歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2017年08月21日)
バックナンバー
最新ニュース
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
2017/04/22
2017/04/21
2017/04/20
2017/04/19
2017/04/18
2017/04/17
2017/04/16
2017/04/15
2017/04/14
2017/04/13
2017/04/12
2017/04/11
2017/04/10
2017/04/09
2017/04/08
2017/04/07
2017/04/06
2017/04/05
2017/04/04
2017/04/03
2017/04/02
2017/04/01
2017/03/31
2017/03/30
2017/03/29
2017/03/28
2017/03/27
2017/03/26
2017/03/25
2017/03/24
2017/03/23
2017/03/22
2017/03/21
2017/03/20
2017/03/19
2017/03/18
2017/03/17
2017/03/16
2017/03/15
2017/03/14
2017/03/13
2017/03/12
2017/03/11
2017/03/10
2017/03/09
2017/03/08
2017/03/07
2017/03/06
2017/03/05
2017/03/04
2017/03/03
2017/03/02
2017/03/01
2017/02/28
2017/02/27
2017/02/26
2017/02/25
2017/02/24
2017/02/23
2017/02/22
2017/02/21
2017/02/20
2017/02/19
2017/02/18
2017/02/17
2017/02/16
2017/02/15
2017/02/14
2017/02/13
2017/02/12
2017/02/11
2017/02/10
2017/02/09
2017/02/08
2017/02/07
2017/02/06
2017/02/05
2017/02/04
2017/02/03
2017/02/02
2017/02/01
2017/01/31
2017/01/30
2017/01/29
2017/01/28
2017/01/27
2017/01/26
2017/01/25
2017/01/24
2017/01/23
2017/01/22
2017/01/21
2017/01/20
2017/01/19
2017/01/18
2017/01/17
2017/01/16
2017/01/15
2017/01/14
2017/01/13
2017/01/12
2017/01/11
2017/01/10
2017/01/09
2017/01/08
2017/01/07
2017/01/06
2017/01/05
2017/01/04
2017/01/03
2017/01/02
2017/01/01
2016/12/31
2016/12/30
2016/12/29
2016/12/28
2016/12/27
2016/12/26
2016/12/25
2016/12/24
2016/12/23
2016/12/22
2016/12/21
2016/12/20
2016/12/19
2016/12/18
2016/12/17
2016/12/16
2016/12/15
2016/12/14
2016/12/13
2016/12/12
2016/12/11
2016/12/10
2016/12/09
2016/12/08
2016/12/07
2016/12/06
2016/12/05
2016/12/04
2016/12/03
2016/12/02
2016/12/01
2016/11/30
2016/11/29
2016/11/28
2016/11/27
2016/11/26
2016/11/25
2016/11/24
2016/11/23
2016/11/22
2016/11/21
2016/11/20
2016/11/19
2016/11/18
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
G-DRAGON、ソロドームツアー福岡公演よりスタート
Sun, 20 Aug 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現在世界29都市36公演という破格のスケールで自身2度目となるソロワールドツアーを開催中の、BIGBANGのリーダー・G-DRAGON。8月19日(土)、そのワールドツアー日本公演『G-DRAGON 2017 WORLD TOUR IN JAPAN』が福岡 ヤフオク!ドームにて開幕した。

今回のワールドツアーは6月10日(土)ソウル上岩(サンアム) ワールドカップ競技場公演を皮切りにアジア、北米、オセアニア、ヨーロッパ、日本3都市のドームツアーなど全世界29都市36公演をまわるもの。日本公演はドームツアーとして、8月19日(土)福岡 ヤフオク!ドーム、8月22日(火)・23日(水)京セラドーム大阪、9月19日(火)・20日(水)東京ドームの全3都市5公演で26万人動員という、今回のワールドツアーの中でも最大規模の公演。

コンサートタイトルである「M.O.T.T.E」は「MOMENT OF TRUTH THE END」の略字で、真実の瞬間、真実そのものを意味。アーティストG-DRAGON、30歳のクォン・ジヨンの人生の第3幕に対するストーリーを盛り込んでおり、成功がもたらした派手な人生とその裏に隠れた孤独と苦悩、G-DRAGONの真実の姿を表現するステージは、ソロ初期の代表曲「HEARTBREAKER」でド派手な幕開け。アジアという枠を超え、いまや世界の音楽シーンやカルチャートレンドをけん引する存在と言っても過言ではない彼の登場で、福岡 ヤフオク!ドームに集まった5万人超満員の観客は一気にヒートアップ。「ONE OF A KIND」・「CRAYON」・「ピタカゲ (CROOKED)」といった代表曲に加え、6月に本国リリースされ全世界40ヶ国のiTunesで1位を獲得した最新ソロ作『KWON JI YONG』から「Untitled, 2014」ほか収録曲を惜しみなく披露し、5万人が掲げる黄色と赤のBIGBANGペンライトに埋め尽くされたドーム会場を揺らし続けた。

また、ライブ終盤には前日18日がG-DRAGON満29歳の誕生日だったことを受け、特製のバースデーケーキがステージに登場し5万人の観客がお祝いするというサプライズ演出も。さらに8月19日はBIGBANGのデビュー日(2006年8月19日本国デビュー)ということで、MCでは「今日、BIGBANGとしてデビューして11年が経ちました。11周年を迎えられたのは全て皆さんのおかげです。皆さんが居なかったら、僕はここに居なかったと思います。本当にありがとうございます」と詰めかけたファンに感謝を告げた。これまでのワールドツアーで世界各国のオーディエンスをロックしてきたその世界基準のパフォーマンスで終始会場は熱狂。G-DRAGONだからこそ成しえる唯一無二のステージングで約2時間全20曲を駆け抜けた。

なお、G-DRAGONは11月1日(水)にジャパンニューミニアルバム『KWON JI YONG』をリリース予定。約4年ぶりとなるこのG-DRAGON最新ソロ作『KWON JI YONG』は、前述のとおり、6月に本国リリースされるやいなや日本はもちろんアメリカをはじめとする全世界40ヶ国のiTunesで1位を獲得したモンスターアルバム。G-DRAGONの本名“KWON JI YONG (クォン・ジヨン)”と冠された本作がついに満を持しての日本国内盤リリースとなる。【CD+2DVD+スマプラミュージック&ムービー】、【CD+スマプラミュージック】、【PLAYBUTTON】の3形態で発売となる国内盤の収録内容は、後日オフィシャルHP等で発表されるとのことなのでファンは要注目だ。

『G-DRAGON 2017 WORLD TOUR IN JAPAN』

8月22日(火) 京セラドーム大阪
8月23日(水) 京セラドーム大阪
9月19日(火) 東京ドーム
9月20日(水) 東京ドーム

<チケット>
全席指定¥10,800(税込)
年齢制限:3歳以上よりチケット必要 3歳未満は入場不可
■チケット購入 http://l-tike.com/g-dragon/

ミニアルバム『KWON JI YONG』

2017年11月1日発売



【CD+2DVD+スマプラミュージック&ムービー】
AVCY-58560/B〜C/¥8,000+税
【CD+スマプラミュージック】
AVCY-58561/¥1,900+税
【PLAYBUTTON】
AVZY-58562/¥2,400+税



【関連リンク】
G-DRAGON、ソロドームツアー福岡公演よりスタート
G-DRAGON (from BIGBANG)まとめ
BIGBANGまとめ
chay、全国ツアー閉幕 &10月にデビュー5周年記念ライブ開催発表

【関連アーティスト】
G-DRAGON (from BIGBANG), BIGBANG
【ジャンル】
K-POP, ニュース, ツアー, ライブレポ

chay、全国ツアー閉幕&10月にデビュー5周年記念ライブ開催発表
Sun, 20 Aug 2017 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

chayが8月19日(土)に東京・人見記念講堂で全国ツアー『chayTEA Tour 2017』のファイナル公演を開催した。

6月に2ndアルバム『chayTEA』をリリースし、そのアルバムを引っさげた全国ツアー『chayTEA Tour 2017』を8月1日の仙台からスタートさせた。この「chayTEA」というアルバムは、カラーの違う様々な楽曲で構成されているので、一体、どのようなセットリストで挑んでくるのか!?仙台、広島、福岡、名古屋、大阪と5公演を大成功に収め、8月19日(土) 、いよいよファイナルである東京・人見記念講堂での公演を迎えた。会場に集まるファンを見ると、本当に幅広いファンに愛されていることが分かる。女性ファンが多いかと思いきや、男性ファン、そして可愛い子供達の姿も。先行のグッズには長蛇の列が出来ていて、アルバムジャケット写真をモチーフにしたタオルを首から下げるファン、chayと同じコーディネートをしたファンたちが様々なアイテムを身に着け、今か今かとライブのスタートを待ちわびていた。

いよいよライブスタート。インスタグラム風の映像が投影され、今までの公演の写真が次々と写し出される。映像が進むにつれ今か今かと観客の手拍子が増えていき、会場のボルテージが高まっていく。ステージに張られた幕が一気に下ろされ、chayの登場!!「恋のはじまりはいつも突然に」でスタート!!ボリュームのある白いドレスにデニムシャツを羽織り、太いベルト、そして花冠をつけ、アコースティックギターを持って可愛らしく歌う姿に、会場の視線は釘付けになる。「chayTEAツアーへようこそー!!」と叫ぶと、続けて2014年にリリースされたシングル「運命のアイラブユー」で更に会場のテンションも上がる。続く「Twinkle Days」では、今回のツアーで初お披露目となった、装飾が美しいゼマティスのエレキギターでイントロをかっこ良く弾き、魅せつける。chayの華やかな衣装はもちろん見どころの一つなのだが、曲ごとにギターを持ち替え、かき鳴らす姿も見どころの一つ。“カッコ可愛い”とはまさにこの姿であろう。「今日はファイナル!全員で楽しもうね!!」と、とにかく楽しそうにギターを弾く姿が印象的だ。

続けては、ドラマ「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」のテーマソングでもおなじ荒井由実のカバー「12月の雨」を披露。これはプロデューサーに鈴木茂を迎えた事でも話題となった楽曲。アコースティックギターを軽快に弾きながら歌う姿に会場のテンションも上がる。そのままアコギで「好きで好きで好きすぎて」を披露。手拍子は更に響き渡る。あっと言う間に5曲を歌い上げると、バンドメンバーがステージ中央に集まってきて、アコースティックパートが始まる。花冠から、ベージュのハットに変え、「ちょっとウェスタン風に!」と笑うchayに「可愛いー!!」の声が上がる。バンドメンバーを紹介しながら、中央に集まったメンバーと演奏を始める。アルバム収録曲であり、初めて全編英語詞に挑戦した「Kiss me」を披露するが、ここではchayはバンジョーギターを奏でる。バンジョーから次はウクレレに持ち替え、こちらもアルバム収録曲「Be OK!」を楽しそうに歌う。アコースティックギターから、エレキギター、そして、バンジョーからウクレレ…様々なギターを次々と弾き分ける。「Be OK!」では会場のコール&レスポンスを煽り、ファンとの大合唱。とてもHAPPYな空間となった。この楽曲を作る時に、ライブをイメージしながら、ファンと一緒に歌いたい!という想いから作った楽曲だったため、実現できた喜びをchayもかみしめているようだった。

バンドメンバーがはけ、キーボードとchayだけになる。上に羽織っていたデニムを脱ぎ、また印象が変わって全身白いドレス姿で、「みんなの心に寄り添える曲になれば…」という想いを込めて作った楽曲「You」を熱唱。涙を浮かべるファンの姿があった。そして、バンドメンバーのセッションが始めると一旦、chayがステージから姿を消す。セッションが終ると、再び、chay登場!!ポニーテール、黒のライダースを羽織り、赤いミニスカート、そしてスニーカーで登場したchayはいつもの印象とは違った。ロック調の「Don\'t Let Me Down」のイントロでポニーテールを振りみだしながらエレキをかき鳴らす。その姿に会場のファンは息をのんだ。勢いよく歌い上げると、ゆっくりと話出す。「今年の10月でデビュー5周年を迎えます」、ここまで音楽活動が続けられた事、そしてデビュー当時の路上ライブをやっていた頃の話を語り始め、当時19歳のころに自身で書いた「nineteen」という楽曲を披露する。会場全体がchayの歌声に聴き入っていた。

「nineteen」が終わると、ライダースを脱ぎ、ボーダーに赤いミニスカート、おへそがちらりと見えるキュートな衣装に早変わりした。一気に会場の空気が変わり、「みんな盛り上がって行くよ―!!!!!!」とアルバム『chayTEA』の中でもPOPな曲「恋はアバンチュール」を右に左にステージを走り周りながら、歌う。会場のボルテージも上がって行く。「まだまだ行くよー!!!」とタオルを回しながら「Summer Darling」、そして「真夏の惑星」と続けざまに披露し、会場の熱気がどんどん上がって行く。熱気があがったまま、「最後の曲です!!!」と、50万ダウンロードを記録したヒット曲「あなたに恋をしてみました」を彼女のトレードマークでもあった、ラインスト―ンが散りばめられたエレキギターで歌った。大合唱となった。大歓声、凄い熱気の中、本編は幕を閉じた。

アンコールのコールの中、再びchay登場。デビュー前からあった曲で、未だCD音源になっていない「Together」を歌い上げ、最後に、「本当に今日はありがとう。私とって大事な曲を歌います」と「それでしあわせ」を歌い上げた。あまりにも力強い歌声に、会場にはタオルで涙を拭う姿が。。。chayの歌声に会場にいる全てのファンが聴き入った。深いお辞儀で、ファンに感謝を伝え、割れんばかりの大きな拍手の中、幕を閉じた。目でも耳でも五感で楽しめるアーティストになりたい!と彼女が掲げてきたも目標に一歩近づいたライブと言えるだろう。

MCでも語っていたが、chayはデビュー5年を迎える。その5周年を記念したライブを10月5日にBlue Note Tokyoで行う事も決定した。今後のchayの活躍に目が離せない。

Photo by 石井亜希

【セットリスト】
01.恋のはじまりはいつも突然に
02.笑顔のグラデーション
03.運命のアイラブユー
04.Twinkle Days
05.12月の雨
06.好きで好きで好きすぎて
07.Kiss me
08.Be OK!
09.You
10.Don\'t Let Me Down
11.nineteen
12.恋はアバンチュール
13.Summer Darling
14.真夏の惑星
15.あなたに恋をしてみました
EN1.Together
EN2.それでしあわせ

デビュー5周年記念ライブ『JCB Presents chay 5th Anniversary “chay\'s suite room”』

10月05日(木) Blue Note Tokyo
1st:OPEN17:30 / START18:30
2nd:OPEN20:20 / START21:00

<チケット>
全席指定(ミュージックチャージ):¥6,500(税込)
■チケットJCB WEB抽選受付
・受付期間:2017年8月21日(月)10:00〜9月3日(日)23:00
・当落発表確認期間:2017年9月7日(木)13:00〜
・入金期間:クレジットカード自動決済
・枚数確定日:2017年9月7日(木)
・受付URL:http://w1.t-jcb.com/chay_bn/
■chayメルマガ会員受付
・受付期間:2017年9月4日(月)12:00〜9月10日(日)23:00
・抽選期間:2017年9月11日(月)〜9月12日(火)
・当落発表確認&入金期間:2017年9月13日(水)13:00〜9月15日(金)21:00
・枚数確定日:2017年9月16日(土)

アルバム『chayTEA』

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31310/11/¥3,500+税
【通常盤】(CDのみ)
WPCL-12645/¥3,000+税



【関連リンク】
chay、全国ツアー閉幕 &10月にデビュー5周年記念ライブ開催発表
chayまとめ
さとり少年団、2017年秋にCDリリースすることを発表

【関連アーティスト】
chay
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, セットリスト, ライブレポ

さとり少年団、2017年秋にCDリリースすることを発表
Sun, 20 Aug 2017 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

さとり少年団が2017年秋にCDをリリースすることを発表した。さとり少年団はスターダストプロモーション発若手男性アーティスト集団「EBiDAN」の永玖(Vo)・颯斗(Da)・謙信(Da)からなる3人組ダンス&ボーカルユニット。デビュー前から毎月のストリートライブを重ね、実力派グループとしての基礎を築いてきた。先日行われたライブイベント『EBiDAN THE LIVE 2017〜Summer Party〜』では、デビュー前ながら堂々たるパフォーマンスで観客を魅了。キレのあるダンスと、確かなヴォーカル力で会場を盛り上げた。まだリリース詳細は発表されていないが、期待できる作品になることは間違いなし。これからさとり少年団の動向を要チェック!



