歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2014年02月04日)
バックナンバー
最新ニュース
2014/02/13
2014/02/12
2014/02/11
2014/02/10
2014/02/09
2014/02/08
2014/02/07
2014/02/06
2014/02/05
2014/02/04
2014/02/03
2014/02/02
2014/02/01
2014/01/31
2014/01/30
2014/01/29
2014/01/28
2014/01/27
2014/01/26
2014/01/25
2014/01/24
2014/01/23
2014/01/22
2014/01/21
2014/01/20
2014/01/19
2014/01/18
2014/01/17
2014/01/16
2014/01/15
2014/01/14
2014/01/13
2014/01/12
2014/01/11
2014/01/10
2014/01/09
2014/01/08
2014/01/07
2014/01/06
2014/01/05
2014/01/04
2014/01/03
2014/01/02
2014/01/01
2013/12/31
2013/12/30
2013/12/29
2013/12/28
2013/12/27
2013/12/26
2013/12/25
2013/12/24
2013/12/23
2013/12/22
2013/12/21
2013/12/20
2013/12/19
2013/12/18
2013/12/17
2013/12/16
2013/12/15
2013/12/14
2013/12/13
2013/12/12
2013/12/11
2013/12/10
2013/12/09
2013/12/08
2013/12/07
2013/12/06
2013/12/05
2013/12/04
2013/12/03
2013/12/02
2013/12/01
2013/11/30
2013/11/29
2013/11/28
2013/11/27
2013/11/26
2013/11/25
2013/11/24
2013/11/23
2013/11/22
2013/11/21
2013/11/20
2013/11/19
2013/11/18
2013/11/17
2013/11/16
2013/11/15
2013/11/14
2013/11/13
2013/11/12
2013/11/11
2013/11/10
2013/11/09
2013/11/08
2013/11/07
2013/11/06
2013/11/05
2013/11/04
2013/11/03
2013/11/02
2013/11/01
2013/10/31
2013/10/30
2013/10/29
2013/10/28
2013/10/27
2013/10/26
2013/10/25
2013/10/24
2013/10/23
2013/10/22
2013/10/21
2013/10/20
2013/10/19
2013/10/18
2013/10/17
2013/10/16
2013/10/15
2013/10/14
2013/10/13
2013/10/12
2013/10/11
2013/10/10
2013/10/09
2013/10/08
2013/10/07
2013/10/06
2013/10/05
2013/10/04
2013/10/03
2013/10/02
2013/10/01
2013/09/30
2013/09/29
2013/09/28
2013/09/27
2013/09/26
2013/09/25
2013/09/24
2013/09/23
2013/09/22
2013/09/21
2013/09/20
2013/09/19
2013/09/18
2013/09/17
2013/09/16
2013/09/15
2013/09/14
2013/09/13
2013/09/12
2013/09/11
2013/09/10
2013/09/09
2013/09/08
2013/09/07
2013/09/06
2013/09/05
2013/09/04
2013/09/03
2013/09/02
2013/09/01
2013/08/31
2013/08/30
2013/08/29
2013/08/28
2013/08/27
2013/08/26
2013/08/25
2013/08/24
2013/08/23
2013/08/22
2013/08/21
2013/08/20
2013/08/19
2013/08/18
2013/08/17
2013/08/16
2013/08/15
2013/08/14
2013/08/13
2013/08/12
2013/08/11
2013/08/10
2013/08/09
2013/08/08
2013/08/07
2013/08/06
2013/08/05
2013/08/04
2013/08/03
2013/08/02
2013/08/01
2013/07/31
2013/07/30
2013/07/29
2013/07/28
2013/07/27
2013/07/26
2013/07/25
2013/07/24
2013/07/23
2013/07/22
2013/07/21
2013/07/20
2013/07/19
2013/07/18
The fin.が話題の自主制作盤EPを全国リリース!
Tue, 04 Feb 2014 19:00:00 +0900
EP 『Glowing Red On The Shore EP』 (okmusic UP\'s)

神戸在住の4人組インディーロック・バンドThe fin.が、EP『Glowing Red On The Shore EP』を全国流通盤にてリリースする。

【その他の画像】The fin.

同作は昨年12月に自主制作盤としてリリース。ライブ会場と一部店舗でのみ販売していたが、プレス分の2000枚が出荷終了したため、新たにEP収録曲6曲に未発表2曲を加えた全国流通盤として再プレスされることになった。

若干22歳とは思えぬ80〜90年代のシンセポップ、シューゲイザーサウンドから、リアルタイムのUSインディーポップ、チルウェーヴなどを経由したサウンドスケープは、SoundCloudやYouTubeで話題を呼び、日本のみならず海外からも問い合わせが殺到している。

現在、同EPに収録されている3曲のMVがYouTube上にて公開中なので、気になる方は是非ともチェックしてほしい。

■「Faded Light」MV
http://www.youtube.com/watch?v=1N5chAs2vzw

■「Circle On The Snows」MV
http://www.youtube.com/watch?v=bjSrmCQSDHs

■「Glowing Red On The Shore」MV
http://www.youtube.com/watch?v=7DuXzlEz6QM

■EP 『Glowing Red On The Shore EP』

2014年3月19日発売
RDCA-1033/¥1,500(税抜)
<収録曲>
1.Across The North Pole
2.Circle On The Snows
3.Misty Forest
4.Floating In The Air
5.Faded Light
6.Glowing Red On The Shore
7.You Can See It In The Blue ※ボーナストラック
8.Faded Light(Acoustic Version) ※ボーナストラック

【関連リンク】
The fin. オフィシャルサイト
The Flickers自主企画にチェコ、The fin.、DJ神啓文ら出演
「HighApps SPECIAL!!」にZAZEN BOYS、The fin.、DJ FREE THROWらの追加出演が決定!
A.F.R.Oが日ハム陽選手オリジナル登場曲の歌詞を募集

【関連アーティスト】
The fin.
【ジャンル】
ジャパニーズロック

「情熱大陸フェス」、2014年も全国3会場で開催決定
Tue, 04 Feb 2014 18:14:59 +0900
「情熱大陸フェス」ロゴ (okmusic UP\'s)

葉加瀬太郎がイベント・アドバイザーを努める夏の野外フェスティバル『情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA』が2014年も大阪・東京・北海道の3会場で開催されることが決定した。


【その他の画像】

2002年に大阪城野外音楽堂/東京・よみうりランドEASTでスタートし、回を重ねる毎に規模や出演アーティストを拡大させ今年で13回目を迎える「情熱大陸フェス」。

毎回様々なアーティストの参加や豪華なコラボレーションで知られる同フェスだが、昨年は憂歌団の14年振り復活、角松敏生の夏フェス初参加やF-BLOODの5年ぶりの活動再開等の話題を提供し、3会場でのべ16組のアーティストが参加。今年も葉加瀬太郎がどんなサプライズを仕掛けてくるのか注目が集まるところだ。

情熱大陸フェス各会場のチケットは5月24日より一般発売がスタート。尚、公式サイトでは5月23日(金)まで先行抽選も受付中。

■<情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA\'14公演概要>

※大阪公演
日時:2014年8月2日(土) 開場11:00/開演 12:30 (終演予定19:00)
会場:万博記念公園もみじ川芝生広場
チケット料金(税込/レジャーシート付き/未就学児入場無料):ブロック指定 \8,800 /小学生¥1,200
※東京公演
日時:2014年8月9日(土) 開場11:00/開演 12:30 (終演予定19:30)
会場:夢の島公園陸上競技場
チケット料金(税込/レジャーシート付き/未就学児入場無料):ブロック指定 \8,800 /小学生¥1,200
※北海道公演
日時:2014年8月23日(土) 開場11:30/開演 13:00 (終演予定18:00)
会場:いわみざわ公園野外音楽堂キタオン
チケット料金(税込/レジャーシート付き/未就学児入場無料):情熱シート(指定席) \8,300/グリーンエリア(ブロック指定)\7,800/グリーンエリア・小学生 ¥1,200
大阪・東京・北海道公演チケット一般発売日:2014年5月24日(土)/公式サイトにて2月4日(火)12:00〜5月23日(金)23:59先行受付(抽選)

