歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2019年05月19日)
バックナンバー
最新ニュース
2019/05/18
2019/05/17
2019/05/16
2019/05/15
2019/05/14
2019/05/13
2019/05/12
2019/05/11
2019/05/10
2019/05/09
2019/05/08
2019/05/07
2019/05/06
2019/05/05
2019/05/04
2019/05/03
2019/05/02
2019/05/01
2019/04/30
2019/04/29
2019/04/28
2019/04/27
2019/04/26
2019/04/25
2019/04/24
2019/04/23
2019/04/22
2019/04/21
2019/04/20
2019/04/19
2019/04/18
2019/04/17
2019/04/16
2019/04/15
2019/04/14
2019/04/13
2019/04/12
2019/04/11
2019/04/10
2019/04/09
2019/04/08
2019/04/07
2019/04/06
2019/04/05
2019/04/04
2019/04/03
2019/04/02
2019/04/01
2019/03/31
2019/03/30
2019/03/29
2019/03/28
2019/03/27
2019/03/26
2019/03/25
2019/03/24
2019/03/23
2019/03/22
2019/03/21
2019/03/20
2019/03/19
2019/03/18
2019/03/17
2019/03/16
2019/03/15
2019/03/14
2019/03/13
2019/03/12
2019/03/11
2019/03/10
2019/03/09
2019/03/08
2019/03/07
2019/03/06
2019/03/05
2019/03/04
2019/03/03
2019/03/02
2019/03/01
2019/02/28
2019/02/27
2019/02/26
2019/02/25
2019/02/24
2019/02/23
2019/02/22
2019/02/21
2019/02/20
2019/02/19
2019/02/18
2019/02/17
2019/02/16
2019/02/15
2019/02/14
2019/02/13
2019/02/12
2019/02/11
2019/02/10
2019/02/09
2019/02/08
2019/02/07
2019/02/06
2019/02/05
2019/02/04
2019/02/03
2019/02/02
2019/02/01
2019/01/31
2019/01/30
2019/01/29
2019/01/28
2019/01/27
2019/01/26
2019/01/25
2019/01/24
2019/01/23
2019/01/22
2019/01/21
2019/01/20
2019/01/19
2019/01/18
2019/01/17
2019/01/16
2019/01/15
2019/01/14
2019/01/13
2019/01/12
2019/01/11
2019/01/10
2019/01/09
2019/01/08
2019/01/07
2019/01/06
2019/01/05
2019/01/04
2019/01/03
2019/01/02
2019/01/01
2018/12/31
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
sumika、シングル「イコール / Traveling」のジャケ写は歌詞の世界観をデザイン
Sat, 18 May 2019 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

sumikaが6月12日にリリースするニューシングル「イコール / Traveling」のアートワークと、初回盤特典CDに収録されるライブ音源の楽曲が発表となった。

今回のアートワークは鳥をモチーフにしたイラスト。“イコール”と“Traveling”で表現されている歌詞の世界観からデザインされている。

初回生産限定盤に付属するライブCDには、2018年11月22日に行なわれた『『ファンファーレ / 春夏秋冬』Release Tour』のZepp Tokyo公演から、「ファンファーレ」「フィクション」「溶けた体温、蕩けた魔法」「マイリッチサマーブルース」「ペルソナ・プロムナード」、そして最後の曲としてsumikaらしく演奏した「オレンジ」の6曲を収録。sumikaのライブにまだ参加出来ていないファンも楽しめる内容となっている。

なお、「イコール」はあだち充原作の読売テレビ・日本テレビ系TVアニメ『MIX』のオープニングテーマとして書き下ろした楽曲となっており、5月18日(土)に第7話が放送となるのでそちらもぜひチェックを!

■アニメ『MIX』公式サイト
https://www.ytv.co.jp/mix/

シングル「イコール / Traveling」

2019年6月12日(水)発売



【初回生産限定盤】(CD+特典CD)
SRCL-11195〜6/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
SRCL-11197/¥1,000+税

<収録曲>
■CD
1.イコール 
2.Traveling 
3.イコール (Instrumental)
4.Traveling (Instrumental)
■初回盤特典CD
『ファンファーレ / 春夏秋冬』Release Tour 2018.11.22 at Zepp Tokyo
1.ファンファーレ
2.フィクション
3.溶けた体温、蕩けた魔法
4.マイリッチサマーブルース
5.ペルソナ・プロムナード
6.オレンジ

『sumika『Chime』 Release Tour』

5月19日(日) 千葉・市川市文化会館
5月22日(水) 静岡・アクトシティ浜松 大ホール
5月25日(土) 鹿児島・鹿児島県文化センター(宝山ホール)
5月26日(日) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
5月30日(木) 東京・NHKホール ※追加公演
5月31日(金) 東京・NHKホール ※追加公演
6月09日(日) 神奈川・横浜アリーナ
6月26日(水) 大阪・大阪城ホール ※追加公演
6月30日(日) 大阪・大阪城ホール



【関連リンク】
sumika、シングル「イコール / Traveling」のジャケ写は歌詞の世界観をデザイン
sumikaまとめ
10-FEET、約2年ぶりのシングル発売決定&ティザー映像公開

【関連アーティスト】
sumika
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, リリース

10-FEET、約2年ぶりのシングル発売決定&ティザー映像公開
Sun, 19 May 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10-FEETが7月24日(水) に2年ぶり18枚目のシングル「ハローフィクサー」を発売することを発表! 同シングルには「ハローフィクサー」「heart blue」「123456789101112」の全3曲が収録される。

また、この発表にあわせてティザー映像も公開された。このティザーには5月19日に長崎市稲佐山公園野外ステージにて開催するバンド史上最大級の野外ワンマンライブ『10-FEET野外ワンマンライブ2019 in 稲佐山』に至るリハーサルや会場設営の模様などが収められており、まさに“ROAD TO INASAYAMA"とも言える内容なので、稲佐山ワンマンライブに参戦するファンにとっては大興奮ものに違いない。

シングルは3 曲入りCDのみの通常盤のほかに、『10-FEET野外ワンマンライブ2019 in 稲佐山』の一部を最速で収録する特典DVDが付属する初回限定盤と、さらにスペシャルグッズとして「10-FEETロゴ・シューレース」(全4色)が付属する完全生産限定盤もラインナップされる。

なお、新作のリリースにあわせて『10-FEET “ハローフィクサー" ONE-MAN TOUR 2019』を開催することも決定! 日程/会場などの詳細は後日発表される。

シングル「ハローフィクサー 」

2019年7月24日(水)発売



【完全生産限定盤(白)】(CD+DVD+GOODS)
UPCH-89409/¥2,300+税
※“10-FEETロゴ・シューレース"付き
【完全生産限定盤(黒)】(CD+DVD+GOODS)
UPCH-89410/¥2,300+税
※“10-FEETロゴ・シューレース"付き
【完全生産限定盤(蛍光黄緑)】(CD+DVD+GOODS)
UPCH-89411/¥2,300+税
※“10-FEETロゴ・シューレース"付き
【完全生産限定盤(蛍光ピンク)】(CD+DVD+GOODS)
UPCH-89412/¥2,300+税
※“10-FEETロゴ・シューレース"付き
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
UPCH-89413/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
UPCH-80518/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1. ハローフィクサー
2. heart blue
3. 123456789101112
■DVD ※完全生産限定盤/初回限定盤のみ
「10-FEET野外ワンマンライブ2019 in 稲佐山」よりライブ映像とメイキングを収録!



【ライブ情報】

『10-FEET 野外ワンマンライブ2 019 in 稲佐山』
日程:5月19日(日)
会場:稲佐山公園野外ステージ(長崎市)
開場/開演/終演: 15:30/17:00/19:30予定
席種:オールスタンディング
※整理番号あり。整理番号は公演当日、リストバンド交換時に確定。リストバンドに記載。
※6歳以上のお客様はチケットが必要となります。
6歳未満のお子様は保護者と一緒の場合は保護者1名につき子ども1名まで入場無料となります。 (保護者1名、子ども2名の場合は入場不可。)

