歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年02月22日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
サイダーガール、シングル「パレット」ジャケット公開
Wed, 21 Feb 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

炭酸系ロックバンド・サイダーガールが、3月28日にリリースする2018年第1弾シングル「パレット」のジャケットおよび収録楽曲を発表した。表題曲となる「パレット」は、原作・赤瓦もどむの大ヒット少女コミック「兄友」(白泉社・花とゆめ)のドラマ&映画の主題歌として、バンド初となる書き下ろしの青春ラブソング。また、カップリングとして、アップテンポのロックチューンの「しょうがないよな」、ギターサウンドが印象的なミディアムソング「ハロー・ミュージック」が収録されている。

ジャケットは、サイダーガールのこれまでの作品でもイラストを手掛けている、かとうれいによる3代目サイダーガール・杉本愛理が瑞々しく描かれたデザインとなっている。併せて、前作に引き続き初回限定盤に封入されるラバーバンドのデザインも発表されたので、こちらも要チェックだ。

さらに、2月21日(水)21時〜放送のJ-WAVE「SONAR MUSIC」にて、「パレット」が初オンエアされるので、こちらもお見逃しなく!

シングル「パレット」

2018年3月28日発売



【初回限定盤】(CD+ラバーバンド)
UPCH-7398/¥1,800+税
<収録曲>
M-1 パレット
M-2 しょうがないよな
M-3 ハロー・ミュージック



【通常盤】(CD)
UPCH-5936/¥1,200+税

J-WAVE(81.3FM)「SONAR MUSIC」

ナビゲーター:藤田琢己
ミュージックレシーバー:【月】emma/【火】DAOKO/【水】Licaxxx
ミュージックオペレーター:【木】水野良樹(いきものががかり)
放送日時:(月)〜(木)21:00〜24:00
番組ページ http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
公式Twitter https://twitter.com/SONAR_MUSIC_813



【関連リンク】
サイダーガール、シングル「パレット」ジャケット公開
サイダーガールまとめ
『世良公則&ツイスト』はロックを世に広めた日本音楽史上最大のブレイクスルー作品

【関連アーティスト】
サイダーガール
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, リリース

『世良公則&ツイスト』はロックを世に広めた日本音楽史上最大のブレイクスルー作品
Wed, 21 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

正式なプロデビューが1978年だというから、今年デビュー40周年となる世良公則&ツイスト。『ザ・ベストテン』や『夜のヒットスタジオ』といったテレビの歌番組の全盛期に見事に乗ることで、日本の音楽シーンにロックを知らしめた先駆け的な存在として、今以上に高く評価されていいバンドである。デビューアルバム『世良公則&ツイスト』を当時の時代背景とともに振り返る。

■シーンを支えるアーティストたちが 影響を公言

去る2月12日、TBS系で放送された『歌のゴールデンヒット −青春のアイドル50年間−』を観た。昭和を代表する…いや、日本の芸能史にその名を刻む歌番組『ザ・ベストテン』のアーカイブスを有するTBSだけに、とある世代にはたまらない映像のオンパレードだった。6年振りに再稼動したピンク・レディー。スタジオゲストだった80年代のアイドル黄金時代の面々。自身初となる司会になった広末涼子のデビュー当時の姿。観どころは無数にあったのだが、個人的に惹かれたのは世良公則&ツイスト、Char、原田真二の所謂“ロック御三家”の演奏シーンだった。とりわけ世良公則&ツイストは、(これまたテレビ番組の話で恐縮だが)昨年末、NHKで放送された『The Covers』“ROOTS66”出演回でカバーされていた「銃爪」を興味深く観聴きしたこともあったので、改めて彼らの歴史的意義を噛み締めてしまったところだ。ちなみに、ご存知の方も多かろうが、“ROOTS66”とは、1966年生まれのアーティストによる音楽集団。大槻ケンヂ、増子直純(怒髪天)、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、斉藤和義、スガ シカオ、トータス松本(ウルフルズ)らが参加しており、昨年、アニメ『おそ松さん』のエンディングテーマ曲「レッツゴー!ムッツゴー!〜6色の虹〜」を手掛けたのが彼らだ。世良公則&ツイストは、そんな日本のロックシーンを支えるアーティストたちがその影響を公言するバンドである。彼らがいなかったら、今の日本のロックシーンはなかった…とは言わないまでも、今とは相当かたちを変えていたといっても決して過言ではない存在だと思う。

■歌謡曲がメインの時代に颯爽と登場

まず、世良公則&ツイストが登場してきた当時の音楽シーンの状況を少し語っておきたい。日本のロックの始祖と言われる、はっぴいえんどの『風街ろまん』が発表されたのが1971年。1972年にデビューしたキャロルが解散したのが1975年だし、サディスティック・ミカ・バンドや村八分、外道、四人囃子、頭脳警察といった伝説的なロックバンドがのちのシーンに多大なる影響を及ぼすこととなる作品を発表したのも1973〜1974年頃だ。

とはいえ、シーンのメインストリームは歌謡曲。ロックはまだまだ一部好事家たちのものであったことは間違いない。1975年には井上陽水のアルバム『氷の世界』がミリオンセラーを記録しているが、井上陽水は今でもフォークと括られることが多いようだし、荒井由実が年間アルバムチャートトップ20に4作品をランクインさせたのは1976年で、彼女はフォークとは異なる字義通りのニューミュージックをシーンに知らしめたわけだが、ユーミンの楽曲をストレートにロックと呼ぶには無理がある。

1960年代の“ビートルズを聴くのは不良”“エレキギターを持つのは不良”と言われていたような状況は少し緩和されていたのかもしれないが、誰も彼もがロックを口ずさむようなことはなかったし、ましてや小学生がロックアーティストの物真似をするようなことはなかった。それが1977年までの日本音楽シーンだった。

世良公則&ツイストは、世良公則(Vo)が高校生の時に加入した“FBIバンド”が前身だという。当初はThe Rolling Stones、Facesなどのカバーをしており、ブルース志向だったことから、広島の高校を卒業後、メンバー全員で当時ブルースが盛り上がっていた大阪の大学へ進学。のちに世良がヴォーカルに転向したタイミングで“ツイスト”に改名するが、大学卒業後、プロを目指さないメンバーがいたため、バンドは解散することとなり、彼らはそのけじめに…とヤマハポピュラーソングコンテスト=通称“ポプコン”への出場を決意。そこで演奏した「あんたのバラード」で見事にグランプリを獲得する。

続く、『世界歌謡祭』においてもグランプリを受賞。何とそのわずか12日後にシングル「あんたのバラード」が発売される(音源に収録されたのはその世界歌謡祭での演奏である)。そもそもツイストはポプコン出場を最後に解散する予定だったので、それ以前から世良は大学の同級生だった、ふとがね金太(Dr)と新バンド結成を約束しており、これまた同じ大学の大上明(Gu)、鮫島秀樹(Ba)、さらに太刀川紳一(Gu)、そして元々“ツイスト”のメンバーであった神本宗幸(Key)の6人で、“世良公則&ツイスト”が結成された。

つまり、厳密に言えば彼らのデビュー作「あんたのバラード」はバンドの持ち歌ではなかったのだ。バンド自体もヴォーカリストが同じなだけでメンバー構成から考えたらほとんど別バンドといっていい。世界歌謡祭グランプリ歌手は歌番組『夜のヒットスタジオ』に出演するという慣例があり、1979年11月の世界歌謡祭から1978年1月のテレビ出演まで時間がなかったため、性急にバンドメンバー探しを行なったという逸話があるが、当時はテレビの歌番組にそれだけ力があり、それが音楽シーンの絶対軸であったことの証左でもあろう。どう考えても急ごしらえの感は否めないが、世良公則&ツイストの正式なプロデビュー決定もその『夜のヒットスタジオ』出演後で、メンバーが上京したのはその翌月の2月だったというからさらに驚きである。

■世良のヴォイス&パフォーマンスの衝撃

だが、当時リアルタイムで世良公則の歌唱とバンドの演奏を目の当たりにした人なら、制作スタッフが半ば強引に彼らをデビューさせた理由もわかろうと言うものではないだろうか。“ロッド・スチュワート”的な長髪。鋭い眼差しながら、時折見せるさわやかな笑顔もチャーミング。ジーンズやレザーパンツなどでキメたシャープな出で立ち。時にガニ股でワイルドに体全体をリズミカルに揺らし、「宿無し」や「銃爪」等ではマイクスタンドを抱えてパフォーマンス(当時、それを物真似をした子供たちは多かったはず)。そして、世良公則最大の特徴と言えるハスキーで押しの強いヴォーカリゼーション。多くの人の耳目には衝撃的なものに映ったに違いない。

音楽入手手段のメインであったテレビの歌番組で、それまでこんな男を見たことはなかったのである。同時期の沢田研二も西城秀樹も十分にセクシーなシンガーであったが、彼らはブラウン管の中のスーパースターであり、手の届かない別世界の人という印象だった。一方、世良公則の場合は浮世離れしていない、等身大のスーパースターとでも言うべき存在であったと思う。その世良の歌、パフォーマンスを支えるバンド、即ちツイストも良かった。

それこそ沢田研二も当時は、ほとんど自身のバンドと言っていい“井上堯之バンド”とともに活動していたので、バンドの演奏自体は珍しいものではなかったが、1978年頃の沢田研二はやはりパフォーマンス、コスチュームが前に出ていた。それに比べてツイストの演奏は──特に「あんたのバラード」はブルースフィーリングを感じさせる泥臭いものであり、世良の歌声との相性が良かった。ミディアム〜スローテンポということもあってか、演奏も若干フリーキーで、イントロから印象的な音色を聴かせるピアノを始め、奔放なベースライン、攻めるギターと、バンドらしいグルーブがある。それが生々しく、当時は相当に新鮮であった。

■ロックバンドとしての自己主張が 随所にある

デビューシングル「あんたのバラード」は瞬く間にヒットチャートを席巻し、続く2ndシングル「宿無し」も50万枚を超える大ヒットとなって、一気に世良公則&ツイストは時代の寵児となる。その後、1978年7月に満を持してリリースされたのが1stアルバム『世良公則&ツイスト』である。本作は当然のようにチャート1位を記録。日本のロックバンドで、デビューアルバムがチャートの1位を記録したのはこのアルバムが初めてのことだ。

オープニングを飾るM1「男と女」のイントロから重めのギターリフを配置しているところにバンドの自己主張が感じられる。ベースラインも相変わらず奔放な印象で、ソウルフルなブラスもいい。M2「愛の嵐」もミドルテンポの重いロックチューン。歌に重なるエレキギターに独特のうねりがある上、リフもキャッチーで、ロックバンド然としたナンバーと言える。一転、M3「「心いやして……」」はストリングスとアコギ中心のナンバーで、どことなくボブ・ディランの「Knockin\' on Heaven\'s Door」を感じさせなくもない優雅なメロディーラインが特徴だ。M4「夜明けの恋」はファンキーなポップチューン。明るく開放的な主旋律はのちのシングル「燃えろいい女」にも通じる雰囲気がある。次のM5はデビューシングル「あんたのバラード」で、LP盤A面はここで終了。

