歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2014年02月28日)
バックナンバー
最新ニュース
2014/03/09
2014/03/08
2014/03/07
2014/03/06
2014/03/05
2014/03/04
2014/03/03
2014/03/02
2014/03/01
2014/02/28
2014/02/27
2014/02/26
2014/02/25
2014/02/24
2014/02/23
2014/02/22
2014/02/21
2014/02/20
2014/02/19
2014/02/18
2014/02/17
2014/02/16
2014/02/15
2014/02/14
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/11
2014/02/10
2014/02/09
2014/02/08
2014/02/07
2014/02/06
2014/02/05
2014/02/04
2014/02/03
2014/02/02
2014/02/01
2014/01/31
2014/01/30
2014/01/29
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/26
2014/01/25
2014/01/24
2014/01/23
2014/01/22
2014/01/21
2014/01/20
2014/01/19
2014/01/18
2014/01/17
2014/01/16
2014/01/15
2014/01/14
2014/01/13
2014/01/12
2014/01/11
2014/01/10
2014/01/09
2014/01/08
2014/01/07
2014/01/06
2014/01/05
2014/01/04
2014/01/03
2014/01/02
2014/01/01
2013/12/31
2013/12/30
2013/12/29
2013/12/28
2013/12/27
2013/12/26
2013/12/25
2013/12/24
2013/12/23
2013/12/22
2013/12/21
2013/12/20
2013/12/19
2013/12/18
2013/12/17
2013/12/16
2013/12/15
2013/12/14
2013/12/13
2013/12/12
2013/12/11
2013/12/10
2013/12/09
2013/12/08
2013/12/07
2013/12/06
2013/12/05
2013/12/04
2013/12/03
2013/12/02
2013/12/01
2013/11/30
2013/11/29
2013/11/28
2013/11/27
2013/11/26
2013/11/25
2013/11/24
2013/11/23
2013/11/22
2013/11/21
2013/11/20
2013/11/19
2013/11/18
2013/11/17
2013/11/16
2013/11/15
2013/11/14
2013/11/13
2013/11/12
2013/11/11
2013/11/10
2013/11/09
2013/11/08
2013/11/07
2013/11/06
2013/11/05
2013/11/04
2013/11/03
2013/11/02
2013/11/01
2013/10/31
2013/10/30
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/27
2013/10/26
2013/10/25
2013/10/24
2013/10/23
2013/10/22
2013/10/21
2013/10/20
2013/10/19
2013/10/18
2013/10/17
2013/10/16
2013/10/15
2013/10/14
2013/10/13
2013/10/12
2013/10/11
2013/10/10
2013/10/09
2013/10/08
2013/10/07
2013/10/06
2013/10/05
2013/10/04
2013/10/03
2013/10/02
2013/10/01
2013/09/30
2013/09/29
2013/09/28
2013/09/27
2013/09/26
2013/09/25
2013/09/24
2013/09/23
2013/09/22
2013/09/21
2013/09/20
2013/09/19
2013/09/18
2013/09/17
2013/09/16
2013/09/15
2013/09/14
2013/09/13
2013/09/12
2013/09/11
2013/09/10
2013/09/09
2013/09/08
2013/09/07
2013/09/06
2013/09/05
2013/09/04
2013/09/03
2013/09/02
2013/09/01
2013/08/31
2013/08/30
2013/08/29
2013/08/28
2013/08/27
2013/08/26
2013/08/25
2013/08/24
2013/08/23
2013/08/22
2013/08/21
2013/08/20
2013/08/19
2013/08/18
2013/08/17
2013/08/16
2013/08/15
2013/08/14
2013/08/13
2013/08/12
2013/08/11
2013/08/10
2013/08/09
2013/08/08
2013/08/07
2013/08/06
2013/08/05
2013/08/04
2013/08/03
2013/08/02
2013/08/01
2013/07/31
2013/07/30
2013/07/29
2013/07/28
2013/07/27
2013/07/26
2013/07/25
2013/07/24
2013/07/23
2013/07/22
2013/07/21
2013/07/20
2013/07/19
2013/07/18
有終の美を飾るために意地で作った傑作、ザ・ビートルズの『ABBEY ROAD』
Fri, 28 Feb 2014 18:00:00 +0900
アルバム『ABBEY ROAD』 (okmusic UP\'s)

『ABBEY ROAD』(\'69)
ザ・ビートルズ

 11年ぶりとなった昨秋のポール・マッカートニー来日公演の記憶も新しいところだが、先頃、米国オリジナル・キャピトル盤13タイトルからなる『THE BEATLES U.S. BOX』が世間を賑わせたばかりのビートルズ。これも昨年末にリリースされた『THE BEATLES LIVE AT THE BBC VOL.1)』(リマスター再発)、『THE BEATLES ON AIR LIVE AT BBC VOL.2』、さらにはiTunes Storeでの配信限定の『THE BEATLES BOOTLEG RECORDINGS 1963』と合わせれば、時ならぬビートルズ旋風が世界中で吹き荒れているようなものだろうか。おかげでサイフのほうがすっからかんとお嘆きの方もおられるのでしょうかッ? そこで、今回はビートルズの名盤を1枚選んでみるという恐れ多い企画…またもや難題ですが、やってみます。
TEXT:片山明

■アルバムで楽しみたいビートルズ

 というわけで、さんざん迷って選んだのが名盤『ABBEY ROAD』(\'69)です。たたでさえビートルズなのに、このアルバムですから、私はしばらくそびえ立つ断崖の下に立ちすくみ、ボーッと頂きを見上げるような気分にとらわれました。いや、本当に! 書きあぐねていた時、仕事の現場にたまたまいた若いスタッフ(駆け出しのカメラマン/22歳)に、“君、ビートルズとか聴く?”と尋ねてみた。返ってきた答えは“(ラジオで)かかってれば聴きますけど、CDとか持ってないです”と素っ気ない。“興味ないか〜”と諦めつつ問うと、お愛想笑いを浮かべながら“爺ちゃんちに行くと、全部レコードあります。嫌いじゃないっす”と言う。その爺ちゃんの年齢がどうやら自分と10歳ほども離れていないらしいので愕然とするも、自分がビートルズ解散の頃に聴き始めたことを思い返すと、カメラマンくんの爺ちゃんはどうやらリアルタイムでビートルズの活動期を体験しているわけなのだった。そのようなことをカメラマンくん相手に話したりしていると、それでも若い彼の口からいくつかの曲名がこぼれ出てくる。まさに、カメラマンくんの世代だとビートルズをもはやアルバム単位で聴いてはおらず、曲ごとに覚えているといったわけなのだった。まさにiTunes世代、無理からぬことである。

 でも、『ABBEY ROAD』こそ、アルバムで聴いてほしい。これも大傑作の『SGT.PEPPER\'S LONELY HEARTS CLUB BAND』(\'67)のようなトータル・コンセプトによって制作されたアルバムではないのだが、『ABBEY ROAD』ほど曲の配列や全体のトーン、バンドの終局を伝えるかのようなエンディングまで、構成に心を配ったアルバムもないと思うのだ。1曲たりとも欠くことはできず、曲順を変えたりすると、アルバムの価値さえ下げてしまうようなバランス崩壊を招く気がする。こういう配慮は、案外やっているようでやれていないことが多い。J-POPのアーティストも見習うべきところが多いのではないかと。

■『ABBEY ROAD』制作のいきさつ

 傑作『SGT.PEPPER\'S LONELY HEARTS CLUB BAND』(\'67)により、ビートルズはポピュラー音楽のみならず、西洋音楽史にその名前を刻まれるほどの評価を得る。一介のリバプール出身のビート・バンドが、アマチュア時代から10年も経たないうちに、それをやり遂げたことを思うと、驚嘆すべきことだ。反面、まさに頂点を極めたと言えるほどの成功は、同時に個々のメンバーにアーティストとしての自信、才能を自覚させることになった。それは続く10作目となる通称“ホワイトアルバム”こと『THE BEATLES』(\'68)において端的に表れることになる。マルチトラック・レコーディングが採用された最初のアルバムであり、メンバーが一度にスタジオに集まらなくてもよくなったこともあるが、4人一緒ではなく、ひとり歩きもできるのだ、という主張が顔を覗かせ始めたと言えるのではないか。アナログ時代は2枚組、ABCD面に分かれたこの作品は、個々が持ち寄った作品をそのままレコーディングした風で、バンドとしての統一感が他のアルバムに比べて極端に低いものだった(それはそれで素晴らしいのだが)。

 メンバー間に隙間風が吹き出したのも、きっとこの頃からなのだろう。レコーディング中には実際にリンゴ・スターが一時的に脱退するという事件が起こったとも言われている。原因ははっきり分からないが、自分に対する扱いの不当な評価といったところではないだろうか。ブライアン・エプスタインの死後、個性派揃いのこのバンドをたばねるマネージャーは不在のままで、本人にその意志があったのかどうか、その役割をポールが担いはじめたことも、他のメンバーから不興を買うことになったのは間違いない。

 アニメ映画のサウンドトラック盤『YELLOW SUBMARINE』(\'69)をはさみ、1969年に入るとバンドは、後に『LET IT BE』(\'70)のタイトルで世に出ることになる「ゲット・バック・セッション」(アルバムと映像のためのセッション)を開始する。だが、バンド内は揉めにもめる。精彩を欠いたセッションは全然うまくいかない。ことあるごとに統率をはかろうとするポールの仕切り癖が、他のメンバーには鬱陶しく感じられてくるのだ。かつては劇場公開されたこともある、ドキュメンタリー映画『LET IT BE』では、当時の冷え切ったバンドの人間関係、刺々しいまでのやりとりが克明に映し出されており、これがかつては和気藹々とロックンロールを演奏していたあのビートルズだろうかと、目を覆いたくなるシーンが続くのだ。

 と、あまりネガティブなストーリーを書き連ねてはどうかと思うので、この解散へと辿るダークサイド・ストーリーを知りたい方は、本屋に行けばいくらでも売っているビートルズの本でも読んでいただければ結構かと思う。
※ドキュメンタリー映画『LET IT BE』は再編集が施された上、何度かDVDでリリースされると噂されながら、現在のところそれは実現していない。劇場公開も、もしかすると許可されていないのかもしれない。いわばビートルズの負の遺産的なドキュメントではあるのかもしれないが、スタジオワークにいそしむ動くメンバーたちの姿や有名なアップル屋上での「GET BACK」のライブ演奏を含んだものであり、いつの日か再び見届けたいものだ。amazon.co.jpを検索して出てくるIMPORTアイテムは、どうやらブートレッグらしいので、手を出さないのが賢明だろう。

 現在では『ABBEY ROAD』がビートルズの最終作ということが当たり前に語られているのだが、1970年当時は『ABBEY ROAD』がリリースされたあと、バンドが解散を表面するのと前後するような形で、一度はオクラ入りのはずだった『LET IT BE』が出るのだ。いかにも、最後をイメージさせる名曲「LET IT BE」や「THE LONG AND WINDING ROAD」が入っているからなおさらのこと、私も長いこと『LET IT BE』が最終作だと思い込んでいたものだ。当時はこのあたりの錯綜する情報が日本に伝わってくることはなかったのだ。

 肝心なのは、“「ゲット・バック・セッション」=『LET IT BE』”がふがいない結果のまま頓挫し、バンドはいよいよ解散の危機に瀕してしまうことだ。そして、これで終わりになどできないと、新作のために再度ゼロからのレコーディングをポールが中心となってレコード会社に進言して実現したのが『ABBEY ROAD』のセッションだった。アルバム制作に同意したとはいえ、メンバー間に絆などなく、またバンドに未来がないこともお互いに分かっていたはずだが、その状況下でこの最終作を完成させることができたのは、ひとえにビートルズの栄光の歴史を無様なまま終わらせてしまうには忍びないと思うポール、彼の意地に焚き付けられて、他のメンバーもそれもそうだなと腰を上げたからできたことだった。