『京都大作戦2019〜倍返しです!喰らいな祭〜』
日程:6月29日(土)、30日(日) 、7月6日(土)、7日(日)
会場:京都府立山城総合運動公園 太陽か?丘特設野外ステーシ?
時間:開場 9:30 / 開演 11:00 / 終演 20:00予定
出演アーティスト:※五十音順/出演順未定
■6月29日(土)
・源氏ノ舞台
ORANGE RANGE / 四星球 / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / BRAHMAN /
マキシマム ザ ホルモン / ヤバイTシャツ屋さん / ROTTENGRAFFTY
・牛若ノ舞台
ENTH / G-FREAK FACTORY / SHIMA / SHANK / Track\'s / ハルカミライ / FIVE NEW OLD
■6月30日(日)
・源氏ノ舞台
ACIDMAN / クリープハイプ / Ken Yokoyama / dustbox / Dizzy Sunfist / 10-FEET / Dragon Ash / WANIMA
・牛若ノ舞台
THE冠 / Survive Said The Prophet / SIX LOUNGE / NAMBA69 / HAWAIIAN6 / Hump Back / FOMARE
■7月06日(土)
・源氏ノ舞台
ウルフルズ / キュウソネコカミ / GLIM SPANKY / The BONEZ / SUPER BEAVER / 10-FEET /
Dragon Ash / MAN WITH A MISSION
・牛若ノ舞台
EGG BRAIN / KOTORI / THE FOREVER YOUNG / SPARK!!SOUND!!SHOW!! / BUZZ THE BEARS / Five State Drive / HOTSQUALL
■7月07日(日)
・源氏ノ舞台
サンボマスター / SiM / dustbox / 10-FEET / BEGIN / 04 Limited Sazabys / HEY-SMITH /
My Hair is Bad
・牛若ノ舞台
WOMCADOLE / Age Factory / KUZIRA / GOOD4NOTHING / Crystal Lake / J-REXXX /
LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS
■鞍馬ノ間
各週全8チームによる、バスケットボールのトーナメント大会
6月29日(土)、30日(日)
大阪籠球会 / O.R.K. / ALLBLUE / TEAM AKTR / TEAM-S / ちきゅう / HIGH WEST BALLERS / FRONTOOTH
7月6日(土)、7日(日)
大阪籠球会 / O.R.K. / ALLBLUE / SOMECITY OSAKA / TABASCO / TEAM COLLEGE / TEAM NICK / 9 STATES
<チケット>
前売料金:
6月29日  1日券 ¥6,400
6月30日  1日券 ¥6,400
7月06日  1日券 ¥6,400
7月07日  1日券 ¥6,400
前2日券 ¥12,400
後2日券 ¥12,400
4日通し券 ¥24,400
※全自由(整理番号無し)
※小学生以上有料/未就学児童は保護者同伴の場合無料
※表示金額は税別価格となります。
※ チケットはICカードによる入場、顔認証あり
チケット販売:オフィシャルHP最終受付
受付期間:5月18日(土) 10:00〜5月20日(月) 23:59
受付URL:https://ticket-every.jp/kyotodai/2019
フ?レイカ?イト?:京都大作戦チケットセンター
お問い合わせ:
・チケットに関して
京都大作戦チケットセンター 050-5824-5141(平日13:00〜17:00)
・公演に関して
サウント?クリエーター 06-6357-4400(平日12:00〜18:00)
<備考>
・雨天決行/荒天中止
・アーティストは都合により変更になる場合か?こ?さ?います。
その際チケット代金の払い戻しは行いませんのて?、予めこ?了承下さい。

■公式サイト
https://kyoto-daisakusen.kyoto/19/



【関連リンク】
10-FEET、約2年ぶりのシングル発売決定&ティザー映像公開
10-FEETまとめ
アラウンドザ天竺、2ndミニアルバム『タイトルめっちゃ悩む』のリリースを発表

【関連アーティスト】
10-FEET
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, CD, シングル

アラウンドザ天竺、2ndミニアルバム『タイトルめっちゃ悩む』のリリースを発表
Sat, 18 May 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

悪ふざけ系ラウドロックバンド、アラウンドザ天竺が7月31日に2ndミニアルバム『タイトルめっちゃ悩む』をリリースすることが発表された。

今作には“渋谷クワトロワンマンが怖い”と歌った「クワトロこわい」、ライブでヤバイと話題の「邦 Limited Sazabys」など全6曲が収録される。

アラウンドザ天竺は8月8日(木)に渋谷CLUB QUATTROでワンマンが決定したが、チケットが全く売れず、プレイガイドが10枚程度しか売れていないことをTwitter等で発表していた。ラウドロックシーンで最も急成長と言われているアラウンドザ天竺だが、今作がクワトロワンマンの危機を乗り越える一手になるのか、注目のリリースだ。

ミニアルバム『タイトルめっちゃ悩む』

2019年7月31日発売



LFRR-0015/¥1500+税
<収録曲>
1.初恋撃沈同窓会
2.邦 Limited Sazabys
3.クワトロこわい
4.栄光の割り箸
5.右が気になる
6.ヤバイ、新聞屋さん (アラウンドザ天笠Ver)


『アラウンドザ天竺 結成2周年ワンマン』

8月08日(木) 東京・渋谷CLUB QUATTRO



【関連リンク】
アラウンドザ天竺、2ndミニアルバム『タイトルめっちゃ悩む』のリリースを発表
アラウンドザ天竺 まとめ
ニコル(元KARA)、シングル「Promise」発売記念のトークイベントが決定!

【関連アーティスト】
アラウンドザ天竺
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミニアルバム, ライブ

ニコル(元KARA)、シングル「Promise」発売記念のトークイベントが決定!
Fri, 17 May 2019 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

元KARAのニコルが3年振りとなるニューシングル「Promise」の発売を記念してトークイベントを開催することが緊急決定した。

「Promise」は永遠の愛をテーマにしたニコルにとって初のバラードシングルで、6月に大阪・東京で開催される『ニコル CONCERT 2019〜Summer Wave〜』の会場で限定リリースされる。

同作を記念したトークイベントは、6月8日(土)にパトゥール大阪で開催。新曲「Promise」の話や、6月7日(金)に発売される初の写真集『hana.』の撮影秘話など、ここでしか聞けないネタが満載のスペシャルイベントとなる。

チケットは5月17日(金)18:00より受付がスタート。ニコルのオフィシャルサイトもオープンしたので詳細をチェックしよう!

■ニコル オフィシャルHP
https://nicole-official.com/

■【「Promise」リリース記念 トークイベント】

6月08日(土) 大阪・バトゥール大阪(天王寺)2Fガルーダホール
【1部】開演 11:15 / 【2部】開演 13:00

<チケット>
¥4,500(税抜)
※整理番号順入場
※5月17日(金)18:00より予約開始!

シングル 「Promise」

2019年6月7日(金)発売
※『ニコル CONCERT 2019〜Summer Wave〜』会場限定販売



価格:¥2,500(税込)

<収録曲>
1.Promise
作詞:Yu-ki Kokubo
作曲:B.EYES,Pianist Ju,ENNE
編曲:B.EYES
2.Promise-instrumental-
3.「Promise」ジャケット撮影メイキング映像
全10種(特殊加工絵柄2種有り)


『ニコル CONCERT 2019〜Summer Wave〜』

6月07日(金) 大阪・BIG CAT
<1部>開場14:00 / 開演14:30
<2部>開場18:30 / 開演19:00

6月10日(月) 東京・渋谷WWW
<1部>開場15:30 / 開演16:00
<2部>開場19:00 / 開演19:30

◎チケット発売中!
全席自由¥9,800(税込) ※ハイタッチ付き

◎イベントオフィシャルサイト http://k-fan.official-fan.com/nicole-concert2019-summer/

写真集『hana.』

2019年6月7日(金)発売



価格:¥3500(税抜)
<仕様>
B5判
96ページオールカラー
◎付録:メイキングDVD

発行:株式会社KADOKAWA



【関連リンク】
ニコル(元KARA)、シングル「Promise」発売記念のトークイベントが決定!
ニコルまとめ
KARAまとめ
『ランティス祭り2019』、ソールドアウトとなっているDAY2とDAY3のライブビューイング決定

【関連アーティスト】
ニコル, KARA
【ジャンル】
K-POP, ニュース, シングル, ライブ

『ランティス祭り2019』、ソールドアウトとなっているDAY2とDAY3のライブビューイング決定
Sat, 18 May 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月21日・22日・23日の3日間で開催されるアニソンレーベル「Lantis」の創立20周年を記念したライブイベント『20th Anniversary Live ランティス祭り 2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG』のチケットが残り僅かとなった中、すでにソールドアウトとなっているDAY2とDAY3のライブビューイングか決定! また、その詳細であり、追加情報も発表された。

まずは、DAY2とDAY3本公演において、追加出演者がアナウンスされた。アイカツフレンズ!より、天翔ひびき(cv.日笠陽子)、アリシア・シャーロット(cv.大西沙織)、春風わかば(cv.逢来りん)の3名が、そしてDAY2には、ONE III NOTES、北宇治カルテット[黄前久美子(CV.黒沢ともよ), 加藤葉月(CV.朝井彩加), 川島緑輝(CV.豊田萌絵), 高坂麗奈(CV.安済知佳)]、DAY-3には、SOS団 from 涼宮ハルヒの憂鬱、ちょろゴンずfrom 小林さんちのメイドラゴン[トール(CV.桑原由気)、カンナ(CV.長縄まりあ)、エルマ(CV.高田憂希)、ルコア(CV.高橋未奈美)]と、アニメ作品の主題歌として話題騒然となったユニットが参戦となる。