<情熱大陸フェス公式サイト>
(www.mbs.jp/jounetsu/live/2014)

【関連アーティスト】

【ジャンル】
フェス

SEBASTIAN X主催野外イベントにB-DASH、大森靖子ら参戦
Tue, 04 Feb 2014 18:00:00 +0900
「TOKYO春告ジャンボリー」 (okmusic UP\'s)

SEBASTIAN Xが主催する野外イベント「TOKYO春告ジャンボリー」の出演者第1弾が発表された。

【その他の画像】SEBASTIAN X

2012年より2年連続で上野水上野外音楽堂で行われている同イベントだが、3年目にしてさらに規模を拡大。2倍以上のキャパシティとなる日比谷野外大音楽堂に場所を移しての開催となる。

今回アナウンスされたのは、SEBASTIAN X、B-DASH、大森靖子という個性派3組。メンバー全員が学生時代によく聴いていたというB-DASH、そして以前より深い交流がある大森靖子。いずれも初登場となる2組だが、どのようなパフォーマンスを見せてくれるかも期待だ。

今回の発表に合わせ、永原真夏(Vo.)が手掛けた春の到来が待ち遠しい色鮮やかなデザインの宣伝用アートワークも公開。また、オフィシャルサイトでは9日まで期間限定でチケットの先行予約を受け付けている。

今後も新たな出演者が発表される予定とのことなので、続報を楽しみに待とう。

【オフィシャルサイト】
SEBASTIAN X http://sebastianx.info/
B-DASH http://www.b-dash.com/
大森靖子 http://oomoriseiko.info/

■SEBASTIAN X presents "TOKYO春告ジャンボリー2014"

4月19日(土) 日比谷野外大音楽堂
出演:SEBASTIAN X/B-DASH/大森靖子/and more
(バンドステージ/アコースティックステージの2ステージ制)
チケット:予約¥3,900 /当日¥4,400
※全席自由
※当日はチケット番号順の入場ご案内とさせて頂きます
※6歳以上チケットが必要 未就学児童は大人1人につき1名入場可能。ただし膝上
での鑑賞となります。

■チケット先行発売情報
オフィシャルHP一次先行予約 詳細
■抽選エントリー期間
2月4日(火) 17:00 〜2月9日(日)23:59

【関連リンク】
SEBASTIAN XのVoとKeyによるユニット・音沙汰、初のCDリリース&ツアー決定!
“ファッションと音楽の融合”をテーマとした南波志帆の2マンイベントが3ヵ月連続開催!
SEBASTIAN X、日比谷野音で自主野外イベント開催決定
年末の年越しフェス『COUNTDOWN JAPAN 13/14』第4弾でOKAMOTO\'S、SEBASTIAN X、アルカラら計39組

【関連アーティスト】
SEBASTIAN X, B-DASH, 大森靖子
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BABYMETAL、TAKESHI UEDA(AA=)提供曲「ギミチョコ!!」MV公開
Tue, 04 Feb 2014 17:00:00 +0900
BABYMETAL (okmusic UP\'s)

BABYMETALの1stアルバム『BABYMETAL』から新曲「ギミチョコ!!」のMVが公開された。

【その他の画像】BABYMETAL

映像は昨年12月21日に幕張メッセイベントホールで行われた「LEGEND "1997" SU-METAL聖誕祭」で初披露された時のもので、当日の盛り上がりと熱狂が蘇るような映像になっている。

「ギミチョコ!!」はTAKESHI UEDA (AA=)が楽曲提供とサウンドアレンジを担当しており、幕張メッセで披露された後もファンの間で話題騒然。昨夜ニッポン放送「ゴールデンボンバー鬼龍院翔のオールナイトニッポン」で初オンエアーされた後もネット上ではかっこいい!!と盛り上がりの声が上がった。なお、このMVフルバージョンは1stアルバムの初回生産限定盤の特典DVDに収録される。

BABYMETALは今週7日放送分のテレビ朝日「ミュージックステーション」に出演。メジャーデビューシングル「イジメ、ダメ、ゼッタイ」を披露することが決定している。

■「ギミチョコ!!」MV
http://www.youtube.com/watch?v=A3DytF5CqQI

■1stアルバム『BABYMETAL』スポット映像
http://www.youtube.com/watch?v=U9oRytBGwYM

■アルバム『BABYMETAL』

2014年2月26日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TFCC-86460/¥3,800(税抜)
【通常盤】(CD)
TFCC-86461/¥2,000(税抜)
<CD収録曲>
01.BABYMETAL DEATH
02.メギツネ
03.ギミチョコ!!
04.いいね!
05.紅月-アカツキ-
06.ド・キ・ド・キ☆モーニング
07.おねだり大作戦
08.4の歌
09.ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
10.Catch me if you can
11.悪夢の輪舞曲
12.ヘドバンギャー!!
13.イジメ、ダメ、ゼッタイ
<初回限定盤特典DVD>
■MV
01.ド・キ・ド・キ☆モーニング
02.いいね!
03.ヘドバンギャー!!
04.イジメ、ダメ、ゼッタイ
05.メギツネ
(オーディオコメンタリートラック収録)
■LIVE MV
01.ギミチョコ!!
from LEGEND “1997" SU-METAL聖誕祭 at 幕張メッセイベントホール 12/21/2013
■LIVE FROM “SUMMER SONIC 2013"
01.BABYMETAL DEATH
02.メギツネ
03.Catch me if you can
04.ヘドバンギャー!!
05.イジメ、ダメ、ゼッタイ

■ライブ情報

「赤い夜 LEGEND“巨大コルセット祭り"〜天下一メタル武道会ファイナル〜」
3月01日(土) 日本武道館
「黒い夜 LEGEND“DOOMSDAY"〜召喚の儀〜」
3月02日(日) 日本武道館

【関連リンク】
BABYMETAL オフィシャルサイト
BABYMETAL、1st アルバムの詳細発表!
BABYMETAL、真紅の棺が立ち並ぶ衝撃のキービジュアル公開
BABYMETAL、熱狂する8000人を前に武道館公演2DAYS&1stアルバム発売を発表!