 そう、間違いなくポール主導でアルバム制作は進められたのだと思う。彼とジョン、ジョージ、リンゴの関係は最悪の状況になっていたようだし、常にレコーディングの場にまでオノ・ヨーコを伴うジョンとジョージ、リンゴの間にも到底、かつてのような良好な関係は保てなかった。その中での最終作のレコーディング・セッション、いやはや、うまく折り合いをつけられたものだ。特にジョージは、やがて彼の音楽人生で最大の傑作となる大作『ALL THINGS MUST PASS』(\'70)の制作も視野に入っていたわけで、よりポールとの関係が険悪なものになっていたら、そもそも『ABBEY ROAD』自体が計画段階で頓挫しただろうし、「SOMETHING」も「HERE COMES THE SUN」も自分のソロ作のほうに回していたかもしれない。まぁ、どう考えてみてもこの2曲は『ALL THINGS〜』では収まりが悪いというか、『ABBEY ROAD』にあってこそ、絶妙の居場所を確保していると思えるわけなのだが。結局のところ、ジョージにとってもやはりビートルズは愛おしいものだったのだ、と思いたい。

■閑話休題 ハジレコが『ABBEY ROAD』

 〜某音楽雑誌のコラムでいろんな方が口にするようになった「ハジレコ」。生まれて初めて買ったレコードの略ですね。まぁ、その雑誌をきっかけに、というわけではなく、飲み屋や喫茶店で仲間と音楽談義などやっていると昔からよく話題になったりしたネタではなかったでしょうか。で、生まれて初めてとなると、幼稚園や小学生の頃に親に買ってもらったレコードであったりするのだが(それはそれで突拍子もないものが出てきて面白い)、自分のお小遣いで買ったとなると、だいたいは中学生くらいの年頃に買ったレコードということになり、誰かが盤の名前を持ち出せば、“オレは”“私は”と、盛り上がるものです。

 私の場合も、ハジレコは厳密に言えば親に買ってもらった怪獣かウルトラシリーズのソノシート/フォノシート(懐かしいペラペラのビニール盤。EP盤と同じ12インチ)になると思うのですが、肝心なのは自分のお小遣いで買ったほうの盤。これが実は白状すると『ABBEY ROAD』なのでした。2歳上の兄の影響で音楽のほうだけは早熟で、買ったのは小学校5年生(11歳/1970年)の時のこと。同年代でビートルズを聴いている奴などいなかったから、その頃は“『ABBEY ROAD』っていうビートルズのレコードがいいのだ”と、そのハジレコを吹聴するのに何の抵抗もなかったっけ。ところが、いい歳をした中年になった現在、ハジレコが『ABBEY ROAD』だというのを口にするのは恥ずかしくなったのだ。立派すぎるというのか、キマリ過ぎるというべきか。優等生っぽくて気恥ずかしい。自意識過剰と言ってしまえばそれだけなのだが、要するに洒落にならないのだ。“ドリフの「ズンドコ節」だったよ”と言えたら気が楽なのに、と思うのだが、こういう感覚、分かってもらえるだろうか。(片山)

■対抗意識が制作のバネに

 ポールのことばかり書くつもりは毛頭ないのだが、このアルバムには、彼の自己主張がこれでもか、これでもかと叩き付けるように示されており(それがまぁ、どれも素晴らしいのだが)、とりわけ作曲家としての才能はもちろんだが、ヴォーカリストとしての力量を示すように、リトル・リチャード直系の強烈なシャウトがすごい。それからベース奏者として腕前の素晴らしさには感服させられる。本作での彼のベース・プレイは、正直なところ雄弁すぎると思うくらいだが、独創的なフレージングは美しささえ感じさせるし、卓越したテクニック、リズム感、ハネは同時代の名プレイヤーと言われる人たちの中にあっても、抜きんでている。あくまで歌が主役であることをわきまえた上での、絶妙のブレンドとでも言おうか。このあたりは、ポール自身が尊敬するプレイヤーとして公言する、ジェームス・ジェマーソン(James lee Jamerson)の影響などあるのかもしれない。ジェマーソンは米ソウル・ミュージックの総本山モータウンに所属するスタジオ・ミュージシャンのユニット“ファンク・ブラザーズ”の一員で、スモーキー・ロビンソン&ミラクルズをはじめ、多くのアルバムで伴奏を務めた。2002年には、ファンク・ブラザースに敬意を表した映画『永遠のモータウン』 (原題:Standing in the shadow of MOTOWN)が公開され、2004年、彼らにグラミー賞功労賞が授与されている。

 話が少し逸れたが、もちろん、ジョン、ジョージ、リンゴたち他のメンバーも負けてはいない。セッションが進み、ポールのやる気を見せつけられるうちに“アイツばっかりにやらせておいてたまるか”と、しまいにはリンゴのやる気にまで火をつけたのだ。

■ケチを付けるところがまったくない

 久しぶりにアルバムを繰り返し聴いてみたのだが、1曲目の「COME TOGETHER」の、アルバムへの導入がとにかく素晴らしい。シュッ!!!というヴォイスに、異様な音圧とフレージングで迫るポールのベース、巧みなシンバル使いとドラムで決めるリンゴ。このイントロはなかなか思い付くかないものだ。ジョンのヴォーカルも冴えている。そして、ガラッと空気感を変えるようにジョージの「SOMETHING」へと続く流れがいい。そのあとは「MAXWELL\'S SILVER HAMMER」と「OH! DARLING」とポールのリード・ヴォーカル曲が続くが、後者はポールのベスト・パフォーマンスのひとつに数えられるだろう。数少ないリンゴがリード・ヴォーカルをとる「OCTOPUS\'S GARDEN」も彼らしいほのぼのとした味が生かされていて良い。

 LP時代だとSIDE2/B面の1曲目がジョージ珠玉の「HERE COMES THE SUN」というのが、これまたいい。昔はエレキが買えなかった青少年がアコースティック・ギターで弾くビートルズの曲として、この曲と「BLACKBIRD」(THE BEATLES-WHITE ALBUMに収録)は人気があったものだ。とにかく、SIDE1の「COME TOGETHER」との色調、空気感までが対極にあるこのB面の幕開けを告げるさわやかさは、LP時代の『ABBEY ROAD』の魅力を高めていたような気がするのだ。CDだと「I WANT YOU (SHE\'S SO HEAVY)」の重く憂鬱なナンバーから間を置かずにこの曲が始まるのに、少し違和感を感じてしまうのだが、これはアナログ世代だけの悩みなんだろうねッ。そう、針を上げ、盤を裏返してセットしてという手順がね…とまたまた脱線しつつ、曲を追っていくと、仲違いしているのが信じられないくらいコーラスのハモりが美しい「BECAUSE」、そして後半の独壇場となる「YOU NEVER GIVE ME YOUR MONEY」から「SUN KING」「MEAN MR.MUSTARD」「POLYTHENE PAM」「SHE CAME IN THROUGH THE BATHROOM WINDOW」「GOLDEN SLUMBERS」「CARRY THAT WEIGHT」「THE END」、オマケの「HER MAJESTY」まで、一気に聴かせるメドレー。この巧みな演奏とセンスの素晴らしさは、プロデュースを再びジョージ・マーティンの手に委ねたことが功を奏しているように思える。裏話として、この形式を思いついたのは、それぞれの曲を完成させることが出来なかったので、いいとこ取りで、書き上げた部分をつなぎ合わせた結果だとも言われているけれど。

■最新リマスター盤で聴くリアルなアビイ・ロード・サウンド

 最後に、これからビートルズを聴いてみようかという若いリスナーに1枚を選ぶなら、ということで『ABBEY ROAD』をリコメンドしながら、これが果たして2014年に現役で活躍しているバンドのサウンドと拮抗するだけのインパクトを備えているだろうかと、こと音質面にも注意しながら2009年のリマスター盤CDを聴いていたのだが、“これは通用するよな〜”と呟いてしまったのだった。楽器の響きがくっきりと立ち上がっているのはもちろんだが、名門スタジオ(もともとは主にクラシック音楽のレコーディングに利用されていた)アビイ・ロード・スタジオの空気感をも伝えてくれるような気がする。古くささなど、微塵も感じることはないだろう。

 もうひとつ、内容が素晴らしく、名盤と語られるアルバムはたいていそれに相応しいジャケット・デザインを身にまとっているものだ。このアビー・ロード・スタジオ前の横断歩道を渡る4人の図(撮影/イアン・マクミラン)は昔から多くのパロディーを生むほどに有名なものになった。もしかすると、世界一有名な横断歩道かもしれない。実際に、2010年にイギリス政府により英国の文化的・歴史的遺産の指定を受けている。女性のスカートが一瞬映り込んだ写真を使った裏面のデザインも秀逸だ。ポールが、いやリンゴの発案であるとかはっきりしたことは分からないが、シンプルかつコンセプチュアルなフロントの写真の見事なこと。特にビジュアル・アーツを学ぶ学生の方など、このジャケット・デザインの何が良いのか、じっくり手に取って眺めてみてはいかがかと思う。ちなみに、交通整理のために、撮影に許可された時間はわずか30分であったという。

■ABBEY ROAD

【関連アーティスト】
The Beatles
【ジャンル】
連載コラム

荒川ケンタウロスが初のフルアルバムリリース&初の全国ツアー決定!
Fri, 28 Feb 2014 20:00:00 +0900
荒川ケンタウロス  (okmusic UP\'s)

荒川ケンタウロスが初のフルアルバム「よどみに浮かぶうたかたは」を3月5日にリリースし、初の全国ツアーを3月19日(水)の千葉LOOKよりスタートする。

【その他の画像】荒川ケンタウロス

荒川ケンタウロスらしいバラード曲から今までにないダンサブルなナンバーまで
幅広い楽曲が収録された今作は、GRAPEVINEや斉藤和義のサポートメンバーでも知られる高野勲とThe HIATUSのレコーディングエンジニアとして知られる柏井日向が共同でプロデュースで担当。リードトラックの「迷いの森」や結婚をテーマにした「アンセム」、卒業ソングの「ど真ん中の海」など、彼らの魅力が詰まった全10曲が収録され、1曲1曲に人それぞれの人生や日常のワンシーンが散りばめられた一枚に仕上がっている。

また、同作を携えた初の全国ツアーを3月19日(水)の千葉LOOKよりスタート! そして、5月9日(金)に渋谷WWWにて行うツアーファイナルはワンマンライブとなる。

現在、荒川ケンタウロスのオフィシャルYoutubeチャンネルではメンバー自身による
脚本演出によるトレイラー映像が公開中なので、気になる人はぜひチェックを!

■1stアルバム『よどみに浮かぶうたかたは』

2014年3月05日(水)発売
EXPP-1004/¥2,190+税
<収録曲>
1.よどみに浮かぶうたかたは
2.迷いの森 
3.サンセットサンセット 
4.アンセム
5.猫のおじさん 
6.つぶて
7.夕立 
8.ノイキャン
9.ど真ん中の海
10.RPG

■アルバム『よどみに浮かぶうたかたは』トレイラー
http://www.youtube.com/watch?v=RctPe3o-61c

■荒川ケンタウロス「よどみに浮かぶうたかたは」ツアー

3月19日(水) 千葉LOOK
3月20日(金祝) 新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE
4月11日(金) 名古屋栄TIGHT ROPE
4月12日(土) 大阪天王寺Fireloop
and more...
5月09日(金) 渋谷WWW ※ファイナルワンマン

【関連リンク】
荒川ケンタウロス オフィシャルサイト
viBirth -open your music!-
TK from 凛として時雨、1stEPタイトルトラックのMV公開
クリープハイプのプレミアムライブに卒業生を無料招待

【関連アーティスト】
荒川ケンタウロス
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Aqua Timez、デモ楽曲をYouTubeにて公開!
Fri, 28 Feb 2014 19:30:00 +0900
Aqua Timez (okmusic UP\'s)

Aqua Timezがデモ段階の新曲「手紙返信(仮)demo version」をYouTubeにて公開した。

【その他の画像】Aqua Timez

この「手紙返信(仮)demo version」は、Aqua Timezの「これまで受け取ったファンレターに返信をしたい」という気持ちから制作がスタート。ファンレターには、それぞれの言葉でそれぞれの抱える悩みが綴られており、太志(Vo)も「自分も弱さを曝け出して作った」と自負するデモが完成。一刻も早くファンのみんなに聴いてもらいたい、というメンバーの希望から、急きょ公開することになった。

未完成なデモの段階ながらも、深く心に刺さる歌詞とそれを彩る美しいメロディーから、ファンの間ではすでに名曲の呼び声も高い。「手紙返信(仮)demo version」、是非一度聴いてみて欲しい。

■「手紙返信(仮)demo version」デモトラック
http://youtu.be/pEC2y0CtMpw

【関連リンク】
Aqua Timez オフィシャルサイト
総勢1万1千人の観客が真夏の音楽の祭典に酔いしれた『TOKAI SUMMIT\'13』!
雨上がりの空に“虹"をかける!Aqua Timezがハワイ初の駅伝×音楽イベントに出演&出走!
Aqua Timez、1万人の感動を呼んだFM802 SPECIAL LIVE 「REQUESTAGE11」のステージ!

