歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2022年08月10日)
バックナンバー
最新ニュース
2022/08/09
2022/08/08
2022/08/07
2022/08/06
2022/08/05
2022/08/04
2022/08/03
2022/08/02
2022/08/01
2022/07/31
2022/07/30
2022/07/29
2022/07/28
2022/07/27
2022/07/26
2022/07/25
2022/07/24
2022/07/23
2022/07/22
2022/07/21
2022/07/20
2022/07/19
2022/07/18
2022/07/17
2022/07/16
2022/07/15
2022/07/14
2022/07/13
2022/07/12
2022/07/11
2022/07/10
2022/07/09
2022/07/08
2022/07/07
2022/07/06
2022/07/05
2022/07/04
2022/07/03
2022/07/02
2022/07/01
2022/06/30
2022/06/29
2022/06/28
2022/06/27
2022/06/26
2022/06/25
2022/06/24
2022/06/23
2022/06/22
2022/06/21
2022/06/20
2022/06/19
2022/06/18
2022/06/17
2022/06/16
2022/06/15
2022/06/14
2022/06/13
2022/06/12
2022/06/11
2022/06/10
2022/06/09
2022/06/08
2022/06/07
2022/06/06
2022/06/05
2022/06/04
2022/06/03
2022/06/02
2022/06/01
2022/05/31
2022/05/30
2022/05/29
2022/05/28
2022/05/27
2022/05/26
2022/05/25
2022/05/24
2022/05/23
2022/05/22
2022/05/21
2022/05/20
2022/05/19
2022/05/18
2022/05/17
2022/05/16
2022/05/15
2022/05/14
2022/05/13
2022/05/12
2022/05/11
2022/05/10
2022/05/09
2022/05/08
2022/05/07
2022/05/06
2022/05/05
2022/05/04
2022/05/03
2022/05/02
2022/05/01
2022/04/30
2022/04/29
2022/04/28
2022/04/27
2022/04/26
2022/04/25
2022/04/24
2022/04/23
2022/04/22
2022/04/21
2022/04/20
2022/04/19
2022/04/18
2022/04/17
2022/04/16
2022/04/15
2022/04/14
2022/04/13
2022/04/12
2022/04/11
2022/04/10
2022/04/09
2022/04/08
2022/04/07
2022/04/06
2022/04/05
2022/04/04
2022/04/03
2022/04/02
2022/04/01
2022/03/31
2022/03/30
2022/03/29
2022/03/28
2022/03/27
2022/03/26
2022/03/25
2022/03/24
2022/03/23
2022/03/22
2022/03/21
2022/03/20
2022/03/19
2022/03/18
2022/03/17
2022/03/16
2022/03/15
2022/03/14
2022/03/13
2022/03/12
2022/03/11
2022/03/10
2022/03/09
2022/03/08
2022/03/07
2022/03/06
2022/03/05
2022/03/04
2022/03/03
2022/03/02
2022/03/01
2022/02/28
2022/02/27
2022/02/26
2022/02/25
2022/02/24
2022/02/23
2022/02/22
2022/02/21
2022/02/20
2022/02/19
2022/02/18
2022/02/17
2022/02/16
2022/02/15
2022/02/14
2022/02/13
2022/02/12
2022/02/11
2022/02/10
2022/02/09
2022/02/08
2022/02/07
2022/02/06
2022/02/05
2022/02/04
2022/02/03
2022/02/02
2022/02/01
2022/01/31
2022/01/30
2022/01/29
2022/01/28
2022/01/27
2022/01/26
2022/01/25
2022/01/24
2022/01/23
2022/01/22
2022/01/21
2022/01/20
2022/01/19
2022/01/18
2022/01/17
2022/01/16
2022/01/15
2022/01/14
2022/01/13
2022/01/12
2022/01/11
2022/01/10
2022/01/09
2022/01/08
2022/01/07
2022/01/06
2022/01/05
2022/01/04
2022/01/03
2022/01/02
2022/01/01
2021/12/31
2021/12/30
2021/12/29
2021/12/28
2021/12/27
2021/12/26
2021/12/25
2021/12/24
2021/12/23
2021/12/22
2021/12/21
2021/12/20
2021/12/19
2021/12/18
2021/12/17
2021/12/16
2021/12/15
2021/12/14
2021/12/13
2021/12/12
2021/12/11
2021/12/10
2021/12/09
2021/12/08
2021/12/07
2021/12/06
2021/12/05
2021/12/04
2021/12/03
2021/12/02
2021/12/01
2021/11/30
2021/11/29
2021/11/28
2021/11/27
2021/11/26
2021/11/25
2021/11/24
2021/11/23
2021/11/22
2021/11/21
2021/11/20
2021/11/19
2021/11/18
2021/11/17
2021/11/16
2021/11/15
2021/11/14
2021/11/13
2021/11/12
2021/11/11
2021/11/10
2021/11/09
2021/11/08
2021/11/07
2021/11/06
2021/11/05
2021/11/04
2021/11/03
2021/11/02
2021/11/01
2021/10/31
2021/10/30
2021/10/29
2021/10/28
2021/10/27
2021/10/26
2021/10/25
2021/10/24
2021/10/23
2021/10/22
2021/10/21
2021/10/20
2021/10/19
2021/10/18
2021/10/17
2021/10/16
2021/10/15
2021/10/14
2021/10/13
2021/10/12
2021/10/11
2021/10/10
2021/10/09
2021/10/08
2021/10/07
2021/10/06
2021/10/05
2021/10/04
2021/10/03
2021/10/02
2021/10/01
2021/09/30
2021/09/29
2021/09/28
2021/09/27
2021/09/26
2021/09/25
2021/09/24
2021/09/23
2021/09/22
2021/09/21
2021/09/20
2021/09/19
2021/09/18
2021/09/17
2021/09/16
2021/09/15
2021/09/14
2021/09/13
2021/09/12
2021/09/11
2021/09/10
2021/09/09
2021/09/08
2021/09/07
2021/09/06
2021/09/05
2021/09/04
2021/09/03
2021/09/02
2021/09/01
2021/08/31
2021/08/30
2021/08/29
2021/08/28
2021/08/27
2021/08/26
2021/08/25
2021/08/24
2021/08/23
2021/08/22
2021/08/21
2021/08/20
2021/08/19
2021/08/18
2021/08/17
2021/08/16
2021/08/15
2021/08/14
2021/08/13
2021/08/12
2021/08/11
2021/08/10
2021/08/09
2021/08/08
9mm Parabellum Bullet、新ビジュアルを解禁!アルバム『TIGHTROPE』より2曲の先行配信がスタート
Tue, 09 Aug 2022 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月24日(水)に9枚目のアルバム『TIGHTROPE』をリリースする9mm Parabellum Bulletが、新アーティスト写真を公開した。各メンバーそれぞれに多様な色合いや光のラインが施され、アルバムジャケットともリンクされた、9mm Parabellum Bulletを象徴とする激しくも鮮やかな写真となっている。

また、8月9日(火)よりアルバムの中からリードトラックとなる「All We Need Is Summer Day」、「Hourglass」の2曲の先行配信がスタート。合わせて配信キャンペーンも発表され、Apple Music[Pre-add]、もしくはSpotify[Pre-save]をすると『「TIGHTROPE」オリジナル壁紙』がもれなく手に入り、先行配信中の「All We Need Is Summer Day」もしくは「Hourglass」を対象のストリーミングサービスでTwitterにシェア投稿すると、抽選で9名に『メンバー直筆サイン入り「TIGHTROPE」ジャケットデザインステッカー』がプレゼントされる。

さらに、CDショップでのアルバム購入者特典のデザインも公開されており、配信キャンペーンも含めて日本コロムビアの9mm Parabellum Bulletページにて詳細は確認してもらいたい。

なお、先行配信が開始された「All We Need Is Summer Day」、「Hourglass」の2曲は近日中にMVの公開も予定されているので楽しみに待とう!

彼らはアルバムリリース後、9月9日(金)の大阪・Zepp Osaka Bayside公演を皮切りに、全6箇所にて『9mm Parabellum Bullet presents「Walk a Tightrope Tour 2022」』を開催する。

アルバム『TIGHTROPE』

2022年8月24日(水)発売



COCP-41808/¥3,300(税込)
※初回生産分のみスリーブ&フォトブックレット付き
<収録曲>
1.Hourglass
2.One More Time
3.All We Need Is Summer Day
4.白夜の日々
5.淡雪
6.Tear
7.タイトロープ
8.Spirit Explosion
9.泡沫
10.煙の街

《購入者特典》
・タワーレコード:「マスクストラップ」(オンラインでの早期予約者は対象外)
・Amazon:「メガジャケ」
・コロムビアミュージックショップ:「B2サイズ告知ポスター」
・その他応援店舗:「缶バッジ(40mm×40mm角サイズ)」

《スペシャルレシートプレゼント》
全国のタワーレコードにて「TIGHTROPE」をお買い上げ頂くと、スペシャルレシートをお渡し致します。
対象店舗:タワーレコード全店(オンライン除く)
実施期間:8/23(火)〜8/29(月)

《パネル展開催》
タワーレコード対象店舗にてパネル展を開催!
期間中に「TIGHTROPE」をお買い上げ頂くと抽選でパネルをプレゼントいたします。
対象店舗:タワーレコード新宿店/渋谷店/梅田NU茶屋町店/名古屋近鉄パッセ店/仙台パルコ店/福岡パルコ店
実施期間:8/23(火)〜8/29(月) *タワーレコード新宿店は9/5(月)まで

◎CDショップ情報はこちらまで:https://columbia.jp/artist-info/9mm/info/80160.html

『9mm Parabellum Bullet presents「Walk a Tightrope Tour 2022」』

9月09日(金) Zepp Osaka Bayside
9月11日(日) Zepp Nagoya
9月19日(月・祝) Zepp Fukuoka
9月23日(金・祝) 仙台 GIGS
10月02日(日) Zepp Haneda(TOKYO)
10月09日(日) Zepp Sapporo
<チケット>
料金:¥5,200(D代別/税込)



【関連リンク】
9mm Parabellum Bullet、新ビジュアルを解禁!アルバム『TIGHTROPE』より2曲の先行配信がスタート
9mm Parabellum Bulletまとめ
THE STREET BEATS、夏恒例のスペシャルライブ『BEATSMANIA 2022』開催決定

【関連アーティスト】
9mm Parabellum Bullet
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, キャンペーン, 新曲, リリース, 配信, 音楽配信

THE STREET BEATS、夏恒例のスペシャルライブ『BEATSMANIA 2022』開催決定
Tue, 09 Aug 2022 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

結成38周年を迎えたロックバンド THE STREET BEATSが今夏もスペシャルライブ『BEATSMANIA 2022』を開催! 8月20日(土)の東京新宿LOFTを皮切りに、8月26日(金)に大阪JANUS、8月27日(土)に名古屋RADSEVEN、9月3日(土)に広島SECOND CRUTCH、9月4日(日)に福岡DRUM SONと全国5公演を実施する。

毎年夏の恒例となっている『BEATSMANIA』は、普段のライブやツアーではあまり演奏されることのない楽曲を中心に構成されるマニアックな内容で人気を博しているスペシャルライブ。リーダーでボーカルのOKIは「普段滅多にやらない曲でも、今この時代に歌う意義があると思える曲を中心にセットリストを組む。数年ぶりや数十年ぶりに演奏する曲満載なので楽しみにしていてほしい」とコメントを寄せている。いつの時代にあってもタフな姿勢を崩さず前進を続けるTHE STREET BEATSの熱いライヴをぜひ体感してほしい。

なお、今年4月にリリースした最新マキシシングル「ロックンロールサバイバー」とライブDVD『ROAD TO HOPE』が、『BEATSMANIA 2022』各ライブ会場でも引き続き限定販売されるので、こちらも併せて是非チェックしてほしい。

■『BEATSMANIA 2022』

8月20日(土) 東京 新宿LOFT *配信あり
8月26日(金) 大阪 Music Club JANUS
8月27日(土) 名古屋 RAD SEVEN *配信あり
9月03日(土) 広島 SECOND CRUTCH
9月04日(日) 福岡 DRUM SON

<チケット>
前売¥4500 発売中|当日¥5000
・ローチケ https://is.gd/LvhLRP
・e+ https://is.gd/O5zwKJ
・LOFT HP https://is.gd/g8KB77
配信¥3000 発売中
・8.20東京 https://is.gd/twBnwP (8.27まで購入&視聴可能)
・8.27名古屋 https://is.gd/XOjsHd (9.10まで購入&視聴可能)



【関連リンク】
THE STREET BEATS、夏恒例のスペシャルライブ『BEATSMANIA 2022』開催決定
The Street Beatsまとめ
石崎ひゅーい、デビュー10周年を記念した東名阪ライブツアー開催が決定

【関連アーティスト】
The Street Beats
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー

石崎ひゅーい、デビュー10周年を記念した東名阪ライブツアー開催が決定
Tue, 09 Aug 2022 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

石崎ひゅーいが、メジャーデビュー10周年を記念する東名阪ライブツアー『、&』(読み:てんあんど)を開催することを発表した。

同ツアーは、10月5日(水)愛知・名古屋ダイアモンドホール公演を皮切りに、10月6日(木)に大阪・BIGCATで行われ、10月13日(木)に東京・Zepp Haned(TOKYO)でファイナルを迎える。

先日7月25日のデビュー日に東京・恵比寿リキッドルームで開催したデビュー10周年記念ライブ『石崎ひゅーい 10th Anniversary LIVE 『、』』では、菅田将暉がサプライズゲストで登場し話題となった。