【関連リンク】
さとり少年団、2017年秋にCDリリースすることを発表
さとり少年団まとめ
『風街ガーデンであひませう2017』に藤井隆出演決定&追加曲目発表

【関連アーティスト】
さとり少年団
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, CD, 発表, リリース

『風街ガーデンであひませう2017』に藤井隆出演決定&追加曲目発表
Sun, 20 Aug 2017 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2015年に開催された『風街レジェンド』は松本 隆の作詞活動45周年を記念して開催された公演だが、 今回は松本 隆との接点を持つアーティスト達が一堂に会す『サッポロ生ビール黒ラベルPresents「風街ガーデンであひませう2017」』。 その最新情報として、 10月7日の公演に藤井 隆の出演が決定。また先、日予定演奏曲目が発表されたが、 さらに追加曲目が発表となった。「Woman“Wの悲劇”より」「風の谷のナウシカ」「スローなブギにしてくれ(I want you)」「星間飛行」「卒業」「パラレル」「木綿のハンカチーフ」「瑠璃色の地球」等に加え、 「赤いスイートピー」「さらばシベリア鉄道」「セクシャルバイオレットNO.1」「代官山エレジー」「はいからはくち」「瞳はダイアモンド」「魔女」など、 誰もが一度は耳にしたことのある大ヒットナンバーから、 2000年代の話題曲まで、 今後も語り歌い継がれるであろう名曲揃いだ。

会場内ロビーには「BAR風街」としてお酒を飲めるエリアもオープン予定。 また、 ライブ終演後には、 松本 隆作品のみで構成されるDJ NIGHT PARTY「CLUB風街」の開催も予定されている。 イベントの全体像・詳細はオフィシャルHPへ。恵比寿ザ・ガーデンホール全体が「風街」と化す奇蹟の3日間。 名曲は、 時代も、 世代も超えて歌い継がれる。 大人のための3日間、 最高の音楽と美味しいお酒に酔いしれよう。

『サッポロ生ビール黒ラベルPresents「風街ガーデンであひませう2017」』

「『風街ガーデンであひませう』DAY 1」
10月06日(金) 恵比寿ザ・ガーデンホール
18:00 開場 / 19:00 開演
出演:上白石萌音 / さかいゆう / 冨田ラボ・冨田恵一 / 中島 愛 / 秦 基博 / 吉澤嘉代子 ほか
“風街レジェンド”GUEST:南 佳孝  ※コンサート終演後「CLUB風街」開催

「『風街ガーデンであひませう』DAY 2 」
10月07日(土) 恵比寿ザ・ガーデンホール
17:00開場 / 18:00開演
出演:クミコ / 手嶌 葵 / 冨田ラボ・冨田恵一 / 畠山美由紀 / 藤井 隆 / 堀込泰行 ほか
“風街レジェンド”GUEST:斉藤由貴 ※コンサート終演後「CLUB風街」開催有

「『風街ガーデンであひませう』DAY 3」
10月08日(日) 恵比寿ザ・ガーデンホール
17:00開場 / 18:00開演
出演:安藤裕子 / OKAMOTO\'S / 田島貴男(ORIGINAL LOVE)/ 中川翔子 / ROLLY ほか
“風街レジェンド”GUEST:太田裕美 ※コンサート終演後「CLUB風街」開催有

<予定演奏曲目 全曲作詞 松本 隆>
赤いスイートピー / WOMAN“Wの悲劇"より / 風の谷のナウシカ / 綺麗ア・ラ・モード / 罌粟 / スローなブギにしてくれ(I want you) / 星間飛行 / さらばシベリア鉄道 / セクシャルバイオレットNo.1 / 卒業 / 代官山エレジー / タイム・トラベル / てぃーんず ぶるーす / ないものねだりのI WANT YOU / はいからはくち / 花いちもんめ / パラレル / 瞳はダイアモンド / 魔女 / 木綿のハンカチーフ / 夜行性 / 指切り / 瑠璃色の地球 ほか
※50音順。 各日で演奏曲目は異なります。
※都合により曲目が変更になる場合がございますので、 予め御了承下さい。

演奏:『風街ガーデンばんど』
鈴木正人(音楽監督・Bass)/ 八橋義幸(Guitar)/ 松本圭司(Keyboards)/ ハタヤテツヤ(Keyboards)/ 玉田豊夢(Drums)/ 平陸(Drums) ほか
※都合により出演者が変更になる場合がございます。 予め御了承下さい。

<チケット>
発売中!
スタンディング:¥7,800(税込)※1drink付 ※未就学児入場不可
プレイガイド
・ ローソンチケット  http://l-tike.com  0570-084-003(Lコード:71280)
・ チケットぴあ  http://t.pia.jp/  0570-02-9999(Pコード:337-943)
・ イープラス  http://eplus.jp



【関連リンク】
『風街ガーデンであひませう2017』に藤井隆出演決定&追加曲目発表
松本隆まとめ
藤井隆まとめ
テンテンコ楽曲「次郎」のリリックビデオが 話題のスピーカー『Lyric speaker』で公開

【関連アーティスト】
松本隆, 藤井隆
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

テンテンコ楽曲「次郎」のリリックビデオが話題のスピーカー『Lyric speaker』で公開
Sun, 20 Aug 2017 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『歌詞が浮かび上がるスピーカー』として、米SXSWのBest Bootstrap Company賞やグッドデザイン賞など、これまで数々の賞を受賞し、メディアでも注目を浴びているSIX Inc.の『Lyric speaker』が、槇原敬之やテンテンコなどの楽曲を使用した新ビデオを公開! 他にもShing02、サニーデイサービスといった、ジャンルを越えたアーティストらの楽曲が『Lyric speaker』によって再生される様子が収録されており、歌詞を視覚化するという、これまでになかった音楽体験の魅力が伝わる内容となっている。

そんな『Lyric speaker』を使用した、テンテンコの楽曲「次郎」単独のリリックビデオが公開された。

テンテンコは9月2日(土)に新宿プーク人形劇場にて、「次郎」の作曲者JINTANA氏と、田我流とカイザーソゼのドラマーTaichi氏、人形劇団プークのワニ氏をメンバーに迎えた自身初のヘンテコバンドセットでの公演が予定されている。

■「次郎」Lyric Video


https://youtu.be/mLa5fqYD0vI■Lyric speaker/リリックスピーカー『歌の力のすべてを』


https://youtu.be/DChRAjnZCWU【ライブ情報】

9月02日(土) プーク人形劇場
1公演目 16:00-17:00
2公演目 19:00-20:00
<チケット>
¥3,500 ※各公演 90名限定
http://peatix.com/event/262379

シングル「工業製品 」

2016年12月14日(水)



TFCC-86578 /¥1,500(税別)



【関連リンク】
テンテンコ楽曲「次郎」のリリックビデオが 話題のスピーカー『Lyric speaker』で公開
テンテンコまとめ
uchuu,、ニューEP『KEEP ON』全貌公開

【関連アーティスト】
テンテンコ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, 発表

uchuu,、ニューEP『KEEP ON』全貌公開
Sun, 20 Aug 2017 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

uchuu,が9月6日(水)にリリースする新作EP『KEEP ON』のジャケット写真が公開された。バンドとして初めて写真を使用し、ジャケットには前回同様ボーカルのKが制作に携わっている。

さらに、初回盤限定特典のDVDの収録曲も発表となった。こちらの映像は6月4日に世界初の3Dホログラム専用シアター「DMM VR THEATER YOKOHAMA」にてバンドとして初めてライブが開催された『未来都市-mirai city-the3“r”d』の模様が収録されている。収録楽曲は本劇場でミュージックビデオを撮影した「SI(G)N SEKAI」など全5曲を収録。uchuu,の音楽と見事にシンクロした驚きの映像が詰まっている。

そして、今回の発表に伴い、オフィシャルHPがリニューアルされた。最新情報などはオフィシャルHPでチェックを!

EP『KEEP ON』

2017年9月6日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
PECF-9027/¥2,000+税
【通常盤】(CD)
PECF-3179/¥1,389+税
<収録曲>
■CD
1.Keep on living in my music,
2.over myself
3.未来都市
4.am 2:35
5.TimeLINE
■DVD
1.secretspace
2.HELLO
3.夜間飛行
4.SI(G)N SEKAI
5.未来都市



【関連リンク】
uchuu,、ニューEP『KEEP ON』全貌公開
uchuu,まとめ
Plastic Tree×千葉LOOK サイトウヒロシ - the Homeground 第21回 -

【関連アーティスト】
uchuu,
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, リリース, EP

Plastic Tree×千葉LOOK サイトウヒロシ- the Homeground 第21回 -
Sun, 20 Aug 2017 10:00:00 +0900


ライヴ活動を行なうアーティストの拠点となるライヴハウス。思い入れ深く、メンタル的にもつながる場所だけに、アーティストとライヴハウス、それぞれの目線から出会いや第一印象などを語ってもらった。もしかしたら、ここで初めて出る話もあるかも!?

Plastic Tree

プラスティック・トゥリー:1993年結成、97年に「割れた窓」でメジャーデビュー。攻撃的なギターロックからポップなものまで楽曲は多彩。有村の特徴的な歌声と文学的な歌詞や独特の世界観で、アーティスティックな美意識を貫く唯一無二の存在として、確固たる地位を確立している。LM.Cや氣志團、清春、MUCCら12アーティストが参加したトリビュートアルバム『Plastic Tree Tribute〜Transparent Branches〜』を2017年9月6日にリリース予定。また、9月9日には同作リリース“樹念”として親交のあるアーティストが出演するサーキットイベントを開催する。

Guest:有村 竜太朗(Vo)、長谷川 正(Ba)

■“バンドって楽しい”という気持ちを忘れないでやっていきたい

──Plastic Treeにとっての千葉LOOKはどういう場所ですか?

長谷川
「Plastic Treeがもともとホームとしていたのは、市川にあるCLUB GIOだったんですけど、そこはもうなくなってしまったので、メンバーと出会った千葉LOOKはバンドを始めるきっかけになった場所って感じですね。」

──どのような流れでメンバーに出会ったのですか?

長谷川
「当時、各々別のバンドで千葉LOOKに出ていたんです。知ってる人は知ってると思うんですけど、竜太朗は千葉LOOKでアルバイトをしながら自分のバンドでも出たりしていたので、僕はライヴを観に行ったり観に来てもらったりしていて、バンド関係の友達みたいな関係でしたね。」

──Plastic Treeとして千葉LOOKに出演した最初のライヴについては覚えていますか?

長谷川
「なんとなーくぼんやり(笑)。Plastic Treeを初めて少し経ってからだったかなぁ。最初のほうはGIOばっかりだったから、バンドとして固まってきた時ですね。」

有村
「僕はあんまり覚えてないですね。前のバンドとも被っていたし、バイトをしながらライヴもしていたので…。Plastic Treeを組んで初めのほうに出たライヴなんですけど、稲毛海岸でやってる千葉LOOK主催の『サイトウヒロシミュージックショウ』をよく覚えてます。その頃のPlastic Treeはまだ今の原型みたいな感じで、あまりそういうイベントには出るバンドじゃなかったけど、すごく楽しかったなぁ。」

──当時のみなさんはどのような感じでしたか?

有村
「バンドとしては分からないけど、僕自身は…言葉にできないです(笑)。バイトとしてひどかったと思いますよ、僕に限らず。」

長谷川
「当時のバイトはなかなか強力な人が集まってたからね(笑)。僕は仕事が終わったら毎日のように千葉LOOKに行ってたんですけど、毎日面白かったです。」

──現在の千葉LOOKは、バンドにとっては登竜門のような存在ですよね。

有村
「そうですね。ロックバンドが好きな箱なんじゃないですかね? 居心地も良いし、出身のミュージシャンとしてすごく嬉しいし、ありがたいなと思ってます。僕はバイトをする前の高校生の頃から出ていたし、自分にとっては学校でありつつ遊び場みたいな感じだったかな。」

──影響を受けていると感じる出来事はありますか?

有村
「自分がカッコ良いなと思ったバンドのメンバーが千葉LOOKの近くに住んでいて、さらにPlastic Treeが好きで千葉LOOKに出ていたことも知っていたということがあって…そういう偶然というか、不思議な縁があるんだなぁと思いましたね。僕らは特に地元での絡みがあったわけじゃないんだけど、“この街からこういうバンドが生まれたんだ”とか、“出身の街にこういうバンドがいたんだ”とかあるじゃないですか。そういう縁ってどこか必然性があると思うので、当時のことがそうやって今の若いバンドマンに影響を与えてるとするならば、嬉しいですね。」

──今だから言えるエピソードはありますか?

有村
「千葉のライヴハウスってホーム感が強くて、バイトをしながらその箱でライヴをしている人がよくいるんですよね。サイトウさんはそういうのをいいと思ったらしく、“千葉のライヴハウスはもっと一致団結するべきだ!”って、千葉のライヴハウスの店長とバイトの人たちが集まる親睦会を開いたんです。一次会は良かったんですけど、いつも千葉LOOKの打ち上げでは二次会くらいから酔っぱらって誰かがケンカし始めたりすることがよくあるんです。そしたら、やっぱりその親睦会の二次会でもそうなって(笑)。ほかのライヴハウスの人が困っちゃって、サイトウさんを呼んでも潰れて“うにゃうにゃうにゃ”って言ってるし…(笑)。」

長谷川
「毎年開こうってことになってたんですけど、その一回で終わりましたね(笑)。」

──では、千葉LOOKの良いところについて教えてください。

有村
「ライヴハウスの歴史だったり、街の空気だったりもあるかもしれないんですけど、やっぱり店長のサイトウさんの人柄が大きいんじゃないですかね? たくさんのライヴハウスに行って、それぞれの空気感があるなと思いますし、千葉LOOKならではの良さを感じます。地元を出ていくバンドにも、ツアーで訪れるバンドにも合うんじゃないかな。」

──今年メジャーデビュー20周年を迎えたPlastic Treeですが、メンバーに出会った頃から今までで何か変化はありましたか?

長谷川
「どうなんですかねぇ…変わってないっちゃ変わってない(笑)。千葉LOOKも、たまに遊びに行っても変わってないなと思うし。変わらないこともいいなと思いますね。お客さんを集めてライヴをするのって楽しいんだなとか、ライヴの後のお酒ってうまいんだなとかを味わわせてくれて。そういう、千葉LOOKで“バンドって楽しい”と感じられた気持ちは、これからも忘れないでやっていきたいなと思います。」

──最後にサイトウさんにひと言お願いします!

有村
「自分は永遠のバイトだと思っているので、いつか職に困ったら雇ってください(笑)。大好きな場所なので、また遊びに行きます。」

■結束力があったからこそのデビュー20周年

千葉LOOK 店長 サイトウヒロシ

PROFILE:末っ子長男として“望まれて生まれてきた”と最初の勘違いに始まり、圧倒的な勘違い続きで奇跡的に現在に至る。ここで働くきっかけも楽器店勤務時に知り合ったお客さんに頼まれ軽い気持ちでちょっと手伝うくらいのつもりでスタート。なので、特にライヴハウスに対しての志も知識も皆無。が、気付けばみなさまの力だけで図々しく28年(赤面)。あまりにもラッキーすぎるのでラッキーカンパニー株式会社設立。

住所:〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1-6-2
TEL:043-225-8828
HP:http://chibalook.com/

──Plastic Treeと千葉LOOKの関係について教えてください。

「まず最初に…Plastic Treeは都市開発で閉店を余儀なくされた市川CLUB GIOがもともとはホームのバンドだったので、豆情報とか知りたい情報とかは一切言えません。すみません! ペコリ。もともとギターのアキラくんとヴォーカルの有村くんがやっていたバンドだったり、ベースの正くんがやっていたバンドが当時よく出ていて。そんな彼らの口から新しいバンドを始めるって聞きましたが、Plastic Treeになってから拠点を市川CLUB GIOに移したので、Plastic Treeとして出てくれたのは結構あとになって。ただ、彼らの仲間は千葉に多かったので友達のバンドを観に来たり飲み屋で会ったりと個人的な感じでは続いていました。」

──有村さんは千葉LOOKで働いていたこともあるそうですが、当時のエピソードはありますか?

「おっと、伝説の“出待ちの有村”ですね?(笑) 当時の千葉LOOKは仕事が終わると全員1本ビールのタダ飲みが許されていたのですが、飲まない女子バイトの分をもらって飲んでたのが彼でした。ただ、上には上がいて“1カ月分先にください!”って言って箱で持って帰ろうとするアホもいたので、みんなそんな感じでゆるく働いていました。機材車での出勤も多く、そんな日はほぼ遅刻の日々。“事故”“パンク”“壊れた”“国道51号が大渋滞”“家の前が工事”等、毎回言い訳のプロだなと(笑)。ただ、ライヴはよく観ていたようで、人気の有無に関わらずバンドをチェックしてて、当時お金もなかったはずなのにデモテープとか買ってたりして、音楽にはピュアだなとも。あと、バイトの出待ちがいたのも本当です(笑)。」

──Plastic Treeに対する第一印象は?

「もともと有村くんがやっていたバンドがロックンロールベースなんだけど、どこか湿った感じのするバンドで、だからビジュアル的な変化にはちょっと驚いたけど、サウンド的にはなるほど!という印象を受けました。」

──逆に、サイトウさんはどのような印象を持たれていたと思いますか?

「有村くんひとりで言えば“良い人”であってほしい。結構いろいろ許したと思います(笑)。あとは“酒が弱い”か?(照)。」

──Plastic Treeの千葉LOOKでの初のライヴについて覚えていますか?

「もともと千葉LOOKを拠点にそれぞれのバンドで活動していたのですが、千葉LOOKではライヴが終わるとお客さんも友達も対バンも店員もみんなで打ち上げをしてて、それはそれで楽しかったしいろんな人と知り合う機会にもなって良かったんですが、だんだんそれが内輪ノリに感じ始めてた時期と彼等の結成が重なって…その辺を有村くんとも話したのもあって出たのは結構遅くてインディーズ期に出たのは1995年の4月と5月のみ。あとは個々にセッション的なイベントに出てもらったくらい。なので飲んでうだうだしてた思い出のほうが多いかも。そしてそれをやさしく見守る正くん(笑)。」

──今までで一番印象に残っているPlastic Treeのライヴは?

「やはり初めての日本武道館(2007年9月8日)。まさかここまで連れて行ってもらえるとは…普段200キャパにいる身としたら夢心地のような風景なのにそこに負けない彼らの堂々としたライヴを観て感無量でした。」

──今年メジャーデビュー20周年を迎えたPlastic Treeですが、長年観てきて強みや魅力だと思える部分はどういったところですか?

「彼らの根底にあるのが、アーティスト集団でもミュージシャン集団でもなく“バンド”であること。マイペースと言われる彼等だから、ゆっくりだったかもしれませんが、だからこそ横着も楽することもせず、ひとつひとつクリアーにしていく中で養った結束力があったからこそのデビュー20周年だと思います。」

──また、今後のPlastic Treeに期待していることがあれば教えてください。

「期待なんてしてもしなくてもマイペースに好きなように活動するだろうし、そんな彼等が楽しみです。」

──現在のサイトウさんに影響を与えていると思う出来事はありますか?

「結成直後、まだまだこれからという時期にフライヤー手配りとか結構マメにやっていたのを見て“フライヤーってこういう想いで作ってるんだなぁ”と。店の外にフライヤーとかポスターとかをちゃんと貼ったり配ったりしようと思ったのは彼等の影響もあります。あとは、打ち上げでお客さんや友人を極力いない環境にしたのは彼等の影響大ですね。」

──サイトウさんにとって、千葉LOOKにとって、Plastic Treeとは?

「全然千葉感を前面に出してはないけどやっぱり千葉の頑張ってるバンド! そして有村くんは当時のバイトの中では誇りのようです。ただボP的には“おい、店のビール何本タダで飲むんだよ!”ですが…(笑)。」

──ここだけのPlastic Treeとのエピソードなどがあれば教えてください。

「Wikipediaにも載ってませんが(笑)、1995年5月千葉LOOK2度目の出演はオムニバスCDシングル無料配布企画。…ってその音源はどこかに行ってしまって何を収録してくれたのか覚えていませんが(汗)。」

──サイトウさんから見たPlastic Treeの推しポイントベスト3を教えてください。

「1.正くんの仏具合。昔、無茶振りでDREAMS COME TRUEのコピバンでベースの当て振りをイベント前日に頼んだことがあって。その節はありがとうございました。あとは、うだうだ飲んでてもいつも笑顔で見守ってくれてるイメージ。2.アキラくんのギターキッズ具合。いつも機材が新しく変わってるイメージ。3.ボPたちと飲んでる時とのギャップが激しい有村くんのMC。むしろ、飲んでる時は有村ではなくアリポンなのか?(笑) というか、自分たちの音楽に誠実な連中だからこそこんな話ができるので、そこが推しポイントです。」

──最後に、Plastic Treeにひと言お願いします!