そして、DAY2とDAY3公演のライブビューイングだが、本公演会場の幕張メッセ国際展示場ホール9・10に隣接する幕張イベントホールでの開催となり、ロビーエリアとなるホール11への出入りも可能なお得さ満載のチケットとなっている。ロビーエリアでは、オフィシャルグッズ販売や、開催ごとに話題となる「ランティ水」の販売、様々な演目を予定している「サテライトステージ」、協賛ブース、アトラクションブース飲食ブースなどの展開があり、ライブビューイングチケットとはいえ、同時にイベントを楽しめるサービス感満載のチケットだ。

また、ロビーエリアで展開される「サテライトステージ」の演目も、すでに一部が発表されているが、初日・DAY1では影山ヒロノブこと“DJKG"と、人気ロックユニットOLDCODEXのペインターYORKE.によるコラボステージや、人気アニメ作品「荒野のコトブキ飛行隊」「ガールズ&パンツアー」のスペシャルステージが決定!  そして、DAY2では、fh?naのメンバーKevin、buzz★VivesのメンバーShinnosuke、クリエーターとしても大活躍中の高橋諒こと“DJ Relay"によるスペシャルコラボステージ、bayfmで放送中のJAM ProjectメンバーがMCを務めるラジオ番組「bayfm Starting STYLE!!〜Countdown to Lantis matsuri〜」の公開収録。創刊25周年を迎える人気声優雑誌「声優グランプリ」は、ゲストを迎えてのトークステージを予定している。

総勢60組以上の出演が発表されている豪華イベント『20th Anniversary Live ランティス祭り2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG』は、ライブ本公演以外でも豪華展開となり、今後の情報に期待が高まる。

■【DAY1 本公演チケット情報】

【DAY1 本公演チケット情報】
指定:¥9,800(税込) 
スタンディング:¥8,800(税込)
※申込枚数制限:お一人様1公演につき4枚まで(複数公演申込可)
※3歳以上有料 
※再入場可 
※転売禁止 
※オークションへの出品禁止 
※転売チケット入場不可

チケット発売中!
※一般発売はWEBのみでの販売となります。コンビニ店舗での販売はございません。

■LINEチケット
ネット予約:https://ticket.line.me/sp/lantis20th
※購入したチケットは、すべて「電子チケット」でのお受取りになります。チケットのお受取りにはLINEをインストールしたスマートフォンが必要です。
※LINEチケットを初めて利用する場合は、お申込み時にお名前の入力が必須となります。
■e+(イープラス)
ネット予約:https://eplus.jp/lantis20th/
■チケットぴあ (Pコード:137-688)
ネット予約: http://w.pia.jp/t/lantis20th/
■ローソンチケット(Lコード:79100)
ネット予約: https://l-tike.com/lantis-20th

※お申込み時に各プレイガイドの会員登録(無料)が必要となります。
※お申込み方法及び注意事項は受付画面よりご確認ください。
※先着での受付となります。予定枚数に達し次第受付終了となりますので、予めご了承ください。

<公演に関するお問合せ>
チケットポート 03-5561-9001(平日10:00〜18:00)

■【DAY2・DAY3 ライブビューイング 公演チケット情報】

『20th Anniversary Live ランティス祭り 2019 A・R・I・G・A・T・O ANISONG』ライブビューイング
日程:6月22日(土) 12:00開場 13:00開演
   6月23日(日) 12:00開場 13:00開演
会場:千葉・幕張イベントホール
料金:全席指定5,000円(税込)
※申込枚数制限:お一人様1公演につき4枚まで(複数公演申込可)
※3歳以上有料 ※再入場可 ※転売禁止 ※オークションへの出品禁止 ※転売チケット入場不可
※ライブビューイングのチケットをお持ちの方は、幕張メッセ11ホール(ロビーエリア)へのご入場が可能です。ロビーエリアではランティス祭り2019オフィシャルグッズ販売・サテライトステージ等の様々な企画に参加できます。

チケット受付中! 
お申込みはこちら:https://ticket.line.me/sp/lantis20th-lv
※購入したチケットは、すべて「電子チケット」でのお受取りになります。チケットのお受取りにはLINEをインストールしたスマートフォンが必要です。
※LINEチケットを初めて利用する場合は、お申込み時にお名前の入力が必須となります。
※お申込み方法及び注意事項は受付画面よりご確認ください。
※先着での受付となります。予定枚数に達し次第受付終了となりますので、予めご了承ください。
※ライブビューイングはLINEチケットのみでの販売となります。他プレイガイド・コンビニ店舗での販売はございません。

■ライブビューイングに関するお問合せ
インフォメーションダイヤル 03-5793-8878(平日13:00〜18:00)



【関連リンク】
『ランティス祭り2019』、ソールドアウトとなっているDAY2とDAY3のライブビューイング決定
JAM Projectまとめ
影山ヒロノブまとめ
OLDCODEXまとめ
fh?naまとめ

【関連アーティスト】
JAM Project, 影山ヒロノブ, OLDCODEX, fh?na
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, アニメ・声優, ニュース

真空ホロウ、『SAKAE SP-RING 2019』にてはなわのバックバンドに出演
Sat, 18 May 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

真空ホロウが、愛知・名古屋にて開催されるライブサーキットイベント『SAKAE SP-RING 2019』に出演するはなわのバックバンドを務めることが分かった。

はなわが歌う二階堂ふみ×GACKTのW主演映画『翔んで埼玉』の主題歌「埼玉県のうた」のレコーディングに、真空ホロウのリズム隊が参加したことがきっかけとなり今回の共演が実現。はなわの出演は6月1日(土)17:00から、会場はDIAMOND HALLを予定している。

なお、真空ホロウ単独でのライブはRAD SEVENにて14:30からに加え、“SAKAE SP-RING 2019×TOWER RECORDS名古屋パルコ店コラボステージ”に12:00から出演。こちらのパフォーマンスも要注目だ。

また、3月にリリースされた真空ホロウのニューアルバム『たやすくハッピーエンドなんかにするな』のリリースツアー追加公演が、6〜7月にかけて秋田・札幌・水戸にて開催される。詳細はオフィシャルHPをチェックしよう!

■『SAKAE SP-RING 2019』

出演日:6月01日(土)
(1)SAKAE SP-RING 2019×TOWER RECORDS名古屋パルコ店コラボステージ
12:00〜 ※アコースティックバンドにて出演
(2)RAD SEVEN
14:30〜 ※バンド出演
(3)DIAMOND HALL
17:00〜 ※はなわのバックバンドとして出演

■『SAKAE SP-RING 2019』オフィシャルHP
https://sakaespring.com/

【ライブ情報】ツアー追加公演『真空ホロウ #たやはぴツアー2019〜新元号でもなんてことないね〜』

6月07日(金) 秋田・LIVESPOT2000
w)CIVILIAN
6月11日(火) 北海道・札幌COLONY
※ワンマン公演
7月04日(木) 茨城・水戸ライトハウス
※ワンマン公演



【関連リンク】
真空ホロウ、『SAKAE SP-RING 2019』にてはなわのバックバンドに出演
真空ホロウまとめ
嘘とカメレオン、新曲「パプリカはポストヒューマンの夢を見るか」のMVは山梨県の象牙彫刻美術館で撮影

【関連アーティスト】
真空ホロウ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ

嘘とカメレオン、新曲「パプリカはポストヒューマンの夢を見るか」のMVは山梨県の象牙彫刻美術館で撮影
Sat, 18 May 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月29日にリリースとなる嘘とカメレオンのミニアルバム『ポストヒューマンNo.5』から、新曲「パプリカはポストヒューマンの夢を見るか」のMVが公開となった。

今回のMVは“誰もMV撮影では使わない場所とのコラボレーション”をコンセプトに、山梨県“幸せの丘ありあんす”内の象牙彫刻美術館でメインカットを撮影。ここは国宝級の象牙など約300点もの美術品を展示している世界でも類のない美術館で、世界の七不思議とされる“26層のくりぬき宝玉”や、高さ2メートル50センチの“法隆寺五重塔”など数々の貴重な作品に囲まれた異空間でライブパフォーマンスを行なう視覚的な刺激に溢れる作品となっている。

嘘とカメレオンは、メンバープロデュースによる「されど奇術師が賽を振る」のMVがYouTubeで500万再生を突破、2月にはドラマ『絶対正義』の主題歌「ルイユの螺旋」でダークテイストなコラージュMVを公開するなど、発表する映像作品が次々と話題になっている。今回発表となtった新作MV「パプリカはポストヒューマンの夢を見るか」も要チェックだ。

■【チャム(.△)(Vo) コメント】

「ポストヒューマンという言葉で表現したように、人間の限界を超え、これまでの自分たちをまたひとつ脱却していく、とてつもない速度で進化したい気持ちが常に飽和しているような時期だったのでこの曲でMVを撮ったのは必然である気がしています。このMVに写っているのは紛れも無い5人の今です。どんなに大きな場所でもメンバーしかステージに立たないバンドという生き物が持つ圧倒的なカッコ良さ、嘘とカメレオンが持つ強さや光を表現しました」

