歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年05月22日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
GRANRODEO、e-ZUKA(Gu)の地元新潟での凱旋公演が大盛況
Mon, 21 May 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GRANRODEOがギタリスト・e-ZUKAの出身地である新潟県十日町市にある越後妻有文化ホール・段十ろうにて、5月19日20日の2日間に渡り凱旋ライブを開催。各日700人、両日合わせて1400人を動員し、チケットは即日完売となる大盛況のうちに幕を閉じた。地元への感謝の気持ちを込めた本公演には、十日町市商店会、十日町市教育委員会が全面協力。会場には地元商店×GRANRODEOとの限定コラボレーショングッズ販売コーナーや、限定コラボメニューの飲食ができるフードコートが設けられ、両日多くのファンで賑わった。

GRANRODEOとしては2018年初のワンマンライブとなった本公演は、開演前のBGMにはe-ZUKA本人がセレクトしたルーツミュージックをフィーチャーし、幕間には彼が卒業した十日町高校校歌が流れるなど、内容も凱旋公演ならではのスペシャル感が満載だった。最新シングル「Deadly Drive」、ライブでは初披露となる「マジカル・ストーリー」などの新曲群、「Can Do」などの大ヒットナンバーなど、両日ともダブルアンコールを含めた全20曲を披露。普段はテクニカルな演奏で魅了するe-ZUKAが、ファンにも大人気のラブソング「Infinite Love」をファンクラブ会員からプレゼントされたギターで弾き語るというレアなパフォーマンスにも超満員の観客は熱狂。最終日となる20日のダブルアンコールラストは、彼らのデビューシングル「Go For It!」の40回以上に及ぶコールアンドレスポンスで、歓喜に満ちた2日間を締め括った。

さらに、8月にはヴォーカル・KISHOWの地元である山口県宇部市での凱旋ライブ開催を発表! 詳細はGRANRODEOのオフィシャルHPにてチェックしてほしい。

Photo by キセキミチコ

【セットリスト】
■5月19日
01.SEED BLASTER
02.SUPERNOVA
03.Pierrot Dancin\'
04.Can Do
05.Once & Forever
06.Y・W・F
07.マジカル・ストーリー
08.BRUSH the SCAR LEMON
09.サマーGT09
10.HAPPY LIFE
11.少年の果て
12.Deadly Drive
13.RIMFIRE
14.NO PLACE LIKE A STAGE
15.ROSE HIP-BULLET
16.modern strange cowboy
17.delight song
E1.Infinite Love
E2.Punky Funky Love
E3.バラライ
W1.Go For It!

■5月20日
01.SEED BLASTER
02.SUPERNOVA
03.Pierrot Dancin\'
04.Can Do
05.move on! イバラミチ
06.Y・W・F
07.マジカル・ストーリー
08.Urban Sweet
09.Snow Pallet
10.HAPPY LIFE
11.少年の果て
12.Deadly Drive
13.メモリーズ
14.NO PLACE LIKE A STAGE
15.カナリヤ
16.modern strange cowboy
17.delight song
E1.Infinite Love
E2.The Other self
E3.バラライ
W1.Go For It!

『GRANRODEO LIVE 2018 KISHOW 宇部凱旋 ロデオぶるとっぴん 〜暑ぅてわやになりそうじゃけえ皆でぶち盛り上がろうや〜』

8月11日(土) 山口県宇部市・渡辺翁記念会館
<チケット>
全席指定¥7,000(税込)



【関連リンク】
GRANRODEO、e-ZUKA(Gu)の地元新潟での凱旋公演が大盛況
GRANRODEOまとめ
My Hair is Bad、武道館公演の模様を収めた映像作品をリリース決定

【関連アーティスト】
GRANRODEO
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ユニット, ライブ, ワンマン, セットリスト, ライブレポ, レポート

My Hair is Bad、武道館公演の模様を収めた映像作品をリリース決定
Mon, 21 May 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

My Hair is Badが3月30日(金)31日(土)に開催した日本武道館公演が、映像作品『My Hair is Bad ギャラクシーホームランツアー 2018.3.30,31』として8月8日(水)リリースされることが決定した。初めての武道館公演にして2日間公演を組むも、チケットは即日完売となった伝説のライブ。その衝撃を目撃することができなかったファンには待望の映像化となる。

本作は2日目の3月31日(土)公演を完全収録するだけでなく、1日目となる3月30日(金)の公演から2日目に演奏しなかった楽曲を収録することで、2日間のセットリストを完全収録! さらに、武道館へと至る道のりに密着した『ギャラクシーホームランツアー』のドキュメントも収められるとのこと。バンド初の単独映像作品は、バンドにとってもファンにとっても10周年を祝うにふさわしい濃厚なものになりそうだ。

なお、My Hair is Badは早くも次のツアーとして6月2日(土)から『セーフティーバントツアー』として東京・札幌・名古屋・大阪で行なうZeppツアーを控えている。ファンの方は映像作品とともに、こちらも是非チェックしてほしい。

Blu-ray&DVD『My Hair is Bad ギャラクシーホームランツアー 2018.3.30,31』

2018年8月8日(水)発売



【Blu-ray】
UPXH-20068/¥5,800+税
【DVD(2枚組)】
UPBH-20222/3/¥5,000+税
<収録内容> ※Blu-ray、DVD共通
武道館へと向かっていくホールツアーのドキュメントも含む、My Hair is Bad武道館2DAYS、全セットリストを完全収録

『セーフティーバントツアー』

6月02日(土)  東京・Zepp Tokyo
6月09日(土)  北海道・Zepp Sapporo
6月16日(土)  愛知・Zepp Nagoya
6月23日(土)  大阪・Zepp Osaka Bayside



【関連リンク】
My Hair is Bad、武道館公演の模様を収めた映像作品をリリース決定
My Hair is Badまとめ
MUCC、Zepp Tokyoにて完全復活!各メンバー書き下ろしの新曲を含むシングルリリース決定

【関連アーティスト】
My Hair is Bad
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売, ライブ, ツアー

MUCC、Zepp Tokyoにて完全復活!各メンバー書き下ろしの新曲を含むシングルリリース決定
Mon, 21 May 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

有期限活動休止となっていたMUCCが、5月21日(月)のZepp Tokyo公演にて待望の復活ライヴ『MUCC 2018 〜復活の夜〜 The WALL-CRIMEorDESTROY-』の初日公演を行なった。いつものライヴとはまた違った期待感を持って青海の地に赴いた夢烏(ムッカー:MUCCファンの呼称)も多かっただろう。そう、本公演は事前にサブスクリプションサービス『Spotify』を用いてセットリストの一部が募集されており、その“答え合わせ”がこの公演の中で行なわれたのだ。

そんな夢烏の期待と想いをのせた楽曲たちで紡がれた空間に、MC明けの7曲目。突如としてZepp Tokyoに聴きなれない楽曲が響き渡った。タイトルは「生と死と君」。ミヤ(Gu)が作詞・作曲したこの曲は、愛する誰かとの別れを想像させるような詞が印象的だが、最後にやさしく囁くように歌い上げられた《明ける夜と 生と死と君》という言葉には単に死生観を表しただけではない何かが感じられる。 続く「TIMER」は逹瑯(Vo)が作詞・作曲を担当。4月に出演した『hide 20th memorial SUPER LIVE「SPIRITS」』で初披露された楽曲だ。静かで優しいけどパンク、だけど、どこかポストロックの空気感をまとったこの曲は、ジャンルの垣根を越えて様々な楽曲に触れ、創り上げてきたからこそ奏でられるのはないだろうか。