今回のツアーのタイトルは、『、&』となるが、どんな内容になるのか、ファンは楽しみにしておこう。

■【ライブ情報】

『石崎ひゅーい 10th Anniversary TOUR 『、&』』
10月05日(水) 愛知・名古屋ダイアモンドホール
開場/開演 18:00/19:00
10月06日(木) 大阪・BIGCAT
開場/開演 18:00/19:00
10月13日(木) 東京・Zepp Haneda (TOKYO)
開場/開演 18:00/19:00

<チケット>
料金:¥6,500(税込)
※スタンディング(東京公演のみ1Fスタンディング)
※入場整理番号付
※今後の新型コロナウイルス感染状況によって、?元マークに?ってご観覧いただく場合がございます。予め、ご了承ください。
※お一人様4枚まで
※別途ドリンク代必要
※未就学児童入場不可

《先行受付情報》
・オフィシャルFC『人間図鑑』先行受付(抽選)
エントリー期間:8/9(火)20:00〜8/16(火)23:59
当落発表・入金期間:8/19(金)15:00〜8/22(月)23:00
先行受付はこちらから:https://l-tike.com/st1/ishizaki10thand-fc

※本受付はスマートフォン電子チケット引取となります。お申し込みもスマートフォン限定となります。
※これからオフィシャルFC『人間図鑑』へご入会の方
受付システムへの会員様情報反映までに時間が掛かります事予めご了承ください。
受付開始後、GWの関係上、8/11(祝・木)〜8/14(日)は休業期間となっております。
上記休業期間中にオフィシャルFC『人間図鑑』の本会員登録(決済)をして頂いた方は8/15(月)18:00より受付可能となります。
8/15(月)00:00〜11:59までに本会員登録(決済)をして頂いた方は8月15日(月)18:00より受付可能となります。
8/15(月)12:00〜8/16(火)11:59までに本会員登録(決済)をして頂いた方は8月16日(火)18:00より受付可能となります。
8/16(火)12:00以降に本会員登録(決済)をして頂いた方は、今回の先行受付にご参加頂けませんので予めご了承ください。
※FC先行のエントリー期間は8/16(火)23:59までが最終受付時間となっております。ご注意ください。
◎石崎ひゅーいオフィシャルFC『人間図鑑』ご入会はこちらから:
https://www.official-store.jp/ningenzukan/mypage/login.php

《一般発売》
9/17(土)10:00〜
※『スタンディング(立ち見)』について
整理番号順にご入場いただき、ご観覧ください。今後の新型コロナウイルス感染状況によって、?元マークに?ってご観覧いただく場合がございます。予め、ご了承ください。
※来場者様の情報を控えさせて頂きます。
※感染者が発生した場合など、保健所等要請があった際は情報を提供させて頂きますので予めご了承ください。
※新型コロナウィルス感染拡大状況によっては公演延期・中止、会場変更等がある可能性がございます。ご了承の程よろしくお願いいたします。
※ご入場の際、検温・手指消毒を行わせて頂きます。体温が37.5度以上のお客様はご入場をお断りさせて頂きます。
※ご来場の際は必ずマスクのご着用をお願い致します。
※発熱または風邪症状がある方、感染が引き続き拡大している国・地域へ過去二週間以内に訪問歴のある方はご来場をご遠慮ください。
※自治体・会場の規定に則り、ドリンクの提供時間、アルコール販売、館内の飲食に関して制限させていただく可能性がございます。予めご了承ください。
※公演中(開場中)のお客様同士の接触はお控えください。
※場内における会話、大声による発声はお控えください。咳、くしゃみエチケットへのご配慮をお願いします。
※終演後、お帰りの混雑を避けるため、順次ご退場いただく「規制退場」を実施する場合がございます。
※会場周辺で長時間にわたり密に集まる行為を避けるため、出演者の楽屋入待ち、出待ちについては、お控えくださいますようお願いいたします。
※各地コロナ追跡システム・新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」への登録をお願いいたします。入場時に登録画面の確認をさせて頂く場合がございますのでご了承ください。

■その他注意事項
※転売・譲渡について
転売目的のチケット購入はご遠慮ください。オークションなどでの出品などが発覚した場合は、出品者及び購入者入場を拒否させていただきます。
※撮影に関して
公演当日、映像および写真撮影のカメラが入ります。収録された映像・写真は商品化やプロモーション等に使用される可能性がございます。予めご了承下さい。

配信シングル「あいもかわらず」/石崎ひゅーい×菅田将暉

2022年8月2日(水)配信



■配信リンク
https://erj.lnk.to/aimokawarazuAY



【関連リンク】
石崎ひゅーい、デビュー10周年を記念した東名阪ライブツアー開催が決定
石崎ひゅーいまとめ
04 Limited Sazabys、ファンクラブ発足4周年を祝う『町民大感謝祭』を名古屋で開催!ライブレポートも到着!

【関連アーティスト】
石崎ひゅーい
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, ライブハウス, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

04 Limited Sazabys、ファンクラブ発足4周年を祝う『町民大感謝祭』を名古屋で開催!ライブレポートも到着!
Tue, 09 Aug 2022 19:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 04 Limited Sazabysのオフィシャルファンサイト「YON TOWN」発足からちょうど4周年、末広がり&名古屋といえば「八」ということでおめでたいことだらけの2022年8月8日、Zepp Nagoyaにて行われた“YON TOWN 04th Anniversary 〜町民大感謝祭〜”には文字通りYON TOWNの町民が大集合した町内会となった。新型コロナウィルス以降、ライブハウスは定められたガイドラインに沿っての営業を余儀なくされてきたが、少しずつ状況が緩和されてきて、この日の愛知・Zepp Nagoyaも以前に比べると、フルキャパとまではいかないにしろ少しずつ元の状況に戻ってきている様子。肌にこびりついているライブハウスの熱気を感じて開演前から胸が熱くなる。

 地域や会場によってその定義はまだ異なるとは思うけれど、この数年戦ってきたライブハウスも着実に前に進もうとしている。YON TOWNが始まった4年前とは何もかもが変わったけれど、変わらないことだってあるし、変わらない為に変わったこともある。軽視しているわけじゃないけれど、もう憂うより楽しむことに振り切りたい。この数年で04 Limited Sazabysがライブハウスという土壌に蒔いてきた種を町民と共に収穫する時期がもう目の前まできているのだ。その決起集会ともいえる町内会をYON TOWN住民と地元名古屋で行った04 Limited Sazabys。住民満足度の鍵となる町民大歓喜の真夏の会合となった。

 YON TOWN町民限定のこの日のライブのチケットが争奪戦だったことは火を見るより明らか。しかしそこはYON TOWN。住民を愛する村長の粋な計らいで町民に無料生配信することで町に灯りをともしたのだ。GENは「これみんな町民?」と驚いていたけど、会場であるZepp Nagoyaとお茶の間を結んだ大きな町内会で04 Limited Sazabysが見せたのは、町民オンリーならではのセットリストで挑んだいつもとは明らかに違うライブ。大きく息を吸い込みGENが「Horizon」を歌い始めると会場に優しく温かく希望の陽だまりが降り注ぐ感覚を覚える。明けない夜はないとよく言うけれど夜のど真ん中にいるときはその夜事態に潰されないことに必死で夜明けのことまで考えられないことが殆どだ。だけど、だけれど、「Horizon」を全身で浴びながら、微かに見えていた朝を確かにそこに感じたのだ。歯車が狂ったら軌道修正すればいい。そうやって04 Limited Sazabysも町民も新しい歩幅で進んできた。閉めていた鍵を壊して、脳裏に空いた穴を埋めて、夜を明ける。そんな夜明けのお供に「medley」「drops」「Cycle」「cubic」といったレア曲を連れていくのも04 Limited Sazabysらしい。

 この日のライブではYON TOWNにて町民が願いを込めて綴った短冊を紹介しながらフォーリミ彦星たちが願いを叶えていくコーナーも。「ライブで聴きたい曲のリクエスト」や中には「一緒にステージに立ちたい」といった願い事もあり「感染対策の観点から今は無理だけどその夢は叶えてあげたいから練習しておいて」とGENが口にすると会場からは大きな拍手が巻き起こる。そして何より多かったのが町民同士の結婚報告。「結婚式を挙げるのでお祝いして下さい」という願い事が続き、「みんな結婚し過ぎじゃない?」と笑いを誘う場面も。しかし、04 Limited Sazabysで出会って04 Limited Sazabysを好きな者同士が結ばれるなんて、めちゃくちゃハッピーなことだな。そんな幸せな町民たちに送る「labyrinth」の多幸感といったらもう。「君いない未来 興味ない」と歌うGENからの祝福のメッセージを前に、そっと見つめ合う町民カップル、ちゃんと見てましたよ。バンドの活動が長くなっていくとこういうことがあるから最高だ。

 自分たちの立っている場所を確認しながら更なる上を目指す「climb」はライブで聴く度に04 Limited Sazabysというバンドの根底にある底力であったり不屈の精神を感じる。悔しいことなんていっぱい、泣きたくなることなんてめいっぱいあったはずだ。それでも死にたくなるほど負けたくない気持ちを歌にしてきたからこそ生きたくなるほどの無敵のメロディが生まれるのだ。コロナ禍で沈んでしまったアレもコレも、高く跳ぶための助走だって思える説得力が今の04 Limited Sazabysにはある。チョロQだって速く走るために後ろに引っ張るでしょ。速く強く高く飛んで夢を勝ちとるために何が出来るか、何をするか。「climb」を聴きながら自分と向き合う時間を大切に思う。高く飛んだ先には進化があると思っているのだが、例えばそれは「hello」に顕著に表れていて、「hello」をYON FESや武道館で大合唱した日のことは今でも鮮明に覚えているのだけど、ライブで声が出せなくなって、YON EXPOではアコースティックで演奏されたり、それ以降もライブハウスで演奏されているのだけれど、観客が歌うあの一瞬のあの歌声が、声が出せなくても、声にならなくても、しっかりと聴こえるのだ。これはコロナ禍以降の「hello」の進化だと思っているし、04 Limited Sazabysと町民が戦ってきた証だとも思っている。最終進化するのはまた声が戻るときなんだと思うけど、それだって元に戻るというよりは先に進む感覚のほうが強いのかもしれない。歌えなくなったって、聴こえなくなったって、体温はずっと感じているし、36.5度で命を沸かしてもっともっと先にいきたいと思う。その指標となるのが04 Limited Sazabysにとって、町民にちょって、本編ラスト「monolith」なんだと思う。

 町民を歓喜させたのはアンコールで発表された4年振り4枚目のフルアルバム『Harvest』のリリースだ。土壌である『SOIL』に『SEED』の種を蒔いて大収穫の『Harvest』である。もうこのタイトルを聞いただけでこみ上げてくるものがある。しかもこのアルバム、なんと通常盤は1000円で販売されるというのだ。これまでもフィジカルに対する拘りと挑戦をし続けてきた彼らだが、アルバムをこの価格で販売する意味や意図に感謝と敬意を持って、来るアルバムを余すことなく収穫し尽くしたいと思う。いや、しかし1000円て。さらに10月から全国36公演に及ぶツアーも発表された。テレビをつけたら、ネットを開いたら暗いニュースばかりだけれど、04 Limited Sazabysがひっくり返してくれる気がする。ひっくり返してくれるでしょう。初披露された新曲「Keep going」でGENは「諦めることを諦める」というメッセージを放っていた。諦めることを諦めて、ただ前に、ただ先に。それは04 Limited Sazabysがずっと歌ってきたことだけど、今このタイミングでの「Keep going」は未来への確固たる決意表明だと捉えられるし、アルバムで彼らがどんな音楽を届けてくれるか本当にワクワクさせられた。いいか、世界はいつまでも最低なまんまじゃないんだ。音に乗って風に乗って加速して取り戻して見つけ出して前に進む。進める。YON TOWN発足から4年経って、この4年間は決して平坦なものではなかったけど、4年経ってこうやって町内会を盛大に行えたんだから、みんなの日々が実ったんだと思う。10月12日、4年振りに全国各地で行われるであろう大収穫祭。それまでの2か月間、たっぷりと水をあげて耕して、また秋に会いましょう。

撮影:ヤオタケシ/文:柴山順次(2YOU MAGAZINE)

<セットリスト>
『YON TOWN 04th Anniversary 〜町民大感謝祭〜』
2022年8月8日 at Zepp Nagoya
01. Horizon
02. puzzle
03. Jumper
04. escape
05. days
06. medley
07. drops
08. Cycle
09. cubic
10. Montage
11. Lost my way
12. discord
13. labyrinth
14. climb
15. Galapagos
16. Grasshopper
17. Letter
18. milk
19. hello
20. Feel
21. monolith
<EN>
01. Keep going
02. Terminal
03. capture

■【アーカイブ配信 詳細】

■8/8(月) Zepp Nagoya 『YON TOWN 04th Anniversary 〜町民大感謝祭〜』 開設04周年記念LIVEを
FC限定で無料生配信(本日より8/14までアーカイブ視聴可能)
詳細:https://www.04limitedsazabys.com/feature/yontown_04th?_normalbrowse_=1