「十分分かってると思うけどあえて…楽しいだけじゃないけど、だからこそ楽しいことに貪欲にね。それと、再来年で千葉LOOKはまさかの30周年なので出るように! 地元の先輩は“絶対”です(笑)。押忍!!」



【関連リンク】
Plastic Tree×千葉LOOK サイトウヒロシ - the Homeground 第21回 -
Plastic Treeまとめ
CHAI、 1stアルバムリリース&全国ツアー開催決定

【関連アーティスト】
Plastic Tree
【ジャンル】
ヴィジュアル, the Homeground, okmusic UP\'s vol.156, ライブハウス

CHAI、 1stアルバムリリース&全国ツアー開催決定
Sun, 20 Aug 2017 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

CHAIが1stアルバムを10月25日(水)にリリースすることを発表した。そのタイトルは『PINK』! CHAIが常に「ピンクのイメージをかっこよく変えたい」と公言して衣装などで身に纏っているバンドカラーが前面に押し出されたタイトルである。収録されるのは、代表曲である「ぎゃらんぶー」「ボーイズ・セコ・メン」「sayonara complex」を含む、『コンプレックスはアートなり』『NEOかわいい』というCHAIのブレない世界観を、ワールドワイドに提案する最高にキュートな11曲。初回生産限定盤にはCHAIのテーマでもある“COMPLEX”を前向きに捉え新しい価値観を提案するアートブックその名も「COMPILEX」(豪華ブックレット)付きという、楽曲でも視覚でもCHAIワールドを楽しめる作品となっている。

そして、アルバムリリースに先行して、FLAKE RECORDSより10月11日(水)に7インチのアナログレコードをリリースすることも決定。前作2nd EP『ほめごろシリーズ』に収録された耳の早いリスナーや各界の著名人からの注目を集めた「sayonara complex」と、1stアルバムのリードトラックとなる挑戦的な新曲「N.E.O.」を収録した両A面シングルとなっている。新曲「N.E.O.」はコンプレックスを前向きにとらえ過ぎ、もはや1周してCHAIが世の女子の味方なのかわからなくなるほどパワフルで踊れる剥き出しの注目曲。500枚の限定生産となっているため、逃さずゲットしよう。

さらにはアルバムのリリースに伴い、キャパシティ、開催地ともに過去最大となる全国8都市ツアー「CHAI 1st Album「PINK」発売記念『やっぱり育ちたいトゥアー』」の開催も発表された。CHAIらしいナメたツアータイトルではあるが、11月23日(木)の渋谷WWWの東京公演を筆頭に東名阪3都市で初となるワンマンライブが開催され、そのほか札幌〜福岡の公演にはThe SALOVERS 古舘佑太郎の新バンド「2」、黒猫チェルシー、The Floor、パノラマパナマタウン、Helsinki Lambda Club、プププランド、ソンソン弁当箱、南風とクジラがゲストとして出演決定しており、ゲストバンドからも注目の高さが伺え、さらにCHAI旋風を巻き起こすツアーとなること間違いない!プレイガイドでの先行発売は8月29日(水)23:00までとなっておりチケットは争奪戦になること請け合いなので、まだCHAIを観たことがない人はこのチャンスをお見逃しなく。

『コンプレックスはアートなり!!!』と女の子なら誰でも抱える様々なコンプレックスを肯定し、突拍子もない独自の表現で歌いあげるCHAI。想定外の角度から、常に話題を提供してくるCHAIの今後の動きに注目だ。国境もぶち破り、彼女たちの加速していく“NEOかわいい”世界侵略を見逃すな!!

アルバム『PINK』

2017年10月25日発売



【初回限定盤】(CD+「COMPILEX」(豪華ブックレット付))
CHAI-002〜3/¥3,000+税
【通常盤】(CD)
CHAI-004/¥2,400+税

7inch アナログ盤「N.E.O./sayonara complex」

2017年10月11日(水)発売



<収録曲>
■side 1
N.E.O.
■side 2
sayonara complex

「CHAI 1st Album「PINK」発売記念『やっぱり育ちたいトゥアー』 」

11月18日(土) 名古屋CLUB ROCK\'N\'ROLL
※ワンマン
11月19日(日) 心斎橋LIVE HOUSE Pangea
※ワンマン
11月23日(木・祝) 渋谷WWW
※ワンマン
11月30日(木) 札幌COLONY
w/ 2,、The Floor
12月03日(日) 仙台enn2nd
w/ ソンソン弁当箱、パノラマパナマタウン
12月08日(金) 香川高松DIME
w/ パノラマパナマタウン、プププランド、Helsinki Lambda Club
12月10日(日) 福岡DRUM SON
w/ 黒猫チェルシー、パノラマパナマタウン、Helsinki Lambda Club
12月11日(月) 広島Cave-Be
w/ 黒猫チェルシー、パノラマパナマタウン, 南風とクジラ

<チケット>
前売り¥3,000/当日¥3,500 (+1drink)
オフィシャルサイト先行
・受付期間:8月18日(金)21:00〜8月29日(水)23:00
・受付URL:http://eplus.jp/chai-hp/ (PC・モバイル共通)



【関連リンク】
CHAI、 1stアルバムリリース&全国ツアー開催決定
CHAIまとめ
The SALOVERSまとめ
黒猫チェルシーまとめ
The Floorまとめ

【関連アーティスト】
CHAI, The SALOVERS, 黒猫チェルシー, The Floor, パノラマパナマタウン, Helsinki Lambda Club, プププランド
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース

【04 Limited Sazabys】『Human Communication tour』2017年8月7日 at TSUTAYA O-EAST
Mon, 14 Aug 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 『Human Communication tour』はリリースに関係なく、行ったことがない土地、出会いを求めて対バン相手を選び、新たな刺激を生み出したいという主旨で組まれたツアー。トップバッターは寝屋川発のガールズバンド、yonigeが登場。サポートは元toricotのkomaki(Dr)が務め、牛丸ありさ(Vo&Gu)のクールな歌声を金看板に、ごっきん(Ba&Cho)のグルービーな極太ベースが楽曲を力強く牽引。どこか陰のある切ない美メロに胸を打たれた。続く岡崎体育は激しいダンスとともに、仕掛けやフック盛りだくさんの楽曲を次々と繰り出す。1曲終わるごとに場内は異様なザワザワ感に包まれ、観る者を骨抜きにするエンタメ性を発揮。

 さぁ、この個性極まる対バン勢に04 Limited Sazabysはどう立ち向かうのか? 歌モノの「Letter」、2ビートの「climb」とワンツーパンチのごとく幕開けでスタートし、序盤から湯気が立ち昇る大沸騰ぶり。それもそのはず、演奏にドシッとした安定感が備わり、天高く突き抜けるGEN(Vo&Ba)の少年のような声はより一層冴え渡っていて、半年前に初の日本武道館公演を終えたことで自信を漲らせているよう。その上で「nem…」のアウトロで遊び心を見せたりと、枠に収まらない自由度も獲得。

 そして、中盤の「Night on」〜「mahoroba」の大人びた曲調の連打にも大興奮。また、「Feel」の爆発的なエモーション、さらにアンコールで披露した「Horizon」は自分の可能性を信じ、まだ見ぬ場所を目指そう!と語りかけてくる、底なしの楽曲エネルギーに感服した。

撮影:Viola Kam (V\'z Twinkle Photography)/取材:荒金良介

セットリスト

【yonige】

1.さよならプリズナー

2.our time city

3.アボカド

4.センチメンタルシスター

5.さよならアイデンティティー

6.最愛の恋人たち

【岡崎体育】

1.Explain

2.Walk Of Death

3.Voice Of Heart2

4.FRIENDS

5.Q-DUB

【04 Limited Sazabys】

1.Letter

2.climb

3.fiction

4.escape

5.days

6.nem…

7.labyrinth

8.ghost

9.Night on

10.mahoroba

11.Grasshopper

12.imaginary

13.Feel 

14.monolith

<ENCORE>

1.Horizon

2.Terminal

04 Limited Sazabys

フォーリミテッドサザビーズ:2008年に名古屋にて結成。15年4月に1stフルアルバム『CAVU』で日本コロムビアよりメジャーデビュー。16年4月2日&3日に地元・名古屋のモリコロパーク(愛・地球博記念公園)で開催した初の主宰野外フェス『YON FES』は計2万人を動員。9月に2ndフルアルバム『eureka』をリリース。17年2月11日に行なった日本武道館でのワンマンライヴは即日完売と成功を収め、同年4月1日&2日には2年目となる『YON FES 2017』を開催した。



【関連リンク】
【04 Limited Sazabys】 『Human Communication tour』 2017年8月7日 at TSUTAYA O-EAST
04 Limited Sazabysまとめ
【井上実優】 ありのままの自分をさらけ出したかった

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
J-ROCK, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.156

【井上実優】ありのままの自分をさらけ出したかった
Wed, 16 Aug 2017 00:00:00 +0900


今年4月にデビューしたシンガーソングライター井上実優。ソウルフルで圧倒的な歌唱力が魅力の彼女だが、新曲「Shake up」ではエレクトロな音も入ったキラキラしたメロディーに乗って軽やかに歌い、新たな魅力を見せている。

──2ndEPの表題曲の「Shake up」は明るくポップなナンバーですね。

「“自分をさらけ出す”をテーマにこの楽曲を制作しました。デビュー作「Boogie Back」ではキリッとして少し背伸びをしているような自分がいたので、今回は色で言うと黒から白の自分を見せたくて。夏という季節もあり、“ありのままを見せる”というテーマがぴったりだと思いました。」

──井上さんの素が出ている曲?

「「Shake up」という曲に関しては等身大で歌詞を書いているので、かなりリンクする部分がありますね。歌の世界観で言うと私はダークでソウルフルな感じが得意ですが、本当の姿という意味では、こちらのほうが私らしいと思います。ティーンの年代はやりたいことがたくさんある時期ですが、みんながみんなやりたいことをできる場面はなかなかないと思うので、この楽曲を2nd EPとしてリリースできて嬉しいです。楽曲のストーリーを通して、実際に聴いている人を励ますことができたらいいなと思います。」

──そんな歌詞の部分ではどんなところにこだわりましたか?

「どちらかと言うとすぐに弱音を吐いてしまうので、励まされる側の人間かもしれないです。でも、この楽曲の主人公は強くあるべき人なので、私が励まされる側だとすると、どのように言ってほしいかをシチュエーションで考えて、その中でもあえてストレートな歌詞を選んで書きました。普段は出てこないけれど、実際に私が言ってほしいと思ったメッセージや伝え方なので、聴いてくれる人にもその思いが感じてもらえたら嬉しいですね。」

──その歌詞を歌うヴォーカルはさわやかですよね。

「歌詞のテーマが“自分をさらけ出す”になったのもありますが、歌う本人がただカッコ付けているだけではもの足りないなと思います。例えば歌のフェイクが得意だからといってフェイクばかりを入れたりすることではない気がしていて。レコーディングの歌入れの時は心から沸き出たものを声に出すイメージでこだわりましたね。」

──でも、後半の部分にはソウルフルなところもあって。

「はい。私の得意な部分も入れてます(笑)。いろいろな楽曲に挑戦していきたいと思っていますが、毎回変わりすぎていると“この人の芯はどこにあるんだろう?”と思われてしまうので。“やっぱりこの人だな!”と感動であったり安心させるものがないと、私である意味がないと思います。どんな楽曲にも挑戦していきたいですが、私の声の特徴が生きるものを楽曲や歌のパフォーマンスに入れていきたいと思っています。」

──ちなみにMVではダンスも披露していますが。

「ダンスにはずっと興味がありまして。実は歌よりも先にダンスを好きになりました。地元の福岡にいた時は本格的に習ったことがなかったのですが、大好きなクリスティーナ・アギレラも踊って自分を表現しているし、あんな感じで踊れたらカッコ良いなと思いまして。ダンスは去年の12月から本格的に始めたばかりなので、まだまだ未熟ではありますが、今回は楽曲にも合うなと思いはじめてMVで挑戦しました。」

──2曲目の「Robin」は井上さんの得意分野ですよね。

「はい。これは洋楽をとても意識したといいますか、英詞を和訳したような歌詞を付けたいなと想い、英語やカタカナは必須かなと思いまして、とことん歌詞はカッコ付けようと思いました。自分の中でかなりしっくりくる言葉がはまったので、歌っていてもとても気持ちがいいし、歌詞も絶対忘れないですね(笑)。」

──歌詞はどのように?

「この楽曲の主人公は私の生きてきた19年間の経験値だけでは、知り得ないものを持っている大人ですね。主人公が使いそうな物や行きそうな場所は、私には未経験な部分もあるので、妖艶な女性が出る洋画をたくさん観てインスピレーションを高めて書いていきました。それこそクリスティーナ・アギレラのMVを何回も観たりしました。この楽曲を歌っている時はアギレラのパフォーマンスを強くイメージしてますね。」

──なるほど。そして、もう1曲の「Sweet Love」はミディアムバラードで。

「この歌詞を書いたのは上京する1年前くらいで、当初は別れの曲という漠然としたテーマだったのですが、私も上京することが決まっていたので家族や友達と離れて暮らす想いから、このテーマはいいなと思いまして。よくある失恋ソングのような恋人との別れを限定するのではなくて、いろいろな別れがあるので、全部に当てはめられるように歌詞を書きました。高校を卒業して大学に行く人や就職する人、他県に行く人、転校する人、家族や友達、そして大切な人と離ればなれになる…というように、いろいろなシチュエーションでこの曲が旅立ちの曲として聴いてもらえたらいいなと思っています。」

──井上さんの想いが詞に滲み出てますね。

「“旅立つ日の私はどういう道を通って、新しい家まで行くのだろう?”と想像しながら書いた部分もあります。特にBメロは“私はどういうところで泣くのだろう?”とか。歌以外でもその日のリアルなシチュエーションを思い描いたりするんです。“どういう時に友達のことを思い出すかな?”など妄想しながら一語一句歌詞を綴っていくので、歌詞を書く時もシミュレーションはとても役立ちますし、楽しいですね。まったく関係ないですが、その妄想のおかけで忘れ物もしにくくなりました(笑)。」

──でも、作詞をする上で、それはすごく重要ですよね。

「そうですね。歌詞の距離感…例えば、急に近くなったり急に遠くなったりするところに、聴いている人はドキドキすると思うんです。描写がずっと続いていたり、身近なものだけでもつまらないと思うので、急に抽象的にしたり、グッと近づけたりと心がけています。」

──今回のEPですが、まさに井上さんのフレッシュさが生きた一枚になりましたね。

「この楽曲たちの主人公はみんなそれぞれのいろいろな想いをさらけ出しています。だから、聴いてくれる人も自分のさらけ出したい想いを大切にしてくれたらいいなと思っています。」

取材:桂泉晴名

EP『Shake up EP』

2017年8月23日発売
ビクターエンタテインメント



【初回限定盤(DVD付)】
VIZL-1224 ¥1,800(税抜)



【通常盤】
VICL-64837 ¥1,200(税抜)

井上実優

イノウエミユ:1997年生まれ、福岡出身。小学校6年生の時出場した『唐津ジュニア音楽祭』をきっかけに、音楽塾ヴォイス主宰の西尾芳彦氏に出会う。中学生の時から歌唱・作詞・作曲の研鑽を積み、高校入学を機に本格的に曲作りを開始。2016年春に上京すると、同年7月には人生初ステージとなる日本武道館で、壮大なバラードを披露し、1万人のオーディエンスを魅了した。17年4月発表のデビューシングル「Boogie Back」はフジテレビ系TVアニメ『ドラゴンボール超』4〜6月度EDテーマソングに、同年8月発表のEP『Shake up EP』のリードトラック「Shake up」は東建コーポレーション株式会社 ホームメイト テレビCMソングに抜擢された。



【関連リンク】
【井上実優】 ありのままの自分をさらけ出したかった
井上実優まとめ
【Wienners】 Wiennersは“音楽的戦闘民族”

【関連アーティスト】
井上実優
【ジャンル】
J-POP, okmusic UP\'s vol.156, インタビュー, シンガーソング・ライター

【Wienners】Wiennersは“音楽的戦闘民族”
Wed, 16 Aug 2017 00:00:00 +0900


“真・Wienners、ついに完成!”と宣言しているかのような全曲新録のベストアルバム『BEST NEW RETAKES』が到着。その制作背景を玉屋2060%(Vo&Gu)が熱く語る!

──先日拝見したWiennersのライヴがめちゃめちゃ素晴らしかったのですが、今回、再録ベスト盤『BEST NEW RETAKES』を制作したのも、“現在の良いバンドの状態で過去曲をリテイクしておくべきじゃないか?”という判断からでしょうか?

「まさにそうです。2015年5月にメンバーが変わって、アレンジも細かいところが変わっているので、ライヴでやっている曲を今のメンバーの状態で録りたいという気持ちはありましたね。“このタイミングなら作れる!”という。あと、“Wiennersのことは知ってるけど、いろんな曲があるからちょっと取っつきにくいなぁ”と思っている人に向けて、“ライヴでぶちアガれる曲”をセレクトして。」

──収録曲は最近のライヴでの定番曲ばかりですね。

「ライヴと直結した作品を作りたいと思ったんです。曲順を決める時も“このままワンマンライヴができるみたいな感じにしよう”と思って、最初はバーッとテンションの高い曲があって、だんだんと歌ものになって、最後に“神様―っ!”みたいな感じで終わる(笑)…そういう流れを作りたかったところもあります。」

──聴かせてもらって感じたのは、ベスト盤ってやはりバンドの特徴が出るものだなと。Wiennersのサウンドってブレイク=キメが多いですよね? そこがはっきり分かります。

「そうですね。なんでWiennersにキメが多いかと言うと、それは人を驚かせる手法というか、音楽でお化け屋敷みたいなことがしたいんです(笑)。考えてもいなかった角度から攻撃されるみたいな。だけど、バチバチにキメたり、転調したり、リズムが変わったりしても…言い方は悪いですけど、馬鹿でも乗れるというか、キメがあって複雑で乗りづらいというのは絶対にNGで、初見の人でもちゃんと一定のリズムで乗れて、だけどコロコロと変わっていくという。」

──「ジュリアナディスコゾンビーズ」〜「VIDEO GIRL」〜「BECAUSE I LOVE IT」は、まさにそんな感じですね。ブレイクは多いですが、完全にイケイケですものね。

「止まらない感じはありますね。変拍子が多いバンドって途中でノリが止まったりするんですけど、そうならないようにしているし、それはすごく重要だと思ってます。分かりづらかったり、マニアックだったりするものをそのままやるのってわりと簡単だと思うんですね。そうじゃなくて、自分が好きなマニアックなもの…パンク、ハードコア、ジャズ、ソウル、ファンク、フュージョンといったもののリズム構築の仕方とかを、どうやってお茶の間レベルまで引き上げるか、それをどうやってエンターテインメントとして観せることができるかということをすごく考えていて。それはこのバンドのテーマというか。」

──確かにWiennersの面白さの中には通常では合わないものを混ぜているところがあると思います。それはバンドメンバーもそうで、一見キャラクターはバラバラに思えて、それこそブレイクではビシッと合う。これがこのバンドの強靭なところだと思いますね。

「そこに関して言えば、今回録る前に相当準備しました。例えばベーシストはすごく主張するベースを弾くんで、ほんと綿密に打ち合わせを重ねて、“このコードの中のこの音が歌と合うからそっちに動いてほしい”とか、1フレーズずつ細かいことをやっていったんで、結構大変で(苦笑)。」

──バンド内でしっかり意思統一を図ったということでしょうか?