B面は叙情的なメロディーを持つM6「酒事」でスタート。ストリングスがやや前面に出ている印象ではあるものの、世良の迫力あるヴォーカルでややアメリカンハードロック的な匂いを出した楽曲だ。大ヒットシングルM7「宿無し」は今聴くと最後の無伴奏の歌パートが取って付けたようなきらいがなくもないが、弾んだピアノ、ブギーなギター、サビのコーラスワークと聴きどころは多い。個人的に本作で最もストレートにロックを感じたのはM8「マギー」とM9「知らんぷり」だ。

ドラマチックなピアノとストリングスで構成されたM8「マギー」はモロにThe Rolling Stonesのバラードナンバーへのオマージュを感じさせるナンバー。ギターもいい感じに鳴いていて、間奏、アウトロがとてもいい。M9「知らんぷり」は正調なるR&R。ギターリフもまさしくロックだし、間奏のピアノが問答無用にカッコ良い。ちなみに前者がシングル「宿無し」のB面で、後者は「あんたのバラード」のB面で、カップリングゆえの実験精神もあったと思われるが、このバンドが真にロックを目指したことがありありと分かるようで、清々しくも思うところだ。ブラス、ストリングスがゴージャスに絡むビッグバンド風のM10「燃えつきぬ」は、そのサウンドに昭和の歌謡曲の香りを残しているが、アルバムのフィナーレには相応しく、これはこれで悪くはない作りだったと思う。

■端境期、過渡期ならではの特徴も発見

それまで歌謡曲中心だった音楽シーンは、1978年以降、世良公則&ツイストの登場をきっかけにロックが一般的なものへとなっていったことは間違いない。その後のサザンオールスターズ、甲斐バンド、ゴダイゴのブレイクも世良公則&ツイストや所謂“ロック御三家”の活躍とまったく無関係ということはなかろう。

その意味で彼らは音楽シーンの転換点であったと言えるが、アルバム『世良公則&ツイスト』は、そんな端境期ならではの特徴を感じられるところがある。それはメロディーと歌詞である。前述の通り、ミディアムテンポのルーズで重いサウンドはロックのそれなのだが、歌の主旋律がどことなく演歌っぽいのだ。いや、これまた前述したように欧米のロックの影響を隠し得ないナンバーもあるので全編がそうだというわけではないが、いくつかその匂いの濃い楽曲があり、それは歌詞にも関係していると思う。“Boy Meets Girl”は音楽に限らず、物語性のあるものの基本のひとつであろうし、世良公則&ツイストもまた、M1「男と女」が象徴するように恋愛観を歌ったものばかりだ。それはそれでいい。だが、M2「愛の嵐」に出てくる《旅ガラス》というフレーズや、M6「酒事」のタイトルは、今のロックシーンではなかなかお目にかかれない代物だ。過渡期ゆえのミクスチャー要素ではなかったかと想像できる。この辺は大阪ブルースの影響からのメンバーの指向であったのか、スタッフワークも含めて導き出されたものなのかわからないが、なかなか味わい深いことは間違いない。興味を持った人はぜひ聴いてみてほしい。

TEXT:帆苅智之

アルバム『世良公則&ツイスト』

1978年発表作品



<収録曲>
1.男と女
2.愛の嵐
3.「心いやして……」
4.夜明けの恋
5.あんたのバラード(第8回世界歌謡祭より)
6.酒事
7.宿無し
8.マギー
9.知らんぷり
10.燃えつきぬ




【関連リンク】
『世良公則&ツイスト』はロックを世に広めた日本音楽史上最大のブレイクスルー作品
世良公則&ツイストまとめ
Yogee New Waves、『SPRING CAVE e.p.』発売記念インストアイベントが決定

【関連アーティスト】
世良公則&ツイスト
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!

Yogee New Waves、『SPRING CAVE e.p.』発売記念インストアイベントが決定
Wed, 21 Feb 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

メジャーデビュー作となる3rd EP『SPRING CAVE e.p.』を3月14日(水)にリリースするYogee New Wavesが、同作のリリースを記念したインストアイベントを3月15日(木)にタワーレコード新宿店で開催することがわかった。アコースティックセットでのライヴが楽しめるとともに、特典でポスターがプレゼントされるとのこと。ぜひ、足を運んでみよう! 

また、タワーレコード渋谷店限定の追加特典も発表となったので、詳細はオフィシャルHPにてチェック。

■【インストアイベント】

3月15日(木) 東京・タワーレコード新宿店7Fイベントスペース
時間:集合19:30/スタート20:00
内容:アコースティックライヴ&特典ポスターお渡し会

<参加方法>
ご予約者優先で、タワーレコード新宿店・タワーレコード渋谷店にて、3月14日(水)発売EP『SPRING CAVE e.p.』(3月13日(火)午後入荷商品)をお買い上げの方に“先着”で整理番号付イベント参加券を配布いたします。整理番号付イベント参加券をお持ちの方は、優先エリアでご観覧いただけます。さらにアコースティックライヴ終了後の特典ポスターお渡し会にご参加いただけます。
※タワーレコード新宿店のみ、整理番号付イベント参加券の配布が終了次第、特典ポスターお渡し会のみにご参加いただけるイベント参加券(整理番号なし)を配布いたします。
※イベント参加券配布対象店:タワーレコード新宿店/渋谷店

【タワーレコード渋谷店×Yogee New Wavesコラボ特典】

タワーレコード渋谷店にて、Yogee New Waves 3rd EP『SPRING CAVE e.p.』(VIZL-1315/VICL-64929)をご購入された方に先着で、渋谷店限定、コラボB3ポスターをプレゼントします。特典はなくなり次第終了となります。お早目にご購入ください。

EP『SPRING CAVE e.p.』

2018年3月14日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1315/?2,300+税
<収録曲>
■CD
01.intro
02.Bluemin\' Days
03.Boyish
04.PRISM HEART
05.Summer of Love(Sinking time ver.)
06.Ride on Wave [Sweet William Remix]
■DVD ※初回限定盤のみ
・Documentary『YOG of Bros.』
・World is Mine(MV)
・SAYONARAMATA(MV)
・HOW DO YOU FEEL?(MV)



【通常盤】(CDのみ)
VICL-64929/?1,500+税

◎各チェーンオリジナル特典
下記チェーンにて、Yogee New Waves『SPRING CAVE e.p.』(VIZL-1315/VICL-64929)をご予約・ご購入いただきました方に先着で、各オリジナル特典をプレゼント!!
※特典はなくなり次第終了となります。お早めにご予約ください。
■タワーレコード全国各店/タワーレコードオンライン限定特典
10cmステッカー(黄色×赤)※角舘健悟オリジナルイラスト
■HMV全国各店/ローチケHMV限定特典
10cmロゴステッカー(黒×ピンク)
■TSUTAYA RECORDS 全国各店/TSUTAYA オンラインショッピング限定特典
※TSUTAYAオンラインは予約分のみ
10cmロゴステッカー(青×黄)
■ヴィレッジヴァンガード全国各店
10cmロゴステッカー(白×青)
■その他(Amazon ・新星堂全国各店/WonderGOO全国各店(一部店舗除く)/新星堂WonderGOO楽天市場店)
10cmロゴステッカー(緑×白)



【関連リンク】
Yogee New Waves、『SPRING CAVE e.p.』発売記念インストアイベントが決定
Yogee New Wavesまとめ
RADWIMPS、「Shape Of Miracle」のMV公開

【関連アーティスト】
Yogee New Waves
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, EP, ライブ

RADWIMPS、「Shape Of Miracle」のMV公開
Wed, 21 Feb 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月24日(土)劇場公開の映画『空海―KU-KAI―美しき王妃の謎』の主題歌・挿入歌として話題になっているRADWIMPSのニューシングル「Mountain Top / Shape Of Miracle」が、2月21日(水)にリリースされ、発売に合せて挿入歌「Shape Of Miracle」のMVが公開となった。ジャケットビジュアルのモチーフにもなっている“花”を人の魂・生命の象徴としてなぞらえ、生きとし生けるもの全ての輪廻転生を表現。非業の死を遂げた楊 貴妃をイメージして書き下ろしたとされるこの楽曲を、ぜひ映像と併せて堪能してほしい。

また、発売同日よりiTunesほか主要音楽配信サイトでニューシングル収録2曲の配信もスタートしている。

シングル「Mountain Top / Shape Of Miracle」

発売中



【CD】
UPCH-80488/¥1,000+税
<収録曲>
01.Mountain Top
02.Shape Of Miracle

■iTunes
http://po.st/radmtsom_it

■レコチョク
http://po.st/radmtsom_re



【7インチ・アナログ盤】(完全限定生産)
UPKH-30001/¥1,500+税
<収録曲>
01.Mountain Top
02.Shape Of Miracle
(ダウンロードコード封入/ダウンロード期限:2018年2月20日(火)10:00〜2018年8月19日(日)23:59)



【関連リンク】
RADWIMPS、「Shape Of Miracle」のMV公開
RADWIMPSまとめ
GOODWARP、この春ぴったりの応援ソング「BOY」を3月に配信リリース

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, 主題歌, 映画, 音楽配信

GOODWARP、この春ぴったりの応援ソング「BOY」を3月に配信リリース
Wed, 21 Feb 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ダンサブルポップバンド・GOODWARPが、新曲「BOY」を3月7日(水)に配信リリースすることがわかった。このリリースは彼らがパーソナリティーを務めるラジオ番組FM PORT『TOKYO?NIIGATA MUSIC CONVOY WEDNESDAY』内で発表され、早速2月21日(水)から全国の各ラジオ局などでオンエアがスタートとなる。また、普段からバンドのグッズデザインなどを手掛ける吉崎拓也(Vo&Gu)がデザインを担当したオリジナルアートワークも同時公開!

2017年末リリースのビターなラブソング「Souvenir」に続く配信シングル第2弾となる新曲「BOY」は、もうすぐそこまで近づいているこの春にぴったりの季節感溢れる応援ソング。GOODWARP印のドリーミーなサウンドメイクに乗せて、大切な人との想い出を胸に新たな場所へと旅立つ人、夢に向かって頑張る人――そんな今まさに前に進もうとする人の背中を押してくれる、ポジティブな楽曲に仕上がっている。

なお、GOODWARPはリリース後の自主企画イベントとして、賑やかな仲間たちとともに大阪・東京でライヴを開催する。いち早く新曲たちが披露される機会をお見逃しなく!