【関連アーティスト】
Aqua Timez
【ジャンル】
J-POP

ユニコーンABEDON、アルバムリードトラックのMVを解禁
Fri, 28 Feb 2014 19:30:00 +0900
ABEDON (okmusic UP\'s)

ユニコーンのABEDONが、フルアルバム『BLACK AND WHITE』のリードトラック「Beautiful Day」のMVを公開した。

【その他の画像】ABEDON

同曲は、さらなるフェーズへと進むABEDONの本領が発揮された大作。音楽的引き出しの多さと世の中を直視した鋭い歌詞で、リアリティと壮大さを存分に感じとれるナンバーとなっている。

MVは、昨年『R』『G』『B』の三部作EPの各MVを手掛け、「G」のリードトラック「ONE AND THREE FOUR」では第17回文化庁メディア芸術祭で審査員推薦を獲得したアニメーター平岡政展が制作。五感をダイレクトに刺激してくる二人の世界観が絶妙に絡み合った映像となっている。

■「Beautiful Day」MV
http://youtu.be/FO5K0L3Dm-w

■アルバム『BLACK AND WHITE』

2014年3月5日発売
【SMALLER盤】
SLRL-10013〜4/¥3,800(税込)
<CD収録内容>
01. RGBOP 
02. サヨナラサムライ
03. ONE AND THREE FOUR
04. Beautiful Day
05. 白い虹
06. GROUND
07. Right Room
08. チャイム
09. SO SO GOOD
10. B/W
11. BackGRound
12. SUN SET SUN
<DVD収録内容>
MV集
01.SUN SET SUN
02.ONE AND THREE FOUR
03.白い虹
ABEDON×鹿野 淳(MUSICA)presents「動いて見れる『阿部ちゃんと海』」

【Ki/oon盤】
KSCL-2379/¥3,059(税込)
<CD収録曲>
01. RGBOP
02. サヨナラサムライ
03. ONE AND THREE FOUR
04. Beautiful Day
05. 白い虹
06. GROUND
07. Right Room
08. チャイム
09. SO SO GOOD
10. B/W
11. BackGRound
12. SUN SET SUN
〜ボーナストラック〜
13. SUN SET SUN (Abe-Tami Band LIVE)
14. SO SO GOOD (Abe-Tami Band LIVE)

【関連リンク】
ABEDON オフィシャルサイト
ユニコーン、ニューアルバム『イーガジャケジョロ』ニュービジュアル&収録曲タイトル解禁
ソニー・ミュージックアーティスツの設立40周年記念イベント第1弾は氣志團・綾小路翔プロデュース!
ユニコーン、ニューアルバムを3月26日にリリース!

【関連アーティスト】
ABEDON, ユニコーン
【ジャンル】
ジャパニーズロック

amazarashi、初MV集の全貌が明らかに
Fri, 28 Feb 2014 19:00:00 +0900
「クリスマス」 (okmusic UP\'s)

amazarashiが3月26日にリリースする初のクリップ集のタイトルと収録内容を公開した。

【その他の画像】amazarashi

タイトルは『anthology1386』。 2010年より発表された11曲のMVが収録される。収録クリップは、初音ミクオペラ「THE END」の映像作家として世界を湧かせ、amazarashi 映像作品を多数手がける YKBXによる 「夏を待っていました」(文化庁メディア芸術祭 優秀賞作品)を始め、Perfume、サカナクションを始め数々のビッグアーティストの作品を手がける関和亮作の「空っぽの空に潰される」、そしてAKB48のドキュメンタリー映画や沢尻エリカの復帰作を撮った映画監督の寒竹ゆり作の「性善説」を含むメジャーデビュー以降の全てのMVがパッケージ化される。

また、初映像化される、今年行われたamazarashi LIVE TOUR 2014「あんたへ」より、2月1日Zepp Divercity Tokyo公演で演奏した「冷凍睡眠」「ミサイル」「終わりで始まり」に加え、ライブの最後に秋田ひろむが弾き語りで披露した、昨年、中島美嘉に提供した楽曲「僕が死のうと思ったのは」のライブ映像も網羅している。

■DVD&Blu-ray『anthology1386』

2014年3月26日発売
【DVD】
AIBL-9300/¥3,800(税抜)
【Blu-ray】
AIXL-50/¥4,300(税抜)
<収録内容>
01.夏を待っていました
02.クリスマス
03.アノミー
04.この街で生きている
05.古いSF映画
06.空っぽの空に潰される
07.ラブソング
08.ナモナキヒト
09.ジュブナイル
10.性善説
11.あんたへ
〜特典映像〜
amazarashi LIVE TOUR 2014「あんたへ」at Zepp Diver City Tokyo
01.冷凍睡眠
02.ミサイル
03.MC
04.終わりで始まり
05.僕が死のうと思ったのは

【関連リンク】
amazarashi オフィシャルサイト
amazarashi、「あんたへ」ツアー東京追加公演で「ミサイル」を初披露
amazarashi、Zepp Tokyoよりツアーがスタート!
amazarashi、初のMV集リリース決定

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Serenaがアニメ「宇宙兄弟」の制作現場に潜入
Fri, 28 Feb 2014 19:00:00 +0900
Serena (okmusic UP\'s)

Serenaの新曲「あなたがいればOK!」スペシャル映像が完成。YouTubeオフィシャルチャンネルにて公開された。

【その他の画像】Serena

同曲は、現在放送中のTVアニメ「宇宙兄弟」 エンディングテーマとしてオンエア中の楽曲ということで、Serena自身が「宇宙兄弟」の制作現場に潜入した映像をまとめたコンテンツとなっており、実際に主人公・六太の髪の毛を描くというサプライズな体験も収録されている。

「あなたがいればOK!」は、アニメの兄弟のキズナを想起する歌詞の世界観となっているが、実は卒業シーズンにもリンクする内容となっている。「進路が別々になっても、お互い一緒に頑張ろう!!」というメッセージは、今春卒業を控えた人たちへの門出を彩る作品でもある。昨年高校を卒業して、自身の夢であった「歌手」に向かって大きく一歩を踏み出したSerena。「自分と同じように夢に向かって、頑張ろうとしている女の子の背中を押してあげたい」という強い想いから、今回、今春に中高校を卒業する女の子のためにイベントを開催することが決定した。当日は、ライブはもちろん集まった今春卒業を控えている女子中高生とのトークセッション、Serenaからの卒業証書授与等を実施する予定で、現在オフィシャルサイトにて参加者を募集している。

またシングル発売週の3月9日にイオンレイクタウンでリリース記念開催イベント、ミニライブも予定している。こちらはフリーライブとなっているのでこの機会にSerenaのライブに足を運んでみてほしい。

■「あなたがいればOK!」アニメ「宇宙兄弟」制作現場潜入ver.
http://youtu.be/Bli0ubHh53w

■シングル「あなたがいればOK!/Winter Dream」

2014年3月5日発売
【通常盤】
BVCL-575/¥1,223(税込)
<収録曲>
1.あなたがいればOK!
2.Winter Dream
3.あなたがいればOK!(instrumental)  
4.Winter Dream(instrumental)

【期間生産限定盤】
BVCL-576/¥1,300(税込)
<収録曲>
1.あなたがいればOK!
2.Winter Dream
3.あなたがいればOK!(anime ver.)
4.あなたがいればOK!(instrumental)  
5.Winter Dream(instrumental)

■イベント情報

3月9日(日) イオンレイクタウン kaze1F 光の広場

【関連リンク】
Serena オフィシャルサイト
Serena、USEN史上初の快挙達成&新曲MV解禁!
Serena、2014年第一弾は自身初の両A面シングル
Serena、自身初USEN1位となった「Winter Dream」を苗場プリンスで披露!

【関連アーティスト】
Serena
【ジャンル】
J-POP, アニメ

SCREW、最新作にヘヴィロックシーンの先駆者Mikeyが参加
Fri, 28 Feb 2014 18:30:00 +0900
SCREW  (okmusic UP\'s)

バンド結成8周年を迎えるSCREWのニューシングル「FUGLY」のアートワークが解禁され、カップリング曲「呪縛は永劫に...」にMikey Dolingがギターソロで参加していることが発表された。

【その他の画像】SCREW

アーティスト写真もジャケットのデザインも、SCREWらしい艶やかさと毒々しさが混ざり合い、彼らの新たな色を感じさせる仕上がりになっている。公開に際し鋲(Vo)は「視覚的にも聴覚的にも新たな毒を味わって下さい」とコメントを寄せている。

また、カップリング曲「呪縛は永劫に...」の詳細も判明。90年代半ば〜末にかけてkornやLimp Bizkit(リンプ・ビズキット)等と共にヘヴィロックシーンを盛り上げた元SOULFLY、現SNOT、CHANNEL ZEROのギタリスト、Mikey Dolingギターソロで参加している。ギターの和己やドラムのジンがヘビーロック好きということもあり、 以前からMikeyと交流のあった彼らのプロデューサー告井孝通が、メジャー1stアルバム『SCREW』をMikeyに聴かせたところ「日本語ということ以外は俺たちのサウンドと同じだ!!」と語ったこともあり、いつか一緒に何かしたいという話になっていた。ギターの和己は「以前からお話を頂いていて、今回やっと実現したことを光栄に思います」と喜んでいる。同作は和己のギターソロver.もあり、こちらは配信限定でリリースされる予定。

また、通常盤Bに収録される「至幸を狂わす半解な天秤 -New Recording Ver.」は、今もファンの間で人気がある2006年に発表した楽曲の新録。鋲(Vo)は「過去の自分達に対しての挑戦です」と語るが、果たしてどのような再構築がなされているのか、こちらも楽しみだ。

■シングル「FUGLY」

2014年4月23日発売
【初回生産限定盤A】(CDMS+DVD)
TKCA-74071/¥1,800(税抜)
<CD収録曲>
1.FUGLY
2.呪縛は永劫に...
<DVD収録内容>
1.「FUGLY」MV
2. Video Clip Shooting Off Shot

【初回生産限定盤B】(CDMS+DVD)
TKCA-74072/¥1,800(税抜)
<CD収録曲>
1.FUGLY
2.呪縛は永劫に...
<DVD収録内容>
1.「FUGLY」MV
-鋲Ver./和己Ver./マナブVer./ルイVer./ジンVer.-

【通常盤A】(CDMS)
TKCA-74073/¥1,500(税抜)
<CD収録曲>
1.FUGLY
2.呪縛は永劫に...
3.delete

【通常盤B】(CDMS)
TKCA-74074/¥1,500(税抜)
<CD収録曲>
1.FUGLY
2.呪縛は永劫に...
3.至幸を狂わす半解な天秤 -New Recording Ver.-

■ライブ&イベント情報

「SCREW 8th Anniversary Live NEVERENDING BREATH AT AKASAKA BLITZ」
4月20日(日)赤坂BLITZ

■予約イベント
ジンプロデュースin福岡「SCREW芸人IPPONグランプリ」&握手会 
4月11日(金) タワーレコード福岡
トーク&握手会 
4月12日(土) 大阪RozettaCafe
トーク&握手会 
4月19日(土) ブランドエックス
       
■リリースイベント
握手&Piviお渡し会  
4月22日(火) SHIBUYA TSUTAYA
2014「春のじゃんけん大会」〜鋲の私物“大放出"の巻〜&握手会 
4月23日(水) ZEALLINK渋谷
「爆笑!!モジりでフトンをふっ飛ばせ!!SCREW大フットンダFESTIVAL」&握手会
4月24日(木) タワーレコード渋谷
「オールスター感謝祭“14春 超豪華版スペシャルin自主盤倶楽部」&1発じゃんけん勝負
4月25日(金) 自主盤倶楽部
「第一回チキチキ箱の中身はこれですけど?リアクション王決定戦!!&握手会」
4月25日(金) タワーレコード新宿
スペシャル2ショットチェキ会 
4月26日(土) 六本木スタジオモーリス
スペシャル2ショットチェキ会 
4月27日(日) TSUTAYA EBISUBASHI

【関連リンク】
SCREW オフィシャルサイト
SCREW、結成記念日の4月23日にニューシングル「FUGLY」を発売
SCREW、ニューシングル発売記念でミニライヴ&じゃんけん大会開催! 次作のセンターは誰に!?
THE CHERRY COKE