「“Wiennersってこういうもんなんだ”というものを作るという意志のもとに動いていったところはすごくありますよね。それはどういうものかと言うと、音楽的戦闘民族…“このバンドは音楽を武器にしている、まだ誰にも発見されていない民族だ”と(笑)。だから、ライヴは攻撃的にいきたいし、キメも“かめはめ波”みたいなものだという(笑)。そういう話をメンバーに伝えて、みんなで“それでいて、ちゃんとエンターテインメントとして楽しませるものに昇華していきたいよね”という話はしましたね。」

取材:帆苅智之

アルバム『BEST NEW RETAKES』

2017年8月16日発売
No Big Deal Records



【初回限定盤(DVD付)】
NBPC-0042〜3 ?3,000(税抜)



【通常盤】
NBPC-0044 ?2,400(税抜)

『Wienners BEST NEW RETAKES TOUR 2017 』

8/28(月) 山形・酒田hope
8/30(水) 北海道・札幌SOUND REW
9/01(金) 宮城・仙台enn 3rd
9/14(木) 愛知・名古屋CLUB UPSET
9/15(金) 大阪・Shangri-La
9/17(日) 福岡・Queblick
9/28(木) 東京・渋谷WWW X

Wienners

ウィーナーズ:2009年初頭、玉屋2060%を中心に吉祥寺弁天通りにて結成。パンク畑出身の瞬発力と鋭さを持ちつつも、どこかやさしくて懐かしい香りを放つ男女ツインヴォーカルの4人組ロックバンド。予測不可能だけど体が反応してしまう展開、奇想天外かつキャッチーなメロディーで他に類を見ない音楽性とユーモアを武器にさまざまなシーン、世代、カルチャーを節操なく縦断し続けている。



【関連リンク】
【Wienners】 Wiennersは“音楽的戦闘民族”
Wiennersまとめ
【Fuki Commune】 『Fuki Commune Oneman LIVE「Fuki Fes. Vol.3」』 2017年7月30日 at 新宿ReNY

【関連アーティスト】
Wienners
【ジャンル】
J-ROCK, okmusic UP\'s vol.156, インタビュー

【Fuki Commune】『Fuki Commune Oneman LIVE「Fuki Fes. Vol.3」』2017年7月30日 at 新宿ReNY
Wed, 09 Aug 2017 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 3回目となる『Fuki Fes.』。今回も盟友のMao(Key)をはじめ、ISAO(Gu)、長谷川淳(Ba)、下田武男(Dr)といったHR/HM界屈指の最強の布陣が脇を固め、1曲目からFuki(Vo)のシャウトが炸裂! そして、そのまま一気にハイテンションなナンバーを4曲ぶっ飛ばす。プレイヤー陣のテクもさることながら、Fukiのパワフルなヴォーカルであり、パフォーマンスはさすがだ。

 のっけからライヴのイニシアティブを握ると、“今日はアンコールはありません! 本編だけでがっつり走り抜けたいと思います!”と宣言し、ドライブするギターが攻め立てる「僕が生きる世界」でさらにアクセルを踏み込む。これに観客は拳を突き上げ、コールで応戦し、場内の熱気が加速度的に高まっていく。その後も“今日はみんなを抜け殻にするのが私の役目”と1stアルバム『Welcome!』の曲を中心に新曲やカバーを次々と投下。途中、Gacharic SpinのギタリストTOMO-ZOをゲストに迎え入れると、TOMO-ZOが普段弾かないメロディックメタルということでHelloweenの「Eagle Fly Free」とふたりが所属するDOLL TOWN」を披露。ISAOとTOMO-ZOのスリリングなツインギターは本公演の観せ場のひとつとなった。

 また、“ハイライト”ということでは初披露の新曲「SUMMER HOLICS(仮)」もだろう。硬派なメタラーたちに《あの娘が欲しい 海に行きたい》と大合唱させ、さわやかでピースフルな空間を作り上げたのだから。そんな2時間を走り抜けたライヴも“本気、見せてくれー!”という煽りからオーラスの「Sail on my love」へ。キャッチーなスピードナンバーにステージもフロアーも完全燃焼し、『Fuki Fes. Vol.3』は大盛況のうちに幕を下ろした。

撮影:當摩果奈絵/取材:土内 昇

セットリスト

1.Strength

2.Liberator

3.輝く夜へようこそ!

4.I\'ll never let you down!

5.僕が生きる世界

6.Sword of Doom II

7.月が満ちる前に

8.Butter-Fly

9.あなただけ見つめてる

10.Eagle Fly Free

11.KARAKURI TOWN

12.SUMMER HOLICS(仮)(新曲)

13.Start Dash

14.ログアウトしないで!

15.狂い咲け雪月華

16.朝な朝な

17.青い季節に

18.Liar(仮)

19.未来

20.Sail on my love

Fuki Commune

フキ・コミューン:2014年12月に無期限活動休止となったLIGHT BRINGERの紅一点ヴォーカリスト、Fukiのソロプロジェクト。“Fukiとその仲間たちがひとつの共同体を形成するイメージ”がプロジェクト名の由来。日本の若手ヘヴィメタル界でも群を抜いた声量と、突き抜けるハイトーンヴォイスには定評がある。また、天外冬黄(テンゲフユキ)名義でUnlucky Morpheusにも所属し、コミックマーケット等でのファンとの交流を08年より続けている。



【関連リンク】
【Fuki Commune】 『Fuki Commune Oneman LIVE「Fuki Fes. Vol.3」』 2017年7月30日 at 新宿ReNY
Fuki Communeまとめ
【宮野真守】 ファンのみなさんや仲間からもらった“愛”への感謝

【関連アーティスト】
Fuki Commune
【ジャンル】
J-ROCK, ライヴレポート, okmusic UP\'s vol.156

【宮野真守】ファンのみなさんや仲間からもらった“愛”への感謝
Thu, 20 Jul 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“THE LOVE”をタイトルに掲げるニューアルバム。アーティストデビュー10周年を来年に控えたシンガーとして熟した今だからこそ、十二分なスキルと周囲への感謝に裏打ちされた多彩な楽曲が並んでいる。その温かで幸せな愛の波動を存分に味わってほしい。

■いつもライヴで“愛”を感じる。 幸せな時間ってここにあるんだなと

──今回のジャケットは屋久島での撮影ということですが、“神秘の島”や“生命の島”と呼ばれる場所と“THE LOVE”というタイトルには、やはりつながるものがあったのでしょうか?

「そうですね。こういうタイトルのアルバムですが、決してラブソング集ではないんですよ。しっかり“愛”というものをテーマに、エンターテインメントできれば…と考えて向かっていった時、それをビジュアルでどう表現するかというところで悩んだんです。そこでスタッフと相談したところ、屋久島という案が出て。僕が伝えたかったものや自分が感じたものを、命の根源というか、愛の根源に満ちた場所でしか切り取れない表情で表現したら、またこのアルバムが素敵になるんじゃないかということで屋久島を選びました。」

──実際に行ってみて、何かパワーは感じました?

「僕はスピリチュアルなことにすごく興味があるほうではないので、パワースポットを巡ったりとか今までしたことがなかったんですけど、そんな僕でも何か神聖なものというか、命の大きさをすごく感じて、ここに神様がいるんじゃないかと心の底から思えました。実は撮影の日は雨の予報だったのに、晴れて自然の光がきれいに差してくれたりとか、そういうことも含めて島に歓迎してもらえたのかなと、非常に大きな愛を感じました。」

──ラブソング集ではないとおっしゃいましたが、つまり、恋愛を歌ったアルバムではないということですよね?

「はい。友情や家族愛だったり、いろんな愛をテーマにしています。何より今日に至るまでにたくさんの方々と出会い、ファンのみなさんや仲間たちから本当にたくさんの愛をもらってきた…そのみんなの想いや絆がなければ自分の活動はできてないと、すごく感じているんです。その想いをひとつの作品としてみんなに伝えたいというところから、今回は“愛”をテーマにしました。それに僕の音楽活動は本当にいろんなクリエイターの方々とやらせていただいているので、いろんな世界を演じることができるのがひとつの強みなんですよね。なので、こちらから提示してほしい世界観はお伝えしつつ、それぞれの方が持つ愛のかたちによって激しい曲もあれば温かい曲もあり、今回もバラエティーに富んだラインナップになったと思います。」

──そんな中で宮野さんご自身が作詞された1曲目「EVER LOVE」は、今おっしゃったようなアルバムコンセプトが体現されている曲だなと。

「そうなんです。初めからJin(Nakamura)さんに“1曲目に相応しいような、これから始まる感のあるポップで幸せな明るい曲で、このアルバムのコンセプトを表現できるものを一緒に作っていきたい”とお願いしました。今日までいろいろ活動してきた中で、ライヴで愛あふれる空間をみなさんと一緒に過ごすと、“あぁ、こうやって愛は作られていくんだ。幸せな時間ってここにあるんだ”って感じるんですよ。ですから、みなさんへの感謝の想いを伝えつつ、自分の人生を歩いていく僕自身やみんなの姿を応援できるような曲にしたかったんです。」

──その「EVER LOVE」から2曲目の「SHOUT!」でガン!と上がる展開も爽快で。そんな「SHOUT!」をはじめ、シングル4曲が上手く織り込まれていますよね。

「このアルバムに入ることで、愛の曲だったんだ…という輝きをシングルたちが見せたことには、また驚かされました。考えてみれば、愛って必ず相手がいるものなんですよね。例えば自分をブチ破ろうとか、声を高らかに自分の想いを叫ぼうと歌っている「SHOUT!」にも、その想いの向かう相手がいる。「HOW CLOSE YOU ARE」で描かれているのも普遍的な愛で、遠く離れていてる大切な人への想いだったり。このアルバムに入ることによって、やっぱり愛の曲だったんだと改めて気付かされました。「テンペスト」や「The Birth」も含めて4曲とも主題歌となる作品の中で書かせていただいている歌詞なので、やっぱり相手がいるんですよね。そうするとその人への想いが色濃く出て、作品から離れたところでも愛の歌として響くんです。」

──そこに新曲が8曲加わっているわけですが、どのように選曲していったのでしょうか?

「いろんな愛を表現するということで、絶対に入れたかったのが無償の愛だったんです。そこで由潮さんにお願いして、やさしい子守歌のようなバラード「愛溢れる」を作っていただきました。そしたら、ちょうどその時、由潮さんのお腹に赤ちゃんがいて、そんな時にしか感じられないであろう素直な想いを全て込めてくださったんです! こんなやさしい歌詞はたぶんお母さんにしか書けないだろうし、僕も光が差し込むような中性的に響く音域で語るように歌いました。この曲を制作していたのが、ちょうどミュージカル『王家の紋章』の稽古中で、歌での表現の可能性をすごく感じていた時だったんです。また、新たな表現にチャレンジできたんじゃないかと思います。」

■ひとりで歩いて行った前作の先に、 絆と仲間の待つ大事な場所があった

──かと思えば、「Space Travellers」のように歌詞も展開も珍しい曲もあったり。

「この曲はたくさんいただいたデモ曲のひとつで、壮大なRPGがスタートするかのようなシンフォニックなオーバーチュアから、疾走感のあるカッコ良いドラムンベースのクラブミュージックへの展開にひと聴き惚れしたんです。その上で今作のコンセプトに合うように、未来の恋人たちのロマンチックなデート風景という世界観を構築して、そういった歌詞をAmon(Hayashi)さんに付けていただきました。もう1曲デモから選んだのが「恋されガール」。こっちは曲のかわいらしさの中に物語が引き立つような歌詞がいいなぁと、少女マンガのような世界観を提案させてもらって。クラスでは目立たない子を好きになって、周りから“なんであの娘なの?”って言われても、自分は彼女の素敵なところを知っているんだ!というような、愛の芽生えみたいなところをmarhyさんに表現してもらいました。」

──つまり、その2曲以外は最初からクリエイター陣とのディスカッションで制作を?

「そうです。「Now and Forever」はTSUGEさんが三連の新しいダンスナンバーを作ってくださって、歌詞はダークな世界観もカッコ良いんじゃないかと、闇の世界から光を目指すようなイメージで書いていただきました。誰かを信じることで強くなれる力…“信じる愛”みたいなものを表現できたらいいなと。逆に「Uhh」は夏に出すアルバムなのでサマーソングが欲しいと思って、SHOWさんにワイワイとした友情ソングをお願いしたら、すごくさわやかな歌詞が出来上がってきて! 僕は車の免許を取ったのが最近なので、この歌詞に描かれているような、学生時代に自分が運転をしてみんなで車でワイワイと出かけた経験はないんですが、そういうのってその時にしかできない大事な時間なんですよね。みんなこれからそれぞれの道を選んで、今いるここではない場所にきっと向かうけれど、でも、この時を忘れない…っていう。」

──では、実体験というよりも演じた割合のほうが大きい?

「実体験ではないですが、高校の友達とワイワイと旅行に行ったこともあるし、何だったら今からでも遅くないし(笑)。それこそチームマモと僕が楽しんでいる姿を想像してもらったり、自分の似たような経験と照らし合わせていただければいいんじゃないかな。」

──いや、それにしてもアイデアの引き出しが豊富ですよねぇ。

「曲の世界観はプロデューサーと相談しながら決めていますし、やっぱり楽曲に引っ張ってもらっているところも大きいと思いますね。役者もやらせていただいている僕としては、作品に引っ張ってもらって表現するという自分のやりたいことができて、楽しく歌わせてもらっています。」

──じゃあ、資料のほうに“マモがペットに?”という説明書きのある「僕のマニュアル」も楽しく演じられました?

「そうですね。ペットになるというか、この曲は強気なネコ系男子の歌で、なかなかなびかない恋の駆け引きみたいなところが描かれているんです。そんな中、いつも僕の作品でジャズ枠を担当してくれている市川 淳さんが、昭和歌謡のようなレトロな雰囲気でゴージャスに魅せる曲を作ってくださったんですよ。ドゥーワップみたいな低音ヴォーカルにも挑戦して。ただレトロポップと言えども、クリエイターさんが新しい要素も入れて作っているから、やっぱり新鮮に響くんですよね。本当にバラエティーに富んだ曲が集まったので、曲順は相当大事だなと、この1枚でライヴができるようなイメージで組んでいきました。」

──となると、歌詞を共作されている「POWER OF LOVE」も最初からアルバムの最後に置くつもりで制作を?

「まさに。自分の想いをしっかり打ち出した「EVER LOVE」があって、さらにその想いをみんなとひとつにして絆を確かめ合える曲でラストを飾りたいと、STYさんにお願いしました。前作アルバムの『FRONTIER』でもSTYさんとは表題曲でもご一緒したんですけど、その時は自分という人間の生き様だとか決意表明を強い言葉で綴って、MVでもアメリカの広い荒野をひとり大地を踏みしめて歩いて行く…という映像を作ったんですね。そして、この「POWER OF LOVE」は、そうやって歩いた先にある曲でありたいと思ったんです。ひとりでしっかり歩いて行った先には、こんなに仲間がいて、そして絆があって、ここが僕の大事にしたい場所なんだ…というところに辿り着いたイメージの曲にしたかったので、MVもファンクラブイベントでファンのみなさんと一緒に撮って。よりライヴ感を意識して、みんなで絆を感じながら手をつないで歌いたいと楽曲もゴスペルでお願いして、まさに自分がつないできたものが表現できたんじゃないかなって感じています。」

──『FRONTIER』で決意表明して進んだ先が今回って、宮野真守の流れとしては非常に美しいですね。

「そうなんです。まるで『FRONTIER』を出した時から考えていたかのような(笑)。」

──それも必然だったんですよ。何だか今回のアルバムはシンガーとしての成長だとか進化の一歩先にある、もっと大きな作品のように感じます。

「ありがとうございます。いろいろ経験してきたからこそ、“THE LOVE”という強い言葉を、このタイミングで打ち出せたんだと思いますし、不思議とハッピーな空気が感じられる作品になりました。何より来年迎えるアーティスト活動10周年の手前に出せたというところは大きいですね。コンセプチュアルな作品で改めてみんなとの愛をしっかりと打ち出せたので、アルバムを引っ提げてのツアーではハッピーで温かい時間を作りたいです。」

──全国都市公演と史上最多のツアーになりますが、まだまだ行ったことのない県も多いですよね。やってみたい場所って、どこかあります?