■【ライブ情報】

■『Harvest tour 2022』
10月18日(火) 千葉・千葉LOOK
10月20日(木) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
10月23日(日) 栃木・HEAVEN\'S ROCK宇都宮 VJ-2
10月27日(木) 愛媛・松山WstudioRED
10月28日(金) 高知・キャラバンサライ
11月03日(木) 北海道・小樽GOLD STONE
11月05日(土) 北海道・帯広MEGA STONE
11月06日(日) 北海道・旭川CASINO DRIVE
11月10日(木) 福島・郡山Hip Shot Japan
11月12日(土) 岩手・盛岡club change WAVE
11月13日(日) 秋田・club SWINDLE
11月16日(水) 静岡・浜松窓枠
11月17日(木) 兵庫・神戸太陽と虎
11月19日(土) 山口・周南RISING HALL
11月23日(水) 石川・金沢EIGHT HALL
11月24日(木) 長野・CLUB JUNK BOX
11月26日(土) 山梨・甲府KAZOO HALL
12月01日(木) 鹿児島・CAPARVO HALL
12月02日(金) 熊本・B.9 V1
12月04日(日) 長崎・DRUM Be-7
12月08日(木) 京都・京都MUSE
12月10日(土) 岐阜・club-G
12月11日(日) 愛知・豊橋club KNOT
※各公演対バンあり(後日発表)
<チケット>
・最速選考
YON TOWN 先行: 8/8(月)21:00〜8/21(日)23:59 
https://sp.04limitedsazabys.com/

■『Harvest tour 2023 〜one man series〜』
1月16日(月) 東京・Zepp Haneda (TOKYO)
1月17日(火) 東京・Zepp Haneda (TOKYO)
1月20日(金) 北海道・Zepp Sapporo
1月22日(日) 宮城・仙台GIGS
1月26日(木) 大阪・Zepp Osaka Bayside
1月27日(金) 大阪・Zepp Osaka Bayside
2月01日(水) 神奈川・KT Zepp Yokohama
2月03日(金) 新潟・新潟LOTS
2月05日(日) 香川・高松festhalle
2月06日(月) 広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
2月08日(水) 福岡・Zepp Fukuoka
2月15日(水) 愛知・Zepp Nagoya
2月16日(木) 愛知・Zepp Nagoya
<チケット>
・最速先行
アルバム『Harvest』封入先行:10/12(水)18:00〜10/23(日)23:59

アルバム『Harvest』

2022年10月12日(水)発売



【初回盤】(CD+Blu-ray)
COZP-1944/5/¥5,000(税込)
【初回盤】(CD+DVD)
COZP-1942/3/¥4,444(税込)
【通常盤】(CD)
COCP-41837/¥1,100(税込)
<収録曲>
■CD
14曲+ Bonus track(※CDのみ収録) 
※収録内容は後日発表
■Blu-ray、DVD
・YON FES 2022 Live & Documentary
・Harvest 完成記念慰安旅行? 〜大収穫!?キャンプ編〜
・「F.A.L」MUSIC VIDEO (Bonus track)

《初回盤・通常盤 共通特典》※初回プレス封入特典
・「Harvest tour 2023 〜one man series〜」最速先行応募ID(応募期間:10/12(水)18:00〜10/23(日)23:59 )
※初回盤のみ
・プレイパス対応(Blu-ray、DVDのみ対応)※映像がスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応

◎予約ページはこちら:https://lit.link/04limitedsazabys



【関連リンク】
04 Limited Sazabys、ファンクラブ発足4周年を祝う『町民大感謝祭』を名古屋で開催!ライブレポートも到着!
04 Limited Sazabysまとめ
MIYAVI、『WOWOW欧州サッカー』テーマソングとして新曲「Fearless」を書き下ろし!

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 配信, ライブハウス, ライブ, ワンマン, チケット, レポート

MIYAVI、『WOWOW欧州サッカー』テーマソングとして新曲「Fearless」を書き下ろし!
Tue, 09 Aug 2022 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MIYAVIの新曲「Fearless」が、『WOWOW欧州サッカー』のテーマソングに決定した。

同曲は、世界中のスター選手が集う世界最高峰の戦いを彩る『WOWOW欧州サッカー』今シーズンのために書き下ろされた楽曲。セレッソ大阪のユース選手だったMIYAVIが、競技やサポーター、そして闘う選手に思いを馳せて作り上げられた。

この曲は8月11日(木・祝)に放送・配信される『UEFAスーパーカップ2022 レアル・マドリードvsフランクフルト』を皮切りに、WOWOWの欧州サッカーの番組内でオンエアされるので、ぜひチェックしよう!

■【MIYAVI コメント】

「自分も子供の頃プロのサッカー選手を目指して、毎日ボールを蹴っていたというのと、いちサッカーファンとしても、がんがんスタジアムで鳴ってる楽曲、オーディエンスのみんなが一つになって歌える楽曲というものをまずイメージしました。

一体感と躍動感、魂を解放するような、自分たちを鼓舞するような楽曲、メロディ、ビートを目指して作りました。

僕自身も、ライヴの前や大きな撮影の前など、いつも何かに挑戦する前に「戦う前の緊張」や「失敗することへ恐怖」を感じます。これらは誰もが経験したことのある感情だと思います。それを押し殺し、乗り越えらるようなエナジーを込めました」



【関連リンク】
MIYAVI、『WOWOW欧州サッカー』テーマソングとして新曲「Fearless」を書き下ろし!
MIYAVIまとめ
コレサワ、ミニアルバム『サマラブ』配信スタート!

【関連アーティスト】
MIYAVI
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 新曲, テレビ番組, 主題歌

コレサワ、ミニアルバム『サマラブ』配信スタート!
Tue, 09 Aug 2022 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月9日(火)でデビュー5周年を迎えたシンガーソングライター・コレサワが、1年5カ月振りとなるミニアルバム『サマラブ』を配信リリースした。

本作は夏をテーマにしたコンセプトアルバムとなり、先行配信している「君の住む街の天気が都合のいい空でありますように」「ゆびきりげんまん」「SPARK!!」を含む全7曲収録した、夏らしさ溢れる1枚が完成。 アルバムを通してひと夏を感じさせる渾身のミニアルバムとなっている。

この配信に合わせて、Twitterシェアキャンペーンの開催も決定した。対象のストリーミングサービスにて『サマラブ』を聴いて、楽曲の感想とともに楽曲URL、指定のハッシュタグをTwitterに投稿すると抽選で5名様に「コレマートエコバック(サイン入り)」があたるキャンペーンとなっている。

また、Tiktokのコレサワアカウント(koresawa_519)では、コレサワとスタッフによる5周年期間、毎日投稿が行なわれる。弾き語り動画や歌詞動画、MVなど様々なコレサワの音楽にふれられる動画になる予定なので、是非ハートや感想をコメント欄に残してほしい。

そして、3年ぶりとなるバンド編成でのツアー『コレサワ LIVE 2022 サマーエンドツアー』が10月14日(金)心斎橋BIG CAT、10月27日(木)名古屋THE BOTTOM LINE、11月4日(金)東京EX THEATER ROPPONGIにて開催。8月13日(土)より一般発売が開始される。チケットが残りわずかの会場もあるので逃さず応募してほしい。

ツアーに先駆け、コレサワ公式通販『コレショップ』では「れ子ちゃんボアジャケット」の受注予約が開始。ホワイトとブラックの2色展開で、胸にれ子ちゃんの刺繍入り、10,000円(税込)となる。アウターはコレサワのグッズとしては初の試みで、各ツアー会場では数量限定販売となるため、必ずゲットしたい人はコレショップをチェックしよう。

ミニアルバム『サマラブ』

2022年8月9日(火)配信リリース



<収録曲>
1.SPARK!!
2.ゆびきりげんまん
3.きっと夏
4.BGMにならない夜
5.君の住む街の天気が都合のいい空でありますように
6.ぷんぷん
7.サマーエンド

■配信リンク
https://lnk.to/Summer_Love

『コレサワ LIVE 2022 サマーエンドツアー』

10月14日(金) 大阪・心斎橋BIGCAT
10月27日(木) 愛知・THE BOTTOM LINE
11月04日(金) 東京・EX THEATER ROPPONGI

チケット代:¥5,500(税込/D別)
一般発売:8月13日(土)
※詳細はオフィシャルHPにて

【Twitterシェアキャンペーン】

対象のストリーミングサービスにて配信がスタートした『サマラブ』を聴いて、楽曲の感想とともに楽曲URL、指定のハッシュタグをTwitterに投稿。投稿してくださった方の中から抽選で5名様に「コレマートエコバック(サイン入り)」をプレゼント。みなさまの熱い感想お待ちしております!

■対象ストリーミングサービス
Apple Music、Amazon Music、AWA、KKBOX、LINE MUSIC、Rakuten Music、Spotify、YouTube Music、TOWER RECORDS MUSIC

■対象楽曲リンク
https://lnk.to/Summer_Love
■対象期間
8月9日(火)〜8月22日(月)23:59

■応募方法
(1)コレサワスタッフアカウント ( @koresawa_STAFF )のTwitterアカウントをフォロー
※当選された方には、コレサワスタッフアカウントよりダイレクトメッセージでご連絡いたします。
(2) 対象のストリーミングサービスにて「サマラブ」の作品ページへアクセスする。
・作品ページはこちら
https://lnk.to/Summer_Love
(3) 作品ページ内にある「…」ボタンをタップ→「アルバム共有/シェア」などを選択 → Twitterを選択。
※シェア(URLを取り出す)の方法は各サービスによって異なりますので、ご不明な場合はお使いのサービスのユーザーマニュアルをご覧ください。
(4) 作品ページのURLがTwitterの投稿画面に表示されたら、ハッシュタグ「#コレサワ」、「#サマラブ」をつけて、楽曲の感想と一緒にシェア投稿する。
楽曲の聞きどころ、「ここの歌詞がいい」、「ここのリフやこのフィルインが良い」といった皆様の熱い感想をお待ちしております。

■注意事項
※当選された方には、(@koresawa_STAFF)のTwitterアカウントよりダイレクトメッセージでお知らせします。
※必ずアカウントのフォローをお願いいたします。
※ダイレクトメッセージの送受信を可能な設定にしてください。
※鍵付きアカウントは鍵を外してご応募ください。
※参加の際の通信費はお客様のご負担となります。
※本アカウントに企画に関するお問い合わせをいただいてもお答えできません。以下のお問合せまでお願い足します。
【お問合せ】
日本コロムビア お客様相談センター
03-5962-6990 (10:00〜13:00 / 14:00〜17:00(土・日曜日、祝日を除く)
※当落についてのお問合せはお受けしておりません。
※配信サイトへの本企画のお問い合わせはご遠慮ください。



【関連リンク】
コレサワ、ミニアルバム『サマラブ』配信スタート!
コレサワまとめ
超特急、10周年ツアーで進化を提示!9人体制でのパフォーマンスを初披露

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, リリース, ミニアルバム, 配信, 音楽配信

超特急、10周年ツアーで進化を提示!9人体制でのパフォーマンスを初披露
Tue, 09 Aug 2022 10:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年6月にデビュー10周年を迎えたダンス&ボーカルグループの超特急が、アニバーサリーツアー『Progress』の最終公演を、8月8日に東京ガーデンシアターで開催した。3年ぶりとなるホールツアーで全国10都市18公演を巡り、さらなる追加公演となったこの日は、ファンネームである“8号車”にちなんで“8号車の日”と呼ばれている大切な日。毎年スペシャルなイベントが行われているが、今年もファンへの愛をてんこ盛りに、8号車の日だからこその演出を組み込んだステージで、詰めかけた8号車を熱狂させた。加えてアンコールでは、4月23日のツアー初日に告知&募集開始した新メンバーオーディション『超特急募』の結果も発表され、9人体制での初パフォーマンスもお披露目。5人から9人となった“新生超特急”としての第一歩を、8号車の温かな拍手のなかで記した。

5人体制としては最後のライブを目前に、不思議な緊張感に満ちた4階建ての客席には8号車がいっぱいに。そして発車ベルに続く勇壮なSEからステージ2階に5人が登場し、「『Proress』8号車の日、始まったぞ! 楽しもう!」というリョウガの号令で始まったのは「a kind of love」だ。超特急にとって新たなスタートを象徴する大事な楽曲で、タカシのボーカルも晴れやかに響きわたり、一歩を踏み出すからこその切なさもほんのり滲ませて、節目となるステージを特別な感慨の中で幕開ける。しかし、そんな感傷に浸らせたかと思いきや、タイトルを裏切らないトリッキーな仕掛けにあふれた超高速チューン「激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリームわ〜るど」を投下して、観る者の感情を迷子にするのが超特急らしいところ。続く「Secret Express」では、舞台セットの観覧車やメリーゴーランドの電飾も色とりどりにきらめいて、テーマパークをテーマにしたツアーを華やかに彩っていく。「8号車のみなさん!」とタクヤが顔を振った「SAY NO」といい、メンバーのテンションも異常な振り切れっぷり。今日にかける5人の気合が並々ならぬものであることは、冒頭から明らかだ。

この日はWOWOWの生中継も入っているとのことで、画面越しの視聴者にも挨拶してからは、「今日は絶対忘れられない1日にしましょう」(ユーキ)と、ダンスグループとしての旨味で魅せるブロックへ。太いビートが鼓動と重なり、5人の挑発的な仕草に胸が高鳴る「Beasty Spider」、対照的に温かな笑顔に心包まれる「Four Seasons」と、種類の違う愛に満ちたナンバーで観る者の心を震わせる。「8号車の日、祭りの時間だ! だけどシートベルトは締めてください」(リョウガ)という煽りからは、今日“8号車の日”のためだけに用意されたメドレーもスタート。メンバーコールが吹き荒れる人気曲「Drive on week」で躍動すると、「一番好きなものは……8号車!」と嬉しい宣言を盛り込んだサマーチューン「Summer love」に続き、「Kiss me Baby」ではハードなダンスと画面いっぱいに広がる蠱惑的な笑みで8号車を悩殺する。さらに、中華サウンドに乗ってタカシとダンサーがバトルするカオスな「キズナアルゴリズム」、5人が振るタオルに色とりどりのペンライトが応える「浮つきWAVES」に続くサンバチューン「CARNAVAL」では、タカシの歌声もノリにノッて、夏ムードは極限までヒートアップ。14分超のメドレーをノンストップで贈って「暑い!」「夏すぎる!」と口にした5人に、客席からは大きな拍手が贈られた。「詰め込みすぎ!」とボヤいたリョウガに、このツアーでも総合演出を務めたユーキは「だって、8号車の日だからね」と即答。こんなさりげないやりとりからも、8号車に対する愛の強さがうかがえる。