【関連アーティスト】
SCREW, Soulfly, Snot, CHANNEL ZERO
【ジャンル】
ビジュアル

ザ・ビートルズの名盤『ABBEY ROAD』について語る!
Fri, 28 Feb 2014 18:00:00 +0900
ザ・ビートルズの『ABBEY ROAD』 (okmusic UP\'s)

国内最大規模のソーシャル・ミュージック・サイト「OKMusic」が発信している好評の連載コラムが更新された。今回は有終の美を飾るために意地で作った傑作、ザ・ビートルズの『ABBEY ROAD』を紹介!
有終の美を飾るために意地で作った傑作、ザ・ビートルズの『ABBEY ROAD』

11年ぶりとなった昨秋のポール・マッカートニー来日公演の記憶も新しいところだが、先頃、米国オリジナル・キャピトル盤13タイトルからなる『THE BEATLES U.S. BOX』が世間を賑わせたばかりのビートルズ。これも昨年末にリリースされた『THE BEATLES LIVE AT THE BBC VOL.1)』(リマスター再発)、『THE BEATLES ON AIR LIVE AT BBC VOL.2』、さらにはiTunes Storeでの配信限定の『THE BEATLES BOOTLEG RECORDINGS 1963』と合わせれば、時ならぬビートルズ旋風が世界中で吹き荒れているようなものだろうか。おかげでサイフのほうがすっからかんとお嘆きの方もおられるのでしょうかッ? そこで、今回はビートルズの名盤を1枚選んでみるという恐れ多い企画…またもや難題ですが、やってみます。
TEXT:片山明

■アルバムで楽しみたいビートルズ

というわけで、さんざん迷って選んだのが名盤『ABBEY ROAD』(\'69)です。たたでさえビートルズなのに、このアルバムですから、私はしばらくそびえ立つ断崖の下に立ちすくみ、ボーッと頂きを見上げるような気分にとらわれました。いや、本当に! 書きあぐねていた時、仕事の現場にたまたまいた若いスタッフ(駆け出しのカメラマン/22歳)に、“君、ビートルズとか聴く?”と尋ねてみた。返ってきた答えは“(ラジオで)かかってれば聴きますけど、CDとか持ってないです”と素っ気ない。“興味ないか〜”と諦めつつ問うと、お愛想笑いを浮かべながら“爺ちゃんちに行くと、全部レコードあります。嫌いじゃないっす”と言う。その爺ちゃんの年齢がどうやら自分と10歳ほども離れていないらしいので愕然とするも、自分がビートルズ解散の頃に聴き始めたことを思い返すと、カメラマンくんの爺ちゃんはどうやらリアルタイムでビートルズの活動期を体験しているわけなのだった。そのようなことをカメラマンくん相手に話したりしていると、それでも若い彼の口からいくつかの曲名がこぼれ出てくる。まさに、カメラマンくんの世代だとビートルズをもはやアルバム単位で聴いてはおらず、曲ごとに覚えているといったわけなのだった。まさにiTunes世代、無理からぬことである。

■有終の美を飾るために意地で作った傑作、ザ・ビートルズの『ABBEY ROAD』
https://okmusic.jp/news/32193

【関連リンク】
ライヴアルバムの歴史的名盤、RCサクセションの『RHAPSODY』を紹介!
「ときめきレストラン☆☆☆」発“3 Majesty”と“X.I.P.”のデビュー曲を歌ってサイン入りポスターをゲット!
家の裏でマンボウが死んでるPの書籍3作品が続々発売決定!
卒業気分に合う曲をセレクト!「卒業シーズンに聴きたい5曲」を紹介!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
その他

TK from 凛として時雨、1stEPタイトルトラックのMV公開
Fri, 28 Feb 2014 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

TK from 凛として時雨の1st EP『contrast』の表題曲「contrast」のMVが、公式YouTubeチャンネルにて公開された。

【その他の画像】TK from 凛として時雨

同作は、ソロ名義初のリリースとなったPHOTO BOOK + DVDパッケージ『film A moment』収録の映像制作にも参加していた映像作家、島田大介が撮影・監督を務めており、まるでショートフィルムのようなストーリー性のある美しい映像が、TKの作りだす繊細かつドラマティックな音像に寄り添って、新たな世界へと導いてくれる。

来週3月4日初回放送のスペースシャワーTV「モンスターロック」では、発売間近の『contrast』を特集。ソロとしては初となるTKの撮り下ろしインタビュー映像、先述の「contrast」MVに加え、昨年12月に赤坂BLITZにて行われた弾き語りオムニバスイベント“December\'s Calling"からの貴重なライブ映像初公開なども交えながら、多角的に新作について掘り下げた注目の内容となっている。

尚、タワーレコード新宿店・渋谷店では、本作のリリースを記念して、期間限定楽器展示&パネル展を行うことが決定。ジャケットやMV撮影のメイキング風景および初回生産限定盤SPECIAL PHOTO BOOKアザーカットの写真パネル展示に加え、新宿店ではレコーディング時に使用されたSchecter製テレキャスター(Prototype Model)の展示も行われる。是非期間中に対象のショップに足を運んでチェックしてみよう。

■「contrast」MV
http://www.youtube.com/watch?v=H-N6tj9pvwE

■EP『contrast』

2014年3月5日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AICL 2644〜2645/¥2,100(税込)
【通常盤】(CD)
AICL 2646/¥1,575(税込)
<CD収録曲。
1.contrast
2.Dramatic Slow Motion
3.Crazy Tampern
4.illusion is mine (Live from “December\'s Calling" at 赤坂BLITZ 2013.12.22)
5.涙の旅路
<DVD収録内容>
"ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013"より
flower/haze/film A moment
+ベルリンで制作された未発表音源MVをボーナス収録

■タワーレコード新宿店・渋谷店限定 楽器展示&パネル展

【日時】3月04日(火)〜3月10日(月)
【会場】タワーレコード新宿店7F特設スペース
タワーレコード渋谷店3F特設スペース

■TK from 凛として時雨 TOUR 2014 “contrast"

6月12日(木) NHK大阪ホール
6月18日(水) 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
6月21日(土) 中野サンプラザ

【関連リンク】
TK from 凛として時雨 オフィシャルサイト
TK from 凛として時雨、初のホールツアー開催を発表! 
TK from 凛として時雨、1stEPのダイジェストトレーラーを解禁
TK from 凛として時雨、初EPの全貌が明らかに

【関連アーティスト】
TK from 凛として時雨
【ジャンル】
ジャパニーズロック

HY 3/1 19:00よりライヴをUSTREAM生中継決定!全国ツアーのチケット抽選先行もスタート!
Fri, 28 Feb 2014 17:58:18 +0900
HY (okmusic UP\'s)

9thアルバム『GLOCAL』をリリースしたばかりのHYがTOWER RECORSが運営するTOWER REVOLVE PROJECT(タワレボ)にて、2014年3月1日(土)に行われるアルバム購入者限定ライヴの模様を一部USTREAM生中継することが決定した。

HY、全国ツアーのチケット抽選先行受付

アルバム『GLOCAL』はiTunesで119カ国、電子書籍阪歌詞集は65ヶ国で配信スタートしており、2月28日には台湾盤リリース&8月に台湾ワンマンライヴ決定、また、9月にはHYが企画する地元うるま市でのイベントSKYFESも決定し、HYはよりローカルに根付き、グローバルに飛び立つ。

なお、3月11日よりこのライヴの模様とインタビューを収めた番組を同サイトより配信される予定だ。

また、本日より2014年5月30日(金)越谷・サンシティホールを皮切りにスタートする全国ツアー『HY HAI-SAI GLOCAL TOUR 2014』のチケット抽選先行受付がスタート。今回のチケット抽選先行受付はエンタメ情報まとめサイト「minp!」内の特集ページ(www.minp-matome.jp/pub/6f3b06bd3bffd076c0e8e68cfbaf036a)にて展開中で、2014年3月7日(金)23:59まで実施される予定だ。

【関連リンク】
HY、全国ツアーのチケット抽選先行受付ページ

【関連アーティスト】
HY
【ジャンル】
J-POP

Sotte Bosse、4年振りとなる新作カヴァー・アルバムを初夏に発売決定
Fri, 28 Feb 2014 17:00:00 +0900
Sotte Bosse (okmusic UP\'s)

ナカムラヒロシ(i-dep)と女性ボーカリスト・Canaの2人によるSotte Bosseが、約4年ぶりとなる新作カバー・アルバムを今年初夏にリリースすることが決定した。

【その他の画像】Sotte Bosse

その絶妙の選曲とカバー・センスで、これまでリリースしたアルバムは累計70万枚を超えるセールスを記録。カバー・ブームの火付け役としても知られ、全国様々なカフェで彼らの音楽を耳にした人も多いだろう。

今回リリースする作品の中には、カバー曲に加え、オリジナル・ソング「Beautiful Life」も収録。この曲は、木の実ナナ、本田翼、尾美としのりが声優を務めることが発表され話題を呼んでいる劇場版アニメ『鷹の爪7〜女王陛下のジョブーブ〜』(4月4日公開 / 監督・脚本・キャラクターデザイン・録音・Flash・編集・声の出演“FROGMAN")の主題歌に決定している。

また、3月21日には代官山LOOPで「羊毛とおはなとSotteBosse」と題したライブも決定している。

■『羊毛とおはなとSotteBosse』

3月21日(金・祝) 代官山LOOP
OPEN 17:30 START 18:00
LIVE : 羊毛とおはな/SotteBosse
OA : Piccola Collina / paranoa

【関連リンク】
SotteBosseオフィシャルHP
アンジェラ・アキがメガネを取った!
川田まみ「Break a spell」発売記念アコースティックライブ開催
人気ラノベ作品「六畳間の侵略者!?」、2014年夏テレビアニメ化決定!主要キャストやAnimeJapan2014でのイベントも明らかに

【関連アーティスト】
Sotte Bosse
【ジャンル】
J-POP

ヒットメーカー島田昌典のワークスコンピレーションアルバム発売決定
Fri, 28 Feb 2014 16:00:00 +0900
島田昌典 (okmusic UP\'s)

音楽プロデューサー島田昌典の活動30周年を記念したワークス・ヒットコレクションアルバム『島田印』が、4月16日にリリースされる。

【その他の画像】島田昌典

島田は、aiko、YUKI、いきものがかり、秦 基博、JUJU、FUNKY MONKEY BABYS、back numberなど、日本を代表するアーティストのプロデュースを手がけて来た平成のヒットメーカーの1人。本作は、いきものがかり、秦 基博、FUNKY MONKEY BABYS、JUJU、YUKI、back number、スガ シカオ、YO-KING、アンダーグラフらの楽曲を収録し、「日本のジョージ・マーティン」と称される島田サウンドの真髄と変革を通してJ-POPの歴史が聴ける豪華な内容の1枚に仕上がった。

また、アルバムの発売を記念して、島田の誕生日の翌日11月4日には島田昌典、いきものがかり、秦 基博らが出演するスペシャルライブが日本武道館にて開催されることも決定。当日は5年ぶりとなる「島田会」復活もありえるかも?とのことなので、ますます目が離せない。

■島田昌典 コメント

ボクには 0年間の幾多の出会いに、感謝の言葉しか出てきません。素晴らしいアーティスト、力強い楽曲、その出会いを導き協力くださった多くの方々。
思わず、いつものボクの口癖「バラスーシ!」を連発しそうです。心から、ありがたい。
この作品集はボクにとっての足跡、音楽人生、まるで写真アルバムのようにキュンとなる宝箱です。
イントロが開いた途端、制作行程の細部や、楽曲への秘めた想いまでがスッと顔を出し、生き生きと動き始めます。
どんなフレーズにしよう、どの楽曲を使おう、どのテイクを残そう、と試行錯誤したことや、生みの苦しみや喜びを共にしたスタジオの空気、メンバーの表情、交わした言葉、深夜に食べた出前まで。
その制作過程のリアルな映像が、胸を占領します。
作品は旅立ち、アーティストのパワーに磨かれて、大きく成長してくれました。曲はアーティストのものであり聴く人のもの。聴く人の心に引っかかり育って初めて名曲の仲間入りができます。
で、実はボクはその名曲が素っぴんの頃に、そっと印を付けておくんです。島田の、好きな、島田印。ひとさじの隠し味を。これぞプロデュースの醍醐味かもしれません。
この作品集を通して、島田印を見つけていただけたら幸いです。

■いきものがかり コメント

【吉岡聖恵】
いつも優しい物腰の、島田さん。島田さんアレンジに載って歌わせて頂くことで、「こういう方向にしよう」と歌を導いて貰えるような感覚が好きです。
これからも最高に素敵なアレンジをよろしくお願いします!

