歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2019年01月17日)
バックナンバー
最新ニュース
2019/01/16
2019/01/15
2019/01/14
2019/01/13
2019/01/12
2019/01/11
2019/01/10
2019/01/09
2019/01/08
2019/01/07
2019/01/06
2019/01/05
2019/01/04
2019/01/03
2019/01/02
2019/01/01
2018/12/31
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
桑田佳祐&The Pin Boys、“ピンすけ”と“ストレッチマン”とコラボしたボウリング体操動画公開
Sun, 06 Jan 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本ボウリング競技公式キャラクターの“ピンすけ”とNHK Eテレの名物キャラクター“ストレッチマン”の夢のコラボが実現! 元日に発売となった桑田佳祐&The Pin Boysの楽曲 「レッツゴーボウリング」に乗せて踊る、史上初のボウリング体操動画が公開となった。

桑田佳祐が旗を振り開催されている、史上最大のボウリング大会『KUWATA CUP 2019』。この大会をきっかけに生まれ、桑田佳祐のボウリング愛の化身とも言うべき、人気を博している日本ボウリング競技公式キャラクター“ピンすけ”は、愛らしい「〜だピン!」という喋り方と共に、主にSNSを拠点にボウリングの豆知識や大会情報などを投稿し『KUWATA CUP 2019』を盛り上げている。

さらに、スポーツ界の公式キャラクター初のバーチャルYoutuber(VTuber)としても現在活動中で、『KUWATA CUP 2019』公式YouTubeチャンネル上での動画投稿をスタートさせ、ゲストに女子プロボウラーの坂本詩緒里を迎えて、ボウリングが上達するコツを知ることができる動画も公開中。最新動画には、偶然にも“ピンすけ”の黄色いフォルムと星マークを共通点に持つ、NHK Eテレで20年以上に渡り活躍している名物キャラクター“ストレッチマン”が登場、夢のコラボレーションとなった。そして、先日リリースされた、桑田佳祐&The Pin Boysの「レッツゴーボウリング」に乗せて、ボウリング前には欠かせないストレッチをオリジナルの振り付けで踊る“ボウリング体操”なるものを披露。史上初の、ボウリング前に行う準備運動の新定番がここに誕生した。

『KUWATA CUP 2019』の一般アマチュア部門の予選エントリーは1月6日(日)が最終日となっているので、ぜひこの動画を観て、ボウリング場へ足をお運んでほしい。

■『KUWATA CUP 2019』特設サイト
http://kuwatacup.jp/2019/

シングル 「レッツゴーボウリング」

発売中



【完全生産限定盤】(CD+ピンズ+ポスター+応募シリアルコード)
VIZL-2000/¥1,111+税
※新春ストライクパッケージ仕様
※レッツゴーボウリング・オリジナルピンズ(全10色)ランダム封入
※レッツゴーボウリング・オリジナルA2ポスター封入
【完全生産限定盤】(CD+ピンズ+ポスター+応募シリアルコード)
NZS-800/¥1,111+税
※ボウリング場限定パッケージ
※新春ストライクパッケージ仕様
※レッツゴーボウリング・KUWATA CUPピンズ(CDショップ販売商品とは異なるデザイン)封入
※レッツゴーボウリング・オリジナルA2ポスター封入
【通常盤】(CD+応募シリアルコード)
VICL-38400/¥600+税
【アナログ盤】(7inchレコード+応募シリアルコード)
VIKL-30100/¥1,300+税
<収録曲>
01.レッツゴーボウリング
02.レッツゴーボウリング(Instrumental)

◎封入特典(全形態共通)
「KUWATA CUP 2019 〜みんなのボウリング大会〜」決勝大会(2019年2月10日(日))・観戦オーディエンスご招待応募シリアルコード
応募期間:2019年1月1日12:00〜2019年1月13日23:59
※応募方法の詳細は「レッツゴーボウリング」封入チラシをご覧ください

◎先着予約・購入特典
新春ストライクステッカー
「レッツゴーボウリング」をご予約・ご購入の方に、先着でプレゼント!
※特典の数には限りがありますので、先着順となります。
※3形態共通となります。(ボウリング場限定パッケージは対象外となります)




【関連リンク】
桑田佳祐&The Pin Boys、“ピンすけ”と“ストレッチマン”とコラボしたボウリング体操動画公開
サザンオールスターズまとめ
桑田佳祐 & The Pin Boysまとめ
MANNISH BOYS(斉藤和義?中村達也)がセカンドシングル発売&初ワンマンツアー開催決定

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ, 桑田佳祐 & The Pin Boys
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボ, MV, シングル

MANNISH BOYS(斉藤和義?中村達也)がセカンドシングル発売&初ワンマンツアー開催決定
Mon, 31 Mar 2014 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

斉藤和義とドラマー・中村達也(LOSALIOS)によるロック・ユニット“MANNISH BOYS"が遂に始動! セカンドシングル「I am Dandy」を6月18日リリース&初のワンマンライヴツアーが決定した。

シングル「I am Dandy」は歴史的大ヒットドラマ「半沢直樹」で主人公の同僚役を演じた滝藤賢一の初主演連続ドラマ「俺のダンディズム」の主題歌に決定。ドラマサイドからのオファーに応え、MANNISH BOYSが書き下ろした新曲である。

番組は人気ドラマ「孤独のグルメ」シリーズで注目を集めた、テレビ東京水曜深夜のドラマ枠で、4月16日(水)にスタートする。課長に昇進したばかりで、部下の目も気になる段田一郎(滝藤賢一)が密かにお気に入りの女性新入社員(石橋杏奈)の「ダンディな男性が好み」という発言を耳にし、ダンディな上司になろうと一念発起する様をユーモラスに描いたものだ。

そんな段田の生き様をイメージして書き下ろされた新曲は、男の哀愁感を漂わせながらもポジティブなメッセージが聴くものを前向きにさせてくれるようで、ドラマのストーリーにも見事に溶け合っている。サウンドも実にポップなロックチューンに仕上がり、MANNISH BOYSとしての新たなステージを開拓する重要な1曲となりそうだ。斉藤はドラマの第一話脚本を読んで、「面白いドラマになると思いました。楽しみにしています」とコメントしており、また滝藤も主題歌について、「主人公の段田の気持ちを見事に歌っていて、このドラマにぴったりの内容だと思いました。色々我慢することが多いサラリーマンへの応援歌だと思うので、多くの人に聞いて欲しいです。また、これからはカラオケで最初に歌う曲にします」と語っている。このセカンドシングルの発売日は6月18日。タイトル曲以外の詳細については後日アナウンスされる。

さらに、これまで2012年には阿部真央、奥田民生、the day、So many tears、細美武士らとサーキットツアー「MANNISH BOYS presents CRAZY FRIENDS\' COMING TO TOWN」で全国をまわり、2013年にはチバユウスケ率いるThe Birthdayとの全国2マンライヴツアー「The Birthday & MANNISH BOYS presents 『WEEKEND LOVERS\'13』」を開催してきた彼らだが、今年は全国13箇所14公演を巡るライヴツアー「MANNISH BOYS 2014 TOUR」が決定した。彼らにとって初のワンマンライヴツアーとなり、2014年最新のMANNISH BOYSを目撃する重要なライヴとなるであろう。

■テレビ東京「俺のダンディズム」オフィシャルサイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/dandyism/

■シングル「I am Dandy」

2014年6月18日発売
【初回盤】
VICL-36931/¥1,200+税
【通常盤】
VICL-36932/¥1,200+税
<収録曲>
I am Dandy
※テレビ東京系ドラマ「俺のダンディズム」主題歌
ほか、収録曲未定

■「MANNISH BOYS 2014 TOUR」

09月22日(月) 赤坂BLITZ
09月26日(金) 富山 MAIRO
09月27日(土) 金沢EIGHT HALL
10月02日(木) 仙台Rensa
10月03日(金) 郡山 HIPSHOT JAPAN
10月05日(日) 新潟LOTS
10月08日(水) 福岡DRUM LOGOS
10月09日(木) 広島クラブクアトロ
10月14日(火) Zepp Namba
10月15日(水) Zepp Nagoya
10月17日(金) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
10月23日(木) サッポロファクトリーホール
10月25日(土) 帯広 MEGA STONE
10月29日(水) Zepp Tokyo



【関連リンク】
MANNISH BOYS(斉藤和義?中村達也)がセカンドシングル発売&初ワンマンツアー開催決定
中村達也まとめ
Losaliosまとめ
斉藤和義まとめ
MANNISH BOYSまとめ

【関連アーティスト】
中村達也, Losalios, 斉藤和義, MANNISH BOYS
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK

MANNISH BOYS、ドラマ「俺のダンディズム」とのコラボMVが完成!
Thu, 17 Apr 2014 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

斉藤和義と中村達也によるロック・ユニット“MANNISH BOYS"のニューシングル「I am Dandy」のMVが完成した。

同曲はドラマ「半沢直樹」で主人公の同僚 “近藤直弼"役の名演技が記憶に新しい、滝藤賢一の初主演連続ドラマ「俺のダンディズム」の主題歌に決定しているが、その滝藤が演じる“段田一郎"とMANNISH BOYSがMVで共演を果たし、さらに今夜からスタートした番組のエンディングムービーとして毎週O.A.されることになった。
  