【関連アーティスト】
BABYMETAL, TAKESHI UEDA(AA=)
【ジャンル】
女性アイドル, メタル

後藤まりこ、轟音の聖地で人気急上昇アイドルと激突
Tue, 04 Feb 2014 17:00:00 +0900
後藤まりこ  (okmusic UP\'s)

後藤まりこが東高円寺二万電圧にてアイドルとの対バンシリーズ企画「東高円寺 サーチ&デストロイ」を実施する。

【その他の画像】後藤まりこ

後藤にとっては、昨年7月に急きょ参戦したアイドルフェスティバル「TOKYO IDOL FESTIVAL 2013」以来のガチンコアイドル企画となるこのイベント。出演者は、ラストオリジナルアルバム『WHO KiLLED IDOL?』のリリースを控えるBiS、2月19日にアルバムリリースと初の全国ツアーを予定しているアップアップガールズ(仮)、サイケデリックからブチ上げロックまで、変幻自在アイドルユニットとして人気急上昇中のBELLRING少女ハート、そして新潟発J-POPアイドルユニットとして根強い人気を誇り、遂に活動11年目に突入したNegiccoと、多彩な顔ぶれが名を連ねる。後藤はバックメンバーを一切つけず、「後藤まりこ(ストロングスタイル)」というスタイルで迎え撃つ。

当日会場では、出演者の名前や日付の入ったイベント・オリジナルT-shirts付きの「4日間通し券」を発売。東高円寺二万電圧はキャパシティーがわずか130人前後のライブハウス。プラチナチケット確定の争奪戦を覚悟しよう。

【オフィシャルサイト】
後藤まりこ http://www.gotomariko.com/
BiS http://www.brandnewidolsociety.org/
アップアップガールズ(仮) http://www.upupgirlskakkokari.com/
BELLRING少女ハート http://crimpri.com/brsh/
Negicco http://negicco.net/

■「東高円寺サーチ&デストロイ」

3月31日〜4月4日(金) 東高円寺二万電圧
■出演者
3月31日(月) 後藤まりこ(ストロングスタイル )vsBiS
4月01日(火) 後藤まりこ(ストロングスタイル) vsアップアップガールズ(仮)
4月03日(木) 後藤まりこ(ストロングスタイル) vsBELLRING少女ハート
4月04日(金) 後藤まりこ(ストロングスタイル) vsNegicco
※後藤まりこはバンドセットでの出演ではございません。
■チケット
前売り通し券:¥15,000(特典付/ドリンク代別) ※T-shirts(フリーサイズ)付
前売り1日券:¥3,500(税込・ドリンク代別)
オフィシャルHP先行(通し券のみ):2月4日(火)〜2月9日(日)
PG一般先行:2月10日(月)〜2月26日(水)
一般発売日:3月1日(土)

【関連リンク】
BiS、HISASHI(GLAY)参加曲MVを大公開
「セーラームーン」トリビュートAL特設サイトに三石琴乃やアレンジャーのコメント、小坂明子インタビューが掲載
BiS、ラストオリジナルアルバム発売決定!
BiS、新曲MVで過酷なツアーの舞台裏を公開

【関連アーティスト】
後藤まりこ, BiS, アップアップガールズ(仮), BELLRING少女ハート, Negicco
【ジャンル】
女性アイドル, ジャパニーズロック

URATA NAOYA(AAA)、ソロライブで世代を超えたコラボ実現
Tue, 04 Feb 2014 16:30:00 +0900
2月1日@代官山UNIT (okmusic UP\'s)

2月1日、代官山UNITでAAAのリーダーであるURATA NAOYAのソロライブ「UNCHANGED」が開催された。

【その他の画像】URATA NAOYA

当日は昨年12月にリリースしたのカバーアルバム『UNCHANGED』の収録曲を中心に全14曲を披露。アンコールではスペシャルゲストとしてURATA本人がリスペクトするISSAが登場し、DA PUMP「All My Love To You」を熱演。世代を越えたコラボレーションが実現し、会場を大きくを沸かせた。

共演後、URATAは「歌っていて泣きそうになった」「僕自身も、(ISSAさんみたいに)『一緒に歌ってほしい』と言って頂けるアーティストになれるよう頑張ります!」と今後の意気込みを語った。

URATAは今夏7月より、キャリア初となるソロライブツアー「URATA NAOYA LIVE TOUR 2014 -UNCHANGED-」を開催。今後の活動に目が離せない。

■【セットリスト】

01.voice of mind
02.anything about sex
03.LOVE SONG
MC
04.君がいるだけで
05.I WANT IT THAT WAY
06.It\'s just love
07.瞳をとじて
MC
08.Time goes by
09.やさしいキスをして
10.あなたのキスを数えましょう 〜You were mine〜
MC(今年の全国ツアー発表)
11.All My Love To You
12.君に逢えないから
〜アンコール〜
01.世界でいちばん熱い夏
MC ※ニコ生中継終了
02.All My Love To You
MC
03.僕が一番欲しかったもの

■「URATA NAOYA LIVE TOUR 2014 -UNCHANGED-」

7月25日(金) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
7月29日(火) 高崎club FLEEZ
7月31日(木) 神戸VARIT
08月09日(土) 広島ナミキジャンクション
11月10日(月) 仙台Rensa
11月15日(土) 福岡DRUM LOGOS
11月26日(水) 名古屋クラブクアトロ
11月27日(木) 大阪BIGCAT
12月04日(木) 赤坂BLITZ

【関連リンク】
URATA NAOYA オフィシャルサイト
Vimclipの1stアルバムにMay J.が参加
Vimclipの1stアルバムにAAA浦田直也参加
Nissy、新曲「ワガママ」から生まれた“ワガママ”なプレゼント発表!?

【関連アーティスト】
URATA NAOYA, AAA, ISSA, DA PUMP
【ジャンル】
J-POP, ライブ

「アンビリバボー」にてROGUE・奥野敦士の再現ドキュメンタリーをオンエア
Tue, 04 Feb 2014 16:00:00 +0900
「G-Beat Gig Box 2013」 (okmusic UP\'s)

2月6日放送分「ビートたけしPresents奇跡体験!アンビリバボー」にて、ROGUEの奥野敦士の再現ドキュメンタリーが放送される。

【その他の画像】ROGUE

Mr.Childrenが愛してやまない「終わりのない歌」。この曲を作った奥野敦士は、1985年ロックバンド“ROGUE"の名でデビューしたミュージシャン。バンド解散後も音楽家として活躍していたが、2008年に解体業の仕事で作業中に高さ7メートルの屋根から落下。頸髄を損傷し、現在重度の障害者として暮らしている。正常に動くのは胸から上の部分だけ。そんな彼の夢はもう一度バンドで歌うことだった。

奥野が昨年の10月ROGUEと共に奇跡の復活を果たしたイベント「G-Beat Gig Box 2013」には元BOOWYの高橋マコト、松井常松、山下久美子、元バービーボーイズの杏子、いまみちともたか、小沼俊明、真心ブラザーズ、FLYING KIDSなど奥野ゆかりのミュージシャンが多数参加。2回目となる「G-Beat Gig Box 2014」は、7月に前橋グリーンドームで開催される。
「ビートたけしPresents奇跡体験!アンビリバボー」 オフィシャルサイト

■アルバム『LIVE The Ultimate Collection』

発売中
RUNNERS-004〜5/¥3,150(税込)

【関連リンク】
嵐・大野智、タイムマシンがあったら未来の自分を確認したい
嵐・相葉雅紀、優しい人柄はドッキリ向き?
LITTLE、キラーチューン満載ニューアルバムの全貌が明らかに

【関連アーティスト】
ROGUE, 奥野敦士
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

A.F.R.Oが日ハム陽選手オリジナル登場曲の歌詞を募集
Tue, 04 Feb 2014 15:00:00 +0900
A.F.R.O×陽岱鋼選手 (okmusic UP\'s)

札幌在住7人組バンド・A.F.R.O(アフロ)が、北海道日本ハムファイターズの陽岱鋼選手のオリジナル登場曲を書き下ろすことが決定した。

【その他の画像】A.F.R.O

楽曲は2曲書き下ろされることが決まっており、1曲目は塁を駆け抜ける陽選手をイメージしたスピーディーなテンポの「Fighter」、そしてもう1曲は陽選手とメンバーのアイデアで"北海道"をテーマに歌詞の元になる言葉をファンから募集して制作されることが発表された。