9曲目は作詞をSATOち(Dr)と逹瑯、作曲をSATOちが担当した「レクイエム」。そのタイトル通り美しい言葉で綴られた安息を願うこの曲は、オーケストラの音色が楽曲の世界をさらに広く、ドラマティックに感じさせてくれる。 続く10曲目はYUKKE(Ba)が作詞・作曲した「マゼンタ」。悲しみや寂しさの中にマゼンタという色が持つ“神聖な愛"を表したYUKKE流のラヴソングだろう。

ライヴでは5曲が新曲として披露されたが、このうち前述の各メンバーが書き下ろした4曲が1つのシングルとして7月25日にリリースされる。このシングルの発表に伴い、新しいアーティスト写真も公開された。通常のポートレートとは別にオフィシャルHP上でのみ公開されている各メンバーの個人アーティスト写真は、WEB上で写真の一部が動く“シネマグラフ”手法を用いた斬新なものとなっている。こちらは動きの部分がそれぞれの楽曲テーマと連動しており、ヴィジュアル面でもより深くメンバーそれぞれの世界観を体感できるはずだ。なお、アーティスト写真、新バンドロゴ(梵字)は、引き続きアートディレクターのKei Kamachi (RFA digital brains Inc. / RFA GOLD Inc.) が企画・制作を担当している。

20年歩んできたバンド人生での経験をメンバーそれぞれが血肉に変え生み出した新曲たち。そして有期限活動休止期間を経て完全復活の狼煙をあげた、“今”の MUCCを等身大で感じられるニューシングルを、是非その手にとって体感してほしい。

また、リットー・ミュージックよりSPECIAL ARTIST BOOK『MUCC』の発売も告知された。こちらも各メンバーの使用/所有機材の解説や各メンバーの実寸大“手のひら画像”など夢烏垂涎の代物なので、気になる方はぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

シングル「タイトル未定」

2018年7月25日(水)発売



【初回盤】(CD+エムカード)
MSHN-047〜048/¥2,300(税込)
<収録曲>
■CD
1.生と死と君(作詞 / 作曲ミヤ)
2.TIMER(作詞 / 作曲逹瑯)
3.レクイエム(作詞SATOち、逹瑯 / 作曲SATOち)
4.マゼンタ(作詞 / 作曲YUKKE)
※全曲編曲ミヤ
■初回盤特典
エムカード
※Zepp Tokyo公演写真、新曲メンバーインタビューなど随時更新予定!

【通常盤】(CD)
MSHN-049/¥1,800(税込)
※収録曲は初回盤と同様になります。

SPECIAL ARTIST BOOK『MUCC』

2018年6月29日(金)発売



定価:¥2,500+税
※A4変形判 / 176ページ
<内容>
メンバー個々にスポットを当てたバンド初の「楽器ノ書」。

■リットーミュージック商品ページ
https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3117213010/
■amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4845632438

MUCC 2018 Lock on snipe Tour #1『北海道型収監6days』

6月01日(金) 函館club COCOA
6月03日(日) 帯広MEGA STONE
6月04日(月) 北見オニオンホール
6月06日(水) 旭川CASINO DRIVE
6月09日(土) 小樽GOLDSTONE ※THANK YOU SOLD OUT!!
6月10日(日) 苫小牧ELLCUBE ※THANK YOU SOLD OUT!!



【関連リンク】
MUCC、Zepp Tokyoにて完全復活!各メンバー書き下ろしの新曲を含むシングルリリース決定
MUCCまとめ
10-FEET、映像作品『京都大作戦』特別先行試写会のチケット一般販売スタート

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売, ライブ, ライブレポ, レポート, 再始動

10-FEET、映像作品『京都大作戦』特別先行試写会のチケット一般販売スタート
Mon, 21 May 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月27日にリリースされる映像作品『京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY! 〜心ゆくまでご覧な祭〜』の映像を劇場用に編集し、全国3カ所(東京・京都・兵庫)の映画館にて、主催者である10-FEETのメンバー舞台挨拶付き特別先行試写会が開催される。それに伴い、10-FEET MOBILE会員でのチケット先行受付が行なわれていたが、5月24日(木)より一般発売が開始されることとなった。

『京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY! 〜心ゆくまでご覧な祭〜』は、Blu-rayで2枚組、DVDで4枚組という特大ボリュームとなる見込みで、2007年から2016年までをドキュメント中心にまとめた『京都大作戦2007-2016 〜心ゆくまでご覧な祭〜』と、昨年の模様をライブ中心にまとめた『京都大作戦2017 LIVE 〜心ゆくまでご覧な祭〜』という2つで構成される。Blu-ray、もしくはDVDのみの通常盤のほか、京都大作戦のアイコンとも言える舞妓さんの10年分を集約したスペシャル・デザインのTシャツが付属する完全生産限定盤も用意されるが、販売数に限りがあるので、希望サイズのTシャツを確実にゲットしたいなら早期に予約した方が良さそうだ。また、DVDのみでそれぞれ単独の商品もラインナップされるとのこと。

その発売を記念して行なわれる特別先行試写会は、臨場感溢れるライブと、貴重なドキュメント映像を映画館の大スクリーンと大音量で発売よりひと足先に堪能することができる絶好のチャンス。お見逃しなく!

『10-FEET DVD/Blu-ray「京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY!〜心ゆくまでご覧な祭〜」発売記念10−FEET舞台挨拶付き特別先行試写会』

6月03日(日) 兵庫・MOVIXあまがさき
時間:13:00〜
6月03日(日) 京都・MOVIX京都     
時間:18:00〜
6月15日(金) 東京・新宿バルト9     
時間:19:00〜
※全国3館 上映回数1回 

<チケット>
・一般発売
5月24日(木)10:00〜各公演
※開演の1時間前まで販売
※本受付は先着順となり、販売予定枚数に達し次第終了となります。
※ご購入後のチケットの枚数変更・キャンセル等はできません。あらかじめご了承ください。
http://www.uconnect-ticket.jp/artist/10-feet

Blu-ray&DVD『京都大作戦2007-2017 10th ANNIVERSARY! 〜心ゆくまでご覧な祭〜』

2018年6月27日発売



※希望サイズを確実に入手するためには、2018年5月6日(日)までのご予約を推奨します。
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(kids130サイズ)】
UPXH-29018/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(XSサイズ)】
UPXH-29019/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(Sサイズ)】
UPXH-29020/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(Mサイズ)】
UPXH-29021/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(Lサイズ)】
UPXH-29022/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(XLサイズ)】
UPXH-29023/¥13,960+税
【完全生産限定盤 Blu-ray2枚組+Tシャツ(XXLサイズ)】
UPXH-29024/¥13,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(kids130サイズ)】
UPBH-29068/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(XSサイズ)】
UPBH-29069/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(Sサイズ)】
UPBH-29070/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(Mサイズ)】
UPBH-29071/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(Lサイズ)】
UPBH-29072/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(XLサイズ)】
UPBH-29073/¥11,960+税
【完全生産限定盤 DVD4枚組+Tシャツ(XXLサイズ)】
UPBH-29074/¥11,960+税
【通常盤 Blu-ray2枚組】
UPXH-20066〜7/¥11,960+税
【通常盤 DVD4枚組】
UPBH-20214〜7/¥9,960+税



【関連リンク】
10-FEET、映像作品『京都大作戦』特別先行試写会のチケット一般販売スタート
10-FEETまとめ
とくひされな(ex.がんばれ!Victory)、音楽活動を再スタート!&配信シングルリリース決定

【関連アーティスト】
10-FEET
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売, 出演, ライブ, 映画