4月16日(水)よりスタートしたドラマの第一話は、課長に昇進した段田一郎(滝藤賢一)が、お気に入り女性部下の「ダンディな大人の男性がタイプ」という発言を聞き、一念発起。手探りながらファッション雑誌やテレビ番組で勉強を始める。まずは長年使ってきた腕時計を買い替えようと決意。そして、紳士用品全般を扱う不思議な店「マダムM」を訪ね、ミステリアスな女店主・美幸から腕時計に関するさまざまなうんちくを教えてもらうというストーリー。
 
MVの撮影はその謎の店「マダムM」で行なわれ、MANNISH BOYSの二人は「滝藤さん、さすがプロだと思いましたね(斉藤)」、「一緒にバンドやりたいと思いました(中村)」、「是非、ヴォーカルを(斉藤&中村)。」と語り、さらに滝藤をパンクバンド"デッド・ボーイズ"のスティーブ・ベイターのようだと語る中村は「滝藤さんは私と同郷(愛知県名古屋市)なので、滝藤さんの出身中学の文化祭で勝手にライヴやりましょう」とも続け、作品の完成度の高さを匂わせている。

さらに滝藤も「憧れのMV撮影に、まさか自分がライヴ参加するような形で出演できるとは夢のようです。撮影自体は本当に楽しく、気持ちよかったので、自分もミュージシャンという勘違いをしてしまいそうでした(笑)。そして、MANNISH BOYSさんが本当にかっこ良かったです。もっとミュージシャンの方は怖いのかと思っていましたが、とても紳士的で素人の僕を歓迎してくれて嬉しかったです。」とコメントしており、まさに相思相愛で完成したといっていいだろう。

また、4月17日(木)からは、レコチョク、TSUTAYAミュージコ♪、iTunes Storeなどの主要音楽配信サイトにおいて「I am Dandy(ドラマバージョン)」の着うた(R)/iTunes着信音の先行配信がスタートするので、そちらも是非チェックして頂きたい。

■テレビ東京「俺のダンディズム」オフィシャルサイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/dandyism/

■「I am Dandy」MV(Short Ver.)

■シングル「I am Dandy」

2014年6月18日発売
【初回盤】
VICL-36931/¥1,200+税
【通常盤】
VICL-36932/¥1,200+税
<収録曲>
I am Dandy
※テレビ東京系ドラマ「俺のダンディズム」主題歌
ほか、収録曲未定

■「MANNISH BOYS 2014 TOUR」

09月22日(月) 赤坂BLITZ
09月26日(金) 富山 MAIRO
09月27日(土) 金沢EIGHT HALL
10月02日(木) 仙台Rensa
10月03日(金) 郡山 HIPSHOT JAPAN
10月05日(日) 新潟LOTS
10月08日(水) 福岡DRUM LOGOS
10月09日(木) 広島クラブクアトロ
10月14日(火) Zepp Namba
10月15日(水) Zepp Nagoya
10月17日(金) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
10月23日(木) サッポロファクトリーホール
10月25日(土) 帯広 MEGA STONE
10月29日(水) Zepp Tokyo



【関連リンク】
MANNISH BOYS、ドラマ「俺のダンディズム」とのコラボMVが完成!
中村達也まとめ
Losaliosまとめ
斉藤和義まとめ
MANNISH BOYSまとめ

【関連アーティスト】
中村達也, Losalios, 斉藤和義, MANNISH BOYS
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK

NOISEMAKER、ミニアルバム『RARA』発売記念のインストアイベントが決定
Thu, 17 Jan 2019 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

オルタナティブロックバンドNOISEMAKERが、1月23日にミニアルバム『RARA』の発売を記念して、1月26日にインストアイベントを開催することがわかった。

今作は、世界的に活躍するストリートアーティスト「WK Interact」とのコラボレーションで渋谷桜丘の壁に『RARA』の巨大なジャケットを描いたことで話題を集めているが、メンバー制作による今作のメインビジュアルをデザインした特製の版を使用してシルクスクリーンプリントを行うなどのアートと音楽の融合を意識して作品作りをするNOISEMAKERならではの他に類を見ないユニークなイベントになる予定だ。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

現在、期間限定でiTunesにて『RARA』のプレオーダーを受付中。その場で収録曲「THIS IS ME」のフルサイズ音源ダウンロードが可能、いち早く音源を聴くことができる。

■『NOISEMAKER 6th mini Album 『RARA』(1.23 release) Release Event "RARA" Silk Screen Print Meeting』

開催日時:1月26日(土)18:30〜 
場所:タワーレコード渋谷店 5Fイベントスペース
出演:NOISEMAKER

<特典会参加方法>
ご予約者様優先で、タワーレコード渋谷店にてミニアルバム『RARA』をご購入いただいたお客様へ先着で“特典券”を配布いたします。
イベント当日、「特典券」をお持ちいただいた方は、特典会にご参加いただけます。
※“特典券”はCD1枚ご購入につき1枚お渡しします。

<特典会内容>
メンバー制作による、今作『RARA』のメインビジュアルをデザインした特製の版を使用し、メンバー自身がシルクスクリーンプリントを行なっていきます。プリントはこちらで用意した用紙に施していき、乾かす工程を踏み、出来上がったデザインにメンバーのサインを入れ、メンバーより直接、お客様へお渡ししてまいります。
※特典会参加券一枚につき、一枚のお渡しとなります。                   
※印刷サイズはA4サイズを予定しています。
※使用するインクはお洋服等につくと大変落としにくいものとなります。イベント当日は汚れても大丈夫なお洋服等でご来場いただくことをおすすめいたします。また、印刷直後のお取り扱いにご注意ください。

<対象店舗>
タワーレコード渋谷店

<注意>
・イベントの観覧はフリーですが、規定の人数を超えた際は入場規制をかけさせていただく場合がございます。予めご了承ください。
・特典会参加券1枚につき1名様のみ有効とさせていただきます。
・特典会参加券はいかなる場合(紛失・焼却・破損等)も再発行致しません。
・当日は係員およびスタッフの指示・注意に従ってください。指示に従っていただけない場合、参加をお断りする場合がございます。また、会場内で係員の指示及び注意事項に従わずに生じた事故については、主催者は一切責任を負いません。
・特典会は係員がお客様の肩や腕などに触れて誘導する場合があります。ご了承の上、特典会にご参加下さい。
・会場での不道徳な行為は絶対におやめください。
・イベント内容はアーティストの事情等により変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
・会場内に録音・録画・複写に使用する機材での撮影・録音行為及び酒類・危険物の持ちこみは固くお断りします。
・会場の設備故障や天災、交通ストライキなど不可抗力の事由により、イベント不可能と判断された場合は、イベントを中止致します。
・当日の交通費・宿泊費等はお客様負担となります。イベント中止・延期の場合、旅費などの補償は致しかねます。

ミニアルバム『RARA』

2019年1月23日(水)発売



VPCC- 86229/¥1,800(税込)
<収録曲>
1.RARA AVIS
2.NAME 
3.THIS IS ME 
4.To Live Is 
5.Dharma Light
6.One Day
7.YayYayYayYayYayYayYayYay
※購入者特典:NOISEMAKERロゴステンシルシート

◎プレオーダー期間
1月16日(水)〜1月22日(火)23:59
アルバムダウンロード特別価格¥1,050円でご購入が可能。
※1月23日〜は通常価格の1,500円での販売となります。
・iTunesご予約URL
https://itunes.apple.com/jp/album/id1447928330?app=itunes

『RARA TOUR』

2月10日(日) 千葉・LOOK ※soldout
2月15日(金) 石川・金沢 VANVAN V4
2月17日(日) 北海道・札幌 BESSIE HALL
2月18日(月) 北海道・苫小牧 ELLCUBE
2月20日(水) 宮城・仙台 enn2nd
2月23日(土) 岡山・CRAZY MAMA 2nd
2月24日(日) 愛知・名古屋 APOLLO BASE ※soldout
3月02日(土) 福岡・QUEBLICK  
3月03日(日) 香川・高松 TOONICE
3月08日(金) 茨城・水戸 LIGHT HOUSE ※soldout 
3月09日(土) 静岡・Sunash
3月10日(日) 京都・MUSE



【関連リンク】
NOISEMAKER、ミニアルバム『RARA』発売記念のインストアイベントが決定
NOISEMAKERまとめ
KANA-BOON、ニューシングル「ハグルマ」発売決定

【関連アーティスト】
NOISEMAKER
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミニアルバム

KANA-BOON、ニューシングル「ハグルマ」発売決定
Thu, 17 Jan 2019 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

メジャーデビュー5周年を迎え、5シーズンにわたって5リリース・5イベントを企画してきたKANA-BOON。その締め括りとなるシーズン5の“リリース〜その1〜”として、ニューシングル「ハグルマ」を3月6日に発売することがわかった。

「ハグルマ」は、TVアニメ『からくりサーカス』の第2クールOPテーマに起用されているアッパーチューン。物語にとって重要なファクターを巧みに散りばめながら、過酷な運命から目をそむけることなく未来を選びとる決意を歌う、KANA-BOONらしいファイトソングに仕上がっている。