メンバーと陽選手は話し合いを重ねて曲の制作を進めており、共に「北海道を野球や音楽で盛り上げたい!」という想いから北海道をテーマに楽曲を制作することになったという。北海道に住む人やそれぞれのファン、そして北海道が大好きだ!という人から、「あなたが好きな北海道とは?」をテーマに言葉を募集。応募方法などはA.F.R.Oと陽岱鋼選手のfacebookなどに詳細が出ているのでチェックしてみよう。

■募集要項

■募集テーマ
「あなたが好きな北海道とは?」
どんな言葉でも構いません。北海道の素晴らしさを語って頂いても構いませんし、単語でも構いません。
■募集期間
2014年2月4日(火)10:00 〜2月11日(水)23:59
■応募方法
下記、3つの方法のいずれでもご参加いただけます。
1.メールで応募
afro_info@toysfactory.co.jpまで、言葉とお名前(ペンネームでも構いません)をお送りください。
2.Twitterで応募
ハッシュタグ #AFROwithYOH 付けて言葉をツイートしてください。
3.陽岱鋼選手のオフィシャルfacebookに投稿
■備考
・ご応募戴きましたものは、楽曲の歌詞として使用させていただきますが、一部変更などを加えさせていただき使用させていただく場合もございます。予めご了承ください。
・ご応募戴いた際のお名前ですが、楽曲の発表に際しご紹介させていただく可能性もございますので、掲載等させていただいて差し支えないものでご応募いただけますようお願い致します。
陽岱鋼選手 オフィシャルフェイスブック

■ライブ情報

「♂!!♀!!FES!! 8都市の中心でアーイ!!を叫ぶツアー2014」
5月10日(土) 旭川CASINO DRIVE
5月17日(土) 福岡BEAT STATION
5月18日(日) 熊本Django
5月24日(土) 名古屋ell.FITS ALL
5月25日(日) 梅田Shangri-La
5月30日(金) 渋谷CLUB QUATTRO
5月31日(土) 仙台MA.CA.NA
6月07日(土) 札幌PENNY LANE24

「♂!!♀!!FES!! 8都市の中心でアーイ!!を叫ぶツアー2014 〜次なんてないんだってばぁ〜」
6月08日(日) 札幌PENNY LANE24

【関連リンク】
A.F.R.O オフィシャルサイト
嵐・大野智、タイムマシンがあったら未来の自分を確認したい
嵐・相葉雅紀、優しい人柄はドッキリ向き?

【関連アーティスト】
A.F.R.O
【ジャンル】
ジャパニーズロック

夏フェス「ワールドハピネス2014」開催決定 最速早割りチケットも発売
Tue, 04 Feb 2014 15:51:28 +0900
7年目を迎える夏フェス「ワールドハピネス2014」開催決定 (okmusic UP\'s)

今年7年目を迎える音楽フェス『WORLD HAPPINESS 2014』の開催が決定した。

【その他の画像】坂本龍一

今年も例年通りの東京・夢の島公園陸上競技場で8月10日(日)に開催される「ワールドハピネス」。今回、出演アーティストは明らかにされていないが、3月上旬頃から順次参加アーティストを発表する予定となっている。

昨年2013年のイベントでは、過去最大規模のアーティスト18組が参加。「The おそ松くんズ」ではスネークマンショーの咲坂守(小林克也)と畠山桃内(伊武雅刀)のトークに小山田圭吾、小原礼、Dr.kyOn、佐橋佳幸、高橋幸宏、ゴンドウトモヒコに鈴木茂、矢野顕子、奥田民生、大貫妙子、鈴木慶一、坂本龍一、細野晴臣という超豪華メンバーによるサプライズ出演&共演を演出し、大きな話題を呼んだ。

なお今回の開催発表を受けて公式サイトでは先行チケット(早割スペシャル・プライス)の販売をスタート。本日、2月4日から2月28日(金)の期間の間、受付中となっているのでこの機会をお見逃しなく。

■<WORLD HAPPINESS 2014 公演概要>

日時:2014年8月10日(日)開場11:00/開演12:30(終演予定20:00)
会場:東京・夢の島公園陸上競技場
チケット料金(税込/レジャーシート付/*未就学児無料):
ブロック指定 ¥8,800/小学生¥1,200/ 親子チケット ¥9,500(大人1名・子供1名)
公式サイト先行(Aブロック・抽選):早割チケット ¥7,560  (2/4(火)12:00〜2/28(金)18:00まで受付)

【関連リンク】
高田漣、ワンマンライヴのスペシャル・ゲストに鈴木茂、細野晴臣、ムッシュ決定!
大貫妙子トリビュートアルバム収録楽曲発表&40周年記念ライヴ開催決定!
木村カエラ、1,000枚超の作画から生まれたアニメーションMIX MV完成!
木村カエラ、豪華アーティストを迎えた初コラボカヴァーアルバムの全貌解禁!

【関連アーティスト】
坂本龍一, 細野晴臣, 高橋幸宏
【ジャンル】
J-POP, フェス

日本のロックシーンに新たな礎を築いた「MONSTER BOX Vol.00」
Tue, 04 Feb 2014 12:00:00 +0900
2月2日@新木場STUDIO COAST photo by 洲脇 理恵(MAXPHOTO)、maru (okmusic UP\'s)

2月2日、新木場STUDIO COASTにて「STUDIO COAST presents MONSTER BOX Vol.00」が開催された。

【その他の画像】ELLE DJ NIGHT

ラウドロックシーンに“NWOJHM(ニュー・ウエーブ・オブ・ジャパニーズ・へヴィ・ミュージック)"という新カテゴライズを形成、世間に啓蒙すべく立ち上げられた新イベント「MONSTER BOX」。「様々な音楽の壁を乗り越えられないバンドは死んだ。新たな時代の幕開けの狼煙を上げるべく立ち上がる新世代のAttitudeを叩きつけろ!」──そんな主催者の主旨に賛同した8バンド、6DJが集結。ラウドロック、ヴィジュアル系、そして海外バンドの参戦という異例のブッキングで話題となったこのイベントには、多くのオーディエンスが会場に詰めかけ、約7時間に及ぶ轟音の宴に熱狂した。

14時開場。フロアへ向けて、DJブースから爆音が鳴り響き始める。まずは、岩瀬ガッツ&DJネモト&DJツチオ(METALTIGER)の3人が、各ジャンルを横断していく選曲でプレイ。途中でDJブース前のステージに出てきて、オーディエンスを準備体操と銘打って盛り上げる。そのバトンを受けとったちばっち(ELLE DJ NIGHT)は、TOTAL FAT、SiMといったラウドミュージックを連続してスピン。オーディエンスの興奮をグングン煽り続けていく。大盛り上がりのままフロアが暗転し、ライヴアクトがスタートした。

ライヴアクト1組目は、京都初・ヲタイリッシュデスポップバンド、キバオブアキバ。メンバーが続々とステージに現れる中、ボーカルのふとしはお馴染みのマスク姿で登場。それを脱ぎ、「Internet In Da House」でライヴはスタート。超マイナス思考で八つ当たり的なネガティヴリリックを、攻撃的かつテクニカルなラウドサウンドで爆発させ、一気にフロアを席巻する。盛り上がりを見せる中でも「オープニングアクトということで、特典映像みたいな感じで楽しんでいってください」「自分の部屋以外は一緒なので一生懸命頑張ります」と、後ろ向き&引きこもり体質全開なMCで笑いを誘う。そんな発言とは裏腹に「ファイナル☆クエスト」では、フロアにサークルモッシュが発生。暴れ狂うオーディエンス達へ向けて、「全部宇宙が悪い」をドロップ。浅井(Samp&Vo)がオタ芸で、もら(Gt)のギターソロを盛り上げるなど、キレのあるアクションを見せつける。ラストは「君と!君と!君と!アニメが見たーーい!!」の一言から、「Animation With You」。終始超ハイテンションで駆け抜けて行った。