とくひされな(ex.がんばれ!Victory)、音楽活動を再スタート!&配信シングルリリース決定
Mon, 21 May 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年5月20日に赤坂BLITZ(現マイナビBLITZ赤坂)で行なわれたワンマンライブで解散したガールズバンド・がんばれ!Victoryのリーダー兼ギタリストの“れな”改め“とくひされな”が、1年間の沈黙を破ってソロシンガー及びシンガーソングライターとして音楽活動を再スタート! その第1弾として、彼女の23回目の誕生日である6月6日(水)に1st デジタルシングル「結び目」を、がんばれ!Victoryがインディーズ時代に作品をリリースしていたredrec / sputniklab inc.より配信リリースすることがわかった。

この楽曲は、がんばれ!Victory時代の明るく元気なイメージから一転して、切なく透き通ったメロディとボーカルが美しく、なおかつドラマティックかつ力強いバラードに仕上がっている。《生きていく意味なんて 漠然としてて 昨日とか明日とか 小さな世界で手一杯》という歌い出しで始まる歌詞は、人生への不安、葛藤、苦しみがせめぎ合いながらも小さな希望を見出していこうとする彼女の決意表明のような味わい深い内容だ。

6月2日(土)18:00より放送されるFM PORT『TOKYO→NIIGATA MUSIC CONVOY〜SATURDAY SPECIAL〜』にて「結び目」のラジオ初オンエアも決定しているので、ぜひチェックしてほしい。

■【とくひされな コメント】

小学生の時始め10年続けたバンドを辞め、この1年間で色々失くし、色々手にし、今歌いたい事が「結び目」という曲になりました。ずっとギターを弾いてきましたが小さい頃から消えなかった夢、歌をスタートできるので、言葉にし、声にし伝え、刻んでいきたいです。後戻りできないし、する気もないのでその気持ちを連れて歌っていきます。

配信シングル「結び目」

2018年6月6日(水)配信



RCSP-0091/¥250(税込)
発売元:redrec / sputniklab inc.
※ iTunes Store、レコチョク等で発売




【関連リンク】
とくひされな(ex.がんばれ!Victory)、音楽活動を再スタート!&配信シングルリリース決定
とくひされなまとめ
がんばれ!Victoryまとめ
PENICILLIN、“S/Mっぽい”曲で構成したコンセプチュアルライブを開催

【関連アーティスト】
とくひされな, がんばれ!Victory
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, シングル, 発表, リリース, 配信, 再始動

PENICILLIN、“S/Mっぽい”曲で構成したコンセプチュアルライブを開催
Mon, 21 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

PENICILLINが5月19日(土)20日(日)に東京・キネマ倶楽部にて『PENICILLIN LIVE 2018 FINAL ANSWER 〜Blood Type:S / Blood Type:M〜』を開催した。両日とも会場は超満員。歓声と熱気が渦巻く中、ライブはスタートした。

その意味深なライブタイトルが示す通り、230曲を超えるオリジナル曲の中から今回はあえて“S/Mっぽい”というカテゴリーで選曲。S気質な楽曲でまとめられた1日目の“Blood Type:S”に対し、2日目の“Blood Type:M”はM気質な楽曲を披露した。カテゴライズされた楽曲たちとはいえ、PENICILLINらしい多彩な音楽性と表現力を持ってオーディエンスを巻き込み一体感あるライブを展開。また今回はサポートベーシストにCHIYU(ex.SuG)が迎えられ、メンバーとも息ぴったりのタイトなベース音とステージングで華を添えた。

アンコールラストまでその勢いは衰えることなく、終始エネルギッシュな圧巻のパフォーマンスでオーディエンスを魅了。バンド結成26年というキャリアを持つ彼らだからこそ成せるコンセプチュアルなライブであり、今もなお、初期衝動的な勢いや華やかさ、冒険心を忘れないPENICILLINの真髄を見せた2日間となった。

Photo by コザイ リサ



【関連リンク】
PENICILLIN、“S/Mっぽい”曲で構成したコンセプチュアルライブを開催
PENICILLINまとめ
SuGまとめ
私は私、俺は俺! 胸を張ってそう言いたい人に捧ぐ5曲

【関連アーティスト】
PENICILLIN, SuG
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ライブ, ライブレポ, レポート

私は私、俺は俺! 胸を張ってそう言いたい人に捧ぐ5曲
Mon, 21 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“もっと自由に”“個性を大切にしよう”というスタンスが元来好きです。息苦しさを感じるシチュエーションも少なくない世の中のせいか、なんだか最近は多様性を尊重する楽曲がカウンター的に増えてきている気がしませんか? Creepy Nutsの「みんなちがって、みんないい。」以降は特に。なので、今回は『私は私、俺は俺! 胸を張ってそう言いたい人に捧ぐ5曲』を新譜ものから集めてみました。どれも今鳴らす意味がある名曲!

■「アイム・ミー」(\'18)/CHAI

今回のテーマでまず挙げるべきアーティストですよね。コンプレックスを個性、アートとして“NEOかわいい”を提唱する話題沸騰中の“ニュー・エキサイト・オンナバンド”CHAI。「アイム・ミー」みたいな自由で素直な曲を聴いていると、わがままの大切さがよく分かってきます。アグレッシブに攻めたサウンドの「N.E.O.」もお勧めだけど、バグルスを彷彿とさせるこの恍惚感&カタコトっぽい英語も◎。MVのダンスがまたキュートです! 3rd EP『わがまマニア』に収録。

■「Easy Go」(\'18) /エレファントカシマシ

続いてはド頭から痺れっぱなしな“俺”の歌。テレビ東京系ドラマ『宮本から君へ』の書き下ろし主題歌というだけですごい(主人公・宮本浩はエレカシ・宮本浩次の名前が由来)のに、エレカシのデビュー31年目のスタートを告げるのが魂振り絞るようなアップナンバーである事実にも震えます。自分らしく生きて、《転んだらそのままで胸を張れ》ばいいと教えてくれる名曲! サビを締める歌詞が《俺は何度でも立ち上がるぜ》なのですが、こんなにカッコ良い“ぜ”は聴いたことがありません。

■「きみのみかた」(\'18) /きゃりーぱみゅぱみゅ

「つけまつける」「もんだいガール」など、ここぞのタイミングで世に疑問を投げかけるような楽曲を発表して、聴き手をハッとさせてきたきゃりーぱみゅぱみゅ。こういう時の彼女は全てを超越した、妖精みたいな存在感を放っていますよね。いろんな“見方”を肯定してくれる、少数派の“味方”。J-POPのど真ん中で多様性を尊重する姿勢はさすがです! ラップ調の歌い回しと音のリズムが抜群で、深いメッセージをあくまでポップに仕上げた点も素晴らしい。4月にリリースされた配信シングル曲。

■「FREAKS & GEEKS」(\'18) /ナードマグネット

6月に発売されるナードマグネット史上初となる両A面シングル「FREAKS & GEEKS/THE GREAT ESCAPE」のタイトル曲。得意のエモーショナルで青すぎる泣きメロに乗せて、画一的な価値観が渦巻くスクールデイズの息苦しさを見事に表現しています。教室の隅っこにいるヤツのほうが、将来は面白くなったりするんですよね。しかしまぁ、こういう状況って社会に出てもままあるし、《アイツらが間違ってる》と思ったのなら自分のその直感を信じるべきでしょう。みんな同じじゃつまらない!