3ヶ月半にわたるツアーも最終日ということで、MCでは舞台セットの各所に仕込まれていた11匹の“隠れウサギ”の答え合わせも。その後は“街を騒がすニンジン大好きな5人組”の“ぴょん特急”が、ステージを席捲することになる。白とピンクのモコモコパーカー&ウサ耳を身に着けて5人が登場すると、キュートな見た目を裏切るバキバキのダンスが炸裂する「ウサギミック」に8号車もギャップ萌え。さらにリョウガが客席に“きゅんきゅんビーム”を飛ばせば、超特急の妹分(?)として昨春デビューし、ミニスカワンピの美麗ビジュアルで一世を風靡したBULLET PINKの「Guilty」を、あざとさ満点でパフォーマンスする。ウサギ繋がりで、曲中に餅つきが行われたダンサー曲「Добрый день(ドブリージェン)」でも、本来は曲に参加しないはずのボーカル・タカシがステージに一人取り残されるという特別な演出が。しかし、予想外にしっかりと歌い踊って8号車を沸かせ、最後は餅つきでふくらんだ餅……ならぬ白い風船が割れて、くす玉から“ありがぴょん”の文字を飛び出させる。一転、超特急でも指折りにセクシーな「Full moon」では、タイトル通り大きな月の映像をバックにウサギ姿でニンジンを愛でつつ、8号車を誘惑するという奇想天外すぎるアプローチも。ウサギを出発点に月、餅つきといったモチーフを盛り込んで、想像を絶する組み合わせでパフォーマンスを成立させてしまうのは、超特急にしかできない力技だ。

黒ベースのスタイリッシュな衣装に着替えてからは、昨年発売された最新アルバム『Dance Dance Dance』の収録曲で、タカシのボーカルにカイがラップを入れるという初の試みが話題を呼んだ「Chill out@JP」を披露。デュエット状態になった2人のラブリーな絡みで客席を色めき立たせたると、今度は8号車のペンライトを消させ、紗幕に映る映像と動きをシンクロさせたパフォーマンスで“超特急パーク”へと誘っていく。カイとタカシは椅子を使ってカーレースを楽しみ、お化け屋敷を探検するリョウガがタクヤを意のままに操れば、ユーキはアクロバットで飛んでくるアイテムを粉砕。さまざまなアトラクションを楽しませるのみならず、豪快なロックサウンドに乗せて紗幕の映像効果と自らの動きをシンクロさせる体当たりのコラボダンスでも、8号車の目を釘付けにするのはさすがだ。そして「8号車! テンションブチあげていこうか!」との雄叫びで紗幕が上がってからはラストスパート。「超えてアバンチュール」に「BREAK OFF」と、ファンと一緒に盛り上がれるライブ鉄板曲を畳みかける5人があげる声は8号車のぶんまで厚く、「バッタマン」でメンバーが放つメンバーの“8号車!”コールもいつにも増して熱い。シュールな「Don’t Stop 恋」でも、コミカルな全力ダンスや朗々と冴えわたるタカシの歌声に何故だか胸が熱くなり、謎の感動に戸惑ってしまうほどだ。

最後に「今まで10年間、本当にたくさんのことがありました。そんな10年間の感謝と、これからの10年間の感謝を込めて」と、リョウガがタイトルコールしたのは、6月10日のデビュー記念日にリリースされた最新曲「クレッシェンド」。舞台後方のLEDモニターにはクレッシェンドの音楽記号や超特急ポーズ、さらに歴代楽曲の振りつけを組み込んだダンスを踊る5人が歌詞と共に映し出され、10年間の歩みを経て辿り着いた“今”の超特急を、8号車の目と心に強く刻みつける。“叶えるまで終わらない”“いつだって君と笑い合う未来へ”とタカシが歌い上げるフレーズが胸に沁みるなか、「みんなで楽しい時間にしていきましょう!」(カイ)と幕開けたアンコールも実に“8号車の日”らしいものに。「Burn!」ではメンバーがハンディカメラで客席をステージ上から映し、「心の中で歌って! 僕たちも一緒に歌います!」と合唱するサビで、タカシは「超特急はもっともっと強くなります。だって諦めたくないから!」と絶叫。そして「僕たちは、超特急です!」と超特急ポーズを8号車と共に繰り出すと、笑顔いっぱいの「走れ!!!!超特急」を力強く贈って、改めて“君を連れて行くから”と約束を交わす。最後に5人で「超特急でした!」と超特急ポーズを繰り出した彼らに、場内からは大きな拍手が。それは10年もの間、8号車と共に育て上げてきた絆が結実した瞬間であり、新たな始まりへの祝福でもあったように思う。

ツアーの思い出を映像で盛り込んだ本日だけのエンドロールに続き、LEDモニターに“To be Continued……”の文字が浮かぶと、メンバーカラーのスーツを纏った5人が再び舞台に。ここでリョウガから、本ツアーの初日に告知して始まった新メンバーオーディション『超特急募』が終了し、新メンバーが決まったことが報告される。そして「超特急の新メンバーに登場していただきましょう!」という彼のコールで2階ステージから現れたのは、バックボーカルの11号車シューヤ、メインダンサーの12号車マサヒロ、13号車アロハ、14号車ハルの4人。結成当初7人だった超特急が9人になるという予想外の結果に、温かい拍手と驚きの声を漏らす8号車に向けて、新メンバーが一人ずつ今の心の丈を述べる。

「僕は音楽番組でタカシくんの熱い想いを聞き、この人の隣で歌いたい、この人を支えたいとオーディションを受けました。今日ここに立てることを、本当に嬉しく思っております。超特急の10年に敬意と感謝をもって、東京ドームを目指して全力で走っていきます」(11号車シューヤ)

「このステージを今日、楽しみにしてきました、これから9人でパフォーマンスをしていきますが、8号車の皆様に勇気と元気を与えられるように全力でパフォーマンスしていきます。温かい応援、よろしくお願いします」(12号車マサヒロ)

「僕は超特急に憧れて今の事務所に入りました、こんな夢のようなオーディションに参加できてメンバーになれたこと、本当に嬉しいです。10年間で作り上げられた空気感を大事にして、これから頑張っていきます」(13号車アロハ)

「いつでも初心を忘れずに、8号車の皆様含め、周りの方々に感謝をして……まだ僕は17歳ですが、この超特急というチームを引っ張っていくぞという気持ちで、もっともっと頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします!」(14号車ハル)

4人の決意表明を受け、既存メンバーの5人も今の気持ちを赤裸々に語ることに。「誰が一番僕たちと一緒にこの長いレールを突き進んでくれるだろうか?」と悩んだというタカシは、「人の人生を左右することって初めてだったので、ホントに押しつぶされそうになったんですけど、今、こうやっての9人で同じ舞台に立てていることが本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。みんな個性スキルもあるので、負けたくない、もっと俺は強くなれる!と思えるような新メンバーを選ばせていただきました」と告白。ユーキは「話したらキリがないんでシンプルに」と言いつつ、「今、ココがスタートだと思ってます。本当にイチからの気持ちで、この9人でノンストップで駆け抜けていけたらいいなと……10年って長いね!長かったよ!まだあきらめてないっすよ!東京ドームも日産スタジアムも叶えて、5人の場所も大切にしながら、9人で最高の思い出を作っていきたい。とにかくステージですべて証明していくんで、これからもよろしくお願いします!」と、目を潤ませながら力強く宣言してくれた。タクヤは選考で重視したポイントとして「あきらめない気持ちだったり、僕たちが大切にしている全力のパフォーマンス、感動を届けられるか?」を挙げ、「その結果、この4人は僕に感動を与えてくれました。本当に泣きそうになってしまって、この4人と一緒なら夢の先にまで行けるんじゃないかって心の底から思いました。すぐに飲み込むことはできないと思いますけど、挨拶を聞いてもらったらわかる通り、メチャメチャいい子たちなんで! 応援してあげてください」と胸を張る。また、新メンバー募集に関して「賛成でも反対でもない」と公言していたカイは、ステージ上で4人を「合格おめでとうございます!」と祝福しながらも、「本当にこの合格が正解だったのかわかってません。正解にしていかなければいけないと思います」と率直に吐露。一方で「今まで超特急に関わった誰一人の思いも置いて行ってはいけない。まず、ここにいるみんなを連れて行きたいので、僕を信じて一緒についてきてほしい」と8号車を思いやった。

そして「この9人になることで今までの5人の超特急は一度終わってしまいますけど、超特急の歴史自体はこれからも続いて行きます。新メンバーこの4人、この9人、そして8号車の方々を合わせた俺たち超特急なら絶対に大丈夫です。これからもこの9人をよろしくお願いします!」とリョウガが伝えると全員で一礼。満場の拍手のなか「超特急、まだ1曲残っております。9人で初めて披露する曲……俺たち超特急ならどこまでも行けます。レールのその先の先まで……皆さん、ご一緒に!」と続け、「僕たちは、超特急です!」と9人で初めての超特急ポーズを決めたところで流れたのは、オーディションでも課題曲になっていた「gr8est journey」だ。2人のバックボーカルが両脇で歌い、7人のメインダンサーがセンターで踊るという構図は、初めて見るものにもかかわらず非常にしっくりとハマりが良く、ダンサー7人の動きもまさに“渾身”の一言がピッタリ。何より、ボーカルが2人体制になったことで掛け合いが可能となり、ボーカルのすべてが生歌になったことは、超特急が本来持つ強みを今後最大限に発揮してくれることになるだろう。アウトロになると「みんなで一緒に!」とカイが先導して、9人も8号車も全力で腕を振り、ユーキは「最高に明るい未来に向かって、手を取り合って進んでいきましょう!」と誓いを立てる。そこからあふれ出す熱量は、その場にいる全員の心を揺り動かしたに違いない。

「最高のライブだったと自信を持って言えます。これから超特急の新しい歴史を一緒に作っていきましょう。それでは最後は皆さんご一緒に。以上、僕たちが!」というリョウガのリードで「超特急でした!」と全員で締めくくり、ステージを去る9人の顏には笑みが。中でも、最後まで残って「超特急まだまだあきらめへんからな!」と拳を振り上げたタカシには、4年以上にわたり超特急の歌唱を1人で支え切ったという達成感と“これから”への希望があふれていた。

続いてLEDモニターでは“新体制になった超特急から三大緊急告知”が発表。10月12日にニューシングル「宇宙ドライブ」がリリースされ、そのリリースイベントが9月に東名阪のZeppで。さらに、アリーナツアー『新世界 -NEW WORLD-』が12月24日に代々木第一体育館、12月25日に大阪城ホールで開催されるという。「宇宙ドライブ」はタカシいわく「疾走感のあるメッチャカッコいい楽曲」で、振り付けはユーキ、衣装はカイが担当。また、新メンバーのイメージカラーや担当は未定で、「メンバーである8号車と一緒に、ゆっくり決めていきたい」とのことだ。タイトルに“前進”を意味する『Progress』、ロゴには大地を蹴って大きく前へと跳躍するウサギを冠したツアーの最終日に、初日でユーキが語っていた“変化ではなく進化”を確かに示した超特急。今日この日をスタートに“君との笑顔”を目指して、新生超特急は速度を上げて走りだしていく。

photo by 米山三郎・笹森健一
text by 清水素子

【セットリスト】
M1:a kind of love
M2:激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリームわ~るど
M3:SAY NO
M4:Beasty Spider
M5:Four Seasons
M6:Drive on week
M7:Summer love
M8:Kiss Me Baby
M9:キズナアルゴリズム
M10:浮つきWAVES
M11:CALNAVAL
M12:ウサギミック
M13:Guilty
M14:Добрый день
M15:Full moon
M16:Chill out@JP
M17:超えてアバンチュール
M18:BREAK OFF
M19:バッタマン
M20:Don\'t Stop 恋
M21:クレッシェンド
EN1:Burn!
EN2:走れ!!!!超特急
WEN1:gr8est journey

■新メンバー募集オーディション「超特急募」特設サイト
https://bullettrain.jp/audition/

■【イベント/ライブ情報】

『New Single「宇宙ドライブ」リリースイベント in Zepp』
9月22日(木) 愛知・Zepp Nagoya
【1部】開場13:00/開演13:45 
【2部】開場17:30/開演18:15
9月23日(金祝) 大阪・Zepp Osaka Bayside
【1部】開場12:00/開演13:00 
【2部】開場17:00/開演18:00
9月25日(日) 東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
【1部】開場12:00/開演13:00
【2部】開場17:00/開演18:00
9月26日(月) 東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
【1部】開場12:00/開演13:00
2部】開場17:00/開演18:00

※詳細はこちらから→https://bullettrain.jp/news/news20366/
※お申し込みはこちらから→http://fc.bullettrain.jp/

『BULLET TRAIN 10th Anniversary Tour 2022「新世界 -NEW WORLD-」』
12月24日(土) 代々木第一体育館
12月25日(日) 大阪城ホール