続いてのライヴアクトはMAKE MY DAY。「Once」で幕を開けると、フロアには早くもサークルが出現。スクリームを交えながら、徹底的にオーディエンスをアジテーションするIsam(Vo)と、パワフルにメロディーを歌い上げるJulian(Gt/Vo)の対比が、サウンドの壮絶さに拍車をかけていく。「一緒にやってみて分かったんだけど、ハードコアもヴィジュアル系も関係なく、みんな同じミュージシャンです。言ってみれば、もう僕達は準備できてるんですよ。あとはお客さん達だけなんです。行けるのか新木場!」とJulian。オーディエンスの大歓声が上がる中、「世界に、大人に、ファックユー」とIsamが中指を突き立て、オーディエンスもそれに応えた「What Are You Fighting For」や、ブレイクダウンなどを盛り込んでラウド仕様にビルドアップしたLMFAOの「Party Rock Anthem」のカヴァーで、会場をアゲまくる。「アメリカに行っていろいろ活動したんだけど、ヴィジュアル系だろうとハードコアだろうと、日本人全然負けてねぇよ! そのために俺がまず日本でナンバー1取ってやる。お前ら全員アメリカに連れてってやるから覚悟しとけよ!」。Isamの力強い宣言の後、ラストに「The Ark Sailing Over Truth」をドロップ。凄まじい熱狂に包まれたまま、ステージを締め括った。

「全員丸ごと最後まで楽しんでいこうぜ!」と、ko-hey(Gt.)のハイテンションな第一声で幕を開けたARTEMAは、「REALIVE」からライヴスタート。エレクトリーモサウンドに2ステップで踊り狂うオーディエンス達へ向け、「Divine Judgement」を立て続けにドロップ。「回れ! 暴れろ! ハードコアの時間だ!」と煽り倒し、テコンドーモッシュを誘発。続く「Dancing Field」は、4つ打ちパートではクラップを、キャッチーなメロディーが炸裂するサビではクラウドサーファーを続発させた。MCでは「今後大きくなっていくイベントの第一弾に呼んでいただいて本当にありがとうございます!」と感謝を告げた後、「このクソ熱いのに、なぜウチのボーカルは上着を脱がないのか、その答えはCDにあるので買ってくれ! 今年に入ってから俺のMC絶好調!!」とko-heyがフロアの笑いを誘いつつ、後半戦へ突入。「2ステでもいい! ヘドバンでもいい! 自由に感じたままに身体を揺らしてくれ!」とMEG(Vo.)が煽る中、「LITE SABER」をドロップ。ラストの「Operation Revival」ではラップ、EDMなど様々な音楽性をミックスさせ、アグレッシブに昇華した独自のサウンドを叩き付けた。

メンバー板付き、幕が開いた瞬間にスタートしたのはNoGoDのステージ。「新木場! てめえらのデカい声聞かせてくださいよ!!」と、開始早々ハイテンション、ハイトーンボイスで煽りまくる団長(Vo.)。そこから「神風」「絶望バイバイ。」とメタルチューンを轟かせて行く。ヘッドバンギングだけでなく、彼らのライヴでは普段見かけない、2ステップをしているオーディエンス達の姿もフロアにはあった。「本日最大のヤマ場にしてオチ場、NoGoDでございます!」とオーディエンスの笑いを誘いつつ、「今日はメタル、ラウド、ヴィジュアル系、そんなもん全部ぶち壊しに来ました! オオカミだって、覆面だって許される時代だろ!?お前達だって俺達の音楽受け入れてくれるよな!?」と「パンドラ」をドロップ。「Carnival」ではヘヴィなグルーヴで攻め立てて、コール&レスポンスを巻き起こし、会場の興奮をぐんぐん高めて行く。そして「ここで一番ダセえ奴は音楽を全身で感じられねぇ奴、ここで一番カッコいい奴は音楽を全身で感じられる奴だ!」と盛り上がるフロアの火に油を注ぎ、ラストは「STAND UP!」。クラウドサーファーのみでなく、ヘッドバンギング、サークルモッシュが同時発生する熱狂的なカオスを生み出した。

また、転換中にはDJ陣がブースでプレイ。休みなくフロアを盛り上げ続けた。キバオブアキバの後に「俺もアニメ好きなんで、アニソンぶち込みます!」と始めたのはDJ O-ant。途中で「今日はヴィジュアル系もかけていいってことで、バンギャさんも楽しんでいって!」とR指定やユナイトの曲も流すなど、オーディエンスを喜ばせていた。

「好きな曲かけちゃっていいですか?」と、MUCC、Sadie、LM.Cなどヴィジュアル系をメインに流していたのはDJ狂犬。ステージを終えたライヴアクト一組ごとに声をかけたり、SLAYERやMetallicaといったメタルレジェンドもしっかり入れ込んだ選曲など、イベントの意義を確固たるものにすべく、常に走り回り続けていた彼もまた、この日の功労者とも言えるだろう。

壮大なSEが流れる中に登場してきたライヴアクト5組目は、沖縄出身のROACH。4つ打ちのロックチューン「HIGH FIVE!!」からライヴスタート。taama(Vo.)は、オーディエンスのサポートを受けながら、フロアに身を乗り出し熱唱。いきなりテンションをピークにまで高め、そのまま「LINE」へ突入。また、“大好きなゲストを連れて来たから盛り上がって行ってくれ!"と、ミヤ(MUCC)と左迅(ギルガメッシュ)を呼び込み、「No Reason in the Pit」を披露。Ustream番組『NWOJHMチャンネル「MONSTER BOX Vol.00」直前スペシャル』で急遽決定したこのセッションで、フロアはクラウドサーファーと2ステップで一気にぐしゃぐしゃに。また、乱入したDJ狂犬がtaamaに促されてフロアへダイブするなど大盛り上がりだった。そして、コール&レスポンスが巻き起こった「MAKE HERE HELL」を経て、「明日生きてくために、今日死ぬほど笑って帰ろうな! 俺達の未来は俺達で作って行こうぜ!」と煽り、ラストの「GET MORE!!」でもう一暴れ。最後にtaamaの先導のもと、「モッシュピットでー!」「会いましょうー!」のコールでフロアにハッピーな空気を生み出し、ステージを終えた。

DJブースではDJダイノジのプレイがスタート。大谷が「ジャンルの壁を壊すってことなんで、今からかける曲をラウドロックと解釈して、このフロア全員で完成してください!」とエイトレンジャー(関ジャニ∞)の「ER」を流すなど、自由奔放なスタイルで沸かせ続ける。また、MUCCの「蘭鋳」ではミヤが乱入して大地と2人でエアギターを披露したり、「People=shit」では、乱入した団長がSlipknotの各パートを一人でモノマネするといった場面も飛び出した。