「ジャケット撮影で訪れた屋久島でもやってみたいですね! 島全体がパワースポットですから、海岸とか砂浜とかの野外でも素敵ですよね。いつも考えているのは自分の想いや感謝を伝えていきたいということで、それに対して誰かが“指針になった”と言ってくださることが、僕にとってはすごくありがたいんです。そうやってみなさんからいただいた想いを伝えるというかたちで、これからもいろんな作品を作っていきたいですね。」

取材:清水素子

アルバム『THE LOVE』

2017年8月2日発売
KING RECORDS



【初回限定盤(Blu-ray付)】
KICS-93504 ¥3,700(税抜)
※32Pフォトブック封入&スペシャルケース仕様



【初回限定盤(DVD付)】
KICS-93505 ¥3,700(税抜)
※32Pフォトブック封入&スペシャルケース仕様



【通常盤】
KICS-3504 ¥3,000(税抜)

ライヴ情報

『MAMORU MIYANO LIVE TOUR 2017』
9/02(土) 岡山・岡山市民会館
9/09(土) 石川・本多の森ホール
9/15(金) 大阪・オリックス劇場
9/16(土) 大阪・オリックス劇場
9/18(月) 北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
9/23(土) 静岡・静岡市民文化会館 大ホール
10/01(日) 群馬・ベイシア文化ホール(群馬県民会館)
10/07(土) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
10/08(日) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
10/15(日) 神奈川・横浜アリーナ
10/28(土) 宮城・ゼビオアリーナ仙台
10/29(日) 宮城・ゼビオアリーナ仙台

宮野真守

ミヤノマモル:『DEATH NOTE』『機動戦士ガンダム00』『ポケットモンスター ベストウイッシュ』『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』『ちはやふる』などのアニメ作品に加えて、『ファンタスティックビースト』などの吹き替えにも出演する人気声優。2008年よりアーティスト活動をスタート。これまでにシングルやアルバムなどを精力的にリリースしている他、09年からは積極的にライヴも行なっており、16年12月には横浜アリーナ2デイズ公演を成功させた。



【関連リンク】
【宮野真守】 ファンのみなさんや仲間からもらった“愛”への感謝
宮野真守まとめ
【OLDCODEX】 積み重ねてきたものが見事に表れたアルバム

【関連アーティスト】
宮野真守
【ジャンル】
アニメ・声優, okmusic UP\'s vol.155, インタビュー

【OLDCODEX】積み重ねてきたものが見事に表れたアルバム
Thu, 20 Jul 2017 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

制作チームが新たなかたちになり、完成した5thアルバム『they go, Where?』。“未来を見据えて作ることができた”と語る本作は、よりOLDCODEXらしさを増しながら、ライヴでの盛り上がりが想像できる作品に仕上がった。

■ただ過去をなぞるだけではなく、 自分たちをアップデートできた

──今回はだいぶ難航したようですが。

Ta_2
「このアルバムの制作途中でディレクターがチームから外れることになったので、それは大きかったですね。それまで、ディレクターがやっていた仕事も、俺が直接関わる場面があったり、チームとして、スケジュールや予算管理を再度見直したりなどして。インディーズで初めてのアルバムを作った時に戻ったみたいな感覚でしたね。まぁ、そもそも今作や今後のライヴに対する考え方にずれが生じてきてて、よくある方向性の違いでメンバーが脱退したみたいな、そんな感じですよ。ただそれがディレクターという重要な立場だったので、だいぶ大変だったわけだけど(笑)。」

YORKE.
「でも、俺らとしてはディレクターがいなくなろうが、どんな状況でも、そこで歯を食いしばって作ったモノ…スタッフや参加ミュージシャンのみんなも。その人たちと共有したモノを“肌で感じてくれ!”と伝えたいです。それで作り切れたことが、俺の中ではすごく大きい。」

──結果として、さまざまなことがあった中での感情から生まれた曲たちであるという。

Ta_2
「そうですね。制作期間中の瞬間的な感情とか、それ以前に積み重ねてきたものが、見事に表れたアルバムになったと思います。そういう意味では、OLDCODEXという箱をひっくり返して、1度中身を広げてみた感じかな。」

──地力が必要だったということなのでしょうね。しかし、OLDCODEXは順風満帆にはいかないバンドですね。

YORKE.
「それだけ人と一緒に作ってるということ。それに、作りたいものに対してわがままなんだろうね。」

Ta_2
「大変だったけど、決して言い訳はせずに、未来を見据えて作ることができたのは良かったよね。積み上げてきた7〜8年がしっかり背中にあるんだなと思った制作だったし、背中を押してくれるみんなの想いも感じたし。だから、すごくライヴのことを考えながら作りました。“ライヴハウスでこれをやったら”とか、“フェスでこういう曲をやったら”とか。なおかつ、ただ過去をなぞるだけではなく、自分たちをしっかりアップデートすることもできたと思うし。」

──アルバムタイトルの“they go, Where?”にはどういうイメージが?

YORKE.
「ツアーを見越して、“これからどこに行こうか? ツアーでその答えを見つけよう”みたいな感じです。タイトルを付けた時はディレクターがまだいたので、当時と今では“they”の意味が変わってるんだけど、それでも真ん中にいる俺たちふたりは変わっていないというメッセージも感じてほしいです。リード曲の「Where’d They Go?」の曲名もアルバムタイトルに関連付けてるんだけど、“あの頃の俺たちはどこへ行ったの?”みたいな感じかな。」

──「Where’d They Go?」はすごくシンプルな音数だけど、お客さんと一緒に楽しめるサビがあって。

Ta_2
「シンプルというのはその通り。凝ったことはいっぱいやってきたから、より自分たちの良さを伝えるために削ぎ落として、手数を減らしたみたいな。細かいギミックは他の曲でいくらでもやっているし。イントロのシンセ、ギターリフ、ブレイク後の間奏などは、アレンジャーと一緒に“シンプルでカッコ良いフレーズ”を目指して考えました。アレンジャーとしてeba,、小山寿、大村真司という3人がクレジットされているんだけど、3人それぞれの良いところを抽出して、俺がまとめていくみたいなかたちでしたね。」

──その「Where’d They Go?」は日本語がメインの歌詞で、他に「Julio」や「smiling」とかもそうですけど、曲調も分かりやすいものになっていますね。

Ta_2
「確かにそうだね。特にその2曲に関しては、今までのライヴでオーディエンスと一緒に積み上げてきたものが曲になって表れていると思う。そういう意味では、ファンのみんなから引き出してもらった感じです。」

──「smiling」はストレートな青春パンクで、ここまでファンに寄り添った歌詞は今までなかったですね。

YORKE.
「前回のツアーでもさまざまな経験をして、歌詞を書いてて、ライヴの時に目の前にいたファンの顔がパッと浮かんだんだよね。なので、歌詞はライヴのMCで言ってきたようなこと…“ライヴが終わって、帰りに笑っててくれたらいいな”というメッセージをそのまま書いています。」

Ta_2
「こういうアプローチって意外とやってこなかったと思って。ここ数年はワンマンでライヴを重ねることが増えて、そこにおける気持ちを消化して、曲として結実させたいと思っていたんです。今の自分たちはこういうものを積み重ねてきたんだよと。ライヴを重ねるごとにどんどん新しく上書きされていることも知ってほしいと思ったし。」

──今までもそういう曲はあったと思いますが。

YORKE.
「よりストレートに歌詞を書いた曲も入れたいと思っていた…特に「smiling」は楽曲もストレートだったから、比喩的な表現を使わずに気持ちを素直に歌ったほうがOLDCODEXっぽいだろうと思って。逆に「Julio」は7月に降った雨が乾くという内容で、6月の未練みたいなものを感じさせながら、自分の中の世界観へ真っ直ぐイメージして書いているかな。」

──ある意味、素直になったというか。今までは重い鎧で固めていたようなところがあったので。

YORKE.
「それもスタッフが外れたことが大きいかな。イメージの部分であるとか、統制していた人がいなくなったから。今回はそれを自分たちでやることになって、自由になったところはあったと思います。」

──「smiling」はファンが聴いたら嬉しいでしょうね。

YORKE.
「感じるものはあると思うし、感じてほしいね。ラジオで「Julio」と「smiling」を初オンエアの収録をした時は、すごくエモい気持ちになりましたよ。「Julio」は最後の《There we go》からの畳み掛けが本当に気持ち良くて。ここはアルバムタイトルの“they go, Where?”とも通じている部分だし、一番言いたいメッセージが詰め込まれていますね。“自分の個性を捨てるなよ”みたいな。」

──正直言って、こういう真っ直ぐにぶつかってくる曲をもっと聴きたかったからすごく嬉しいです。

YORKE.
「今回のアー写も象徴的だよね。青空バックに撮られた写真。映ってる俺らもどこか抜けた表情で(笑)。他にカッコ良いシチュエーションとか候補はたくさんあったけど、俺もTa_2もこれがいいってなった。」

Ta_2
「でも、今までもこういう曲はなかったわけではなくて。「WALK」とか「Landscape」とかはライヴでは必ず盛り上がって、それこそイントロのギターリフ一発で“おお〜!”と歓声が上がってたし。でも、OLDCODEX全体の印象としては、もっとヘヴィでラウドな方向だったと思うんだよね。だから、アルバムで「WALK」に通じるような曲を毎回入れることで、こういう面もあるんだと認識してほしかった。」

YORKE.
「ライヴで使える武器が増えたって感じかな。」

■悩みとか打ちひしがれたものを 払拭したいと思いながら作った

──ラストの「Million from Codex」には、最後をしっとりと締め括るようなウェット感とカッコ良さがありますね。

YORKE.
「曲としてのパワーが強いよね。タイトルもラストを飾る感じになっていいなと思って。しかも、歌詞の最後が《alone》で終わるのが自分でもグッときますね。」

──人は最終的には“個”だけど、“alone”と2回歌ってることで、OLDCODEXのふたりを意味してるみたいな。

YORKE.
「あぁ…そこまで考えてなかったけど(笑)。」

Ta_2
「これはYORKE.とユニゾンするような箇所を作りたいと思って。制作中いろんなことがあったけど、振り返りつつ先を見るような曲にしたいと。本当に作ってる時は、悩みとか打ちひしがれたものを払拭したいと思いながらだった。」

YORKE.
「最後だけど表題曲になってもいいかなって思うくらい強い楽曲です。Ta_2の歌がしっかりあって、《Listen,》という歌詞から俺がまくしたてるようにラップして、《a million from codex》という歌詞でユニゾンする。それでこういうタイトルにしたんです。」

──あと、「A Black Toy」も曲として面白いですね。EDMだけどヒップホップのテイストもあって。

YORKE.
「R&Bも入ってるよね。Ta_2はEDMとか好きだから、それをロックに落とし込んだ感覚だと思うけど。」

Ta_2
「今挙がったようなジャンルを上手くミックスした曲はあったけど、1曲の中でセパレートして表現した曲がなかったから、それを上手く表現したいと思って。例えば『A Silent, within The Roar』(2014年4月発表の3rdアルバム)の時の「optimistic negative thing」みたいな感じかな。こういう曲はアルバムだからこそできる遊びだと思うし、そういう音で遊ぶ感覚を表現したくて。歌詞の意味とか曲の雰囲気もあるけど、“音にまみれる”みたいな感覚の曲も作りたかったんですよ。」

──音源はエディット感ばりばりですけど、ライヴは?

YORKE.
「バンドで同期とか使ってやるんじゃないかな。歌録りも結構テクニカルにやってたよね? ヴォーカル用の機材を使ったりとか、“こだわりがついにそこまでいったか!”と思ったもん。そもそもマイクへのこだわりがすごくて。ロシアの何とかってやつとか重すぎて、ブースでどんどん下がってきて(笑)。」

Ta_2
「真空管だからね。」

YORKE.
「そのマイクが俺の声には合わないけど、Ta_2の声にはばっちりはまってるんだよね。「A Black Toy」はそういうTa_2のこだわりがすごく出てる。」

Ta_2
「ヴォーカリストだし、自分の声に合った機材を探すのが好きなんです。頭で鳴ってる音とそれを録った時の細かな違い、鳴っててほしい倍音とか、普通の人が聴いても分からないくらいの細かいレベルで俺は聴き取ってるから。そのためにいろんなマイクを試しましたよ。マイクプリだけで4〜5機、マイクも5種類を試して、最終的にロシアのソユーズという会社のマイクを使っています。今回ひとつの到達点が見えたけど、俺の声も年々変わっていくから、その都度声に合わせて最良のものを選んでいきたいと思いますね。」

──ちなみに、ライヴでYORKE.さんが使ってるのは?

Ta_2
「骸骨マイクね。」

YORKE.
「あれは、もう見た目ですよ(笑)。でも、面白いもので、ずっと使ってるうちに声が馴染んでくる。だから、壊れて新しいのにすると“あれ?”ってなる時があって。筆もそうだけど、道具って使う人の体に合ってくるんだよね。」

──今回のアルバムは制作過程も含めて振り返っていかがですか?

YORKE.
「居酒屋で生グレープフルーツサワーがなかなか出てこなかったみたいな? つまり、Ta_2の曲がなかなか上がってこないっていう(笑)。作詞やデザインは俺がギリギリでもやるから、気の済むまでやってくれよと思ってたけど、まだ〜?って催促してもなかなか出てこなくて。」

Ta_2
「当初あった新曲はディレクターがいなくなったことで宙ぶらりんになったから、改めてアレンジャーと一緒に曲作りをしていったものが多かったんですよ。オーダーはちゃんと通っていたんだけど、そのしわ寄せがYORKE.にいっちゃって、それは申し訳なかったよね。」

YORKE.
「まぁ、いいんだけどね。例え話として、やっと出てきたグラスに俺自身がグレープフルーツをギュ〜ってスクイーズして飲み干すみたいなスケジュール感でした。だから、“スクイーズ”っていうタイトルでも良かったなって(笑)。」

取材:榑林史章

アルバム『they go, Where?』

2017年7月26日発売
Lantis



【初回限定盤(DVD付)】
LACA-35650 ¥3,500(税抜)



【通常盤】
LACA-15650 ¥3,000(税抜)

『OLDCODEX Tour 2017 “they go, Where?”』

9/03(日) 大阪・Zepp Osaka Bayside
9/09(土) 北海道・Zepp Sapporo
9/12(火) 東京・Zepp Tokyo
9/13(水) 東京・Zepp Tokyo
10/07(土) 埼玉・戸田市文化会館
10/08(日) 埼玉・戸田市文化会館
10/15(日) 福岡・アルモニーサンク北九州ソレイユホール
10/21(土) 大阪・オリックス劇場
11/05(日) 石川・本多の森ホール
11/10(金) 宮城・仙台サンプラザホール
11/25(土) 広島・JMS アステールプラザ 大ホール
11/26(日) 広島・JMS アステールプラザ 大ホール
12/02(土) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
12/20(水) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
12/23(土) 静岡・静岡市民文化会館 大ホール

OLDCODEX

オルドコデックス:2009年結成。ヴォーカルTa_2とペインターYORKE.という異色の組合せの特性を活かし、ロック、ラウド、ダンスの要素を強く持ったサウンドを主としつつ、アートを織り交ぜた視覚をも楽しませる作品を打ち出している。Ta_2のハードな歌声に乗せ、YORKE.のエモーショナルなペインティングがキャンバスを色付けていくアグレッシブなライヴにも定評があり、観るものの感性を刺激するパフォーマンスを展開している。



【関連リンク】
【OLDCODEX】 積み重ねてきたものが見事に表れたアルバム
OLDCODEXまとめ
【さくらしめじ】 さわやかで疾走感のある、ライヴで盛り上がれる新曲

【関連アーティスト】
OLDCODEX
【ジャンル】
J-ROCK, okmusic UP\'s vol.155, インタビュー

【さくらしめじ】さわやかで疾走感のある、ライヴで盛り上がれる新曲
Sun, 20 Aug 2017 10:00:00 +0900


3月のアルバムを挟んで、約1年振りとなるニューシングル「あやまリズム」が完成した。さわやかな疾走感あふれるサウンドで抜群のハーモニーを聴かせる新曲の話を中心に、ふたりに語ってもらった。

──ニューシングル「あやまリズム」は爽快なナンバーですが、それぞれどんな印象がありますか?

雅功
「さわやかで疾走感があって、ライヴでお客さんと一緒に盛り上がれる曲だなって思いました。歌詞は初めて誰かに“ごめんね”を伝える内容で、レコーディングではどう歌えばいいのかなって思考錯誤しました。ギターがさくらしめじ史上一番難しかったですね。」

彪我
「逆に気持ち良く歌えたのがサビのハモりです。僕は上のハモを歌ってるんですけど、もともと明るいメロディーがさらに明るくなるなって感じました。」

──では、歌詞の好きなフレーズはどこですか?

彪我
「一番最後のサビです。いろいろ考えて最後にひと言“ごめん”って言うのがすごい現実味があるなって。」

雅功
「僕は《ちょっと言い過ぎたんだ 大丈夫と思ってた》ってところです。特に家族とかだと“これくらい言っても大丈夫だろう”と思っていても、相手が傷付いたりってことってあるじゃないですか。自分が悪いのは分かってるけど、張り合っちゃって。あとになって“ごめんね”って思うの分かるなって。」

──MVも新鮮な感じですね。

彪我
「今までのMVとは雰囲気が違って、セットがアメリカンで、ハリウッドの感じがして…」

雅功
「ハリウッド? 映画っぽいってことだと思います(笑)。」

彪我
「それです! 黒の背景でミラーボールがあって、テレビがあって、そこで僕らが歌ってるので、観てて面白いです。」

雅功
「暗くてピカピカしてて映画っぽいところと、白バックで歌ってるところのコントラストが印象に残るなって。もどかしい気持ちと、“ごめんね”って言ってすっきりしたいって気持ちがMVにも表れてるので、そこも注目してほしいです。」

──そして、カップリングにはEvery Little Thingの「fragile」のカバーが収録されてますね。

雅功
「全国を回った『菌活の旅』では、その土地出身の方の曲をカバーしてたんですけど、ファイナルの東京でやったのが「fragile」だったんです。思い入れのある曲で、それがCD化されて嬉しいです。これは、さくらしめじ史上一番、彪我のパートが多いんですよ。」

彪我
「いや〜、光栄です〜。自分がメインで歌うことになった時は驚きました。カバー曲を歌う時に気を付けてるのは、自分たちの曲にしなきゃいけないってことで。そこが難しかったですね。好きなのに伝わらないとか、切ない気持ちをどう歌うかとか苦労したんですが、歌詞に込められたメッセージを噛み砕いて、自分なりの「fragile」を歌うことができたと思います。」

雅功
「彪我がレコーディングで部屋の電気を全部消して歌ってたんです。それで気持ちを作って歌ってたんで、すごいなって思いました。」

──アーティストじゃないですか。

彪我
「いやいやいや(笑)。暗い中で歌うと自然と気持ちも落ち着くので、この曲の雰囲気に合うのかなと思って。やってみたらすごいしっくりきました。」

──そして、もう1曲のカップリングの「ケセラセラララ」はノリのいいアップチューンで。

雅功
「展開がすごく多いんですけど、さわやかだし、楽しくなれる曲です。」

彪我
「夏っぽいし、弾むような曲になってますね。」

雅功
「僕たちの曲に「みちくさこうしんきょく」という曲があって、ライヴの最後とかでみんなで歌って楽しく終わろうっていうのが定番になってるんですけど、その曲に次ぐ、みんなで一体になれる曲になればいいなと思ってます。」

──なるほど。さて、「あやまリズム」の歌詞に掛けて、お互いに“ごめんね”と伝えたいことはありますか?

雅功
「ありますね。いつも練習があってお昼食べてると、彪我が席を立った時に、食べてるご飯をこっそり食べちゃってるんですよ(笑)。」

彪我
「あ、やっぱりそうですよね。」

雅功
「必ず食べてるので、そこは“ごめんなさい”ですね(笑)。」

彪我
「じゃあ、食べないでくださいよ(笑)。僕はついさっきもあったんですけど、最近ヘッドフォンにはまってて、その話をすごいするんです。でも、必ず無視されるんですけどね。だから、自分の趣味を無理やり押し付けてごめんなさいって。」

雅功
「僕も興味ないわけじゃないけど、彪我の熱量がすごくて付いていけないんですよ(笑)。」

──どこのメーカーが好きとかあるの?