※詳細はこちらから→https://bullettrain.jp/news/news20342/
※お申し込みはこちらから→http://fc.bullettrain.jp/

シングル「宇宙ドライブ」

2022年10月12日(水)発売



【通常盤A】(CD) 
¥1,650(税込)
<収録曲>
1. 宇宙ドライブ 
2. BakaBakka
3. 颯爽とハローマイラヴ 
4. Re-TRAIN

【通常盤B】(CD)
¥1,650(税込)
<収録曲>
1. 宇宙ドライブ 
2. BakaBakka  
3. きみとシンキ?ュラリティ 
4. Re-TRAIN

【夢8盤】(CD+GOODS)
¥3,850(税込)
GOODS:超特急ビジュアルフォトスタンド
<収録曲>
1. 宇宙ドライブ 
2. 颯爽とハローマイラヴ 
3. きみとシンキ?ュラリティ 
4. Re-TRAIN

※詳細はこちらから→https://bullettrain.jp/news/news20344/




【関連リンク】
超特急、10周年ツアーで進化を提示!9人体制でのパフォーマンスを初披露
超特急まとめ
手越祐也、自信初のミニアルバム『Music Connect』発売&全国ツアーのタイトルも決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, ライブ, ワンマン, ライブレポ, レポート

手越祐也、自信初のミニアルバム『Music Connect』発売&全国ツアーのタイトルも決定
Mon, 08 Aug 2022 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

手越祐也が、自身による生配信で、ソロデビューから初となるミニアルバム『Music Connect』を10月5日にリリースすることを発表した。また、10月から始まる新たな全国LIVE TOURタイトルも発表された。新ツアーのタイトルは『手越祐也LIVE TOUR 2022「Music Connect」』。

全国LIVE TOUR開催直前のリリース、そしてミニアルバムタイトルとツアータイトルが共通の「Music Connect」ということもあり、そのステージでは新曲パフォーマンスのラッシュも期待される。気になるミニアルバムの収録内容については後日発表予定とのこと。

ファッションブランド・SHEINがサポートし、8月21日、東京・日比谷野外音楽堂で開催の『COLORZ powered by SHEIN』や福岡、直方リバーサイドパークで9月3日に催される光と花火、音楽の祭典『MAKE A MONOGATARI 2022』、9月29日大阪・Zepp Osaka Baysideでの『Novelbright presents KICK THE AGE TOUR vol.2』への出演など、この夏も音楽活動はフルスロットル。今後、発表されるフェスへの参加などもあるようだ。

ミニアルバム、ツアーの情報など今後の詳しい情報などはSNS、ホームページなどチェックしてほしい。ソロデビューから2年目に突入している新たな手越祐也の活動から目が離せない。

■『手越祐也LIVE TOUR 2022 「Music Connect」』

10月12日(水) 神奈川・KT Zepp Yokohama
10月13日(木) 神奈川・KT Zepp Yokohama
10月26日(水) 北海道・Zepp Sapporo
10月28日(金) 宮城・仙台GIGS
10月29日(土) 宮城・仙台GIGS
11月08日(火) 愛知・Zepp Nagoya
11月09日(水) 愛知・Zepp Nagoya
11月16日(水) 福岡・Zepp Fukuoka
11月17日(木) 福岡・Zepp Fukuoka
11月22日(火) 大阪・Zepp Osaka Bayside
11月23日(水) 大阪・Zepp Osaka Bayside
11月30日(水) 東京・Zepp Haneda(TOKYO)

ミニアルバム『Music Connect』

2022年10月5日(水)発売



FLCF-4529/¥2,200(税込)
※詳細は後日発表

◎手越祐也1st MINI ALBUM 「Music Connect」リリース記念特別企画 
スペシャルキャンペーン!

<サイン入りグッズ応募抽選プレゼントキャンペーン概要>
手越祐也 1stミニアルバム「Music Connect」のリリースを記念して、手越祐也本人よりスペシャルなプレゼント企画をご用意しました。
『手越祐也着用済衣装』や、直筆サイン入りポスターなど豪華賞品を、
抽選で合計115名様に、プレゼントいたします!!
締め切りは2022年12月2日(金)までの消印有効。
ふるってご応募下さい。
また、10月12日より始まる全国ツアー各会場内にも応募専用投函BOXを設置する予定ですので、そちらをご利用いただければ切手代は不要となりますので、よろしくお願いいたします。

●対象商品
2022年10月5日リリース 手越祐也MINI ALBUM「Music Connect」
・FLCF-4529 ¥2,200 (税込)
※応募方法:2022年10月5日リリース手越祐也1stミニアルバム「Music Connect」
初回生産分のみ封入の専用応募ハガキに必要事項をご記入の上、63円切手を貼っていただき、応募締め切りまでに投函してください。
- - - - - - - - - - - - - - - - - 賞品 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
★A賞・・・ 手越祐也本人着用済み衣装 2名様
(お送りする衣装を本人が手にしている写真に直筆サインをお入れして同送します)
★B賞・・・ 本人着用済み直筆サイン入り全国ツアースタッフパス 3名様
(お送りするスタッフパスに本人直筆のサインをお入れしてお送りします)
●C賞・・・直筆サイン入りB2アルバム告知ポスター 10名様
●D賞・・・印刷サイン入りステッカー 100名様
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

●応募締め切り:2022年12月2日(金)当日消印有効
●当選案内:当選の発表は、厳正なる抽選の結果、当選された方へメールにてご連絡し、プレゼントの発送をもって代えさせていただきます。なお、プレゼントの応募状況、抽選方法、また当選などに関するお問い合わせはお受けできません。ご了承下さい。
※当選された方々へのメールならびに、ご応募いただいた個人情報につきましては、
当キャンペーン終了後に全て破棄し、個人情報は第三者に提供することはありません。

<注意事項>
●応募完了後の諸変更はできませんので、ご注意ください。
●応募期限を過ぎたものには対応いたしかねます。
●プレゼントの発送先は、日本国内に限らせていただきます。

<初回生産分に3種類のステッカーのうち1枚をランダム封入>
手越祐也1st MINI ALBUM「Music Connect」(FLCF-4529)
初回生産分には、3種類のステッカーのうち1種類がランダム封入されております。



【関連リンク】
手越祐也、自信初のミニアルバム『Music Connect』発売&全国ツアーのタイトルも決定
手越祐也まとめ
ファンタスティック☆パイセン、「WEGO」とのコラボソングも披露した『夏のパイセン祭り』を開催!

【関連アーティスト】
手越祐也
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, キャンペーン, 発表, リリース, ミニアルバム, ライブ, ツアー, ワンマン

ファンタスティック☆パイセン、「WEGO」とのコラボソングも披露した『夏のパイセン祭り』を開催!
Tue, 09 Aug 2022 12:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 女子高生を中心に話題の2人組バンド、ファンタスティック☆パイセンが、8月7日にライブイベント『夏のパイセン祭り』を開催した!

 ステージにはスタンディングのエレクトリックドラムがセットされ、期待感たっぷりに2人の登場が待たれる中、「うしろだよー!」と会場の後方からサプライズ登場。客席を通ってステージへ上がると「楽しむ準備できてますかー!」とファンに声をかけ、2021年8月にリリースされた「他力 Hong Gung」でライブがスタート。

 その後、8月3日にリリースされたばかりでファッションブランド「WEGO」とのコラボソング「校則あるあるのうた」も初披露! 学生時代に一度は経験したことのある「校則」について歌われている楽しい1曲。ステージでは歌詞に出てくる「15cmの白い靴下」を持ちながらパフォーマンスを見せ、会場を最高潮に盛り上げた!

 ライブ本編は、まほパイセンの歌唱力や人を惹きつける力、ももパイセンの生み出すクールなビートとウィスパーボイスという2人独自のスタイルを打ち出してゆく。時折顔を見合わせながら、楽しそうに踊る姿が印象的だ。

 ファンやスタッフへの感謝の言葉と共に「世界中をファンタスティックにできるように全力で活動して参りますので、これからも応援よろしくお願いします!」と話すと、ファンから大きな拍手が送られた。

 今後のファンタスティック☆パイセンのライブも要チェックだ! なお、後日ライブレポートの詳細がアップされる予定とのこと。オフィシャルTwitterのチェックをお忘れなく。

『夏のパイセン祭り』
2022年8月7日 at 原宿RUIDO
<セットリスト>
M1 他力Hong Gung
M2 One Night Carnival(氣志團カバー)
M3 オンライン授業あるあるのうた
M4 校則あるあるのうた
M5 友情的行進

配信シングル「校則あるあるのうた」

2022年8月3日(水)配信



FSPS-10001
※各音楽配信サービスにて配信

配信シングル「タイトル未定」

2022年9月30日(金)配信



※詳細は後日発表

【イベント情報】

『秋のパイセン祭り』
9月18日(日) 東京・渋谷LOFT HEAVEN
開場 11:30 開演 12:00
<チケット>
詳細はこちら:https://wizy.jp/project/624/



【関連リンク】
ファンタスティック☆パイセン、「WEGO」とのコラボソングも披露した『夏のパイセン祭り』を開催!
ファンタスティック☆パイセンまとめ
帝国喫茶、1stアルバムリリース決定! 自主企画ライブに鉄風東京、東京少年倶楽部が出演

【関連アーティスト】
ファンタスティック☆パイセン
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 新曲, リリース, 配信, ライブハウス, ライブ, ワンマン, レポート, 音楽配信

帝国喫茶、1stアルバムリリース決定! 自主企画ライブに鉄風東京、東京少年倶楽部が出演
Tue, 09 Aug 2022 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

バンドを本格始動して僅か1年ながらミュージックシーンの一頭地を抜く帝国喫茶が9月21日に1stアルバムを発表。初期メンバーにより録音された自主制作音源EP『開店』(2021年10月発表)のリレコーディング楽曲なども含まれている。まさに名刺代わりになる一枚は、その名も『帝国喫茶』。

コロナ禍の2020年夏、関西大学軽音サークルで一緒だったメンバーで結成され、2021年夏に初ライブを行ない、同年秋に杉浦祐輝(Gu&Vo)、疋田 耀(Ba)、杉崎拓斗(Dr)、アクリ(Gu)という現メンバーが揃う。そこから僅か1年、彼らは明らかに同年代の中で一頭地を抜いている。

まだ見ぬ多くの聴き手との出逢いを希求した2022年6月リリースの1st EP『まちあわせ』。疾走と刹那を持ち合わせた収録曲「じゃなくて」を中心に、まだ見ぬ多くの聴き手と実際に出逢えた音源となり、東京・大阪・名古屋のクラブサーキットイベントでは耳の早いミュージックラバーたちが集まり入場規制も記録された。

心気充実な状態の中、満を持して完成された1stアルバムだが、12曲中8曲はメインメロディーメイカーの疋田が作詞作曲を担当。UKロックやブラックミュージックから日本語ロックを愛する彼は、普通のロックバンドに陥らない様に実験要素を重要視したという。

「プロデューサー視点で見ていった方がいいし、色々な角度から新しい杉浦の良さを出していきたいと常に考えていた」 (疋田)

「誰の作った曲でも自分が歌えば自分のバンドだと思っている」と言い切る杉浦だが、今作は遂に彼の作詞作曲ナンバーが 2 曲収録されるのも注目点である。元々、ソロで弾き語り自主音源を出していた事もあり、疋田や杉崎の楽曲とはまた違って、憂いがあるアコースティック基調のナンバーとなった。弾き語りでも歌っていた「部屋の中で」と新たに書き下ろした「星のマーチ」は必ず聴いてほしい。

「弾き語りで何曲か作ったけど、バンドでやりたいと想ったのは「部屋の中で」だけだったし、初めて手応えを感じた曲だった」(杉浦)

ロマンチックな独自の世界観を楽曲で表現する杉崎も、映画好きの彼らしい「恋する惑星」を今作では書き下ろしている。杉浦、疋田、杉崎と3人それぞれがタイプの違う楽曲が書けるのは本当に強みである。あくまでバンドにとって通過点でしか過ぎないファーストアルバムだが、現時点での集大成を体感して頂けるのではなかろうか。

また、バンド周りのロゴやグッズなど今まで全てのイラストを手掛けているアクリ(Gu)による喫茶店をモチーフにした今作のジャケットも見てもらいたい。次なる局面に達している彼らの成長は、まだまだ留まる事を知らない。帝国喫茶の歴史は始まったばかりである。これからも楽しみでならない。

Text by 鈴木淳史

アルバム『帝国喫茶』

2022年9月21日(水)リリース



XQFQ-1701/¥2,750(税込)
<収録曲>
01.夜に叶えて
02.じゃなくて
03.and i
04.カレンダー
05.春風往来
06.貴方日和
07.心の窓辺
08.恋する惑星
09.部屋の中で
10.ガソリンタンク
11.星のマーチ
12.あいをのせて

◎店舗オリジナル先着購入特典
タワーレコード渋谷店限定:オリジナル缶バッジ
タワーレコード全店舗:オリジナルB2サイズポスターオンラインのみ、ポスターと同デザインのポストカード
diskunion:オリジナル缶バッジ
※それぞれのデザインは後日発表させていただきます。
※特典の数には限りがございます。限定数満了次第、終了とさせていただきます。

自主企画ライブ『まちあわせ』

9月21日(水)大阪・心斎橋 Music Club JANUS
OPEN 18:00/START 18:30
w)鉄風東京 / 東京少年倶楽部

<チケット>
前売り 3,000 円(税込)
※お一人様 4 枚まで
※未就学児童入場不可 / 小学生以上有料
※ご入場は整理番号順、別途ドリンク代(600 円)を頂戴します