カップリングでは一転、牧歌的で軽快なメロディーに乗せ、味気なく、くだらなく、やるせない日々に刺す夕日の情景を、カラフルな心情に富んだ巧みな言葉で綴る、ソングライター・谷口 鮪のセンスがひと際光る好楽曲「オレンジ」を収録。対比の効いた作品となっている。

また、初回生産限定盤付属のDVDには「ハグルマ」のMusic Videoおよび、『からくりサーカス』第2クールのノンクレジットオープニング映像が収録されるので、こちらも注目だ。

“リリース〜その1〜”という表現からも分かる通り、次のリリースも予定されている他、シーズン5のイベントとして6月15日(土)にZepp DiverCity TOKYOにて開催される、メンバー"推し"のアーティストとの対バンライブ『KANA-BOONのOSHI-MEEN!!』もお楽しみに。

シングル「ハグルマ」

2019年3月6日(水)発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3140〜3141 / ¥1,300+税
※どうでもいいオマケ021封入
<収録曲>
■CD
1. ハグルマ
2. オレンジ
<DVD収録内容>
1. 「ハグルマ」Music Video
2. TVアニメ「からくりサーカス」ノンクレジットオープニング映像




【通常盤】(CD)
KSCL-3142 / ¥971+税
※どうでもいいオマケ021封入
<収録曲>
1. ハグルマ
2. オレンジ
<DVD収録内容>
1. 「ハグルマ」Music Video
2. TVアニメ「からくりサーカス」ノンクレジットオープニング映像


『KANA-BOONのGO!GO!5周年!シーズン5 KANA-BOONのOSHI-MEEN!! 』

6月15日(土) 東京・Zepp DiverCity



【関連リンク】
KANA-BOON、ニューシングル「ハグルマ」発売決定
KANA-BOONまとめ
SEKAI NO OWARI、ニューアルバム『Eye』&『Lip』の新アー写と全収録楽曲を発表

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル

SEKAI NO OWARI、ニューアルバム『Eye』&『Lip』の新アー写と全収録楽曲を発表
Thu, 17 Jan 2019 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SEKAI NO OWARIが前作『Tree』から約4年ぶりとなる2月27日(水)に2枚同時リリースするニューアルバム『Eye』と『Lip』の新アーティスト写真と収録楽曲が発表された。

前と後ろから同じ構図で撮影している『Eye』と『Lip』の2つの新アーティスト写真は、メンバーがコンセプトを考え、彼ららしい新ビジュアルとなっている。

そして、収録楽曲は「ANTI-HERO」からのシングル、「SOS」「Hey Ho」「RAIN」「サザンカ」や配信シングル「イルミネーション」、そして新曲や未発表曲「Monsoon Night」や「Mr.Heartache」などを含む13曲×2の全26曲が収録され、Nakajin、Fukase、Saoriのグループ内の3人が制作出来る強みを最大限に活かし、作詞作曲を割り振り、曲によっては共作し、彼らの強みでもある幅広いバラエティの楽曲群を縦横無尽に生み出した。

一時期のキラキラとしたファンタジーのイメージがある彼らだが、キャリアの変化に伴い、「ファンタジー」から「アート」へ脱皮を遂げ、より「人間」の本質が抽出された本作。まるで自分の弱さを炙り出される様な『Eye』と、自分の強さをやさしく抱擁される様な『Lip』と、酸いも甘いも曝けだし、人間の弱さも強さも全てぶちまけ人間の本質を裸にし、新世代グループの台頭として音楽シーンを駆け上がってきた彼らが納得のいく時間と集中力を持って作り上げてきた2枚のアルバムが完成した。より詳しい内容は特設サイトでチェックしてみよう。

また、1月18日0:00より、SEKAI NO OWARIの1stアルバム『EARTH』から最新シングル「イルミネーション」まで、過去作シングル&アルバムのストリーミング配信が解禁される。

■アルバム特設サイト
http://www.toysfactory.co.jp/artist/sekainoowari/eyelip20190227

アルバム『Eye』

2019年2月27日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TFCC-86660/¥4,000+税
【通常盤】(CD)
TFCC-86661/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.LOVE SONG
02.Blue Flower
03.ANTI-HERO
04.夜桜
05.Monsoon Night
06.Food
07.SOS
08.Re:set
09.ドッペルゲンガー
10.エデン
11.すべてが壊れた夜に
12.Witch 13.スターゲイザー
■DVD
SEKAI NO OWARI 野外TOUR 2018『INSOMNIA TRAIN』(スカパー!エディット)
01. インスタントラジオ
02.Love the warz -rearranged-
03.Error
04.RAIN
05.Hey Ho
06.ANTI-HERO
07.RPG
08.Death Disco
09.MAGIC
10.炎と森のカーニバル
11.Monsoon Night
12.ラフレシア
13.スターゲイザー
14.スターライトパレード
15.Dragon Night
Encore
16.ピエロ
17.Fight Music


アルバム『Lip』

2019年2月27日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TFCC-86662/¥4,000+税
【通常盤】(CD)
TFCC-86663/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.YOKOHAMA blues
02.RAIN
03.Mr.Heartache
04.向日葵
05.サザンカ
06.千夜一夜物語
07.Error 08.Hey Ho
09.ラフレシア
10.Goodbye
11.Missing
12.蜜の月
13.イルミネーション
■DVD
Music Video
・Love the warz -rearranged-(未公開映像)
・ANTI-HERO
・SOS
・Mr.Heartache
・Hey Ho
・サザンカ ・イルミネーション 他


『SEKAI NO OWARI ツアー2019 』

4月06日(土) 長野・ビッグハット
4月07日(日) 長野・ビッグハット
5月03日(金・祝) 広島・広島グリーンアリーナ
5月04日(土・祝) 広島・広島グリーンアリーナ
5月11日(土) 宮城・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
5月12日(日) 宮城・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
5月15日(水) 大阪・大阪城ホール
5月16日(木) 大阪・大阪城ホール
5月28日(火) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
5月29日(水) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
6月01日(土) 福岡・マリンメッセ福岡
6月02日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
6月14日(金) 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
6月15日(土) 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
6月16日(日) 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
6月21日(金) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月22日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月23日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
7月10日(水) 徳島・アスティとくしま
7月11日(木) 徳島・アスティとくしま
7月20日(土) 新潟・朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
7月21日(日) 新潟・朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
7月24日(水) 千葉・幕張メッセ国際展示場4〜6ホール
7月25日(木) 千葉・幕張メッセ国際展示場4〜6ホール
8月08日(木) 静岡・静岡エコパアリーナ
8月09日(金) 静岡・静岡エコパアリーナ
8月24日(土) 三重・サンアリーナ
8月25日(日) 三重・サンアリーナ



【関連リンク】
SEKAI NO OWARI、ニューアルバム『Eye』&『Lip』の新アー写と全収録楽曲を発表
SEKAI NO OWARIまとめ
Fear, and Loathing in Las VegasのKei(Ba)が急性心不全により死去

【関連アーティスト】
SEKAI NO OWARI
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム

Fear, and Loathing in Las VegasのKei(Ba)が急性心不全により死去
Wed, 16 Jan 2019 20:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Fear, and Loathing in Las VegasのKei(Ba)が、1月12日深夜に自宅にて急性心不全により死去したことが分かった。

バンドのオフィシャルHPではメンバーのコメントと、葬儀は遺族の意向によって1月15日に執り行なわれたことを発表。バンドは2018年に結成10周年を迎え、2019年3月27日にニューアルバムをリリースする予定だったが、この訃報に伴ってアルバムを発売延期とし、ツアーと主催イベント『MEGA VEGAS』の開催も一旦中止することをアナウンスしている。

なお、バンド活動は継続する予定で“皆様にまたお目にかかれる日まで、どうか温かく見守っていただけますと幸いです”と綴られている。

■【コメント】

Fear, and Loathing in Las VegasのベーシストKeiが
平成31年1月12日深夜に自宅にて急性心不全により死去いたしましたことをご報告致します。
なお、葬儀はご遺族の意向により15日に近親者のみにて執り行われました。
 
あまりにも突然の出来事にメンバー、スタッフ一同、現実を受け止められていない状況です。
多くの人々に愛されたKeiはFear, and Loathing in Las Vegasにとっても同様に
かけがえのない、大切な存在でした。
 
Keiの冥福を祈りますと共に、生前多大なる応援をいただいた皆様に、心より御礼申し上げます。
 
最後に、この訃報に伴い
現在予定されているアルバムのリリース、ツアー、およびMEGA VEGAS
は一旦全て中止とさせていただくことをご了承ください。
それぞれ払い戻し等に関しては別途アナウンスいたします。
皆様にご迷惑をおかけすることを深くお詫び申し上げます。
 
また、今後もFear, and Loathing in Las Vegasの活動は継続していく予定でおりますので
皆様にまたお目にかかれる日まで、どうか温かく見守っていただけますと幸いです。
 
―― Fear, and Loathing in Las Vegas

■Fear,and Loathing in Las Vegas オフィシャルHP
http://www.lasvegas-jp.com



【関連リンク】
Fear, and Loathing in Las VegasのKei(Ba)が急性心不全により死去
Fear, and Loathing in Las Vegasまとめ
majiko、EP『COLOR』限定盤に収録されるライヴ映像3曲を公開