■「フリースタイル全部」(\'18) /ゆるめるモ!×DOTAMA

ゆるめるモ!とDOTAMAの初コラボ曲。ほのぼのしたトラックの上で自由に生きることをピースフルに歌っていて、聴き進めるうちにグッと勇気が沸いてくる、とても感動的なナンバーになっています。《同じようなラップ 同じようなアイドルに可愛さ 格好良さ ばっかだ》なんて踏み込んだラインも。《いつのまにか決めつけられ いつのまにか閉じ込められ 大人しく止まってたら このまま終わっちゃうよ》とか、考えさせられるポイントがいっぱいです! 5月リリースのシングル「HIPPY MONDAYS EP」に収録。

TEXT:田山雄士

田山雄士 プロフィール:フリーのライター。元『CDジャーナル』編集部所属。同誌の他、『okmusic UP\'s』『ナタリー』『bounce』など、雑誌/WEBを中心にお仕事をしています。日本のロックバンド以外に、シンガーソングライターとか洋楽とか映画とかも好きです。



【関連リンク】
私は私、俺は俺! 胸を張ってそう言いたい人に捧ぐ5曲
CHAIまとめ
エレファントカシマシまとめ
きゃりーぱみゅぱみゅまとめ
ナードマグネットまとめ

【関連アーティスト】
CHAI, エレファントカシマシ, きゃりーぱみゅぱみゅ, ナードマグネット, ゆるめるモ!, DOTAMA
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!, ミュージックビデオ, MV, シングル, アルバム

フジファブリック、3カ月連続企画第2弾「1/365」の配信が5月23日よりスタート
Mon, 21 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フジファブリックの3カ月連続配信限定シングルリリース企画の第2弾「1/365」が、5月23日から配信される事が決定した。

「1/365」はNHK:Eテレ『メディアタイムズ』テーマソングとして書き下ろした楽曲。すでに番組内でもショートverがオンエアされたほか、同曲は『フジファブリック LIVE TOUR 2018 "帰ってきた!!三日月ADVENTURE"』でも披露されている。番組やツアーで聴いたファンからの音源化を待望する声に応える形で、今回配信限定シングルとしてリリースされることが決定したのだ。この配信にあたり、作詞・作曲を担当した加藤慎一(Ba)からコメントが到着しているので、ファンの方は目を通してみてはいかがだろうか。

また配信に先駆けて、フジファブリックのオフィシャルモバイル会員サイト『FAB CHANNEL』では先行試聴もスタート。配信を待てないというFABch会員の方は、ぜひ一足先にこちらもチェックして欲しい。

■3カ月連続配信限定リリース企画連動スペシャルサイト(スマホのみ)
http://ch.fujifabric.com/digital_release/
■FAB CHANNEL
http://www.fujifabric.com/fabchannel/

■【加藤慎一(Ba) コメント】

1/365はEテレ「メディアタイムズ」のOP曲で最初サビだけがあってフルサイズは半年以上期間が空いて制作しました。
そのおかげなのか少し不思議な楽曲になったので是非聴いてみてください。
この曲が皆さんの日々に寄り添えたら嬉しく思います。

配信限定シングル「1/365」

2018年5月23日より配信開始



※5月23日(水)0:00より下記のURLにてダウンロード可能
https://smar.lnk.to/3WKHSWN

『フジファブリック 2マンツアー"フジフレンドパーク 2018"』

6月22日(金)東京都・LIQUIDROOM
w/GLIM SPANKY
6月29日(金)大阪府・Zepp Osaka Bayside
w/スガ シカオ
7月06日(金)愛知県・Zepp Nagoya
w/東京スカパラダイスオーケストラ
7月13日(金)東京都・Zepp DiverCity TOKYO
w/竹原ピストル
7月14日(土)東京都・Zepp DiverCity TOKYO
w/ユニコーン



【関連リンク】
フジファブリック、3カ月連続企画第2弾「1/365」の配信が5月23日よりスタート
フジファブリックまとめ
魔法少女になり隊、おジャ魔女&エビ中カヴァー曲収録のシングルがついに配信決定

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 新曲, リリース, 配信, 主題歌

魔法少女になり隊、おジャ魔女&エビ中カヴァー曲収録のシングルがついに配信決定
Mon, 21 May 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2016年にタワーレコード限定でリリースされた魔法少女になり隊のシングル「BA・BA・BA ばけ〜しょん」が、多くの熱い要望に応えて遂にのデジタル配信開始となった。

シングルには私立恵比寿中学に楽曲提供し、エビ中ファンの間で高い人気を誇る「ちちんぷい」のセルフカヴァーと、魔法少女になり隊のライヴでも度々披露され、夏フェスなどでもセットリストレギュラーの座を獲得しているアニメ『おジャ魔女ドレミ』の主題歌「おジャ魔女カーニバル!!」のヘヴィ&アッパーな名カヴァーを収録。様々なライヴ現場で爆発的な盛り上がりを起こすこの2曲と、キラキラなダンスミュージックとゴリゴリのラウドミュージックを絶妙に融合した表題曲を収録したキラーシングルとなっている。

気になる方は是非購入して、これからフェス出演が多く控える彼女たちのライヴをより楽しめるようにしておこう。また既に大人気曲となっている新曲「?START」も配信中なので、そちらも要チェックだ。

シングル「BA・BA・BA ばけ〜しょん」

配信中



<収録曲>
1. BA・BA・BA ばけ〜しょん
2. おジャ魔女カーニバル!!
3. ちちんぷい

シングル「?START」

2018年6月20日(水)発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9814〜15/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
M1.?START
M2.シェキナゴン
M3.ミッドナイトシンドローム
M4.変幻自在のスパーキングZ
■DVD
01. [?START] MUSIC VIDEO
02. [魔法少女になり隊 ワンマンツアー〜まだ知らぬ勇者たちへ〜] LIVE AT 01.28 SHIBUYA TSUTAYA O-EAST DIGEST
my! show! time!
アルテ魔ダンテ
ヒトリ サク ラジオ
ヒメサマスピリッツ
完全無敵のぶっとバスターX
願い星
03. [OMAKE MOVIE]魔法少女になり隊 SPECIAL STORY SPOT ?外伝-(全10話)

【通常盤】(CD only)
SRCL-9816/¥1,000+税
<収録曲>
M1. 「?START」
M2. 「シェキナゴン」



【関連リンク】
魔法少女になり隊、おジャ魔女&エビ中カヴァー曲収録のシングルがついに配信決定
魔法少女になり隊まとめ
私立恵比寿中学まとめ
キリト、8月より東名阪ソロツアーを開催

【関連アーティスト】
魔法少女になり隊, 私立恵比寿中学
【ジャンル】
J-ROCK, 女性アイドル, アニメ・声優, ニュース, シングル, 発表, リリース, 配信

キリト、8月より東名阪ソロツアーを開催
Mon, 21 May 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ツアー『Tour 2018「REMISSIONARY」』を展開しているAngelo。そのヴォーカルであるキリトより、東名阪ソロツアーの開催が発表された。

2018年から約10年ぶりのソロ活動によりAngeloとキリトの二面性を展開しており、1月28日に東京・ディファ有明、3月11日に 品川・インターシティーホールにて行なわれたアコースティックライブの余韻も残る中、早くも次のライブが決定したのだ。

ツアーは8月17日(金)に名古屋 Electric Lady Land、8月24日(金)に大阪 UMEDA CLUB QUATTRO、9月2日(日)にはCLUB CITTA\'川崎とまわり、タイトルは『REAL CHARACTER』と題されている。また今回はバンド形態でのライブとなるとのことで、どのような世界と唄を魅せてくれるのか楽しみなツアーになりそうだ。

『KIRITO Club Circuit 2018「REAL CHARACTER」』

8月17日(金)  名古屋Electric Lady Land
8月24日(金)  UMEDA CLUB QUATTRO
9月02日(日)  CLUB CITTA\'川崎