●チケット一般発売中!
https://eplus.jp/teikokukissa/



【関連リンク】
帝国喫茶、1stアルバムリリース決定! 自主企画ライブに鉄風東京、東京少年倶楽部が出演
帝国喫茶まとめ
鉄風東京まとめ
東京少年倶楽部まとめ
SWANKY DOGS、アルバム『流転』より「こえ」MV公開

【関連アーティスト】
帝国喫茶, 鉄風東京, 東京少年倶楽部
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース, ライブハウス, ライブ, チケット

SWANKY DOGS、アルバム『流転』より「こえ」MV公開
Tue, 09 Aug 2022 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SWANKY DOGSが9月14日(水)にリリースをする3rdアルバム『流転』に収録されている「こえ」(先行配信中)のMVを公開した。

本MVは、延べ6,000人を動員した映画『書くが、まま』や現在は小学館にて漫画『ザッケン!』の原作を担当している上村奈帆氏が監督を務めている。映画『書くが、まま』の主題歌として起用された楽曲「こえ」の最新の音源に合わせて、監督自らが2018年に公開された映像と2022年の最新のバンド演奏をミックスし、時空を超えて一つの作品が完成した。

また、アルバム『流転』のジャケット写真と最新のアーティスト写真を公開。アルバムのジャケットは書籍、広告、ロゴの他にアニメ『鋼の錬金術師』や『交響詩篇エウレカセブン』などのデザインなどを手掛ける草野剛氏によってデザインされ、アーティスト写真はTHE Novembers、BBHF、BO NINGEN、The Horrorsなど、国内外問わず様々なアーティスト写真を撮影している鳥居洋介氏が手掛けている。

アルバム『流転』

2022年9月14日(水)発売



PML-2007/¥3,300(税込)
<収録曲>
1.季節の変わりめに
2.息も出来ない
3.がらんどう
4.One
5.君と追想
6.アイリス
7.こえ
8.フィルハーモ
9.ルチル
10.gift

【ライブ情報】

8月15日(月) 千葉・LOOK
出演:SWANKY DOGS / BrownCrow / FUNNY THINK
料金:前売り 2,000円 / 当日 2,500円 ※ドリンク代別

9月14日(水) 東京・渋谷Star lounge
出演:SWANKY DOGS And More!!
料金:前売り 2,500円 / 当日 3,300円 ※ドリンク代別
・チケット詳細ページ
https://eplus.jp/swankydogs/

9月17日(土) 岩手・盛岡Club Change
※ワンマンライブ
料金:前売り3,000円 / 当日3,500円 ※ドリンク代別
・チケット詳細ページ
https://eplus.jp/swankydogs/



【関連リンク】
SWANKY DOGS、アルバム『流転』より「こえ」MV公開
SWANKY DOGSまとめ
リーガルリリー、たかはしほのか(VO&Gu)図書館で弾き語るYouTube Live in Library配信決定

【関連アーティスト】
SWANKY DOGS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, リリース

リーガルリリー、たかはしほのか(VO&Gu)図書館で弾き語るYouTube Live in Library配信決定
Mon, 08 Aug 2022 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

リーガルリリーのボーカル&ギター・たかはしほのかが、8月13日(土)の21:00より弾き語り形式のYouTube Liveを配信することを発表した。

バンドが8月10日(水)にデジタルEP『恋と戦争」』をリリースすることを記念し企画されたこの弾き語りライブは、「YouTube Live in Library」というタイトルが付けられ、東京都昭島市の図書館でたかはしほのかがアコースティックギターで弾き語るといった内容。2021年11月には「YouTube Live in Church」と題して教会で同企画を行なっており、今回の弾き語りライブは第2弾となる。ぜひ視聴予約をして楽しみに待とう。

いよいよリリースとなるデジタルEP。現在、小説投稿サイトmonogatary.comとのコラボで、先行配信中の新曲「明日戦争がおきるなら」の後日譚を募集する「リーガルリリー賞」も話題になっている中、夏には『SUMMER SONIC 2022』など、多くのフェスやイベントにも出演予定。さらに11月には2マン企画を控える彼女たちの今後の動向が見逃せない。

配信EP『恋と戦争』

2022年8月10日(水)配信



■配信リンク
http://kmu.lnk.to/landw

<収録曲>
1. ノーワー
2. 明日戦争がおきるなら
3. 地球でつかまえて
4. ジュテーム? (スピッツ cover)

『cell,core 2022』

11月09日(水) 愛知・名古屋ボトムライン
11月15日(火) 大阪・BIGCAT
11月17日(木) 東京・Zepp Haneda
※全公演ゲスト有り
<チケット>
・オフィシャル2次先行受付 (チケットぴあ)
受付期間:8/1(月) 18:00〜8/9(日) 23:59
https://w.pia.jp/t/cellcore2022/
・一般発売:9/3(土) 10:00
各種プレイガイドにて



【関連リンク】
リーガルリリー、たかはしほのか(VO&Gu)図書館で弾き語るYouTube Live in Library配信決定
リーガルリリーまとめ
岡咲美保、1stアルバムよりDECO*27が書き下ろした新曲「ミラー」リリックビデオを公開

【関連アーティスト】
リーガルリリー
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, 配信, ライブ

岡咲美保、1stアルバムよりDECO*27が書き下ろした新曲「ミラー」リリックビデオを公開
Mon, 08 Aug 2022 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

声優・アーティストとして活動する岡咲美保が、8月17日(水)にリリースする1stアルバム『BLOOMING』より、新曲「ミラー」のリリックビデオをYouTubeにてフル尺で公開した。

「ミラー」はサウンドプロデューサー・DECO*27が書き下ろした楽曲で、8月8日(月)より各音楽配信サイトにて先行配信がスタートした。岡咲のデビュー曲「ハピネス」もDECO*27が手掛けた楽曲だが、「ミラー」はそれとは対照的でダークな世界観の1曲となっている。内面の葛藤を表現した尖った歌詞と、エッジが効いた低音やがなりボイスなど岡咲美保の新たな歌の表現にも注目してほしい。

公開されたリリックビデオでは、表情の異なる少女が映し鏡のように描かれており、二面性をテーマにした歌詞の世界観を視覚的に楽しむことができる。

1stアルバム『BLOOMING』は、現在放送中のTVアニメ『Extreme Hearts』OPテーマ「インフィニット」に加え、シングル曲「ハピネス」「ペタルズ」、すでに先行配信がスタートしている新曲「ALRIGHT!」「ミラー」など、全12曲を収録。本アルバム発売を記念した初の有観客ライブイベント実施も決定しているので、詳細はオフィシャルHPをチェックしよう。

アルバム『BLOOMING』

2022年8月17日(水)発売



【CD+Blu-ray盤】(CD+Blu-ray)
KIZC-681〜2/¥3,960(税込)
<収録曲>
■CD
M1. ALRIGHT!
作詞:いつきおと 作曲:光増ハジメ(FirstCall) 編曲:EFFY(FirstCall)
M2. ペタルズ
作詞:真崎エリカ 作曲:本多友紀(Arte Refact) 編曲:脇眞富(Arte Refact)
M3. バブルス
作詞:真崎エリカ 作曲:本多友紀(Arte Refact) 編曲:脇眞富(Arte Refact)
M4. Dream In Wonderland
作詞:nobara kaede 作曲:武田将弥(Dream Monster) 編曲:佐藤厚仁(Dream Monster)
M5. ファンタジック?ファンファーレ
作詞:志村真白(FirstCall) 作曲:太田雅友(FirstCall) 編曲:EFFY(FirstCall)
M6. ミラー
作詞・作曲:DECO*27 編曲:Rockwell
M7. ワラウカドニハ!
作詞・作曲・編曲:一二三
M8. Rainy Smiley
作詞・作曲・編曲:40mP
M9. ハピネス
作詞・作曲:DECO*27 編曲:Rockwell
M10. Starting Bell
作詞:中島駿 作曲・編曲:菅谷直輝
M11. フリージア
作詞・作曲:ヨシダタクミ(saji) 編曲:中島生也
M12. インフィニット
作詞:RUCCA 作曲・編曲:EFFY(FirstCall)
■Blu-ray
・「インフィニット」MUSIC VIDEO
・「ALRIGHT!」MUSIC VIDEO
・「ハピネス」MUSIC VIDEO
・「ペタルズ」MUSIC VIDEO
・「ミラー」LYRIC VIDEO
・「フリージア」LYRIC VIDEO
・「好きじゃないよ」LYRIC VIDEO
・MAKING



【通常盤】(CD)
KICS-4073/¥3,330(税込)

◎岡咲美保「BLOOMING」商品情報:
https://www.okasakimiho.com/discography/
◎「BLOOMING」法人別オリジナル特典・早期予約キャンペーン情報:
https://okasakimiho.com/news/20220606_02.html
◎「BLOOMING」発売記念抽選会&リリースイベント詳細:
https://okasakimiho.com/news/20220606_03.html
◎「BLOOMING」オンラインCD購入ページ一覧:
【CD+Blu-ray盤】https://okasakimiho.lnk.to/BLOOMING_CDBD
【通常盤】https://okasakimiho.lnk.to/BLOOMING_CDtsujo



【関連リンク】
岡咲美保、1stアルバムよりDECO*27が書き下ろした新曲「ミラー」リリックビデオを公開
岡咲美保まとめ
DECO*27まとめ
04 Limited Sazabys、4年振りのフルアルバム『Harvest』発売&全国ロングツアーの開催決定

【関連アーティスト】
岡咲美保, DECO*27
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, MV, CD, アルバム, 新曲, リリース, 配信, 音楽配信

04 Limited Sazabys、4年振りのフルアルバム『Harvest』発売&全国ロングツアーの開催決定
Mon, 08 Aug 2022 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

04 Limited Sazabysが、4年振り4枚目となるフルアルバム『Harvest』を10月12日(水)にリリースすることがわかった。

前作アルバム『SOIL』(=土壌)、シングル「SEED」(種)のリリースを経て満を辞しての『Harvest』=大収穫となる、採れたてのフルアルバムが堂々完成! 収録曲目は後日発表となり、CD限定でボーナストラックが特典収録される。

初回盤のBlu-ray/DVDの映像には、3年振りとなった主催フェス『YON FES 2022』のフォーリミのライブ映像と、フェスの舞台裏を明かすドキュメント映像を付属!

そして、メンバーサプライズ企画映像『Harvest 完成記念慰安旅行? 〜大収穫!?キャンプ編〜』を特別収録。さらにボーナストラック「F.A.L」のMVが特典として付属される。

通常盤CDはアルバムとしては驚きの" 1,000円 "で発売される。よりCDが手に取りやすいように業界破格にチャレンジした。

また、全国36公演のアルバムツアー『Harvest tour 2022-2023』の開催も決定。10月18日(火)千葉・千葉LOOK公演を皮切りに全国23公演の対バンシリーズに加え、2023年1月16日(月)東京・Zepp Haneda (TOKYO)公演より13公演するワンマンシリーズとなり、計36公演、久々のアルバムロングツアーとなる。

対バンシリーズ『Harvest tour 2022』のYON TOWN 最速先行先行がスタート。またアルバム初回盤&通常盤の初回プレス分には、ワンマンシリーズ『Harvest tour 2023 〜one man series〜』の最速先行応募IDが封入される。

04 Limited Sazabysフルアルバム『Harvest』の詳細や予約特典情報、および全国ツアーの詳細は
特設サイトをチェックしよう。

■【ライブ情報】

■『Harvest tour 2022』
10月18日(火) 千葉・千葉LOOK
10月20日(木) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
10月23日(日) 栃木・HEAVEN\'S ROCK宇都宮 VJ-2
10月27日(木) 愛媛・松山WstudioRED
10月28日(金) 高知・キャラバンサライ
11月03日(木) 北海道・小樽GOLD STONE
11月05日(土) 北海道・帯広MEGA STONE
11月06日(日) 北海道・旭川CASINO DRIVE
11月10日(木) 福島・郡山Hip Shot Japan
11月12日(土) 岩手・盛岡club change WAVE
11月13日(日) 秋田・club SWINDLE
11月16日(水) 静岡・浜松窓枠
11月17日(木) 兵庫・神戸太陽と虎
11月19日(土) 山口・周南RISING HALL
11月23日(水) 石川・金沢EIGHT HALL
11月24日(木) 長野・CLUB JUNK BOX
11月26日(土) 山梨・甲府KAZOO HALL
12月01日(木) 鹿児島・CAPARVO HALL
12月02日(金) 熊本・B.9 V1
12月04日(日) 長崎・DRUM Be-7
12月08日(木) 京都・京都MUSE
12月10日(土) 岐阜・club-G
12月11日(日) 愛知・豊橋club KNOT
※各公演対バンあり(後日発表)
<チケット>
・最速選考
YON TOWN 先行: 8/8(月)21:00〜8/21(日)23:59 
https://sp.04limitedsazabys.com/

■『Harvest tour 2023 〜one man series〜』
1月16日(月) 東京・Zepp Haneda (TOKYO)
1月17日(火) 東京・Zepp Haneda (TOKYO)
1月20日(金) 北海道・Zepp Sapporo
1月22日(日) 宮城・仙台GIGS
1月26日(木) 大阪・Zepp Osaka Bayside
1月27日(金) 大阪・Zepp Osaka Bayside
2月01日(水) 神奈川・KT Zepp Yokohama
2月03日(金) 新潟・新潟LOTS
2月05日(日) 香川・高松festhalle
2月06日(月) 広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
2月08日(水) 福岡・Zepp Fukuoka
2月15日(水) 愛知・Zepp Nagoya
2月16日(木) 愛知・Zepp Nagoya
<チケット>
・最速先行
アルバム『Harvest』封入先行:10/12(水)18:00〜10/23(日)23:59