ミニアルバム 『ポストヒューマンNo.5』

2019年5月29日発売



【初回限定盤】(CD+コンテンツカード)
¥2,778+税
※仕様:スリーブケース仕様
<収録曲>
■CD
1.パプリカはポストヒューマンの夢を見るか
2.ルイユの螺旋
3.ミイラ・コード
4.とある男の記録
5.パラダイム4210
6.Upius
7.societal sanity
■コンテンツカード
・MVメイキング映像
・『ポストヒューマンNo.5』リリース記念特番
・『はじめてのおつかいツアー 〜ひとりでできるもん!〜』全公演クイックフォトレポート
※カードとスマホ/タブレット/パソコンを使用して上記のコンテンツにアクセス可能。
※アクセス有効期間:2020年5月31日
※クイックフォトレポートは各公演終演後24時間以内に見ることができるようになります。



【通常盤】(CD)
¥2,037+税
<収録曲>
1.パプリカはポストヒューマンの夢を見るか
2.ルイユの螺旋
3.ミイラ・コード
4.とある男の記録
5.パラダイム4210
6.Upius
7.societal sanity

【ライブ情報】

■ミニアルバム『ポストヒューマンNo.5』発売記念『当て振りインストアライブツアー2019』
6月02日(日) タワーレコード新宿店 18:00〜
6月09日(日) タワーレコード渋谷店 5F 15:00〜
6月11日(火) タワーレコード札幌ピヴォ店 19:00〜
6月13日(木) タワーレコード仙台パルコ店 18:30〜
6月15日(土) タワーレコード新潟店 15:00〜
6月16日(日) タワーレコード グランツリー武蔵小杉店 15:00〜
6月21日(金) タワーレコード広島店 18:30〜
※全公演当て振りライブとなり、ライブ観覧はフリーとなっております。
※ライブ終了後は『ポストヒューマンNo.5』をご予約、ご購入頂いた方を対象にサイン会を実施させて頂きます。
◎詳細ページ http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t11620/
■全国ワンマンツアー『はじめてのおつかいツアー 〜ひとりでできるもん!〜』
6月12日(水) 北海道・札幌 SPiCE
6月14日(金) 宮城・仙台 LIVE HOUSE enn 3rd
6月22日(土) 広島・BACK BEAT
6月23日(日) 福岡・Queblick
6月28日(金) 愛知・名古屋ElectricLadyLand
6月29日(土) 大阪・UMEDA CLUB QUATTRO
7月05日(金) 東京・恵比寿LIQUIDROOM
<チケット>
前売¥3,500(税込+ワンドリンク)
※学割¥500キャッシュバックあり
※大学生/専門学校生/高校生/中学生/小学生を対象に会場にて¥500をキャッシュバックします。
※大学生/専門学校生/高校生/中学生は学生証を、小学生は年齢を証明できるものを持参して下さい。
※キャッシュバックは当日、会場に来られた方に限ります。
・チケットぴあ https://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=F1280002
・e+ https://eplus.jp/sf/word/0000074471
・ローソンチケット https://l-tike.com/concert/mevent/?mid=306602



【関連リンク】
嘘とカメレオン、新曲「パプリカはポストヒューマンの夢を見るか」のMVは山梨県の象牙彫刻美術館で撮影
嘘とカメレオンまとめ
lyrical school、ビクターに移籍!6月に移籍第一弾配信シングル&9月にアルバムをリリース!

【関連アーティスト】
嘘とカメレオン
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 新曲, ミニアルバム

lyrical school、ビクターに移籍!6月に移籍第一弾配信シングル&9月にアルバムをリリース!
Sat, 18 May 2019 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

lyrical school(略称:リリスク)が新体制のもと、5月18日に港区の中学校体育館にて開催したファン・イベント『lyrical school FREE LIVE “全校集会" Vol.1』でビクターエンタテインメントへの移籍を発表した。

さらに所属先レーベルとなる「コネクトーン」より、6月26日(水)には早々と第一弾デジタル・シングル「LAST DANCE」がリリースされ、この後7月、8月と3カ月連続で配信シングルが控えており、9月11日(水)には移籍第一弾アルバム『BE KIND REWIND』もお目見えするという大発表になった。

「LAST DANCE」はセカンド・ロイヤル・レコードのクリエイター、上田修平とアナの大久保潤也が曲作りに加わった如何にもlyrical schoolらしいキュートな先鋭ポップに仕上がっている。まずはこちらをチェックしていただきたい。

配信シングル「LAST DANCE」

2019年6月26日(水)配信



レコチョク、iTunes、Apple Music, Spotify他主要サイトにて配信


アルバム『BE KIND REWIND』

2019年9月11日(水)発売



詳細未定



【関連リンク】
lyrical school、ビクターに移籍!6月に移籍第一弾配信シングル&9月にアルバムをリリース!
lyrical schoolまとめ
ROLLY、セルフカバーアルバムより2曲にわたるMV「天地創造〜Eejanaika」が完成

【関連アーティスト】
lyrical school
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, シングル, アルバム, 配信

ROLLY、セルフカバーアルバムより2曲にわたるMV「天地創造〜Eejanaika」が完成
Fri, 17 May 2019 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ROLLYが今まで数々のアーティストに提供してきた楽曲の中から、自ら厳選セレクトしたセルフカヴァーアルバム『ROLLY’S ROCK WORKS』が、自身のデビュー記念日である5月21日(火)にリリースとなる。ROLLY曰く“自己満足度290%”の今作より最新MV「天地創造〜Eejanaika」が到着した。

このMVは、ニューロティカ結成30周年記念ドキュメンタリー映画『あっちゃん』(2015年公開)なども手掛けたナリオ氏が映像監督を担当。

アルバム冒頭を壮大に飾る序曲「天地創造」は、ROLLYのオペラティックなヴォーカル、天から舞い降りるかのギター・フレーズに彩られ、展開の激しい大仰且つコミカルな映像に仕上がられており、ROLLYの圧倒的な世界観を表現。続くアルバムのリード曲「Eejanaika」(読み:ええじゃないか)では、ROLLY流グリッター・ビート/グラム・ロックが炸裂。ミニマルなビートに簡潔かつ深淵な歌詞が、一度聴いたら耳から頭から離れないインパクトだ。

映像もROLLYのグラマラス&POPでカラフルなテイストで埋め尽くされ、変態的要素も盛りだくさん。その独特なROLLY節を存分に味わってほしい。

アルバム『ROLLY’S ROCK WORKS』

2019年5月21日(火)発売



KICS-3798/¥3,000+税
<収録曲>
01. 天地創造 [ROLLY]
02. Eejanaika [ROLLY]
03. 僕等のセンチュリー [ももいろクローバーZ]
04. 恋のトレモロマジックダーリン [八木田 麻衣]
05. 秘密のギミーキャット〜うふふ 本当よ〜 [PUFFY]
06. 恋のROCK’N’ROLL!DRIVE! [藤木 直人]
07. 眠れる森の少女 [9nine]
08. 宇宙のMON DIEU [MEG]
09. 恋してキメル! [KIMERU]
10. 鏡の中のフェアリーテール [高橋 瞳]
11. 恋するラヴレター [豊崎 愛生]
12. 未来泥棒 [イヤホンズ]
13. Dear Music [ROLLY] 
※[ ]内はオリジナル・アーティスト

◎CD購入者先行受付入り
<対象公演>
8月17日(土)大阪・心斎橋JANUS
8月23日(金)東京・渋谷CLUB QUATTRO
8月25日(日)愛知・名古屋TOKUZO

◎店舗特典
ROLLY『ROLLY’S ROCK WORKS』BONUS DISC
「宇宙のMON DIEU」 [MEG提供曲]
2019.2.22@キリスト品川教会 グローリア・チャペル
※メーカー特典の配布店舗はこちら
http://www.kingrecords.co.jp/img/usr/YG/ROLLY_RRW_shoplist.pdf

■詳細ページ
http://www.kingrecords.co.jp/cs/g/gKICS-3798/

【ライブ・イベント情報】

■『ROLLY’S ROCK WORKS』発売記念イベント(ミニライヴ(観覧無料)+サイン会)
5月25日(土) モラージュ菖蒲 1F滝のコート
5月26日(日) アピタ長津田店 1F スナックコート(観覧無料ミニライヴ+サイン会)
◎詳細ページ http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t11609/
■『スパークスローリーTOUR「帰ってきた!スパークスローリー2019 〜Don’t forget the Beginning〜」SPARKS GO GOとのユニット「スパークスローリー」のTOUR』
5月17日(金) 東京・下北沢GARDEN
5月30日(木) 北海道・札幌Sound lab mole
6月02日(日) 兵庫・神戸VARIT.

