歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年04月25日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
2017/08/14
2017/08/13
2017/08/12
2017/08/11
2017/08/10
2017/08/09
2017/08/08
2017/08/07
2017/08/06
2017/08/05
2017/08/04
2017/08/03
2017/08/02
2017/08/01
2017/07/31
2017/07/30
2017/07/29
2017/07/28
2017/07/27
2017/07/26
2017/07/25
2017/07/24
2017/07/23
2017/07/22
2017/07/21
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
2017/07/17
2017/07/16
2017/07/15
2017/07/14
2017/07/13
2017/07/12
2017/07/11
2017/07/10
2017/07/09
2017/07/08
2017/07/07
2017/07/06
2017/07/05
2017/07/04
2017/07/03
2017/07/02
2017/07/01
2017/06/30
2017/06/29
2017/06/28
2017/06/27
2017/06/26
2017/06/25
2017/06/24
2017/06/23
2017/06/22
2017/06/21
2017/06/20
2017/06/19
2017/06/18
2017/06/17
2017/06/16
2017/06/15
2017/06/14
2017/06/13
2017/06/12
2017/06/11
2017/06/10
2017/06/09
2017/06/08
2017/06/07
2017/06/06
2017/06/05
2017/06/04
2017/06/03
2017/06/02
2017/06/01
2017/05/31
2017/05/30
2017/05/29
2017/05/28
2017/05/27
2017/05/26
2017/05/25
2017/05/24
2017/05/23
2017/05/22
2017/05/21
2017/05/20
2017/05/19
2017/05/18
2017/05/17
2017/05/16
2017/05/15
2017/05/14
2017/05/13
2017/05/12
2017/05/11
2017/05/10
2017/05/09
2017/05/08
2017/05/07
2017/05/06
2017/05/05
2017/05/04
2017/05/03
2017/05/02
2017/05/01
2017/04/30
2017/04/29
2017/04/28
2017/04/27
2017/04/26
2017/04/25
2017/04/24
2017/04/23
Aqua Timez、8thアルバムリリース記念特番LINE LIVEを配信決定
Wed, 25 Apr 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Aqua Timezの8thアルバム『二重螺旋(らせん)のまさゆめ』のリリースを記念して、発売日である4月25日(水)20時30分よりLINE LIVE配信が決定した。生配信では、発売日にオープンした今作の特設サイトの紹介のほか、今まで一切のSNSを使用していなかった太志(Vo)が、Aqua Timezの公式Twitterに登場! 「太志の『二重螺旋(らせん)のまさゆめ』質問箱」で募集した質問をメンバーがセレクトし、答えるという内容だ。

特設サイトで使用されているイラストは、「えんとつ町のプペル」のイラストも手掛けた、イラストレーターの六七質(むなしち)による完全書き下ろし。アニメーション型特設サイトになっており、クイズに答えると『二重螺旋(らせん)のまさゆめ』の収録曲をフル試聴できるという仕組みになっている。

■『二重螺旋(らせん)のまさゆめ』特設サイト
http://www.aquatimez.com/8thalbum/

■LINE LIVE 『二重螺旋のまさゆめ』 リリース記念特番

4月25日(水)20:30〜(予定)※配信時間は前後する場合がございます。
視聴予約はこちら:https://live.line.me/channels/3033358/upcoming/8179687

アルバム『二重螺旋のまさゆめ』

2018年4月25日発売



【初回生産限定盤】あ【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-5054〜5/¥3,700(税込)
<収録曲>
■CD
01.たかが100年の
02.over and over
03.えにし feat. GOMESS
04.遊びつかれて
05.未来少女
06.日曜讃歌
07.ミックス茶
08.陽炎 -interlude-
09.+1
10.愛へ
11.タイムマシン
12.last dance
■DVD
01.未来少女(MV)
02.PS4『グランクレスト戦記』オープニング映像



【通常盤】(CDのみ)
ESCL-5056/¥3,200(税込)
<収録曲>
01.たかが100年の
02.over and over
03.えにし feat. GOMESS
04.遊びつかれて
05.未来少女
06.日曜讃歌
07.ミックス茶
08.陽炎 -interlude-
09.+1
10.愛へ
11.タイムマシン
12.last dance



【teamAQUA限定盤】(CD+DVD+スペシャルトールケース仕様)
ESC8-48〜9/¥4,200(税込)
<収録曲>
■CD
01.たかが100年の
02.over and over
03.えにし feat. GOMESS
04.遊びつかれて
05.未来少女
06.日曜讃歌
07.ミックス茶
08.陽炎 -interlude-
09.+1
10.愛へ
11.タイムマシン
12.last dance
■DVD
01.The FANtastic Tour 2017 振り返り座談会
02.Tasshi Tube 番外編 〜「+1」踊ってみた〜密着ドキュメンタリー

『Present is a Present tour 2018』

5月12日(土) 岐阜club-G(岐阜)
5月13日(日) 滋賀U-STONE(滋賀)
5月19日(土) 神戸VARIT.(兵庫)
5月20日(日) KYOTO MUSE(京都)
5月26日(土) HEAVEN\'S ROCK宇都宮(栃木)
5月27日(日) 水戸ライトハウス(茨城)
6月02日(土) 甲府CONVICTION(山梨)
6月03日(日) Live House浜松 窓枠(静岡)
6月08日(金) DRUM LOGOS(福岡)
6月10日(日) 佐賀GEILS(佐賀)
6月16日(土) 新潟LOTS(新潟)
6月17日(日) いわきclub SONIC iwaki(福島)
6月23日(土) 長野CLUB JUNK BOX(長野)
6月24日(日) 高崎 club FLEEZ(群馬)
6月30日(土) 広島クラブクアトロ(広島)
7月01日(日) CRAZYMAMA KINGDOM(岡山)
7月07日(土) 富山MAIRO(富山)
7月08日(日) 金沢AZ(石川)
7月14日(土) ペニーレーン24(北海道)
7月16日(月) 仙台Rensa(宮城)
7月21日(土) 高松DIME(香川)
7月22日(日) 徳島club GRINDHOUSE(徳島)
7月28日(土) 熊本B.9(熊本)
7月29日(日) 鹿児島CAPARVO HALL(鹿児島)
8月12日(日) なんばhatch(大阪)
8月19日(日) ダイアモンドホール(名古屋)
8月24日(金) マイナビBLITZ赤坂(東京)
8月25日(土) マイナビBLITZ赤坂(東京)
9月01日(土) 桜坂セントラル(沖縄)



【関連リンク】
Aqua Timez、8thアルバムリリース記念特番LINE LIVEを配信決定
Aqua Timezまとめ
MIYAVI、 デジタル限定配信にて「So On It」を緊急リリース

【関連アーティスト】
Aqua Timez
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, キャンペーン, リリース, 配信

MIYAVI、 デジタル限定配信にて「So On It」を緊急リリース
Wed, 25 Apr 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

世界的ギタリストのMIYAVIが、ライヴでも好評の楽曲「So On It」をデジタル限定配信で緊急リリース! MIYAVIは「So On It」に対して、“新世代のギターミュージックを模索してる中で、また一つ新たな道筋が見えた気がしています。まだまだ試行錯誤中ですが、ライブでも定番となったこの楽曲で、最新形のMIYAVIサウンドを堪能してもらえればと思います”とコメントしている。

MIYAVIは、アフガニスタン出身女性ラッパーのソニータと共演した「Long Nights feat. Sonita - World Mix」をデジタル限定配信にて緊急リリースし、このミュージック・ビデオも緊急公開されたばかり。3月5日に自身7度目のワールドツアー『“DAY2"World Tour 2018』を東京で開幕し、日本全国、ソウル、シンガポール、台湾、上海、北京、香港とツアーを行ない、4月12日は東京へ上陸し、ライブをおこなった。

勢いはとどまらず毎月連続でリリースしているMIYAVI。熱きサムライ・ギタリストの魂は、この後、ヨーロッパ、ロシア、そしてアメリカへと、世界中に響き渡らせるに違いない。今後のMIYAVIの動きに目が離せない。

配信シングル「So On It」

2018年4月25日配信開始(デジタル限定配信)



¥250(税込)
■iTunes http://po.st/it_miyavi_soi
■レコチョク http://po.st/reco_miyavi_soi



【関連リンク】
MIYAVI、 デジタル限定配信にて「So On It」を緊急リリース
MIYAVIまとめ
AK-69、“69の日”にUVERworldと再び激突!