メインステージにはlynch.が登場。真っ赤な照明に照らされる中、葉月(Vo.)の「lynch.です、よろしくお願いします!」の一言から、すぐさま1曲目の「TIAMAT」へ。壮絶なスタートダッシュを見せ、そこから「ALL THIS I\'LL GIVE YOU」になだれ込み、激しく攻め立てていく。そこからも間髪入れずに「THE FATAL HOUR HAS COME」「-273.15℃」とハードチューンを連発。まったく勢いを落とすことなく、むしろドライブ感をグングンと増しながら突き進んで行った。「ジャンルの壁壊せてますか? 元も子もないこと言うとね、俺、壁はないと思ってるんですわ。そんなもん全然関係ない。ただ、ロックにどうしても必要なものはカッコ悪いのか、カッコ良いのか、その2択で充分です。僕らはカッコいいライヴやって帰るので、皆さんもカッコよく暴れて帰ってください」と葉月がオーディエンスの大歓声を煽った後「VANISH」へ。そこからも「HIDDEN」「INVINCIBLE」と、アッパーにひたすら疾走し続けていく。「俺らを初めて観た人も、ずっと10年間付いてきてくれた人も、全員に捧げます。俺らとお前達の終わらない歌です!」とラストナンバーは「NIGHT」。潔さと爽快感のあるステージで熱狂を巻き起こした。

続いてブースにてDJ MASAAKI YAGUCHIのDJがスタート。NIRVANA「Smells Like Teen Spirit」、Queen「We Will Rock You」、T-REX「20th Century Boy」といったロックの名曲達をクラブリミックスし、フロアを盛り上げる。「MONSTER BOX、何が素晴らしいって、楽屋裏がみんな本当に楽しんでて。それに乗せられてみんなアガってる感じがすごいするんです。お客さんが素晴らしいのはもちろんだけど、このメンバーも本当に素晴らしいと思います!」と、オーディエンスのみならず、この日の出演者達にも熱いメッセージを送っていた。

続いて、今回唯一の外国勢、ドイツからの参戦となるESKIMO CALLBOYが登場。内臓の奥底がビリビリと震えるほどの凶暴な重低音が撒き散らされる中、Sebastian Biesler(Vo)と、Kevin Ratajczak(Syn&Vo)が姿を現わし、オーディエンスを挑発。そこから他のメンバーがステージに現われたのだが、メンバーのDaniel Klossek(Ba)が血まみれの着ぐるみを着ていたりと、もう登場だけでヤバさ全開だ。ライヴは日本デビューを果たした最新作『We Are The Mess』の収録曲を中心に進行。ど頭から強力なエレクトリーモサウンドで席巻したタイトル曲の「We Are The Mess」を始め、タイトルのごとく、超パーティーモード全開な「Party At The Horror House」では、オーディエンスを全員座らせ一斉にジャンプさせたりと、ダイナミックなサウンドを次々に叩きつけていく。SebastianとKevinのツインボーカルによるスクリームの応酬はとにかく破壊力抜群で、オーディエンスの熱狂を天井知らずの勢いで上げていた。他にもSkrillex「Cinema」のカヴァーや、「Voodoo Circus」ではサークルモッシュが発生、ラストの「Is Anyone Up」ではオーディエンスのシンガロングを巻き起こし、圧巻のパフォーマンスを締め括った。

そしていよいよ、イベントのトリを務めるギルガメッシュが登場。左迅の「ARE YOU READY!!!」の煽りで「お前に捧げる醜い声」からライヴがスタート。一瞬でフロアをカオス状態にし、続けざまの「Drain」で更に興奮を煽って行く。「ヴィジュアル系っていうシーンで10年間活動してきたけど、偏見を持たれやすいシーンだなっていうのは感じてるんですよ。すごいいろんなバンドがいるから、勝手な決めつけとか思い込みで判断されたくないっていう想いがあって。だから、自分の目で観て、耳で聴いて、感じたものを最後まで楽しんで行ってください。今まで築き上げられてきた音楽シーンを変えることは出来ないけど、俺達がこれから新しい歴史を作ることは出来るんじゃねえのか!?」と、オーディエンスの大歓声を受けた後「斬鉄拳」へ突入。そこから「INCOMPLETE」「antlion pit」「DIRTY STORY」とラウドチューンをノンストップで畳み掛けつつ、「お前らヘバってんじゃねぇぞコラ!?」と檄を飛ばして「VOLTAGE」へ。オーディエンス達は叫び声をあげたり、頭を振り回したり、走り回ったりと、思い思いにフロアを暴れ回っていた。「これからもヴィジュアルロックシーン、ラウドロックシーンを、応援よろしくお願いします!」と願いを込めた大絶叫の後、ラストは「evolution」。この日一番の熱狂を持って、約7時間に及んだイベントを締め括った。

日本のロックシーンに新たな礎を築くため産声をあげた「MONSTER BOX」。記念すべき初回開催を大成功に終え、気になるのは次回開催についてだが、現在、2014年秋の開催に向け準備中とのこと。来るべきその日のために、様々な音楽を観て、聴いて、体感して、楽しんでほしい。なぜならば、様々な壁を越えていくためには、音楽を愛するオーディエンス/リスナーである、あなたの力が何よりも必要なのだから。

TEXT 山口 哲生
PHOTO BY 洲脇 理恵(MAXPHOTO)、maru

【関連リンク】
MONSTER BOX オフィシャルサイト
「MONSTER BOX」、Ustream番組でスペシャルセッションが決定!

【関連アーティスト】
ELLE DJ NIGHT, METALTIGER, キバオブアキバ, MAKE MY DAY, ARTEMA, NoGoD, ROACH, lynch., Eskimo Callboy, ギルガメッシュ, 岩瀬ガッツ, DJネモト, DJ狂犬, DJ MASAAKI YAGUCHI, DJダイノジ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, パンク/ハードコア, ライブ

ViViD、念願の全都道府県制覇を果たす全国ツアーがスタート!
Tue, 04 Feb 2014 14:00:00 +0900
2月2日@新横浜NEW SIDE BEACH!! (okmusic UP\'s)

ViViDの全国ライブハウスツアー「ViViD TOUR 2014 THE PENDULUM〜mobcircle〜」が、2月1日よりスタートした。


【その他の画像】ViViD

昨年は最多となる42本の全国ツアー「Just do it!」を敢行。「全国のファンに会いにいきたい」「ViViDを知らない人達に知ってもらいたい」という強い思いから2年もの歳月をかけて全国を駆け巡り、5月のファンクラブ沖縄旅行をもって47都道府県を制覇する。2月2日の新横浜NEW SIDE BEACH!!では、シン(Vo.)が「必ず、隣の横浜アリーナへお前達を連れて行くから」と熱い思いを口にした。

2月5日には2014年第1弾シングル「光-HIKARI-」をリリース。この曲はTVアニメ「マギ」のオープニングテーマ曲であり、期間限定アニメ仕様通常盤には「マギ」×「ViViD」コラボキャラクターステッカー封入を封入。6月8日にはパシフィコ横浜で開催されるスペシャルイベントに出演し、終演後にはCD購入者との握手会、会場にてCD購入された方限定のハイタッチ会を予定している。

■シングル「光-HIKARI-」

2014年2月5日発売
【初回生産限定盤A】
ESCL 4160〜1/¥1,800(税抜)
【初回生産限定盤B】
ESCL 4162〜3/¥1,800(税抜)
【通常盤】
ESCL 4164/¥1,200(税抜)
<CD収録曲>
1.光-HIKARI-
2.OVER THE LIMIT
3.Take-off 2014(通常盤のみ)
<初回生産限定盤A・DVD>
1.光-HIKARI- (MV)
2.Making of 光-HIKARI-
<初回生産限定盤B・DVD>
1.ViViD-光の先へ-