【関連アーティスト】
Fear, and Loathing in Las Vegas
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

majiko、EP『COLOR』限定盤に収録されるライヴ映像3曲を公開
Wed, 16 Jan 2019 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

majikoが1月23日にリリースする新作EP『COLOR』の限定盤(CD+DVD)に収録される、全13曲のライヴ映像から3曲の映像を公開した。

この3曲のライヴ映像は2018年11月に渋谷WWWにて開催された『majiko ワンマンLIVE -Come on, LIVE or Regret-』のもの。2018年3月に発売したミニアルバム『AUBE』のリードトラック「声」、2018年夏に放送されたドラマ『限界団地』の主題歌「ひび割れた世界」、そして、新作EP『COLOR』に収録され、このライヴで初披露した新曲「ミミズ」となる。

こちらの映像をチェックしながら、新作EP『COLOR』の発売を楽しみに待とう。

EP『COLOR』

2019年1月23日発売



【限定盤】(CD+DVD)
UICZ-9110/¥3,000(税抜)
※プレイパス(R)対応
<収録曲>
■CD
01.狂おしいほど僕には美しい / Music:Michael Kaneko Lyrics:Hiro-a-key Arrangement:Michael Kaneko
02.ミミズ / Music & Lyrics:majiko Arrangement:majiko、木下哲
03.Scratch the world feat. GAGLE / Music:DJ Mitsu the Beats、majiko Lyrics:HUNGER、majiko Arrangement:DJ Mitsu the Beats
04.Don\'t You Worry \'Bout A Thing / Music & Lyrics:Stevie Wonder
05.HUSH / Music & Lyrics:Joe South
■DVD(2018年11月7日に開催されたワンマンLIVE -Come on, LIVE or Regret-の模様を収録)
Learn to Fly
エスケイパー
ロキ
アガルタの迷い子
ノクチルカの夜
心做し
ひび割れた世界
Avenir
パラノイア
世田谷ナイトサファリ
アマデウス
ミミズ




【通常盤】(CDのみ)
UICZ-5102/¥1,800+税
※プレイパス(R)対応

【ライブ・イベント情報】

■『majiko ニューリリースEP『COLOR』発売記念ミニライブ&サイン会』
1月24日(木)21:00 東京・タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース
1月27日(日)13:00 大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店
2月03日(日)13:00 愛知・タワーレコード名古屋近鉄パッセ店
◎詳細はこちら https://www.universal-music.co.jp/majiko/news/2018-12-14-event/

■『majiko presents 「new EP “COLOR” Release Party 〜Come on, LIVE or Regret〜」』
1月26日(土) 大阪・梅田Zeela:開場17:15 / 開演18:00
2月02日(土) 愛知・名古屋ell FITS ALL:開場17:15 / 開演18:00
2月11日(月・祝) 東京・キネマ倶楽部:開場17:00 / 開演18:00
<チケット>
前売りオールスタンディング¥4,500
当日券オールスタンディング¥5,000
※別途ドリンク代
※4歳以上チケット必要
※一般発売中!
◎詳細はこちら https://www.universal-music.co.jp/majiko/news/2018-11-07-live/



【関連リンク】
majiko、EP『COLOR』限定盤に収録されるライヴ映像3曲を公開
majikoまとめ
SAMURAI TUNES、新曲「My Home」も収録される1stアルバムリリース決定

【関連アーティスト】
majiko
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, 発表

SAMURAI TUNES、新曲「My Home」も収録される1stアルバムリリース決定
Thu, 17 Jan 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

TOKYO MXで放送中の番組『超!アイドル戦線〜Men\'s Side Girl\'s Side〜』から結成された注目のメンズユニット・SAMURAI TUNESが、3月13日(水)に1stアルバムをリリースすることが決定した。

このアルバムには今までリリースした1stシングル「SAMURAI TUNES」、2ndシングル「HAGANEメンタル」に収録された曲に加え、1月よりTOKYO MXほかにて放送中の声優と2.5次元俳優が共演する超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』のエンディングテーマとなっている新曲「My Home」などが収録される。CD+DVDの初回限定盤とCDのみの通常盤の2形態でリリースされ、アルバムタイトルや収録曲などの詳細は後日発表となるので、続報を楽しみに待ってほしい。

また、新アーティストビジュアルとアルバムリリース記念イベントの第1弾スケジュールも発表されたので、合わせてチェックを!

(c)Dimensionハイスクール製作委員会

アルバム『タイトル未定』

2019年3月13日(水)発売



【初回盤】(CD+DVD)
COZP-1520/¥3,241+税
【通常盤】(CD)
COCP-40754/¥2,500+税

<収録予定曲>
SAMURAI TUNES、超GIMON、HAGANEメンタル、UTAKATA、My Home他

【リリースイベント】

1月22日(火)HMV&BOOKS SHIBUYA6Fイベントスペース
出演メンバー:神谷玲・河原田巧也・たっくん・久門大起
1月29日(火)ニコニコ本社B2 イベントスペース
出演メンバー:神谷玲・河原田巧也・久門大起
2月05日(火)池袋マルイ7Fイベントスペース
出演メンバー:全員
2月07日(木)渋谷マルイ8Fイベントスペース
出演メンバー:神谷玲・河原田巧也・久門大起



【関連リンク】
SAMURAI TUNES、新曲「My Home」も収録される1stアルバムリリース決定
SAMURAI TUNESまとめ
メンズユニット“SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜”が2018年夏にメジャーデビュー決定!

【関連アーティスト】
SAMURAI TUNES
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, リリース

メンズユニット“SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜”が2018年夏にメジャーデビュー決定!
Fri, 01 Jun 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現在TOKYO MXで放送中の番組『超!アイドル戦線〜Mens&Girls〜』から、注目のメンズユニット“SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜”の結成が発表され、アーティスト写真が公開された。

2018年夏に日本コロムビアからメジャーデビューするこのユニットのメンバーは、“BOYS AND MEN研究生 東京”の久門大起、ミュージカルや舞台で活躍する人気俳優の河原田巧也、動画投稿サイト発の5人組ボーイズアイドルグループ・*ChocoLate Bomb!!(ちょこぼ)のメンバーとして活躍中のたっくん、イケボシーンの人気ユニット・LoveDesireで活躍するとら*、PENICILLINの千聖(Gu)プロデュースのロックバンド・Strawberry Under Worldのボーカリスト神谷玲の5人。ユニット名の“SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜”には、国境やジャンルを問わず、新時代の壁を切り開く5人の意思と思いが込められている。それぞれのメンズシーンから精鋭が集まった異色のユニットということで話題となること間違いなし。バックボーンが違う5人が織りなすパフォーマンスを見逃すな!

そして、このユニットの結成に伴いオフィシャルHPとTwitterがオープン! オフィシャルTwitterではユニット結成記念としてTwitterでの最初の投稿のRTが1,000を超えたら、アカウントをフォローしてくれている方の中から3名にメンバー全員のサイン入り色紙が当たる企画がスタート。メジャーデビューの詳細も近日発表されるとのことなので、オフィシャルサイト、Twitterを要チェックだ。なお、このユニットは期間限定での活動となるのでお早めにチェックしよう。

■SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜 オフィシャルHP
http://columbia.jp/samuraitunes/
■SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜 オフィシャルTwitter
https://twitter.com/samuraitunes

【メンバープロフィール】

<久門大起>
東海エリアを中心に活動中のグループBOYS AND MEN(ボイメン)の弟分・ボイメン研究生の東京エリア版として2017年12月に誕生したBOYS AND MEN 研究生 東京のメンバー。
特技はダンス、趣味はカメラ。
■公式ブログ https://ameblo.jp/bmk-tokyo
■公式HP http://zenkoku-bmk.com/tokyo/

<河原田巧也>
2008年テレビドラマ「バッテリー」にてデビュー。
その後も役者として活動し、現在は主に舞台を中心に活動中。
過去の主な出演舞台として、舞台「弱虫ペダル」シリーズ(泉田塔一郎役)、ミュージカル「黒執事」シリーズ(フィニアン役)などがある。
今回のユニット参加が、初の本格的な音楽活動となる。
■Twitter https://twitter.com/takuminari

<とら*>
ツイキャス等のネット生放送を中心に活動するイケボ(イケメンボイス)4人組[『Love Desire(ラブデザイヤー)』のメンバー。
ほぼ毎日欠かすことなく行っている放送では、平均視聴者数が1時間で約1万人を超え、人懐っこいキャラクター性とトーク力を武器に「リスナーと相互コミュニケーションを取る」スタイルが人気を博し、CD、ライブ、声優と活躍の場を広げている。
■Twitter https://twitter.com/to_ra_law
■HP https://ldd.amebaownd.com/

<神谷玲>
1995,10,28生 東京出身 B型 趣味:人間観察 プロ級?料理
特技:モノマネ 座右の銘: 早起きは三文の徳
2018,2,14 PENICILLIN千聖プロデュースプロジェクトのボーカリストに抜擢される
愛称『苺王子』『れいれい』
苺の国からやって来たと言われるほどの苺好き!
そこから千聖さんがバンド名をStrawberry Under Worldと名付けた!
■Twitter https://twitter.com/strawberry_u_w
■HP https://www.strawberryunderworld.jp/