【関連リンク】
キリト、8月より東名阪ソロツアーを開催
キリトまとめ
Angeloまとめ
chelmico、ワンマンライブにてメジャーデビューを発表

【関連アーティスト】
キリト, Angelo
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, 発表, ライブ, ツアー

chelmico、ワンマンライブにてメジャーデビューを発表
Mon, 21 May 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

話題沸騰中の女性ラップユニット・chelmicoが5月20日に渋谷 SOUND MUSEUM VISIONにて行なったワンマンライブ 『とにかくパーティー2018』が、大盛況のうちに終了した。

ライブは「Timeless」「Highlight」や「Love Is Over」などファンにはおなじみの曲から、この日が初披露となる新曲を含む全18曲を披露。途中のMCでは『1年ぶりのワンマンだよ〜! みんな最後まで楽しんでね〜!』と、観客を盛り上げる場面も。

またアンコールでは、chelmicoのふたりがラップを始めるきっかけになったRIP SLYMEが所属するレコード会社であるワーナーミュージック・ジャパンのunBOREDEより、8月8日にメジャー1stアルバムのリリース、さらに9月7日(金)にはWWWXにてワンマンライブを開催する事を発表。この日集まった500名のファンと共に喜びをかみしめた。ふたりは『憧れのワーナーミュージックからのデビューは夢みたい! これからバンバンリリースするから応援してください!』と、メジャーデビューに向けての熱い想いを語り、ライブは大盛況のうちに幕を閉じた。

さらに先日配信した「OK, Cheers!」のMVティザー映像が本編に先立ち公開となった。新たな作品作りに挑戦していくことを宣言したchelmicoの今後もぜひチェックしてほしい。

Photo by Aki Ishii

【セットリスト】
Timeless
ラビリンス\'97
Good morning
Give Me Love
Oh,Baby
BANANA
Night Camel
3rd Hotel
Summer Holiday
Drive
Honey Bunny
ずるいね
OK,Cheers
ママレードボーイ
Countdown
Highlight
楽園ベイべー
Love Is Over

アルバム『POWER』

2018年8月8日発売



WPCL-12909/¥2,800+税
※初回プレス分:ステッカー封入
https://chelmico.lnk.to/POWER

『真夏のPOW』

9月07日(金)  WWWX
Open 18:00 / Start 19:00
<HP先行>
受付期間:5月21日(月)00:00〜5月27日(日)23:59
http://pia.jp/v/chelmico18hp/



【関連リンク】
chelmico、ワンマンライブにてメジャーデビューを発表
chelmicoまとめ
『アイドルマスターシンデレラガールズ』&『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の楽曲をアニュータで配信

【関連アーティスト】
chelmico
【ジャンル】
J-POP, ニュース, トレーラー, アルバム, 発表, ヒップホップ, ライブ, ワンマン, セットリスト, ライブレポ, レポート

『アイドルマスターシンデレラガールズ』&『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の楽曲をアニュータで配信
Mon, 14 May 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月13日(日)に千葉・幕張メッセイベントホールにて開催された『アニュータライブ2018「あにゅパ!!」』にて、『アイドルマスターシンデレラガールズ』と、7月より放送となるアニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の楽曲が、アニソン定額配信アプリ「アニュータ」にて配信されることが発表された。

『アイドルマスターシンデレラガールズ』は、ゲームサイズおよびショートサイズの楽曲を計33曲を5月14日(月)から配信開始。アニメ『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』関連の楽曲は、6月11日(月)より「アニュータ」独占先行配信となる。アニメより一足先に楽曲をチェック!

(c)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
(c)Project Revue Starlight

「アニュータ」ダウンロードURL

・Apple store https://itunes.apple.com/jp/app/id1214791564
・Google Play https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.aniuta.android.aniutaap



【関連リンク】
『アイドルマスターシンデレラガールズ』&『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』の楽曲をアニュータで配信
go!go!vanillas、ブルエンをゲストに迎えたWEBラジオのスペシャルVer.公開

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, ニュース, アニメ, 音楽配信

go!go!vanillas、ブルエンをゲストに迎えたWEBラジオのスペシャルVer.公開
Mon, 21 May 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

go!go!vanillasが不定期で更新しているWEBラジオ『go!go!Radio』が5月20日(日)に更新された。今回の『go!go!Radio』は5月5日(土・祝)に新木場STUDIO COASTにて開催した『FOOLs Tour 2018〜音楽馬鹿達と春のナイトピクニック〜』の最終公演後の楽屋から、対バン相手であったBLUE ENCOUNTをゲストに迎えたスペシャルVer.となる。

チケットはもちろんSOLD OUTし、大熱狂のうちに終了した同公演の終了直後の楽屋にて収録された本番組は、ライブ直後のメンバーの興奮が伝わってくる内容となっている。go!go!vanillas、BLUE ENCOUNTそれぞれのメンバーによるライブの感想をはじめ、この番組でしか味わえない両バンドの面白さ炸裂のトーク(!?)が堪能できるので、是非チェックして欲しい。

■WEBラジオ『go!go!Radio』
http://gogovanillas.com/radio/



【関連リンク】
go!go!vanillas、ブルエンをゲストに迎えたWEBラジオのスペシャルVer.公開
go!go!vanillasまとめ
BLUE ENCOUNTまとめ
DAOKOの新曲が『マジョリカ マジョルカ』SPムービーの主題歌に決定

【関連アーティスト】
go!go!vanillas, BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

DAOKOの新曲が『マジョリカ マジョルカ』SPムービーの主題歌に決定
Mon, 21 May 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DAOKOの未発表楽曲「種も仕掛けもある魔法」が使用されている、資生堂のセルフメイクアップブランド『マジョリカ マジョルカ』のスペシャルムービー『かわいい肌の舞台裏』が公開された。

ムービーにはブランドミューズである二階堂ふみが出演。楽曲は今回の話を受けてDAOKOが特別に書き下ろしており、『誰でもない私が、誰にもなれない私になる』という女の子が変身していく物語の世界観を表現したという。二階堂ふみが演じる主人公の女の子と、DAOKOの奏でる歌の絶妙なコラボレーションが『マジョリカ マジョルカ』の新しい世界を彩っているので、気になる方はぜひご覧になってほしい。



【関連リンク】
DAOKOの新曲が『マジョリカ マジョルカ』SPムービーの主題歌に決定
DAOKOまとめ
安室奈美恵、自身ラストとなるアジアツアーが大盛況のうちに幕

【関連アーティスト】
DAOKO
【ジャンル】
J-POP, ニュース, トレーラー, 発表, 新曲, 主題歌

安室奈美恵、自身ラストとなるアジアツアーが大盛況のうちに幕
Mon, 21 May 2018 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月に引退を迎える安室奈美恵が、5月19日・20日に台湾 台北にてアジアツアー『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜 in Asia』のファイナル公演を行なった。自身ラストとなるアジアツアーは3都市6公演となり、台北アリーナ公演では2日間で約2万2千人を動員した。

当日は、日本で開催中の全国ドームツアーと同じセットリストで、25年の歴史が踏襲されたベストライブといえる内容に。NHKリオ五輪のテーマソング「Hero」をはじめ、ドラマ主題歌としてヒットした「Mint」、日本のみならずアジアでも有名曲の「CAN YOU CELEBRATE?」、ダブルミリオンを突破したオールタイム・ベストアルバムのタイトル曲「Finally」など、全30曲を披露。