■【吉崎拓也(Vo&Gu)コメント】

本当に身近な人とは、久しぶりに会ったとしても、
まるで昨日の続きのような他愛もない会話ができたりします。
それはきっと、自分の中にその人がいて、無意識のうちに共に生きているからなのではないかと。
一緒に見上げた素晴らしい空を覚えているから、雨雲を見上げうなだれながらも、なんとか信じてやっていく。
なかなか面と向かっては言えない気持ちを、歌にしました。

配信限定シングル「BOY」

2018年3月7日配信開始

【ライブ情報】

■『よっしーのたまご 〜全員集合〜』
3月08日(木) 大阪・心斎橋AtlantiQs
w/アンテナ、Goodbye Holiday

■『年度末だよ全員集合!』
3月30日(金) 東京・渋谷ミルキーウェイ
w/Healthy Dynamite Club、THURSDAY\'S YOUTH、レルエ



【関連リンク】
GOODWARP、この春ぴったりの応援ソング「BOY」を3月に配信リリース
GOODWARPまとめ
Rei、新作『FLY』より渾身のトレーラー映像を公開

【関連アーティスト】
GOODWARP
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, バンド, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ライブ, 音楽配信

Rei、新作『FLY』より渾身のトレーラー映像を公開
Wed, 21 Feb 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Reiの新作CD+MUSIC FILM『FLY』より、MUSIC FILM「How to Fly」のトレーラー映像が公開となった。

『FLY』はソールドアウトした前作『CRY』(CD+MUSIC BOOK)に続く2部作の後編。4曲の新曲を収録したCDと、約25分に及ぶMUSIC FILM『How to Fly』を収めたDVDがセットになっている。

Reiにとって思い入れの深い三都市、NEW YORK、JAKARTA、TOKYOで撮影されたMVや、ドキュメント映像を織り交ぜた渾身の作品となっているMUSIC FILM「How to Fly」のトレーラー映像。ぜひチェックしてみてほしい。

また、新作リリースに合わせて、各所でインストアイベント、3月16日(金)の名古屋から始まる全国7ヵ所の大規模ツアーも決定している。

CD+MUSIC FILM『FLY』

発売中



DDCB-12404/¥1,852+税
<収録曲>
■CD
01.New Days
02.Sky Girl
03.we can fly.
04.Wings
■DVD
MUSIC FILM “How to Fly”

【インストアイベント】

2月21日(水)21:00〜 東京 タワーレコード渋谷店
2月22日(木)19:00〜 東京 HMV record shop 新宿ALTA
3月03日(土)14:00〜 福岡 タワーレコード福岡パルコ店
3月23日(金)21:00〜 東京 タワーレコード新宿店

『FLYING R TOUR 2018』

3月16日(金) 愛知 名古屋 JAMMIN\'
3月17日(土) 大阪 Music Club JANUS
3月29日(木) 東京 SHIBUYA CLUB QUATTRO
4月06日(金) 北海道 札幌 BESSIE HALL
w/ Schroeder-Headz
4月08日(日) 宮城 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
w/ Schroeder-Headz
4月13日(金) 福岡 INSA
4月14日(土) 兵庫 神戸 VARIT.



【関連リンク】
Rei、新作『FLY』より渾身のトレーラー映像を公開
Reiまとめ
湘南乃風の15周年は叱咤激励シングルから熱く始まる!

【関連アーティスト】
Rei
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, CD, DVD, 発表, 新曲, リリース, 発売, ライブ, ツアー

湘南乃風の15周年は叱咤激励シングルから熱く始まる!
Wed, 21 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

湘南乃風の15周年第一弾シングル「やめちまぇ!」のリリース詳細、そして15周年記念全国ツアーの詳細がついに発表となった。

寺岡呼人×湘南乃風で制作された「やめちまぇ!」は、新たなことに挑戦が多くなるこの季節、湘南乃風からの叱咤激励のメッセージが込められた応援ソング。湘南乃風としては初の試みとして寺岡呼人を楽曲制作に招いて、湘南乃風の新しい楽曲の方向性を提示。クヨクヨする現代人に対して、そんなにイヤなら《やめちまぇ!》という強烈なメッセージから始まると共に、最後には生きるために、それぞれの譲れない何かを守るために、必死になって《生きてみろ!》と、聴いた者の心を揺さぶるメッセージが込められ、背中を押されること間違いなしの楽曲に! 楽曲アレンジには、SMAPやいきものがかりを手がけたヒットメイカー、鈴木 Daichi 秀行を起用している。

さらに、カップリングには、2018年1月12日〜14日に幕張メッセで開催された『東京オートサロン2018』テーマソングとして書き下ろされた、湘南乃風らしい疾走感と4人のユニゾンサビが印象的な「Be Strong」、そして北海道の結婚式場『旭川ブルーミントヒル CMソング』として、すでに道内限定でオンエアされており、ファンからは“いつリリースになるのか?”と問い合わせが殺到中の、至極のバラード「指」の3曲が収録されたシングルとして、3月21日(水)にリリースが決定! 15周年の幕開けと共に、リリースが待ち望まれていた最中、ついにそのシングルがベールを脱ぐことになった。

このリリースと共に全国ツアー『風伝説〜 一五一会 TOUR2018 〜』も開催決定! 今回のツアーは6月30日(土)、7月1日(日)の横浜アリーナ2DAYS公演からスタートし、9月23日(日)、24日(月)の大阪城ホール2DAYS公演まで、9会場17公演が予定されている。

■【寺岡呼人 コメント】

「『湘南乃風。唯一無二の存在。彼等の代わりになれる人達はいない』
これから20年先の湘南乃風にそんな存在になって欲しいし、その可能性を十二分に備えてる彼等に、湘南乃風しか発する事のできないメッセージをイメージして制作しました。
予想をはるかに超えるパフォーマンスとむき出しの個性に、その想いが現実になる事を確信しました。
『やめちまぇ!』と叱咤激励してくれる社会ではなくなった今、湘南乃風が熱く、寄り添うように、日本を、日本人を愛で包み込む日はそう遠くない筈です」

シングル「やめちまぇ!」

2018年3月21日発売



TFCC-89647/¥1,200+税
<収録曲>
01.やめちまぇ!
02.Be Strong
03.指

シングル「やめちまぇ!」購入者特典


チェーン店別オリジナル特典(それぞれ法人ごとカラーリングが異なります)
・TSUTAYA:TSUTAYA限定カラー「やめちまぇ!」アクリルキーホルダー
・TOWER RECORDS:TOWER RECORDS限定カラー「やめちまぇ!」アクリル
キーホルダー
・HMV:HMV限定カラー「やめちまぇ!」アクリルキーホルダー
・15th Anniversaryフラッグ店:15th Anniversaryフラッグ店限定カラー「やめち
まぇ!」アクリルキーホルダー
※15th Anniversaryフラッグ店は後日発表。

『15周年記念全国ツアー 風伝説 〜 一五一会 TOUR2018 〜』

6月30日(土) 神奈川 横浜アリーナ
7月01日(日) 神奈川 横浜アリーナ
7月21日(土) 群馬 ヤマダグリーンドーム前橋
7月22日(日) 群馬 ヤマダグリーンドーム前橋
7月28日(土) 石川 石川県産業展示館 4号館
7月29日(日) 石川 石川県産業展示館 4号館
8月04日(土) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
8月05日(日) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
8月25日(土) 宮城 ゼビオアリーナ仙台
8月26日(日) 宮城 ゼビオアリーナ仙台
9月01日(土) 広島 広島サンプラザホール
9月02日(日) 広島 広島サンプラザホール
9月09日(日) 福岡 マリンメッセ福岡
9月16日(日) 愛知 名古屋 日本ガイシホール
9月17日(月) 愛知 名古屋 日本ガイシホール
9月23日(日) 大阪 大阪城ホール
9月24日(月) 大阪 大阪城ホール



【関連リンク】
湘南乃風の15周年は叱咤激励シングルから熱く始まる!
湘南乃風まとめ
寺岡呼人まとめ
SIX LOUNGE、ミニアルバム『夢うつつ』詳細解禁

【関連アーティスト】
湘南乃風, 寺岡呼人
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, グループ, トレーラー, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, レゲエ, ライブ, ツアー, ワンマン, CMソング

SIX LOUNGE、ミニアルバム『夢うつつ』詳細解禁
Wed, 21 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ライブハウスシーンで注目の大分発3ピースロックバンド・SIX LOUNGEが4月25日にリリースするミニアルバム『夢うつつ』の詳細とジャケット写真、さらに新アーティスト写真を発表した。特筆すべきは、初回限定盤に付属するDVDに収録された『One Man Live “LOVE” at Shibuya Club Quattro(2017.12.05)』の模様。ブレイク前夜とも言うべき熱狂のワンマンライヴが収録された、ボリューム感のある内容に仕上がっている。SIX LOUNGEのさらなる進化が見られそうな『夢うつつ』は、ユニバーサルミュージック/ZEN MUSICよりリリースとなる。

そして、『夢うつつ』のリリースツアー『SIX LOUNGE TOUR 2018 “夢うつつ”』も決定! 5月12日(土)の福岡・LIVEHOUSE CB公演よりスタートし、6月20日(水)の東京・LIQUIDROOMまで2ヵ月にわたって開催される。チケット先行受付(抽選制)は、2月24日 (土)18:00〜3月10日 (土)23:59の間に行なわれるので、詳細はオフィシャルHPへ。

また、バンドのオフィシャルHPもリニューアルされ、登録無料の会員サイト“SICKS”もオープン。このサイトでは、今後会員限定で観られる動画、写真、その他スペシャルコンテンツを配信していく予定とのことなので、こちらも併せてチェックしてほしい。

ミニアルバム『夢うつつ』

2018年4月25日発売



【初回盤】(CD+DVD)
UPCH-7407/¥2,750+税
<収録曲>
■CD
01.くだらない
02.STARSHIP
03.ZERO
04.LULU
05.SUMMER PIXY LADY
06.ORANGE
07.SWEET LITTLE SISTER
■DVD
One Man Live “LOVE” at Shibuya Club Quattro(2017.12.05)



【通常盤】(CD)
UPCH-2158/¥1,800+税

『SIX LOUNGE TOUR 2018 “夢うつつ”』

5月12日(土) 福岡 LIVEHOUSE CB
5月13日(日) 広島 CAVE-BE
5月14日(月) 岡山 CRAZYMAMA 2nd ROOM
5月16日(水) 兵庫 神戸 太陽と虎
5月17日(木) 京都 MUSE
5月22日(火) 宮城 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
5月23日(水) 茨城 水戸 LIGHT HOUSE
5月24日(木) 千葉 LOOK
5月26日(土) 静岡 UMBER
5月27日(日) 滋賀 B-FLAT
5月29日(火) 香川 DIME
5月30日(水) 高知 X-pt.
6月02日(土) 北海道 札幌COLONY
6月10日(日) 大分 T.O.P.S Bitts HALL
6月12日(火) 愛知 名古屋 E.L.L
6月13日(水) 大阪 梅田CLUB QUATTRO
6月17日(日) 沖縄 Output
6月20日(水) 東京 LIQUIDROOM

※チケット先行期間:2月24日(土)18:00〜3月10日(土)23:59



【関連リンク】
SIX LOUNGE、ミニアルバム『夢うつつ』詳細解禁
SIX LOUNGEまとめ
打首獄門同好会、四季連続リリース完結作「春盤」の内容は…?