<たっくん>
動画投稿サイト発ボーイズアイドルグループ「*ChocoLate Bomb!!」のメンバー。
グループ随一の歌唱力を持ちながら、言い間違い語録を作られる等、愛され天然キャラとしても人気を集める絶対的エース。
2018年は毎月の定期公演、全国フリラツアー開催など、オリジナル楽曲を中心に精力的に活動中。
アイドルやボカロ等のダンスカバー「踊ってみた」演目を披露することも多い。
オシャレなことが大好きな反面、エビ料理にはとことん目が無いエビ王子である。
■Twitter https://twitter.com/takutokidz
■*ChocoLate Bomb!!公式Twitter https://twitter.com/info_clb
■*ChocoLate Bomb!!HP http://chocobomb.jp/



【関連リンク】
メンズユニット“SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜”が2018年夏にメジャーデビュー決定!
SAMURAI TUNESまとめ
SAMURAI TUNES、1stシングルタイトル&『MENS PANIC 2018』出演決定

【関連アーティスト】
SAMURAI TUNES
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, 発表

SAMURAI TUNES、1stシングルタイトル&『MENS PANIC 2018』出演決定
Fri, 22 Jun 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

先日結成が発表されて大きな話題となった注目のメンズユニット・SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜が、7月18日(水)にリリースする1stシングルのタイトルがユニット名の「SAMURAI TUNES」に決定した。カップリングに収録される「超GIMON」とカラオケ音源の全4曲入りとなる。

また、このシングルの発売週にリリースイベントの追加開催が発表された。発売週末の7月22日(金)にはお台場ヴィーナスフォートにてミニライブ&特典会が開催される。

また、メンズエンターテインメントを一同に集結した日本最大級のスペシャルイベント『MENS PANIC 2018』にSAMURAI TUNESが出演することが決定した。SAMURAI TUNESの出演は8月11日(土)・12日(日)の2日間。バックボーンが違う5人が織りなすパフォーマンスに注目してほしい。

1stシングル「SAMURAI TUNES」発売記念イベント

■トーク&特典会
6月22日(金)18:30〜 エンタバアキバ by WonderGOO / SHINSEIDO
出演メンバー:神谷玲、河原田巧也、たっくん
6月29日(金)19:00〜 HMV&BOOKS SHIBUYA6Fイベントスペース
出演メンバー:神谷玲、河原田巧也、たっくん、久門大起
7月04日(水)19:00〜 ニコニコ本社 B2F イベントスペース
出演メンバー:全員(神谷玲、河原田巧也、たっくん、とら*、久門大起)
7月10日(火)19:00〜 HMVエソラ池袋店内イベントスペース
出演メンバー:全員(神谷玲、河原田巧也、たっくん、とら*、久門大起)
7月12日(木)19:00〜 アニメイト横浜
出演メンバー:神谷玲、河原田巧也、たっくん
7月17日(火)19:00〜 ヴィレッジヴァンガード渋谷本店B2Fイベントスペース
出演メンバー:全員(神谷玲、河原田巧也、たっくん、とら*、久門大起)
7月18日(水)20:30〜 タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース
出演メンバー: 神谷玲、河原田巧也、たっくん、久門大起
7月19日(木)18:30〜 エンタバアキバ by WonderGOO / SHINSEIDO
出演メンバー:神谷玲、河原田巧也、たっくん、久門大起
7月21日(土)18:00〜 ニコニコ本社 B2F イベントスペース
出演メンバー:全員(神谷玲、河原田巧也、たっくん、とら*、久門大起)

■ミニライブ&特典会
7月22日(日)14:00〜 お台場ヴィーナスフォート2階 教会広場
出演メンバー:全員(神谷玲、河原田巧也、たっくん、とら*、久門大起)

『MEN\'S PANIC 2018』

8月11日(土) 幕張メッセ国際展示場 ホール4
8月12日(日) 幕張メッセ国際展示場 ホール4
■イベントHP:http://mens-panic.com

シングル「SAMURAI TUNES」

2018年7月18日発売



COCA-17484/¥1,350(税込)
<収録曲>
1.SAMURAI TUNES
2.超GIMON
3.SAMURAI TUNES(Instrumental)
4.超GIMON(Instrumental)



【関連リンク】
SAMURAI TUNES、1stシングルタイトル&『MENS PANIC 2018』出演決定
SAMURAI TUNESまとめ
SAMURAI TUNES、1stシングル表題曲のMVでダンスを初披露

【関連アーティスト】
SAMURAI TUNES
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 発表, 出演

SAMURAI TUNES、1stシングル表題曲のMVでダンスを初披露
Fri, 13 Jul 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

注目のメンズユニット・SAMURAI TUNES〜サムライチューンズ〜が、7月18日(水)にリリースする1stシングルの表題曲「SAMURAI TUNES」のミュージックビデオを公開した。

このミュージックビデオではメンバーのダンスが初披露されるほか、甲冑を着た侍がダンスを繰り広げている。各メンバーのソロカットも必見だ。合わせてメンバーからのコメント動画も公開されたので、是非YouTubeでチェックしてほしい。

シングル「SAMURAI TUNES」

2018年7月18日発売



COCA-17484/¥1,350(税込)
<収録曲>
■CD
1.SAMURAI TUNES
2.超GIMON
3.SAMURAI TUNES(Instrumental)
4.超GIMON(Instrumental)



【関連リンク】
SAMURAI TUNES、1stシングル表題曲のMVでダンスを初披露
SAMURAI TUNESまとめ
スカート、映画『そらのレストラン』主題歌「君がいるなら」の映画版MV公開

【関連アーティスト】
SAMURAI TUNES
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表

スカート、映画『そらのレストラン』主題歌「君がいるなら」の映画版MV公開
Wed, 16 Jan 2019 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1月23日にメジャー2ndシングル「君がいるなら」をリリースするスカートが、表題曲「君がいるなら」のSPOT映像を公開。MV全編は発売日に公開予定なので、楽しみに待っていてほしい。

また、「君がいるなら」が主題歌となっている1月25日公開の大泉洋主演映画『そらのレストラン』の名シーンで構成された映画版MVのショートVerも同時公開! 今回解禁となった映像では、映画の名場面とともに、作品に寄り添うスカートの楽曲を楽しめる内容になっている。

同曲に際してスカートの澤部 渡は、“とにかく自信作です。『そらのレストラン』に書き下ろした2曲はスカートにとって大事な曲になりました”と自ら太鼓判を押し、主演の大泉も“映画『そらのレストラン』の最後で、美しい北海道の景色と、清々しい物語のラストにのせてこの主題歌がかかった時に、本当に幸せな気持ちになりました。初めて聴くのに何故か懐かしい気持ちになる不思議な曲でした。この映画と一緒にたくさんの方に聴いてもらいたいです”と絶賛のコメント。

なお、1月19日(土)には東京・HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEイベントスペースにて、同映画の深川栄洋監督と澤部によるミニライブ&トークショーも開催されるので、足を運んでみてはいかがだろうか。

■シングル「君がいるなら」特設サイト
http://www.kimigairunara.ponycanyon.co.jp

シングル「君がいるなら」

2019年1月23日(水)発売



PCCA.04753/?1,200+税
※紙ジャケ仕様予定
<収録曲>
1.君がいるなら(映画『そらのレストラン』主題歌)
2.花束にかえて(映画『そらのレストラン』挿入歌)
3.すみか

◎CDショップ早期予約・購入特典
スカート近年のライブ音源を集めたブートレグCD「PAST SHOW #1」
<収録曲>
1. 回想(2018.12.19 東京 キネマ倶楽部)
2. パラシュート(2018.12.16 名古屋 得三)
3. 視界良好(2018.12.14 大阪 Shangri-la)
4. わるふざけ(2018.12.19 東京 キネマ倶楽部)
5. いい夜(2018.12.16 名古屋 得三)
6. 離れて暮らす二人のために(2018.10.26 昭和音楽大学 スタジオリリエ)
7. ゴウスツ(2018.12.14 大阪 Shangri-la)
8. 静かな夜がいい(2018.12.14 大阪 Shangri-la)

※特典は数量限定となるため、発売前であってもご予約状況によっては、先に特典プレゼントが終了する場合もございます。
※特典を確実に入手いただけるよう、お早めにお近くのCDショップ、WEBショップで特典についてご確認をいただいた上でのご予約をお勧め致します。
※特典につきましては、一部取り扱いの無いCDショップもございますので、詳細を店舗までお問い合わせください。また、ネット販売につきましても同様に、一部取り扱いの無い場合もございますので、各WEBショップの告知をご確認ください。

【インストアイベント】

■スカート・澤部渡 × 深川栄洋監督 映画『そらのレストラン』公開記念ミニライブ&トークショー
1月19日(土) 東京・HMV&BOOKS HIBIYA COTTAGEイベントスペース(日比谷シャンテ3F)
内容:トークショー、弾き語りライブ、ポスターサイン会