【期間限定アニメ仕様通常盤】
ESCL 4165/¥1,200(税抜)
1.光-HIKARI-
2.OVER THE LIMIT
3.光-HIKARI- (TV アニメ・ヴァージョン)
4.光-HIKARI- (TV アニメ・ヴァージョン Instrumental)

■ツアー情報

ViViD TOUR 2014「THE PENDULUM〜mobcircle〜」
2月04日(火)   徳島club GRINDHOUSE
2月05日(水)   高知X-pt.
2月07日(金)   大分DRUM Be-0
2月09日(日)   宮崎SR BOX
2月10日(月)   佐賀LIVE HOUSE GEILS
2月11日(火・祝) 長崎DRUM Be-7
2月13日(木)   KYOTO MUSE

ViViD TOUR 2014「THE PENDULUM〜MTR生誕祭〜」
2月15日(土)   yokohama Bay Hall
2月23日(日)   HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
2月28日(金)   mito LIGHT HOUSE

ViViD TOUR 2014「THE PENDULUM〜怜我凱旋〜」
3月08日(土)   太田市新田文化会館 エアリスホール
3月11日(火)   名古屋 ell.FITS ALL
3月13日(木)   金沢AZ
3月16日(日)   周南TIKI-TA
3月18日(火)   神戸VARIT.
3月19日(水)   広島ナミキジャンクション
3月21日(金・祝) 米子laughs
3月22日(土)   和歌山CLUB GATE
3月23日(日)   ESAKA MUSE
3月26日(水)   秋田Club SWINDLE
3月28日(金)   仙台CLUB JUNK BOX
3月30日(日)   酒田MUSIC FACTORY
4月19日(土)   SHIBUYA-AX

ViViD TOUR 2014「THE PENDULUM〜ALIVE〜」
5月23日(金)   Zepp Fukuoka
5月27日(火)   Zepp Namba
6月02日(月)   Zepp Nagoya
6月05日(木)   Zepp Sapporo
6月11日(水)   Zepp Tokyo

■「光-HIKARI-」発売記念バレンタイン直前!“2人きりのLOVEソファー大作戦"

2月8日(土) ラフォーレミュージアム原宿
【開始時間】
12:00開始シン、イヴ
13:00開始RYOGA(リョウガ)、RENO(レノ)、Ko-ki…
【内容】
好きなメンバーと2人きりでLOVEソファーに座れます。

【関連リンク】
ViViD オフィシャルサイト
ViViD、2ndフルアルバム発売&全国ツアー決定!
ViViDのシン(Vo)初の舞台『鬼切姫』で主演&主題歌に抜擢
ViViD、楽屋裏を含めたツアードキュメントDVD発売決定

【関連アーティスト】
ViViD
【ジャンル】
ビジュアル, ジャパニーズロック, ライブ

ふくろうず、ホワイトデーにプラネタリウムでワンマンライブ開催
Tue, 04 Feb 2014 13:00:00 +0900
ふくろうず (okmusic UP\'s)

3月をもって上映終了となる北区王子の「北とぴあ プラネタリウムホール」にて、ふくろうずがワンマンライブを開催する。

【その他の画像】ふくろうず

公演タイトルは「GINGA GO 〜ふくろうず宇宙(そら)へ〜」。当日は3人編成&全曲リアレンジのセットリストを予定しており、メンバーからは「いつもの感謝の気持ちをこめて、ふくろうずからホワイトデーのお返しをします。GINGAで会いましょう。」というコメントが届いている。

チケットは、2月9日18時まで、オフィシャルHPにて先行抽選販売を実施中。プレミアムな一夜になること間違いなしのライブから目が離せない。

■「GINGA GO 〜ふくろうず宇宙(そら)へ〜」

3月14日(金) 北とぴあプラネタリウムホール
第1部(夕方の部) 開場15:30/開演16:00
第2部(夜の部)  開場17:45/開演18:15

■ミニアルバム『テレフォン No.1』

発売中
ESCL-4080/¥2,100(税込)

【関連リンク】
ふくろうず オフィシャルサイト
結成25周年を迎えるthe pillows、豪華バンドによるトリビュートアルバムリリース決定!
ふくろうず、ワンマンツアー「ピンポイント」東京ファイナル大盛況!
ふくろうず、約2年ぶりの新作リリース&東名阪"ピンポイント"ワンマンツアー決定

【関連アーティスト】
ふくろうず
【ジャンル】
ジャパニーズロック

真空ホロウ、最新シングル「虹」のMVをフル公開!
Tue, 04 Feb 2014 11:00:00 +0900
真空ホロウ (okmusic UP\'s)

真空ホロウが最新シングル「虹」のフルバージョンMVを公開した。

【その他の画像】真空ホロウ

前作『少年A』から約9ヶ月ぶりとなる本作は、テレビ東京系TVアニメ「NARUTO-ナルト-疾風伝」のエンディングテーマとして好評オンエア中。また、スペースシャワーTVがオススメする楽曲のビデオをローテーションする「it!」にも決定している。

MVはメジャーデビュー以降、一風捻ったアイデアや仕掛けが印象的だった作風から一転して、ストレートな演奏シーンとフェンシングシーンで構成された、現在のありのままの真空ホロウが楽しめる作品となっている。

なお、2月11日はバンドの自主イベント「真空パック vol.7」を開催、チケットは発売と同時にソールドアウトを記録した。

■真空ホロウ コメント

【松本明人(Vo/Gt)】
MV「虹」では「自分自身との戦い」をフェンシングというしなやかで美しいスポーツで表現し、「ストレートな気持ち」をストレートな演奏シーンで表現しました。「虹」は少年少女が抱く劣等感や苛立ちを唄っています。雨の中、己の目で見出した虹の先に理想の未来があると信じ、僕は彼らと共に唄って参ります。

【村田智史(Ba)】
えっ!最後こうなるの?があります。シングルのカップリング曲もかなりかっこいいので是非、CDを楽しみにしてくれたら嬉しいです。

【大貫朋也(Dr)】
一音一音に魂込めてドラム叩きました!音も映像も素敵な仕上がりになったので、沢山見て聴いて真空ホロウを感じて頂けたら嬉しいです。

■「虹」MV
http://youtu.be/yqBzZGh5GMw

■シングル「虹」

2014年2月19日発売
ESCL-4150/¥952(税抜)
<収録曲>
1. 虹
2. バタフライスクールエフェクト
3. スノーホワイト

■「真空パック vol.7 〜M(水戸・むらた)編とS(渋谷・さとし)編〜」

2月11日(火・祝)  渋谷TSUTAYA O-Crest
開場/開演: 18:00/18:30
出演: LUNKHEAD / KEYTALK
前売券/当日券: 3,000円/3,500円 *1drink別 ※ソールドアウト

【関連リンク】
真空ホロウ オフィシャルサイト
NoGoD、3月5日発売のミニアルバムの詳細解禁!
真空ホロウ、初のクリスマスソング「スノーホワイト」がiTunesで先行配信スタート!
真空ホロウ、待望の1stシングル「虹」がTVアニメ『NARUTO-ナルト-疾風伝』EDテーマに抜擢!