【関連アーティスト】
MIYAVI
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, オルタナティブ, 音楽配信

AK-69、“69の日”にUVERworldと再び激突!
Wed, 25 Apr 2018 15:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

AK-69が6月9日(土)の“AK-69の日”に開催する豊洲PIT公演に、UVERworldが出演することが決定した。

2017年の公演タイトル『LOCK YOU』に代わり、2018年は『ROCK YOU』と称された本公演。今年も“69の日”は魂揺さぶる音と音の共鳴を目撃できるUVERworldと熱いライヴが繰り広げられる。

また、このタイミングでAK-69の新しいビジュアルを使った公演ポスターも発表された。

『ROCK YOU』

6月09日(土) 東京 豊洲PIT
OPEN 17:30 / START 18:30
出演:AK-69、UVERworld

■チケット
¥6,800(税込)
※入場時別途DRINK代必要
※オールスタンディング
※お一人様2枚まで
※小学生以上有料。スタンディングの為、小さなお子様のご入場はお勧めしません。

■通常会員先行
受付:2018年4月25日(水)12:00〜2018年5月6日(日)23:59
当落発表:2018年5月9日(水)18:00予定
入金期間:当落発表後〜2018年5月13日(日)23:59

■プレミアム会員最速先行
当落発表:2018年4月26日(木)18:00予定
入金期間:当落発表後〜2018年4月29日(日)23:59

■詳細/お申込みはこちら
http://69homies.com/cp/20180609/

■公演に関するお問い合わせ
SOGO TOKYO:03-3405-9999



【関連リンク】
AK-69、“69の日”にUVERworldと再び激突!
AK-69まとめ
UVERworldまとめ
Aqua Timez、乃木坂46、大原櫻子など4月25日リリースの作品7作を紹介

【関連アーティスト】
AK-69, UVERworld
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, シンガーソング・ライター, 発表, ヒップホップ, ライブ, チケット

Aqua Timez、乃木坂46、大原櫻子など4月25日リリースの作品7作を紹介
Wed, 25 Apr 2018 17:00:00 +0900


フリーマガジンokmusic UP\'s vol.164(4/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、4月25日リリースの作品7作を紹介!

1.『二重螺旋のまさゆめ』/Aqua Timez
2.「シンクロニシティ」/乃木坂46
3.「泣きたいくらい」/大原櫻子
4.『SINNERS -no one can fake my bl?od-』/lynch.
5.『祝祭』/カネコアヤノ
6.「満月の夜なら」/あいみょん
7.『OCTAVE』/SANABAGUN.

『二重螺旋のまさゆめ』/Aqua Timez

Album 4/25 Release



EPIC Records Japan
【初回生産限定盤(DVD付)】
ESCL-5054〜5 ¥3,700(税込)
【通常盤】
ESCL-5056 ¥3,200(税込)
【teamAQUA限定盤(DVD付)】
ESC8-48〜9 ¥4,200(税込)
※スヘ?シャルトールケース仕様

ヘウ?ィなリフか?印象的なPS4『ク?ランクレスト戦記 』主題歌「 たかか?100年の」て?幕開けする8thアルハ?ム。今を駆け抜ける熱情的なサウント?はそのままに、しっとり聴かせるハ?ラート?や遊ひ?心あふれるチルな曲調もあったりと、作品の振れ幅はとてつもなく広い。特に「えにし feat.GOMESS」におけるラッフ?の掛け合いは聴き応えか?あり、電子音を用いてアッハ?ーに攻める「ミックス茶」にも胸を焦か?される。
TEXT:荒金良介

「シンクロニシティ」/乃木坂46

Single 4/25 Release



Sony Music Records
【Type-A 初回仕様限定盤(DVD付)】
SRCL-9782〜3 ¥1,528(税抜)
【Type-B 初回仕様限定盤(DVD付)】
SRCL-9784〜5 ¥1,528(税抜)
【Type-C 初回仕様限定盤(DVD付)】
SRCL-9786〜7 ¥1,528(税抜)
【Type-D 初回仕様限定盤(DVD付)】
SRCL-9788〜9 ¥1,528(税抜)
【通常盤】
SRCL-9790 ¥972(税抜)

20枚目となるシンク?ルの表題曲は、乃木坂46か?持つ透明感と“切ない気持ちこそか?愛になる”という壮大な世界観か?共鳴したト?ラマチックな一曲。新生活か?始まった今、不安と悔しい気持ちて?いっは?いの夜にこの曲か?そっと手を差し伸へ?てくれるた?ろう。カッフ?リンク?は自問自答を繰り返す「Against」を筆頭に、複雑な恋愛模様を描いた「新しい世界」やアイト?ル活動とリンクした「スカウトマン」なと?、と?れも聴きと?ころたっふ?り!
TEXT:千々和香苗

「泣きたいくらい」/大原櫻子

Single 4/25 Release



ヒ?クターエンタテインメント
【初回限定盤A(DVD付)】
VIZL-1381 ¥1,500(税抜)
【初回限定盤B(DVD付)】
VIZL-1382 ¥1,500(税抜)
【通常盤】
VICL-37391 ¥1,200(税抜)

初々しい恋心を落ち着きのあるメロテ?ィーに乗せ、大人なラフ?ソンク?に仕上か?った表題曲は、資生堂SEA BREEZEのCMソンク?としても話題に。大原櫻子の凛とした歌声か?、あふれ出す想いをやさしく届けてくれる。カッフ?リンク?には本人も出演する富士通エフサスの企業CMソンク?「遠くまて?」と、テ?ヒ?ューのきっかけとなったオーテ?ィションて?も歌唱したという思い入れのある絢香のカハ?ー「みんな空の下」を収録。
TEXT:千々和香苗

『SINNERS -no one can fake my bl?od-』/lynch.

Album 4/25 Release



KING RECORDS
KICS-3707 ¥2,500(税抜)
※初回フ?レス分のみBlu-rayテ?シ?ハ?ック仕様

明徳(Ba)不在時に発表されたEP『SIN NERS-EP』とシンク?ル「BL?OD THIRSTY CREATURE」の全収録曲を復帰した明徳か?ヘ?ースを弾きリミックスした完全復活の証となる作品。激しさと美しさのコントラストか?深みを生むlynch.の楽曲に真摯に向き合うヘ?ースか?葉月のウ?ォーカルをはし?め、楽器陣と溶け合っていく感し?は、5人か?揃うのを待っていた人たちには特に感慨深いはす?。もちろん初心者にもお勧め。
TEXT:山本弘子

『祝祭』/カネコアヤノ

Album 4/25 Release



we are
WRCA-18 ¥2,407(税抜)

『恋する惑星』以来、約2年半振りとなるフルアルハ?ム。大きい変化としては林宏敏(Gu/ex.踊っては?かりの国)、本村拓磨(Ba/Gateballers)、Bob(Dr/HAPPY)と作り上け?たハ?ント?サウント?か?ヘ?ースになったこと。シンフ?ルなアフ?ローチによってカネコアヤ ノの歌や個性を抜群に映えさせるとともに、クラシカルロックのオマーシ?ュも隠し味的にあったり。弾き語りの3 曲含め、何者にも縛られない自由奔放な空気か?漂っている。
TEXT:田山雄士

「満月の夜なら」/あいみょん

Single 4/25 Release



unBORDE/WARNER MUSIC JAPAN
WPCL-12877 ¥1,000(税抜)

待望のシンク?ルはステッフ?アッフ?するふたりの関係を歌うファンキーなホ?ッフ?ナンハ?ー。聴き手をト?キッとさせる官能的な言葉の数々を、ウェルメイト?なホ?ッフ?スに昇華させるセンスは、あいみょんの真骨頂。芯の強さか?感し?られる伸ひ?やかな歌声の印象も大きいと思うか?、そこに作家としての矜持を感し?たりも。もと?かしい気持ちを歌うカッフ?リンク?の「わかってない」も歯切れの良いリス?ムか?効いている。
TEXT:山口智男

『OCTAVE』/SANABAGUN.

Album 4/25 Release



CONNECTONE/ヒ?クターエンタテインメント
VICL-64998 ¥2,778(税抜)

楽器隊とウ?ォーカルおよひ?MCからなる8人組のヒッフ?ホッフ?チームか?1年10カ月ふ?りにリリースするニューアルハ?ム。彼らの大きな武器て?あるシ?ャス?の影響も色濃いハ?ント?サウント?は、よりファンキーにハ?ワーアッフ?。終盤て?はリスナーをあっと驚かせる展開も! リアリティーを追求した歌詞に加え、SEやスキットを交えなか?ら、自分たちのとっほ?いライフスタイルを気取らす?に描き出す遊ひ?心あふれる演出も聴きと?ころた?。
TEXT:山口智男



【関連リンク】
Aqua Timez、乃木坂46、大原櫻子など4月25日リリースの作品7作を紹介
Aqua Timezまとめ
乃木坂46まとめ
大原櫻子まとめ
lynch.まとめ

【関連アーティスト】
Aqua Timez, 乃木坂46, 大原櫻子, lynch., カネコアヤノ, あいみょん, SANABAGUN.
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, okmusic UP\'s vol.164, レビュー, シングル, アルバム

J-METALの一等星GALNERYUS、新たな映像商品からライヴMVを公開
Wed, 25 Apr 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本のメタルバンド、GALNERYUSが4月25日にリリースしたライヴ映像商品『JUST PLAY TO THE SKY 〜WHAT COULD WE DO FOR YOU...?〜』より、「WINGS OF JUSTICE」のライヴMVを公開した。

今作『JUST PLAY TO THE SKY 〜WHAT COULD WE DO FOR YOU...?〜』は、そのツアーファイナルワンマンとして開催した豊洲PIT公演の超ド級のライヴを余すところなく収録。バンドへのロイヤリティーが高いファンが多く、マストバイアイテムとなることは必至だ。さらに、初となるメンバー個々のロングインタビューも充実した内容に仕上がった。今作のリリースは、2月23日Zepp NagoyaにてFear,and Loathing in Las Vegasのツアーゲストとして2018年の初ライヴを行なった際に発表となり、同時に春のツアーを行なうことも明らかになっている。