■スカートMajor 2nd Single「君がいるなら」インストアライブin札幌
1月22日(火) 北海道・HMV札幌ステラプレイス店 イベントスペース
内容:弾き語りライブ、CDサイン会
参加方法:ミニライブは観覧フリー

■スカートMajor 2nd Single「君がいるなら」インストアライブin東京
2月02日(土) 東京・タワーレコード新宿店7Fイベントスペース
内容:弾き語りライブ、CDサイン会
参加方法:ミニライブは観覧フリー



【関連リンク】
スカート、映画『そらのレストラン』主題歌「君がいるなら」の映画版MV公開
スカートまとめ
H!dE、新MV「メゾン」にPopteenモデルの莉子が出演

【関連アーティスト】
スカート
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 主題歌, 映画

H!dE、新MV「メゾン」にPopteenモデルの莉子が出演
Wed, 16 Jan 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

YouTubeでの再生総数が2,000万回を超えるなど、嘘のない言葉で綴る“うたものがたり”と呼ぶラブソングで人気を集めるシンガー・H!dEが、1月23日にリリースする初のオリジナルフルアルバム『STORIES』のリード曲「メゾン」をLINE MUSICにて先行配信スタート! さらに同曲のMVショートver.も公開した。

「メゾン」は共同生活の中で起こる恋ものがたりをテーマに、仲間と恋の間で揺れ動く想いを切なさたっぷりに描いている。MVには2018年にPopteen専属モデルとしてデビューした莉子(愛称:リコリコ)がMV初主演&初演技に挑戦! MVでは動画ソーシャルアプリ・TikTokでも注目を集める彼女が、歌詞の世界観を見事に表現している。途中、窓前で見せる彼女の表情の変化と情感たっぷりに歌うH!dEの姿にも注目してみてほしい。

また、H!dEは今作のリリースを記念してインストア・アウトストアイベントや全国ツアーの開催も決定している。それまでにMVやストリーミング配信をチェックして、ぜひ足を運んでみてほしい。

■【コメント】

■莉子
「今回MV出演させていただいた「メゾン」は歌詞に“答えはみつからないまま”や“愛さない”など切ない表現が印象的で、そんな歌詞がありつつも沢山の意味が込められてる素敵な曲です!
MVでは初めて演技をさせて頂いたんですけど、H!dEさんも優しく、とても楽しく撮影を終えることができました!有難うございました!」

■H!dE
「アルバム「STORIES」は「新たなH!dE」をテーマに、たくさんの方と共作させて頂くことでよい化学反応が生まれ今までにないサウンドを作ることが出来ました。
歌詞のテーマもこれまで描いてきた純愛だけでなく、略奪愛や叶わぬ恋など大人な恋をテーマに描いた楽曲もあり、バラエティに富んだアルバムになっています。MVの「メゾン」は共同生活の中で巻き起こる切ない恋模様を描いた楽曲で、今回出演頂いた莉子ちゃんは思い描いていた主人公のイメージにぴったりで楽しい表情や切ない表情、気持ちの変化を初演技とは思えない素晴らしい演技で表現してくれました。この曲の世界がさらに深くなったと思います。是非MVを多くの方に見ていただき、アルバムもチェックしてほしいです!」

アルバム『STORIES』

2019年1月23日(水)発売



【CD】
TKCA-74755/¥3,000(税込)
<収録曲>
1. 最後のキス
2. メゾン
3. 君らしく
4. ロスタイム
5. No Rain No Rainbow
6. 星の相合傘
7. 忘れ雪
8. もしも神様がいるなら
9. ハッピーエンド
10. Ai
11. この先のものがたり

【ライブ情報】

■インストアイベント
1月22日(火) 東京・タワーレコード吉祥寺店
1月23日(水) 東京・ヴィレッジヴァンガード高円寺店
1月26日(土) 福岡・キャナルシティ博多 B1Fサンプラザステージ
1月27日(日) 岡山・アリオ倉敷 屋外イベントステージ
1月27日(日) 岡山・イオンモール岡山 5F ハレマチガーデン
1月28日(月) 大阪・ヴィレッジヴァンガードアメリカ村店
2月01日(金) 東京・HMVエソラ池袋店
2月02日(土) 東京・タワーレコードグランツリー武蔵小杉店
2月03日(日) 東京・タワーレコード町田店

■スペシャルライブイベント(アウトストアイベント)
2月16日(土) 東京・赤坂AKASAKA CLUB TENJIKU
※チケット配布対象店舗等詳細はオフィシャルHPもしくはレーベルHPでご確認ください。

■『H!dE ONEMANTOUR 2019 「STORIES」』
3月30日(土) 岡山・IMAGE
4月06日(土) 宮城・仙台spaceZero
4月13日(土) 愛知・名古屋ell.SIZE
4月21日(日) 北海道・札幌CrazyMonkey
4月29日(月・祝) 福岡・INSA
5月05日(日) 大阪・FANJ twice
5月11日(土) 東京・六本木morph-tokyo

■『H!dE ONEMAN LIVE 2019〜With KURASHIKI〜』
7月27日(土) 岡山・倉敷市芸文館
<チケット>
S席¥4,500(税込)
A席¥3,500(税込)
B席(2階席)¥2,500(税込)
※FC先行、一般発売日程等の詳細は近日発表予定



【関連リンク】
H!dE、新MV「メゾン」にPopteenモデルの莉子が出演
H!dEまとめ
Sasanomaly、新たなスタイルが表現した新曲「LOVE」のリリックビデオ公開

【関連アーティスト】
H!dE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム

Sasanomaly、新たなスタイルが表現した新曲「LOVE」のリリックビデオ公開
Wed, 16 Jan 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Sasanomaly(ササノマリイ)が、1月16日に新曲「LOVE」を配信リリースし、合わせて同曲のリリックビデオも公開となった。

今作は、2018年11月に発表された「MUIMI」に続く第2弾デジタルシングル。ダウナーかつ細心のサウンドが取り入れられており、ぼくのりりっくのぼうよみなどへのトラック提供やサウンドプロデューサーとしても活動するSasanomalyの新たなスタイルが表現された楽曲だ。

アートワークは前作同様、adidasやSTUSSY、New Balance、G-SHOCKなどを手がけるUKで活動するアーティスト“Joe Cruz”が担当。ジャケット写真とアーティスト写真は、モノクロ写真をベースにローテクな画材を用いたアートワークが採用されている。「LOVE」は、Apple Music、Spotifyなどのサブスクリプション、およびダウンロードサイトで配信中なので、ぜひチェックしてほしい。

配信シングル「LOVE」

2019年1月16日配信開始



■配信URL
https://smar.lnk.to/uQdRaTW



【関連リンク】
Sasanomaly、新たなスタイルが表現した新曲「LOVE」のリリックビデオ公開
Sasanomalyまとめ
アジカン、ORESAMA、ラックライフらが参加するプレゼント企画を『DI:GA ONLINE』にて展開中!

【関連アーティスト】
Sasanomaly
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, リリース, 発売, 配信

アジカン、ORESAMA、ラックライフらが参加するプレゼント企画を『DI:GA ONLINE』にて展開中!
Wed, 16 Jan 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DISK GARAGEが運営するライブ・エンタメWEBマガジン『DI:GA ONLINE』では、ASIAN KUNG-FU GENERATION、ORESAMA、ラックライフなどのアーティストが参加するプレゼント企画を実施している。

『DI:GA ONLINE』ではプレゼント企画に参加のアーティストを含む、さまざまなアーティストのインタビューやライブレポートを公開中! アルバム『ホームタウン』を引っ提げたツアーの意気込みを語るASIAN KUNG-FU GENERATIONや、ワンマンライブシリーズ『ワンダーランドへようこそ』についてのORESAMAのインタビュー記事に加え、ラックライフの結成10周年記念ツアーからマイナビBLITZ赤坂公演のフォトレポートなど、今チェックしておきたい記事が揃っている。各記事の最下部にはプレゼント企画の詳細ページがあるので、こちらも併せて注目!