【水野良樹】
レコーディングスタジオでの最初の瞬間。
島田さんの譜面とデモを渡されたミュージシャンの皆さんが、第一音を鳴らす瞬間。
そのときほど興奮する瞬間はありません。
その瞬間に突然、僕らの目の前に完璧な状態で立ち現れる島田サウンド。
僕らはそれに出会いたいがために、島田さんに曲を託しているのではないかなと思っています。
ぜひ、ひとりでも多くの方に僕らも大好きな、この島田サウンドを聴いて頂きたいです。

【山下穂尊】
デビュー前からお世話になっている島田さんのコンピアルバムに今回参加出来て大変光栄です。
島田さんのアレンジに僕らは毎回絶対の信頼をおいています。
今後ともお互い長くお付き合い出来る様に僕らも頑張ります。
これからもよろしくお願いします。

■秦 基博 コメント

島田さんのサウンドは、いつもキラキラで切なくて、聴くと心が躍る。
島田さんのアレンジは、曲の持つ輝きを何倍にも増幅させてくれるし、それでいて音のひとつひとつがとても自然に調和している。
聴くたびに、音楽が持つ奇跡を、歓びを教えてくれる。
島田さんは、その静かな佇まいの中に、熱過ぎるくらいの魂を燃やしている。
隠し味のスパイスのように、茶目っ気と少しの毒っ気を隠し持っている。
そして何より音楽への深い愛で溢れている。
島田さんの音楽が大好きです。島田会の一員になれて幸せです。

■ファンキー加藤 コメント

例えるなら島田さんは名捕手。ひとつの楽曲をより輝ける方へとリードしてくれます。
どんなに荒い想いでも「スパーン!」と良い音を立てて捕えてくれます。
当時の俺たちなんで(今の俺もそうだけど)華麗な変化球など無く、ただ歌声を真っ直ぐ投げるだけ。
しかも球速すらそんなに無い。
なのに島田捕手は、しっかりと『あとひとつ』を勝てる作品へ導いてくれました。感謝しかありません。
今更ながら胴上げしたいくらいです。
いや〜しかし島田さん。昨年の日本シリーズ最終戦は、本当に痺れましたね。ニューヨークに飛び立った彼に負けないように、
もっともっと俺も頑張るので、いつかまたバッテリーを組んでくださいね。

■back number コメント

【清水依与吏】
「気持ちを込めて熱く歌う事も大切だけど、聴く人がその歌に自分も重ねられるように、まっすぐに歌う事もとても大事なんだよ」
島田さんに頂いたその言葉は、今も僕の歌の真ん中にいます。楽器を買う時も、音作りをする時も、セルフプロデュースの曲を編曲する時の音の積み方も、僕らは島田さんから、影響、の言葉では足りないものすごく大切な物を頂いていると思います。

■アンダーグラフ コメント

当時、噂で、「島田さんはバンドのプロデュースをしない」と風の噂で聞いていた。勿論ご本人がおっしゃった訳ではないだろうが、バンドといえば□□□□氏といったように他の方の名前がよく挙がっていた。
だから最初お願いしにスタジオに行った時ドキドキした。断られたらどうしようと。
だけど、僕らは島田さんじゃなきゃ嫌だった。それまでの島田さんの作品に惚れ込んでいた。スタジオには僕らの大好きな機材が並んでいた。
島田さんの言葉、音は、デビューを間近に控えた僕らを優しく包んでくれた。
2004年の夏。夢がかなった制作。夢が叶った楽曲。
デビューが島田さんで本当に良かった。今でも音楽を好きでいられるのは、全て島田さんのおかげです。

■アルバム『島田印-島田昌典ワークス・ヒットコレクション-』

2014年4月16日発売
【初回封入特典】
BVCL-588/¥2500(税抜)
<収録曲>
SAKURA/いきものがかり
グッバイ・アイザック/秦 基博
あとひとつ/FUNKY MONKEY BABYS
歓びの種/YUKI
花束/back number
YOU/JUJU
春夏秋冬/スガ シカオ
遠い匂い/YO-KING
ツバサ/アンダーグラフ
フルール/近藤晃央


【関連リンク】
嵐・櫻井翔、自分を持っている女性がタイプ
関ジャニ∞・渋谷すばる、タイミング悪い2連発
嵐・二宮和也、結婚式にエキストラ募集?
フジファブリックの2マンツアーに秦 基博が出演決定!

【関連アーティスト】
島田昌典, aiko, YUKI, いきものがかり, 秦 基博, FUNKY MONKEY BABYS, back number, スガ シカオ, YO-KING, アンダーグラフ
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック

クリープハイプのプレミアムライブに卒業生を無料招待
Fri, 28 Feb 2014 15:30:00 +0900
クリープハイプ (okmusic UP\'s)

クリープハイプが「SCHOOL OF LOCK!」主催の卒業ライブプロジェクト「MY GENERATION」に出演することが分かった。

【その他の画像】クリープハイプ

同企画は「SCHOOL OF LOCK!」が毎年行っている恒例イベントで、これまでにASIAN KUNG-FU GENERATION、ゆず、YUI、くるり、RIP SLYME、チャットモンチー、加藤ミリヤ、flumpool、阿部真央、高橋優らが出演しており、卒業を迎える生徒にエールを送ってきた。

25日放送分の「SCHOOL OF LOCK!」に出演した尾崎世界観(Vo/Gt)は、出演決定に際し「すごい嬉しかったです!決まった時は!絶対、良いライブにします!!」と宣言。4月に日本武道館2デイズを控える彼らの気迫のこもったステージに期待が高まる。

当日は今春卒業予定の生徒限定125組250名を無料招待。応募は番組のオフィシャルサイトにて、3月10日まで受け付けている。また、ライブの模様は3月27日にオンエアされる。
「SCHOOL OF LOCK!」 オフィシャルサイト

■「MY GENERATION」

3月20日(木) 渋谷O-nest
今春卒業予定の生徒限定125組250名を無料招待(小学校・中学校・高校・大学・専門学校など、学校を卒業する生徒ならどなたでもOK)。

【関連リンク】
クリープハイプ オフィシャルサイト
銀杏BOYZ 峯田×クリープハイプ 尾崎、ロックシーン最注目の2人による対談が実現!
クリープハイプ、初日本武道館2Days公演の意味深タイトルを発表

【関連アーティスト】
クリープハイプ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ディープ・パープルの名盤『ライヴ・イン・ジャパン』2014年ver.が登場!
Fri, 28 Feb 2014 15:00:00 +0900
アルバム『ライヴ・イン・ジャパン』 【SUPER DELUXE】 (okmusic UP\'s)

1970年代初頭から中盤にかけて、レッド・ツェッペリン、ブラック・サバスと共に“ブリティッシュハードロックとヘヴィメタルの聖ならざる三位一体”と評されたディープ・パープル。彼らの名盤である『ライヴ・イン・ジャパン』の2014年ヴァージョンが、5月28日にリリースされることがわかった。最新のリマスター音源となっており、未発表映像入りDVD、ミックス楽曲、オリジナル特典、豪華ブックレットなどを含んだ複数形態で発売される。

【その他の画像】Deep Purple

『ライヴ・イン・ジャパン』は1972年8月大阪フェスティバルホール(15、16日)、日本武道館(17日)で開催された3日間のライヴ音源を収録。収録曲のうち4曲は、1972年のアルバム『マシーン・ヘッド』からのもの。多くのファンがディープ・パープル最高ラインナップだと口を揃える、イアン・ギラン(ヴォーカル)、リッチー・ブラックモア(ギター)、ロジャー・グローヴァー(ベース)、ジョン・ロード(オルガン)、イアン・ペイス(ドラム)が当時のメンバーである。当初は日本マーケット向けとしてレコーディングされたが、『ライヴ・イン・ジャパン』は彼らのライヴアルバムの中で名盤と言われる一枚となった。2012年の雑誌『ローリングストーン』の読者投票では、史上最高のライヴアルバム第6位に選ばれている。

メンバーのジョン・ロードはこの作品に関して「当時ディープ・パープルは絶頂期だった。あの2枚組アルバムは当時の我々を象徴している作品であり、日本以外でも発売される運命だったのだ。当時、日本の担当者が“ライヴ・アルバムを制作させて欲しい。"とオファーしてきたけど、“そういったものを認めていないんだ。"と最初は断った。最終的には承諾したけれど、日本以外でリリースされたくなかったからそのテープの権利が欲しいと言った。あのライヴ・アルバムは制作するのに3,000ドルしかかからなかったしね。結果素晴らしい作品となったのでワーナー・ブラザーズに“このライヴ・アルバムが欲しいかい?"と尋ねたけど、彼らの答えは“必要ない。"だったよ。結局彼らはそのライヴ・アルバムをリリースして、約2週間でプラチナム・ディスクになったんだけどね」とコメントしている。

■アルバム『ライヴ・イン・ジャパン』

2014年5月28日発売
【SUPER DELUXE】(4CD+DVD+7インチシングル 他)
品番・価格未定
<CD収録曲>
■Disc 1:大阪フェスティバルホール(1972年8月15日)※2014 リマスター
01.ハイウェイ・スター
02.スモーク・オン・ザ・ウォーター
03.チャイルド・イン・タイム
04.ミュール(Drum Solo)
05.ストレンジ・ウーマン
06.レイジー
07.スペース・トラッキン
■Disc 2:大阪フェスティバルホール(1972年8月16日)※2014 リマスター
01.ハイウェイ・スター
02.スモーク・オン・ザ・ウォーター
03.チャイルド・イン・タイム
04.ミュール(Drum Solo)
05.ストレンジ・ウーマン
06.レイジー
07.スペース・トラッキン
■Disc 3:日本武道館(1972年8月17日)※2014 リマスター
01.ハイウェイ・スター
02.スモーク・オン・ザ・ウォーター
03.チャイルドイン・タイム
04.ミュール(Drum Solo)
05.ストレンジ・ウーマン
06.レイジー
07.スペース・トラッキン
■Disc 4:コンサートのアンコール集 ※2014 リマスター、Martin Pullan Mix
01.ブラック・ナイト(Osaka 15/08/1972)
02.スピード・キング(Osaka 15/08/1972)
03.ブラック・ナイト(Osaka 16/08/1972)
04.ルシール(Osaka 16/08/1972)
05.ブラック・ナイト(Tokyo 17/08/1972)
06.スピード・キング(Tokyo 17/08/1972)
<DVD:ドキュメンタリー>
・Made in Japan - The Rise of Deep Purple MK II
・Smoke On the Water (Official clip)
・The Revolution
・Germany 1972
(Small documentary piece from Boblingen Sporthalle Stuttgart 10th February 1972)
・Smoke On the Water(Live clip from Hoftsra University 29th May 1973)
※完全生産限定盤
※12インチボックス仕様
※60ページ豪華ブックレット
※7インチシングル(日本プロモシングルレプリカ:ピクチャースリーヴ)
※20ページツアープログラム
※ポスター/ファミリーツリー(両面)
※4ページプレスリリース
※MP3 ダウンロードカード
※日本オリジナル特典(予定)

【DELUXE EDITION】(2CD)
品番・価格未定
<収録曲>
■Disc 1: 『ライヴ・イン・ジャパン・ミックス』(Kevin Shirley Mix)大阪フェスティバルホール(1972年8月16日)
01.ハイウェイ・スター
02.スモーク・オン・ザ・ウォーター
03.チャイルド・イン・タイム
04.ミュール(Drum Solo)
05.ストレンジ・ウーマン
06.レイジー
07.スペース・トラッキン
■Disc 2:コンサートのアンコール集
01.ブラック・ナイト(Osaka 15/08/1972)
02.スピード・キング(Osaka 15/08/1972)
03.ブラック・ナイト(Osaka 16/08/1972)
04.ルシール(Osaka 16/08/1972)
05.ブラック・ナイト(Tokyo 17/08/1972)
06.スピード・キング(Tokyo 17/08/1972)
※デジパック仕様
※24ページブックレット