2001年、若きギターヒーローのSyuを中心に結成され、21世紀デビューのJ-METALバンドとして圧倒的センスと技巧で国内外から注目されるJ-METALのトップランナー、GALNERYUS。2009年「You\'re the Only..」のヒットで知られるミリオンシンガーの小野正利が正式加入。今を生きる正統派HR〜HMバンドとしては世界でもトップランクのバンドとして揺るぎないポジションを築いている。2017年9月にワーナーミュージック移籍第一弾アルバム『ULTIMATE SACRIFICE』をリリース。その圧倒的な完成度で過去最高の評価を得た初のコンセプトアルバム『UNDER THE FORCE OF COURAGE』の続編となる、シーンを再び震撼させる新たなマスターピースとなった。

Blu-ray & DVD『JUST PLAY TO THE SKY 〜WHAT COULD WE DO FOR YOU...?〜』

発売中



【Blu-ray】
WPXL-90179/¥6,000+税
【DVD】※2枚組
WPBL-90475〜6/¥5,300+税

<収録内容>(BD/DVD共通)
1. ENTER THE NEW AGE
2. HEAVENLY PUNISHMENT
3. WINGS OF JUSTICE
4. THE SHADOW WITHIN
5. WITH SYMPATHY
6. WHEREVER YOU ARE
7. RISING INFURIATION
8. BRUTAL SPIRAL OF EMOTIONS
9. ULTIMATE SACRIFICE
=== 第2部 ===
10.Drum Solo
11. UNITED FLAG
12.SAVE YOU!
13. 絆
14.Bash Out!
15.RAISE YOUR SWORD
=== アンコール#1===
16.Struggle For The Freedom Flag
=== アンコール#2===
17. DESTINY
※他、映像商品で初となる 各メンバーロングインタビュー収録
(DVDはDisc 2に収録)

『"PLAY TO THE FORTHCOMING FUTURE" TOUR 2018』

4月28日(土) 福岡・DRUM Be-1
4月30日(月・祝) 大阪・BIG CAT
5月04日(金・祝) 宮城・仙台darwin
5月06日(日) 北海道・札幌 PENNY LANE24
5月18日(金) 東京・LIQUIDROOM



【関連リンク】
J-METALの一等星GALNERYUS、新たな映像商品からライヴMVを公開
GALNERYUSまとめ
Suchmos、ホールツアーのファイナル公演を11メディアで全編生配信

【関連アーティスト】
GALNERYUS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売, メタル, ライブ, ワンマン

Suchmos、ホールツアーのファイナル公演を11メディアで全編生配信
Wed, 25 Apr 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Suchmosが4月28日(土)にパシフィコ横浜 国立大ホールで行なう全国ホールツアー『YOU\'VE GOT THE WORLD TOUR』のファイナル公演を、全11のメディアで同時に全編生配信されることが決定した。放送開始はライヴスタートと同じく18:00を予定している。

ライブの生配信を行なうのは「AbemaTV」「Facebook Live」「GYAO!」「Instagram」「LINE LIVE」「ニコニコ生放送」「Rakuten TV」「スペシャアプリ」「Twitter」「YouTube LIVE」「F.C.L.S.オフィシャルHP」の計11メディア。詳しくは、Suchmosの自主レーベル、F.C.L.S.オフィシャルHPの生配信特設ページへ!

■【配信概要】

Suchmos『YOU\'VE GOT THE WORLD TOUR』

配信日時:2018年4月28日(土)18:00〜
※配信開始時間は公演の都合により変更する場合がございますのでご了承ください。

<配信メディア>
■AbemaTV
https://abema.tv/channels/special-plus-2/slots/8r7GcDiLLr7EJs
■Facebook Live
https://www.facebook.com/suchmos/
■GYAO!
https://gyao.yahoo.co.jp/special/musiclive/
■Instagram
https://www.instagram.com/scm_japan/
■LINE LIVE
https://live.line.me/channels/21/upcoming/8182435
■ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv312661696
■Rakuten TV
https://tv.rakuten.co.jp/content/259821/?scid=we_sme_suchmos&utm_medium=refferral&utm_source=so_me&utm_campaign=suchmos
■スペシャアプリ
http://sstv.jp/applive
■Twitter
https://twitter.com/suchmoz
■YouTube LIVE
https://www.youtube.com/channel/UCQ3U5YJLWUr3VmQsO48jcQg

■F.C.L.S.オフィシャルHP
http://www.fcls-official.com

配信楽曲「808」

発売中



¥250(税込)



【関連リンク】
Suchmos、ホールツアーのファイナル公演を11メディアで全編生配信
Suchmosまとめ
Fo\'xTails、アニメ『食戟のソーマ 餐ノ皿』ED主題歌シングルの詳細&MV解禁

【関連アーティスト】
Suchmos
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, 配信, ポップス, R&B, ファンク, ソウル, ライブ, ツアー, ワンマン

Fo\'xTails、アニメ『食戟のソーマ 餐ノ皿』ED主題歌シングルの詳細&MV解禁
Wed, 25 Apr 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4人組ロックバンドのFo\'xTails(フォックステイルズ)が、5月23日にリリースする7枚目のシングル「アトリア」の詳細を発表! 表題曲「アトリア」は、好評放送中のTVアニメ『食戟のソーマ 餐ノ皿』遠月列車篇のED主題歌に採用されている、爽快なロックチューン。カップリングには、「Try Me!!!!」「flow」の2曲が収録される。

また、「アトリア」のMVもフルサイズで公開。曲タイトルにもなっている“アトリア”という実際に存在する星をテーマに制作されたMVは、メンバーが旅をして一緒に音楽を奏でるという、爽やかな映像作品に仕上がった。こちらも今作の詳細を併せてチェックしてほしい。

シングル「アトリア」

2018年5月23日発売



LACM-14765/¥1,300+税
<収録曲>
01.アトリア
02.Try Me!!!!
03.flow



【関連リンク】
Fo\'xTails、アニメ『食戟のソーマ 餐ノ皿』ED主題歌シングルの詳細&MV解禁
Fo\'xTailsまとめ
SIX LOUNGE、ツアー全公演のゲストバンドを解禁

【関連アーティスト】
Fo\'xTails
【ジャンル】
J-ROCK, アニメ・声優, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, アニメ, 主題歌, エンディング

SIX LOUNGE、ツアー全公演のゲストバンドを解禁
Wed, 25 Apr 2018 14:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ライブハウスシーンで注目の大分発3ピースロックバンド・SIX LOUNGEが5月よりスタートさせる、各地ゲストバンドを迎えた対バンツアー『SIX LOUNGE TOUR 2018“夢うつつ”』のゲストバンドを全解禁! 6月10日(日)大分・T.O.P.S Bitts HALL、6月13日(水)大阪・梅田CLUB QUATTRO、6月20日(水)東京・LIQUIDROOMのゲストバンドが発表された。

地元・大分T.O.P.S Bitts HALLで迎え撃つのは、これまでTHE NINTH APOLLOのレーベルメイトでもあったハルカミライ。4月に名古屋CLUB QUATTROで行なわれたハルカミライの『赤く青く燃えてツアー』では、SIX LOUNGEがゲストバンドとして出演。名古屋でも火花散る強烈なライヴを見せたこの2バンドの再競演は必見だ。

梅田CLUB QUATTROには、キャリア20年を超え、メロコアシーンの第1線で活動し続けるHawaiian6が出演。バンド名に“6”を冠するSIX LOUNGEにとっても、同じ3ピースバンドとしての大先輩に挑む、熱いライヴとなるに違いない。

ツアーファイナルでもあるLIQUIDROOMには、ヴォーカルの渋谷龍太が復帰して4月30日(月)に日本武道館単独公演を迎えるSUPER BEAVERが登場。ファイナルに相応しい豪華なゲストバンドとなる。

Photo by Keiichiro Natsume
衣装協力:STRUM

『SIX LOUNGE TOUR 2018 “夢うつつ”』

5月12日(土) 福岡 LIVEHOUSE CB
w/SHIMA、BAN\'S ENCOUNTER

5月13日(日) 広島 CAVE-BE
w/SHIMA、KOTORI

5月14日(月) 岡山 CRAZYMAMA 2nd ROOM
w/KOTORI

5月16日(水) 兵庫 神戸 太陽と虎
w/突然少年

5月17日(木) 京都 MUSE
w/Hump Back

5月22日(火) 宮城 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
w/ハルカミライ

5月23日(水) 茨城 水戸 LIGHT HOUSE
w/a flood of circle

5月24日(木) 千葉 LOOK
w/Large House Satisfaction

5月26日(土) 静岡 UMBER
w/climbgrow

5月27日(日) 滋賀 B-FLAT
w/G-FREAK FACTORY

5月29日(火) 香川 DIME
w/Age Factory、BAN\'S ENCOUNTER

5月30日(水) 高知 X-pt.
w/Age Factory、BAN\'S ENCOUNTER

6月02日(土) 北海道 札幌COLONY
w/THE BOYS&GIRLS

6月10日(日) 大分 T.O.P.S Bitts HALL
w/ハルカミライ

6月12日(火) 愛知 名古屋 E.L.L
w/フラワーカンパニーズ

6月13日(水) 大阪 梅田CLUB QUATTRO
w/Hawaiian6

6月17日(日) 沖縄 Output
w/ THE FOREVER YOUNG
オープニングアクト:奢る舞けん茜、ヤングオオハラ

6月20日(水) 東京 LIQUIDROOM
w/SUPER BEAVER

■ツアー特設サイト http://six-lounge-yumeutsutsu.com/

ミニアルバム『夢うつつ』

発売中



【初回盤】(CD+DVD)
UPCH-7407/¥2,750+税



【通常盤】(CDのみ)
UPCH-2158/¥1,800+税



【関連リンク】
SIX LOUNGE、ツアー全公演のゲストバンドを解禁
SIX LOUNGEまとめ
ハルカミライまとめ
HAWAIIAN6まとめ
SUPER BEAVERまとめ

【関連アーティスト】
SIX LOUNGE, ハルカミライ, HAWAIIAN6, SUPER BEAVER
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, 発表, 新曲, リリース, 発売, ミニアルバム, ライブハウス, ライブ, ツアー

竹原ピストル、マンウィズ、Official髭男dismなど4月リリースの作品6作を紹介
Mon, 23 Apr 2018 20:00:00 +0900


フリーマガジンokmusic UP\'s vol.163(3/20発行)〜vol.164(4/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、4月リリースの作品6作を紹介!