【関連アーティスト】
SIX LOUNGE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, DVD, 発表, 新曲, リリース, 発売, ミニアルバム, ライブ, ツアー, ワンマン

打首獄門同好会、四季連続リリース完結作「春盤」の内容は…?
Wed, 21 Feb 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月11日(日)に行なう日本武道館でのワンマンライヴをめでたくソールドアウトさせた打首獄門同好会から、四季連続リリース完結作となる「春盤」の情報が一部公開された。「春盤」は一般のCDショップなどでは取り扱われず、日本武道館の会場物販で発売される。ジャケットや収録内容については“武道館公演の内容と関連性がある”ものになっているため、当日までシークレットとなっており、ライヴ終了後に確認してほしいとの意向。ぜひ手に入れて、全貌を確かめてもらいたい。

47都道府県ライヴ制覇や四季連続リリースなど、一年かけて行なってきた“戦獄絵巻”計画もいよいよ大詰め! 彼らの一年の活動の集大成とも言える日本武道館公演、そして「春盤」はいったいどんなものになるのか? 今後の動向も見逃せない。

■「目指せ武道館!!2017-2018 戦獄絵巻」特設ページ
https://sengokuemaki.com

■「春盤」特設ページ
https://sengokuemaki.com/haru

シングル「春盤」

2018年3月11日発売



285-LDKCD/¥1,200(税込)
<収録曲>
01.????
02.????
03.????
04.????
05.????
※全5曲

『打首獄門同好会 at 日本武道館』

3月11日(日) 東京・日本武道館



【関連リンク】
打首獄門同好会、四季連続リリース完結作「春盤」の内容は…?
打首獄門同好会まとめ
chay、浜離宮朝日ホールライブにて『chay\'s room』の東阪公演を発表

【関連アーティスト】
打首獄門同好会
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, メタル, ライブ, ワンマン

chay、浜離宮朝日ホールライブにて『chay\'s room』の東阪公演を発表
Wed, 21 Feb 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月20日(火)、chayが浜離宮朝日ホールにて『Premium meets Premium 2018』ワンマンライブを行なった。大輪の薔薇が咲き誇り、キャンドルライトが敷き詰められたステージ。ロングトレーンのミニワンピースをまとったchayが登場し、大きな歓声が湧き上がると、「Wishes」からライブがスタート。今回は、管楽器・バイオリン・チェロ・ピアノ、そしてchayの奏でるギターとバンジョーというスペシャルな編成で、まさに“Premium meets Premium”というイベントタイトルにぴったりの演出だ。

「Twinkle Days」を披露した後、“Premium meets Premiumへようこそ。chayです。今日は楽しんでいってください!”と呼びかけ、「運命のアイラブユー」、さらにバンジョーに持ち替えて「Kiss me」という、可憐で爽やかなナンバーが続くと、浜離宮朝日ホールのクラシカルな雰囲気から緊張感がほぐれ、すっかり“chayのステージ”となっていた。“浜離宮朝日ホールは、音の響きが美しいと有名なホールで、こんなに素敵な場所でライブができて本当に嬉しいです。”と挨拶をし、メンバーを紹介。“今年はchayデビュー5周年で、たくさん振り返ることがあります。次は、何にも真剣になれなかった私を変えてくれたこのギターのことを想って、19歳の時に作った曲を歌います”と「nineteen」を披露。かき鳴らされるアコースティックギターと、壮大なストリングス、ピアノの音色が織りなす対比が、19歳の頃から少しも変わらない彼女の音楽への情熱と、大人の女性に成長した今の彼女を表現しているようだった。

その後、“ここからは弾き語りで、私がずっと大切にしてきた曲と、私がみんなのことを大切に想って書いた曲を送ります”と届けられたのはシンディローパーのカバー「True Colors」とオリジナル曲「you」。続いて“5周年ということでセットリストを考えていたら、なぜかデビュー前後の頃の楽曲が思い浮かんできた”と、4年前に制作してから実はライブで演奏するのは初めてという「Again」をピアノ伴奏とともに披露し、chayはそのままステージを後にした。

ここからは今回のライブの目玉でもあるディズニープリンセスメドレー。chayのいないステージ上で、バックバンドによる「リトルマーメイド」が演奏され再び会場が盛り上がってくると、「美女と野獣」のプリンセス“ベル”を思わせる黄色のドレスでchayが再登場。「Beauty and the Beast」、映画『モアナと伝説の海』主題歌の「どこまでも」、そして映画『アナと雪の女王』主題歌「生まれてはじめて」を歌い上げ、そのまま“次の曲はみんなで一緒に歌ってほしいです!”と呼びかけると、会場全体からの手拍子の中で「あなたに恋をしてみました」を歌唱した。

“みなさん、楽しんでくれていますか? 私は今日、こうして皆さんにお会いすることができて、とっても幸せです。次はそんな幸せについて、“幸せのあり方って自分自身が決めるものだ”という想いを込めた曲です”と語った後、本編最後の曲となったのは「それでしあわせ」。深い深いお辞儀の後、chayがステージを去ると、間髪入れることなくアンコールが鳴り響き、スリーブのレースがchayらしいスカイブルーのワンピースで再登場。そこでなんと、chayオリジナルの弾き語りライブシリーズである『chay\'s room ~One mic One guitar~』の東京大阪2DAYSの日程が発表された。そして、最後は5周年を振り返りながら、デビュー前に制作したという「Together」でライブを締め括った。次回の『chay\'s room』は初の東阪同時開催。チケットの先行予約は、chayオフィシャルメルマガ(登録無料)にてスタートしているので、ぜひチェックしてほしい。

photo by Shoichi Nakamura

【セットリスト】
M1. Wishes
M2. Twinkle Days
M3. 運命のアイラブユー
M4. Kiss me
M5. nineteen
M6. True Colors
M7. You
M8. Again
M9. ディズニープリンセスメドレー
-Beauty and the Beast
-どこまでも
-生まれてはじめて
M10. あなたに恋をしてみました
M11. それでしあわせ
<ENCORE>
M12. Together

<バンドメンバー>
藤井洋(Pf)
武嶋聡(Fl/Sax/B.Sax)
美央(Vn)
村中俊之(Vc)

『chay\'s room ~One mic One guitar~』

4月25日(水) 大阪 心斎橋JANUS
4月27日(金) 東京 東京キネマ倶楽部



【関連リンク】
chay、浜離宮朝日ホールライブにて『chay\'s room』の東阪公演を発表
chayまとめ
BRAHMAN、全国ツアーにTOTALFAT、NAMBA69、10-FEETなどがゲスト出演決定

【関連アーティスト】
chay
【ジャンル】
ニュース

BRAHMAN、全国ツアーにTOTALFAT、NAMBA69、10-FEETなどがゲスト出演決定
Wed, 21 Feb 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

激動の時代を駆け抜け、ジャンルの壁を飛び越え、シーンにおける存在感をさらに高めているBRAHMANが、5年ぶりとなる新作『梵唄 -bonbai-』のリリースに伴い、全国ツアー『BRAHMAN Tour 2018 梵匿 -bonnoku- 』 を展開! ツアー前半のゲストバンドに、TOTALFAT、NAMBA69、10-FEET、MONOEYES、四星球、PEAR OF THE WESTの出演が決定した。

バンド名の由来にもなっている“梵”をタイトルに冠したバンド史上最強作の収録曲の数々が、全国のライブハウスを激しく揺らし、そして観衆を力強く、優しく包み込む。 本ツアーのチケット情報はオフィシャルHPをチェックしてほしい。

『BRAHMAN Tour 2018 梵匿 -bonnoku- 』

3月03日(土) 山口・周南RISING HALL
3月04日(日) 広島・CLUB QUATTRO
※Guest:TOTALFAT
3月07日(水) 京都・MUSE
3月09日(金) 新潟・LOTS
※Guest:NAMBA69
3月17日(土) 北海道・Zepp Sapporo
※Guest : 10-FEET
3月21日(水・祝) 大阪・Namba HATCH
※Guest:MONOEYES
3月23日(金) 石川・金沢EIGHT HALL
3月24日(土) 富山・MAIRO
3月26日(月) 奈良・NEVER LAND
3月29日(木) 和歌山・SHELTER
3月31日(土) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
4月01日(日) 鳥取・米子AZTiC laughs
4月04日(水) 高知・X-pt.
4月06日(金) 香川・高松festhalle
※Guest:四星球
4月08日(日) 愛媛・松山W studio RED
4月10日(火) 兵庫・神戸Chicken George
4月11日(水) 滋賀・U-STONE
4月17日(火) 鹿児島・CAPARVO Hall
4月19日(木) 熊本・B.9 V1
4月21日(土) 福岡・DRUM LOGOS
※Guest:PEAR OF THE WEST
4月23日(月) 岐阜・CLUB ROOTS
4月25日(水) 長野・JUNK BOX
5月08日(火) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
5月10日(木) 群馬・高崎Club FLEEZ
5月24日(木) 山形・ミュージック昭和セッション
5月26日(土) 青森・Quarter
5月27日(日) 秋田・Club SWINDLE
5月29日(火) 岩手・盛岡CLUB CHANGE WAVE
5月31日(木) 福島・郡山HIP SHOT JAPAN
6月02日(土) 宮城・仙台GIGS
6月05日(火) 栃木・HEAVEN\'S ROCK Utsunomiya VJ-2
6月07日(木) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK Shintoshin VJ-3
6月09日(土) 愛知・Zepp Nagoya
6月10日(日) 静岡・清水SOUND SHOWER ark
6月13日(水) 東京・Zepp Tokyo
6月14日(木) 東京・Zepp Tokyo

アルバム『梵唄 -bonbai-』

2018年2月7日 発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TFCC-86632/¥3,685+税
【通常盤】
TFCC-86633/¥2,593+税
<収録曲>
■CD
1.真善美
2.雷同
3.EVERMORE FOREVER MORE
4.AFTER-SENSATION
5.其限
6.今夜
7.守破離
8.怒涛の彼方
9.不倶戴天
10.ナミノウタゲ
11.天馬空を行く
12.満月の夕
■DVD(初回限定盤のみ)
「尽未来際〜開闢〜」at 新宿ANTIKNOCK
1.FOR ONE\'S LIFE
2.BASIS
3.SHADOW PLAY
4.DEEP
5.BOX
6.BEYOND THE MOUNTAIN
7.DOUBLE-BLIND DOCUMENTS
8.CIRCLE BACK
9.SHOW
10.其限
11.遠国
12.THE VOID
13.LOSE ALL
14.A WHITE DEEP MORNING
15.逆光
16.FIBS IN THE HANDS
17.THE ONLY WAY
18.SPECULATION
19.EPIGRAM
20.CAUSATION
21.鼎の問
22.初期衝動
23.賽の河原
24.今際の際
25.露命
26.空谷の跫音
27.終夜
28.ARRIVAL TIME
29.汀に咲く
30.警醒
31.霹靂
32.  
※全32曲



【アナログ12inch】
TFJC-38031/¥2,778+税
<収録曲>
■SIDE A
1.真善美
2.雷同
3.EVERMORE FOREVER MORE
4.AFTERSENSATION
5.其限
6.今夜
■SIDE B
:1.守破離
2.怒涛の彼方
3.不倶戴天
4.ナミノウタゲ
5.天馬空を行く
6.満月の夕