アルバム『Harvest』

2022年10月12日(水)発売



【初回盤】(CD+Blu-ray)
COZP-1944/5/¥5,000(税込)
【初回盤】(CD+DVD)
COZP-1942/3/¥4,444(税込)
【通常盤】(CD)
COCP-41837/¥1,100(税込)
<収録曲>
■CD
14曲+ Bonus track(※CDのみ収録) 
※収録内容は後日発表
■Blu-ray、DVD
・YON FES 2022 Live & Documentary
・Harvest 完成記念慰安旅行? 〜大収穫!?キャンプ編〜
・「F.A.L」MUSIC VIDEO (Bonus track)

《初回盤・通常盤 共通特典》※初回プレス封入特典
・「Harvest tour 2023 〜one man series〜」最速先行応募ID(応募期間:10/12(水)18:00〜10/23(日)23:59 )
※初回盤のみ
・プレイパス対応(Blu-ray、DVDのみ対応)※映像がスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応

◎予約ページはこちら:https://lit.link/04limitedsazabys



【関連リンク】
04 Limited Sazabys、4年振りのフルアルバム『Harvest』発売&全国ロングツアーの開催決定
04 Limited Sazabysまとめ
女王蜂、全国ホールツアー2022-2023『MYSTERIOUS』開催決定

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, 発表, リリース, ライブハウス, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

女王蜂、全国ホールツアー2022-2023『MYSTERIOUS』開催決定
Mon, 08 Aug 2022 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月8日(月)に東京・Zepp DiverCity(TOKYO)にて単独公演『蜂月蜂日〜大理石の夢〜』を終えた女王蜂が、11月より『女王蜂 全国ホールツアー2022-2023 「MYSTERIOUS」』を開催することを発表した。

同ツアーは全国13カ所をまわるホールツアーとなる。公式ファンクラブ「CLUB OF qb」でのチケット先行受付もスタートしているので、詳細はオフィシャルHP等をチェックしよう。

本ツアーは感染症対策を実施したうえでの開催となるので、チケット申し込み前に必ずオフィシャルHPに掲載されている感染症対策ガイドラインをご確認いただききたい。

■【ライブ情報】

『女王蜂 全国ホールツアー2022-2023 「MYSTERIOUS」』
[2022年]
11月6日(日) 千葉・市川市文化会館 大ホール
開場17:00/開演18:00
11月11日(金) 新潟・新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)・劇場
開場18:00/開演19:00
11月27日(日) 北海道・カナモトホール(札幌市民ホール)
開場17:00/開演18:00
12月02日(金) 石川・金沢市文化ホール
開場18:00/開演19:00
12月15日(木) 京都・ロームシアター京都メインホール
開場18:00/開演19:00
12月16日(金) 広島・広島JMSアステールプラザ大ホール
開場18:00/開演19:00
[2023年]
1月12日(木) 香川・レクザムホール(香川県県民ホール)・小ホール
開場18:00/開演19:00
1月14日(土) 福岡・福岡サンパレスホール
開場17:00/開演18:00
1月20日(金) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
開場18:00/開演19:00
1月29日(日) 群馬・高崎芸術劇場 大劇場
開場17:00/開演18:00
2月05日(日) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
開場17:00/開演18:00
2月12日(日) 大阪・フェスティバルホール
開場17:00/開演18:00
2月19日(日) 宮城・トークネットホール仙台(仙台市民会館)
開場17:00/開演18:00

<チケット>
全席指定¥7800円(税込/全席指定)
※6歳以上チケット必要、6歳未満入場不可

・女王蜂FCサイトチケット先行
期間:8/8(月)20:30〜8/21(日)23:59
申し込み先:https://clubofqb.com/
・オフィシャルHP先行受付
期間:8/22(月)12:00〜8/28(日)23:59
申し込み先:https://eplus.jp/ziyoouvachi2223-hp/



【関連リンク】
女王蜂、全国ホールツアー2022-2023『MYSTERIOUS』開催決定
女王蜂まとめ
『WACK』、第二回メンズ合同オーディション完全密着生配信決定!ドキュメント映像も公開

【関連アーティスト】
女王蜂
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブハウス, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

『WACK』、第二回メンズ合同オーディション完全密着生配信決定!ドキュメント映像も公開
Mon, 08 Aug 2022 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSHや豆柴の大群などの人気グループを手がけるプロデューサー・渡辺淳之介が、8月18日から21日にかけて、WACK初の男性グループ結成に向けた、男性のみの合宿オーディション『第二回WACKメンズ合同オーディション2022』を開催することを発表した。

現在、2月に行われたオーディションにて3名が正規メンバーとして決定しており、今回の合宿オーディションにて最終メンバーが決定する予定となっている。また、4日間にわたり行われるオーディションの内容は、24時間ニコニコ生放送にて独占生配信。

さらに合宿を目前に、前回の合格者3名の成長を追ったドキュメント映像が公開。映像のラストでは、それぞれの意気込みを叫びバンジージャンプに挑戦。一皮剥けた姿を見せた。

本合宿オーディションには3名も参加予定とのこと。WACK初のメンズグループ誕生の瞬間から目が離せない。

■【ニコニコ生放送 概要】

■ニコニコ生放送:
「第二回WACKメンズ合同オーディション2022〜男だらけの3泊4日 IN SUMMER〜」
■配信日程:2022年8月18日(木)12:30〜21日(日)13:30予定
■視聴URL:https://live.nicovideo.jp/watch/lv337954515



【関連リンク】
『WACK』、第二回メンズ合同オーディション完全密着生配信決定!ドキュメント映像も公開
BiSHまとめ
豆柴の大群まとめ
GANG PARADEまとめ
ASPまとめ

【関連アーティスト】
BiSH, 豆柴の大群, GANG PARADE, ASP, BiS, WAgg, ExWHYZ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, トレーラー

Dizzy Sunfist、ライブ映像作品より「The Dream Is Not Dead」を公開
Mon, 08 Aug 2022 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Dizzy Sunfistが、『Dizzy Sunfist “Welcome to DIZZYLAND” TOUR 2021-22 Final Series』の合計28曲100分超えの大阪最終公演を収録した10月5日(水)発売のライブ映像作品『DIZZYLAND DX』(DVD/Blu-ray/DLコード付Tシャツ)より、自身の代表曲「The Dream Is Not Dead」(夢は死なへん)のライブ映像を公開した。

なお、この「The Dream Is Not Dead」のライブ映像は、あやぺた(Vo&Gu)、moAi(Dr&Cho)に加え、同公演内で、合計46本のアルバムツアーを通じてサポートし続けたメイ子(Ba&Cho)のDizzy Sunfist への正式加入がステージ上で発表され、最初に演奏された貴重な映像だ。

なお、DVD、Blu-rayは、本編のライブ映像に加え、特典映像として、ツアーFinal Series8公演に密着、またメンバーのインタビューをおり混ぜた約60分のドキュメンタリー映像や「N.i.n.j.a feat. PETA&LARRY (GARLICBOYS)」MV及び、姫路城での撮影裏側のドキュメンタリー映像、メンバーそれぞれの推しカメ映像などが付属する。

そのDVD、Blu-rayは、タワーレコードで早期予約特典(8/31まで)として、新曲1曲にライブ音源2曲を加えた計3曲入りのスペシャルCDをプレゼント。さらに、他チェーン別特典の画像も特設サイトにて公開されている。

また、今回の映像作品の一つのフォーマットとして話題を呼んでいる『DIZZYLAND DX』DLコード付Tシャツ(受注生産)のメンバー着用の写真も同ページ内にて公開された。なお、DLコード付Tシャツの受注受付は8月31日までとなる。

新生Dizzy Sunfistが生まれたライブの『DIZZYLAND DX』予約はお早めに!

ライブ映像作品『DIZZYLAND DX』

2022年10月5日(水)発売



DVD(ライブ本編のみプレイパス付)2枚組:¥4,840(税込)
Blu-ray(ライブ本編のみプレイパス付):5,940(税込)
Tシャツ(ライブ本編のみDLバーコード付)S/M/L/XL/XXL:各¥3,999(税込) [受注生産]
※コロムビアミュージックショップにて、限定販売受注受付中(8/31まで)
▼受注・詳細はこちら
https://shop.columbia.jp/shop/e/edizzysunfist/
<収録内容>
■Disc 1.
2022/4/29(FRI) “Welcome to DIZZYLAND” TOUR Final Series at Zepp Osaka Bayside 
01. The Proof
02. No Answer
03. SUPERHERO
04. SULLEY
05. Someday
06. Our House
07. Dinosaur
08. The Magic Word
09. Honestly
10. Life Is A Suspense
11. Never Again
12. Andy
13. Summer Never Ends
14. No One Knows
15. Joking
16. Diamonds Shine
17. No Biggie
18. Everything\'s Gonna Be Alright
19. Little More
20. STRONGER
21. Drama Queen
22. N.i.n.j.a
23. The Dream Is Not Dead
24. Tonight,Tonight,Tonight
25. So Beautiful
EN-1. SHOOTING STAR
EN-2. FIST BUMP
EN-3. New world
■Disc 2. 特典映像
・Final Series Document
・“N.i.n.j.a feat.PETA&LARRY (GARLICBOYS)” Music Video
・“N.i.n.j.a feat.PETA&LARRY(GARLICBOYS)” Music Video Document
・メンバー推しカメ映像

◎チェーン別特典(DVD/Blu-rayのみ対象)
・TOWER RECORDS:先行予約特典3曲入りスペシャルCD
(新曲+ライブ音源2曲/受付:7/1〜8/31)
※3曲の収録楽曲名は後日発表。
・Amazon:L判ビジュアルシート
・その他協力店舗:『DIZZYLAND DXジャケットステッカー』



【関連リンク】
Dizzy Sunfist、ライブ映像作品より「The Dream Is Not Dead」を公開
Dizzy Sunfistまとめ
超特急、新メンバー4人が加入し9人体制へ!シングルのリリース&アリーナツアーも決定

【関連アーティスト】
Dizzy Sunfist
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, 特典

超特急、新メンバー4人が加入し9人体制へ!シングルのリリース&アリーナツアーも決定
Mon, 08 Aug 2022 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビュー10周年を迎えた5人組メインダンサー&バックボーカルグループの超特急。さらなる進化を遂げるために開催した新メンバー募集オーディション『超特急募』の結果が、8月8日(月)に開催された『超特急10周年記念ツアー「Progress」“8号車の日”』で発表された。

選ばれた新メンバーは4名。11号車、バックボーカルのシューヤ。12号車、メインダンサーのマサヒロ。13号車、メインダンサーのアロハ。14号車、メインダンサーのハル。8号車と一緒に夢を超えた未来へ行くために「超特急」は9名の新体制で始動する。

また、公演終演後には、“三大緊急告知”と題して今後の予定についても発表された。10月12日(水)新体制の超特急ニューシングル「宇宙ドライブ」をリリース。リリースに合わせて、東京・名古屋・大阪でリリースイベントも開催される。さらに、12月24日(土)に東京・代々木第一体育館、12月25日(日)に大阪・大阪城ホールにて、アリーナツアー 『新世界 -NEW WORLD-』の開催を発表した。

「君との笑顔が終着駅」を掲げる超特急。発表されたアリーナツアータイトルの”新世界”が示すように、この先に広がる景色を楽しみにしてほしい。

■【ライブ情報】

『BULLET TRAIN 10th Anniversary Tour 2022「新世界 -NEW WORLD-」』
12月24日(土) 東京・代々木第一体育館
12月25日(日) 大阪・大阪城ホール

※詳細はこちらから:https://bullettrain.jp/news/news20342/
※お申し込みはこちらから:http://fc.bullettrain.jp/

シングル「宇宙ドライブ」

2022年10月12日(水)発売



【通常盤A】(CD)
¥1,650(税込)
<収録曲>
1. 宇宙ドライブ
2. BakaBakka
3. 颯爽とハローマイラヴ
4. Re-TRAIN

【通常盤B】(CD)
¥1,650(税込)
<収録曲>
1. 宇宙ドライブ
2. BakaBakka
3. きみとシンキ?ュラリティ
4. Re-TRAIN

【夢8盤】(CD+GOODS)
¥3,850(税込)
※GOODS:超特急ビジュアルフォトスタンド
<収録曲>
1. 宇宙ドライブ
2. 颯爽とハローマイラヴ
3. きみとシンキ?ュラリティ
4. Re-TRAIN

※詳細はこちらから:https://bullettrain.jp/news/news20344/

シングル「宇宙ドライブ」リリースイベント in Zepp

9月22日(木) 愛知・Zepp Nagoya
1部:開場13:00/開演13:45
2部:開場17:30/開演18:15
9月23日(金) 大阪・Zepp Osaka Bayside
1部:開場12:00/開演13:00
2部:開場17:00/開演18:00
9月25日(日) 東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
1部:開場12:00/開演13:00
2部:開場17:00/開演18:00
9月26日(月) 東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
1部:開場12:00/開演13:00
2部:開場17:00/開演18:00

※詳細はこちらから
https://bullettrain.jp/news/news20366/
※お申し込みはこちらから
http://fc.bullettrain.jp/



【関連リンク】
超特急、新メンバー4人が加入し9人体制へ!シングルのリリース&アリーナツアーも決定
超特急まとめ
AKi、ゲストで武瑠も出演したライブハウスツアーファイナル公演のレポートが到着!