1.『GOOD LUCK TRACK』/竹原ピストル
2.『Bulbous Bow』/Bentham
3.「一瞬も一生もすべて私なんだ」/感覚ピエロ
4.『G-litter』/Gacharic Spin
5.『エスカパレード』/Official髭男dism
6.「Take Me Under / Winding Road」/MAN WITH A MISSION

『GOOD LUCK TRACK』/竹原ピストル

Album 4/4 Release



SPEEDSTAR RECORDS
【初回限定盤(DVD付)】
VIZL-1352 ¥3,300(税抜)
【通常盤】
VICL-64979 ¥2,900(税抜)

2017年末のNHK『紅白歌合戦』出場も記憶に新しい、竹原ピストルの4thアルバム。「Here we go!!」で足が一歩踏み出したくなったり、「ゴミ箱から、ブルース」で行き場のないやるせなさを預けられたり、流石の言葉の鋭さと温かみに今作でも惚れ惚れしてしまう。そんな中、「どーん!とやってこい、ダイスケ!」でホーンが、「月光の仮面」でレゲエアレンジが映えているのもいいアクセント。「Amazing Grace」は泣く。
TEXT:田山雄士

『Bulbous Bow』/Bentham

EP 4/4 Release



PONY CANYON
【通常盤】
PCCA-04643 ¥1,500(税込) 
【Bentham屋限定盤(DVD付)】
SCCA-00064 ¥2,500(税込)

テレビ連続ドラマ『こんなところに運命の人』の主題歌「FATEMOTION」を含む5曲を収録したメジャー1st EP。ダンスビートも含め、Benthamらしさを追求しながら、よりキャッチーに、よりエモーショナルに、そしてさらに前へ!というバンドの想いが性急な勢いに表れている。それがメジャーデビューから1年を迎えたメンバーが出した答えなのだろう。エキセントリックな演奏を聴きながら、ここからの彼らに期待が高まる。
TEXT:山口智男

「一瞬も一生もすべて私なんだ」/感覚ピエロ

Digital Single 4/8 Release



¥250(税込)

曲名を見ただけで楽曲を聴きたい気持ちに駆られてしまう最新曲はTVドラマ『いつまでも白い羽根』主題歌に起用。切実なメロディーを力強く歌う横山直弘(Vo&Gu)のヴォーカルは妙にセクシーで、きめ細かに表情を変えていく演奏は激しくもスケール感に満ちている。自分らしさとは何かを問い続ける歌詞の中で、《変わらない為に変わってみせて》のフレーズも耳に引っ掛かる。掛け値なしの名曲だ。
TEXT:荒金良介

『G-litter』/Gacharic Spin

Album 4/11 Release



ビクターエンタテインメント
【初回限定盤Type-A(DVD付)】
VIZL-1361 ¥5,000(税込)
【初回限定盤Type-B(2CD)】
VIZL-1362 ¥4,500(税込)
【通常盤】
VICL-64918 ¥3,000(税込)

“きらきら輝く”などの意味を持つ“Glitter”をタイトルに掲げた3rdアルバムは、メッセージ性の強い曲やおバカな曲などさまざまな表情を詰め込んだ“ガチャガチャ”感が楽しい一枚。常にエネルギッシュで騒がしい全力のエンタメ性が元気をくれる。メンバー内での世代文化の違いを歌った「ジェネレーションギャップ」や「年齢不詳の魔女になりたい」は、年齢層が幅広いGacharic Spinのファンの間でも話題になりそうな予感。
TEXT:千々和香苗

『エスカパレード』/Official髭男dism

Album 4/11 Release



Lastrum
【初回限定盤(DVD付)】
LACD-0292 ¥3,500(税抜)
【通常盤】
LACD-0293 ¥2,800(税抜)

ふざけたバンド名とは裏腹に、ブラックミュージックをルーツとした心地良いグルーブ感と確かな演奏力を持つサウンド、圧倒的歌唱力で聴かせるポップチューンのクオリティーの高さは衝撃的。達者なだけでなく、若さゆえの軽快さや蒼さの残る歌詞、純粋さが滲み出る歌声など、フレッシュさも魅力だ。ゲリラ的に本作と同時発売した月9ドラマ主題歌でもあるシングル「ノーダウト」でメジャーデビューを果たしたことも話題。
TEXT:フジジュン

「Take Me Under / Winding Road」/MAN WITH A MISSION

Single 4/18 Release



Sony Music Records
【初回限定盤(DVD付)】
SRCL-9718〜9 ¥1,800(税抜)
【通常盤】
SRCL-9720 ¥1,200(税抜)
【アニメ盤】
SRCL-9721 ¥1,300(税抜)

映画『いぬやしき』主題歌の「Take Me Under」は中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)をアレンジに迎え、エレクトロのクールさとスリリングで疾走感あるロックサウンドが入り混じったスケール感ある楽曲。アニメ『ゴールデンカムイ』OPテーマの「Winding Road」は壮大なサウンドで未来、希望を力強く歌うメッセージソング。どんな題材も乗りこなす柔軟さと揺るぎない独創性を持つ、狼たちの進化は止まることを知らない。
TEXT:フジジュン



【関連リンク】
竹原ピストル、マンウィズ、Official髭男dismなど4月リリースの作品6作を紹介
竹原ピストルまとめ
MAN WITH A MISSIONまとめ
Official髭男dismまとめ
Benthamまとめ

【関連アーティスト】
竹原ピストル, MAN WITH A MISSION, Official髭男dism, Bentham, 感覚ピエロ, Gacharic Spin
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, okmusic UP\'s vol.164, okmusic UP\'s vol.163, レビュー, シングル, アルバム, 音楽配信

D、メジャー10周年記念のニューアイテムを通販開始
Wed, 25 Apr 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

結成15周年、メジャー10周年を記念した東名阪ワンマン『Narrow Escape』の品川インターシティホールで開催したファイナル公演をソールドアウトさせ、大成功のうちに終えたばかりのD。そんな彼らが、15周年記念アイテムの通販を行なうことが決定した。CD「Narrow Escape」や、ライヴDVD『D 14th Anniversary Special Premium “Free” Live 2017.4.23 at Zepp Tokyo』ほか、グッズ販売もスタート。

Dを孤高の船に例え、宇宙をテーマにした壮大な物語が広がる表題曲「Narrow Escape」と、宇宙・ばら星雲をイメージしたカップリング曲「Rosette Nebula」。この2曲を最新音源としたCD「Narrow Escape」は、15周年という歴史を刻んできたDの渾身の作品となっているので、ぜひ耳にして熱量を感じてほしい。CDとDVDをセットにした数量限定盤も用意されており、CDには新曲2曲と同じ世界観で繋がっているDの既存曲や、現在は入手不可能な曲を含めた全5曲がプラスされ、さらにDVDにはスペシャル特典として「Night-ship“D”」のMV、「Narrow Escape」スチール撮影メイキング映像、NYASAGIさんによる旗曲振り付け動画も収められる。

そして、2017年に行なわれたD史上初のフリーライヴを収録したライヴDVD『D 14th Anniversary Special Premium “Free” Live 2017.4.23 at Zepp Tokyo』は、見逃せないシーンの連続で、感動のライヴ映像に仕上がっている。

そのほかグッズ販売も決まっており、先述したDのライヴでは欠かすことのできないフラッグ、不織布バッグ、腕章、「Narrow Escape」生写真セット(6枚入り) 、そしてASAGI(Vo)によるセルフライナーノーツ付き・メンバーランダム直筆サイン入りの「Narrow Escape」パンフレットと、どれも15th Anniversary仕様となっているので、この機会をお見逃しなく!

また、6月27日にはニューシングル「Revive 〜荒廃都市〜」のリリースが決定し、夏のツアー&インストアイベントスケジュールなども一挙発表されている。 ヴァンパイアストーリーの復活ということで、さらに期待が高まるところ。詳しくはオフィシャルHPへ!