【関連リンク】
BRAHMAN、全国ツアーにTOTALFAT、NAMBA69、10-FEETなどがゲスト出演決定
BRAHMANまとめ
ROGUE、武道館コンサートDVDが約30年の時を経て再リリース

【関連アーティスト】
BRAHMAN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー

ROGUE、武道館コンサートDVDが約30年の時を経て再リリース
Wed, 21 Feb 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2013年に20年以上のブランクを経て再結成し、地元・群馬を中心に活動する4人組バンド・ROGUE(ローグ)。そんな彼らが日本武道館で行なったコンサートが、DVDとして4月18日に再発売される。ROGUEは1982年に結成し、1985年のメジャーデビューを経て、1987年にポニーキャニオンに移籍した。スピード感溢れるビートにポップなメロディーを兼ね備えた音楽性とパワフルなライヴパフォーマンスを武器にオーディエンスを増やし、1989年8月30日には日本武道館まで辿り着いた。その第1期ROGUEの頂点と言えるコンサートを記録した映像が、30年近くを経て再びリリースとなる。

DVD本編となる武道館コンサートは、オープニングの定番「BOYS BE AMBITIOUS」を皮切りに、代表曲「終わりのない歌」からアンコールの「MY HONEY」まで、全13曲を披露。30年を経た今もなお、大舞台の熱気と歌の魅力を生き生きと伝える内容となっている。さらにボーナストラックとして、武道館コンサート直前に日比谷野音で開催されたイベント『AGE OF THUNDER ROAD SPECIAL “野音の地響き”』と、1988年12月に行なわれた渋谷公会堂でのライヴ映像を追加。渋谷公会堂は未発売の貴重な映像だ。本編と併せて20代の4人によるパワー全開のパフォーマンスが堪能できるので要チェック!

また、DVDリリース後の5月3日(木)4日(金)には2018年で6回目を迎える『GBGB2018』が、前年までの前橋グリーンドームから高崎アリーナに会場を変えて開催される。初の2日間開催となる今回もビッグネームのアーティスト、バンドが参加予定とのことなので、続報をお楽しみに。

■『GBGB2018』詳細ページ
http://gbgb.jp/

DVD『単独行動 ROGUE IN BUDOKAN』

2018年4月18日発売



PCBP-53231/¥2,800+税
<収録曲>
01.BOYS, BE AMBITIOUS
02.MODERN BOY
03.I\'M A GUITARIST
04.WALKING IN THE NIGHT
05.SAY TO ONESELF
06.LOVE STORY
07.SUKIDESU
08.LIKE A MOON
09.OVER STEP
10.SEASIDE STREET
11.DANCE DANCE
12.終わりのない歌
13.MY HONEY
<ボーナストラック>
『89.7.15 AGE OF THUNDER ROAD 野音の地響き』より
14.I\'M A GUITARIST
『88.12.14 渋谷公会堂LIVE』より
15.SHIP OF COMPLEX
16.誕生日HAPPY BIRTHDAY
17.終わりのない歌
18.GO!



【関連リンク】
ROGUE、武道館コンサートDVDが約30年の時を経て再リリース
ROGUEまとめ
DIR EN GREY、シングル「人間を被る」詳細解禁

【関連アーティスト】
ROGUE
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, バンド, DVD, 発表, リリース, 発売, ライブ, ワンマン

DIR EN GREY、シングル「人間を被る」詳細解禁
Wed, 21 Feb 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月25日にリリースが決定したDIR EN GREY待望のニューシングル「人間を被る」の、収録内容が公開された。2016年7月発売のシングル「詩踏み」から約1年9ヶ月ぶり、通算29枚目のシングルとなる今作は、CD単品の通常盤のほか、CD+DVDの初回生産限定盤、さらにCD+Blu-rayとCD+DVDの2仕様からなる完全生産限定盤の3形態を用意。CDにはタイトルトラックに加え、2000年発売のシングル「脈」より「Ash」のリメイクバージョン、2017年10月12日にZepp Tokyoで披露された「詩踏み」のライブ音源の計3曲が収められる。

初回生産限定盤の特典DVDには、2016年6月から2017年10月にかけて実施された全国ツアー『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________』から厳選されたライブ映像3曲と、「人間を被る」のレコーディング風景を収録。さらに完全生産限定盤の特典Blu-rayおよびDVDには、同じく全国ツアー『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________』に加え、2014年夏に開催された『TOUR14 PSYCHONNECT -mode of “GAUZE"?-”』から厳選されたライブ映像7曲と「人間を被る」のレコーディング風景が収められる。

今回の商品概要公開とあわせて、CD早期予約特典および予約店舗特典の詳細も明らかになった。3月18日までに完全生産限定盤を予約した人には、メンバー監修オリジナル缶バッジをプレゼント! さらに予約店舗特典として、店舗ごとにデザインの異なるステッカーやポストカードも用意される。こちらは数に限りがあるため、なくなり次第終了となるのでお早めに!

また、シングルリリースに先駆けて、4月16日からは待望の新規ツアー『TOUR18 真世界』をスタートさせるDIR EN GREY。こちらのツアーでの新曲披露にも期待したいところだ。

シングル「人間を被る」

2018年4月25日発売



【完全生産限定盤】
■CD+Blu-ray
SFCD-0222〜223/¥5,500+税
■CD+DVD
SFCD-0224〜225/¥4,500+税
<収録曲>
■DISC 1:CD
1. 人間を被る
2. Ash
3. 詩踏み [LIVE]
※Live Take at Zepp Tokyo on October 12, 2017
■DISC 2:Blu-ray or DVD]
01. Chain repulsion
TOUR14 PSYCHONNECT -mode of “GAUZE"?-
2014.08.30 新木場STUDIO COAST (追加公演)
02. 禍夜想
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]
2016.07.01 新木場STUDIO COAST
03. Phenomenon
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of DUM SPIRO SPERO]
2016.09.23 ホクト文化ホール
04. Un deux
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬]
2016.11.08 CLUB CITTA\' [FEMALE LIMITED] -「a knot」 & ONLINE only-
05. Revelation of mankind
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of UROBOROS]
2017.02.10 東京国際フォーラム・ホールA
06. Midwife
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of THE MARROW OF A BONE]
2017.04.18 Zepp Nagoya
07. 鱗
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of MACABRE]
2017.07.26 中野サンプラザ
08. Sustain the untruth
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of Withering to death.]
2017.10.12 Zepp Tokyo -「a knot」 & ONLINE only- (追加公演)
<IN-STUDIO FOOTAGE>
人間を被る (Scenes From Recording)

【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SFCD-0226〜227 ¥1,800 (tax out)
■DISC 1:CD
1. 人間を被る
2. Ash
3. 詩踏み [LIVE]
※Live Take at Zepp Tokyo on October 12, 2017
■DISC 2:DVD
01. Un deux
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬]
2016.11.08 CLUB CITTA’ [FEMALE LIMITED] -「a knot」 & ONLINE only-
02. Revelation of mankind
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of UROBOROS]
2017.02.10 東京国際フォーラム・ホールA
03. Sustain the untruth
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of Withering to death.]
2017.10.12 Zepp Tokyo -「a knot」 & ONLINE only- (追加公演)
<IN-STUDIO FOOTAGE>
人間を被る (Scenes From Recording)

【通常盤】(CD)
SFCD-0228/¥1,200+税
<収録曲>
■DISC 1:CD
1. 人間を被る
2. Ash
3. 詩踏み [LIVE]
※Live Take at Zepp Tokyo on October 12, 2017
Manufactured by FIREWALL DIV.
Distributed by Sony Music Marketing Inc.

※収録内容、タイトル表記及び仕様等は変更になる可能性がございます。
※完全生産限定盤・初回生産限定盤は、生産数量限定商品となります。確実にお買い求めいただくには、2018年3月18日(日)までにお取扱い店舗にてご予約くださいませ。

◎早期予約特典
対象:2018年3月18日(日)までに【完全生産限定盤】(SFCD-0222〜223 / SFCD-0224〜225)をご予約いただいた方
特典内容:メンバー監修オリジナル缶バッジ (全5種からランダム1種)
※1商品ご予約につき、特典を1つ差し上げます。
※特典はランダム配布になります。お選びいただくことはできません。
※【初回生産限定盤】と【通常盤】は早期予約特典対象外となりますので予めご了承ください。

◎予約店舗特典
TOWER RECORDS (一部店舗除く):ステッカーA
TSUTAYA (一部店舗除く):ステッカーB
HMV (一部店舗除く):ポストカードA
Amazon:ポストカードB
※特典は数に限りがございますので、なくなり次第終了となります。
※特典の有無に関するお問合せは直接店舗へご確認ください。

『TOUR18 真世界』

4月16日(月) 神奈川・ CLUB CITTA\' -「a knot」only-
4月18日(水) 東京・新木場STUDIO COAST
4月19日(木) 東京・新木場STUDIO COAST
4月25日(水) 大阪・なんばHatch
4月26日(木) 大阪・なんばHatch
4月28日(土) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21
5月01日(火) 愛知・Zepp Nagoya
<チケット>
1Fスタンディング/一般指定席¥7,020(税込)
Exclusive Ticket(指定席・オリジナル特典付き)¥14,040(税込)
※4月18日(水)4月19日(木)は2F指定席、または2Fバルコニーエリア(スタンディング)になります。
※4月16日(月)4月25日(水)4月26日(木)5月01日(火)公演は、2F指定席になります。
※4月28日(土)は、1F指定席中央部PA卓付近になります。

■OFFICIAL FAN CLUB 「a knot」会員先行 2次受付
受付期間:2月14日(水)12:00〜2月25日(日)23:59
※2月1日(木)時点有効会員様(2018年1月20日までにご入会・ご更新(ご入金)された方が対象となります。)
※「a knot」ご入会はコチラ http://direngrey.co.jp/fc/



【関連リンク】
DIR EN GREY、シングル「人間を被る」詳細解禁
DIR EN GREYまとめ
ストレイテナー、シングルおよびアルバム発売&6月より全国ツアー開催決定

【関連アーティスト】
DIR EN GREY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, シングル, リリース, ツアー

ストレイテナー、シングルおよびアルバム発売&6月より全国ツアー開催決定
Wed, 21 Feb 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

バンド結成20周年、メジャーデビュー15周年というアニバーサリーイヤーに突入したロックバンド・ストレイテナー。2月20日(火)に新木場COASTで行なわれた初のファンクラブ限定ライブ『テナマニ』にて、4月にシングル、5月にオリジナルアルバム、そして6月より全国8箇所に及ぶワンマンツアーを開催することが、ライブ終演後の映像にてサプライズで発表され、会場は大きく暖かい声援に包まれた。

シングルは2016年にリリースした「シーグラス」以来、2年ぶりのリリースとなる。アルバムもまた、2016年にリリースした『COLD DISC』以来2年ぶり、そして通算10枚目となる記念すべき作品だ。なお、4月11日(水)にリリースされるニューシングルに収録される新曲「The Future is Now」がアプリゲーム「デジモンリアライズ」の主題歌に決定し、アプリ自体は2018年リリース予定とのこと。ストレイテナーの楽曲をプレイする際に聴くことができるのでファンは是非チェックしてほしい。