【REMASTER】(CD)
品番・価格未定
<収録曲>
01.ハイウェイ・スター(Osaka 16/08/1972)
02.チャイルド・イン・タイム(Osaka 16/08/1972)
03.スモーク・オン・ザ・ウォーター(Osaka 15/08/1972)
04.ミュール(Drum Solo)(Tokyo 17/08/1972)
05.ストレンジ・ウーマン(Osaka 16/08/1972)
06.レイジー(Tokyo 17/08/1972)
07.スペース・トラッキン(Osaka 16/08/1972)
※デジパック仕様
※16ページブックレット
※2014年リマスター

【関連リンク】
嵐・櫻井翔、自分を持っている女性がタイプ
関ジャニ∞・渋谷すばる、タイミング悪い2連発
嵐・二宮和也、結婚式にエキストラ募集?
ヘヴィ・メタル・シーンのゴッドファーザー、ロニー・ジェイムズ・ディオのトリビュート・アルバム完成

【関連アーティスト】
Deep Purple
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

「RISING SUN ROCK FESTIVAL」3/1よりチケット先行抽選申し込みを開始 昨年のフォトギャラリーもスタート
Fri, 28 Feb 2014 14:52:24 +0900
「RISING SUN ROCK FESTIVAL」が3/1よりチケット先行抽選申し込みを開始 (okmusic UP\'s)

今年も8月15日(金)、16日(土)2日間の日程で開催される『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO』のテントサイト付入場券の先行予約受付第1弾が3月1日(土)正午からスタートする。

【その他の画像】

今回発売するのはHEAVEN\'Sテントサイト付入場券で、抽選の申し込み期間は3月1日から20日まで。

これまで非常に競争率の高かったHEAVEN\'Sテントサイトだが、今年はメインステージのSUN STAGEの位置変更に伴いレイアウトを変更、テントサイトの販売数も増えて、当選の確率も例年より高くなるということなのでこの機会をお見逃しなく。

テントサイトの抽選申し込み開始を前に本日2月28日(金)正午より、公式サイトでは、「RSRスマイルギャラリー」と題したフォトギャラリーをスタート。昨年のフェス写真の中から272枚のフェス写真を公開している。

先行予約第2弾とあるFORESTテントサイト付入場券は4月4日より申し込みがスタートする。

【イベント情報】
■RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO
8/15fri-8/16sat  雨天決行/16日オールナイト開催
石狩湾新港樽川ふ頭横野外特設ステージ
[8/15] open 10:00 live start 15:00 live end 23:00
[8/16] open 10:00 live start 12:30 live end 0500(17日)


「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO」
テントサイト付入場券 先行予約受付開始!! ◆◇

【先行予約第1弾】HEAVEN\'Sテントサイト付入場券(抽選先行予約/エリア指定あり)
(申込期間:3/1(土)12:00〜3/20(木)23:59)

【先行予約第2弾】FORESTテントサイト付入場券(抽選先行予約/エリアなし)
(申込期間:4/4(金)12:00〜4/11(金)23:59)

【予約特典】
■RSRFES2014特製パスケース(入場券1枚につき1個プレゼント)
■まいど割り(追加の通し入場券を2000円割引!)
※テントサイト付入場券と同時申込で通常18,500円の通し入場券を16,500円でお求め頂けます。
(1サイトに付3枚まで申込可能)
■リストバンドの事前発送
※入場券としてリストバンドを事前に発送いたします。会場にて交換していただく必要がないので便利!

申込方法:Web・モバイル(抽選予約/クレジット決済のみ)
取扱いプレイガイド:ローソンチケット・チケットぴあ・イープラス・JCB・楽天チケット

【関連リンク】
RISING SUN ROCK FESTIVAL 2014 in EZO
RSRスマイルギャラリー

【関連アーティスト】

【ジャンル】
フェス

フジファブリック、最新ツアーを完全収録したDVD&Blu-ray発売決定
Fri, 28 Feb 2014 14:30:00 +0900
フジファブリック デビュー10周年記念ロゴ (okmusic UP\'s)

メジャーデビュー10周年を迎えるフジファブリックが、4人体制時のライブ2公演を初・完全収録した『FAB BOXII』リリースを記念したスペシャルイベントの実施を発表した。


【その他の画像】フジファブリック

2009年末にバンドの中枢であった志村が急逝したが、2011年以降は山内総一郎(Vo/G)、金澤ダイスケ (Key)、加藤慎一(B)の3人体制で新たに活動をスタート、精力的にリリースやツアーを積み重ねてきているフジファブリック。

『FAB LIVEII』には、バンド史上初のホールツアー「VOYAGER」ツアーファイナル全編に加え、金澤の故郷・茨城県大子町での貴重な追加公演ドキュメント映像をボーナス収録している。さらに、初のEP『FAB STEP』を携え、“ダンス・ミュージック"をテーマに構築された同名ライブハウスツアーより、Zepp Tokyoにて行われたツアーファイナルの模様を完全網羅。どちらもアンコール含め、全曲ノーカットで収録した完全生産限定盤となり、Blu-rayパッケージも同時発売となる。

これら一連のライブ映像作品をいち早く体感出来るスペシャルな機会として、デビュー記念日にあたる4月14日に、東京・名古屋・大阪を中心とする全国5カ所の映画館にて先行上映イベントの実施も決定。『FAB MOVIE -劇場版-』では、『FAB BOXII』から「Live at 渋谷公会堂」「Live at 富士五湖文化センター」の2公演、『FAB LIVE II』から「フジファブリックHALL TOUR 2013 “VOYAGER" at NHKホール」「FUJIFABRIC LIVE TOUR 2013 “FAB STEP" at Zepp Tokyo」2公演、計4公演をカップリング、バンドの歴史を繋ぐ、トータル約2時間の劇場版として先行公開する。

さらに前日の4月13日には、志村の故郷・富士吉田にて『Live at 富士五湖文化センター 上映會』を特別開催。こちらは4月16日リリースの『FAB BOXII』より、「Live at 富士五湖文化センター」のみをフルサイズで先行上映するというもので、6年前に行われた実際のステージと同じ空間を共有しながら、ライブの空気感までも実感出来るイベントとなっている。

今回のアナウンスに伴い、デビュー10周年記念特設サイトが本日正午に大幅リニューアル。既に公開中の「Live at富士五湖文化センター」ティーザー映像に加え、新たに「Live at 渋谷公会堂」ティーザー映像や「フジファブリックHALL TOUR 2013 “VOYAGER" at NHKホール」「FUJIFABRIC LIVE TOUR 2013 “FAB STEP"」のトレーラーが公開されるなど、EMI RECORDS & Sony Music Associated Records連動による映像リリース企画と上映イベント企画の詳細が網羅された充実の内容となっている。

チケット先行受付情報など、今後も随時更新が予定されているので、ぜひチェックしておこう。

■DVD&Blu-ray『FAB LIVEII』

2014年5月21日発売
【DVD】
AIBL?9292〜3/¥8,000(税抜)
【Blu-ray】
AIXL?48/¥9,000(税抜)
・茨城県大子町「まいん」での"VOYAGER"ツアー追加公演ドキュメント映像ボーナス収録
・"FAB STEP"ツアードキュメント写真を含む全100PSPECIAL PHOTO BOOK付
<収録内容>
■「フジファブリックHALL TOUR 2013 “VOYAGER"at NHKホール」(2013.05.19)
01.Opening
02.Small World
03.夜明けのBEAT
04.会いに
05.自分勝手エモーション
06.Upside Down
07.Splash!!
08.Bye Bye
09.Time
10.こんなときは
11.Fire
12.まばたき
13.春の雪
14.徒然モノクローム
15.流線形
16.Magic
17.星降る夜になったら
18.銀河
19.Light Flight/
〜アンコール〜
01.透明
02.虹
03.STAR
■「FUJIFABRIC LIVE TOUR 2013 “FAB STEP" at Zepp Tokyo」(2013.11.23)
01.FAB STEP OP
02.フラッシュダンス
03.Hello
04.Mystery Tour
05.パッション・フルーツ
06.しかたがないね
07.夜明けのBEAT
08.Upside Down
09.Splash!!
10.Drop
11.Light Flight
12.透明
13.バタアシParty Night
14.ダンス2000
15.Magic
16.銀河
17.徒然モノクローム
〜アンコール〜
01.ECHO
02. 流線形
03. STAR

■イベント情報

フジファブリック デビュー10周年記念 『FAB MOVIE ?劇場版-』
日時:4月14日(月) 19:00開映予定
会場:TOHOシネマズ渋谷/109シネマズMM横浜/ユナイテッド・シネマ浦和/109シネマズ名古屋/TOHOシネマズなんば
  ※各会場1回限りの上映です。
チケット一般発売日:3月21日(金)

フジファブリック デビュー10周年記念 『Live at 富士五湖文化センター 上映會』
日時:4月13日(日) 13:00開場/13:30 開映
会場:ふじさんホール
チケット一般発売日:3月21日(金)

【関連リンク】
フジファブリック デビュー10周年記念企画 スペシャルサイト
嵐・櫻井翔、自分を持っている女性がタイプ
関ジャニ∞・渋谷すばる、タイミング悪い2連発
嵐・二宮和也、結婚式にエキストラ募集?

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUK、アルバム『RIDE ME』がデイリーランキング1位を獲得
Fri, 28 Feb 2014 14:00:00 +0900
アルバム『RIDE ME』 【CD+DVD】 (okmusic UP\'s)

SUPER JUNIORのドンへとウニョクによって結成された、ダンス&ヴォーカルユニット・SUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUKが、2月26日にリリースされた初の日本オリジナルアルバム『RIDE ME』で、オリコンアルバムデイリーランキング1位(2月26日付)を獲得した。

【その他の画像】SUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUK

アルバム『RIDE ME』は彼らの真骨頂とも言える、ライブでも踊れるパーティーソングから、しっとりと聴かせるバラードまで日本オリジナル楽曲を多数収録。ドンヘとウニョクの魅力がふんだんにつまったオリジナルアルバムとなっている。

また、アルバムの発売を記念して、東京渋谷のマルイシティ渋谷にドンへ&ウニョクの大幕が登場。3月1日からは、マルイジャム渋谷の幕とマルイシティ渋谷店頭の柱の一部にも登場が予定されており、ドンへ&ウニョクによるマルイ渋谷のヴィジュアル・ジャックにも注目だ。

そして、アルバム『RIDE ME』を引っ提げ、3月4日から全国9か所22公演の1stツアー『SUPER JUNIOR D&E THE 1st JAPAN TOUR 2014』がついにスタート。SUPER JUNIOR DONGHAE&EUNHYUKとして世界初となるツアーに、ファンの期待が高まっている。

■アルバム『RIDE ME』

発売中
【CD+DVD】
AVCK-79188/B/¥3,675 (税込)
<CD収録曲>
01. Bari 5 !
02. Oppa, Oppa  
03. MOTORCYCLE
04. Teenage Queen
05. 君が泣いたら
06. Kiss Kiss Dynamite
07. Android Syndrome
08. Hello
09. Love That I Need feat.Henry (Super Junior-M)  
10. I WANNA DANCE
11. Ten years
12. Champagne Girl
13. Let It Go
<DVD収録内容>
・MOTORCYCLE -MUSIC VIDEO-
・Oppa, Oppa -MUSIC VIDEO-
・I WANNA DANCE -MUSIC VIDEO-
・MOTORCYCLE -MUSIC VIDEO MAKING CLIP-
・RIDE ME -JK MAKING CLIP-

【CD ONLY】
AVCK-79189/¥2,625 (税込)
【CD+DVD】 (E.L.F-JAPAN盤)
※E.L.F-JAPANオフィシャルショップおよびmu-moショップ限定販売商品
AVC1-79190/B/¥2,940 (税込)
<DVD収録内容>
・I WANNA DANCE -Release Event Digest-
<E.L.F-JAPANオフィシャルショップ限定特典(初回限定盤のみ対象)>
「RIDE ME」限定オリジナルスリーブ
※この特典はE.L.F-JAPANオフィシャルショップにログインしてご購入頂いた場合にのみお付けする限定特典です。ファンクラブ会員の方であっても、mu-moショップでのご購入では、E.L.F-JAPANオフィシャルショップ限定特典は付きませんのでご注意ください。限定特典をご希望の方は必ず下記URLからオフィシャルショップにログインしてご注文ください。
【PC】http://shop.mu-mo.net/st/fc/SPJU.html
【MB】http://m-shop.mu-mo.net/st/fc/SPJU.html

【関連リンク】
嵐・櫻井翔、自分を持っている女性がタイプ
関ジャニ∞・渋谷すばる、タイミング悪い2連発
嵐・二宮和也、結婚式にエキストラ募集?
SUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUK、最新MVを解禁