■「Narrow Escape」試聴ページ
http://www.d-gcr.com/discography/discography.html

【通販グッズ商品一覧】

■「Narrow Escape」15th Anniversary Special Limited Edition CD & DVD 限定盤 ¥10,000
■CD「Narrow Escape」通常盤 ¥1,500
■ライヴDVD『D 14th Anniversary Special Premium “Free” Live 2017.4.23 at Zepp Tokyo』 ¥5,000
■15th Anniversary フラッグ ¥1,000
■15th Anniversary 不織布バッグ ¥500
■15th Anniversary腕章 ¥1,500
■「Narrow Escape」パンフレット ¥3,000
(ASAGIによるセルフライナーノーツ付き、メンバーランダム直筆サイン入り)
■「Narrow Escape」生写真セット(6枚入り) ¥1,000

ご購入はこちら:http://www.rosen-kranz.jp/shop/

「Narrow Escape」

発売中



【15th Anniversary Special Limited Edition CD & DVD】
GCR-164/¥10,000(税込)
※数量限定盤
※CDブックレット、DVDブックレット付き
※スリーブケース付き
<収録曲>
■CD
Narrow Escape(新曲)
Rosette Nebula(新曲)
Night-ship“D”(2018 Remix)
Fanfare
Bon Voyage!
DEAD ROCK
時空航海記 〜光の彼方へ〜
■DVD(2DISCS)
D 14th Anniversary Special Premium “Free” Live 2017.4.23 at Zepp Tokyo
〈スペシャル特典〉
Night-ship“D”(MV)
Narrow Escape スチール撮影メイキング映像
NYASAGIさんによる旗曲振り付け動画
・Narrow Escape 編
・Night-ship“D” 編
・Fanfare 編
・Bon Voyage! 編
・DEAD ROCK 編



【DVD(2DISCS)】



【CD通常盤】
GCR-165/¥1,500(税込)
※ブックレット付き
※トレカ7種ランダム封入
<収録曲>
■CD
Narrow Escape(新曲)
Rosette Nebula(新曲)

DVD『D 14th Anniversary Special Premium "Free" Live 2017.4.23 at Zepp Tokyo』

発売中



GCR-166/¥5,000(税込)
※ブックレット付き
<収録曲>
「D 14th Anniversary Special Premium “Free” Live 2017.4.23 at Zepp Tokyo」
【収録曲】
■DISC 1
ーOPENING SEー
7th Rose〜Return to Zero〜
7th Rose
闇の国のアリス
闇より暗い慟哭のアカペラと薔薇より赤い情熱のアリア
光の庭
名もなき森の夢語り
Night-ship“D”
花摘みの乙女〜Rozova Dolina〜
三角お屋根と哀れな小熊
Vampire Missa
花惑
Lost breath
〜Dr.solo・リズムセッション〜
Desert Warrior
In the name of justice
鬨の声
GOD\'S CHILD
君が見る夢の中
Leukocyte
黒薔薇の騎士
Dark fairy tale
■DISC 2
ーENCORE 1ー
太陽を葬る日
Wonderland Savior〜太陽と月の歯車〜
Pride
ーENCORE 2ー
Dearest you
EDEN
春の宴
ーENDING SEー



【関連リンク】
D、メジャー10周年記念のニューアイテムを通販開始
Dまとめ
WEB番組『チップアンドダイス チャンネル』に、池羽悠&五味茉莉伽が登場!

【関連アーティスト】
D
【ジャンル】
ヴィジュアル, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, トレーラー, CD, DVD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, ライブ, ツアー

WEB番組『チップアンドダイス チャンネル』に、池羽悠&五味茉莉伽が登場!
Wed, 25 Apr 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ボードゲーム総合サイト「チップアンドダイス」から誕生したWEB番組『チップアンドダイス チャンネル』は、パーソナリティのチップ(CV:鬼頭明里)とダイス(CV:高柳知葉)が、ゲストと一緒にさまざまなボードゲームに挑戦していく。4月26日(水)の放送回には、メディアミックスコンテンツ「ライブレボルト」で平井かなを演じている池羽悠と宮代りな役を担当中の五味茉莉伽がゲストとして登場!

オープニングでは、ゲスト出演する池羽悠と五味茉莉伽を招き入れてのトーク。互いに“初めまして”の挨拶から。チップアンドダイスチームもライブレボルトチームも、ほぼお揃いの衣装姿で、池羽と五味の衣装は、ライブレボルト内に派生したユニット“リサイタルズ”のもの。5月13日(日)には、TSUTAYA O-EASTで「ライブレボルト」のワンマンライブ『2nd LIVE LiveRevolt RE:VOLT』も行われるので、こちらも注目どころだ。

■ボードゲームキャット&チョコレート 「学園編」をみんなでプレイ

4月18日(水)の放送回では、コザイクさん制作によるキャット&チョコレート「学園編」を紹介。このボードゲームは、学園で起こるアクシデントを回避することが目的。最初に引いた「アイテムカード」に記された“危機”。その危機を「危機カード」に記した内容をもとに、いかにトンチを効かせた答えを導き出すか。その答えを、他の参加者たちが「GOOD!!」か「BAD!!」かの判断を下すのが、このゲーム。

勝敗は、「GOOD!!」数を多く勝ち取ったチームの勝利。ただし、チーム分けは、危機ゲームを終えるまでわからない。つまり、チーム対抗と言いながらも、誰がチームメイトかわからないから、チーム内の駆け引きが出来ないことも、このゲームの面白さ。今回は、「校長派」と「生徒会派」に分かれての対戦という形で行った。

シャッフルの達人?!、高柳がカードを切ったところでゲームはスタート。最初に鬼頭が引いたアイテムカードに記されたのが、「夏休みが終わるのに宿題がまだ出来てない」という内容。それをどう回避してゆくのか、鬼頭が指定された枚数の危機カードの内容を組み合わせ、さっそく開始。今回は、1枚のみ危機カードを引いたところ、記された内容を見て、鬼頭は「試験管を用意して種を増やす実験をする」と回答。その答えを聞いて3人のジャッジは「BAD!!」。鬼頭は、残念ながら危機回避ならず…。

ゲームはそのような形でENDカードが出るまで続くが、番組では、2巡する形で勝敗を決める。本当なら全部の内容を教えたいところだが、そこは番組を見てのお楽しみに。ということで、ここでは3人の「GOOD!!」ジャッジを得た、五味茉莉伽さんの模様もお伝えする。

五味が引いたアイテムカードに記されたのが、「購買部がだいぶ込んでいる。このままでは飢え死にしそう」という危機的な内容。それを回避しようと、五味は2枚の回避カードを引き、そこへ記されていた内容をもとに「参考書を購買部の人込みの中へ投げ込み、“えっ、どうした??”となっているところで縦笛を吹き、みんなを引き寄せた瞬間に、ダッシュして購買部の一番前に並ぶ」という回答を導き出し、みごと3人から「GOOD!!」のサインが! 彼女がどんな危機カードを引いたのかも気になるところ。

他にも、「バイトの面接に受からない」の危機回避のため、なぜか柔道の話が飛び出したり。「喫煙の現場を抑えられた」ことから、消火器をまいて学校の危機を救ったりなど、いろんなトンチの効いた答えが出ていました。誰が、どんな風に機転を効かせた答えを言い、いくつGOOD!!を手にし、BAD!!の評価を受けたのかも、ぜひ注目して見てほしい。最期に運命のカードを引いて判明した「校長派」と「生徒会派」の組み合わせ。その組み合わせによって、どちらが勝者チームになったのか、そこもこの放送回の見どころ。気になる方は、さっそくチップアンドダイス チャンネルをチェック!

■5月2日以降の放送回について

5月2日以降の放送回では、5月2日の放送回に登場した東京女子プロレス所属のレスラーのどかおねえさん&リングアナウンサーの愛野ユキに加えて、再び池羽悠&五味茉莉伽も加わった計4人がゲストで登場。なんて豪華な共演なんでしょう。

今回、紹介するゲームは、デイズ作の「ポコン!」。これはキツネとタヌキを模したオセロゲーム。ただし、盤を必要としてないように、普通のオセロゲームでないところがポイント。ゲームは、高柳の説明からスタート。その説明を聴いて、「なるほど!!」と納得する5人。「ポコン!」をプレイするうえでのキーワードは、「めくれる」「めくれない」。いかにカードをめくるかが、このゲームのポイント。ゲストの4人も、フムフムと頷きながら、真剣な表情で耳を傾けていた。

放送では「チップアンドダイス杯争奪戦!ポコン竜王決定戦」と題し、一組3分バトルをトーナメント形式で開催。気になる戦いの組み合わせは、第一試合が鬼頭と池羽。第二試合が高柳とのどかおねえさん。シード権利を得たのが、五味と愛野。シード権を得た2人のうちの勝者が、第一試合と第二試合の勝者と対決してゆく形で進行した。

鬼頭と池羽の試合は、池羽先行でスタート。ちょっと不安げながらも果敢に攻める池羽。対して、冷静に返してゆく鬼頭。常にテンションの高い池羽と、冷静さと興奮ふたつの表情を見せる高柳。危機に陥るたびに焦る池羽だが、果たしてその結果は…!?

第二試合では、高柳とのどかおねえさんが対決。先行は、のどかおねえさん。「竜王になりたい」と呟きながらのどかおねえさんが攻めれば、冷静に状況を分析してゆく高柳…。と言いたいところだが、「フムフム」と呟いていたように、意外と悩みつつカードを置いていた。愛野の「攻めろ、おねえさん」の声を受け、笑顔でせめるのどかおねえさん。でも、状況が不利になると思案顔を浮かべるところが、のどかおねえさんらしさかも。後半、自信を持って攻めるのどかおねえさんに、焦る高柳。その結果はいかに!

シード戦は、五味と愛野とのバトル。先行は五味から。明るく果敢にせめる五味と、ちょっとビクビクしながらも一手一手を繰り出す愛野。冷戦沈着な五味と、おどおどしながらも攻める愛野のコントラストも見どころだ。お互いに、一手ごとに一喜一憂。最後の一手のとき、急に私案した五味。繰り出したその手に対して、さらに新たな手を繰り出す愛野。その結果は…?

その後、誰がどんなリアクションや攻めの手法を繰り出しながら決勝へ勝ち進み、誰が竜王の座を手にしたのかは、番組をチェックしてほしい。二回目の竜王戦はあるのだろうか!?