気になる各アーティストからのプレゼントは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの直筆サインが入った『ホームタウン』のポスター、ORESAMAとラックライフからは直筆サイン色紙、韓国6人組ガールズグループ・GFRIENDのメンバー全員のサインが入った「Memoria」クリアファイルなど、サイン入りアイテムが盛りだくさん! また、トミタ栞の描き下ろしイラスト入りサイン色紙など、中にはレアアイテムも用意されているのでお見逃しなく。

応募方法はTwitterからの応募とメール応募の2通りとなっており、どちらでも気軽にエントリーができる。受付期間は各アーティストによって異なるため、プレゼント詳細ページを要チェックだ。



【関連リンク】
アジカン、ORESAMA、ラックライフらが参加するプレゼント企画を『DI:GA ONLINE』にて展開中!
ASIAN KUNG-FU GENERATIONまとめ
ORESAMAまとめ
ラックライフまとめ
フルカワユタカまとめ

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION, ORESAMA, ラックライフ, フルカワユタカ, 梁邦彦, DracoVirgo, 及川光博, トミタ栞, GFRIEND
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, キャンペーン

The fin.、自主企画『#thefin_01』始動&第1回目はTempalayと2マン
Wed, 16 Jan 2019 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

The fin.が3月27日(水)に代官山UNITで、約1年振りの自主公演『#thefin_01』を開催する。同公演はThe fin.の楽曲と連動した新企画で、第1回目は“Chains”をテーマにしたイベントとなり、ゲストアクトにTempalayを迎えた2マンライブとして行なわれることが分かった。

チケットは、1月16日(水)20時よりオフィシャルサイトにて先行受付がスタート!  一般発売日は2月02日(土)を予定している。

The fin.は2018年にリリースした2ndアルバム『There』の楽曲のアコースティックバージョンと、「The Millennium」「Wild Nothing」「MEW」のアコースティックカバーを収録した配信シングル「Acoustic Versions and Covers」を音楽ストリーミングサービスで3作連続でリリース。Spotifyの人気プレイリスト"New Music Friday"のUK、US、Japanに選ばれるなど、各国でも話題となっただけに、新企画『#thefin_01』にも注目だ。

■『#thefin_01』

3月27日(水) 東京・代官山 UNIT
OPEN 18:15 START 19:00
Guest:Tempalay

<チケット>
ADV¥3,500 / DOOR 未定
・オフィシャル先行:
1月16日(水) 20:00〜1月23日(水) 23:59
・一般発売日:2月02日(土)

■The fin. オフィシャルHP
http://www.thefin.jp

配信シングル「Acoustics Versions and Covers」

配信中



<収録曲>
1. Pale Blue - Acoustic Version
2. There is Nothing More to Say


配信シングル「Acoustics Versions and Covers 2」

配信中



<収録曲>
1. Outskirts - Acoustic Version
2. Midnight Song

配信シングル「Acoustics Versions and Covers 3」

配信中



<収録曲>
1. Snow (again) - Acoustic Version
2. She Came Home For Christmas




【関連リンク】
The fin.、自主企画『#thefin_01』始動&第1回目はTempalayと2マン
The fin.まとめ
大江千里のヒット作『APOLLO』に垣間見る現在の活動スタンスにも通じる表現者の意思

【関連アーティスト】
The fin.
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, チケット

大江千里のヒット作『APOLLO』に垣間見る現在の活動スタンスにも通じる表現者の意思
Wed, 16 Jan 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今週は1月19日(土)の名古屋ダイアモンドホール から『Japan tour 2019 "Boys&Girls,again-January-"』をスタートさせる大江千里のアルバム『APOLLO』を紹介する。現在はジャズミュージシャンとして活躍中している彼だが、名曲「Rain」が秦 基博によってカバーされるなど、シンガーソングライター時代の楽曲も未だ色あせることなく、歌い継がれており、日本のポップス史において欠かすことのできない才能である。

■現在はジャズミュージシャンとして活動

本稿作成のため、大江千里のことをあれこれ調べて、正直言って結構驚いた。何が驚いたかと言うと、現在の彼の立ち位置だ。彼のファンならばご存知のことであろうが、彼は現在、毎月ニューヨークのジャズクラブでピアノを演奏している。昨年に掲載されたとあるインタビュー記事によれば、そのジャズクラブはもともと日系のお店ではあるというが、出演者も観客も日本人は少なく、英語でMCをしながら新曲を発表し続けているそうである。彼が10年ほど前から本格的ジャズクラブミュージシャンを目指して渡米していたことは存知ていたが、詳しく足跡を追っていたわけではなかったので、よもや、そこまでインディペンデントに活動をしているとは思ってもみなかった。移動は公共交通機関。必要に応じて機材を担いで会場入りすることもあるという。大江千里と言えば、全盛期にはスタジアムでコンサートを行なっていたアーティストである。音楽活動だけに留まらず、執筆や司会、役者も務めるなど、マルチに活動していた人物である。ここまで泥臭い活動をしているとは思いもしなかったが、彼自身は充実した活動をしていると公言している。

大江千里のデビューは1983年5月。シングル「ワラビーぬぎすてて」とアルバム『WAKU WAKU』の同時発売でそのキャリアをスタートさせた。デビューにあたって彼に付けられたキャッチフレーズが揮っていた。“私の玉子様、スーパースターがコトン”がそれ。その中身の是非はともかく、これは当時コピーライターであった林真理子氏が手掛けたもので、しかも、彼女のエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』がベストセラーとなった翌年の仕事だったのだから、大江千里のデビューにあたって如何にスタッフの力が注がれていたのかが分かろうというものだろう。また、当時、彼はまだ関西在住の現役大学生で、仕事の度に上京していたので“日本一忙しい大学生”と言われていたともいう。そうした話題性も手伝ってか、デビュー時からその活動はかなり順風満帆だったと言っていい。デビューの翌年には本人も出演したCMで使われた6thシングル「十人十色」がヒットし、彼の名を全国区にしたと記憶している。

■元祖“メガネ男子”として人気を博す

大江千里と言えば、音楽性もさることながら、そのルックスがアイコン的に機能したことも忘れることができない。あれは間違いなく彼の成功の要因のひとつではあったと思う。大振りのボストンタイプのメガネである(ちなみに最近もまた、あのクラシカルなフレームが流行ったようだが、あれを“大江千里みたいなメガネ”あるいは“アラレちゃんみたいなメガネ”と呼ぶのはその直撃世代であることは間違いない。たぶん1960年代生まれだ)。シングル、アルバムのジャケットにおいてもそこが強調されていた。3rdアルバム『未成年』(1985年)ではハイネックのセーターで鼻から下を隠した本人の画だし、映像作品集『SENRI CLIPS』(2003年)では例のメガネが中央に鎮座している。今回紹介する9thアルバム『APOLLO』も逆光で彼の顔は隠れていて、その上にアルバムタイトルが載っているという、大江千里のジャケットでは珍しく本人の表情が分かりづらいものではあるが、それにしてもメガネのフレームで彼の作品であることが示された見事なアートワークである。その事自体には良し悪し両面あったのかもしれないけれども、シルエットだけでその人と分かるルックスを確立したことは大きな発明であったし、大江千里の大きな功績であったと言える(シルエットだけでその人が特定できるアーティストというと、他には初期BUCK-TICKや初期X JAPAN、あとは氣志團くらいなものか)。少なくとも日本のポップス界では珍しいことだったと思う。

“メガネ男子”などという言葉はもちろん、その発想もなかった頃から、そうしたイメージをリスナーにもたらしたことに加えて、独特の揺らぎを持って発せられる彼の声が、その見た目の印象と重なったことも大きかったと思う。決してか弱いわけでないが、押しが強くもなく、フェイクやシャウトに逃げず、しっかりと歌詞を音符に乗せるという、ある意味で生真面目な歌唱は、そのルックスから大きくかけ離れたものではなかった。安心感…というのとは少し違うかもしれないが、少なくとも聴く人に変な緊張感を与えない声と歌唱だ。

歌詞の内容もしかりである。大江千里の書く歌詞はピュアなラブソングが多い印象がある。《君ひとりを抱きしめて/君ひとりに抱きしめられて》《ぼくの胸に横顔を/のせたまま眠る君の/やさしい息の数を/死ぬまで数えていたい》(2ndシングル「ガールフレンド」)や、《たまにしか逢えないけど/100年分も抱きしめる》《十人十色 僕を選んだことを後悔させない/十人十色 きっと世界一の幸せにさせる》(6thシングル「十人十色」)、《きみと出逢えてよかった 愛だけが今力になる/心に吹き荒れるよ 熱い風きみと集めた GLORY DAYS》(14thシングル「GLORY DAYS」)辺りが分かりやすいだろうか。毒気はまったくないが、少なくとも聴いていて悪い気はせず、効く人には効く薬となりそうな感じだ。当時、彼は圧倒的な女性人気を誇っていた記憶もあるが、今改めて歌詞を見てみると、そりゃそうだろうなと納得してしまうだけの内容でもある。これらを量産できたのだから、そのシンガーソングライターのスキルは職人技と呼ぶに相応しいものであったことは間違いない。

■ポップマジックを随所に感じる作品

9thアルバム『APOLLO』は、そんな大江千里がポップスアーティストとしてその才能を如何なく発揮し、名実ともに頂点を極めた作品と言えるだろう。自身初のチャート1位を獲得。現在までのところ、大江千里のチャート1位はシングル、映像作品を含めて本作が唯一である。そうした数字面だけでなく、そのクオリティーにおいても『APOLLO』が勢いのピークであったことを本人も述懐している。ちなみに、この翌年にリリースされた23thシングル「格好悪いふられ方」が彼のシングルでは最大のヒット曲であり、このシングルヒットも『APOLLO』の頃には見えていたというから(のちに本人が文藝春秋のインタビューで「次の『格好悪いふられ方』(1991年)でシングルヒットを狙うための助走もついてました」と応えている)、スタッフワークも含めて気力も相当に充実していたのだろう。

全11曲。メロディーは全て申し分がないクオリティーで、捨て曲がない。どんなアーティストでもアルバムとなると、アルバムならでは…というか、親しみやすさの薄いナンバーであったり、時には実験的な楽曲が収録されていたりすることもあるのだが、『APOLLO』にはそれがないのである(大江千里の全作品を比較したわけではないので、それが事実誤認であるとしたら、先に謝っておくが)。例えば、M4「舞子VILLA Beach」やM8「竹林をぬけて」でのディスコティックなサウンドがイメージする大江千里とは若干趣を異にした印象ではあったが、それにしても若干というくらいで、メロディーの親しみやすさには普遍性を感じるほどである。また、歌メロもさることながら、M9「dear」やM11「星空に歩けば」は楽曲冒頭のイントロのフレーズからしてキャッチーで、ポップさがあふれんばかりなのもポイント。しかも、それらが取って付けた感じではなく、あたかも最初からそこにあったかのように配置されているところは、まさに職人技と言えるであろう。