【関連アーティスト】
SUPER JUNIOR DONGHAE & EUNHYUK
【ジャンル】
K-POP

でんぱ組.incのソロ曲をChara、JAM Projectが提供!
Fri, 28 Feb 2014 13:00:00 +0900
Chara (okmusic UP\'s)

でんぱ組.incが3月12日にリリースするシングル「サクラあっぱれーしょん」に収録される、最上もが、相沢梨紗のソロ曲が明らかになった。

【その他の画像】でんぱ組.inc

最上もがのソロ曲「ニューロマンティック」は、Charaによる作詞・作曲。相沢梨紗のソロ曲「Promise of the World〜我コソ世界の救世主〜」はJAM Projectのメンバーである奥井雅美が作詞を、きただにひろしが作曲を手がけており、いずれも今までのでんぱ組になかった異色の組み合わせとなっている。

なお、福岡・Zepp Fukuoka公演と北海道・Zepp Sapporo公演で、それぞれどちらかのソロ曲が初披露される予定だ。

■シングル「サクラあっぱれーしょん」

2014年3月12日発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
TFCC-89484/¥1,500(税込)
<収録曲>
01.サクラあっぱれーしょん
02.ファンシーほっぺ?ウ・フ・フ
03.サクラあっは?れーしょん(Off vocal)
04.ファンシーほっぺ?ウ・フ・フ(Off vocal)
<DVD>
収録内容未定

【初回限定盤B】(CD)
TFCC-89485/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.サクラあっぱれーしょん
02.ファンシーほっぺ?ウ・フ・フ
03.サクラあっは?れーしょん(Off vocal)
04.ファンシーほっぺ?ウ・フ・フ(Off vocal)
※封入特典:ステッカー(当たりにはチュッパチャプス×でんぱ組.incの生チェキも封入)

【初回限定 相沢梨紗盤】(CD)
TFCC-89486/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.サクラあっぱれーしょん
02.Promise of the World〜我コソ世界の救世主〜
03.サクラあっぱれーしょん(Off vocal)
04.Promise of the World〜我コソ世界の救世主〜(Off vocal)

【初回限定 成瀬瑛美盤】(CD)
TFCC-89487/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.サクラあっぱれーしょん
02.トキメキ☆すちゃらかテキサス
03.サクラあっぱれーしょん(Off vocal)
04.トキメキ☆すちゃらかテキサス(Off vocal)

【初回限定 藤咲彩音盤】(CD)
TFCC-89488/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.サクラあっぱれーしょん
02.P and A
03.サクラあっぱれーしょん(Off vocal)
04.P and A(Off vocal)

【初回限定 古川未鈴盤】(CD)
TFCC-89489/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.サクラあっぱれーしょん
02.ソーリー、ロンリー。
03.サクラあっぱれーしょん(Off vocal)
04.ソーリー、ロンリー。(Off vocal)

【初回限定 最上もが盤】(CD)
TFCC-89490/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.サクラあっぱれーしょん
02.ニューロマンティック
03.サクラあっぱれーしょん(Off vocal)
04.ニューロマンティック(Off vocal)

【初回限定 夢眠ねむ盤】(CD)
TFCC-89491/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.サクラあっぱれーしょん
02.あのね…実はわたし、夢眠ねむなんだ…?
03.サクラあっぱれーしょん(Off vocal)
04.あのね…実はわたし、夢眠ねむなんだ…?(Off vocal)

【通常盤】(CD)
TFCC-89492/¥1,000(税込)
<収録曲>
01.サクラあっぱれーしょん
02.タイトル未定

【関連リンク】
嵐・櫻井翔、自分を持っている女性がタイプ
関ジャニ∞・渋谷すばる、タイミング悪い2連発
嵐・二宮和也、結婚式にエキストラ募集?
“ランティス祭り2014”会場、日程、出演者第一弾が発表に

【関連アーティスト】
でんぱ組.inc, Chara, JAM Project, 相沢梨紗, 奥井雅美, きただにひろし
【ジャンル】
女性アイドル, J-POP

見田村千晴、2ndミニアルバムリリース決定&先行試聴スタート
Fri, 28 Feb 2014 13:30:00 +0900
見田村千晴 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライター見田村千晴の2ndミニアルバム『寝そべった夕暮れを切り裂いてバスはゆく』のリリースが決定した。

【その他の画像】見田村千晴

2011年、タワーレコード主催のオーディション「Knockin\'on TOWER\'s Door」にて、1,000組を超える応募の中から準グランプリを獲得。同年ユニクロ「ヒートテック」のCMにも出演を果たし、話題を集めた見田村。

タイトルの『寝そべった夕暮れを切り裂いてバスはゆく』は、リード曲の「もう一度会ってはくれませんか」の歌詞から引用されており、人間臭さや泥臭さを包み隠さず表現する詞の世界感はさらに深化を遂げ、見田村“らしさ"の詰まった魅力的な作品に仕上がっている。本日より全曲試聴もスタートしているので、まずはアルバムの雰囲気をチェックしてみよう。

また、本作を引っさげた全国各地区でのライブ・インストアイベントも続々決定。ぜひ足を運んで彼女の生演奏を体感してほしい。

■ミニアルバム『寝そべった夕暮れを切り裂いてバスはゆく』

2014年4月16日発売
VICL-64146/¥1,800(税抜)
<収録曲>
1.レプリカ
2.もう一度会ってはくれませんか
3.砂のお城
4.MUSIC
5.花嫁
6.センチメンタル
7.だいたい思ったとおり
※特典情報
タワーレコード・オリジナル特典(先着)オリジナル・ポスター
ミニアルバム『寝そべった夕暮れを切り裂いてバスはゆく』先行試聴

■フリーライブツアー

4月19日(土)   タワーレコード渋谷店1Fイベントスペース
4月23日(水)   蔦屋書店3号館2階音楽フロア
4月27日(日)   タワーレコード新宿店7Fイベントスペース
4月29日(火・祝) 名古屋パルコ店西館1Fイベントスペース 

【関連リンク】
嵐・櫻井翔、自分を持っている女性がタイプ
関ジャニ∞・渋谷すばる、タイミング悪い2連発
嵐・二宮和也、結婚式にエキストラ募集?

【関連アーティスト】
見田村千晴
【ジャンル】
J-POP

L\'Arc〜en〜Cie、国立競技場公演のライブビューイング決定!
Fri, 28 Feb 2014 12:30:00 +0900
L\'Arc〜en〜Ciel (okmusic UP\'s)

3月21日、22日に行われる「L\'Arc〜en〜Ciel LIVE 2014 at 国立競技場」のライヴビューイングが決定した。

【その他の画像】L\'Arc〜en〜Ciel

同公演はL\'Arc〜en〜Cielにとってワールドツアー「WORLD TOUR 2012」のツアーファイナル以来、約1年10ヶ月ぶりとなる待望のステージで、また自身二度目の国立競技場ワンマンライブでもある。

前回はオリンピック開会式を思わせるマーチングバンドを率いた登場シーンや、聖火台に炎が灯る下での圧巻のパフォーマンス、1000発の花火など、ド派手な演出でオーディエンスを魅了した。今回もよりパワーアップしたステージに期待が高まる。

21日開催分は日本全国の映画館へ、そして22日は欧米、中南米、香港、台湾でも実施予定。グローバルな人気を誇る4人のスペクタクルライヴの興奮を世界中のファンと共有しよう!

■「L\'Arc〜en〜Ciel LIVE 2014 at 国立競技場ライヴビューイング」

【日時】3月21日(金/祝)、22日(土) 両日17:00開演
【会場】日本全国、台湾、香港、イギリス、フランス、アメリカ、メキシコの映画館
※開場時間は映画館によって異なります。
※海外の実施は22日のみ。会場等の詳細は、後日発表いたします。
※実施国が追加になった際はL\'Arc〜en〜Cielライヴビューイング情報サイトにて発表いたします。
※大阪府では16歳未満の方で保護者同伴でない場合は、終映が19:00を過ぎる上映回にはご入場いただけません。
【チケット料金】全席指定¥5,000(tax in) ※特典あり(当日劇場にてお渡しします)
【一般チケット発売日】3月16日(日)12:00 〜 3月20日(木)12:00
イープラス: http://eplus.jp/larc-lv/ (PC、モバイル共通)
または、全国のファミリーマート店内のFamiポートにて。
※一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。
【チケットプレオーダー】3月5日(水)12:00 〜 3月9日(日)23:59
【お問合せ】イープラス0570-07-5050 (10:00〜18:00 オペレーター対応)

【関連リンク】
ライブビューイング特設ページ
L\'Arc〜en〜Ciel オフィシャルサイト
geek sleep sheep、1stアルバム『nightporter』レコ発ツアーファイナル開催
VAMPS、「VAMPS WORLD TOUR 2013」アメリカ2公演成功でフィナーレ

【関連アーティスト】
L\'Arc〜en〜Ciel
【ジャンル】
ジャパニーズロック

wacci、「東京」MV公開&ご当地キャラに会いに行く企画スタート!
Fri, 28 Feb 2014 12:00:00 +0900
wacci (okmusic UP\'s)

“サテライトポップスの新星"として話題の5人組バンド、wacci(ワッチ)がニューシングル「東京」のMVと、リリースに合わせて行なっている「東京23区のご当地キャラに会いに行こう!」企画をYouTubeで公開した。

【その他の画像】wacci

TBS系月曜ミステリーシアター『隠蔽捜査』の主題歌である「東京」のMVは、彼らの楽曲はもちろんのこと、ドラマと同様に三倉茉奈が出演している点にも注目してほしい。「東京23区のご当地キャラに会いに行こう!」企画は、ヴォーカルの橋口洋平が東京23区のさまざまなご当地キャラに会いに行き、「東京」を弾き語りして、3月8日(土)にららぽーと豊洲で行なわれるニューシングル「東京」の発売記念イベントへの出演を交渉するという模様を収めた映像とのこと。どちらもお見逃しなく!

■「東京」MV
http://youtu.be/bKQDjkkmMCY

■「東京23区のご当地キャラに会いに行こう!」渋谷区編
http://youtu.be/wcJx1-z7fWM

■「東京23区のご当地キャラに会いに行こう!」中野区編
http://youtu.be/qJeDhf55Nro

■「東京23区のご当地キャラに会いに行こう!」板橋区編
http://youtu.be/YI1N8igMay8

■シングル「東京」

2014年3月5日発売
ESCL-4176/¥1,223(税込)
<収録曲>
01.東京
02.同じ空の下
03.君とシチューを食べよう
※初回仕様限定盤特典「おすふん2ジャケット」封入

■wacciニューシングル「東京」リリースイベント スペシャル ご当地キャラ大集合!?

3月08日(土) アーバンドック ららぽーと豊洲 シーサイドデッキ メインステージ
開演:14:00〜
内容:ミニライヴ&サイン会
※ご当地キャラ多数出演予定

【関連リンク】
wacci 公式HP
話題の5人組バンド・wacci、2nd シングル「東京」リリース&初の全国ワンマンツアーも
蜜、アルバムトラック「東京」MV&激励コメント第2弾公開
wacci、ニューシングル「東京」が話題のドラマ主題歌に決定!