PHOTO:岡田茉奈佳
TEXT:長澤智典

『チップアンドダイス チャンネル』番組メッセージ

番組へのメッセージは番組専用の<cc@limia-branks.jp>
もしくは公式TwitterのDMまでよろしくお願いいたします。

■Twitterはこちら
https://twitter.com/chipanddice1
※ホームページの問い合わせフォームとは異なりますのでご注意ください。

『2nd LIVE LiveRevolt RE:VOLT』

5月13日(日) 東京・TSUTAYA O-EAST

<出演者>
藤原あかね(CV:田口華有)/野田ここみ(CV:秋場悠里)
瀬戸マリン(CV:道井悠)/紫咲クリス(CV:あおきまお)
宮代りな(CV:五味茉莉伽)/平井かな(CV:池羽悠)



【関連リンク】
WEB番組『チップアンドダイス チャンネル』に、池羽悠&五味茉莉伽が登場!
かりゆし58率いる“島ぜんぶでおーきなバンド”、『沖縄国際映画祭』を盛大に締め括る

【関連アーティスト】

【ジャンル】
アニメ・声優, ニュース, ゲーム

かりゆし58率いる“島ぜんぶでおーきなバンド”、『沖縄国際映画祭』を盛大に締め括る
Wed, 25 Apr 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“沖縄県の北から南、離島までを巻き込んだ祭典として、もっと身近で、もっと何でもありで、今まで以上にワクワクするお祭りを創りたい”という思いが込められた、『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』が4月19日〜22日に沖縄各地で開催された。その最終日となる4月22日に、波の上うみそら公園特設ステージで行われたオールエンディングステージにて、かりゆし58率いる“島ぜんぶでおーきなバンド”がクロージングライブを敢行! “島ぜんぶでおーきなバンド”は、2015年の沖縄国際映画祭にてかりゆし58を中心に結成され、2018年はBEGIN、夏川りみ、アルベルト城間(ディアマンテス)、島袋寛子、きいやま商店らが参加した。

MCのガレッジセールと、ホスト役の前川真悟(かりゆし58/Vo&Ba)がステージに登場し、クロージングライブのスタートを宣言。沖縄国際映画祭の為に前川が書き下ろした「おーきなうた」でライブがスタート。きいやま商店の「ドゥマンギテ」、かりゆし58「マンゴーウーマン ゴー!ゴーゴー!」、きいやま商店「じんがねーらん」をパフォーマンスすると、会場は一気に盛り上がりをみせる。

また、今回は曲の合間に演奏曲に寄り添う芝居も盛り込まれるという演出も! ステージ暗転後に沖縄出身女優・比嘉梨乃が登場し、東京でのジレンマを母親にぶつけるという沖縄出身女性の葛藤を披露。その後、母親への感謝を綴ったかりゆし58の代表曲「アンマー」が演奏された。さらに、夏川りみが登場し、沖縄民謡「童神」、代表曲「涙そうそう」を披露すると会場から大きな拍手が沸き起こった。

続いて沖縄出身の俳優・尚玄が登場し、故郷沖縄への様々な感情を持つ男性を演じると、かりゆし58の地元への想いを歌った「ユクイウタ」、きいやま商店「離れてても家族」を演奏。BEGINの島袋優(Vo&Gu)も登場し、ヒット曲「海の声」を披露した。前川は2018年1月に亡くなった盟友・いときんへ捧げるかのようにET-KINGの代表曲「ギフト」を熱唱。そして、現在インドネシアで大人気歌手となった加藤ひろあきが登場し、インドネシア語で“ありがとう”を表す「テリマカシ」という楽曲を披露する。続いて登場したアルベルト城間は「片手に三線を」を演奏した。

そして、BEGINが登場すると、ブラジルのサンバをベースに繰り広げるマルシャで「オジー自慢のオリオンビール」などを披露! さらに島袋寛子も登場し、SPEEDの大ヒット曲「Body &Soul」を熱唱し会場が最高の盛り上がりをみせた。かりゆし58の「オワリはじまり」が演奏され、再度おーきなバンドのテーマソング「おーきなうた」を披露し、本編が終了。興奮冷めやらぬ中、MCガレッジセールが再び登場し、大勢のよしもと芸人をステージに呼び込んで、BEGINの「笑顔のまんま」を島ぜんぶでおーきなバンドと芸人全員で演奏し、グランドフィナーレを迎えた。沖縄の夜空を彩る花火と共に4日間行われた『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』は、盛大に幕を閉じた。

■『島ぜんぶでおーきな祭 -第10回沖縄国際映画祭-』公式ページ
http://oimf.jp/



【関連リンク】
かりゆし58率いる“島ぜんぶでおーきなバンド”、『沖縄国際映画祭』を盛大に締め括る
かりゆし58まとめ
島ぜんぶでおーきなバンドまとめ
BEGINまとめ
夏川りみまとめ

【関連アーティスト】
かりゆし58, 島ぜんぶでおーきなバンド, BEGIN, 夏川りみ, アルベルト城間, 島袋寛子, きいやま商店
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, コラボレーション, コラボ, ライブレポ

THE PINBALLS、シングル「Primal Three」を引っさげた全国ツアーの対バンを発表
Wed, 25 Apr 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE PINBALLSが、メジャー1stシングル「Primal Three」を引っさげて5月下旬からスタートする全国ツアー『THE PINBALLS“Leap with Lightnings tour”』のゲストバンドを発表! THE BOHEMIANS、Yellow Studs、Large House Satisfaction、バズマザーズらの出演が発表されたので、日程とともに要チェックだ。さらに発表を控えている公演もあるので、続報をお楽しみに。また、全国15箇所での公演となる今回のツアーは、前半の10公演が対バンライブ、後半のファイナルシリーズ5公演がワンマンとなる。

なお、4月25日(水)に発売となるシングル「Primal Three」の初回プレス(初回盤・通常盤共通)には、ファイナルシリーズ5公演を対象とした先行応募IDが封入されているのでこちらもチェックを。荒々しくも唄心溢れる古川貴之のハスキーヴォイスと、キャッチーで勢いのあるメロディー、物語のようなファンタジックで印象的な詩世界でロックシーンを揺らす彼らの熱いライブを見逃さないでほしい。

■『THE PINBALLS “Leap with Lightnings tour”』

5月25日(金) 千葉LOOK w/climbgrow、INNOSENT in FORMAL
6月03日(日) 岡山PEPPER LAND w/松尾昭彦バンド、and more…
6月05日(火) 広島CAVE-BE w/ビレッジマンズストア、ドラマチックアラスカ
6月06日(水) 高松DIME w/ビレッジマンズストア、climbgrow
6月15日(金) 神戸VARIT. w/Yellow Studs、and more…
6月16日(土) 京都GROWLY w/Yellow Studs、and more…
6月22日(金) 仙台LIVEHOUSE enn 2nd w/バズマザーズ、THE BOHEMIANS
6月23日(土) 郡山CLUB#9 w/バズマザーズ、THE BOHEMIANS
6月25日(月) 新潟CLUB RIVERST w/THE BOHEMIANS、Large House Satisfaction
6月26日(火) 長野LIVE HOUSE J w/THE BOHEMIANS、Large House Satisfaction
■チケット一般発売:4月7日(土)

『Leap with Lightnings tour 〜Final Series〜』

7月07日(土) 札幌COLONY
7月13日(金) 名古屋APOLLO BASE
7月14日(土) 大阪 アメリカ村DROP
7月16日(月) 福岡Queblick
7月20日(金) 渋谷TSUTAYA O-WEST
■チケット一般発売:5月12日(土)

シングル「Primal Three」

2018年4月25日発売



【初回盤】(CD+DVD)
COZA-1430/31/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.Lightning strikes
2.Voo Doo
3.花いづる森
■DVD
『NUMBER SEVEN tour@渋谷CLUB QUATTRO』Live映像



【通常盤】(CD)
COCA-17447/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.Lightning strikes
2.Voo Doo
3.花いづる森



【関連リンク】
THE PINBALLS、シングル「Primal Three」を引っさげた全国ツアーの対バンを発表
THE PINBALLSまとめ
冨田勲、日本コロムビア初期作品を集めたアルバムをリリース決定

【関連アーティスト】
THE PINBALLS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, ツアー

冨田勲、日本コロムビア初期作品を集めたアルバムをリリース決定
Wed, 25 Apr 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2016年5月5日に逝去した、世界的シンセサイザー・アーティスト冨田勲の幻のシンセサイザーワークが発掘された。5月23日にリリースとなるアルバム『MISSING LINK of TOMITA 冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953〜1974』は、日本コロムビアに遺された冨田勲の貴重な音源を発掘し集めたアルバムだ。

冨田といえば、1974年にシンセサイザーによるアルバム『月の光』を発表し、日本人として初めてグラミー賞にノミネートされて以降、発表するアルバムは次々と全世界で空前のヒットとなり、その名は世界的なものとなった。その後もNHK大河ドラマや映画音楽などを多数作曲し、近年はバーチャル・シンガーの初音ミクとのコラボレーションで「イーハトーヴ交響曲」「ドクター・コッペリウス」などの革新的な作品を世にだしてきた。