■『ROLLY\'S ROCK SHOW TOUR 2019』
バンド:ROLLY& GlimRockers 
6月09日(日) 宮城・仙台MACANA 〜ロックの日記念日〜 
6月15日(土) 千葉・LOOK
6月22日(土) 神奈川・F. A. D yokohama
7月25日(木) 京都・磔磔
7月26日(金) 岡山・Desperado(対バン:Neo Fantastic)
7月27日(土) 広島・Back Beat(対バン:Neo Fantastic)
7月28日(日) 福岡・博多CB (対バン:Neo Fantastic)
8月17日(土) 大阪・心斎橋JANUS 
8月23日(金) 東京・渋谷 CLUB QUATTRO 
8月25日(日) 愛知・名古屋TOKUZO 



【関連リンク】
ROLLY、セルフカバーアルバムより2曲にわたるMV「天地創造〜Eejanaika」が完成
ROLLYまとめ
Mega Shinnosuke、新曲「O.W.A.」のMVにぱいぱいでか美、眉村ちあきら出演

【関連アーティスト】
ROLLY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, ライブ, チケット

Mega Shinnosuke、新曲「O.W.A.」のMVにぱいぱいでか美、眉村ちあきら出演
Fri, 17 May 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2000年生まれのクリエイター、Mega Shinnosukeの新曲「O.W.A.」のMVが解禁となった。
 
今回の作品は、既にYouTube上で公開されていたMVが諸事情(!?)により、非公開を余儀なくされたため、Mega Shinnosuke本人がプロデュース、ディレクターとして高校2年生の映像作家マルルーンとタッグを組み新たに制作されたもの。撮影は全編iPhoneにて行なわれ、総制作費は¥15,000(税込)。そのうち¥14,780は某ディスカウントショップでの小道具代とのことだ。

出演者には、ぱいぱいでか美、眉村ちあき、フワちゃん、sooogood!、ぼく脳など、Mega Shinnosuke自身が連絡を取って出演を快諾してくれたメンバーが揃い、さまざまなアクションを行なっている。マルルーンの手によってシュールだがどこかポップな映像に仕上がっているのでぜひチェックしてみてほしい。

また、初の全国流通となる6月5日リリースのEP『HONNE』が、タワーレコードの6月度“タワレコメン”、HMVの6月度“エイチオシ”に決定。今後の動向にも注目だ。

■「O.W.A.」各種配信リンク
https://MegaShinnosuke.lnk.to/OWA-20190510

【「O.W.A.」MV スタッフクレジット】

Producer:Mega Shinnosuke
Director / Cinematographer / Edit:マルルーン

<Cast>※順不同
ぱいぱいでか美
眉村ちあき
フワちゃん
sooogood!
ぼく脳
井上道富
つつみあきひろ
タウンゼント桃子ドーン
Nick(たまたま道で会った)
マルルーン

Starring:Mega Shinnosuke
Special Thanks:ご協力頂いた皆様

EP『HONNE』

2019年6月5日発売



MGSN-1001/¥1404(税込)
<収録曲>
1.桃源郷とタクシー
2.O.W.A.
3.憂鬱なラブソング
4.狭い宇宙、広いこの星
5.本音



【関連リンク】
Mega Shinnosuke、新曲「O.W.A.」のMVにぱいぱいでか美、眉村ちあきら出演
Mega Shinnosukeまとめ
ぱいぱいでか美まとめ
眉村ちあきまとめ
androp、アルバム『daily』を携えた全国ツアーが開幕

【関連アーティスト】
Mega Shinnosuke, ぱいぱいでか美, 眉村ちあき
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 新曲, EP

androp、アルバム『daily』を携えた全国ツアーが開幕
Thu, 16 May 2019 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年12月よりデビュー10周年のアニバーサリーイヤーに突入したandrop。アニバーサリーのスタートを飾ったアルバム『daily』を携えた全国ツアー『live tour 2019 “daily”』が、5月15日(水)東京・恵比寿LIQUIDROOM公演よりスタートした。

ツアー開催を発表するやソールドアウトの公演が続出した本ツアーの初日。高倍率のプレミアチケットを手にしたファンが集まった。オープニングから全編を通して『daily』の世界観を表現したセットリストは、デビューから10年を迎える“今”を表した内容となっており、2018年のツアーとはまた違ったムードが会場を包んだ。

MCでは待望のツアーということで内澤崇仁(Vo&Gu)が“昨年『daily』というアルバムを発売して、やっと、令和になってツアーができた”と話し、“令和初ワンマンです”と来場したファンを盛り上げた。メンバーの伊藤彬彦(Dr)も“僕は『daily』というアルバムが大好きなんですよ”とこのアルバムとツアーにかける想いを話した。

この日は初披露となった『daily』収録曲のほか、2018年にヒットした「Hikari」や代表曲「Voice」などを次々と演奏。ファンとともに歩んできた彼らの現在の温度を感じるとともに、これからが楽しみになるライブとなった。

2020年1月11日、12日には東京・人見記念講堂にてアニバーサリーライブ『androp -10th. Anniversary live-』の開催も決定しており、5月15日(水)よりイープラス最速先行受付がスタート! ぜひこの機会にチェックしてほしい。

【ライブ情報】

■『one-man live tour 2019 "daily"』
5月22日(水) 宮城・仙台Darwin
5月24日(金) 愛知・NAGOYA CLUB QUATTRO ※SOLD OUT
6月09日(日) 大阪・梅田TRAD ※SOLD OUT
6月19日(水) 福岡・DRUM Be-1 ※SOLD OUT
6月22日(土) 東京・代官山UNIT ※SOLD OUT

<2020年>
■『androp -10th. Anniversary live-』
1月11日(土) 東京・人見記念講堂
1月12日(日) 東京・人見記念講堂
<チケット>
指定席¥6,000(税込)
※6歳以下の入場不可
◎イープラス最速先行受付中!
5月15日(水)12:00〜5月26日(日)23:00
https://eplus.jp/androp19/



【関連リンク】
androp、アルバム『daily』を携えた全国ツアーが開幕
andropまとめ
HAN-KUN、ワンマンライブにて自身初の握手会が決定

【関連アーティスト】
androp
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット, ライブレポ

HAN-KUN、ワンマンライブにて自身初の握手会が決定
Thu, 16 May 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

湘南乃風のヴォーカリストであり、ソロアクトとしても唯一無二の歌声を持つHAN-KUNのアルバム『Musical Ambassador』が5月29日にリリースされる。同作の発売後に開催する5月31日(金)東京・TOKYO DOME CITY HALLでのワンマンライブ後に握手会を実施することが決定した。

今回の握手会は自身初の試み。当日会場内でアルバム『Musical Ambassador』を購入した人を対象に“握手会参加券”が配られるとのことなので、このチャンスをお見逃しなく!

また、6月20日(木)福岡・JR HAKATA CITY STUDIO前テラスにて『Hyper Night Program GOW!!×HAN-KUN 10th Anniversary LIVE GOW!! in JR HAKATA CITY』を開催することも発表! ソロデビュー10周年のHAN-KUNと、こちらも10周年を迎えるFM福岡の番組『Hyper Night Program GOW!!』の連動イベントとなる。当日の模様は『Hyper Night Program GOW!!』で生放送もされるので、気になる方は詳細ページをチェックしてほしい。

■【HAN-KUN 10th Anniversary special live『Musical Ambassador』 ライブ終演後握手会】

5月31日(金) 東京・TOKYO DOME CITY HALL ※ライブ終演後

<握手会参加方法>
公演チケットをお持ちの方で、HAN-KUNのニューアルバム『Musical Ambassador』を、当日会場内CD販売所でご購入頂いた方に“握手会参加券”を1枚お渡しいたします。
※終演後の握手会に参加される方のみ会場に残って頂き、スタッフの指示に従って握手会にご参加ください

<対象商品>
アルバム『Musical Ambassador』/HAN-KUN
【初回限定盤】(CD+DVD)TYCT-69149/¥4,536(税込)
【通常盤】(CD)TYCT-60141/¥2,700(税込)

◎詳細ページ
https://www.universal-music.co.jp/han-kun/news/

『Hyper Night Program GOW!!×HAN-KUN 10th Anniversary LIVE GOW!! in JR HAKATA CITY』

6月20日(木) 福岡・JR HAKATA CITY STUDIO前テラス
◎イベントの模様は『Hyper Night Program GOW!!』で生放送!
https://fmfukuoka.co.jp/event/main.php?id=20190515152605