さらに、ニューアルバムのリリースツアー『Future Dance TOUR』は、6月12日(火)のZepp Diver City公演を皮切りに、全国8箇所を巡る。ファンクラブ“テナモバ”にてチケット最速先行がスタートしているのでこちらも早めに要チェックだ。

そして、20周年というアニバーサリーイヤー突入を機に、20th特設サイトもオープン! アニバーサリー企画第1弾として、“#拝啓ストレイテナー様”をつけてTwitterに投稿し、周年をお祝いするハッシュタグも形成されたので、こちらも参加してみてはいかがだろうか。

■ストレイテナー20th特設サイト
https://sp.universal-music.co.jp/straightener/20th/

■「デジモンリアライズ」公式サイト
URL:https://digi-rearise.bn-ent.net/

■『Future Dance TOUR』

6月12日(火) 東京・Zepp Diver City Tokyo
6月14日(木) 愛知・名古屋DIAMOND HALL
6月15日(金) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
6月17日(日) 新潟・LOTS
6月23日(土) 福岡・DRUM LOGOS
6月24日(日) 大阪・なんばHatch
7月07日(土) 北海道・札幌ペニーレーン24
7月14日(土) 宮城・仙台Rensa
<チケット>
¥4,500(税込)
※小学生以上チケット必要/18歳以下、当日身分証提示で¥500キャッシュバック
・モバイル会員先行
2月21日(水)13:00〜3月14日(水)23:59

シングル「タイトル未定」

2018年4月11日発売



TYCT-30073/¥1,000+税
※収録曲未定、後日発表 ※初回封入特典あり





アルバム『タイトル未定』

2018年5月23日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69128/¥4,800+税

【通常盤】(CD)
TYCT-60117/¥3,000+税

※収録曲未定、後日発表



【関連リンク】
ストレイテナー、シングルおよびアルバム発売&6月より全国ツアー開催決定
ストレイテナーまとめ
イトヲカシ、2年連続で河合塾のCMソングに決定

【関連アーティスト】
ストレイテナー
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, シングル, アルバム, リリース

イトヲカシ、2年連続で河合塾のCMソングに決定
Wed, 21 Feb 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2人組音楽ユニット・イトヲカシが、2017年に引き続き“河合塾2018年度CMタイアップソング”に決定した。イトヲカシは、伊東歌詞太郎と宮田“レフティ”リョウによる2人組音楽ユニット。ネットから人気に火がついた彼らは10代を中心に絶大な人気を誇り、Twitter合算フォロワー数はなんと76万人を越える。2017年に“河合塾2017年度CMタイアップソング”に抜擢され、応援歌「さいごまで」を書き下ろしたところ、楽曲の評判が非常に良く、再び河合塾からオファーを受ける形となった。同じアーティストが二年連続で河合塾のCMタイアップを担当するのは異例のことだという。

イトヲカシが今回書き下ろしたのは、「さいごまで〜Reprise〜」。前作「さいごまで」の続編とも言えるであろう今作はゆったりとしたバラードだが、優しさの中にどこか力強さを併せ持った《どこにでも行けるさ》というフレーズに強く背中を押されるだろう。前作「さいごまで」は王道の応援歌として話題となり、カラオケJOYSOUNDが発表する“受験で不安なときに勇気をもらう、もらった曲”ランキング(20代以下)では名曲に並び3位にランクイン。どこまでもまっすぐな彼らの音楽は確実に若者の心を打っている。

2017年に話題となった、映画『氷菓』の主題歌やTVアニメ『ブラッククローバー』EDへの起用に続き、2018年も快進撃を続けるイトヲカシ。彼らの未知なる可能性に今後も注目だ。



【関連リンク】
イトヲカシ、2年連続で河合塾のCMソングに決定
イトヲカシまとめ
BiS、新体制6人での新曲「WHOLE LOTTA LOVE」MV公開

【関連アーティスト】
イトヲカシ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, TVCM, CMソング

BiS、新体制6人での新曲「WHOLE LOTTA LOVE」MV公開
Tue, 20 Feb 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSが、3月7日にリリースする再メジャーデビューダブルA面シングル「WHOLE LOTTA LOVE/DiPROMiSE」の「WHOLE LOTTA LOVE」のミュージックビデオを公開した。「WHOLE LOTTA LOVE」は、プー・ルイ、カミヤサキは不参加で、レンタルトレードから戻ってくるアヤ・エイトプリンスを加えた新体制のBiSで歌唱した、今後のBiSを象徴するかのような疾走感溢れるロックナンバーになっており、ミュージックビデオも楽曲の世界観をクールかつ前衛的に表現した作品に仕上がった。今回の振付は、メンバーのペリ・ウブが担当し、ライブで観客も一緒に楽しめる“Xジャンプ”ならぬ“I(アイ)ジャンプ”という振付が含まれているので、MVをじっくり観て研究してはいかがだろうか。

3月4日の東京・両国国技館でのツアーファイナルも日に日に近づき、プー・ルイ、カミヤサキを含む現体制のBiSを観れる機会も残り少なくなって来たので、ぜひツアーファイナル、リリースのインストアイベントにも足を運んでみてほしい。

『BiS 2nd BEGiNNiNG TOUR FiNAL WHO KiLLED IDOL??』

3月04(日) 東京・両国国技館

『「WHOLE LOTTA LOVE / DiPROMiSE」リリースイベント(ミニライブ&特典会)』

2月24日(土) タワーレコード 横浜ビブレ 15:00〜
2月25日(日) タワーレコード 川崎 17:00〜
3月05日(月) タワーレコード新宿 7F 19:30〜
3月06日(火) タワーレコード渋谷 B1F CUTUP STUDIO 19:00〜
3月07日(水) ダイバーシティ東京 プラザ 2F フェスティバル広場 19:00〜
3月09日(金) タワーレコードNU茶屋町 19:00〜
3月11日(日) LaQua ガーデンステージ 14:00〜

シングル「WHOLE LOTTA LOVE / DiPROMiSE」

2018年3月7日発売



【初回生産限定盤】
CRCP-10392/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
1.WHOLE LOTTA LOVE
2.DiPROMiSE
3.WHOLE LOTTA LOVE instrumental
4.DiPROMiSE instrumental
■DVD
『2017.10.6.「IDOL is DEAD」@赤坂BLITZライブ映像』
01.SOCiALiSM
02.CHANGE the WORLD
03.ぎぶみあちょこれいと
04.Never Starting Song
05.パプリカ
06.I can\'t say NO!!!!!!!
07.Give me your love 全部
08.nerve
09.My lxxx
10.NOT the END
11.IDOL
12.ロミオの心臓
13.Happy Birthday
14.twisted grunge
15.Fly -Brand-new BiS ver-
16.gives
17.BiSBiS
EN1.primal.
EN2.レリビ



【通常盤】
CRCP-10393/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.WHOLE LOTTA LOVE
2.DiPROMiSE
3.WHOLE LOTTA LOVE instrumental
4.DiPROMiSE instrumental



【関連リンク】
BiS、新体制6人での新曲「WHOLE LOTTA LOVE」MV公開
BiSまとめ
The Who、50年前に録音されたライブCD&ピートの45周年記念盤を発売決定

【関連アーティスト】
BiS
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 新曲

The Who、50年前に録音されたライブCD&ピートの45周年記念盤を発売決定
Tue, 20 Feb 2018 23:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1968年に録音されてからこれまで公式に発売されてこなかったザ・フーのライヴ作品が録音から50年目の2018年、2枚組CD『ライヴ・アット・フィルモア・イースト1968』として4月20日にリリースされることが決定。あわせてピート・タウンゼントのソロアルバム『フー・ケイム・ファースト』は45周年記念盤として最新リマスター、未発表音源が収録された2枚組CDとして4月13日に発売されることが発表となった。

ザ・フーの『ライヴ・アット・フィルモア・イースト1968』は、50年前の1968年4月5日(金)と6日(土)にニューヨーク市フィルモア・イーストで行われたライヴを当時のマネージャー、キット・ランバートが録音。今回は、その2日目のライヴを、当時その場所にもいたザ・フーのサウンドエンジニアであるボブ・プリデンがレストアとミックスを担当して発売される。リマスターはジョン・アストリーが担当。アルバムには、「マイ・ジェネレイション」のエクステンデッドヴァージョンをはじめ、「ア・クイック・ワン」、「シェイキン・オール・オーヴァー」等のザ・フーおなじみの曲から、エディ・コクランのカヴァー曲「サマータイム・ブルース」と今回初の公式リリースとなる「カモン・エヴリバディ」、そしてこの公演で初めて演奏された「フォーチュン・テラー」や、『ザ・フー・セル・アウト』からのナンバー「タトゥー」、「リラックス」等が収録。CD2枚組とアナログLP3枚組での発売となる。

ピート・タウンゼントのソロアルバム『フー・ケイム・ファースト』45周年記念盤は、1972年10月のオリジナルリリースから45年周年を迎えていることを記念して未発表音源を含むリマスター、デラックスエディションのCD2枚組で発売となる。今回の2CDエディションには、1972年のオリジナルポスター、レコーディングスタジオでのレアな写真の数々や、ピート本人による新しいライナーノーツが収録された24ページのブックレット付き。さらに音源は、オリジナルマスターテープを使用した最新リマスタリングが施され、リマスターはザ・フーのアルバム『フー・アー・ユー』のプロデューサーであり、ザ・フーのカタログ再発に携わってきたジョン・アストリーが担当。ディスク1にはオリジナルアルバム9曲、ディスク2には未発表音源、オルタナヴァージョンやライヴ音源等が収録される。

アルバム『ライヴ・アット・フィルモア・イースト1968』

2018年4月20日発売



【CD】
UICY-15727/8/¥3,600+税
※6面デジパック・スリーヴ仕様
※書下ろしのライナーノートと貴重な写真資料を掲載した12ページのブックレット付。
※日本盤のみ:SHM-CD仕様、英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
【アナログ(輸入盤のみ)】(LP3枚組)
674-4480/オープン価格
※ゲートフォールド・スリーヴ仕様。
※書下ろしのライナーノートと貴重な写真資料を掲載したインナーバッグ(内袋)3点付。
<収録曲>
■CD Disc1
1.サマータイム・ブルース / Summertime Blues
2.フォーチュン・テラー / Fortune Teller
3.タトゥー / Tattoo
4.リトル・ビリー / Little Billy
5.アイ・キャント・エクスプレイン / I Can\'t Explain
6.ハッピー・ジャック/ Happy Jack
7.リラックス / Relax
8.アイム・ア・ボーイ / I\'m A Boy
9.ア・クイック・ワン / A Quick One
10.マイ・ウェイ / My Way
11.カモン・エヴリバディ / C\'mon Everybdy
12.シェイキン・オール・オーヴァー / Shakin\' All Over
13.ボリスのくも野郎 / Bris The Spider
■CD Disc2
1.マイ・ジェネレイション / My Generation