彪我
「僕が個人的に好きなのはゼンハイザーです。」

──完全にオーディオマニアが言うブランドですよ(笑)。

雅功
「彪我は休みの日にヘッドフォンの専門店に行ってずっと聴いてるんです。」

彪我
「普通に1〜2時間聴いちゃいます。お店の中を歩き回るだけで楽しくて。ヘッドフォンは、ほんといろんな種類があって…(延々とヘッドフォン話が続く)」

──(笑)。さて、ライヴハウスツアー『菌育 in the 家(はうす)』が始まりましたね。

雅功
「1年かけて11カ所、全国のライヴハウスを月イチで回るんですけど、ライヴハウスでやることが今まであまりなかったので、ライヴハウスならではの空気感が新鮮です。アットホームで一体感がすごくて、ホールとは違う空気感でできるのはすごく勉強にもなりますし、楽しいです。」

彪我
「曲中でも手拍子とか掛け声を叫んでくれたりして、普段よりも近い距離でライヴをするのでノリ的な部分が違うなと思いました。」

雅功
「自分たちの修行の場でもあって、僕たちの成長にもつながると思うので、ひとつひとつを大切に、みなさんひとりひとりが楽しんでいただけるようなライヴを毎回やっていきたいです。」

彪我
「とにかく熱く盛り上がっていきたいです。」

取材:土屋恵介

シングル「あやまリズム」

2017年8月23日発売
SDR



【通常盤】 
ZXRC-1116 ¥1,111(税抜)




【はじめまして盤】
ZXRC-1117 ¥926(税抜)

ライヴ情報

『菌育 in the 家 スペシャル!』
9/03(日) 東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO

『菌育 in the 家(はうす)』
9/10(日) 宮城・仙台 darwin
10/09(月) 香川・高松 DIME
11/25(土) 広島・HIROSHIMA BACK BEAT
[ 2018年 ]
1/20(土) 福岡・INSA
2/12(月) 愛知・NAGOYA CLUB QUATTRO

さくらしめじ

さくらしめじ:田中雅功(がく)と?田彪我(ひょうが)による、フォークデュオユニット。15年3月11日に1st 両A面シングル「いくじなし / きのうのゆめ」にてデビュー。フリーライヴで全国47都道府県を回る“菌活”の遂行など、精力的に活動中。17年夏より、1年をかけて月に1回、日本各地のライヴハウスでライヴを行なっていく『菌育 in the 家(はうす)』がスタート! そして8月23日には、TBSアニメ『トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察』ED主題歌でもある、5枚目のシングル「あやまリズム」をリリースする



【関連リンク】
【さくらしめじ】 さわやかで疾走感のある、ライヴで盛り上がれる新曲
さくらしめじまとめ
【コレサワ】 ひとりだったからこそ、 ひとりじゃなくなった気持ちが強い

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, okmusic UP\'s vol.156, インタビュー, EBiDAN

【コレサワ】ひとりだったからこそ、ひとりじゃなくなった気持ちが強い
Sun, 20 Aug 2017 10:00:00 +0900


軽快にスタートダッシュを切るメジャーデビューアルバム『コレカラー』は、共感を呼ぶバラエティー豊かな12曲を収録。シンガーソングライターとしての“これから”の決意も詰め込んだ今作は、これまでの活動を経て身に付けた逞しさも感じられる作品になった。

──初めてのフルアルバム『コレカラー』でメジャーデビューですね。メジャーデビューということに対して、これまでは漠然としたイメージだったと思うのですが、何か変わりました?

「今も変わらず漠然としてますよ(笑)。でも、やっぱり日本クラウンさんと初めて一緒に作るCDというところで、関わる人が増えたっていうのは一番実感できることだと思います。あとは、周りに“おめでとう”って言われてようやく実感して、わくわくしている感じです。」

──タイトルは“これから”と“コレサワのカラー”をかけて“コレカラー”なのですよね?

「そうなんです。これまでも駄洒落なので、“今回も駄洒落でいかなあかんやろ!”って(笑)。私にとってはここからが本当の闘いなんです。これまですごいと思える人がいたから、私もメジャーというものに憧れがあったので。今はインディーズとメジャーでそんなに変わらないところもあるけど、メジャーデビューっていう1個の夢が誰かにとっての憧れであってほしいし、メジャーに行っても変わらんなって思われたくない。だから、今回のジャケット写真では走り出したし、“これからだぞ”って自分に言い聞かせる意味でもこのタイトルが一番やなって思いました。」

──「君のバンド」「あたしを彼女にしたいなら」はこれからコレサワに出会う人にとっての挨拶的な2曲ですが、初期の楽曲「たばこ」はいろいろな人のカバーでも話題になっていますね。

「「たばこ」は自分でも昔の曲すぎて忘れていたので、カバーされているのにはびっくりです。これは録り直しました。同じように歌いたかったんですけど、前の時は10代だったし、当時とは中身も違うと思っているので、それはもう無理やなって。演奏面ではなるべくその時のテンションとかはそのままにしつつも、バンドでロマンチックにしたかったです。あとは、PVを新しく作れたのが良かったですね。自分の頭の中に思い描いているものをウチボリさんに作っていただけました。」

──PVは楽曲で歌っている心情を見事に表したものになっていますよね。

「“カメラは固定でお願いします!”とか、涙を流すタイミングとか泣き方もこだわって作りました。ウチボリさんのいいところって、ちゃんと現実を書いてくれるところで。実際はちょっと肉付きのいい女の子がほとんどだと思うんですけど、そこにウチボリさんのセンスが炸裂していて、足の太さとか…ナイス!(笑) 実は、たばこを吸っているシーンはPVと同じポジションにカメラを置いて、私が実際に録って送ったんですよ。どうやったら人がむせるのか?っていう(笑)。それを参考にしてもらいました。」

──だから、リアルに感じられるのですね。コレサワさんは「たばこ」みたいな失恋ソングも歌っていますけど新曲の「失恋ソングを歌ったあとに」はどういったきっかけからできたのですか?

「まさに、“「たばこ」を歌っていたら私は不幸になる”“ずっとこんな恋愛しかできないんだ”…って思ったんですよ(笑)。1曲目の「SSW」(シンガーソングライター)も失恋の曲やし、失恋の歌ばかり歌っていたら幸せが逃げると思ったんですよ。それをプラマイゼロにするために作りました。」

──失恋ソングを歌ったあとにラブソングを歌ってほしいという曲ですけど、《ごめんねはその日のうちに》《別れ話で試したりしない約束にしようよ》って…結局、これがラブソングじゃないですか(笑)。

「あはは(笑)。これはカラオケでカップルで、彼女が「たばこ」や「SSW」を歌ったあとに彼氏がスピッツの「チェリー」とかラブソングを歌ってほしいです!」

──「死ぬこと以外かすり傷」はいつもみたいに繰り返し歌うフレーズのセレクトが絶妙ですけど、“うち”っていう一人称を使っているのが珍しいなと。

「…ほんまや! 昔高校の時に組んでたバンドがふたつあるんですけど、そのメンバーと仲が良くて。その子たちが聴いて分かってくれればいいやと思いながら書いたから、“うち”になってたのかな? これは高校生の時の自分のまんまですね。10代って勢いだけで生きているので、その勢いだけで書いてみた感じです。」

──民族楽器の音が入った「君とインドカレー」は新鮮ですね。

「はい。“これはシタールやろ!”って思ったんですけど、手配が難しかったのでキーボードのシタールの音にして、パーカッションも入れてもらいました。言葉遊びみたいなところもあって、語尾が“カレー”と“(お待ち)かね”とか韻を踏んでいるのでそこも楽しんでいただけたら。」

──インド人のお兄さんが唐突に出てきますけど…

「これはエンジニアさんなんですけど、その日のレコーディングにいた、マネージャーを含むおじさん3人でオーディションをしました。いきなりでびっくりしますよね(笑)。私は《真っ白いそのシャツにシミを付けたい》っていうサビがお気に入りなので、このサビができた時にこの曲はもう大丈夫って思いました。」

──「阪急電車と2DK」はGOOD BYE APRILが演奏と編曲を手掛けていますが、どういったいきさつで?

「ずっとGOOD BYE APRILのファンなんですけど、ベースのえんちゃん(延本文音)と仲が良くて、ヒグチアイちゃんとかとたまに集まって洋服屋さんに行ったり、近状報告をしているんです。この曲ができた時に、私の中ではGOOD BYE APRILの音で再生されたし、コーラスも入れたかったのでお願いしたいなと思って。」

──地元のことを書いた曲ですけど、10代の頃に上京したことが大きいですか?

「大阪の歌をずっと書きたかったっていうのもあるんですけど、あんなに落ち着く、良い色をしている電車はないっていうぐらい阪急電車で好きで。離れてみて分かりました。」

──「お姉ちゃんにだけ部屋があったことまだ恨んでるのかな」は弟に向けた曲で、ラップ調のフレーズから始まるのも勢いがあって面白いですよね。

「ラップの部分を含めて歌うのが大変なので、ライヴではあんまりはしゃがないようにして歌います(笑)。」

──弟にしてきたいじわるエピソードに思わず笑ってしまう明るい曲ですけど、“自慢のお姉ちゃんになる”っていうひたむきな想いが健気ですよね。

「家族っていうのは切っても切れない縁があるから、つながっているなって感じています。ジンとくるけど、“悲しいことも明るく歌えばいいんやな〜”って思いました。ポジティブっていうか、自分が生きやすいように変換して生きるのが得意で、都合のいいように生きてるんです(笑)。」

──でも、思わず好きな子にいじわるしちゃうみたいな愛情があると思いますよ。

「私は好きですもん! でも、認めてもらえないくらいが頑張れるので、逆にありがとうっていう気持ちですかね。弟がこっそり聴いてくれているっていうのは私の願望…いや、聴いてくれてると思うんですけど…(笑)。いつも机の上に置いてきていて、それをどうしているかは分からないけど。」

──この曲自体はライヴで結構やっていますけど、本人にはまだ聴いてもらえていないんですね。

「まだなんで、“この曲聴いてね!”って言って今回も置きますよ。でも、ノーコメントだと思いますね〜、あいつは(笑)。でも、根はやさしい子で、こんな不甲斐ない姉の代わりに母を安心させているのが嬉しいですね。」

──リード曲の「SSW」は“全ての元彼に捧げます”っていうところがある意味パンクだなと思いました。

「確かに、気持ち的にはパンクですね。THE BLUE HEARTSの歌詞は中学生が聴いても分かるし、大人が聴いたら違う意味でも分かるっていうすごさがあるので、私もそういう歌詞を書きたいなっていうのを学生時代に思っていました。この曲は私だけじゃなくて、全世界のみんなの元彼に伝わればいいな。私の場合は音楽をやっている以上、全部ネタにしないとあかん。ネタにできるからこそ、辛いことがあっても“お金にかえてやるぞ”って思える(笑)。ひとりでやっているからこそ、サポートメンバー、スタッフ、ウチボリさんとかがいてくれる。そんな私は幸せだっていう曲です。」

──「女子諸君」のレコーディングは編曲の隅倉弘至さんをはじめ、あえて全員男性メンバーで行なったとのことですが。

「隅倉さんは「君のバンド」の時からレコーディングに参加してくれている、音楽でのお父さんみたいな感じで、ずっと陰で支えてくれています。《男よりも夢をなくすほうが怖いし》って書いてるから、あえて男性の中で歌ったらエモいかなと思って、レコーディングメンバーは男性でお願いしました。みんな年上やし、新鮮でしたね。自分が一番年下なので、みんな可愛がってくれたというか、温かかったです。」

──おばあちゃんが買ってくれたブラジャーは、実際にライヴで衣装に縫い付けて披露していましたよね。

「分かんない人もいるかもしれないけど、歌詞に入れちゃいました(笑)。「SSW」と同じなんですけど、ひとりだったからこそ、ひとりじゃなくなったという気持ちが強くて。曲を聴いてくれる人が昔より増えたことにも感謝しています。サビの《頑張れ》というフレーズは自分でもあまり言わないし、言われたくなかったんですけど…曲作りがうまくいかなかったり、ライヴがうまくいかなかったり、頑張りたいけど何を頑張ればいいのか分からない時に、友達に“頑張れってどういうことなんやろう?”って相談したら、“自分を信じることだよ”って言われて。“頑張れ”って努力するとかそういうことじゃなくて、自分のやりたいことを信じ抜くだけでいいんやと思ったら、“頑張れ”という言葉が好きになりました。」

──《自分のためにだけでもいいんだよ》とか、押し付ける“頑張れ”じゃないから、聴く人にはその気持ちが伝わると思います。

「伝わるといいですね。女の子だけじゃなくておじさんからも評判が良くて、いい曲なんだなぁって自分で思ってます。おじさんは“女の子って健気でかわいいな”って、ランチとか奢ってあげてほしいですね(笑)。」

──「24歳」は以前にお母さんに書いた曲ですよね。

「はい。もうすぐ24歳になる時に書きました。お母さんは24歳の時に私を産んだんですけど、自分が24歳を目の前にしてみたらまだやりたいことがいっぱいあって。そんな若い時に子供を産むことを決意した母はすごいなと思ったし、ちゃんと親離れしたよとか、タフに育ててくれてありがとうとか、心配せずにいてくださいっていう気持ちもあります。」

──曲中に《もう手紙はいりません》とありますが、実際に手紙はもらっていたのですか?

「東京に遊びに来て、帰る時に手紙を渡されたりしていましたね。上京したばかりの頃は大阪に帰った時にも手紙をもらったり。でも、今は全然ないんですよね(笑)。」

──大切な人のことを《ご飯粒を残さない人です》っていうのがコレサワさんらしいなと(笑)。

「お母さんに“お米ひと粒に7人の神様がおるねんで!”ってずっと言われていたから、今でもご飯粒は残さないようにしていますし、ご飯粒を残さない人がいいですね。絶対条件です!」

──(笑)。フジファブリックの金澤ダイスケさんが手掛けている「これから」は、どういったイメージでしたか?

「金澤さんのキーボードって、なんでこんなにうきうきするんだろう?って思っていたので、いつか一緒にやりたいと思っていたんです。「これから」ができた時に金澤さんのキーボードのイメージがあったので、これは頼むしかないと思ってお願いしたら引き受けてくれました。私のイメージや曲に対する決意も伝えたので、それを踏まえてメンバーを集めてくれました。」

──言葉のことを自分の使える“魔法”と歌っていますね。

「地域が違うところでも言葉で通じ合えるので、“どうやって言葉って生まれたんやろう? 魔法みたいやな”ってずっと思ってたんです。これからも言葉で勝負していくぞ!っていう決意の歌なので、これが最後にあって頭に「SSW」があれば間には何があっても大丈夫だろうと思いました。曲順はライヴのセトリみたいに考えていて、前半は中高生でも分かりやすくて、進むにつれてだんだん深くなっていくので大人の人にも好きになってもらえるアルバムになったんじゃないかと思います。」

──リリース後の10月からはワンマンツアーが始まりますね。

「ぼっち編とバンド編成の仲間編があるんですけど、ぼっち編ではお客さんと話しながら自由にやりたいですね。仲間編は音で勝負ができるライヴくらい、がっつり曲をやって帰ります。最後は渋谷WWW2デイズなんですけど、2日間まったく同じことっていうのはしないので、期待して来てほしいです!」

取材:高良美咲

アルバム『コレカラー』

2017年8月9日発売
日本クラウン



【初回限定盤(DVD付)】
CRCP-40521 ¥3,333(税抜)
※コレカラーキラキラケース仕様



【通常盤】
CRCP-40522 ¥2,778(税抜)

ライヴ情報

『コレサワ ワンマンツアー 2017 君の街にいくカラー 〜ぼっち編〜』
10/28(土) 北海道・札幌musica hall caf?
11/03(金) 新潟・ブルーカフェ
11/04(土) 宮城・仙台コーヒー
11/11(土) 静岡・浜松窓枠Cafe AOZORA
11/12(日) 京都・someno kyoto
11/17(金) 広島・Live Juke

『コレサワ ワンマンツアー 2017 君の街にいくカラー 〜仲間編〜』
12/06(水) 福岡・Queblick
12/08(金) 愛知・名古屋ell.SIZE
12/09(土) 大阪・アメリカ村 FANJ twice
12/14(木) 東京・渋谷WWW
12/15(金) 東京・渋谷WWW

コレサワ

コレサワ:大阪府摂津市出身のシンガーソングライター。2015年4月に初の全国流通盤EP『君のバンド』、12月に2nd EP『女子、ジョーキョー。』、16年9月に3rd EP『ジエイポップ』をリリース。17年2月に渋谷WWW Xで行なったワンマンライヴ『コレサワワンマンショー コレシアター03』にてメジャーデビューすることを発表。同年8月に1stフルアルバム『コレカラー』で日本クラウンよりメジャーデビューを果たす。



【関連リンク】
【コレサワ】 ひとりだったからこそ、 ひとりじゃなくなった気持ちが強い
コレサワまとめ
【ラックライフ】 新たな決意? いや、半ギレですよ(笑)

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP, okmusic UP\'s vol.156, インタビュー, シンガーソング・ライター

【ラックライフ】新たな決意? いや、半ギレですよ(笑)
Sun, 20 Aug 2017 10:00:00 +0900


4thシングル「リフレイン」はメジャーデビュー以降の追い風の中で感じたリアルな想いが詰まったロックナンバー。そんな表題曲とカップリングの2曲に込めた想いをPON(Vo&Gu)が語る。

──「リフレイン」はテレビアニメ『最遊記RELOAD BLAST』のエンディング主題歌として書き下ろしたものなのですか?

「実はお話をいただいてから書いたのは、2曲目の「存在証明」なんです。「リフレイン」はその時にカップリングとして入れたいと思って前から作っていた曲だったんですけど、スタッフから「リフレイン」も合うんじゃないかという意見が出て、「リフレイン」に決まったんです。それで、慌てて2曲とも歌詞を書き直して。えらいことでした(笑)。」

──「リフレイン」は全然違う歌詞だった?

「もっと弱い部分を表現していたんです。“自分はもうダメだ”ということを歌っていたんですけど、もっと強い自分を見せたいと思いました。アニメの主人公がとても強いんですよ。周りに何を言われようと、自分の思っていることは曲げない。自分もそう思えるようになりたい。何を言われても自分が伝えたいことややりたいことは曲げずに、ちゃんとラックライフとして表現していくぞって気持ちを込めました。こういうテイストで曲を書いたことってあったかな?ってところまで持っていけたというか、書きながらイライラするぐらいの感じで書けたので、そういう感情の出し方もあるんだって自分の新しい一面を見つけられたような気がして面白かったです。」

──メジャーデビューして1年ちょっと、バンドがいい感じになってきた状況でも、そういう気持ちになるのですね。

「そういう時だからこそかもしれないですね。バンドが以前よりも多くの人に知られるようになったせいか、いろいろな意見をもらうことが増えてきた中で、プラスの意見ももらえるんですけど、やっぱり100褒められても1けなされたら、そっちが気になってしまうタイプなので、いちいち気にしながらやっているとキーッてなりますよね(笑)」」

──たたみかけるようなロックナンバーってところも珍しいですね。

「「あまりやってこなかった曲調かもしれないです。アルバムの次のシングルなので、今までと違うカラーを見せたいっていうのもあったんですよね。」

──この“リフレイン”ってタイトルはどこから?