「Mint」では黒とゴールドの安室奈美恵らしいビスチェ&パンツスタイルでダンスパフォーマンスを披露し、「CAN YOU CELEBRATE?」では、純白のドレスに身を包み、華やかな演出とともに名曲を歌い上げていく。ライブ終盤の「Do It For Love」では『Everybody scream!!(みんな、叫べ!!)』と観客を煽ると、会場から割れんばかりの歓声が起こり、今日一番の盛り上がりをみせた。

アンコールでは、アニメ『ONE PIECE』の世界に安室奈美恵が飛び込んだスペシャルコラボ映像を背に、同アニメの主題歌である「Hope」を熱唱。台湾現地でも絶大な人気を誇るアニメと歌姫の奇跡のコラボレーションに、会場は大いに湧きあがる。

また、ステージで歌う安室奈美恵を見つめながら涙するファンの姿も多く見受けられ、彼女がいかに台湾でも愛されているかが伝わってくる暖かいライブとなった。最後は、ファンに見送られながらステージをあとにし、無事アジアツアーの最終公演が幕を閉じた。

1万人以上を動員する台北アリーナでのライブ回数は、海外アーティストとしてトップクラスというほどアジアでも人気が高い。安室が台湾を訪れたのは5月17日。空港には、最後に彼女を見ようと集まったファンと現地報道陣が500人以上集まったほどだ。

本ファイナルツアーも残すところ、日本で開催される東京ドーム公演(6月2日・3日)のみ。歌姫・安室奈美恵の最後のパフォーマンスをぜひ目に焼き付けて欲しい。



【関連リンク】
安室奈美恵、自身ラストとなるアジアツアーが大盛況のうちに幕
安室奈美恵まとめ
Yun*chi、5月31日開催のBDライヴより販売開始の新曲ジャケ写解禁!

【関連アーティスト】
安室奈美恵
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ, ツアー, ライブレポ, レポート

Yun*chi、5月31日開催のBDライヴより販売開始の新曲ジャケ写解禁!
Mon, 21 May 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Yun*chiが、5月29日に誕生日を迎えることを記念して5月31日に東京・LOFT9 shibuyaにてワンマンライヴ『Yun*chi BIRTH DAY LIVE Level.2』を開催。それにともない、当日のライヴ会場より販売開始となる新曲「ゴジラのため息」のジャケット写真が公開された。

公演は1部はアコースティックライヴ、2部はソロライヴの2部構成で、席に座りながらゆったりと楽しめるスタイルとのこと。また、合間のトークショーにはYun*chiの楽曲「Lucky Girl*」を作詞したDJ&プロデューサー・カワムラユキの参加が決定。さらには限定コラボフードやドリンク、写真集の販売も予定と盛りだくさんの内容でYun*chiの誕生日を一緒にお祝いするスペシャルなライヴになっている。

そして5月31日のライヴ内では発表もあるとのことなので、楽しみにしていてほしい。チケットは現在販売中。気になる方は早めのチェックをおすすめする。

■『Yun*chi BIRTH DAY LIVE Level.2』

5月31日(木) 東京・LOFT9 shibuya
18:30開場/19:30開演
バンドメンバー:ワタナベチヒロ(Dr)、楯岡裕人(Gt)、植木晴彦(Key)
トークショーゲスト:カワムラユキ

イープラス http://eplus.jp/sys/T1U14P002257687P0050001

シングル「ゴジラのため息」

2018年5月31日発売



※ライヴ会場限定販売



【関連リンク】
Yun*chi、5月31日開催のBDライヴより販売開始の新曲ジャケ写解禁!
Yun*chiまとめ
ばってん少女隊、生バンドを率いたワンマンライブが大盛況

【関連アーティスト】
Yun*chi
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

ばってん少女隊、生バンドを率いたワンマンライブが大盛況
Sun, 20 May 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ばってん少女隊が5月19日(土)に初の生バンドを背にしたワンマンライブ『5.19 ZEPP DIVERCITY大会〜博多美少女上京物語〜』を東京・Zepp Divercity(Tokyo)にて開催! 最高の楽曲を引っさげ、最強の生バンドを背負ったばってん少女隊はステージ狭しとキレキレに踊り、熱く歌い最高のパフォーマンスを披露した。

2017年末のワンマンライブで生バンドを背負ってのライブと発表して以来、遂に迎えた記念すべきライブという事もあり、ライブ前から会場に詰めかけたファンの熱気は高い状態の中、ステージ上には この日のステージの為に集められたすぺしゃるなバンドのメンバー(4106xxx(b.) 會田茂一(Gt.)柏倉隆史(Dr.)中村圭作(Key.)NARI(sax.)シーサー(Tp.)が登場しインスト曲「but-show TiME」がスタート、最強メンバーによる圧巻の演奏の中、格好良さとキュートさを兼ね備えた衣装を纏ったメンバー6名がステージ上に。そのまま、ばってん少女隊のキラーチューン「おっしょい!」からライブはスタート、会場の熱気は一気にピークに達し、その後も「よかよかダンス」「ばってん少女。」と怒涛のアッパーナンバーのパフォーマンスを見せ付けた。

最新シングル「無敵のビーナス」の歌唱の後、一度バンドメンバーは退出しステージ上はメンバー6名だけになった。4つ打ちディスコナンバー「bye bye bye」を歌唱した後は引き続きアッパーな楽曲をパフォーマンス、「のびしろ行進曲」で恒例の希山愛の紹介パートでの早口言葉にて、ツアー『ばってん少女隊の、田舎娘3rd〜ハカタダンスホールベイベー〜』の日程が発表された。メンバー、フロアともに歓喜に沸く中、バンドメンバーをステージに呼び込み、西垣有彩のコール&レスポンスのコーナーではバンドメンバーも参加して会場全体が一体となった。再び熱気が最高潮になった中、「びびび美少女」「ますとばい!」「己MYself」を披露、歓声が鳴り止まぬままステージ本編は終了。アンコールは再び「おっしょい!」を含む3曲をパフォーマンス、「ファンの皆さんがいたからこそ今日の最高の音楽を伝えられたと思います。ここにはとどまらず更なる上に皆さんを連れて行きます!」と上田がコメントし、この日最高の拍手と歓声に包まれた。この後、まさかのWアンコールでこの日3度目の「おっしょい!」をパフォーマンス、ステージは終了した。

5枚目のシングル「無敵のビーナス」をリリース、7月には活動の拠点・福岡での初ホールワンマン公演『7.16旗揚げ記念大会 〜博多美少女Vターン物語〜』をはじめ、各地でイベント出演、そして9月から3rdツアーも発表になった。更なる高みを目指して進むばってん少女隊から目が離せない。

Photo by 小田部怜

【セットリスト】
SE.but-show TiME
01.おっしょい!
02.よかよかダンス
03.ばってん少女。
04.MEGRRY GO ROUND
05.すぺしゃるでい
06.無敵のビーナス
07.bye bye bye
08.ころりんHAPPY FANTASY
09.フレッ!フレッ!フレンズ
10.ススメ!Mighty Girl
11.のびしろ行進曲
12.びびび美少女
13.ますとばい!
14.己Myself
<アンコール>
15.乙女ノ手札
16.STORM!
17.おっしょい!
<ダブルアンコール>
18.おっしょい!