アルバム『Musical Ambassador』

2019年5月29日発売



【初回盤】
TYCT-69149/¥4,200+税
【通常盤】
TYCT-60141/¥2,500+税
<収録曲>
■CD
01.Intro 〜No Tree Without Roots〜 (by Big Youth)」
02.湘南 My Love オリジナル:TUBE(1991)
03.もっと強く抱きしめたなら オリジナル:WANDS(1993)
04.このまま君だけを奪い去りたい オリジナル:DEEN(1994)
05.木蘭の涙 オリジナル:STARDUST REVUE(1993)
06.海の声 オリジナル:浦島太郎(桐谷健太)(2016)
07.ひまわりの約束 オリジナル:秦基博(2015)
08.空も飛べるはず オリジナル:スピッツ(1994)
09.Tommorow never knows オリジナル: Mr.Children(1997)
10.上を向いて歩こう オリジナル:坂本九(1962)
11.離したくはない オリジナル:T-BOLAN(1991)
12.あなたに オリジナル:モンゴル800(2001)
■DVD
10周年記念ワンマンライブ『HAN-KUN 10th Anniversary Show Case “SUPA DUPA FLY”』
2018.11.9 @渋谷WOMB
DEEP IMPACT
TEPPEN!!
ROAD TO ZION
FIRE AGAIN
KEEP IT BLAZING
SAIKOH
MAGIC MOMENT
JOURNEY
DREAMER
FOREVER...
NOT AN EASY ROAD
T.R.Y.
TOUCH THE SKY
Roots&Future
REGGAE MAN
PULL UP
I&I
Never Mind!!
Don\'t Give Up Yourself!!
POSSIBLE
ずっと feat. TEE (SPICY CHOCOLATE)
One Song
♯IROIRO
New Era
SUPA DUPA FLY feat. 湘南乃風, MOOMIN, KENTY GROSS, BES, APOLLO, NATURAL WEAPON, 導楽
◎購入者特典デザイン
・共通特典:ポストカード
※一部取り扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください)
・ユニバーサルミュージックストア特典[初回盤(TYCT-69149)のみ対象]:クリアファイル



【関連リンク】
HAN-KUN、ワンマンライブにて自身初の握手会が決定
HAN-KUN まとめ
湘南乃風まとめ
KANA-BOON、歌詞に込めた想いを叫び届ける新曲「まっさら」のMV公開

【関連アーティスト】
HAN-KUN , 湘南乃風
【ジャンル】
J-POP, ニュース, レゲエ

KANA-BOON、歌詞に込めた想いを叫び届ける新曲「まっさら」のMV公開
Fri, 17 May 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

KANA-BOONの新曲「まっさら」のMV(Short ver.)がYouTubeにて公開された。

モノトーンにまとめられたストイックな演奏シーンと、朝陽の中を自転車で駆け抜ける、色彩鮮やかなシーンとのコントラストが美しく、歌詞に込められた“まっさら”な想いを叫び届けるエモーショナルな作品に仕上がっている。

KANA-BOONはメジャーデビュー5周年を迎え、5シーズンにわたって“5リリース・5イベント”を企画。「まっさら」は、その5周年企画の“リリース”の締め括りとして放つ、6月12日(水)発売となるニューシングルの表題曲だ。ノイタミナTVアニメ『さらざんまい』のOPテーマとして現在放送中であり、先行配信もスタートしている本楽曲は、数々の春フェスのステージでも演奏し、大きな盛り上がりを見せている。

■「まっさら」先行配信URL
https://kmu.lnk.to/massara

シングル「まっさら」

2019年6月12日(水)発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3160〜3161/¥2,300+税
※どうでもいいオマケ022封入

<収録曲>
■CD
1. まっさら
2. FLYERS
■DVD収録内容
KANA-BOONのGO!GO!5周年!シーズン4 ワンマンツアー
『Let\'s go 55 ONE-MAAN!!』Yokohama Bay Hall公演
LIVE映像&ツアードキュメンタリー映像
・2018.12.15 at Yokohama Bay Hall
1. - Introduction -
2. 1.2. step to you
3. タイムアウト
4. ディストラクションビートミュージック
5. クラクション
6. talking
7. 結晶星
8. Fighter
9. 彷徨う日々とファンファーレ
10. 夜の窓辺から
11. ネリネ
・ツアードキュメンタリー映像



【通常盤】(CD)
KSCL-3162/¥1,000+税
※どうでもいいオマケ022封入



【関連リンク】
KANA-BOON、歌詞に込めた想いを叫び届ける新曲「まっさら」のMV公開
KANA-BOONまとめ
星野 源、「Pop Virus」「アイデア」など東京ドーム公演のライブ映像をWOWOWにて放送!

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル

星野 源、「Pop Virus」「アイデア」など東京ドーム公演のライブ映像をWOWOWにて放送!
Fri, 17 May 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

星野源が2018年12月にリリースした最新アルバム『POP VIRUS』を引っ提げて行なった初の5大ドームツアー『星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』』より、2019年2月27〜28日の東京ドーム公演をWOWOWにて5月18日(土)に放送する。

本ツアーは5カ所8公演で開催し総動員数は33万人、しかも全会場ともチケットは即日完売という盛況ぶり。今回の放送では東京ドーム公演の盛り上がりをそのままに、WOWOWだけの濃縮版で「Pop Virus」「アイデア」「恋」「SUN」「KIDS」「Week End」他のパフォーマンスをオンエア!

ドームツアーでも自分を貫き、客席と一体となるステージを繰り広げた星野 源。圧倒的な存在感を放ち続ける彼の珠玉のステージは必見だ。

■【番組情報】

『星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』』
5月18日(土)夜7:00〜[WOWOWプライム]
収録日:2019年2月27〜28日@東京ドーム

<放送楽曲>
「Pop Virus」「アイデア」「恋」「SUN」「KIDS」「Week End」他

■番組サイト
https://www.wowow.co.jp/music/hoshinogen/



【関連リンク】
星野 源、「Pop Virus」「アイデア」など東京ドーム公演のライブ映像をWOWOWにて放送!
星野源まとめ
音楽で水彩画を感じさせたドゥルッティ・コラムの『LC』はポストパンク時代の異端である

【関連アーティスト】
星野源
【ジャンル】
J-POP, ニュース, テレビ番組, 音楽番組, ライブ

音楽で水彩画を感じさせたドゥルッティ・コラムの『LC』はポストパンク時代の異端である
Fri, 17 May 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

70年代中期に登場したパンクロックは、巨大化したレコード産業へのアンチテーゼであった。たった数年のムーブメントではあったものの、多くの音楽システムを瞬く間に破壊した。そんなパンクも結局は大手レコード会社に吸収され終焉を迎えてしまうが、パンクの精神は若者たちの心に浸透していった。70年代末からのポストパンク時代には、スカ・リバイバル、エスノロック、ワールドミュージック、ニューウェイブ、テクノ、アンビエント、ネオアコなど、多くの新しい音楽が現れ、好奇心旺盛なリスナーにとっては楽しくわくわくする時期であった。テクノ系が主流となった80年代、商業主義に迎合しない若手のアーティストたちはインディーズでの活動を選んだ。そんなアーティストたちの受け皿として、英米を問わずインディーズレーベルの逆襲が始まる。今回取り上げるドゥルッティ・コラムの『LC』は、イギリスのマンチェスターにあるインディーズレーベル、ファクトリーからリリースされた2作目のフルアルバム。彼の音楽を聴いていると繊細で淡い色合いが見えるような絵画的印象が強く、他の誰にも似ていない傑作に仕上がっている。

■静謐で孤独を感じる音楽

ドゥルッティ・コラムはギタリストのヴィニ・ライリーのソロプロジェクトである。80年にファクトリーから『ザ・リターン・オブ・ザ・ドゥルッティ・コラム』でデビューした。そのサウンドは曲というよりは、さまざまな自然の風景をイメージ化し、シンセとギターの多重録音で具象化するというもの。ロックというよりは現代音楽のテイストに近い。

彼の音楽は静かで、海に漂うくらげのようでもあり、風景を描いた淡い色で描かれた水彩画のようでもある。時にロックやジャズのようなフレーズを奏でる場合もあるが熱くはなく、寂寥感に満ちているのが特徴だ。

■サンドペーパーに覆われた 悪意のあるジャケット

ところがこのデビューアルバム、初回リリース時のジャケット(LP)には大いなる悪意に満ちていた。表も裏もサンドペーパーで覆われており、レコードを棚に収納しようとすると両隣のレコードジャケットに必ず傷が付く仕組みになっていた。このアイデアは彼によるものではなく、ファクトリーレーベルのオーナーであるトニー・ウィルソンが考えたもの。インディーズレーベルだけに、サンドペーパーをジャケに貼る作業は、ヴィニを含む少数のスタッフとジョイ・ディヴィジョンやサートゥン・レイシオのメンバーが一枚一枚、丁寧に糊付けしたらしい。一歩間違えば、彼の音楽はイージーリスニング作品のように受け取られがちではあるけれど、ジャケットのエピソードは確かにポストパンク的な感性を持っている。

