/keja  

■カメレオ2014ワンマンツアー「会いに行くバンドマン」特設ページ
http://www.kameleo.jp/tour/tour.php 

【関連リンク】
カメレオ、CDショップでのサプライズ登場に店内プチパニック!
カメレオ、オリジナルゴールドディスクを作成!?
カメレオ、ワンマンツアーのファイナルの会場を発表!

【関連アーティスト】
カメレオ
【ジャンル】
ビジュアル, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1