【関連アーティスト】
wacci
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

HY、全国ツアー2014のチケット抽選先行受付がスタート!
Fri, 28 Feb 2014 11:10:00 +0900
5月より全国ツアーを開催するHY (okmusic UP\'s)

HYが5月から開催する全国ツアー『HY HAI-SAI GLOCAL TOUR 2014』のチケット抽選先行受付が本日2月28(金)よりスタートした。
HY、全国ツアーのチケット抽選先行受付ページ

前作から1年3ヶ月ぶりとなる待望のニューアルバム『GLOCAL』をリリースしたばかりのHY。
本作のタイトルである『GLOCAL』は新レーベルのスローガンでもある「More local, More global」の「Global」と「Local」を合わせた造語。地元・沖縄を愛し、そこを拠点に活動し作られた楽曲を世界へ向けて発信していこうという再出発、再スタートの意志が強く込められた作品だ。

そんな彼らは本作を引っ提げ2014年5月30日(金)越谷・サンシティホールを皮切りに計23公演にも及ぶ大規模な全国ツアーを開催予定。

なお、同ツアーのチケット抽選先行受付が本日2月28日(金)11:00よりスタート。今回のチケット抽選先行受付はエンタメ情報まとめサイト「minp!」内の特集ページ(www.minp-matome.jp/pub/6f3b06bd3bffd076c0e8e68cfbaf036a)にて展開中で、2014年3月7日(金)23:59まで実施される予定だ。

■【チケット情報】

「minp!」HYチケット抽選先行特集ページ
URL:(www.minp-matome.jp/pub/6f3b06bd3bffd076c0e8e68cfbaf036a)
受付期間:02.28(金)昼11:00〜03.07(金)23:59
申込制限:1公演につき4枚まで
※ご利用には「e+(イープラス)」への会員登録が必要となります
(入会金・年会費は必要ありません)

■【ツアー情報】

『HAI-SAI GLOCAL TOUR 2014』
2014年5月30日(金)埼玉県 越谷サンシティホール
2014年6月3日(火)高知県 高知市文化プラザ かるぽーと
2014年6月5日(木)広島県 アステールプラザ
2014年6月7日(土)山口県 スターピアくだまつ
2014年6月15日(日)群馬県 みかぼみらい館
2014年6月17日(火)兵庫県 神戸国際会館 こくさいホール
2014年6月19日(木)奈良県 なら100年会館
2014年6月20日(金)大阪府 オリックス劇場
2014年6月22日(日)京都府 八幡市文化センター
2014年6月27日(金)静岡県 三島市民文化会館ゆぅゆぅホール
2014年6月29日(日)栃木県 那須塩原市黒磯文化会館
2014年7月3日(木)福岡県 福岡市民会館
2014年7月5日(土)長崎県 アルカスSASEBO
2014年7月6日(日)熊本県 熊本県立劇場 演劇ホール
2014年7月10日(木)愛知県 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
2014年7月15日(火)東京都 渋谷公会堂
2014年7月16日(水)東京都 渋谷公会堂
2014年7月20日(日)宮城県 仙台市民会館
2014年7月21日(月・祝)秋田県 秋田市文化会館
2014年7月25日(金)新潟県 新潟テルサ
2014年7月27日(日)石川県 本多の森ホール
2014年8月2日(土)北海道 札幌市民ホール
2014年8月16日(土)沖縄県 沖縄市民会館

【関連リンク】
HY、全国ツアーのチケット抽選先行受付ページ

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ジャパニーズロック

「SMA AWARDS 2014」に向けて、特命係長である氣志團・綾小路 翔からのコメントが到着!
Fri, 28 Feb 2014 11:00:00 +0900
SMA40周年 ロゴ (okmusic UP\'s)

株式会社ソニー・ミュージックアーティスツの設立40周年を記念して4月19日(土)に日本武道館で行なわれる、氣志團・綾小路翔プロデュース企画の『SMA AWARDS 2014〜輝く!日本エスエムエー大賞〜』。その“特命係長”に就任した綾小路から、イベント開催に向けてのコメント映像が到着した。

【その他の画像】氣志團

また、綾小路が思いつきで付けたスペシャルアクトのバンド名“桜井秀俊とザ・キラーストリート・スライダース(仮)”が、現在バンド名を募集している。もっといい名前があるという方はコメント映像を見た上で、Twitterでハッシュタグ“#SMA40th”を付けて、バンド名をつぶやく形で投稿してみよう。募集締め切りは3月7日(金)23:59まで。採用された方にはSMAからスペシャルなプレゼントがあるそうで、あまり面白いのがなかったらこのままいく可能性もあるとのこと。

なお、イベントのチケットは3月1日(土)昼12:00より一般発売開始となる。

■SMA「特命係長」氣志團・綾小路 翔のコメント映像
http://youtu.be/pFn2pwCPew4

■「SMA AWARDS 2014〜輝く!日本エスエムエー大賞〜」

4月19日(土) 日本武道館
開場:16時 開演:17時
メインアクト:
ユニコーン、東京スカパラダイスオーケストラ、氣志團、フジファブリック
スペシャルアクト:
桜井秀俊とザ・キラーストリート・スライダーズ(仮)
GUITAR/BAND MASTER:桜井秀俊(真心ブラザーズ)
GUITAR:ROLLY
BASS:ハマ・オカモト(OKAMOTO\'S)
KEYBOARD:渡辺シュンスケ
PERCUSSION:ASA-CHANG
DRUMS:たちばな哲也(SPARKS GO GO)
CHORUS:土岐麻子
ほか、受賞者多数出演!!
料金:7,777円(税込)※年齢制限:3歳以上チケット必要、3歳未満入場不可
チケット一般発売:3月1日(土)12:00〜
問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION

【関連リンク】
SMA40周年特設サイト
ソニー・ミュージックアーティスツの設立40周年記念イベント第1弾は氣志團・綾小路翔プロデュース!
SMA 設立40周年記念イベント第一弾は氣志團・綾小路 翔 プロデュースによる「SMA AWARDS」!
hideトリビュートシリーズ完結編の音源解禁&ニコ生特番の放送決定

【関連アーティスト】
氣志團, 綾小路翔
【ジャンル】
イベント, ジャパニーズロック

SCANDALの新曲「Rainy」が映画『シャドウハンター』の日本版イメージソングに決定
Fri, 28 Feb 2014 11:00:00 +0900
SCANDAL (okmusic UP\'s)

SCANDALの新曲「Rainy」(発売未定)が4月19日(土)より、新宿ピカデリーほか全国で公開の映画『シャドウハンター』の日本版イメージソングに決定。SCANDALが洋画に楽曲提供するのは、これが初になる。

【その他の画像】SCANDAL

『シャドウハンター』は全世界で2200万部を突破したベストセラー小説の映画化で、ファッショニスタとしても注目を集めるリリー・コリンズが主演し話題となっている。

今回の書き下ろし楽曲「Rainy」の作詞を担当したRINA(Dr&Vo)は「自分も知らなかった自分のパワー。何かのきっかけで思いもよらない力が発揮できる時ってあると思います。映画のストーリーにインスピレーションを受けながら、葛藤を繰り返して、次のステージに進もうとする人の背中を押せるイメージで書いていきました。サビはバンドらしい掛け合いの部分を作りたくて、スタジオでメンバーとセッションしながら作りました。ライブではお客さんと一緒に叫ぶのが楽しみです!とてもパワフルな曲に仕上がりました!」 とコメントをよせている。

聴けば元気になれること間違いなしのアップテンポの新曲「Rainy」は、映画『シャドウハンター』と共に、2014年注目作になることは間違いない。

そんな新曲「Rainy」が使用されている予告編も『シャドウハンター』オフィシャルHPから見ることができるので、映画の詳細も含め『シャドウハンター』公式HPをチェックしよう。

【関連リンク】
『シャドウハンター』公式HP
SCANDALオフィシャルHP
FenderよりSCANDALのシグネイチャー・モデルギター&ベースが発売決定!
T.M.Revolution | SCANDALのガチンコトークバトルを期間限定公開

【関連アーティスト】
SCANDAL
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

coldrain、ヨーロッパ最大級のフェス「Rock am Ring」「Rock im Park」に出演決定!
Fri, 28 Feb 2014 10:00:00 +0900
現在、初のEUツアー中のcoldrain (okmusic UP\'s)

現在、Bullet For My Valentineと初のEUツアーを敢行中のcoldrain。そんな彼らがイギリスの「ダウンロードフェス」出演決定に続き、ドイツで開催されるヨーロッパ最大級のフェス「Rock am Ring」と「Rock im Park」に出演することがわかった。

【その他の画像】coldrain

coldrainの出演日は未定とのことだが、すでにMETALLICA、IRON MAIDEN、LINKIN PARK、SLAYERらの出演が発表されている。果たして彼らがどんなステージを繰り広げてくれるのか。出演の詳細とともに、楽しみに待つとしよう。

【関連リンク】
「Rock am Ring」公式HP
「Rock im Park」公式HP
coldrain 公式HP
ヘヴィ・メタル・シーンのゴッドファーザー、ロニー・ジェイムズ・ディオのトリビュート・アルバム完成

【関連アーティスト】
coldrain, Bullet For My Valentine, Metallica, Iron Maiden, Linkin Park, Slayer
【ジャンル】
ジャパニーズロック

アンジェラ・アキがメガネを取った!
Fri, 28 Feb 2014 00:00:00 +0900
アンジェラ・アキ、ついにメガネを外す! (okmusic UP\'s)

8月4日に行なわれる日本武道館公演を最後に、日本での音楽活動を無期限停止するアンジェラ・アキ。そんな彼女が3月5日発売の初のベスト盤『TAPESTRY OF SONGS−THE BEST OF ANGELA AKI』の初回限生産定盤のジャケットで、トレードマークのメガネを外していることがわかった。

【その他の画像】アンジェラ・アキ

初回生産限定盤のジャケットは透明スリーブ仕様になっており、メガネのみがイラストで描かれている。その透明スリーブを外すと、メガネを外した素顔のアンジェラが現れるという仕組みだ。また、初回生産限定盤ではジャケット以外でも、パッケージの中でほかに2点のメガネを外した写真を使用。通常盤でもブックレット内でメガネを外した写真を1点使用した。今回、活動10周年で初となるベストアルバムでメガネを外すことに関して、アンジェラは下記のようにコメントしている。

また、ベストアルバムのSPOT映像や「アンジェラ・アキのMCが面白すぎる件 Part1」など注目の動画も公開! 3月4日(火)には「Part2」、3月11日(火)には「Part3」が公開予定のこのシリーズでは、アンジェラのライヴ史上、面白すぎると話題を呼んだ秘蔵MC映像を初公開していく予定となっている。

なお、アルバム特設サイトでもメガネを外したアンジェラの素顔が見られるので要チェック! デビューから10年間、神秘のヴェールに隠されてきたアンジェラ・アキのさまざまな素顔が続々と明らかになっていくことになりそうだ。

■『TAPESTRY OF SONGS−THE BEST OF ANGELA AKI』特設サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/AngelaAki/best/special/

■【アンジェラ・アキ コメント】

身を削って曲を作るシンガーソングライターは、時に赤裸々で無防備な状態の自分をさらけ出す事があります。

そんな私にとってメガネはオンとオフを分けてくれ、自分を守ってくれる盾みたいなものでした。

この秋、日本での活動を無期限に停止するにあたって、盾になってくれたメガネを外すのは象徴的な事です。

今までの集大成であり、新たな夢への出発地点でもあるベストアルバム。

初心に返りリセットの意味も込めてメガネを外す決心をしました。

■『TAPESTRY OF SONGS−THE BEST OF ANGELA AKI』SPOT映像
http://youtu.be/bOYX7IPE8ZE

■「アンジェラ・アキのMCが面白すぎる件 Part1」
http://youtu.be/45r4zVhqeuk

■アルバム『TAPESTRY OF SONGS−THE BEST OF ANGELA AKI』

2014年3月5日発売
【初回生産限定盤】(2CD+DVD)
ESCL-30010/¥3,990(税込)
【通常盤】(CD)
ESCL-4170/¥3,059(税込)
<DISC 1 収録曲>
01.HOME
02.心の戦士
03.Kiss Me Good-Bye
04.This Love
05.サクラ色
06.孤独のカケラ
07.たしかに
08.Again
09.手紙〜拝啓 十五の君へ〜
10.愛の季節
11.輝く人
12.始まりのバラード
13.I Have a Dream
14.告白
15.夢の終わり 愛の始まり
<DISC 2 収録曲>※初回生産限定盤のみ
01.Rain
02.宇宙
03.MUSIC
04.TODAY
05.モラルの葬式
06.One Melody
07.愛のうた
08.ANSWER
09.ダリア
10.Final Destination
11.LIFE
12.Every Woman\'s Song
13.愛と絆創膏
14.Cry
15.One Family
※初回生産限定盤5大特典
●メガネが外れる!スペシャルクリアケース仕様
●アンジェラ本人によるベストセレクションCD(15曲入り)
●150分にも及ぶ特典DVD(すべてのMV+「手紙」の新MV、未発表の秘蔵ライヴ映像を収録)
●アンジェラ本人による全収録曲解説・活動年表付き
●全曲リマスタリング、高品質のBlu-spec2仕様

【関連リンク】
アンジェラ・アキ 公式HP
アンジェラ・アキ、初のベストアルバム発売と全国ツアーをもって日本での音楽活動の無期限停止
日本最大級の野外フリーコンサート「FM802 MEET THE WORLD BEAT 2013」開催
アンジェラ・アキ、ゲストにかおる姫を招いたニューシングルリリース記念イベントが大成功!

【関連アーティスト】
アンジェラ・アキ
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1