そんな冨田の最初のキャリアは日本コロムビアの専属作曲家としてのスタートだったという。今回の『MISSING LINK of TOMITA』は、そのキャリアのスタートからシンセサイザー・アーティストとして名声を得るまでの約20年の知られざる作品群を集めたものとなる。レコードデビュー盤となった子どものための童謡から、70年代のシンセサイザーで世界へ雄飛する直前に手がけた貴重なマイルストーンとも言える創作ダンス音楽までを厳選した、冨田勲の創作の原点を解き明かすアルバムだ。中でも、ラストに収録されている1974年制作の「愛 《コムポジション―習作》」は、冨田がモーグ・シンセサイザーを使用して制作した最初期のまさに幻の作品であり、すでに冨田がシンセサイザーを創意あふれるかたちで操っていることがわかる貴重なドキュメントとなっている。

さらに、今作のジャケット写真も公開! アートワークデザインは、冨田の晩年の作品のアートワークを多く担当した宇川直宏が手がけた。宇川は今回のアートワークについて“冨田勲は偉大だ!!! 偉大すぎる!!!! なぜなら半世紀以上の長きにわたり、ありとあらゆる家電を振動させ、我々の鼓膜に音楽を届けてくれたからだ!!!!!!!! TOMITAの歴史は、リスニング環境そのものの歴史と比例する!!!! 蓄音機の発明! そして真空管ポータブルからトランジスタへのラジオの進化! そして敗戦から8年に開始されたTV放送! また高度経済成長期にお茶の間の中心に座った家具調ステレオの時代から、コンポーネントの歴史! ウォークマン! バイノーラル、ドルビーステレオ! ヴァイナルからCDへ! アナログ放送からデジタルへ、5.1ch…..データファイル、ハイレゾ、ブルートゥース、IoT x オーディオまで、それら全ての時代でTOMITAの音楽は人々に興奮を与えてきたのだ!!!!!! 今回その黎明期の作品がご開帳されるという!!!!!!! 「MISSING LINK of TOMITA」!!!!! つまりこれは太陽系12惑星誕生以前の膨張し始めた冨田宇宙….天の川銀河の超新星なのだ!!!!!!”とコメントを寄せた。

アルバム『MISSING LINK of TOMITA 〜冨田勲 日本コロムビア初期作品集 1953-1974〜』

2018年5月23日発売



COCQ-85418/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.愉快な町の風船や
02.おいでよピーターパン
03.ブルースカイ
04.舞踊音楽劇「みにくいあひるの子」(一)あひるたちのうた
05.舞踊音楽劇「みにくいあひるの子」(二)白鳥のうた、みんなのうた
06.旅を行く
07.海底の幻想
08.春の幻想
09.花の一生
10.海のファンタジー
11.夢の旅行
12.うたのえほん
13.二つの橋
14.十羽の烏
15.ほたる
16.お月さまの見た話
17.春 春 春がきたよ
18.大雨の町
19.変化する自然
20.トッピンポウとピンピクリン
21.愛 《コムポジション―習作》



【関連リンク】
冨田勲、日本コロムビア初期作品を集めたアルバムをリリース決定
冨田 勲まとめ
宇多田ヒカル、7thアルバム『初恋』発売&12年ぶりのツアー開催決定

【関連アーティスト】
冨田 勲
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, リリース, 発売

宇多田ヒカル、7thアルバム『初恋』発売&12年ぶりのツアー開催決定
Wed, 25 Apr 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年にデビュー20周年を迎える宇多田ヒカルが、レーベル移籍後初となる7枚目のオリジナルアルバムを6月27日(水)にEPICレコードジャパンよりリリースすることを発表! 合せて最新アーティスト写真も公開された。

アルバムタイトルは『初恋』。伝えきれない感情を、誰もが知っている言葉で描く。言い尽くせない想いを、誰もが親しみを覚える旋律で奏でる。そのポップクリエイターとしての創造性は、デビュー20周年を迎えた今も絶頂期であることを如実に物語る作品となっている。先行配信楽曲「大空で抱きしめて」(「サントリー天然水」CMソング)、「Forevermore」(TBS系日曜劇場『ごめん、愛してる』主題歌)、「あなた」(映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』主題歌/ソニー「ノイキャン・ワイヤレス」CMソング)に加え、「誓い」(『KINGDOM HEARTS III』テーマソング)、「初恋」(TBS系火曜ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』イメージソング)、「Play A Love Song」(「サントリー 南アルプススパークリング」CMソング)ほか話題曲含む全12曲収録予定とのこと。

また、初回出荷分に関しては、2018年末に行われるコンサートツアーチケット先行応募抽選券が封入されることも決定! ツアースケジュールも発表され、約12年ぶりのコンサートツアーということもあり、アルバムとともに盛り上がること必至だ。デビュー20周年記念日となる12月9日(日)まで宇多田ヒカルの活動から、ますます目が離せない。

アルバム『初恋』

2018年6月27日発売



【通常盤】
ESCL-5076/¥3,240(税込)、¥3,000(税抜)
※ツアーチケット先行応募抽選券封入
※応募受付期間: 2018年6月26日(火)12:00〜7月11日(水)23:59

■CD予約はこちらhttps://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=ESCL000005076

配信シングル「Play A Love Song」

2018年4月25日配信開始



※「サントリー 南アルプススパークリング」CMソング
・iTunes
https://utadahikaru.lnk.to/playalovesong_iWN
・mora ※ハイレゾ音源
https://utadahikaru.lnk.to/playalovesong_mhWN
・レコチョク
https://utadahikaru.lnk.to/playalovesongrWN


『宇多田ヒカル CONCERT TOUR2018』

11月06日(火) 横浜アリーナ
11月07日(水) 横浜アリーナ
11月14日(水) マリンメッセ福岡
11月15日(木) マリンメッセ福岡
11月22日(木) 日本ガイシホール
11月23日(金) 日本ガイシホール
11月28日(水) 大阪城ホール
11月29日(木) 大阪城ホール
12月04日(火) さいたまスーパーアリーナ
12月05日(水) さいたまスーパーアリーナ
12月08日(土) 幕張メッセ展示ホール9-11
12月09日(日) 幕張メッセ展示ホール9-11



【関連リンク】
宇多田ヒカル、7thアルバム『初恋』発売&12年ぶりのツアー開催決定
宇多田ヒカルまとめ
[ALEXANDROS]、新曲「Follow Me」が2019年開学の“国際工科専門職大学”CM曲に決定

【関連アーティスト】
宇多田ヒカル
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, ツアー

[ALEXANDROS]、新曲「Follow Me」が2019年開学の“国際工科専門職大学”CM曲に決定
Tue, 24 Apr 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月23日(水)にリリースとなる[ALEXANDROS]のニューシングル「KABUTO」の収録曲「Follow Me」が、国際工科専門職大学(2019年4月開学 認可申請中)のTVCMソングに決定した。「Follow Me」は、自分を信じて進むという[ALEXANDROS]らしいメッセージが込められたロックチューンで、国際工科専門職大学(仮称)の“自らが導き出す新しい答えで、世界を変えていけ”というメッセージと合致することから、今回の起用が決定した。

この国際工科専門職大学(仮称)の新CMは、4月26日(木)から放送されるとのことなので、見かけた際にはぜひ楽曲にも注目してほしい。

シングル「KABUTO」

2018年5月23日発売



【初回限定盤】(CD+フォトブック スリーブケース仕様)
UPCH-7414/¥1,800+税



【通常盤】(CD)
UPCH-5941/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.KABUTO
2.ハナウタ/[ALEXANDROS]×最果タヒ
3.Follow Me



【関連リンク】
[ALEXANDROS]、新曲「Follow Me」が2019年開学の“国際工科専門職大学”CM曲に決定
[ALEXANDROS]まとめ
GLIM SPANKY、Ed SheeranやTame Impalaらが出演する『Deezer Session』にアジア人初アーティストとして大抜擢

【関連アーティスト】
[ALEXANDROS]
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 新曲, TVCM, CMソング

GLIM SPANKY、Ed SheeranやTame Impalaらが出演する『Deezer Session』にアジア人初アーティストとして大抜擢
Tue, 24 Apr 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2007年にフランス・パリにてスタートし、世界180カ国で展開&5,300万曲以上を提供する音楽ストリーミングサービス『Deezer(ディーザー)』が制作するライブ映像『Deezer Session(ディーザー・セッション)』にGLIM SPANKYの出演が決定し、映像が公開された。Ed SheeranやTame Impara、Jack Johnsonなど、世界で活躍するアーティストが参加する名高い『Deezer Session』に、なんとアジア人初アーティストとしてGLIM SPANKYが出演するかたちになった。

このライブ映像は、高音質で楽曲を楽しむことができる日本初のロスレスストリーミングサービス『Deezer HiFi(ディーザー・ハイ・ファイ)』(CD quality Music Streaming - Deezer HiFi)が2017年12月にローンチされたのを記念して、3月12日(月)にブルーノート東京で開催されたローンチイベントの際に収録されたもの。当日は8曲披露し、その中から「THE WALL」「The Trip」「アイスタンドアローン(I STAND ALONE)」の3曲を、DeezerのYouTubeチャンネルで公開している。かねてより“日本語のロックで世界に勝負する”ことを目標に掲げ、全人類に向けてロックを創り続けてきたGLIM SPANKYが、世界に向けて一歩を踏み出すこととなった。

『Deezer Session』参加に対して、松尾レミ(Vo&Gu)は“アジア人初なんて本当に光栄&嬉しいです。アジア人ということを誇りに持ちつつ世界と共有できるロックを、と思い活動しているので世界中のみなさんに発信できることを嬉しく思います。Deezerには大好きなバンドがたくさんでているのでそれも嬉しい。是非みなさんGLIM SPANKYはもちろん、他のイケてるバンドも一緒に見て、ロックを楽しんでくださいね!”とコメント。