【ライブ情報】

ホールワンマン『7.16旗揚げ記念大会 〜博多美少女Vターン物語〜』
7月15日(日) 福岡・スカラエスパシオ
7月16日(月) 福岡・福岡国際会議場

ツアー『ばってん少女隊の、田舎娘3rd〜ハカタダンスホールベイベー〜』
9月08日(土) 周南RISING HALL
9月09日(日) SECOND CRUTCH
9月14日(金) Sound Lab mole
9月16日(日) 仙台CLUB JUNK BOX
9月24日(月) 味園ユニバース
10月06日(土) 東京キネマ倶楽部
10月07日(日) 新潟・studio NEXS
10月13日(土) 長崎DRUM Be-7
10月14日(日) 熊本B.9 V1



【関連リンク】
ばってん少女隊、生バンドを率いたワンマンライブが大盛況
ばってん少女隊まとめ
THE BACK HORN、ファイナルが日本武道館ワンマンのアニバーサリーツアー開催発表

【関連アーティスト】
ばってん少女隊
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, ワンマン, セットリスト, ライブレポ

THE BACK HORN、ファイナルが日本武道館ワンマンのアニバーサリーツアー開催発表
Sun, 20 May 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE BACK HORNが5月20日(日)、東京Zepp DiverCityにて開催したミニアルバム『情景泥棒』のリリースツアー最終公演のステージ上で、結成20周年を締めくくるアニバーサリーツアー『THE BACK HORN 20th Anniversary 「ALL TIME BESTワンマンツアー」〜KYO-MEI祭り〜』を行うことを発表した。ツアーは10月1日(月)の新宿LOFT公演を皮切りに、自身3度目となる日本武道館で2019年2月8日(金)にツアーファイナルを行なう全18公演。

初期THE BACK HORNから聴き続けている人も、近年THE BACK HORNを知った人も誰もが楽しめる内容で、これまでのバンドの20年間の軌跡を存分に感じることが出来るツアーになる事は間違いないだろう。チケットの一般発売に先駆けて、ファンクラブほか各種先行予約も用意されているので、是非オフィシャルサイトをチェックしよう!

『THE BACK HORN 20th Anniversary「ALL TIME BESTワンマンツアー」〜KYO-MEI祭り〜』

10月01日(月) 新宿LOFT
10月05日(金) 札幌ペニーレーン24
10月13日(土) 盛岡Club Change WAVE
10月14日(日) KESEN ROCK FREAKS
10月19日(金) 浜松窓枠
10月21日(日) 米子AZTiC laughs
11月08日(木) 京都磔磔
11月10日(土) 金沢EIGHT HALL
11月11日(日) 長野club JUNK BOX
11月17日(土) 高松MONSTER
11月18日(日) 高知X-pt.
11月30日(金) 名古屋ダイアモンドホール
12月08日(土) 福岡DRUM LOGOS
12月15日(土) なんばHatch
12月16日(日) 広島クラブクアトロ
12月21日(金) 水戸LIGHT HOUSE
12月23日(日) 仙台Rensa
<2019年>
2月08日(金) 日本武道館 ※詳細後日発表
<チケット>
¥4,200(税込)※D代別
ファンクラブ先行第1次先行予約:5月21日(月)18:00〜5月28日(月)23:59
ファンクラブ先行第2次先行予約:6月08日(金)18:00〜6月18日(月)23:59

ミニアルバム『情景泥棒』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1338/¥3,200+税
【通常盤】(CD)
VICL-64966/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
1.Running Away
2.儚き獣たち
3.閃光
4.がんじがらめ
5.情景泥棒
6.情景泥棒〜時空オデッセイ〜
7.光の螺旋
■DVD ※初回限定盤のみ
『KYO-MEIワンマンライブ〜第三回夕焼け目撃者〜』日比谷野外大音楽堂 ライブ映像
1.シリウス
2.声
3.ひょうひょうと
4.晩秋
5.コワレモノ
6.アカイヤミ
7.枝
8.覚醒
9.孤独を繋いで 
10.シンフォニア
11.何処へ行く
12.グローリア



【関連リンク】
THE BACK HORN、ファイナルが日本武道館ワンマンのアニバーサリーツアー開催発表
THE BACK HORNまとめ
坂本龍一、韓国で初の特別展示会開催

【関連アーティスト】
THE BACK HORN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ツアー

坂本龍一、韓国で初の特別展示会開催
Sun, 20 May 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年5月26日にソウルの中心地である南山のふもと会賢洞(フェヒョンドン)でオープンする新しい文化・アート空間の“piknic”(GLINT社)。そのオープニングイベントとして、特別展示会『坂本龍一: LIFE, LIFE』が開催されることが発表された。5月から10月までの約5か月に渡って行われるこの特別展示は、5年前に同社が行なった大規模な『ECM:沈黙の次に美しい音』展と同じく音楽ファン、アート・ファンの心に残る展示になることはまちがいないだろう。この『坂本龍一:LIFE, LIFE』は2018年にデビュー40周年を迎える世界的なアーティスト・坂本龍一の音楽家、芸術家、そしてアクティビストとしての多様な歩みを紹介するかつてない規模の展覧会となる。

坂本龍一は1978年に結成された、テクノポップ・グループYMO (Yellow Magic Orchestra)の世界的な成功とともに国際的に知られるようになった。ソロアーティストとしてもデビューアルバム『千のナイフ』(1978)以降、ほぼすべてのアルバムが世界規模で発売されている。そしてもちろん、『戦場のメリークリスマス』(1983)、『ラストエンペラー』(1987)『シェルタリング・スカイ』(1990)など数多くの映画音楽でも注目を集めてきた。近年も米国映画『レヴェナント:蘇えりし者』(2015)日本映画『母と暮せば』(2015)韓国映画『天命の城』(2017)など世界各国の映画を手がけ、国際的な話題となっている。これら音楽家としての活動と同時に、坂本龍一は21世紀に入ってからは芸術家としても多くの作品を発表し、数々の芸術祭や美術展に出品するほか、自身も同時に札幌国際芸術祭2014など大規模な芸術祭のアーティスティック・ディレクターを務めている。こうした音楽や美術での活動により、坂本龍一は韓国国内でも名前をよく知られたポピュラーなアーティストになっている。

今回、韓国ではじめて開催される“坂本龍一特別展示”は、咽頭がんを克服したのちの2017年に発表したアルバム『async』をはじめとする、彼の膨大な音楽世界を様々な方向から紹介すると同時に、1980年代からこれまでの、ナムジュン・パイク、アルヴァ・ノト、高谷史郎、アピチャッポン・ウィーラセタクンなど、坂本龍一が行なってきた多くの美術家とのコラボレーション作品も展示・上映される。

世界的にもかつてない規模で行われるこの特別展示会『坂本龍一:LIFE, LIFE』は、坂本龍一というジャンルを超越した芸術家であり、ひとりの人間としての、これまでに見せてきたさまざな“LIFE”と“ART”を多元的に紹介する特別なイベントとなる。

【特別展示会『坂本龍一: LIFE, LIFE』みどころ】

1.映画音楽のマエストロ、坂本龍一の傑作を振り返る。
はじめて映画音楽を手がけるとともに、俳優としても出演した1983年の『戦場のメリークリスマス』(大島渚監督)から、坂本龍一の楽曲を効果的に使用した2018年の話題作『君の名前で僕を呼んで』(ルカ・グァダニーノ監督)まで、つねに映画界に名曲を提供する坂本龍一の足跡と功労を振り返る展示です。ペドロ・アルモドバル、ベルナルド・ベルトルッチ、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥなど、世界的な映画監督たちが信頼を寄せる映画音楽家・坂本龍一の代表曲と懐かしい名曲たちをじっくりとご鑑賞ください。

2.音と映像。坂本龍一と高谷史郎のインスタレーション作品を体験。
人工的な器楽音だけでなく、原始的な自然音も地球上の最も美しい音・音楽となることがあります。今回展示されるインスタレーション作品『LIFE - fluid, invisible, inaudible...』『water state 1(水の様態1)』は、自然音に対する坂本龍一の関心と敬意を、天と地と海を果てしなく循環する「水」という素材を通し、それらが高谷史郎の精緻な映像とデザインによって神秘的かつ瞑想的に表現されています。小さな展示室の中に満たされた巨大な自然。まるで宇宙から窓を開けて地球を眺めるような、特別な鑑賞体験となるでしょう。