アルバム『フー・ケイム・ファースト』/ピート・タウンゼント

2018年4月13日発売



UICY-15729/30/¥3,600+税
※日本盤のみ:SHM-CD仕様、英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
<収録曲>
■CD Disc1
1.ピュア&イージー / Pure and Easy
2.エボリューション / Evolution
3.フォーエヴァーズ・ノー・タイム・アット・オール / Forever\'s No Time At All
4.レッツ・シー・アクション / Let\'s See Action
5.タイム・イズ・パッシング/ Time Is Passing
6.ゼアズ・ア・ハートエイク・フォロウイング・ミー / There\'s a Heartache Following Me
7.シェラトン・ギブソン / Sheraton Gibson
8.コンテント / Content
9.パーバーディガー / Parvardigar
■CD Disc2
01.ヒズ・ハンズ / His Hands
02.シーカー(2017エディット) / The Seeker (2017 edit)
03.デイ・オブ・サイレンス / Day Of Silence
04.スリーピング・ドッグ / Sleeping Dog
05.メリー・ジェーン(ステージA) / Mary Jane (Stage A)
06.アイ・オールウェイズ・セイ(2017エディット)/ I Always Say (2017 edit)
07.ビギン・ザ・ビギン(2017ミックス) / Begin The Beguine (2017 mix)
08.ババ・オライリィ(インストゥルメンタル) / Bara O\'Reilly (Instrumental)
09.ラヴ・マン(ステージC) / The Love Man (Stage C) ? 未発表
10.コンテント(ステージA) / Content (Stage A) ? 未発表
11.デイ・オブ・サイレンス(オルタナティヴ・ヴァージョン) / Day Of Silence (Alternate Version) ? 未発表
12.パーバーディガー(オルタナティヴ・テイク) / Parvardigar (Alternative Take) ? 未発表
13.ナッシング・イズ・エヴリシング(アーリアー・テイク) / Nothing Is Everything (Earlier Take) ? 未発表
14.ゼアズ・ア・フォーチュン・イン・ドウズ・ヒルズ / There\'s A Fortune In Those Hills ? 未発表
15.ミハー・ババ・イン・イタリア / Meher Baba In Italy ? 未発表
16.ドラウンド(ライヴ・イン・インド) / Drowned (Live in India) ? 未発表
17.エボリューション(ライヴ・アット・ロニー・レイン・メモリアル、ロイヤル・アルバート・ホール、ロンドン/2004年4月8日)/ Evolution (Live at Ronnie Lane Memorial)



【関連リンク】
The Who、50年前に録音されたライブCD&ピートの45周年記念盤を発売決定
The Whoまとめ
たんこぶちん、初ベストアルバムより「はじまりのうた」MVを公開

【関連アーティスト】
The Who
【ジャンル】
洋楽, ニュース, CD, アルバム, リリース, 発売, ライブ

たんこぶちん、初ベストアルバムより「はじまりのうた」MVを公開
Tue, 20 Feb 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ガールロックバンド・たんこぶちんが3月7日に結成以来初となるベストアルバム『TANCOBEST』、同じく初となるライブDVD『「ニドナツ」ワンマンライブツアー 2017』の2作品を同時にリリースする。今回、ベストアルバム『TANCOBEST』に収録される新曲「はじまりのうた」のミュージックビデオが発売に先立って公開された。

新曲「はじまりのうた」は、たんこぶちんが作詞・作曲し、ONE OK ROCKやMAN WITH A MISSIONなどを手掛けてきたakkinがサウンドプロデュースを担当したロックナンバーで、バンドのメンバー、そして誰しもが抱える不安や葛藤に対し、“答えはいつも君の中にある、自分を信じ前へ向いていこう"というメッセージが込められた、たんこぶちん流のアンセムソング。公開されたミュージックビデオでは、多くのオーディエンスを魅了した2017年のワンマンライブで同曲を披露した際の映像がふんだんに使われており、たんこぶちんのライブクオリティの高さや臨場感を感じられる内容になっている。

ヴォーカルのMADOKAは「はじまりのうた」について、「ライブでずっと歌ってきたこの曲をやっと、しっかりとしたカタチにすることができました。そして、サウンドも一体感もかなり進化しています!この曲を作ったあの日の「変わりたい」と思った気持ちを忘れないように。5人にとってこの曲は、歌うたび、演奏するたびに、くすぶっている心のどこかが震えるような存在です。私たちにとってずっと大切にしていきたい作品ができました。みんなが夢や目指しているものの途中で自信をなくして迷ってしまいそうな時、前に進むための勇気があと少し足りない時にこの曲で背中を押せたらうれしいです」と語っている。

現在、たんこぶちんは「はじまりのうた」を一足先に体感できる無料ミニライブ(ベストアルバム予約会イベント)を開催中。店着日の3月6日からは、アルバムをリアルに楽しめるインストアイベントが開催される。当日はベストアルバムから厳選された楽曲が楽しめる観覧無料のミニライブに加え、サイン会や撮影会が行われる。

そして、ベストアルバムのリリース後には、初公演となる札幌・宮城・広島を含めた全9会場で『ベストアルバム『TANCOBEST』リリース記念ツアー』を開催する。リリース記念ツアー公演のチケットは現在発売中とのこと。これまでのたんこぶちん、そしてこれからのたんこぶちんを肌で感じ、そしてベストアルバムの目玉となる「はじまりのうた」に込められたメッセージを直に受け取れるライブとなりそうだ。

さらに、2月にはベストアルバム『TANCOBEST』の発売を記念した“特設ページ”も公開される予定。ベストアルバムや「はじまりのうた」についてのメンバーインタビューやベストアルバムならではの期待度の高い必見のコンテンツが満載されるとのこと。特設ページに関する情報など、たんこぶちんの最新情報は公式HPや公式SNSをぜひチェックしていただきたい。

『ベストアルバム『TANCOBEST』予約会イベント』

2月24日(土) HMVイオンモールナゴヤドーム前 店内イベントスペース 16:00〜
出演:MADOKA(Vo&Gt)1名(※本イベントはMADOKA1名でのイベントになります)
2月25日(日) 新星堂難波店 店内イベントスペース 14:00〜
出演:MADOKA(Vo&Gt)1名(※本イベントはMADOKA1名でのイベントになります)
3月04日(日) タワーレコード池袋店6Fイベントスペース 13:00〜
出演:MADOKA(Vo&Gt)、CHIHARU(Key)(※本イベントはMADOKAとCHIHARUの2名でのイベントになります)
※詳細はこちら:https://www.yamahamusic.co.jp/news/detail.php?id=924

『ベストアルバム『TANCOBEST』インストアイベント』

3月06日(火) タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース 20:30〜
出演:たんこぶちん全メンバー
3月07日(水) HMV&BOOKS SHIBUYA 7Fイベントスペース 19:30〜
出演:たんこぶちん全メンバー
3月08日(木) タワーレコード横浜ビブレ店 店内イベントスペース 20:00〜
出演:MADOKA(Vo&Gt)、HONOKA(Dr)
3月09日(金) HMVエソラ池袋 店内イベントスペース 20:00〜
出演:たんこぶちん全メンバー
3月10日(土) HMV栄 店内イベントスペース 13:30〜
出演:たんこぶちん全メンバー
3月11日(日) タワーレコード梅田NU茶屋町店 イベントスペース 13:00〜
出演:たんこぶちん全メンバー
3月25日(日) 紀伊國屋書店 新宿本店 1階ひろば特設会場 (1)13:00〜/(2)15:00〜
出演:MADOKA(Vo&Gt)
※CD販売開始 12:00〜
3月30日(金) タワーレコード福岡パルコ店 店内イベントスペース 19:30〜
出演:たんこぶちん全メンバー
4月07日(土) ららぽーとTOKYO-BAY かいだん広場 (1)14:00〜/(2)16:00〜
出演:MADOKA(Vo&Gt)、CHIHARU(Key)
※荒天時は、南館3階「赤のエスカレーター」前スペースにて特典会のみの実施となります。
4月08日(日) タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース 15:00〜
出演:たんこぶちん全メンバー
※詳細はこちら:https://www.yamahamusic.co.jp/news/detail.php?id=935

『ベストアルバム『TANCOBEST』リリース記念ツアー』

3月13日(火) 北海道・札幌 COLONY
対バン:ЯeaL/OG:ASTRO ASHTRAY
3月17日(土) 東京・渋谷 eggman
対バン:Chelsy
3月18日(日) 宮城・仙台 HooK
対バン:文稀<ex.がんばれ!Victory>
3月21日(水・祝) 大阪・心斎橋 DROP
対バン:後日発表
3月24日(土) 愛知・名古屋 JAMMIN\'
対バン:Split BoB
3月29日(木) 広島・広島 BACKBEAT
対バン:ЯeaL/OG:リツカ
3月31日(土) 福岡・福岡 BEAT STATION
対バン:ЯeaL
4月01日(日) 佐賀・佐賀 GEILS
対バン:ЯeaL / OG:大柴広己
4月14日(土) 東京・代官山 SPACE ODD(ワンマンライブ)
※詳細はこちら:http://tancobuchin.jp/schedule/live.html

アルバム『TANCOBEST』

2018年3月7日発売



【TYPE-A】(CD)
YCCW-10325/¥2,037+税
<収録内容>
ドレミFUN LIFE
シアワセタランチュラ
走れメロディー
TOUGH BOY(〜TOUGH GIRL)
Alright !!
Re:GiRL
泣いてもいいんだよ
鳴らせ
ze ze ze
花火
Bye Bye 〜君といた春〜
偶然と運命
さよならbaby
遠距離恋愛爆撃ミサイル
夏のおわりに
はじまりのうた(新曲)



【TYPE-B】(CD+特典CD)
YCCW-10326/B/¥2,778+税
<収録内容>
■CD
ドレミFUN LIFE
シアワセタランチュラ
走れメロディー
TOUGH BOY(〜TOUGH GIRL)
Alright !!
Re:GiRL
泣いてもいいんだよ
鳴らせ
ze ze ze
花火
Bye Bye 〜君といた春〜
偶然と運命
さよならbaby
遠距離恋愛爆撃ミサイル
夏のおわりに
はじまりのうた(新曲)
■特典CD
・二度めの夏、二度と会えない君
・We are the Girls Band !!!!! - Full ver.(2014)
・走れメロディー (2017)
・We Gonna ROCK (2017)



【TYPE-C】(CD+特典DVD)
YCCW-10327/B/¥3,241+税
<収録内容>
■CD
ドレミFUN LIFE
シアワセタランチュラ
走れメロディー
TOUGH BOY(〜TOUGH GIRL)
Alright !!
Re:GiRL
泣いてもいいんだよ
鳴らせ
ze ze ze
花火
Bye Bye 〜君といた春〜
偶然と運命
さよならbaby
遠距離恋愛爆撃ミサイル
夏のおわりに
はじまりのうた(新曲)
■特典DVD
・「ニドナツ」ワンマンライブツアードキュメント映像
・たんこぶちんミュージックビデオ全8曲収録及びメンバーによるコメンタリー解説

DVD『「ニドナツ」ワンマンライブツアー 2017』

2018年3月7日発売



YCBW-10080/¥3,611+税
<収録内容>
2017年11月26日@渋谷TSUTAYA O-WEST「二度めの夏、二度と会えない君 feat. Primember」発売記念ワンマンライブの模様を収録



【関連リンク】
たんこぶちん、初ベストアルバムより「はじまりのうた」MVを公開
たんこぶちんまとめ
上妻宏光×佐藤竹善ツアー、追加公演決定&コメント動画公開

【関連アーティスト】
たんこぶちん
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, ミュージックビデオ, MV, アルバム, リリース, 発売

上妻宏光×佐藤竹善ツアー、追加公演決定&コメント動画公開
Tue, 20 Feb 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

伝統を踏まえつつ、時代に応じた感性を加え、ボーダレスな活動で伝統と革新を追求し続けている三味線奏者・上妻宏光。“多くの人に三味線の音色を聴いてもらいたい”という想いからスタートさせた公演に、2016年からはSING LIKE TALKINGのヴォーカル・佐藤竹善が参加。2018年も『上妻宏光“STANDARD SONGS” feat,佐藤竹善2018-三味線とPIANOで奏でる名曲達-』と題して各地での公演が予定され、今回、大阪と広島での追加公演が発表された。そして、スタンダード・ナンバーのJ-POPやJAZZ、原点である「津軽じょんから節」までジャンルを超越し、和洋を融合させて名曲達を披露する2人からのコメント動画も公開!