5月9日(水)には、テレビ朝日系列ドラマ『警視庁・捜査一課長 season3』主題歌「All Of Us」のリリースも控え、ますます吹き荒れるGLIM SPANKY旋風。ここにロックは生きている。

シングル「All Of Us」

2018年5月9日発売



【初回盤】(CD+DVD)
TYCT-39076/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.All Of Us(テレビ朝日系列ドラマ『警視庁・捜査一課長 season3』主題歌)
2.To The Music(NHKワールドJAPAN・BSプレミアム『J-MELO』エンディングテーマ曲)
3.The Flowers(三越伊勢丹グループ『2018花々祭 WILD FLOWERS〜花を愛する人々〜』キャンペーンオリジナルソング)
■DVD
2018.1.20台湾「BIZARRE CARNIVAL Tour in Taipei」ドキュメンタリー映像



【通常盤】(CD)
TYCT-30074/¥1,300+税



【関連リンク】
GLIM SPANKY、Ed SheeranやTame Impalaらが出演する『Deezer Session』にアジア人初アーティストとして大抜擢
GLIM SPANKYまとめ
Saucy Dog、ミニアルバム『サラダデイズ』から「真昼の月」MV公開

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

Saucy Dog、ミニアルバム『サラダデイズ』から「真昼の月」MV公開
Tue, 24 Apr 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Saucy Dogが5月23日(水)にリリースするミニアルバム『サラダデイズ』から、収録曲「真昼の月」のMVを公開! キム・ユンス監督が手がけたこのMVは、楽曲内の主人公の心情が絵画を通じて抽象的かつシンプルに表現されている。同曲は、3月より先行配信も開始されているので、MVと併せてチェックしてほしい。

アルバム『サラダデイズ』には全7曲を収録。前作『カントリーロード』で期待を寄せたラブソングのみならず、今回は各楽曲に収められた歌詞やテーマも幅広く、音楽的にもより多くの人の心に入り込むであろう作品に仕上がった。リリース週の週末、5月25日(金)からは、全11公演即日完売で迎える初のワンマンツアー『one-one tour 2018』を開催。今作に収録される楽曲が、このツアーでどのように披露されるのか期待が高まる。

ミニアルバム『サラダデイズ』

2018年5月23日発売



MASHAR-1006/¥1,667(税抜)
<収録曲>
1.真昼の月
2.あとの話
3.曇りのち
4.コンタクトケース
5.メトロノウム
6.世界の果て
7.バンドワゴンに乗って

全国ワンマンツアー『one-one tour 2018』

5月25日(金) 東京・渋谷TSUTAYA O-Crest
5月27日(日) 宮城・仙台LIVE HOUSE enn 3rd
6月15日(金) 香川・高松TOONICE
6月16日(土) 広島・広島BACK BEAT
6月17日(日) 福岡・福岡Queblick
6月24日(日) 北海道・札幌SOUND CRUE
6月29日(金) 愛知・名古屋ell.FITS ALL
6月30日(土) 新潟・新潟RIVERST
7月04日(水) 大阪・心斎橋JANUS<追加公演>
7月05日(木) 大阪・心斎橋JANUS
7月11日(水) 東京・渋谷WWW<追加公演>



【関連リンク】
Saucy Dog、ミニアルバム『サラダデイズ』から「真昼の月」MV公開
Saucy Dogまとめ
BiSH、中野サンプラザ公演から「PAiNT it BLACK」のライブ映像公開

【関連アーティスト】
Saucy Dog
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, ミニアルバム

BiSH、中野サンプラザ公演から「PAiNT it BLACK」のライブ映像公開
Tue, 24 Apr 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSHが、2018年1月30日のZEPP TOKYO公演を皮切りに全国12箇所で開催した『BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR』のファイナルであり、初のホール会場ワンマンとして4月22日に開催した中野サンプラザ公演から「PAiNT it BLACK」フルバージョンの映像を公開した。「PAiNT it BLACK」は、テレビアニメ『ブラッククローバー』第2クール オープニングテーマ、ラウンドワンCMソングとしても起用された楽曲で、全公演SOLD OUTとなったツアーの熱気を感じることができる映像になっている。

そして、6月27日にリリースされるシングル「Life is beautiful / HiDE the BLUE」の初回生産限定盤・DVD盤に、中野サンプラザ公演のライブの模様が完全収録されることも発表された。超満員の全国ツアーをまわり、5月22日に開催する横浜アリーナでのワンマンライブに向けて、さらに勢いを増すBiSHに引き続き注目だ。

シングル「Life is beautiful / HiDE the BLUE」

2018年6月27日発売



【初回生産限定盤】(SINGLE+Blu-ray+豪華写真集)
AVCD-94076/B/¥10,000+税

【SINGLE+DVD】
AVCD-94077/B/¥4,980+税

【SINGLE】
AVCD-94078/¥1,000+税

<収録曲>
■CD
1.Life is beautiful
2.HiDE the BLUE
■Blu-ray
ライブ映像、Music Video収録予定
■DVD
ライブ映像収録予定

<ライブ映像収録内容>
2018.04.22 中野サンプラザ『BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR FiNAL』
01.SHARR
02.My distinction
03.オーケストラ
04.DA DANCE!!
05.SMACK baby SMACK
06.本当本気
07.BODiES
08.JAM
09.プロミスザスター
10.スパーク
11.spare of despair
12.VOMiT SONG
13.Here\'s looking for you,kid.
14.GiANT KiLLERS
15.OTNK
16.MONSTERS
17.FOR HiM
-ENCORE-
18.My landscape
19.PAiNT it BLACK
20.BiSH- 星が瞬く夜に-



【関連リンク】
BiSH、中野サンプラザ公演から「PAiNT it BLACK」のライブ映像公開
BiSHまとめ
昼間も夜も走り抜けよう! ドライブしているMV特集

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, シングル

昼間も夜も走り抜けよう! ドライブしているMV特集
Tue, 24 Apr 2018 18:00:00 +0900


先日公開された西野カナのデビュー10周年第一弾シングル「アイラブユー」は、1970年代に販売されていたアメリカン・モーターズ社制の車“ペーサ−”に乗り込み、まるで西野カナとデートしているかのような演出がなされたMV。やわらかい歌声に軽やかな映像で、思わずドライブに出掛けたくなりますね。今回はそんなドライブをしている気分になれるMVを集めてみました。

■「アイラブユー(Short Ver)」 (’18)/西野カナ

桜の花びらが舞う中、ヴィンテージの車に乗り込む西野カナ。赤と白のボーダーのトレーナーに白いシフォンスカートを着ているけれど、場面が切り替わると窓の外の景色にあわせて、春夏秋冬それぞれの季節にピッタリな服に変化する。最後はどの季節でも違和感のない服に着替えて、外の景色もどんな季節にも当てはまるようなものに。あなたはこの風景にどの季節を当てはめますか?

■「夢見るバンドワゴン」 (\'13)/andymori

高速道路を走る水色と白の左ハンドルのワゴン車。乗っているのはもちろんメンバーだ。歌いながら助手席に乗り込んだヴォーカル小山田壮平をはじめとした和やかで軽やかなドライブシーンと、町で暮らす人々の情景。どこにでもいそうだけれど、一癖も二癖もありそうな登場人物たちの、それぞれの冴えない日常が意外なドラマとともに描かれる。どこか共感を拒むような、けれど惹きつけられる魅力的なMVだ。

■「お二人Summer」(\'10)/ケツメイシ

ちょっと気が早いけれど、これからの季節にぴったりかも。真っ赤なオープンカーを走らせて、ビーチボールや水鉄砲を手に海辺をドライブするメンバーはノリノリだ。ナンパに挑戦するメンバーたちを、サングラスの外国人男性がさらにナンパ。明るくて元気な気持ちを貰える夏にぴったりのMVだけど、この外国人男性、実は…。結末はぜひその目で確かめてみてください!

■「RAKUEN」(\'12)/THE 野党

ポルノグラフィティの新藤晴一、湘南乃風のSHOCK EYE、サウンドクリエーターの篤志からなるTHE 野党。出自の違う3人が、ミュージックステーションでの共演をきっかけに結成したプロジェクトだが、MVではその特殊性を感じさせない。アニメと実写のコラージュで制作されたこのMV、よくみると懐かしいあのアニメ、いまでもお茶の間を賑わす国民的アニメなどのパロディがちりばめられている。

■「HOW DO YOU FEEL?」 (\'17)/Yogee New Waves

never young beach、Suchmosなどと同期の、2013年結成のバンド。コアな音楽ファンの間で徐々に人気を集めてきた。このMVで登場するのは、真夜中の東京をゆったり走る白い車。夜の都会の静かな景色が曲とバランスをとっているのに対し、乗っているのはスーツと革ジャンのアンバランスな2人の男性。関係も気になるけれど、こんな夜中にどこへ向かうのか……。実際に夜中に聴くとさらにグッとくるので、おすすめ!

TEXT:辻瞼



【関連リンク】
昼間も夜も走り抜けよう! ドライブしているMV特集
西野カナまとめ
andymoriまとめ
ケツメイシまとめ
THE 野党まとめ

【関連アーティスト】
西野カナ, andymori, ケツメイシ, THE 野党, Yogee New Waves
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, 気になるワードでディグる! 〇〇なMV, ミュージックビデオ, MV













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1