「この先ずっと繰り返していく悩みというか、闘わなきゃいけないものって何だろうなと思って。音楽をやっている以上、評価されて当たり前だし、評価されないとダメだし。でも、僕が曲を作ってからリスナーに聴いてもらうまでにメンバー、事務所やレーベルのスタッフに聴いてもらってという評価の連続なわけじゃないですか。それって予想以上に心が削られるんですよ。みんなで一緒に音楽を作っていく作業は素晴らしいと思うんですけど、自分が“これだ!”って思ったものを、“それ違うんじゃない?”と言われるのって、すごくしんどいことなんです。それをこの先、一生やっていくのかって(笑)。」

──そのリフレインを周りから何を言われても自分を曲げずに貫いていこうという決意の歌でもあるわけですよね?

「半ギレですよ(笑)。“うるさいな、ちゃんとやるから静かにしとれ”っていう。実際、《はいはいちょっと鎮まって》って歌ってますからね。何で言うんですかね、SNSで。“あの曲は違うわ”とか“あのライヴ、いまいちだった”とか、何でマイナスを言うんだろう? 俺らがSNSを見ているって思わないのかな(笑)。」

──“半ギレ”って言葉が出ましたけど、「存在証明」もこんなふうに力強い口調で誰かを叱咤するって珍しいですよね?

「それも半ギレっちゃ半ギレですけどね(笑)。その時、自分の身の周りで起きていたことを歌にしたんです。友達がすごく落ち込んでいて、もう死にたいってところまで追いつめられていたんですよ。最初はそいつに向けて、“頑張れ!”ってやさしい気持ちで書いていたんですけど、書いているうちにだんだん、なんで“もうダメだ”ってひと言で終わらせようとしてんの!? って、そいつに対してイライラしてきて。ひと言でパーン!と、そいつがいなくなってしまうって何? 俺らは何やってん? そうじゃないやん? 死んだら終わりやろ…って腹を立てながら書き上げたんです。」

──生々しい感情を歌った「リフレイン」「存在証明」と来て、最後に「sweet my life」で締め括るところがいいですね。

「落ち込んでばかりいても仕方ないですから(笑)、そこはポジティブに。その曲は何となくウルフルズっぽいものを作りたいなって。元気な感じで、サビはみんなで歌えてっていうすごくぼや〜っとしたところから作ったんですけど、結果、ウルフルズみたいにはならずに(笑)。でも、それで良かった。」

──11月から始まるツアーの“Change The World TOUR”というタイトルは、今回の3曲が“世界を変えよう”という言葉がキーワードになっているからですよね?

「作っている時は全然気付かなかったんですけど、ツアータイトルを考えてって言われて、歌詞を読み直してたら、3曲ともめっちゃ“世界”って言ってるって(笑)。僕ら、ライヴで“音楽であなたの世界を変えにきました”って言っているから、それにも掛けてみました。小さな世界を変えていきたいんですよ。音楽によって自分らの世界を変えられたように、僕らも僕らの音楽を聴いてくれる人たちやライヴハウスにいる人たちひとりひとりの世界を変えていきたい。そうすれば、今度はその人たちが違うところで世界を変えていく。「sweet my life」でもそういうことを歌っているんです。みんながみんな世界を持っていて、その世界は誰かの世界とつながっていて、そのひとつの世界を変えることで、隣の人の世界も変わっていって、だんだんその輪っかが大きくなれば、本当に世界は変わるんじゃないかと。そんなふうに思いながら、これまでずっとライヴをやってきたんですけど、改めてそれを銘打ってツアーを回ることで、そこは以前と何も変わっていないということを伝えたいんです。」

取材:山口智男

シングル「リフレイン」

2017年8月23日発売
Lantis



LACM-14650
¥1,300(税抜)
※描き下ろしアニメ版権イラスト長帯仕様


『ラックライフ 2017-2018 〜Change The World TOUR〜』

11/24(金) 福岡・Queblick ※ワンマン
12/01(金) 北海道・札幌COLONY ※ワンマン
12/08(金) 広島・CAVE-BE ※2マン
12/15(金) 宮城・仙台enn2nd ※2マン
12/22(金) 愛知・名古屋SPADE BOX ※2マン
[ 2018年 ]
1/08(月) 東京・LIQUIDROOM ※ワンマン
1/18(木) 大阪・心斎橋BIGCAT ※ワンマン

ラックライフ

ラックライフ:2005年、同じ高校のクラスメイトで結成された大阪・北摂出身の4ピースギターロックバンド。前身バンドを経て08年3月にバンド名を現在の“ラックライフ”に改名。大阪、東京を中心に活動を続け、16年3月にはラックライフ8周年記念イベントを大阪なんばHatchにて開催し、800人を動員した。同年5月、シングル「名前を呼ぶよ」でメジャー進出を果たした。



【関連リンク】
【ラックライフ】 新たな決意? いや、半ギレですよ(笑)
ラックライフまとめ
【LACCO TOWER】 何色に見られようが我々は我々

【関連アーティスト】
ラックライフ
【ジャンル】
J-ROCK, okmusic UP\'s vol.156, インタビュー

【LACCO TOWER】何色に見られようが我々は我々
Sun, 20 Aug 2017 10:00:00 +0900


前作から約5カ月、3rdアルバム『遥』が到着! 1曲目の広がりのあるバラード「遥」を筆頭に、シングルカットできそうなポップさとストレートな歌詞が光る、彼らにとって変革の一枚だ。

──すごく3rdアルバムらしいっていうか、入口の広さとポップセンスが、過去最高に感じられるアルバムですね。

松川
「前作(ミニアルバム『薔薇色ノ怪人』)が振り切っていたので、そこからのギャップもあると思うんですけど、エッジを効かせる要因になったのは「遥」を1曲目に置いて、アルバムタイトルにしたということだと思います。」

──「遥」は結構前からあったのですか?

塩?
「できたのは早かったです。去年のツアー中かな。」

松川
「この曲は亀田誠治さんにプロデュースしていただいたんですけど、まだ出してない曲をいくつか聴いていただいた時に“これがいい”って選んでいただいて、リアレンジしたり、歌詞も見直して、最終的にこのかたちになりました。」

──「遥」はアニメ『ドラゴンボール超』のエンディング主題歌でもありますけど、亀田さんのプロデュースの話と、このタイアップの話、どちらが先だったのですか?

松川
「ほぼ同時にいただいたような感じでした。」

──そもそも楽曲の原石は両者に出会う前からあったと。ふたつの素晴らしい出会いを導く可能性は、原石の段階から感じてらっしゃったんでしょうか?

松川
「作曲してる真一ジェットからすると、「遥」を埋もれさせたくなかったらしいんですね。ものすごく気に入っていたみたいで。」

──亀田さんは「遥」に対してどんなことを言ってくれましたか?

塩?
「この曲自体がめちゃめちゃいいから自信を持っていこうって言ってくれて。素材自体を評価しながら、入れるもの入れて、引くもの引くっていう…プロデュースの仕事って、こういうものなんだって思いました。完成した時も、“泣ける名曲誕生”って言葉を呟いてくれたんですよ。それがすごく嬉しかったです。」

──亀田さんのような人や、「遥」のような曲…LACCO TOWERに自信を与えてくれる存在が、このタイミングで必要だったのかもしれませんね。 

松川
「我々もいろんなタイミングがありつつ、いろんな人と出会いつつなんですけど、もう外表的なところで自分たちをかたどっていく必要はないんじゃないかなって、僕は思うようになっていて。もう我々っぽさは何をやっても抜け切れないし、それは安定剤になるし。だから、外表的なところはもういいんじゃないかっていうひとつの結論でもあるんですよ。速い曲が1曲目である必要もないっていう。ジャケットや衣装を真っ白にしたのも、何色に見られようが我々は我々だっていう決意の表れというか、それも含めて入口をドーンって構えておきたいなって。やるなら思い切りやりたかったんです。裏を返せば、自信あるんだっていうことになるんで、僕の性格からすると怖かったりするんですけど、より多くの人に聴いてもらいたいからこそ、3枚目にあたって覚悟を決めた感じです。」

──歌詞もストレートな表現が目立ちますね。「葵」の《ねぇ 幸せって何?》っていう素朴な疑問とか、「擬態」の《正直は怖い真っ直ぐも怖い だから何かに 混ざる》っていうズバッと言い当てる感じとか。

松川
「前はアーティスティックにコーティングしていく癖があったんですけど、今回はそのへんもどうでもいいかなって(笑)。出しちゃおうぜ!っていう。音の雰囲気で昇華されてこうなったところもあります。」

──「擬態」はアレンジの混ざり具合も、歌詞とシンクロしてますよね。もっと言うと、ロック的な自由さというよりは、ジャズ的な自由さを感じました。

塩?
「この曲はジャジーなところも含めて遊べたんです。アルバムの中でも速い曲なんで、ノリは崩したくなかったんですけど、ド直球のロックにもしたくなかったんで。」

──これまでのLACCO TOWERの楽曲における遊び方って、ロックで過剰なように見えていたんですけど、ここで違う遊びを覚えたというか(笑)。

松川
「ほんと、その通りだと思います。真一が作り方を意識的に変えていってるところもあると思いますし。音的にシンプルにしたり、聴かせるべきところを聴かせるっていうところは、意識しながら作っていったんじゃないかなぁと。」

──入口の「遥」からさまざまな物語を経て、ラストのエモーショナルな「夕立」に辿り着くという流れも、とても美しいと思いました。

松川
「「夕立」の歌詞は《生きてる意味が あるとするなら それはきっとあなたでした》っていう一節が書けた段階で、もういいや!って思ったんですけど(笑)。恋愛の曲にも見えるんですけど、今後僕らが生きていく意味、バンドが生きていく意味というか…僕らって結局みんなに生かされているような気がしていて。そうじゃないと、こんな長いスパンをかけて成長できなかったと思うんですね。だから、みんなを引っ張るというより、みんなと一緒に歩んでいる感覚が強いんです。僕らが生きてる意味があるなら、聴いてくれるみんながいるからかなぁ…って、きれいなことを思ったり、思わなかったり(笑)。」

──(笑)。“遥”というアルバムタイトルは大事な曲名に由来するのはもちろん、アルバムの奥深さや、バンドの未来も示唆しているんじゃないかなって、改めて思いました。

松川
「そうですね。遥か彼方、未来永劫、何かが続いていくようなって意味も込めて、ジャケットもああいうイメージにしましたし。何だかよく分からないけど、きっと今いるところから素晴らしいものが、遥か彼方、未来に集まっていくんだよ、そのはずだよね…ってところもあって。いろんな意味合いも含めたタイトルになっています。」

取材:高橋美穂

アルバム『遥』

2017年8月23日発売
TRIAD/日本コロムビア



COCP-40093
¥3,000(税抜)


『LACCO TOWERワンマンツアー「遥なる軌跡」』

9/17(日) 宮城・仙台MACANA
9/24(日) 新潟・CLUB RIVERST
10/01(日) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
10/08(日) 福岡・Queblick
10/15(日) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
10/21(土) 群馬・高崎clubFLEEZ
10/28(土) 東京・Zepp DiverCity Tokyo

LACCO TOWER

ラッコタワー:日本語の美しさを叙情的リリックで表現し、どこか懐かしく切なくさせるメロディー、またその世界とは裏腹な激情的ライヴパフォーマンスで、自ら“狂想演奏家”と名乗り活動。2014&15年とバンド主催によるロックフェス『I ROCKS』を地元・群馬音楽センターにて成功させる。復活したレーベル『TRIAD』の、新人第一弾アーティストとして、6月にアルバム『非幸福論』でメジャーデビューを果たした。



【関連リンク】
【LACCO TOWER】 何色に見られようが我々は我々
LACCO TOWERまとめ
【Mrs. GREEN APPLE】 “何だよ、この歌詞”って思われてもいいから グサッと刺したい

【関連アーティスト】
LACCO TOWER
【ジャンル】
J-ROCK, okmusic UP\'s vol.156, インタビュー

【Mrs. GREEN APPLE】“何だよ、この歌詞”って思われてもいいからグサッと刺したい
Sun, 20 Aug 2017 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

快進撃を続けるMrs. GREEN APPLEから届いたニューシングルは、ダブルタイアップの超強力盤。海外仕様のEDMポップ「WanteD! WanteD!」と疾走感あふれるロックチューン「On My MiND」で、ミセスはまた新しい世界への扉を開けた。

■“ミセス=どポップ”というイメージを ここで拭えるんじゃね?みたいな

──新曲「WanteD! WanteD!」は7月の大阪城野外音楽堂、東京の日比谷野外大音楽堂で初披露しましたが、ライヴでの手応えはどうでしたか?

大森
「EDMフェスみたいな、あまり日本じゃないような光景が観れました。アンコールの時に、みんなが(スマホの)ライトを照らしてくれてて、CO2(炭酸ガス噴射の特効)があった中で歌ってるんで、海外かな?みたいな。曲もそれをイメージして作ったし、重低音を意識したのも海外の作り方ではあるので。今まで観たことのない光景で、お客さんも恥ずかしがりながらも自由に乗ってくれてたり、それが新鮮でしたね。」

藤澤
「去年から初めてツアーを回り出して、移動中にみんなで今はまってる音楽とか気になってるものを共有し合う中で、元貴が海外のアーティストのライヴ映像を観せてくれた時に、向こうってお客さんもすごく自由な感じがして。それってあまり日本にない文化というか、それが広まったら素敵なことだよねって。自分たちとしても掲げていきたいことだったし。この「WanteD! WanteD!」がまさしくその一歩で、新しいものを切り開くものになったなって、野音をやって改めて思いましたね。」

──楽曲の構造としては、すごくシンプルですよね。Aメロ、サビ、展開、またサビ、みたいな。まさにダンスミュージックの作り方で。

大森
「めっちゃシンプルです。作ってて楽しかったですね。シングルのA面でこういう曲をリリースすることは、今までなかったから。「うブ」とか、ライヴでやってる「WHOO WHOO WHOO」とか、そっちの部類に入る曲で、でもよりハイブリッドに落とし込めてるかなって思います。」

──そもそも、この曲はドラマ『僕たちがやりました』のオープニング曲という依頼を受けて作り始めたの?

大森
「そうです。原作を読ませていただいて書き下ろした感じです。オープニングが何秒という話も聞いて、うまく耳に残るサビがいいなと思って、サビから作り始めて。で、アレンジとか音の感じは、最近聴いてる洋楽とか、日本人が聴いてフックになるものがいいなと思って作っていきました。」

──ドラマサイドからの曲調のリクエストとかは?

大森
「疾走感があって、ちょっと奇妙というか、何かから逃げてる感じで、どポップではないほうがいい…みたいな。“よし、来た!”と思いましたね。自分らはポップスをずっとやってるので、“ミセス=どポップ”というイメージを、ここで拭えるんじゃね?みたいな。タイアップがあってもなくても、こういう曲を書いていたと思うので、うまいタイミングだったと思います。」

──では、綾華さんは、この曲のプレイヤーとしてのこだわりは?

山中
「Aメロでは生ドラムは叩いてないです。全体的にすごく打ち込み感があるんですけど、打ち込みがメインのところでの私の役目は、あくまでも歌詞でハッとさせるための人間味だと思っていて。Aメロの歌詞は自分を客観的に見ているんですけど、サビで《僕らは逃げている》って自分に警告を鳴らしてる時に、打ち込みだけだと、まだ客観的に見ている感じがしちゃうんですよ。個人的にですけど。そこに少しでも人間的な要素が入ると、グサッとくるところがあるのかな?と。今までの打ち込みと生ドラムの共存とは違って、生ドラムはあくまでエッセンスとして加えるという関わり方をしています。」

──?野くんは?

?野
「僕も今回はほとんどがシンセベースの打ち込みで、エレキベースを弾いたのは途中で曲調が変わるところの8小節だけ。そこに全集中力を注ぎました。歌詞も全体的に攻撃的だったり、棘々した部分がある中で、途中からいきなりメジャー感のある明るい曲調に変わるんですけど、歌詞は皮肉めいたもので、ただハッピーなだけじゃない。それを表現するために、楽しいけど皮肉のようなイメージで弾きました。」

──プレイヤーが…特にリズム隊がそんなに歌詞を意識してプレーしてるのは、結構珍しいと思いますよ。

?野
「歌詞の読み込みも毎回やっているので。この歌詞はどういう意味か?とか、この歌詞でどういうふうに感じた?とか。毎回やってます。」

──いいメンバーですねぇ、元貴くん。

大森
「僕が勝手にはやらせないんです…というのは冗談で(笑)。本当に僕のいないところで歌詞の読み合わせをしてくれてるので、それは大きいですね。個々のプレイヤーで完結していないというか、ちゃんと共有している。音楽的じゃない部分になっちゃうんですけど、そういうところを大事に活動してきた部分があるので心強いですね。」

──涼ちゃんは、この曲に関しては?

藤澤
「僕自身、ミセスの活動をする前から、ダンスナンバーを聴くタイプだったので、こういうサウンドをバンドでやっちゃうんだ!って、びっくりもしましたし、すごいワクワクもあって。世界的なトレンドであるトロピカルサウンドを、イントロからがっつり使っていたりとか、サビもすごい音圧に聴こえますけど、実は音数が少なくてシンプルな構成になっていたりとか。」

大森
「音数はダントツで少ないです、今までに比べて。」

藤澤
「聴いた瞬間に思わず体が乗っちゃうようなサウンド感がすごくいいなと。僕はミセスに入ってからキーボードをやり始めて、一緒に勉強してきたんですけど、今回は元貴がまた新しいシンセの音を取り入れてきたので、すごく驚いたし、ワクワクも広がったなって思いました。」

──では、若井くん。

若井
「基本がEDM調のサウンドなので、ギターとしては歌詞のヒリヒリ感をシンプルに出そうと思いました。デジタルなサウンドの上でロックンロールの歪みではなくて、ハイブリッドな歪みを意識したし、ちょっとした人間味をプラスできたかなと思います。」

──中間部でガラッと曲調が変わる、ポップに弾ける展開は最初からあったのですか?

大森
「ありました。皮肉なほどのポップさをアイロニー的な要素として入れたかったので。いつもの僕らだとあそこの部分を膨らませて歌っていると思うんだけど、今回は逆に皮肉としてああいう場面を入れるのが、今までになかったのかなと。久々にひねくれた曲だなと思います(笑)。」

■良いとか悪いとかの次元じゃなくて 誰も辿り着いたことのない感じ

──歌詞については、どんな想いを込めたかったの?