また、2度目のツアー開催を記念して会場限定ミニアルバムも販売される予定で、収録楽曲には、ツアーにて初披露予定の新曲(作詞:佐藤竹善、作曲:上妻宏光)から、2017年のツアーでも好評をはくした「SPAIN」のLIVE音源など含む8曲を収録しており、コンサートに訪れた人のみが入手できる。

前回のツアーでは、ピアニスト含め3人がそれぞれの魅力を余すことなく披露しており、まるで3人とは思えない熱量で会場を沸かせていたが、2018年のツアーではどんなステージを披露してくれるのか待ち遠しい。三味線を通じてボーダレスに様々な活動をしてきた上妻宏光が、どんな日本の魅力を感じさせてくれるか、2018年も注目だ。

『上妻宏光“STANDARD SONGS”feat. 佐藤竹善2018-三味線とPIANOで奏でる名曲達-』

3月17日(土) 山口・JAZZ CLUB BILLIE
3月31日(土) 新潟・りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場
4月21日(土) 東京・大和田さくらホール
5月20日(日) 福岡・イムズホール
5月22日(火) 愛知 ・中川文化小劇場
7月08日(日) 広島・BLUE LIVE HIROSHIMA ※追加公演
7月20日(金) 大阪・なんばHatch ※追加公演
※詳細はこちら
http://agatsuma.tv/concert/standard-songs2016/

会場限定ミニアルバム『上妻宏光“STANDARD SONGS”feat.佐藤竹善 COLLECTION』

2018年3月17日(土)発売
※『上妻宏光“STANDARD SONGS”feat. 佐藤竹善2018-三味線とPIANOで奏でる名曲達-』山口公演より各会場限定で販売予定



¥2,000+税

ツアーで初披露となる書き下ろしの新曲「木蘭の涙」、「メロディー」「SPAIN」など全8曲を収録。また、ミニアルバムから三味線とピアノのデュオ音源をSpotifyやApple Musicでストリーミング配信により、数曲配信予定。



【関連リンク】
上妻宏光×佐藤竹善ツアー、追加公演決定&コメント動画公開
上妻宏光まとめ
佐藤竹善まとめ
SING LIKE TALKINGまとめ
THE BACK HORN、ミニアルバム特典のダイジェスト映像を公開&LINE LIVE配信決定

【関連アーティスト】
上妻宏光, 佐藤竹善, SING LIKE TALKING
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 発表

THE BACK HORN、ミニアルバム特典のダイジェスト映像を公開&LINE LIVE配信決定
Tue, 20 Feb 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年で結成20周年を迎えるTHE BACK HORNが3月7日(水)に発売する、ミニアルバム『情景泥棒』の初回盤特典DVDに収録されるライブ映像『KYO-MEIワンマンライブ」〜第三回夕焼け目撃者〜』のダイジェストを公開した。『KYO-MEIワンマンライブ」〜第三回夕焼け目撃者〜』は、アルバム『BEST THE BACK HORN II』のリリースを記念して2017年10月21日に日比谷野外音楽堂で開催。約6年振りの野音ライブは雨が降る中で行なわれ、収録曲のファン投票もあったベストアルバムの楽曲を中心としたセットリストも相まって“伝説の野音”とも言われる内容となった。今回の初回盤特典DVDには、ライブ映像を12曲、約1時間の大ボリュームで収録する。

そして、2月21日(水)18時30分からLINE LIVEで特別番組を配信することも発表! 番組では、ミニアルバム『情景泥棒』から「がんじがらめ」の音源を発売前一度限りのオンエアとしてフルサイズで配信。番組は、近年のライブ映像を約1時間にわたって特集し、『KYO-MEIワンマンライブ」〜第三回夕焼け目撃者〜』からも1曲がフルサイズで公開される。

さらに、バンド結成20周年の感謝企画として『THE BACK HORN 結成20周年記念サイン会〜情景泥棒〜』も発表! タワーレコード池袋店、渋谷、新宿店、梅田大阪マルビル店、名古屋近鉄パッセ店、仙台パルコ店、札幌ピヴォ店、福岡パルコ店の全国8ヶ所で開催される。

また、ミニアルバム『情景泥棒』のリリースライブとして、『「KYO-MEIワンマンライブ 東京編・大阪編」〜情景泥棒〜』 を3月20日(火)にZepp Tokyo、3月24日(土)にZepp Osaka Baysideで開催。さらに、『「KYO-MEI対バンツアー」〜情景泥棒〜 を開催する。『「KYO-MEI対バンツアー」〜情景泥棒〜』は、4月1日(日)の名古屋公演でUNISON SQUARE GARDEN、4月6日(金)仙台、4月8日(日)札幌公演では9mm Parabellum Bullet、4月15日(日)岡山公演ではアルカラ、4月20日(金)新潟公演ではクリープハイプとの対バンが既に発表されており、残す5月13日(日)福岡公演の対バンは後日の発表となるのでお楽しみに。

■LINE LIVE「THE BACK HORN ライブ映像特集!+発売前一夜限りの新曲音源公開!」
2月21日(水)18:30頃〜
視聴URL:https://live.line.me/channels/520/upcoming/7355368
※番組内容は変更となる可能性がございます。

ミニアルバム『情景泥棒』

2018年3月7日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1338/¥3,200+税
<収録曲>
■CD
01.Running Away
02.儚き獣たち
03.閃光
04.がんじがらめ
05.情景泥棒
06.情景泥棒〜時空オデッセイ〜
07. 光の螺旋
■DVD
〈『KYO-MEIワンマンライブ〜第三回夕焼け目撃者〜』Live at 日比谷野外大音楽堂〉
01.シリウス
02.声
03.ひょうひょうと
04.晩秋
05.コワレモノ
06.アカイヤミ
07.枝
08.覚醒
09.孤独を繋いで
10.シンフォニア
11.何処へ行く
12.グローリア



【通常盤】(CDのみ)
VICL-64966/¥2,000+税
<収録曲>
01.Running Away
02.儚き獣たち
03.閃光
04.がんじがらめ
05.情景泥棒
06.情景泥棒〜時空オデッセイ〜
07. 光の螺旋

◎店舗特典情報
下記CDショップチェーン店及びECサイトにて『情景泥棒』初回限定盤、通常盤をお買い上げの方に、特典を先着でプレゼント致します。
・タワーレコード全国各店/タワーレコードオンライン:「THE BACK HORNオリジナルステッカー(TOWER ver.)」
・TSUTAYA RECORDS 全国各店/TSUTAYA オンラインショッピング:「THE BACK HORNオリジナルステッカー(TSUTAYA ver.)」
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
・Amazon.co.jp:「THE BACK HORNオリジナルステッカー(Amazon ver.)」

『THE BACK HORN 結成20周年記念サイン会〜情景泥棒〜』

<参加方法>
下記タワーレコードの参加券配布対象店舗にて、『情景泥棒』初回限定盤、通常盤をお買い上げの方に、イベント参加券を先着で差し上げます。
参加券をお持ちのお客様は『THE BACK HORN 結成20周年記念サイン会〜情景泥棒〜』にご参加頂けます。
<内容>サイン会
※サインをさせて頂くアイテム(大判ポストカードを予定)は主催者側で用意致します。
お持込による私物・色紙等へのサインは対応できませんので予めご了承ください。
<日程>
3月08日(木) タワーレコード池袋店 6F特設イベントスペース 19:00〜
参加券配布対象店:タワーレコード池袋店、秋葉原店、浦和店、吉祥寺店
3月09日(金) タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース 20:15〜
参加券配布対象店:タワーレコード渋谷店
3月16日(金) タワーレコード新宿店 7F特設カウンター 20:00〜
参加券配布対象店:タワーレコード新宿店
3月25日(日) タワーレコード梅田大阪マルビル店 店内イベントスペース 12:00〜
参加券配布対象店:タワーレコード梅田大阪マルビル店、梅田NU茶屋町店、難波店
4月02日(月) タワーレコード名古屋近鉄パッセ店 店内イベントスペース 19:00〜
参加券配布対象店:タワーレコード名古屋近鉄パッセ店、名古屋パルコ店
4月07日(土) タワーレコード仙台パルコ店 店内イベントスペース 13:00〜
参加券配布対象店:タワーレコード仙台パルコ店
4月09日(月) タワーレコード札幌ピヴォ店 店内イベントスペース 18:30〜
参加券配布対象店:タワーレコード札幌ピヴォ店
5月14日(月) タワーレコード福岡パルコ店 店内イベントスペース 18:30〜
参加券配布対象店:タワーレコード福岡パルコ店、アミュプラザ博多店

【ライブ情報】

■THE BACK HORN 20th Anniversary『「KYO-MEIワンマンライブ 東京編・大阪編」〜情景泥棒〜』
3月20日(火) Zepp Tokyo
3月24日(土) Zepp Osaka Bayside

■THE BACK HORN 20th Anniversary『「KYO-MEI対バンツアー」〜情景泥棒〜』
4月01日(日) Zepp Nagoya
4月06日(金) 仙台PIT
4月08日(日) Zepp Sapporo
4月15日(日) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
4月20日(金) 新潟LOTS
5月13日(日) 福岡DRUM LOGOS



【関連リンク】
THE BACK HORN、ミニアルバム特典のダイジェスト映像を公開&LINE LIVE配信決定
THE BACK HORNまとめ
SA、ニューアルバム詳細解禁&リリースイベント開催決定

【関連アーティスト】
THE BACK HORN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, DVD, リリース, 発売, ミニアルバム













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1