■家具の音楽と環境音楽

ドゥルッティ・コラムの音楽はシンプルな反復と自己を主張しない性質を持っている。これはクラシック界の異端児とされたエリック・サティが提唱した「家具の音楽」の考え方とよく似ている。19世紀の終わり、サティは尊大で肥大したクラシック音楽に疑問を持っていた。「なぜ、聴衆はクラシックを静かに座って聴かねばならないのか?」「演奏者は聴衆より偉いのか?」「なぜ、クラシックの曲は長いのか?」「オーケストラはなぜ人数が多いのか?」…などなど。彼はいつ頃からか自分のコンサートでは小編成で短い曲を演奏し、演奏中は指揮をしながら、聴衆に向かって「ご飯を食べろ、歩き回れ、喋れ」などと叫ぶこともあったという。サティはクラシック界のセックス・ピストルズとも呼ぶべきパンク精神を持った芸術家である。

「家具の音楽」は、かしこまって聴こうとするものではなく、何かをしながら聴くものであり、現代でのBGMやイージーリスニングのような意味合いも持つのである。サティはそういう音楽を作ろうとしていたのだ。

もうひとつの意味として、人それぞれのお気に入りの家具や調度品があるように、音楽がそこに在ることでその場の雰囲気が決まる。例えば、映画のサスペンスシーンに流れる低いベースの音だとか、水面に揺れるシーンで使われる弦楽の響きだとか、空気のような、もしくは芳香剤のような、そんなふうに使われる音楽があってもいいじゃないかというのもサティの主張である。

ロキシー・ミュージックのブライアン・イーノが提唱したアンビエントミュージック(環境音楽)も、サティの「家具の音楽」に影響を受けたものだ。「家具の音楽」も「環境音楽」も、“音楽に解釈は必要なく、ただそこに在る”ことを楽しむということだが、このことを理解するのにドゥルッティ・コラムの音楽ほどぴったりのものはないだろう。個々の楽曲の意味を探したりするのではなく、作品全体のイメージを見つければそれで良いのである。

■本作『LC』について

前作の『ザ・リターン・オブ・ザ・ドゥルッティ・コラム』はジョイ・ディヴィジョンのプロデューサーでもあったマーティン・ハネットが手掛けていたが、本作はライリーのセルフ・プロデュースである。…と言えばカッコ良いが、ライリーの自宅の4トラックレコーダーでの宅録なのだ。ちなみに、パーカッションには本作以降長い付き合いとなるブルース・ミッチェルが参加している。

前作と比べて、ジャケットにはパステルカラーが使われ明るいイメージとなったこと。ライリーの囁くようなボーカルが初めて聴けるようになったこと。前作が、全体的に夕方のもの悲しげなイメージが強かったのに対し、本作では早朝ののどかなイメージも少なからずある。…などが挙げられるが、本質的にサウンドの変化はない。どちらも淡い色使いの水彩画のような雰囲気で、アルバムを何度もリピートし続けると、まさに「家具の音楽」としての効果が味わえる。

ただ、「家具の音楽」とは言っても、彼の音楽は単なるBGMでもイージーリスニングでもない。サティ並みの反骨精神をしっかり持っていることは本作を聴けば一目(聴)瞭然だ。おそらく、81年当時にこのアルバムと出会って衝撃を受けた人は、40年近く経った今でも何かの節目に聴くことは多いのではないだろうか。ヒットチャートとは無縁でも、本作をはじめ、ドゥルッティ・コラムの音楽は永遠に聴き続けられると思う。

本作のリリース前に自殺したジョイ・ディヴィジョンのイアン・カーティスは、レーベルメイトというだけでなくライリーの親友であっただけに、その悲しみは大きく、本作所収の「The Missing Boy」はイアンに捧げられている。なお、アルバムタイトルの『LC』(Lotta Continua)はイタリア語で、“闘い続ける”という意味である。

LP時代のジャケットの質感は素晴らしく、CDサイズではその良さが伝わりにくいのが残念だ。現在、ボーナストラックが収録されたCDが出回っているが、時間的にもイメージ的にも僕はオリジナルの10曲だけのほうが良いと考えている。

ドゥルッティ・コラムの静謐かつ端正な音楽は、ベン・ワット、トレーシー・ソーン、ペイル・ファウンテンズ、フェルト、プレファブ・スプラウトら、所謂ネオアコ関連のアーティストに大きな影響を与えているので、そういった音楽が好きな人はドゥルッティ・コラムの音楽も聴いてみてください。きっと新しい発見があると思うよ♪

TEXT:河崎直人

アルバム『LC』

1981年発表作品



<収録曲>
1. Sketch For Dawn
2. Portrait For Frazier
3. Jaqueline
4. Messidor
5. Sketch For Dawn
6. Never Known
7. The Act Committed
8. Detail For Paul
9. The Missing Boy
10. The Sweet Cheat Gone



【関連リンク】
音楽で水彩画を感じさせたドゥルッティ・コラムの『LC』はポストパンク時代の異端である
The Durutti Columnまとめ
SEVENTEEN、WOWOWでの最新ライブ放送に先駆けて“見どころ動画”が到着!

【関連アーティスト】
The Durutti Column
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム

SEVENTEEN、WOWOWでの最新ライブ放送に先駆けて“見どころ動画”が到着!
Fri, 17 May 2019 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月23日(日)夜9時よりWOWOWにて放送されるSEVENTEENの最新ライブ『SEVENTEEN 2019 JAPAN TOUR ‘HARU’』の放送に先駆けて、メンバーの“見どころ動画”が到着! 5月17日(金)よりWOWOW MUSICのTwitterで順次配信されることが決定した。メンバー13人の見どころとあって、それぞれ個性あふれる動画になっている。

さらに、WOWOWでは同番組の放送を記念して『#セブチに質問』キャンペーンを7日間限定で開催していたが、そこで寄せられた多くの質問に対してメンバー1人1人が答えてくれた貴重な動画も届いた。こちらは5月24日(金)よりWOWOWメンバーズオンデマンド(ご加入中の方限定)で順次配信されるとのこと。ある質問では、CARATのニックネームをメンバーが読み上げてくれていたりと、ファンには堪らない内容となっている。どの質問が選ばれ、どんな回答をしてくれたのか、乞うご期待だ。

なお、見どころ動画とアンサー動画はそれぞれチームごとに隔週で公開される。5月17日(金)はヒップホップチームの見どころ動画が公開されているので早速チェックしてみよう!

■【見どころ動画 & “#セブチに質問”アンサー動画を隔週で配信】

■ヒップホップチーム
5月17日(金)17時:見どころ動画
5月24日(金)17時:アンサー動画
■パフォーマンスチーム
5月31日(金)17時:見どころ動画
6月07日(金)17時:アンサー動画
■ボーカルチーム
6月14日(金)17時:見どころ動画
6月21日(金)17時:アンサー動画

<配信先>
見どころ動画:Twitterアカウント(https://twitter.com/wowow_mj)
アンサー動画:WOWOWメンバーズオンデマンド ※ご加入中の方限定

◎番組サイト
https://www.wowow.co.jp/seventeen/

【番組情報】

『SEVENTEEN 2019 JAPAN TOUR ‘HARU’』
6月23日(日)夜9時放送〜[WOWOWライブ]
収録日:2019年4月20日@千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホール
◎スマホやタブレットでも楽しめるネット同時配信あり
・詳細はこちら https://www.wowow.co.jp/mod/
<関連番組>
『2018 SEVENTEEN CONCERT ‘IDEAL CUT’ IN JAPAN』
6月20日(木)深夜1:15〜[WOWOWライブ]



【関連リンク】
SEVENTEEN、WOWOWでの最新ライブ放送に先駆けて“見どころ動画”が到着!
SEVENTEENまとめ
DA PUMP、SPYAIR、フェアリーズなどの豪華アイテムが『DI:GA ONLINE』で当たる!

【関連アーティスト】
SEVENTEEN
【ジャンル】
K-POP, ニュース, テレビ番組, ライブ

DA PUMP、SPYAIR、フェアリーズなどの豪華アイテムが『DI:GA ONLINE』で当たる!
Fri, 17 May 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DA PUMP、SPYAIR、フェアリーズなどが参加するプレゼント企画を、DISK GARAGEが運営するライブ・エンタメWEBマガジン『DI:GA ONLINE』で実施している。

『DI:GA ONLINE』ではプレゼント企画に参加のアーティストを含む、さまざまなアーティストのインタビューや鼎談、ライブレポートを掲載中。2018年に「U.S.A.」が大ヒットしたDA PUMPは、6月の日本武道館2デイズと7月の大阪城ホール公演の意気込みを語っている。他にも夏の恒例行事となったSPYAIRの野外ワンマンライブ『JUST LIKE THIS 2019』に込めた熱い想いや、全曲を披露する全国ツアー『フェアリーズ LIVE TOUR 2019 ―ALL FOR YOU―』を控えたフェアリーズのインタビューなど、注目の記事が盛りだくさん!