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, CD, シングル, 発表, リリース, ライブ, ワンマン, チケット

AKi、ゲストで武瑠も出演したライブハウスツアーファイナル公演のレポートが到着!
Mon, 08 Aug 2022 14:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

 ロックバンド・シドの明希(Ba)によるソロプロジェクト“AKi”が、7月より全国9箇所10公演を回ったライブハウスツアー『AKi Tour 2022 『OVERRUN』』のファイナル公演を8月6日(土)東京・SHIBUYA CLUB QUATTROにて開催した。

 2020年に発売した、アルバム『Collapsed Land』リリースツアーの再振替公演となった今回だが、ツアーでは今年6月にリリースしたシングル「OVERRUN」をタイトルに掲げ、そのどちらもの世界観を融合させた、最新型のAKiサウンドやライブスタイルを表現。バンドスタイルでのツアーを長く待ちわびた、全国のファンを大いに熱狂させた。

 そんなツアーのファイナル公演となったこの日。他の会場同様、ライブを長く待ちわびたファンの大きな期待がフロアに満ち溢れる中、SEとオーディエンスの熱い手拍子に迎えられ、MOTOKATSU(Dr)、YOUSAY(Gu)、加藤貴之(Gu)が登場。最後にゆっくり登場したAKi(Vo&Ba)はステージ前方に立つと、フロアを見渡して拍手を煽り、大きな拍手で応えるオーディエンスに満足そうな表情を見せる。ベースを背負い、「行けるか、渋谷!?」と1曲目「Silly」でショーの幕を開けると、強烈な熱気で包まれたフロア。ツアーを経て、さらなる結束力と強靭さを増したバンド演奏に乗せて、たくましい歌声を聴かせたAKiは、ベースソロでも野太い音を響かせ、圧倒的な存在感を放つ。

 続いて、タイトでパワフルな演奏に胸の鼓動が高鳴る「Monolith」を放つと、「STORY」、「All Through The Night」と続き、前半戦からクライマックスのような盛り上がりを見せるフロア。ここまでの4曲はアルバム『Collapsed Land』収録曲で、この2年間に配信ライブなどで大事に演奏し続けて、盛り上がり必死のライブチューンに育てあげた楽曲たち。ようやく全国のファンに生で届けることが出来た楽曲たちが、ツアー初日と比べて、さらなる成長を遂げているのが分かる。

 最初のMCで「おまたせしました、AKiです。今日は2年間の最後の約束を果たしに来ました!」と、ツアー最後の約束の地であるSHIBUYA CLUB QUATTROでライブが出来る喜びを語ったAKi。「今日は想像も出来ないようなライブにするので、期待してください!」と、“イメージを超えて今、形をなすリアル”を約束すると、「2年前にこの会場でライブを行った時は、配信で客席に誰もいませんでした」と当時の記憶を振り返りながら、「今日は新たな曲も持ってきて、新しいAKiを存分に発揮していきたいと思います!」と宣言。さっそく最新型のAKiを見せるべく、最新シングル「OVERRUN」収録の新曲「Mortal Sin」を披露。世の中への怒りや悲しみを表現したダークな世界観に仄かな希望を響かせた、

 これまで無かったタイプの新曲「Mortal Sin」で会場の雰囲気をガラリと変えると、「ジウ」でさらに深い世界へと引き込み、AKiが底なしの愛を叫ぶ。さらに歌とベースでリードする、強靭なバンドサウンドで魅了した「Collapsing」、「Day 1」と続き、バンドの多面的な魅力を魅せるAKiバンド。AKiの力強く重厚なベースと表現力豊かなヴォーカル、MOTOKATSUのダイナミックかつ正確なドラム、YOUSAYと加藤貴之のテクニカルなギタープレイと息の合ったギターアンサンブル、そしてそれらが重なった時に生まれる、この4人ならではのグルーヴ感と音像。満足にライブの出来なかった2年も決して音楽を止めることなく作品制作や配信ライブを続け、バンドとして大きく進化、成長した4人の演奏に、拍手の音が鳴り止まない。

 AKiは「どこへ行っても、みんなに温かく迎えてもらえて、本当にありがたいです」と少し照れくさそうに告げると、「2年間、チケットを握りしめてたみんな、今日来てくれたみんなに心から感謝します」と、ファンにお礼を述べた。

 観客の手拍子に包まれて気持ちを込めて歌い上げた「Diminish」、加藤貴之のメランコリックなアコギの演奏に乗せた歌声が甘く切ない「SCREAM」、眩いミラーボールの光の下で真っ直ぐな愛を届けた「My Love」としっかり聴かせる曲が続いた中盤戦を経て、「この瞬間が永遠に感じるくらい、ライブはやってて幸せです」と素直な気持ちを告げたAKi。「ここから、ぶっ壊れるくらいロックしていくから!!」とオーディエンスを煽り披露した曲は、新曲「NEW ERA」。間髪入れずに「Be Free」をぶっ放し、激しく勇ましいロックチューンに再びフロアの熱が上がる。「お前らの拳をステージまで届けてくれ!」と始まった「Brave New World」で拳を上げて飛び跳ねるオーディエンスに、フロアが揺れる。

 ライブもいよいよ終盤。「最高の景色を見せてくれないか?」とAKiが呼びかけて始まったのは、狂ったように暑い夏をさらに熱くさせる「狂奏夏」。会場中がタオルを回して強烈な熱気を放つフロアは、太陽より熱い空間だったはず。そして圧倒的な盛り上がりの中で迎えた、本編のラストを飾った曲はツアータイトルでもある新曲「OVERRUN」。「みんなで踊ろうか?」と軽快なイントロが始まった瞬間、「最高の仲間を紹介します!」とAKiがステージに呼び込んだのは、ゲストヴォーカルの武瑠。AKiと息の合ったツインヴォーカルで堂々とした歌声を聴かせ、ダンスにラップとたくさんの魅せ場を作った武瑠。ファンクでグルーヴィーな演奏にピースフルな空気が会場を包み、ハッピーで楽しい雰囲気の中で本編がフィニッシュ。武瑠と目を見合わせながら歌ったり、肩を組んでみたりと、とにかく楽しそうだったAKiの姿も印象的だった。

 「もうちょっと踊ろうか、渋谷!」と始まったアンコールは「FAIRY DUST」、「共犯」と続き、「みなさんのおかげでツアーを無事完走できそうです!」と満足そうな表情で告げたAKi。「ツアー、楽しかったね!」とメンバーと共にツアー振り返りトークでワイワイ盛り上がり、活動7年目となるバンドの仲の良さを見せると、「今日、約束を果たしに来たと言ったんですけど。約束を果たして終わりではなくて、果たした後に続く約束もあると思って」と、9月に渋谷でアンプラグド・ライブを行うことを発表。

 さらに「シドが来年20周年を迎えます。ベースを弾き続けて、シドを続けて来て、ソロって場所があって、ここにたどり着いた。僕の始まりは全てシドにあって、シドがないとここで支えてくれるみんなもいなかったと思うので。来年は派手にやってやろうと思ってます!」とシドの20周年に向けての約束をして、アンコールラストとなる「The Inside War」を披露。♪WowWowWowと吠えるメンバーの声にオーディエンスが熱く拳を上げると、AKiとバンドメンバー、会場中のオーディエンスが一丸となって、最高潮の盛り上がりを見せる中、『OVERRUN』ツアーは幕を閉じた。

アンコール時に発表した『AKi PREMIUM UNPLUGGED LIVE 2022 「AS ONE」』は、9月30日(金)東京・SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて開催。「心を一つに」の意味を持つ“AS ONE”のライブタイトル通り、会場が一体となる極上のアコースティック・サウンドを、ギター、キーボード、パーカッション、サックスといった豪華編成でお届けする、1日限りのスペシャルな公演となる。

チケットは、シド 明希のオフィシャルオンラインサロン「Resonants」会員を対象に現在優先予約を受付中。

撮影:上原 俊/文:フジジュン

<セットリスト>
『AKi Tour 2022 『OVERRUN』』
2022年8月6日 at SHIBUYA CLUB QUATTRO
01. Silly
02. Monolith
03. STORY
04. All Through The Night
05. Mortal Sin
06. ジウ
07. Collapsing
08. Day 1
09. Diminish
10. SCREAM
11. My Love
12. NEW ERA
13. Be Free
14. Brave New World
15. 狂奏夏
16. OVERRUN w/ 武瑠
En01. FIARY DUST
En02. 共犯
En03. The Inside War

■【ライブ情報】

『AKi PREMIUM UNPLUGGED LIVE 2022 「AS ONE」』
9月30日(金) 東京・SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
<1st SHOW>
OPEN 14:00 / START 15:00
<2nd SHOW>
OPEN 18:00 / START 19:00

<チケット>
全席指定:¥6,600(税込・ドリンク代別) ※4歳以上有料
・オフィシャルオンラインサロン「Resonants」優先予約
受付期間:2022年8月6日(土)21:00〜8月16日(火)23:00
・ID-S BASIC先行予約
受付期間:2022年8月17日(水)12:00〜8月23日(火)16:00
※2022年8月15日(月)時点でID-S BASIC会員の方が対象となります。

詳細はコチラ https://www.dangercrue.com/AKi/live.php



【関連リンク】
AKi、ゲストで武瑠も出演したライブハウスツアーファイナル公演のレポートが到着!
AKiまとめ
シドまとめ
武瑠まとめ
アサルトリリィ、総勢19人のキャストが集結した河口湖ステラシアターでの2デイズライブが終幕!

【関連アーティスト】
AKi, シド, 武瑠
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ライブハウス, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット, レポート

アサルトリリィ、総勢19人のキャストが集結した河口湖ステラシアターでの2デイズライブが終幕!
Mon, 08 Aug 2022 11:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月6日(土)、7日(日)に『アサルトリリィSummer LIVE 「voller Bl?te」』が、山梨・河口湖ステラシアターにて開催された。

Day1では、ヘルヴォル、グラン・エプレのソロ曲や一柳隊によるデュエットソングを披露。さらに、出演キャスト全員での「蕾の中の奇跡」「GROWING*」などを披露し、会場を盛り上げた。ライブの最後には、花火のサプライズもあり、「Summer LIVE」と呼ぶにふさわしい締めくくりとなった。

Day2では、一柳隊による2度目のワンマンライブを披露。ソロ曲を始めとして、舞台やアニメの楽曲、デュエット曲などメディアミックスプロジェクトならではのライブを披露し、さらに 成長したパフォーマンスを届けた。

本ライブの模様は、公演後7日間まで有料配信にて楽しめる。この機会にアサルトリリィの世界観をぜひ楽しいんでみよう!

(c)AZONE INTERNATIONAL・acus/アサルトリリィプロジェクト

■『アサルトリリィ Summer LIVE 「voller Bl?te」 』

■日程 :
2022年8月6日(土)
2022年8月7日(日)
■会場
山梨・河口湖ステラシアター
■出演(敬称略)
8月6日(土)
<一柳隊>
赤尾ひかる(一柳梨璃役)
夏吉ゆうこ(白井夢結役)
井澤美香子(楓・J・ヌーベル役)
西本りみ(二川二水役)
紡木吏佐(安藤鶴紗役)
岩田陽葵(吉村・Thi・梅役)
星守紗凪(郭神琳役)
遠野ひかる(王雨嘉役)
高橋花林(ミリアム・ヒルデガルド・v・グロピウス役)
<ヘルヴォル>
藤井彩加(相澤一葉役)
夏目愛海(佐々木藍役)
石飛恵里花(飯島恋花役)
三村遙佳(初鹿野瑤役)
野中深愛(芹沢千香瑠役)
<グラン・エプレ>
前田佳織里(今叶星役)
礒部花凜(宮川高嶺役)
東城咲耶子(土岐紅巴役)
進藤あまね(丹羽灯莉役)
富田美憂(定盛姫歌役)

8月7日(日)
<一柳隊>
赤尾ひかる(一柳梨璃役)
夏吉ゆうこ(白井夢結役)
井澤美香子(楓・J・ヌーベル役)
西本りみ(二川二水役)
紡木吏佐(安藤鶴紗役)
岩田陽葵(吉村・Thi・梅役)
星守紗凪(郭神琳役)
遠野ひかる(王雨嘉役)
高橋花林(ミリアム・ヒルデガルド・v・グロピウス役)

■公演詳細
https://assaultlily-pj.com/event/22/

■配信
・チケット販売期間
2022年7月30日(土)10:00〜
※アーカイブは各公演7日後の23:59までとなります。
・チケット価格
各公演:¥4,400(税込)
その他手数料などが発生いたします。
・販売ページ
https://eplus.jp/assaultlily_vollerblute/st/

■新規情報
・アサルトリリィのライブブックの発売が決定!
一柳隊はもちろん、ヘルヴォル、グラン・エプレ達のライブの軌跡が振り他、衣装資料や楽曲インタビュー、ライブ写真の 掲載を予定。
・アサルトリリィSummer LIVE「voller Bl?te」Blu-rayの発売が決定!
どちらの商品も年内の発表を予定。続報をお待ちください。



【関連リンク】
アサルトリリィ、総勢19人のキャストが集結した河口湖ステラシアターでの2デイズライブが終幕!
アサルトリリィまとめ
一柳隊まとめ
ヘルヴォルまとめ
グラン・エプレまとめ

【関連アーティスト】
アサルトリリィ, 一柳隊, ヘルヴォル, グラン・エプレ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, アニメ・声優, ニュース, 配信, ゲーム, ライブ, チケット, レポート













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1