3.私たちにとって未知の坂本龍一。そのいくつもの素顔。
80年代はアイドル? 90年代は前衛芸術家? そして2000年代は社会運動家? 日本という枠組みを越え、アジアをも越え、自由かつ進歩的な世界市民(ワールド・シチズン)の一員として、さまざまな顔を持つ坂本龍一。音楽が彼の人生を導き、また彼の人生が彼の音楽を変化させてきました。咽頭がんを患ったことは、大きな不幸であり試練ではあったものの、同時に死の恐怖を見つめながら作られた新しい音楽はより深い響きを持つように。はじめて開催されるこの特別展では、芸術を愛し、芸術家を夢見る若者たちの目標、ロール・モデルでもある坂本龍一の多様な姿を紹介します。

4.特別な空間と光景。piknicの屋上庭園へようこそ。
坂本龍一の40年の軌跡を辿る『坂本龍一: LIFE, LIFE』の締めくくりは、piknic屋上の大庭園。5月26日のオープン以降、展示が終わるまでの間、『坂本龍一: LIFE, LIFE』展を鑑賞したお客様だけが入場可能なルーフ・トップからは、北にはソウルの中心部の摩天楼、南にはソウルタワーと緑の稜線というまるで絵画のような景観をお楽しみいただけます。また、このルーフ・トップにあるラウンジでは、すべてのお客様へBluetoothヘッドフォンが提供され、そこからは坂本龍一の代表曲が流れてきます。すばらしい景観と音楽で屋上庭園ラウンジでのひと時をお楽しみください。

piknicオープン記念特別展示会『坂本龍一: LIFE, LIFE』

<開催期間>
5月26日(土)〜10月14日(日)
<時間>
月:休館
火曜日〜土曜日:11::00-21:00(最終入場20:00)
日曜日:11:00-19:00(最終入場18:00)
<入場料>
一般:(満19歳以上)15,000ウォン
学生:(満13歳以上) 12,000ウォン
子供:(満7歳以上) 10,000ウォン
※本展示の作品特性上、安全のため、満7歳未満のお子様の観覧は制限させていただいております。どうぞご了承ください。



【関連リンク】
坂本龍一、韓国で初の特別展示会開催
坂本龍一まとめ
西野カナ、10周年記念全国ホールツアー開幕!

【関連アーティスト】
坂本龍一
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 発表

西野カナ、10周年記念全国ホールツアー開幕!
Sun, 20 May 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年に自身初・平成生まれの女性ソロアーティスト初となるドームツアーを成功させた西野カナが、ドームツアーの最終公演(2017年9月23日・24日 東京ドーム)以来約8カ月ぶりに、デビュー10周年を記念した全国ホールツアーをスタートした。

10周年ということで、これまでライブツアーでは行ったことがなかった場所を中心に、全国23か所26公演という、自身のホールツアーとしては最多公演数の本ツアーによって47都道府県すべての場所でライブツアーを行ったことになる。このデビュー10周年初ライブとなるツアー初日の会場・市原市市民会館のある千葉県では、ライブツアーとしては初めての公演となった。

LIVE序盤、西野は最初のMCでこの日集まった約1,500名の観客に向けてツアースタートの喜びと感謝の気持ちを語った。「市原の皆元気ですか?千葉初上陸です!皆に会えて嬉しいです!来てくれてありがとう!前回のツアーはドームツアーだったけど、今回は皆の顔がよく見えます!後ろの席のほうまでばっちり見えてますよ!今日は一日楽しんでいきましょう!宜しくお願いします!」会場は大きな歓声に包まれた。

本ツアーは2017年にリリースしたアルバム『LOVE it』を引っ提げてのツアーでもある。『LOVE it』はSNSなどの“いいね!”という意味が込められており、本ツアーコンセプトも『街にあふれる“いいね”』がテーマ。西野カナ本人とファンが“いいね!”と思えるような仕掛けが散りばめられた演出になっており、メインのセットにはヨーロッパ調のフォトジェニックな“街並み”を構える。また、ホール規模では異例のセット転換も行われ、曲に合わせてレトロな世界観から近代的なセットへ大胆に様変わりする仕掛けにも注目だ。

セットリストは最新シングル「アイラブユー」を始め、「トリセツ」「Darling」「パッ」などのヒット曲も盛り沢山に披露された。会場全体でのコール&レスポンスやクラップ、タオルを回して盛り上がる曲など、ホールツアーならではの終始一体感を感じられるライブとなり、華々しく初日公演のスタートを切ることができた。

7月末までの本ホールツアーを終えると、8月末からは全国6か所12公演の全国アリーナツアーも控えている。デビュー10周年イヤーを精力的に活動する西野カナの活躍に今後も注目してほしい。

【ライブ情報】

全国ホールツアー 『LOVE it Tour』
5月24日(木) 石川・金沢歌劇座
5月25日(金) 富山・オーバード・ホール
5月29日(火) 秋田・秋田県民会館
5月31日(木) 山形・やまぎんホール
6月01日(金) 岩手・盛岡市民文化ホール 大ホール
6月04日(月) 茨城・茨城県立県民文化センター 大ホール
6月05日(火) 栃木・宇都宮市文化会館 大ホール
6月08日(金) 山梨・コラニー文化ホール 大ホール
6月12日(火) 京都・ロームシアター京都 メインホール
6月13日(水) 滋賀・滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール 大ホール
6月15日(金) 和歌山・和歌山県民文化会館 大ホール
6月16日(土) 奈良・なら100年会館 大ホール
6月19日(火) 佐賀・佐賀市文化会館 大ホール
6月20日(水) 大分・iichiko総合文化センター グランシアタ
6月22日(金) 宮崎・宮崎市民文化ホール 大ホール
6月29日(金) 沖縄・沖縄コンベンションセンター 劇場
6月30日(土) 沖縄・沖縄コンベンションセンター 劇場
7月13日(金) 愛媛・ひめぎんホール メインホール
7月14日(土) 高知・高知県立県民文化ホール オレンジホール
7月17日(火) 鳥取・とりぎん文化会館 梨花ホール
7月18日(水) 島根・島根県民会館 大ホール
7月20日(金) 宮城・仙台サンプラザホール
7月21日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
7月24日(火) 北海道・ニトリ文化ホール
7月25日(水) 北海道・ニトリ文化ホール

全国アリーナツアー2018『LOVE it Tour 〜10th Anniversary〜』
8月28日(火) 大阪・大阪城ホール
8月29日(水) 大阪・大阪城ホール
9月01日(土) 福岡・マリンメッセ福岡
9月02日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
9月08日(土) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
9月09日(日) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
9月14日(金) 愛知・日本ガイシホール
9月15日(土) 愛知・日本ガイシホール
9月22日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
9月23日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
10月09日(火) 神奈川・横浜アリーナ
10月10日(水) 神奈川・横浜アリーナ

■『LOVE it Tour』特設ページ
http://www.nishinoke.jp/loveittour2018/

シングル「アイラブユー」

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SECL-2279〜2280/¥1,481+税



【通常盤】(CD)
SECL-2281/¥1,165+税



【関連リンク】
西野カナ、10周年記念全国ホールツアー開幕!
西野カナまとめ
内田彩、これまでの楽曲全てを収録したベストアルバムリリース決定

【関連アーティスト】
西野カナ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, ライブレポ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1