また、真夏のソウルの祭典『SOUL POWER ヨコハマ/なにわ SUMMIT 2019』の開催を記念した、ゴスペラーズの村上てつや・安岡 優とSkoop On SomebodyのKO-ICHIROによる鼎談や、6月から行なう対バンツアーに向けてfox capture planのメンバーがthe band apartの木暮栄一、フレンズのおかもとえみ(Vo)、ひろせひろせ(MC&Key)、長島涼平(Ba)と座談会を実施するなど、ここでしか読むことのできないコラボ記事もぜひチェックしてほしい。各記事の最下部にはプレゼント企画の詳細ページがあるので、こちらも併せて確認しよう。

気になるプレゼントは、DA PUMPからはシングル「桜」のサイン入りポスター、SPYAIRは『JUST LIKE THIS 2018』のクリアファイル、フェアリーズはサイン色紙と、豪華アイテムを用意。村上てつや、安岡 優、KO-ICHIROの直筆サイン色紙や、fox capture planと座談会参加メンバーの直筆サイン色紙など、レアアイテムもお見逃しなく。

応募方法はTwitterからの応募とメール応募の2通りとなっており、どちらからも気軽にエントリーができる。受付期間は各アーティストによって異なるため、プレゼント詳細ページにてご参照を!



【関連リンク】
DA PUMP、SPYAIR、フェアリーズなどの豪華アイテムが『DI:GA ONLINE』で当たる!
DA PUMPまとめ
SPYAIRまとめ
フェアリーズまとめ
ゴスペラーズまとめ

【関連アーティスト】
DA PUMP, SPYAIR, フェアリーズ, ゴスペラーズ, Skoop On Somebody, 岸谷香, fox capture plan, the band apart, フレンズ, メトロノーム, R指定, PENGUIN RESEARCH, Rayflower, ユナイト, GRASAM ANIMAL
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, キャンペーン

松崎しげる主催『黒フェス』にももクロ、純烈、鬼龍院翔が出演
Fri, 17 May 2019 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

松崎しげるが、2015年より開催しているエンターテイメント音楽フェス『黒フェス』が、日本記念日協会が“松崎しげるの日(クロの日)”と認定した9月6日(金)に、会場は東京・豊洲PITで開催される。

オリンピック選手村や築地市場が移転した場所としても知られる豊洲。都心からもアクセスしやすく、学校帰り、会社帰りにも立ち寄りやすい場所だ。主催の松崎は“団塊世代もゆとり世代も関係ないから、今年も騒ぎに来いよ?”と、『黒フェス』に対する信念と意気込みを語っているとのこと。

そして、第一弾出演者も発表! 毎年参加の松崎が愛してやまない娘達、ももいろクローバーZ、2018年に紅白出場も果たし、その後も何かとお茶の間を騒がせた歌謡コーラスグループの純烈、2013年に「女々しくて」が空前の大ヒットを遂げたヴィジュアル系エアーバンドのゴールデンボンバーよりヴォーカル鬼龍院翔がアナウンスされた。第二弾の発表も予定しているので、続報にも注目。

チケットは、オフィシャルホームページ1次先行を5月27日(月)23:59まで受付中!

■『黒フェス2019〜白黒歌合戦〜』

9月06日(金) 東京・豊洲PIT
開場17:00 / 開演18:00
※飲食エリア、物販エリア、場外ステージは、16時より開演

<出演>
松崎しげる / ももいろクローバーZ / 純烈 / 鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)※順不同

<チケット >
スタンディング¥7,800(税込)
後方指定席¥8,800(税込)

■オフィシャルホームページ先行1次(両席種受)
5月17日(金)12:00〜5月27日(月)23:59
http://w.pia.jp/t/kurofes-of/
※3歳以上チケット必要
※枚数制限 6枚

■一般発売
6月30日(日)10:00〜

<お問い合わせ>
DISK GARAGE:050-5533-0888(平日12:00〜19:00)

◎オフィシャルホームページ
http://kurofes.net



【関連リンク】
松崎しげる主催『黒フェス』にももクロ、純烈、鬼龍院翔が出演
松崎しげるまとめ
ももいろクローバーZまとめ
純烈まとめ
鬼龍院翔まとめ

【関連アーティスト】
松崎しげる, ももいろクローバーZ, 純烈, 鬼龍院翔, ゴールデンボンバー
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, 女性アイドル, ニュース, ライブ, チケット

Halo at 四畳半、ミニアルバムのトレイラー映像第2弾は“アーティスト写真撮影編”
Fri, 17 May 2019 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Halo at 四畳半が、6月5日(水)に発売するニューミニアルバム『from NOVEL LAND』トレイラームービー第2弾を公開した。

“アーティスト写真撮影編"と題した今回のトレイラーは、バンドの地元である千葉県佐倉市の草ぶえの丘にて行なわれた最新アーティスト写真撮影のビハインド・ザ・シーン。春先ながら極寒の中の撮影だっただけに、各メンバーの引き締まった表情が印象的な映像だ。

なお、トレイラームービー第3弾“「リビングデッド・スイマー」ミュージック・ビデオ撮影編”は、5月24日(金)正午に公開されるので、こちらもお楽しみに!

また、Halo at 四畳半は7月19日(金)に初のZepp DiverCity TOKYOにてワンマンライブ『NOVEL LAND LANDING』を開催。『from NOVEL LAND』とシンクロする一夜限りのライブをぜひとも体感してほしい。

ミニアルバム『from NOVEL LAND』

2019年6月5日(水)発売



COCP-40829/?2,100+税
<収録曲>
1.スイング・バイ
2.リビングデッド・スイマー
3.スプートニク
4.スケイプ・ゴート
5.夕映えの丘で
6.綻びの果て
7.メイライト

◎『from NOVEL LAND』購入者特典
TOWER RECORDS (オンライン含む)全店:A5クリアファイル
その他応援店:アザージャケット

◎ワンマンライブ「NOVEL LAND LANDING」との連動特典
A賞:「NOVEL LAND LANDING」終演後のミートアンドグリートご招待…5組10名
B賞:「NOVEL LAND LANDING」のライブ写真を綴ったオリジナルフォトブック…100名様
※シリアルコード付応募用紙を特典付与店舗で付与

◎『from NOVEL LAND』店頭応援企画
応援企画(1):メッセージカードコーナーを設置
応援企画(2):パネル展開催
応援企画(3):パネルプレゼント
※詳細ページ
https://columbia.jp/artist-info/haloat4johan/info/65303.html

『Halo at 四畳半ワンマンライブ「NOVEL LAND LANDING」』

7月19日(金) Zepp DiverCity TOKYO
<チケット>
前売り¥3,300(ドリンク代別)



【関連リンク】
Halo at 四畳半、ミニアルバムのトレイラー映像第2弾は“アーティスト写真撮影編”
Halo at 四畳半まとめ
Daijiro Nakagawa、アルバム『in my opinion』のアートワーク&視聴動画を解禁

【関連アーティスト】
Halo at 四畳半
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, ミニアルバム

Daijiro Nakagawa、アルバム『in my opinion』のアートワーク&視聴動画を解禁
Thu, 16 May 2019 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

京都のバンド・JYOCHOにてメインコンポーズ・プロデュースを行なう、超絶テクニックを誇るギタリスト“だいじろー”が、5月29日にリリースする初のアコースティックソロアルバム『in my opinion』のアートワークと、全曲試聴トレーラー映像が公開された。

ジャケット、トレーラーは共に菊地慎(SCHOLE INC.)によるもので、アコースティックギターのみで構成された本作のオーガニックな世界観を際立たせている。

なお、本作のリリース後には各地でインストアイベントも決定しているので、併せてチェックしておこう。

【インストアイベント】

6月01日(土) タワーレコード名古屋パルコ店 西館1Fイベントスペース
6月08日(土) 川崎LA CITTADELLA 噴水広場
6月09日(日) HMV & BOOKS SHIBUYA 6F店内イベントスペース
6月15日(土) ヴィレッジヴァンガードアメリカ村店 イベントスペース
6月16日(日) タワーレコード京都店 イベントスペース
6月29日(土) タワーレコード福岡パルコ店 イベントスペース
6月30日(日) タワーレコード広島店 イベントスペース
■詳細ページ http://daijironakagawa.com/schedule

アルバム 『in my opinion』

2019年5月29日発売



【CD】
NBPC-0067/¥1,800+税

【Hi-Res】
COKM-42365/¥2,000+税
※6月12日(水)配信スタート

<収録曲>
01. words and words
02. new ethics
03. ancient chords
04. diploma
05. voyager
06. hotaru
07. harvest
08. fall asleep
09. sampo
10. realize
11. aun
12. silence



【Vinyl record (完全生産限定盤)】
NBPC-0068/¥3,000+税



【関連リンク】
Daijiro Nakagawa、アルバム『in my opinion』のアートワーク&視聴動画を解禁
Daijiro Nakagawaまとめ
JYOCHOまとめ
aiko、シングルコレクション『aikoの詩。』には本人が選曲したカップリングベストも収録

【関連アーティスト】
Daijiro Nakagawa, JYOCHO
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, アルバム, リリース, 音楽配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1