大森
「高校生が主人公のドラマだと聞いたので、そこにフォーカスして書こうと思って。そのやり方って「Speaking」(2015年12月発売の1stシングル)以来なんですよね。それが上手く対比になればいいなと。全てを肯定するMrs. GREEN APPLEに、ここ1〜2年でなれたと思ってるんですけど、違うよって(笑)。そこだけじゃないよって。インディーズの時からもともとある感じをもう1回出そうと思って、歌詞はすごく意識しましたね。肯定する言葉は、たぶん歌詞には1回も出てきてないと思うので。」

──確かに。

大森
「悶々としながら自分でも答えが分からない感じ、焦ってる感じ、甘えちゃってる感じを、表現できればいいのかなと思いました。」

──10代の煩悶を、ひねくれつつズバッと書いた歌詞だと思います。

大森
「その感じを上手く落とし込めればいいなと思って書きましたね。すごいアンチテーゼだと思うし、冒頭4行もむちゃくちゃ馬鹿にして言ってる。傷付くのが嫌だから、やる気ない感じにしてるのがカッケーみたいな、いつの時代にもあると思うんですけど、最近はちょっと度がすぎてると思うので。それをバシッ!と引っ叩くような曲にしたかったんですよ。ほんと、それだけです。“君は君の考え方でいいんだよ”というのもひとつの考え方としてあるけど、それだけじゃよくないと思っていて。インディーズの時から思っていたのは、自分たちの曲でハッとしてほしい、考えるきっかけになってほしいということで。“何だよ、この歌詞”って思われてもいいからグサッと刺したい。曲の善し悪しじゃなくて、おっ!と思わせたら勝ちだなと。」

──あぁ〜、なるほど。

大森
「それでいいやと思ったんですよ。しかもドラマのタイアップだから、いろんな人の耳に届くということで、ハッピーな曲をわざと書かない。この歌詞を聴いて、何を言ってるか分からないという人はいないと思うし、“カッコ良いよね”と言うか、聴けないか、どっちかだと思う。すごく振り切っていて、誰に好かれようとか思って書いてないし…それはデビューしてからはあまりなかった書き方だから、めっちゃ楽しんでました。」

──カップリングも大事な曲なので紹介を。「On My MiND」は、アニメ『ナナマル サンバツ』のオープニングテーマになってますね。

大森
「クイズがテーマのアニメなので、歌詞に“感想文”“問題文”という言葉を入れたり、学生の感じを「WanteD! WanteD!」とはまた違う切り取り方をしてます。たぶん「On My MiND」のほうが、今までのMrs. GREEN APPLEを知ってる人は違和感なく聴ける楽曲だと思いますね。「StaRt」(2015年7月発売のデビューミニアルバム『Variety』収録曲)に似たアレンジにしようと思って、BPMもほぼ一緒で、アイリッシュの楽器をふんだんに使って。あえて似せにいったという、面白い作り方をしましたね。」

──これ、ギターとドラムを遅く録って早回しするという、トリッキーな録り方をしてるとか。

若井
「ギターはリフもそうですし、ソロもそうです。面白かったですね。」

山中
「ドラムのBメロのチキチキっていうトラップっぽいフレーズは、ハイハットで遅く録ったものを早回ししてます。」

大森
「ラップやR&Bで使われるトラップというビートを、こんなに爆速で駆け抜ける曲に入れたら面白いんじゃないの?と思ってやったら、訳の分からないものができた(笑)。善し悪しが分からないジャンルが誕生したので、いいんじゃない?って。今回のレコーディングって、そういう善し悪しが分からないサウンドがたくさんあった。良いとか悪いとかの次元じゃなくて、誰も辿り着いたことのない感じというか。“何だ、これは?”みたいなことがたくさんあってすごく楽しかった。」

藤澤
「今までやってきたロックで軽快なスピード感もありつつ、ギミックの部分もあるし。そういう面白さは自分たちが大事にしてきた部分でもあるから、そこはブレてないかなって、完成して改めて思いましたね。」

──バンドの発想ではないことを軽々とやってしまう、そこがミセスのアイデンティティーだと思います。

大森
「最近は音響さんに伝えるのも楽になってきて、“バンドじゃないと思って音を作ってください”みたいな。ロックバンドだと思って音を作ったり、ロックバンドだと思って活動すると、絶対に辻褄が合わなくなってくると思うんですよ。一応5人で楽器を持ってやってるということだけを基礎知識として持っていただければ、何でもいいんです。それは“どうでもいい”という意味ではなくて、“何をやってもいい”。だから、すごく自由にやってますね。楽器を持ってますけど、いろんなことをやりたいし、それで聴く人の幅が広がればいいなって思います。」

取材:宮本英夫

シングル「WanteD! WanteD!」

2017年8月30日発売
EMI Records



【初回盤(DVD付)】
UPCH-89356 ?1,700(税抜)



【通常盤】
UPCH-80477 ?1,200(税抜)

Mrs. GREEN APPLE

ミセス・グリーンアップル:2013年4月結成の5人組バンド。作詞、作曲、編曲の全てをヴォーカル&ギターの大森元貴が手掛けており、2015年7月8日にミニアルバム『Variety』でメジャーデビュー。今17年1月に発表したセルフタイトルの2ndフルアルバム『Mrs. GREEN APPLE』はオリコン初登場9位、デジタルチャートでは7位を記録。4月には自身初の映像作品『In the Morning Tour - LIVE at TOKYO DOME CITY HALL 20161208』を、5月には4thシングル「どこかで日は昇る」をリリースした。



【関連リンク】
【Mrs. GREEN APPLE】 “何だよ、この歌詞”って思われてもいいから グサッと刺したい
Mrs. GREEN APPLEまとめ
【04 Limited Sazabys】 もともと持っていた武器を研いで使ってる感覚

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
J-ROCK, okmusic UP\'s vol.156, インタビュー

【04 Limited Sazabys】もともと持っていた武器を研いで使ってる感覚
Sun, 20 Aug 2017 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年2月に日本武道館公演を大成功に収めた04 Limited Sazabys。メジャー3rdシングル「Squall」は従来のシングル4曲入りフォーマットを覆し、3曲入りとなっている。より表題曲に焦点を当てたかったという音源について、GEN(Vo&Ba)、KOUHEI(Dr&Cho)のふたりに直撃!

■「Squall」は雨が降ってる中で 全力疾走してるイメージ

──今年2月の初の日本武道館公演は本当に素晴らしかったです! 今振り返って、どんな印象がありますか?

GEN
「確実に特別な場所ではあったけど、そこで特別感が出すぎずにやれたのが良かったですね。背伸びせず、飾らない僕らの魅力を出せたんじゃないかと。」

KOUHEI
「日本武道館に立つことができて自信にはなったけど、未だにハングリー精神はあるし、まだできるって思っています。」

──結成時から日本武道館までは想定内でした?

KOUHEI
「日本武道館みたいな場所を目標にしていたら燃え尽きていたかもしれない。昔は名古屋のDIAMOND HALLをワンマンで埋めることをゴールにしてたけど、すでにキャパを超えるお客さんの応募があったので、ここを目標にしてた自分とは違うんじゃないかと…そこから意識は変わりましたね。」

──現在(7月末)は『Human Communication tour』の真っ最中ですが、これをやろうと思った理由は?

GEN
「リリースに関係がないツアーをやったことがなかったので、やってみたくて。あと、行ったことがない場所にも行こうと思って。対バンも今までやったことがない人を呼んでます。」

──それは新たな刺激が欲しかったから?

GEN
「そうですね。僕らが憧れていた先輩にはほぼ会えた気がして。だから、今回は下の世代のバンドを呼んで、僕らが育てる番なのかなと。最近のフェスでは僕らの世代がトリを務めたり、世代交代を感じますからね。」

──『SATANIC CARNIVAL\'17』出演時にも“世代交代だ!”とRYU-TAさんが叫んでましたよね。

KOUHEI
「まぁ、あいつ、噛みましたけどね(笑)。」

GEN
「面白い感じになっちゃって残念でした(笑)。」

──下の世代を育てたいという意識が芽生えてきた理由は?

GEN
「追随してくれてるのがMy Hair is Badで、いつも食って掛かってくるし、もっとそういう刺激が欲しいんです。僕らも先輩に呼ばれた時には、その先輩を食う気持ちでここまでやってきたから。今度は自分たちがそういう番なのかなと。」

──なるほど。そして、今作は日本武道館後の初シングルですけど、最初の作品像はどんなものでした?

GEN
「前作は向こう岸を差しながら、“あそこに行こうぜ!”って感じだったけど、今回は新しい岸に来て、その一歩目を踏み出そうというイメージです。ただ踏み込むんじゃなく、新しい靴を履いて踏み出したかった。“新しい靴”と言いながらも、新しい武器や引き出しではなく、僕ららしいというか…もともと持っていた武器を研いで使ってる感覚かもしれない。」

──なぜそういう考えに?

GEN
「う〜ん、海外に行ったことが自分の中で大きいかもしれない。3月にアジアを回った『SPACE SHOWER RETSUDEN ASIA TOUR 2017 powered by MCIP』と4月の『YON FES 2017』を終えて、お休みをもらったのでひとりでLAに1週間ぐらい行ったんですよ。“普段、無駄なストレスを感じてるんだな”とか、“こっちの人は細かいことをあまり気にしてないんだな”とかを感じました。人種もたくさんいるけど、お互いに認め合ってる感じもするし、もっと心を開いていきたいなと思いました。」

──今までは無駄なストレスを感じていた?

GEN
「どう見られているかを気にしてたし、自分に正直に生きている人のほうが魅力的だなって。」

KOUHEI
「俺はアジアツアーに行って、ステージ上で無駄なことを考えなくなりました。以前は、後ろで観ている人たちをどうやったら乗せられるだろう?って考えていたけど、アジアでは何も考えずに、“これが俺らの全力だ!”という気持ちでやってみたら空気が変わりました。それが成長した点ですね。」

──もっと自分らしくやっていいんだと?

GEN
「クリアーになった気がします。今回の歌詞も、今までより最低限の言葉で書けたし。無駄な形容詞もなくなって、分かりやすくなりました。「Squall」は特にそうですね。」

──「Squall」はすごくいい曲ですよね。

GEN
「僕もそう思います(笑)。」

KOUHEI
「かなり気に入ってますね。」

──メロディーは切ないけどバンドアンサンブルは激しくて、フォーリミらしさがガツン!と伝わる曲調で。

GEN
「ストレートだけど、エモい。ポップだけど、泣ける。それが僕らの一番の持ち味かなと思ったんです。サビのメロディーは、泣きながら全力疾走してるイメージですね。「swim」(2014年9月リリースのシングル「YON」収録曲)もそうだけど、あの曲は晴れているんで。この曲は雨が降ってる中で走ってるから、泣きは意識しました。」

──なぜそうしようと?

GEN
「感情をしっかり入れたかったんです。前作のアルバム『eureka』の「Horizon」では希望を歌っているんですけど、向上心は入っていたけど、“悔しい”“負けたくない”とか、そういう気持ちが入っていた「climb」(2016年6月リリースのシングル「AIM」収録曲)のほうがみんなに共感してもらえたのかなと思うんで。よく手紙をもらうんですけど、この曲に励まされたと書かれてるんですよ。だから、今回は確実に力を与えられる曲にしたかった。」

KOUHEI
「シングルは自分がその時に抱いてる感情とリンクする歌詞が多いんですよ。「climb」もそうだけど、今の自分に刺さる言葉をGENが書いてくれました。」

GEN
「僕も書きながら、“きっとメンバーも共感するだろうな”と考えるし。むしろ、メンバーがこの歌詞で火が点くかなって。」

──メンバーも焚き付けたかったと。日本武道館後のシングルなので、もっとイケイケの曲がくるかと思ってました。

KOUHEI
「でも、まだ一番は獲れてないですからね。」

GEN
「悔しいと思うことのほうが多いんですよ。昔の自分に言ってるようなこともあるし、バンドマンにグッとくるかなと思って書いた部分もあります。地元の後輩バンドを含めて、悩んでいるバンドマンに勇気を与えられるかなと。」

KOUHEI
「特に《生まれや育ちを理由にして 生まれ変わらず ここまで生きた》の歌詞なんですけど、最近、黒人ドラマーの映像を観て、“黒人だからこの音が出せるんだよな”って卑屈になってる自分がいたんですよ。」

GEN
「感じなくてもいい劣等感を感じてしまうんですよね。」

KOUHEI
「そう、駄目な自分をハッとさせてくれた歌詞なんですよ。」

GEN
「みんな、諦める理由が欲しかったりするのかな?とも思ったんです。“センスがない”って言う人がいるけど、それを親や環境のせいにしている人が多い気がして…それは親に失礼というか、どれだけ本気で自分を磨いたかっていうのが大事だと思うから。自分を含めて、甘えている人が多いなと。現にうちのメンバーはみんな普通の家庭の子なんですよ(笑)。日本武道館のMCでも言ったけど、特別金持ちでもなく、頭が良いわけでもなく、コネがあったわけでもないけど、ここまで来れた。そう分かっているはずなのに…今回はそれをちゃんと言い切ったというか。」

──「Squall」は“土砂降りの雨に降られても前に進もう!”という曲ですしね。

GEN
「映画『ショーシャンクの空に』で刑務所から出た人が雨に打たれて、ウォー!となるシーンがあるんですけど、雨で洗い流されて、また生まれ変わるというイメージもありますね。」

■全力を出しても勝てない先輩がいるからこそ 悔しい気持ちを持てる

──続く「happiness」はメニコン『1DAY Menicon PremiO』CMソングですね。

GEN
「CM用に歌詞を書いたけど、若干内容は変えました。」

KOUHEI
「Aメロしかなかったので、それに肉付けしていきました。」

──これもストレートな曲調で、歌詞のリフレインも従来のフォーリミらしいアプローチと言えますよね。

GEN
「CMの話をもらった時には映像が完成してたんです。CMの主人公の有村架純さんが寝坊するストーリーなんですけど、そんな日もスマートにいけます!みたいな内容だったので、とりあえず有村さんと同棲してるイメージから始めました(笑)。寝起きだったり、いろんな部分も見えるわけで、それが幸せなんだけど、本人には言えないイメージですね。」

KOUHEI
「有村架純ちゃんには言ってよ!(笑)」

GEN
「ははは。僕、猫を飼っていて。可愛いんですけど、むかつくところもあるんですよ。でも、大好きだし(笑)。そういった想いは、なかなか伝えられないんだよって。」

──それで《素直じゃない》と歌詞で連呼してるのですね(笑)。

GEN
「はい。曲はやったことがありそうな4つ打ちですね。」

KOUHEI
「ドラムはちょっとダサさも入れてみました。」

GEN
「今までやったことがあることを、より良い音と良いノリで録りました。あと、今回は初めてベーシックを全員で録ったので、バンド感のあるノリも出てると思います。」

KOUHEI
「“せーの、ドン!”のグルーブは一番出せたと思う。」

──3曲目の「capture」はその真骨頂みたいな生々しさで。ここまで激しさゴリ押しの曲調も珍しいですよね?

GEN
「わざと分かりやすく録った感じですね、前後のスタジオの雰囲気を含めて。ずっと2ビート押しの曲はなかったし。」

KOUHEI
「フェスに出るとやれる曲も限られてくるから、1〜2分でサクッとやれる曲が欲しかったんです。」

GEN
「短い曲なんですけど、僕らの持ち味を発揮できる曲にしようと思いました。韻の踏み方、歌詞のフレーズも昔っぽいところがあるから。」

──今作は3曲通して“終わりの始まり”を歌った歌詞が多いなと感じたのですが。

GEN
「確かに。いつも終わりの始まりを歌ってる気もするし、今いる場所から離れる別れの匂いはしますね。」

──フォーリミが決別したかったものとは?

GEN
「甘えかな。」

KOUHEI
「間違ってないと思う。」

GEN
「僕は誰に対してもそうなんですけど、いいと思ってないものにはいいと言いたくなくて。友達の作品やライヴに関しても正直に感想を言うし…それは自分が正直に言われたいからなんですけど。ここまできたからこそ、馴れ合いではやりたくないんですよね。」

──自分や全ての物事に対して、より誠実に向き合おうと。そして、Hi-STANDARDが10月に発表する18年振りのアルバム『THE GIFT』に伴うツアーにフォーリミも呼ばれていて、しかも、地元名古屋の日本ガイシホールで対バンですよね?

GEN
「去年末に一度ハイスタとは対バンしたので、すでに夢は叶ってるんですけど、またあの気持ちになれるんだな…と。しかも、僕、その日が誕生日なんですよ。」

──えっ、本当ですか!

GEN
「最高のギフトですよ。前回はハイスタと対バンできるだけで嬉しかったけど、今回は地元だし、僕らのお客さんもいると思うんですよ。前回は“夢が叶った少年たち”という感じだったけど、今回は対バンで呼ばれたので、先輩を倒す気持ちで臨みます。前よりも闘えるようになってるという自信もあるし。」

KOUHEI
「うん。常にその気持ちはありますね。俺らが全力を出しても勝てない先輩がいるからこそ、悔しい気持ちを持てるので。」

──「Squall」の内容ともつながりますね。

GEN
「そういうことです。地元だし、ハイスタと対バンする僕らのライヴを観たいと思う人も多いだろうし。『YON FES』を始めたきっかけもそうだけど、ハイスタは一番憧れてるバンドですから。“フォーリミ、良かったじゃん!”って、ハイスタのファンにも思わせたいですね。」

取材:荒金良介

シングル「Squall」

2017年8月30日発売
日本コロムビア



【初回生産限定盤(DVD付)】
COZA-1371〜2 ¥1,600(税抜)
【通常盤】
COCA-17323 ¥1,000(税抜)


『Squall tour』

11/16(木) 神奈川・CLUB CITTA\'
11/23(木) 広島・BLUE LIVE
11/24(金) 福岡・DRUM LOGOS
11/26(日) 香川・高松festhalle
11/30(木) 長野・松本キッセイ文化ホール 中ホール
12/07(木) 新潟・LOTS
12/09(土) 宮城・仙台PIT
[ 2018年 ]
 1/06(土) 北海道・Zepp Sapporo
 1/13(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside
 1/14(日) 大阪・Zepp Osaka Bayside
 1/18(木) 東京・Zepp Tokyo
 1/19(金) 東京・Zepp Tokyo
 1/25(木) 愛知・Zepp Nagoya
 1/26(金) 愛知・Zepp Nagoya

04 Limited Sazabys

フォーリミテッドサザビーズ:2008年に名古屋にて結成。15年4月に1stフルアルバム『CAVU』で日本コロムビアよりメジャーデビュー。16年4月2日&3日に地元・名古屋のモリコロパーク(愛・地球博記念公園)で開催した初の主宰野外フェス『YON FES』は計2万人を動員。9月に2ndフルアルバム『eureka』をリリース。17年2月11日に行なった日本武道館でのワンマンライヴは即日完売と成功を収め、同年4月1日&2日には2年目となる『YON FES 2017』を開催した。



【関連リンク】
【04 Limited Sazabys】 もともと持っていた武器を研いで使ってる感覚
04 Limited Sazabysまとめ
ベニー・アンダーソン(ABBA)、ピアノソロアルバム発売決定

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
J-ROCK, okmusic UP\'s vol.156, インタビュー













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1