細かいところを見ていくと、さりげなく…ではあるが、それでいて確実に自己主張する楽器たちの音色も聴き逃せない。個人的に注目したのはエレキギター。M9「dear」では不協気味なノイジーさを、M10「これから」ではプログレ風のドラマチックさを、そしてM11「星空に歩けば」ではメロディアスな旋律を…と、それぞれにタイプは異なるものの、楽曲になくてはならない彩りを添えている。あと、この辺は1990年前後の時代性もあるのだろうか、電子音の使い方も興味深い。前述のダンサブルなM8「竹林をぬけて」で如何にも…といった感じのピコピコしたサウンドが聴けるほか、ミディアムナンバーであるM5「あなたは知らない」では機械的な鍵盤の音を導入。また、ポップなR&Rと言えるM6「やっと気がついた」ではニューウェイブ的な音使いがされていたりと、ひと工夫、ふた工夫を加えているところにポップミュージックの面白さが垣間見える。この辺は本人もさることながら、シングル「十人十色」以来、長きに渡って大江のパートナーとしてほとんどの作品に参加したアレンジャー、清水信之の手腕によるところも大きいのだろう。上記の他にもM1「APOLLO」でのソウルミュージック風味もいいし、サーフミュージック的なテイストを加えたM2「たわわの果実」もなかなかの聴き応えで、いずれも試行錯誤しながらも、優れた作品を創り上げようとチーム一丸となって臨んでいたことが分かる。

■現在につながる決意を秘めた歌詞

ここまでアルバムで言えば9作品分も楽曲を作ってきたソングライターだけあって、もちろん歌詞も、どれもこれもさすがに手練れの匂いが漂う。例えば、下記のM9「dear」の歌詞などはそのシチュエーション設定と言葉選びは1990年代のど真ん中といった印象。まさに職人芸と呼ぶに相応しい。

《渋滞のスクランブルで 見覚えあるシャツを見つけた/降りだした雨にせかされて 傘もささずに走ってた》《ひたむきなその横顔と 夜更けの路地ずぶぬれの髪》《人ごみに埋もれて歩く 生活から離れられない》(M9「dear」)。

その他、サビの英語的な語感も楽しいM2「たわわの果実」や、恋愛初期の瑞々しさを綴ったM4「舞子VILLA Beach」、所謂“負け犬”的な視点が彼の作風としては意外な気もするM7「8年土産」の歌詞もいいが、注目なのは現在の大江千里のポジションに通じているとも考えられる以下の歌詞ではなかろうか。

《あたりまえの未来が あたりまえに叶うから/むくわれない希い 気づかなかった/出逢った頃のあの日に戻りたい》《届くはずない未来 いつのまにか追い越して/もう何が起こっても 届かない/夢中で錆びたペダルをこいだ》(M1「APOLLO」)。

《やっと気がついた/やっと気がついた/今夜を逃せば決め時はもう来ない/身体をください》《やっと気がついた/やっと気がついた/乗るときゃ乗らなきゃ この波はもう来ない/ベッドをください》(M6「やっと気がついた」)。
《騒がしい風にせかされたら 少し休めばいい/静かな草に耳を澄ますと 明日が聞こえてくる》《追われてる今に疲れたら たまに歩けばいい/静かな川に耳を澄ますと 夜明けが聞こえてくる》(M11「星空に歩けば」)。

M1「APOLLO」は滞在中のニューヨークで作った曲で、これができた時にアルバムのレコーディングをニューヨークで行なうことを決めたという。そう思うと、上記の歌詞は意味深だ。随分と冷静であると思えるし、何か開眼しているとも言える。邦楽シーンで確固たる人気を獲得していながらも、それとは迎合していないというか、微妙な位置関係を保っているようにうかがえる。本作が大江千里にとってアーティスト人生のターニングポイントとなったという、本人による明確な言質は発見できなかったけれども、彼がのちに自ら望んでジャズミュージシャンに転身し、現在、ニューヨークを拠点に活動していることを考えれば、この辺の歌詞は決意表明だったとも思える。ポップさの裏に隠された確かな意思。名盤と呼ぶに十分な条件が揃った作品であることは間違いない。

TEXT:帆苅智之

アルバム『APOLLO』

1990年発表作品



<収録曲>
1.APOLLO
2.たわわの果実
3.BAY BOAT STORY
4.舞子VILLA Beach
5.あなたは知らない
6.やっと気がついた
7.8年土産
8.竹林をぬけて
9.dear
10.これから



【関連リンク】
大江千里のヒット作『APOLLO』に垣間見る現在の活動スタンスにも通じる表現者の意思
大江千里まとめ
『YON FES 2019』、第2弾出演アーティストにBLUE ENCOUNT、クリープハイプら発表

【関連アーティスト】
大江千里
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, CD, アルバム

『YON FES 2019』、第2弾出演アーティストにBLUE ENCOUNT、クリープハイプら発表
Wed, 16 Jan 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年4月6日(土)・7日(日)の2日間にわたって、愛知・モリコロパーク(愛・地球博記念公園)で行なわれる野外フェス『YON FES 2019』の第2弾出演アーティストが発表された。

今回発表されたのはBLUE ENCOUNT、ONIONRING、teto、かりゆし58、クリープハイプの計5組。主催者である04 Limited Sazabysの呼びかけにより、今後も追加される予定とのことだ。

チケットは、『YON FES 2019』オフィシャルHP2次先行を1月23日(水)まで受付中! 1日入場券のみの販売となっている。その他詳細はイベントHPにて。

■『YON FES 2019』

4月06日(土) 愛知・モリコロパーク(愛・地球博記念公園)
4月07日(日) 愛知・モリコロパーク(愛・地球博記念公園)
開場9:30 開演11:00 終演19:00(各日共予定)
※雨天決行(荒天の場合は中止)

<出演>
■4/6(土)公演
04 Limited Sazabys / 10-FEET / My Hair is Bad / ONIONRING / SHANK / teto / かりゆし58 / 四星球/ and more!
■4/7(日)公演
04 Limited Sazabys / BLUE ENCOUNT / Hump Back / KEYTALK / SiM / SPECIAL OTHERS / SUPER BEAVER / クリープハイプ / ハルカミライ / and more!

<チケット>
4月06日(土):1日入場券¥6,900(税込)
4月07日(日):1日入場券¥6,900(税込)
2日通し入場券:¥13,500 (税込)※SOLD OUT

■オフィシャルHP2次先行(抽選)
1月16日(水)21:00〜1月23日(水)23:59
詳細:http://w.pia.jp/t/yonfes2019/



【関連リンク】
『YON FES 2019』、第2弾出演アーティストにBLUE ENCOUNT、クリープハイプら発表
04 Limited Sazabysまとめ
ONE OK ROCK、総勢53名のオーケストラを従えた新曲「Stand Out Fit In」のライブ映像公開

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, チケット

ONE OK ROCK、総勢53名のオーケストラを従えた新曲「Stand Out Fit In」のライブ映像公開
Thu, 17 Jan 2019 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ONE OK ROCKが2019年2月13日にリリースする最新アルバム『Eye of the Storm』より、新曲「Stand Out Fit In」のオーケストラバージョンのライブ映像を公開した。

こちらは2018年10月にさいたまスーパーアリーナ、大阪城ホールで開催された『ONE OK ROCK with Orchestra Japan Tour 2018』で同曲を初披露した際の映像。総勢53名のオーケストラを従えたライブツアーはバンド史上初の試みとなったが、重厚なオーケストラの響きに絡み合うリアレンジされたONE OK ROCKの楽曲に、会場に集まったファン達は酔いしれていた。

「Stand Out Fit In」はアルバムからの先行として既に配信されているが、貴重なオーケストラバージョンのライブ映像もぜひチェックしてほしい。

アルバム『Eye of the Storm』

2019年2月13日(水)発売



【初回盤】
AZZS-81/¥3,780(税込)
【通常盤】
AZCS-1074/¥3,240(税込)
<収録曲>
1. Eye of the Storm
2. Stand Out Fit In
3. Head High
4. Grow Old Die Young
5. Push Back
6. Wasted Nights
7. Change
8. Letting Go
9. Worst in Me
10. In the Stars (feat. Kiiara)
11. Giants
12. Can\'t Wait
13. The Last Time

<各種配信サイト>
https://amuse-inc.lnk.to/ONEOKROCK
<iTunes プレオーダー>
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/1441633532?mt=1&app=itunes&at=1001lKRm



【関連リンク】
ONE OK ROCK、総勢53名のオーケストラを従えた新曲「Stand Out Fit In」のライブ映像公開
ONE OK ROCKまとめ
Kitri、1st EP『Primo』の先行配信がスタート

【関連アーティスト】
ONE OK ROCK
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 新曲, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1