【関連アーティスト】
真空ホロウ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

cali≠gari、東京カリ≠ガリランド大団円&全国ツアー開催決定
Tue, 04 Feb 2014 00:00:00 +0900
2月2日(日)@舞浜アンフィシアター (okmusic UP\'s)

2月1日と2日の2日間、東京ディズニーリゾート内の舞浜アンフィシアターで、cali≠gari結成20周年記念ライブ「東京カリ≠ガリランド」が開催された。


【その他の画像】cali≠gari

シルク・ドゥ・ソレイユの常設劇場だった会場をフルに生かした演出で、ファンタジックかつダイナミックなcali≠gariワールドが展開された。

2日のオープニングは、シルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマーによるエアリアルが「空想カニバル」をより幻想的に演出。以降「淫美まるでカオスな」から「ミッドナイト!ミッドナイト!ミッドナイト!」まで続くアッパーチューンで一気に会場のボルテージが上がる。中盤は「続、冷たい雨」などバラード3 曲をじっくりと聴かせ、その余韻を残しながら「その斜陽、あるいはエロチカ」へ。ステージ中央にはポールダンサー。官能的なパフォーマンスで歌の世界観を盛り上げる。「オーバーナイトハイキング」では会場いっぱいに懐中電灯の灯りが揺れ、メンバーも感動するほどの美しい景色が広がった。そして久しぶりに演奏された「発狂チャンネル」、メジャーデビュー曲「マグロ」、1日目のオープニングを飾った「187」で本編が終了。

アンコールでは新曲の「トゥナイトゥナイ ヤヤヤ」を披露。エレクトリカルな「電気睡蓮」が始まると、その美しさに、パレードが終わってしまうような寂しさを重ね合わせてしまった。そしてWアンコール。ディズニーのお膝元と言えるこの場所で、「クロバカゴミゲロ」と大合唱した後、桜井青(G)が「2日間ありがとうございました。この曲をもって終了させていただきたいと思います」と深々と頭を下げた。その後方からドラァグクイーンを乗せたステージがせり上がり、「エロトピア」。2日間の大掛かりなショーを締めくくるにふさわしい、とても華やかで淫靡なcali≠gariの王道だ。

最後に、約3年ぶりの全国ツアー「科学と学習」の開催をサプライズ発表。4月18日の赤阪BLITZを皮切りに全9公演を実施し、会場では2013年に日比谷野外大音楽堂で行われた「死せる青春」のライブDVDを販売する。こちらは印刷業界に取扱いを拒絶された高級和紙をふんだんに使用した、和紙職人の完全手作業による超豪華パッケージとなっており、さらに「春の日完全盤(仮)」も発売するとのこと。

■「東京カリ≠ガリランド」セットリスト

■2月1日
01.-187-
02.―踏―
03.散影
04.淫美まるでカオスな
05.トイトイトイ
06.娑婆乱打
07.マッキーナ
08.僕は子宮
09.やせゆく社会
10.ゼリー
11.東京ロゼヲモンド倶楽部
12.白い黒
13.まほらば憂愁
14.すべてが狂ってる
15.マネキン
16.クソバカゴミゲロ
17.37564。
〜アンコール〜
01.トゥナイトゥナイ ヤヤヤ(新曲)
02.虜ローラー
03.電気睡蓮

■2月2日
01.空想カニバル
02.淫美まるでカオスな
03.マッキーナ
04.シャ・ナ・ナ
05.暗中浪漫
06.月光ドライブ
07.ミッドナイト!ミッドナイト!ミッドナイト!
08.続、冷たい雨
09.冷たい雨
10.冬の日
11.その斜陽、あるいはエロチカ
12.オーバーナイトハイキング
13.かじか
14.発狂チャンネル
15.マグロ
16.-187-
〜アンコール〜
01.トゥナイトゥナイ ヤヤヤ(新曲)
02.ブルーフィルム
03.電気睡蓮
〜ダブルアンコール〜
01.クソバカゴミゲロ
02.エロトピア

■cali≠gari 20th caliversary "2013-2014" 全国ツアー「科学と学習」

4月18日(金)   赤坂BLITZ
4月27日(日)   松山サロンキティ
4月29日(火・祝) 福岡DRUM Be-1
5月04日(日)   高崎club FLEEZ
5月10日(土)   名古屋ボトムライン
5月17日(土)   大阪BIG CAT
5月23日(金)   仙台darwin
5月31日(土)   札幌ペニーレーン24
6月01日(日)   札幌DUCE

【関連リンク】
cali≠gari オフィシャルサイト
cali≠gariによる「東京カリ≠ガリランド」、期待と不安をはらんで今週末に開園!
“ヴィジュアル系 meets アニソン”カバーコンピ、リリース決定!
cali≠gari、セルフカバーミニアルバム『2』リリース&「東京カリ≠ガリランド」開催決定

【関連アーティスト】
cali≠gari
【ジャンル】
ビジュアル, ライブ

アジカン、新曲MVで新(ネオ)ゴッチ・オーディションを開催!
Tue, 04 Feb 2014 00:00:00 +0900
ASIAN KUNG-FU GENERATION (okmusic UP\'s)

ニューアルバム『フィードバックファイル 2』のリリースを控えるASIAN KUNG-FU GENERATIONが、新曲「ローリングストーン」のMVを公開した。

【その他の画像】ASIAN KUNG-FU GENERATION

今作は、昨年9月に横浜スタジアムで開催された10周年記念ライブの際に配信というかたちで来場者にプレゼントされた新曲「ローリングストーン」、「スローダウン」の初CD化をはじめ、映画「横道世之介」の主題歌となった最新シングル「今を生きて」、2009年の「新世紀のラブソング」以降にリリースされたシングルのカップリング曲、さらに「ASIAN KUNG-FU GENERATION presents NANO-MUGEN COMPILATION」に収録されてきた楽曲など全17曲が収録された、ファン待望の編集盤。

MVでは、新(ネオ)“ゴッチ"オーディションが開催され、老若男女から外国人までが参加。このユーモア満載の作品の監督を務めたのは注目の映像作家・山岸聖太。個性あふれるオーディション参加者や、現場を包む空気にも注目して欲しい。

■「ローリングストーン long ver.」
http://youtu.be/zDPrg7NXoKQ

■アルバム『フィードバックファイル2』

2014年2月26日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2370〜1/¥3,524(税抜)
【通常盤】(CD)
KSCL-2372/¥2,913(税抜)
<CD収録曲>
01. ローリングストーン
02. スローダウン
03. 十二進法の夕景
04. 夏蝉
05. 夜のコール
06. 白に染めろ
07. ムスタング(mix for 芽衣子)
08. 雨上がりの希望
09. ひかり
010. オールドスクール
11. リロードリロード
12. 夜を越えて
13. 冷蔵庫のろくでもないジョーク
14. ケモノノケモノ
15. 今を生きて
〜ボーナストラック〜
16. 迷子犬と雨のビート(2010 新木場若洲公園)
17. アネモネの咲く春に(2012 東京国際フォーラム)
<初回特典DVD収録曲>
■"ASIAN KUNG-FU GENERATION 2013 European Tour"
01.ブルートレイン(2013.5.31 at O2 Academy Islington, UK)
02.Re:Re:(2013.6.2 at Le Bataclan, France)
03.遥か彼方 (2013.6.3 at Gloria, Germany)
■"TOKYO FM present EARTH×HEART PROJECT
ASIAN KUNG-FU GENERATION×STRAIGHTENER −10th Anniversary− ASIA CIRCUIT"
04.ソラニン(2013.12.17 at UNIQLO AX, Korea)
05.君という花 (2013.12.20 at SCAPE Warehouse, Singapore) /
06.セッション〜1980 (2013.12.22 at Legacy Taipei, Taiwan)

【関連リンク】
ASIAN KUNG-FU GENERATION オフィシャルサイト
アジカン写真展にて、リアム・ギャラガープロデュースブランドとのコラボグッズ販売
ART-SCHOOL、主催イベントゲストアーティスト発表&アルバムリリース決定!
アジカン、「PRETTY GREEN」青山本店で写真展開催

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1